セリーグ 優勝 ライン 2019。 プロ野球 優勝確率・期待順位・順位確率

9月29日終了時点のセ・リーグCS進出ライン、30日に阪神が引き分け以下でカープCS進出決定

セリーグ 優勝 ライン 2019

「」も参照 (24年)、新チーム加盟の是非をめぐりが分裂し、加盟反対派の(巨人)、、を中心に、大阪タイガース(現:。 当初は賛成派だったが巨人戦との兼ね合いで撤回し残留)、新球団の大洋ホエールズ(現:)、広島カープ(現:)、を加えた計7球団で セントラル野球連盟(セントラルやきゅうれんめい)が発足。 なお、発足当時はが球団を所有してセ・リーグに加盟して8球団体制とする計画があった が、これは計画倒れに終わり実現しなかった。 袂を分かった賛成派は、3つの新チームと共に 太平洋野球連盟こと(パ・リーグ)を結成した。 翌(昭和25年)1月には球団所有が中止・消滅に終わった小田急電鉄と入れ替わる形で国鉄スワローズ(現:)も加盟し、当初の計画から違う形となったが、運営初年度から8球団体制となった。 1月10日に開催が予定されたセ・リーグ代表者会議を前に、経営危機に直面していた広島と西日本を整理する構想が浮上したが、当日の会議では問題を先送りされた が、結局シーズン開始直前、西日本パイレーツがパ・リーグの西鉄クリッパース(現:)と合併し脱退。 シーズン終了後には大洋ホエールズと松竹ロビンスが合併して「大洋松竹ロビンス」を結成し、6球団になる。 以降、親会社及びチーム名の変更こそあるものの、チーム数そのものの増減は無い。 大洋松竹ロビンスが1953年(昭和28年)にからへ、さらに1955年(昭和30年)大洋ホエールズに改称してへ移転して以降は、各球団のの変更も無い。 同球団は、1978年(昭和53年)に移転とともに横浜大洋ホエールズに改称しており、それ以降、本拠地(球場)所在地の変更も無い。 (20年)の改定発効に伴い、連盟事務局と直下の審判部・記録部はコミッショナー事務局、パシフィック・リーグ事務局と統合され、直属の『セントラル・リーグ運営部』『審判部』『記録部』となり、リーグ会長職は廃止された。 (平成25年)より開幕前のイベントとしてにて『 セ・リーグファンミーティング』を行っている。 (令和元年)11月11日にとタイトルパートナー(冠スポンサー)契約を締結。 契約期間は(令和2年)から3年間でリーグ戦では「JERA セントラル・リーグ」の名称が使用される。 球団名を 中部日本に改称 、球団名を 中部日本ドラゴンズに改称 、球団名を 中日ドラゴンズに改称、後楽園球場を本拠地とする 、(現・ナゴヤ球場)に本拠地を移転 、が経営参加を表明。 球団名を 名古屋ドラゴンズに改称 、名古屋鉄道の経営撤退に伴い、球団名を再び 中日ドラゴンズに改称 、に本拠地を移転 に、、日本交通公社(現・)などを親会社とした 国鉄スワローズがセントラル・リーグに加盟。 を本拠地とする 、に本拠地を移転 、シーズン中に親会社が、、、 (この4社は直後の1967年、集結して)となり、 球団名を サンケイスワローズに改称。 後にも出資に参加 、球団名を サンケイアトムズに改称 、フジサンケイグループとヤクルト本社による共同経営となったことに伴い、球団名を アトムズに改称 、フジサンケイグループの球団株式売却によりヤクルト本社が経営権を持つ。 512 ( Nishinippon Pirates) (1950年) 0 136 50 83 3. 376• 成績はリーグが結成された1950年以降のもの 球団名・本拠地・親会社の遍歴 球団名 遍歴 に(の前身)を親会社として 大東京軍を結成。 を本拠地とする 、8月に(現・ライオン)が経営参加を表明。 球団名を ライオン軍に改称 、敵性語である英語の使用禁止を受け、球団名を 朝日軍に改称 、球団名を パシフィックに改称 、球団名を 太陽ロビンスに改称 、球団名を 大陽ロビンスに改称。 に本拠地を移転 、が経営参加を表明。 球団名を 松竹ロビンスに改称。 に本拠地を移転 、シーズン開幕前にと合併。 合併球団名は 大洋松竹ロビンスとなる にを親会社とした 西日本パイレーツがセントラル・リーグに加盟。 を本拠地とする 、シーズン開幕前にと合併しへ移動脱退。 