世田谷区避難場所。 東京都世田谷区の避難場所一覧

避難場所等の概要

世田谷区避難場所

大規模災害時の避難について 災害時には、避難の必要が出てくるときもあり、日ごろから自宅近くの避難場所を確認しておくことは重要です。 世田谷区では避難すべき時として、以下の3つを紹介しています。 一時集合所 自宅が危険な状況になったときなどに、危険を避けるため一時的に集合する場所です。 町会・自治会が、地域の公園や広場、学校などを指定しています。 広域避難場所 火災の延焼などにより自宅や一時集合所が危険になった場合の避難場所です。 公園や大学、高校など区内24カ所が指定されています。 避難所 自宅に住むことが難しいような状況や、二次災害を受ける可能性が場合に、一時的に生活をするための施設となります。 区内の小中学校90箇所が指定されています。 世田谷区による防災・ハザードマップ 自宅がある場所の自然災害の危険度を知っておくことも防災につながります。 世田谷区が公開しているハザードマップでは、そのような情報を得ることが出来ます。 世田谷区洪水ハザードマップ 世田谷区では、浸水が予想される地域とその程度、避難所などをまとめた「世田谷区洪水ハザードマップ」を作成しています。 多摩川版と全区版が存在し、多摩川版は国土交通省京浜河川事務所の情報を元に、全区版は東京都と都内中小河川流域の区市町村で構成する「都市型水害対策連絡会」の情報を元に作成されています。 世田谷区洪水・内水氾濫ハザードマップ(暫定版) 世田谷区洪水ハザードマップ(全区版)の元情報である東京都の「城南地区河川流域浸水予想区域図」と「野川、仙川、谷沢川及び丸子川流域浸水予想区域図」が改定されたことを受け、2020年9月に最新の「世田谷区洪水・内水氾濫ハザードマップ」が作成されます。 全戸への配布を前に、2020年6月に区ホームページで公開された暫定版となります。 世田谷区地震防災マップ 世田谷区では、地震が発生した時の揺れやすさと地域別の危険度をまとめたマップを作成しています。 「揺れやすさマップ」は、区内を震源としてマグニチュード6. 9・震源の深さおよそ10キロメートルの直下型地震が発生したと想定した場合の、区内の各地域の揺れやすさを、どの程度の震度になるかで示しています。 「地域の危険度マップ」は、「揺れやすさマップ」の強さの揺れが発生した場合に、どの程度の建物被害が発生するかを示したもので、1~5の危険度に分けて、建物の被害を表しています。 区内でも住む場所によって揺れや危険度が変わってくるため、自分が住んでいる場所の状況がどうなっているかを把握することで、建物の耐震化や家具の転倒防止などに備えることが出来ます。 なお、このマップは参考データとしては2004年に作れたもので、ホームページ以外では配布などは行われていません。 ゜ 世田谷区土砂災害ハザードマップ 世田谷区では、「土砂災害防止法」に基づいて、東京都より区内の一部が、土砂災害の恐れがある「土砂災害警戒区域及び土砂災害特別警戒区域」に指定されています(区内に約100カ所)。 土砂災害ハザードマップでは、その警戒区域および、避難所が地図に示されており、区域の概要や関連情報の入手方法なども掲載されています。 防災マニュアル 自治体では、防災に備えた「マニュアル」も作成しているため、予め確認しておくことで、いざというときに備えることが出来ます。 