いと あはれ なり。 清少納言

『枕草子』の現代語訳:26

いと あはれ なり

現代語訳(口語訳) 春は夜がほのぼのと明けようとする頃(が良い)。 (日が昇るにつれて)だんだんと白んでいく、山際の辺りがいくらか明るくなって、紫がかっている雲が横に長く引いている様子(が良い)。 夏は夜(が良い)。 月が出ている頃は言うまでもなく、(月が出ていない)闇夜もまた、蛍が多く飛び交っている(様子も良い)。 また(たくさんではなくて)、ほんの一匹二匹が、ぼんやりと光って飛んでいくのも趣がある。 雨が降るのも趣があって良い。 秋は夕暮れ(が良い)。 夕日が差し込んで山の端にとても近くなっているときに、烏が寝床へ帰ろうとして、三羽四羽、二羽三羽と飛び急いでいる様子さえしみじみと心打たれる。 言うまでもなく雁などが隊列を組んで飛んでいるのが、(遠くに)大変小さく見えるのは、とても趣があって良い。 すっかり日が落ちてから(聞こえてくる)、風の音や虫の鳴く音などは、言うまでもなく(すばらしい)。 冬は早朝(が良い)。 雪が降(り積も)っているのは言うまでもなく(素晴らしく)、霜が(降りて)とても白いのも、またそうでなくてもとても寒い(早朝)に、火などを急いでおこして、(廊下などを)炭を持って移動するのも、たいそう(冬の朝に)ふさわしい。 昼になって、生暖かく(寒さが)だんだんとやわらいでいくと、火桶に入った炭火も白い灰が多くなっているのは(見た目が)よくない。

次の

清少納言

いと あはれ なり

引用 [ ] [ ] 春はあけぼの [ ] は、あけぼの。 やうやう白くなりゆく山ぎは少し明りて紫だちたるの細くたなびきたる。 の頃はさらなり。 闇もなほ。 の多く飛び違ひたる。 また、ただ一つ二つなど、ほのかにうち光りて行くもをかし。 など降るもをかし。 は、夕暮。 夕日のさして、山の端(は)いと近うなりたるに、の寝どころへ行くとて、三つ四つ、二つ三つなど、飛び急ぐさへあはれなり。 まいてなどの連ねたるがいと小さく見ゆるは、いとをかし。 日入り果てて、の、の音など、はたいふべきにあらず。 は、つとめて。 の降りたるはいふべきにもあらず。 のいと白きも、またさらでも、いと寒きに、火など急ぎ熾して、炭もて渡るも、いとつきづきし。 昼になりて、ぬるくゆるびもていけば、火桶の火も、白き灰がちになりて、わろし。 (現代語訳) 春は、あけぼのの頃がよい。 だんだんに白くなっていく山際が、少し明るくなり、紫がかった雲が細くたなびいているのがよい。 夏は、夜がよい。 満月の時期はなおさらだ。 闇夜もなおよい。 蛍が多く飛びかっているのがよい。 一方、ただひとつふたつなどと、かすかに光ながら蛍が飛んでいくのも面白い。 雨など降るのも趣がある。 秋は、夕暮れの時刻がよい。 夕日が差して、山の端がとても近く見えているところに、からすが寝どころへ帰ろうとして、三羽四羽、二羽三羽などと、飛び急ぐ様子さえしみじみとものを感じさせる。 ましてや雁などが連なって飛んでいるのが小さく見えている様は、とても趣深い。 日が沈みきって、風の音、虫の音などが聞こえてくる様は、改めて言うまでもない 言うまでもなく素晴らしい。 冬は、朝早い頃がよい。 雪が降った時はいうまでもない。 霜がとても白いのも、またそうでなくても、とても寒い時に、火を急いで熾して、炭をもって通っていくのも、とても似つかわしい。 昼になって、寒さがゆるくなってくる頃には、火桶の火も、白い灰が多くなってしまい、よい感じがしない。 