合併球団名は 西鉄ライオンズとなる• 親会社の企業名、本拠地の球場名はいずれも当時のもの• 球団名の改称年は改称後の初年度シーズンを起点に表記 試合方式 [ ] 総当り回数 [ ] の()制度採用後は方式で、原則それぞれ半分ずつの試合を行う。 1950年 - 1952年:20回 (1950年のみ:140試合、1951-52年:120試合)• 1953年 - 1962年:26回 130試合• 1963年 - 1965年:28回 140試合• 1966年 - 1996年:26回 130試合• 2001年 - 2004年:28回 140試合• 2005年 - 2006年:22回+対6チーム6回() 146試合• 2007年 - 2014年:24回+対パ・リーグ6チーム4回(交流試合) 144試合• なお1試合増加分のホームチームについては、2年単位で隔年入れ替わりである。 引き分けに関する扱い• 引き分け再試合制度実施年:1962年、1966年 - 1968年、1990年 - 2000年• 引き分けを0. 5勝0. 5敗で勝率計算した年:1956年 - 1961年 上記が規定上の対戦回数であるが、諸事情により公式戦を一部中止した年度がある。 1950年:日本シリーズの日程関係のため一部試合を中止。 1951年:が存続問題から第一節( - )の参加を見送り。 この期間の対広島戦中止。 また、同年より予定されていた日米野球の日程関係のため同月9日でペナントレースを打ち切り。 1953年:読売ジャイアンツがアメリカ遠征のため第一〜第三節途中( - )まで不参加で、かつ日本シリーズに進出したため、また同年より開催のアメリカメジャーリーグ遠征チームとの交流試合の日程の都合上、読売ジャイアンツ対国鉄スワローズ戦5試合を残してペナントレースを打ち切り。 2004年:が球団合併凍結などを求めたを9月18日と19日に決行したため、同日に予定されていた全試合を中止。 2020年:感染拡大の影響で開幕が約3ヶ月延期となり、シーズン日程を再考。 交流戦が中止となるなど一部日程が変更され、当初の143試合から120試合に試合数を削減。 回数・時間制限 [ ] 年 内容 - シングルの場合は回数・なし(デーゲームの場合日没まで)。 ダブルヘッダー第1試合は延長戦は原則として12回。 ただしナイトゲーム(開催含む)は9回まで。 - まで シングル、ダブルヘッダーとも原則として勝敗が決するまで時間・回数無制限。 ナイトゲームは深夜24時を過ぎて次のイニングに入らない。 - 同年の閉幕まで デーゲームで開催のシングルの場合は時間・回数制限なし(日没まで。 以後1973年まで同じ)。 ダブルヘッダー第1試合は延長12回まで(回数制限は1962年まで同じ)、ナイトゲームは22:30まで。 - ナイトゲームは22:15まで。 - ナイトゲームは22:30まで(時間制限は1963年も同じ)。 ダブルヘッダー第1試合は延長13回まで。 - ダブルヘッダー第1試合は延長12回まで。 ナイトゲームは22:15まで(時間制限は1967年まで同じ)。 - ダブルヘッダー第1試合は延長11回まで。 - ダブルヘッダー第1試合は延長12回まで。 ナイトゲームは22:20まで。 ダブルヘッダー第1試合は延長12回まで。 ナイトゲームは原則として試合開始時刻から3時間20分を過ぎて次のイニングに入らない。 ただし、以下の規定がある(時間制限は1973年まで同じ)。 1 :19:00以降開始の場合は経過時間に関わらず22:20を過ぎて次のイニングに入らない。 2 :9回を満たさずに時間制限が来た場合であっても、9回までは必ず試合する。 - ダブルヘッダー第1試合は、延長11回まで。 - ダブルヘッダー第1試合については9回まで(回数制限は1987年まで同じ)。 その他の試合(ダブルヘッダー第2試合含む)は試合開始から3時間を過ぎて次のイニングに入らない。 ただし、以下の規定がある。 1 :19:00以降は経過時間にかかわらず22:00を過ぎて次のイニングに入らない。 2 :9回を満たさずに時間制限が来た場合であっても、9回までは必ず試合する。 - ダブルヘッダー第1試合以外は、開始時刻に関わらず試合開始から3時間20分を過ぎて次のイニングに入らない。 ただし、9回を満たさずに時間制限が来た場合であっても、9回までは必ず試合する。 - 延長12回まで、時間制限なし。 