世田谷区「区民行動マニュアル」 大地震が発生した場合などを想定し、災害時に取るべき行動手引きとして世田谷区が作成したマニュアルです。 「災害時区民行動マニュアル」「「災害時区民行動マニュアル・マップ版」があり、また、携帯用となった、「防災カード」もあり、区役所、総合支所、出張所、まちづくりセンターで配布されています。 災害時帰宅困難者ハンドブック 災害時に外出している人の中で、公共交通機関の停止により帰宅できず、徒歩による帰宅も困難な「帰宅困難者」。 事業所での備えも含めて日頃から備えておくべき内容がまとめられています。 その他の防災マニュアル 消防庁や東京都でも、防災情報・マニュアルが公開されています。 防災無線 区内189カ所に防災無線が設置されており、「全国瞬時警報システムによる緊急情報を受信」「震度5弱以上の地震が起こった」ときなどに放送が流れます。 防災無線はバッテリー内蔵となっており、停電しても72時間は動作します。 また、防災無線電話応答サービス(03-5481-4701)も提供されており、24時間以内に防災無線で流れた内容を電話で聞くことが出来ます。 高所カメラ 三軒茶屋にあるキャロットタワーの屋上、地上120メートルに設置されている高所カメラからの映像が公開されています。 世田谷区防災気象情報 世田谷区が、気象情報会社と契約して提供している地域に特化した気象情報です。 区内の気象情報が、「三軒茶屋・下北沢・経堂」「二子玉川・等々力」「成城」「烏山」の4地域に分かれたピンポイントで確認出来ます。 災害情報テレホンサービス 大雨などにより災害が発生する可能性がある場合や、実際に災害が発生した場合に、「世田谷区内の気象情報」「世田谷区内の河川水位の状況」「その他、災害時の緊急なお知らせ」などを、電話で聞くことが出来ます。 災害・防犯情報メール配信サービス 23区内で震度3以上の地震が発生した場合や、世田谷区内で大雨・洪水・大雪の警報などが発表された場合、地域の防犯に関する情報、区内の河川の水位が基準値を超えた場合、災害時の緊急なお知らせなどをメールで配信するサービスです。 雨量・水位情報 区内の雨量・水位情報が紹介されており、区内6箇所の橋に設置された河川ライブカメラの映像も見ることができます。 世田谷区危機管理室Twitter 世田谷区危機管理室の公式Twitterアカウントでは、防犯や防災情報を中心に情報発信が行われており、区からの最新危機管理情報を取得することが出来ます。 ラジオ 世田谷のラジオ局「エフエム世田谷」(83. 4MHz)は、非常時・災害時の情報伝達機関としても機能します。 災害時には、区の避難情報や開設避難所などを聞くことが出来ます。 災害に備えたお役立ちリンク集 区が提供する情報以外のもので、災害時に備えて知っておくと役立つ情報です。 警報・注意報・気象情報 気象庁が発表している区内の気象情報や警報・注意報情報です。 世田谷区内の公衆電話設置場所 災害時に通信制限がかかった場合でも、優先して使用可能な公衆電話の場所は、普段から把握しておくといざというときに役立ちます。 災害時給水ステーション 災害時に断水した場合などに、水槽内に確保している水道水を配布する拠点となるため、住まいから半径2kmの距離内に1カ所を基準として東京都水道局が設置しています。 停電情報 東京電力が公開している世田谷区内での停電発生状況です。 現在の発生状況や復旧の見込みなどを知ることが出来ます。 断水・濁水情報 東京都水道局が公開している断水情報です。