各本 [ ]• 三巻本系第二類本:勧修寺家旧蔵本、中邨秋香旧蔵本、伊達家旧蔵本、古梓堂文庫蔵本 春はあけぼの やう/\しろく成り行く山ぎは すこしあかりて むらさきだちたる雲のほそくたなびきたる 夏はよる 月の比はさら也 やみも猶ほたるの多く飛びちがひたる 又 ただ一つ二つなどほのかにうちひかりて行くもをかし 秋は夕暮 ゆふ日のさして山の端いとちかうなりたるに からすのね所へ行くとて 三つ四つ二つみつなど とびいそぐさへあはれなり まいて雁などのつらねたるが いとちひさくみゆるは いとをかし 日入りはてて 風の音 むしのねなど はたいふべきにあらず 冬は つとめて 雪のふりたるはいふべきにもあらず 霜のいとしろきも 又さらでもいとさむきに 火などいそぎおこして すみみもてわたるも いとつきくし ひるに成りて ぬるくゆるびもていけば 火をけの火も しろきはいがちになりてわろし• 三巻本系第二類本:弥富本 春はあけぼの やう/\しろく成り行く山ぎは すこしあかりて むらさきだちたる雲のほそくたなびきたる 夏はよる 月の比はさら也 やみも猶ほたるの多く飛びちがひたる 又 ただ一つ二つなどほのかにうちひかりて行くもをかし 秋は夕暮 ゆふ日のさして山の端いとちかうなりたるに からすのね所へ行くとて 三つ四つ二つみつなど とびいそぐさへあはれなり まいて雁などのつらねたるが いとちひさくみゆるは いとをかし 日入りはてて 風の音 むしのねなど はたいふべきにあらず 霜のいとしろきも、又さらでもいとさむきに 火などいそぎおこして すみみもてわたるも いとつきくし ひるに成りて、ぬるくゆるびもていけば 火をけの火も しろきはいがちになりてわろし• 能因本系 春はあけぼの やう/\しろくなりゆく山ぎは すこしあかりて むらさきだちたる雲のほそくたなびきたる 夏はよる 月の比はさらなり やみも猶ほたるとびちがひたる 雨などふるさへをかし 秋は夕暮 夕日花やかにさして山ぎはいとちかくなりたるに からすのねどころへ行くとて みつよつふたつなど とびゆくさへあはれなり まして雁などのつらねたるが いとちひさくみゆる いとをかし 日いりはてて、風の音 虫の音など 冬はつとめて 雪のふりたるはいふべきにもあらず 霜などのいとしろく 又さらでもいとさむきに 火などいそぎおこして すみもてわたるも いとつきくし ひるになりて ぬるくゆるびもて行けば すびつ 火をけの火も しろきはいがちになりぬるはわろし• 前田家本 はるはあけぼの そらはいたかくかすみたるに やう/\しろくなりゆくやまぎはの すこしづつあかみて むらさきだちたる雲のほそくたなびきたる 夏はよる 月のころはさらなり やみもほたるのほそくとびちがひたる またただひとつふたつなどほのかにうちひかりてゆくもをかし あめなどのふるさへをかし 秋はゆふぐれ ゆふひのきはやかにさして山のはいとちかくなりたるに からすのねにゆくとて 三つ四つ二つ三つなど とびゆくさへあはれなり ましてかりなどのつらねたるが いとちひさくみゆる をかし 日のいりはてて かぜのおと むしのねなど はたいふべきにあらずめでたし 冬はつとめて 雪のふりたるはいふべきならず しもなどのいとしろく またさらでもいとさむきに ひなどいそぎおこし すみなどもてわたるも つきくし ひるになりて やう/\ぬるくゆるびもてゆけば いきもきえ すびつ ひをけも しろきはいがちにきえなりぬるはわろし• 堺本 春はあけぼのの空は いたくかすみたるに やう/\白くなり行く山のはの すこしづつあかみて むらさきだちたる雲のほそくたなびきたるもいとをかし 夏はよる 月の比はさらなり ねやもなほ蛍おほく飛びちがひたる 又 ただひとつふたつなどほのかにうちひかりて行くもいとをかし 雨ののどやかにふりそへたるさへこそをかしけれ 秋は夕暮 ゆふ日のきはやかにさして山のはちかくなりたるに 烏のねにゆく三つ四つふたつみつなど 飛び行くもあはれなり まして雁のおほく飛びつれたる いとちひさくみゆるは いとをかし 日入りはててのち 風のおと 虫の声などは いふべきにもあらずめでたし 冬はつとめて 雪の降りたるにはさらにもいはず 霜のいと白きも 又さらねどいとさむきに 火などいそぎおこして すみもてありきなどするみるも いとつきづきし ひるになり ぬれのやう/\ぬるくゆるいもていにて 雪も消え すびつ 火をけの火も しろきはいがちになりぬればわろし 以上はによる。 