ただし、ダブルヘッダー第1試合については9回までで打ち切り。 - 延長15回まで、時間制限なし。 引き分けの場合は再試合(降雨コールド時も含む)。 - 延長12回まで、時間制限なし。 - 延長12回まで。 ただし、に伴う節電対策として以下の規定がある。 1 :試合開始から3時間30分(雨天等による中断時間も含む)が経過した場合は次のイニングに入らない。 2 :9回を満たさずに時間制限が来た場合であっても、9回までは必ず試合する。 - 延長12回まで、時間制限なし。 延長10回まで、時間制限なし。 順位の決め方 [ ]• 2000年以前は勝率順で決めており、勝率が同率でシーズンが終了した場合のみ、プレーオフで優勝を決めることとなっていた。 2001年は例外的に勝ち星の多い順で順位を決定していた。 ただし、勝ち星1位と勝率1位のチームが異なった場合は3戦2勝制のプレーオフを行い優勝を決定する。 2002年からは再び勝率順に変更された。 ただし、勝率3位以内に勝ち星1位のチームが別にいた場合、3戦2勝制のプレーオフで優勝を決定する。 この制度は2006年まで続いた。 2007年からはクライマックスシリーズの導入により、以下の制度となった(クライマックスシリーズの結果にかかわらず、レギュラーシーズンの順位がリーグ確定順位となる)。 レギュラーシーズンの勝率• 1が同率の場合、勝利数の多いチームが上位• 2も同じ場合、当該球団間の直接対戦で勝率が高い順• プレーオフ制度についての詳細はの項参照。 年度別順位 [ ]• 背景桃色は日本シリーズ制覇。 2006年までは優勝チームが日本シリーズに出場。 導入後の2007年以降の日本シリーズ出場チームは 太字で示す。 2020年現在、ととが21世紀に制覇を経験していない。 は(1936秋)(1989)(2019)全ての3元号で最初の年にセントラル・リーグを優勝している。 1位の球団でを敗退した経験がある球団はとである。 2位と3位の球団でクライマックスシリーズを突破した経験がある球団はととである。 球団 優勝年 回数 巨人 1951 1952 1953 1955 1956 1957 1958 1959 1961 1963 1965 1966 1967 1968 1969 1970 1971 1972 1973 1976 1977 1981 1983 1987 1989 1990 1994 1996 2000 2002 2007 2008 2009 2012 2013 2014 2019 37回 広島 1975 1979 1980 1984 1986 1991 2016 2017 2018 9回 中日 1954 1974 1982 1988 1999 2004 2006 2010 2011 9回 ヤクルト 1978 1992 1993 1995 1997 2001 2015 7回 阪神 1962 1964 1985 2003 2005 5回 DeNA 1960 1998 2回• 太文字は日本一。 斜文字はクライマックスシリーズ敗退。 各球団監督 [ ] 歴代監督については「」を参照 セントラル・リーグ 代 監督 チーム 生年月日(年齢) 就任日(日数) 監督 回数 監督 通算 17 1958-07-22 (61歳) 2018年10月23日- 615日 3 1年目 34 1968-12-06 (51歳) 2018年10月18日- 620日 1 1年目 37 1965-12-04 (54歳) 2018年10月15日- 623日 1 1年目 29 1974-10-03 (45歳) 2015年10月19日- 1715日 1 5年目 19 1967-08-26 (52歳) 2019年10月7日- 266日 1 0年目 24 1968-11-25 (51歳) 2019年10月1日- 272日 1 0年目 歴代リーグ代表者 [ ] リーグ会長 [ ]• 初代:( - /副社長兼編集主幹)• 2代目:( - /元)• 3代目:(1952年 - )• 4代目:(1984年 - /元)• 5代目:(1998年 - /経済評論家、元長官)• 6代目:(2001年 - 2008年/元事務次官、元総裁)【リーグ会長職廃止により退任】 リーグ運営部長 [ ]• 初代:大越英雄( - ) 脚注 [ ] [] 注釈 [ ].