次の

世田谷区「台風19号で避難場所に来ても備蓄飲食物は提供しない、毛布も枕も貸さない。通常利用と同じ」

世田谷区避難場所

砧地区のとのページです。 砧地区の避難場所• 避難勧告や避難指示が出た時や自主避難の時は、基本的に以下の手順で避難します。 避難方法 避難場所 避難するタイミング 集合する時 自宅等が危険になった時。 危険回避のために一時的に集合して様子を見る場所です。 町会、自治会、事業所等の集団で行動し、周囲の状況を確認します。 避難する時 一時 いっとき 集合所等が危険になった時。 火災の延焼などで自宅、一時集合所が危険な状態になった時に避難する場所です。 避難する時 自宅での居住が困難な時、二次災害を受ける可能性のある時。 一時的に生活するための施設です。 避難所の安全も確認して避難しましょう。 危険が去り、自宅等が安全になった時は自宅や事業所へ戻ります。 詳細についてはのページをご覧ください。 一時 いっとき 集合所一覧 町会名 区域 一時 いっとき 集合所 所在地 砧町町会 砧1丁目~8丁目 砧町公園 砧3丁目10番 三峰公園 砧4丁目6番1号 観音公園 砧4丁目15番 砧まちづくりセンター駐車場敷地 砧5丁目8番18号 砧町自治会 砧1丁目~8丁目 祖師谷1丁目18~21番 富士見公園 砧4丁目36番 山野小学校校庭 砧6丁目7番1号 砧6丁目公園一帯 砧6丁目22番10号 砧8丁目児童遊園 砧8丁目2番21号 石井戸会 大蔵4丁目1~3番、5丁目全域 石井戸公会堂敷地 大蔵5丁目18番19号 妙法寺境内 大蔵5丁目12番3号 石井戸公園 大蔵5丁目1番20号 大蔵東部町会 大蔵1丁目全域、2丁目1~5番、 砧1丁目3・6~10・13番 横根稲荷神社境内 大蔵1丁目6番 大蔵住宅自治会 大蔵3丁目全域の大蔵住宅 18号棟南側公園 大蔵3丁目3番 大蔵本村睦会 大蔵6丁目全域、鎌田3丁目29番、 4丁目4・7・13・14番 氷川神社境内 大蔵6丁目6番 岡本自治会 岡本1~3丁目全域、瀬田4丁目39番の一部、5丁目6・9番の一部 聖ドミニコ学園グランド 岡本1丁目10番1号 コヤマドライビングスクール成城校 岡本3丁目40番2号 岡本民家園敷地 岡本2丁目20番 長円寺境内 岡本1丁目20番1号 都立世田谷総合高校グランド 岡本2丁目9番 区立岡本地区会館広場 岡本1丁目25番4号 区全域についてはのページをご覧ください。 広域避難場所一覧 避難場所名 指定場所 砧公園・大蔵運動公園一帯 桜丘4. 5、喜多見5 一部. 6、上用賀5. 6、岡本1. 3、用賀4、大蔵1. 6、瀬田4. 5、砧1. 8、 玉川台1. 2、砧公園、成城1. 3 多摩川河川敷・二子橋一帯 宇奈根1. 3、岡本2、鎌田1. 4、喜多見1. 5 一部 、玉川1. 4、上野毛3. 4、瀬田1. 3 区全域についてはのページをご覧ください。 避難所一覧 避難所名 避難所運営主体 (町会・自治会) 対象区域 所在地 砧小学校 喜多見上部自治会、石井戸会、大蔵東部町会、大蔵住宅自治会 大蔵1丁目全域、大蔵2丁目全域、大蔵3丁目全域、大蔵4丁目全域、大蔵5丁目全域、砧公園全域、喜多見5丁目7~9番、喜多見6丁目全域、砧7丁目2番、成城1丁目1~5番、砧1丁目3・6~10・13番 喜多見6丁目9番1号 山野小学校 砧町町会、砧町自治会、千歳台睦町会、千歳台南会 砧1丁目1~5・11~34番、砧2丁目全域、砧3丁目全域、砧4丁目全域、砧5丁目全域、砧6丁目全域、砧7丁目全域、砧8丁目全域、千歳台1丁目1~32・36~41番、祖師谷1丁目1~5・18~21番 砧6丁目7番1号 砧南小学校 (担当 ) 宇奈根町会、鎌田協和会、大蔵本村睦会 宇奈根1丁目2~14・19~21・25~43番、宇奈根2丁目全域、宇奈根3丁目全域、鎌田3丁目14・27~35番、鎌田4丁目全域、大蔵6丁目全域 鎌田4丁目3番1号 砧南中学校 (担当 ) 鎌田南睦会、岡本自治会 宇奈根1丁目1・15~18・22~24番、鎌田1丁目全域、鎌田2丁目全域、鎌田3丁目1~13・15~26番、岡本1丁目全域、岡本2丁目全域、岡本3丁目全域、瀬田4丁目38~41番、瀬田5丁目6・9・28番 鎌田3丁目13番20号 区全域についてはのページをご覧ください。 砧地区の防災情報 地震防災マップ お住まいの地区の揺れやすさや危険度をマップでご確認いただけます。 のページをご覧ください。 洪水ハザードマップ 浸水の予想される区域や浸水の程度、避難所等水害に関する情報を記載しています。 のページをご覧ください。 土砂災害ハザードマップ 大蔵3丁目、4丁目、5丁目の各一部、岡本2丁目の一部が土砂災害防止法に基づき、土砂災害のおそれがある土砂災害警戒区域及び土砂災害特別警戒区域に指定されています。 のページをご覧ください。 水害時避難行動マップ(野川・仙川版) 野川・仙川の氾濫時の避難行動マップです。 、 のページをご覧ください。 添付ファイル•