冬は [ ]• 三巻本-114段 冬はいみじう寒き 夏はよにしらず暑き• 堺本後光厳院本-83段 冬は雪あられがちに凍りし 風はげしくていみじう寒き よし 夏は日いとう照り 扇などもかたときも打ちおかず 堪え難う暑きぞ よき なのめなるは わるし 鳥は [ ] は、異所のものなれど、、いとあはれなり。 人の言ふらむことをまねぶらむよ。。 ひたき。 …… は、詩などにもめでたきものに作り、声よりはじめて、さまかたちも、さばかりあてにうつくしきほどよりは、九重の内に鳴かぬぞ、いとわろき。 人の、 「さなむある」といひしを、「さしもあらじ」と思ひしに、十年ばかりさぶらひてききしに、まことに、さらに音せざりき。 さるは。 竹近き紅梅も、いとよく通ひぬべきたよりなりかし。 まかでて聞けば、あやしき家の見所もなき梅の木などには、かしがましきまでぞ鳴く。 夜鳴かぬも、寝ぎたなきここちすれども、今はいかがせむ。 …… 郭公は、なほ更にいふべきかたなし。 いつしかしたり顔にも聞え、歌に、卯の花、花橘などにやどりをして、はたかくれたるもねたげなる心ばへなり。 五月雨の短か夜に寝ざめをして、いかで人よりさきに聞かむとまたれて、夜深くうち出でたる声の、らうらうしう愛敬づきたる、いみじう心あくがれ、せむかたなし。 六月になりぬれば音もせずなりぬる、すべていふもおろかなり。 夜鳴くもの、なにもなにもめでたし。 ちごどものみぞ、さしもなき。 うつくしきもの [ ] なにもなにも ちひさきものはみなうつくし。 (現代語訳) 何でも、 小さいものはみなかわいい。 近くて遠きもの [ ]• 三巻本系-161段 近うて遠きもの 宮の前の祭り 思わぬ同胞 親族のなか 鞍馬のつづらおりという道 十二月のつごもりの日 正月の一日の日のほど• 堺本系 近くて遠きもの 思わぬはらからの仲 女男もさぞある 船の道 遠くて近きもの [ ]• 三巻本系第二類本:勧修寺家旧蔵本、中邨秋香旧蔵本、伊達家旧蔵本、古梓堂文庫蔵本 遠くて近きもの 舟の道 人のなか-162段 (現代語訳) 遠いようで近いものは、極楽、舟で行く路、の仲。 能因本系 遠くて近きもの 極樂 舟の道 男女の仲• 堺本系:後光厳院本-118段 遠くて近きもの 極樂 くらまのつづらおり 十二月のつごもりと、正月の一日と 宮のべのまつり 寺は [ ]• 三巻本-197段 靈山は 釈迦佛の御住処なるが あわれなるなり• 堺本後光厳院本 りょうせんは 釈迦佛の御住処の名に似たるがあわれなるなり• 能因本-191段 高野は弘法大師の御すみかなるが あわれなり 日は入日 [ ]• 三巻本 日は入日 入りはてぬる山の端に 光なおとまりて赤う見ゆるに 薄黄ばみたる雲の棚引きわたりたる いとあわれなり - 236段 月は有明けの東の山際に細くて出ずるほど いとあわれなり - 237段 雲は白き 紫 黒きもおかし 風吹くおりの雨雲 明け離るるほどの黒き雲の ようよう消えて 白うなり行くも いとおかし 明日にさる色とかや 詩文にも作りたなる 月のいと明かき面に薄き雲 あわれなり - 239段• 堺本後光厳院本-82段 日は入日 月はあり明け 雲はむらさき 風吹く日の雨雲 日入り果てたる山ぎわの まだ名残りとまれるに うす黄ばみたる雲の 細く棚引きたる いとあわれなり いま 明け離るるほど 黒き雲のようよう消えて 白くなり行くおかし あしたにさる色とかや 文にもつくりたる 雪のいと高う降りたるを [ ] 雪のいと高う降りたるを 例ならず御格子まゐりて 炭櫃に火おこして 物語などして集りさぶらふに (宮)「少納言よ 香炉峰の雪いかならむ」とおほせらるれば 御格子上げさせて御簾を高く上げたれば 笑はせたまふ。 の詩にちなむ。 三巻本系の冒頭 雪のいと高く降りたるを,例ならず御格子まゐらせて• 能因本系の冒頭 雪のいと高う降りたるを 村上の前帝の御時に [ ] 村上の前帝の御時に 雪のいみじうふりたりけるを 様器にもらせ給ひて、梅の花をさして 月のいとあかきに 村上のみかど「これに歌よめ。 いかゞいふべき」と兵衞の藏人に給はせたりければ、「雪月花の時」と奏したりけるをこそ、いみじうめでさせ給けれ。 (宮)「歌などよむはよの常なり。 かくおりにあひたる事なんいひがたき」とぞおほせられける。 現代語訳 先の帝、の御治世に、雪がたいそう降ったのを、容器にお盛りになり、梅の花をさして、月がとても明るいところに、「これについて歌を詠め。 どう言うのがふさわしいか」と兵衛の蔵人にお与えになった。 「雪月花の時(最もあなた様をお慕い申し上げます)」と申し上げたのを、帝は大層にお気に召された。 中宮様は、「歌など詠むのは当たり前のことね。 このように折にあったことをいうことこそ難しいのよ」と仰せになった。 これも白居易の詩にちなむ。 「の時」は白楽天「寄殷協律」による。 三巻本系 村上の前帝の御時に、雪のいみじう降りたりけるを、様器に盛らせ給ひて、梅の花を挿して、月のいと明きに、「これに歌よめ。 いかが言ふべき。 」と、兵衞の藏人に賜せたりければ、「雪月花の時。 」と奏したりけるこそ、いみじうめでさせ給ひけれ。 「歌などよむは世の常なり。 かくをりにあひたることなむ言ひがたき。 」とぞ、仰せられける。 能因本系の冒頭 村上の御時、雪のいと高う降りたるを 清少納言についての引用 [ ]• 清少納言こそ、したり顔にいみじうはべりける人。 さばかりさかしだち、真名書き散らしてはべるほども、よく見れば、まだいと足らぬこと多かり。 かく、人に異ならむと思ひ好める人は、かならず見劣りし、行末うたてのみはべれば、艶になりぬる人は、いとすごうすずろなる折も、もののあはれにすすみ、をかしきことも見過ぐさぬほどに、おのづからさるまじくあだなるさまにもなるにはべるべし。 そのあだになりぬる人の果て、いかでかはよくはべらむ。 --『紫式部日記』(1010年) 外部リンク [ ].

次の

『枕草子』の現代語訳:26

いと あはれ なり

引用 [ ] [ ] 春はあけぼの [ ] は、あけぼの。 やうやう白くなりゆく山ぎは少し明りて紫だちたるの細くたなびきたる。 の頃はさらなり。 闇もなほ。 の多く飛び違ひたる。 また、ただ一つ二つなど、ほのかにうち光りて行くもをかし。 など降るもをかし。 は、夕暮。 夕日のさして、山の端(は)いと近うなりたるに、の寝どころへ行くとて、三つ四つ、二つ三つなど、飛び急ぐさへあはれなり。 まいてなどの連ねたるがいと小さく見ゆるは、いとをかし。 日入り果てて、の、の音など、はたいふべきにあらず。 は、つとめて。 の降りたるはいふべきにもあらず。 のいと白きも、またさらでも、いと寒きに、火など急ぎ熾して、炭もて渡るも、いとつきづきし。 昼になりて、ぬるくゆるびもていけば、火桶の火も、白き灰がちになりて、わろし。 (現代語訳) 春は、あけぼのの頃がよい。 だんだんに白くなっていく山際が、少し明るくなり、紫がかった雲が細くたなびいているのがよい。 夏は、夜がよい。 満月の時期はなおさらだ。 闇夜もなおよい。 