次の

砧地区の避難場所と防災情報

世田谷区避難場所

小中学校にいくつか犬用リードはあるが、避難の際のペットグッズ(ゲージ等)は、基本的には飼い主が事前に準備をしておく必要がある。 ペットの大きさは特に制限がなく、大型犬でも受け入れる。 さらに、災害で迷子になった犬の収容先まで決まっていた。 OK 区内の全避難所で 同行避難が可能 (9,097頭) 区内全部の避難所でペットとの同行避難が可能。 避難の際のペットグッズ(ゲージ等)は、飼い主が事前に準備をしておく必要がある。 渋谷区のHPでは、ペットとの同行避難マニュアルを公開している。 OK 区内の全避難所で 同行避難が可能 (11,125頭) 小動物のみとペットの受け入れ制限はあるが、区内全部の避難所でペットとの同行避難が可能。 避難の際のペットグッズ(ゲージ等)は、飼い主が事前に準備をしておく必要がある。 目黒区のHPでは、地域避難所運営マニュアルを公開している。 OK 区内の全避難所で 同行避難が可能 (9,741頭) 区内全部の避難所でペットとの同行避難が可能。 避難の際のペットグッズ(ゲージ等)は、飼い主が事前に準備をしておく必要がある。 年に一度、公益社団法人東京都獣医師会中野支部共催で、区立小中学校を会場とする「総合防災訓練」において、犬の同行避難訓練を実施している。 詳細は、区のペットの災害対策ルールに記載あり。 ペットを飼っている方は参加しておくと、災害時に混乱が防げるかもしれない。 OK 区内の全避難所で 同行避難が可能 (22,173頭) 区内全部の避難所でペットとの同行避難が可能。 避難の際のペットグッズ(ゲージ等)は、飼い主が事前に準備をしておく必要がある。 海抜が低くエリアとしても震災時の被害が大きいのではないかと想定されるため、ペットを飼っているおうちは日ごろの防災対策をきちんと考えておく必要が大いにある。 OK 区内の全避難所で 同行避難が可能 (30,033頭) 小動物(犬、猫、ハムスター、ウサギ、フェレット、小鳥、爬虫類)のみとペットの受け入れ制限はあるが、区内全部の避難所でペットとの同行避難が可能。 避難の際のペットグッズ(ゲージ等)は、飼い主が事前に準備をしておく必要がある。 ペットの災害対策マニュアルあり。 OK 区内の全避難所で 同行避難が可能 (10,123頭) 区内の全避難所でペットとの同行避難が可能だが、災害時の混乱の中、ペットの受け入れは歓迎されないかもしれないとの意見あり。 しかし、区としてマニュアルがしっかりあり、飼い主が日ごろから意識をしていれば、大きい混乱は少ないと考えられる。 放浪犬や迷子犬等の備蓄やゲージも用意しており、ペットに優しい環境を整備していると感じた。 災害マニュアルでは、災害が起こったときに家族とペットが安全に避難できるように、日ごろから話し合い準備をすることを呼びかけている。 OK 区内の全避難所で 同行避難が可能 (7,643頭) 区内全部の避難所でペットとの同行避難が可能。 避難の際のペットグッズ(ゲージ等)は、飼い主が事前に準備をしておく必要がある。 ペットの防災対策ルールを区のHPで掲載しており、万一の災害で避難しなくてはならない状況になったとき、飼い主は犬猫などのペットと「同行避難」を推奨している。 また、ペットを置きざりにしたり、街に放したりしないよう呼びかけている。 OK 区内の全避難所で 同行避難が可能 (6,890頭) 区内全部の避難所でペットとの同行避難が可能。 ルールやガイドライン等は、避難所運営委員会でまだ検討段階とのこと。 詳しいルールや対策等は、各避難所へ事前に確認しておいたほうが賢明。 区で作成した動物愛護手帳には「災害時の動物避難」手帳があり、そちらには飼い主の防災対策が掲載されている。 OK 区内の全避難所で 同行避難が可能 (7,786頭) 区内全部の避難所でペットとの同行避難が可能。 避難の際のペットグッズ(ゲージ等)は、飼い主が事前に準備をしておく必要がある。 区で配布している、としまくらしの便利帳にペットの避難について記載されている。 OK 区内の全避難所で 同行避難が可能 (1,462頭) 区内全部の避難所でペットとの同行避難が可能。 