蛍が多く飛びかっているのがよい。 一方、ただひとつふたつなどと、かすかに光ながら蛍が飛んでいくのも面白い。 雨など降るのも趣がある。 秋は、夕暮れの時刻がよい。 夕日が差して、山の端がとても近く見えているところに、からすが寝どころへ帰ろうとして、三羽四羽、二羽三羽などと、飛び急ぐ様子さえしみじみとものを感じさせる。 ましてや雁などが連なって飛んでいるのが小さく見えている様は、とても趣深い。 日が沈みきって、風の音、虫の音などが聞こえてくる様は、改めて言うまでもない 言うまでもなく素晴らしい。 冬は、朝早い頃がよい。 雪が降った時はいうまでもない。 霜がとても白いのも、またそうでなくても、とても寒い時に、火を急いで熾して、炭をもって通っていくのも、とても似つかわしい。 昼になって、寒さがゆるくなってくる頃には、火桶の火も、白い灰が多くなってしまい、よい感じがしない。 各本 [ ]• 三巻本系第二類本:勧修寺家旧蔵本、中邨秋香旧蔵本、伊達家旧蔵本、古梓堂文庫蔵本 春はあけぼの やう/\しろく成り行く山ぎは すこしあかりて むらさきだちたる雲のほそくたなびきたる 夏はよる 月の比はさら也 やみも猶ほたるの多く飛びちがひたる 又 ただ一つ二つなどほのかにうちひかりて行くもをかし 秋は夕暮 ゆふ日のさして山の端いとちかうなりたるに からすのね所へ行くとて 三つ四つ二つみつなど とびいそぐさへあはれなり まいて雁などのつらねたるが いとちひさくみゆるは いとをかし 日入りはてて 風の音 むしのねなど はたいふべきにあらず 冬は つとめて 雪のふりたるはいふべきにもあらず 霜のいとしろきも 又さらでもいとさむきに 火などいそぎおこして すみみもてわたるも いとつきくし ひるに成りて ぬるくゆるびもていけば 火をけの火も しろきはいがちになりてわろし• 三巻本系第二類本:弥富本 春はあけぼの やう/\しろく成り行く山ぎは すこしあかりて むらさきだちたる雲のほそくたなびきたる 夏はよる 月の比はさら也 やみも猶ほたるの多く飛びちがひたる 又 ただ一つ二つなどほのかにうちひかりて行くもをかし 秋は夕暮 ゆふ日のさして山の端いとちかうなりたるに からすのね所へ行くとて 三つ四つ二つみつなど とびいそぐさへあはれなり まいて雁などのつらねたるが いとちひさくみゆるは いとをかし 日入りはてて 風の音 むしのねなど はたいふべきにあらず 霜のいとしろきも、又さらでもいとさむきに 火などいそぎおこして すみみもてわたるも いとつきくし ひるに成りて、ぬるくゆるびもていけば 火をけの火も しろきはいがちになりてわろし• 能因本系 春はあけぼの やう/\しろくなりゆく山ぎは すこしあかりて むらさきだちたる雲のほそくたなびきたる 夏はよる 月の比はさらなり やみも猶ほたるとびちがひたる 雨などふるさへをかし 秋は夕暮 夕日花やかにさして山ぎはいとちかくなりたるに からすのねどころへ行くとて みつよつふたつなど とびゆくさへあはれなり まして雁などのつらねたるが いとちひさくみゆる いとをかし 日いりはてて、風の音 虫の音など 冬はつとめて 雪のふりたるはいふべきにもあらず 霜などのいとしろく 又さらでもいとさむきに 火などいそぎおこして すみもてわたるも いとつきくし ひるになりて ぬるくゆるびもて行けば すびつ 火をけの火も しろきはいがちになりぬるはわろし• 前田家本 はるはあけぼの そらはいたかくかすみたるに やう/\しろくなりゆくやまぎはの すこしづつあかみて むらさきだちたる雲のほそくたなびきたる 夏はよる 月のころはさらなり やみもほたるのほそくとびちがひたる またただひとつふたつなどほのかにうちひかりてゆくもをかし あめなどのふるさへをかし 秋はゆふぐれ ゆふひのきはやかにさして山のはいとちかくなりたるに からすのねにゆくとて 三つ四つ二つ三つなど とびゆくさへあはれなり ましてかりなどのつらねたるが いとちひさくみゆる をかし 日のいりはてて かぜのおと むしのねなど はたいふべきにあらずめでたし 冬はつとめて 雪のふりたるはいふべきならず しもなどのいとしろく またさらでもいとさむきに ひなどいそぎおこし すみなどもてわたるも つきくし ひるになりて やう/\ぬるくゆるびもてゆけば いきもきえ すびつ ひをけも しろきはいがちにきえなりぬるはわろし• 堺本 春はあけぼのの空は いたくかすみたるに やう/\白くなり行く山のはの すこしづつあかみて むらさきだちたる雲のほそくたなびきたるもいとをかし 夏はよる 月の比はさらなり ねやもなほ蛍おほく飛びちがひたる 又 ただひとつふたつなどほのかにうちひかりて行くもいとをかし 雨ののどやかにふりそへたるさへこそをかしけれ 秋は夕暮 ゆふ日のきはやかにさして山のはちかくなりたるに 烏のねにゆく三つ四つふたつみつなど 飛び行くもあはれなり まして雁のおほく飛びつれたる いとちひさくみゆるは いとをかし 日入りはててのち 風のおと 虫の声などは いふべきにもあらずめでたし 冬はつとめて 雪の降りたるにはさらにもいはず 霜のいと白きも 又さらねどいとさむきに 火などいそぎおこして すみもてありきなどするみるも いとつきづきし ひるになり ぬれのやう/\ぬるくゆるいもていにて 雪も消え すびつ 火をけの火も しろきはいがちになりぬればわろし 以上はによる。 冬は [ ]• 三巻本-114段 冬はいみじう寒き 夏はよにしらず暑き• 堺本後光厳院本-83段 冬は雪あられがちに凍りし 風はげしくていみじう寒き よし 夏は日いとう照り 扇などもかたときも打ちおかず 堪え難う暑きぞ よき なのめなるは わるし 鳥は [ ] は、異所のものなれど、、いとあはれなり。 人の言ふらむことをまねぶらむよ。。 ひたき。 …… は、詩などにもめでたきものに作り、声よりはじめて、さまかたちも、さばかりあてにうつくしきほどよりは、九重の内に鳴かぬぞ、いとわろき。 人の、 「さなむある」といひしを、「さしもあらじ」と思ひしに、十年ばかりさぶらひてききしに、まことに、さらに音せざりき。 さるは。 竹近き紅梅も、いとよく通ひぬべきたよりなりかし。 まかでて聞けば、あやしき家の見所もなき梅の木などには、かしがましきまでぞ鳴く。 夜鳴かぬも、寝ぎたなきここちすれども、今はいかがせむ。 …… 郭公は、なほ更にいふべきかたなし。 いつしかしたり顔にも聞え、歌に、卯の花、花橘などにやどりをして、はたかくれたるもねたげなる心ばへなり。 五月雨の短か夜に寝ざめをして、いかで人よりさきに聞かむとまたれて、夜深くうち出でたる声の、らうらうしう愛敬づきたる、いみじう心あくがれ、せむかたなし。 六月になりぬれば音もせずなりぬる、すべていふもおろかなり。 夜鳴くもの、なにもなにもめでたし。 ちごどものみぞ、さしもなき。 うつくしきもの [ ] なにもなにも ちひさきものはみなうつくし。 (現代語訳) 何でも、 小さいものはみなかわいい。 近くて遠きもの [ ]• 三巻本系-161段 近うて遠きもの 宮の前の祭り 思わぬ同胞 親族のなか 鞍馬のつづらおりという道 十二月のつごもりの日 正月の一日の日のほど• 堺本系 近くて遠きもの 思わぬはらからの仲 女男もさぞある 船の道 遠くて近きもの [ ]• 三巻本系第二類本:勧修寺家旧蔵本、中邨秋香旧蔵本、伊達家旧蔵本、古梓堂文庫蔵本 遠くて近きもの 舟の道 人のなか-162段 (現代語訳) 遠いようで近いものは、極楽、舟で行く路、の仲。 