避難の際のペットグッズ(ゲージ等)は、飼い主が事前に準備をしておく必要がある。 千代田区のHPでは、避難所での適正飼育ルールを公開している。 OK 区内の全避難所で 同行避難が可能 (19,953頭) 区内全部の避難所でペットとの同行避難が可能。 区のHPには、災害時動物救護マニュアルが掲載されており、避難所に同行できるペットの種類なども掲載。 その種類に入っていないペットを飼っている飼い主は、自宅で待機するなどの別の避難方法を考える必がある。 また、ペットの心のケアやペットの防災用品などもあり、飼い主は一度見ておくと混乱を防げるかもしれない。 OK 区内の全避難所で 同行避難が可能 (25,834頭) 区内全部の避難所でペットとの同行避難が可能。 リードを各避難所で用意しているが、こちらは放浪犬や迷子犬のためのものだと想定するので、飼い主は自分で準備しておいた方が良い。 基本的には、犬の受け入れを想定しており、身体能力の高い猫の避難はあまり想定していない様子だった。 大田区のHPにペット災害対策ガイドラインがあり、飼い主が備えるべきことや災害時での対応すべきことなどが書いてあるので、一読しておくことをオススメする。 OK 区内の全避難所で 同行避難が可能 (21,266頭) 区内全部の避難所でペットとの同行避難が可能。 自宅が危ない場合には、各震災救援所でも同行避難を前提に対応していただくように呼びかけている。 対応に関しては、各避難所で話し合って決めており、マニュアルを作ってもらっている段階。 詳しい内容は、近くの震災救援所で防災訓練に参加して訊くことをオススメする。 OK 区内の全避難所で 同行避難が可能 (6,847頭) 区内全部の避難所でペットとの同行避難が可能。 荒川区では、飼い主のためのガイドラインがしっかりとある。 また、ペットを同行避難させることができない飼い主のために、動物救護センターを荒川自然公園内に設置され、ペットの鳴き声が大きい場合なども飼い主に了承を得たうえで救護センターに送られる仕組みがある。 飼い主の役割も定まっているので、ガイドラインを読んでおくことをオススメする。 OK 区内の全避難所で 同行避難が可能 (6,084頭) 区内全部の避難所でペットとの同行避難が可能。 避難の際のペットグッズ(ゲージ等)は、飼い主が事前に準備をしておく必要がある。 ペットの対策に関しては、地域防災計画に一部記載あり。 OK 一部の避難所で 同行避難が可能 (14,300頭) 一部の避難所でペットとの同行避難が可能。 (現在は77か所)各避難所ごとに同行避難の受け入れOKかを定めているので、近くの避難所に直接問い合わせてみることをオススメする。 避難所における動物飼育のガイドラインあり。 OK 一部の避難所で 同行避難が可能 (8,327頭) 約60か所の避難所でペットとの同行避難が可能。 避難の際のペットグッズ(ゲージ等)は、飼い主が事前に準備をしておく必要があり。 災害マニュアルの作成は各避難所で行っているが、実際の避難所生活に関しては、飼い主のマナー意識が重要となる。 OK 一部の避難所で 同行避難が可能 (11,755頭) 避難所でのペットの受け入れは52か所中、9学校が可能。 また、各避難所へ運営マニュアルを具体化するよう促進をしている。 全避難所が同行避難可能ではないため、ガイドラインに目を通した上で避難ができる場所を事前に確認しておくことをオススメする。 OK 一部の避難所で 同行避難が可能 (37,075頭) 基本的には同行避難で受け入れの方針を示しているが、避難所ごとに受け入れを検討している。 実際の受け入れ状況については、世田谷区まちづくりセンターに確認しておくことをオススメする。 世田谷区のHPでは「災害時にペットを守るために」ページを公開している。 OK 一部の避難所で 同行避難が可能 (10,184頭) 基本的には同行避難で受け入れの方針を示しているが、現状は避難所ごとに受け入れを検討している段階。 避難の際のペットグッズ(ゲージ等)は、飼い主が事前に準備をしておく必要がある。 港区のHPでは、ペットの災害対策パンフレットを公開している。

次の