能因本系 遠くて近きもの 極樂 舟の道 男女の仲• 堺本系:後光厳院本-118段 遠くて近きもの 極樂 くらまのつづらおり 十二月のつごもりと、正月の一日と 宮のべのまつり 寺は [ ]• 三巻本-197段 靈山は 釈迦佛の御住処なるが あわれなるなり• 堺本後光厳院本 りょうせんは 釈迦佛の御住処の名に似たるがあわれなるなり• 能因本-191段 高野は弘法大師の御すみかなるが あわれなり 日は入日 [ ]• 三巻本 日は入日 入りはてぬる山の端に 光なおとまりて赤う見ゆるに 薄黄ばみたる雲の棚引きわたりたる いとあわれなり - 236段 月は有明けの東の山際に細くて出ずるほど いとあわれなり - 237段 雲は白き 紫 黒きもおかし 風吹くおりの雨雲 明け離るるほどの黒き雲の ようよう消えて 白うなり行くも いとおかし 明日にさる色とかや 詩文にも作りたなる 月のいと明かき面に薄き雲 あわれなり - 239段• 堺本後光厳院本-82段 日は入日 月はあり明け 雲はむらさき 風吹く日の雨雲 日入り果てたる山ぎわの まだ名残りとまれるに うす黄ばみたる雲の 細く棚引きたる いとあわれなり いま 明け離るるほど 黒き雲のようよう消えて 白くなり行くおかし あしたにさる色とかや 文にもつくりたる 雪のいと高う降りたるを [ ] 雪のいと高う降りたるを 例ならず御格子まゐりて 炭櫃に火おこして 物語などして集りさぶらふに (宮)「少納言よ 香炉峰の雪いかならむ」とおほせらるれば 御格子上げさせて御簾を高く上げたれば 笑はせたまふ。 の詩にちなむ。 三巻本系の冒頭 雪のいと高く降りたるを,例ならず御格子まゐらせて• 能因本系の冒頭 雪のいと高う降りたるを 村上の前帝の御時に [ ] 村上の前帝の御時に 雪のいみじうふりたりけるを 様器にもらせ給ひて、梅の花をさして 月のいとあかきに 村上のみかど「これに歌よめ。 いかゞいふべき」と兵衞の藏人に給はせたりければ、「雪月花の時」と奏したりけるをこそ、いみじうめでさせ給けれ。 (宮)「歌などよむはよの常なり。 かくおりにあひたる事なんいひがたき」とぞおほせられける。 現代語訳 先の帝、の御治世に、雪がたいそう降ったのを、容器にお盛りになり、梅の花をさして、月がとても明るいところに、「これについて歌を詠め。 どう言うのがふさわしいか」と兵衛の蔵人にお与えになった。 「雪月花の時(最もあなた様をお慕い申し上げます)」と申し上げたのを、帝は大層にお気に召された。 中宮様は、「歌など詠むのは当たり前のことね。 このように折にあったことをいうことこそ難しいのよ」と仰せになった。 これも白居易の詩にちなむ。 「の時」は白楽天「寄殷協律」による。 三巻本系 村上の前帝の御時に、雪のいみじう降りたりけるを、様器に盛らせ給ひて、梅の花を挿して、月のいと明きに、「これに歌よめ。 いかが言ふべき。 」と、兵衞の藏人に賜せたりければ、「雪月花の時。 」と奏したりけるこそ、いみじうめでさせ給ひけれ。 「歌などよむは世の常なり。 かくをりにあひたることなむ言ひがたき。 」とぞ、仰せられける。 能因本系の冒頭 村上の御時、雪のいと高う降りたるを 清少納言についての引用 [ ]• 清少納言こそ、したり顔にいみじうはべりける人。 さばかりさかしだち、真名書き散らしてはべるほども、よく見れば、まだいと足らぬこと多かり。 かく、人に異ならむと思ひ好める人は、かならず見劣りし、行末うたてのみはべれば、艶になりぬる人は、いとすごうすずろなる折も、もののあはれにすすみ、をかしきことも見過ぐさぬほどに、おのづからさるまじくあだなるさまにもなるにはべるべし。 そのあだになりぬる人の果て、いかでかはよくはべらむ。 --『紫式部日記』(1010年) 外部リンク [ ].

次の