次の

年度別優勝球団(セ・リーグ)

セリーグ 優勝 ライン 2019

グローバルナビ• ジャンルナビ• コンテンツエリア ここからこのページの本文です• メインコンテンツ• 年度別優勝球団(セ・リーグ) プロ野球• 記録 年度別優勝球団(セ・リーグ)• 年 優勝チーム(監督) 勝 敗 分 勝率 2019 巨人(原辰徳) 77 64 2. 546 2018 広島(緒方孝市) 82 59 2. 582 2017 広島(緒方孝市) 88 51 4. 633 2016 広島(緒方孝市) 89 52 2. 631 2015 ヤクルト(真中満) 76 65 2. 539 2014 巨人(原辰徳) 82 61 1. 573 2013 巨人(原辰徳) 84 53 7. 613 2012 巨人(原辰徳) 86 43 15. 667 2011 中日(落合博満) 75 59 10. 560 2010 中日(落合博満) 79 62 3. 560 2009 巨人(原辰徳) 89 46 9. 659 2008 巨人(原辰徳) 84 57 3. 596 2007 巨人(原辰徳) 80 63 1. 559 2006 中日(落合博満) 87 54 5. 617 2005 阪神(岡田彰布) 87 54 5. 617 2004 中日(落合博満) 79 56 3. 585 2003 阪神(星野仙一) 87 51 2. 630 2002 巨人(原辰徳) 86 52 2. 623 2001 ヤクルト(若松勉) 76 58 6. 567 2000 巨人(長嶋茂雄) 78 57 0. 578 1999 中日(星野仙一) 81 54 0. 600 1998 横浜(権藤博) 79 56 1. 585 1997 ヤクルト(野村克也) 83 52 2. 615 1996 巨人(長嶋茂雄) 77 53 0. 592 1995 ヤクルト(野村克也) 82 48 0. 631 1994 巨人(長嶋茂雄) 70 60 0. 538 1993 ヤクルト(野村克也) 80 50 2. 615 1992 ヤクルト(野村克也) 69 61 1. 531 1991 広島(山本浩二) 74 56 2. 569 1990 巨人(藤田元司) 88 42 0. 677 1989 巨人(藤田元司) 84 44 2. 656 1988 中日(星野仙一) 79 46 5. 632 1987 巨人(王貞治) 76 43 11. 639 1986 広島(阿南準郎) 73 46 11. 613 1985 阪神(吉田義男) 74 49 7. 602 1984 広島(古葉竹識) 75 45 10. 625 1983 巨人(藤田元司) 72 50 8. 590 1982 中日(近藤貞雄) 64 47 19. 577 1981 巨人(藤田元司) 73 48 9. 603 1980 広島(古葉竹識) 73 44 13. 624 1979 広島(古葉竹識) 67 50 13. 573 1978 ヤクルト(広岡達朗) 68 46 16. 596 1977 巨人(長嶋茂雄) 80 46 4. 635 1976 巨人(長嶋茂雄) 76 45 9. 628 1975 広島(古葉竹識) 72 47 11. 605 1974 中日(与那嶺要) 70 49 11. 588 1973 巨人(川上哲治) 66 60 4. 524 1972 巨人(川上哲治) 74 52 4. 587 1971 巨人(川上哲治) 70 52 8. 574 1970 巨人(川上哲治) 79 47 4. 627 1969 巨人(川上哲治) 73 51 6. 589 1968 巨人(川上哲治) 77 53 4. 592 1967 巨人(川上哲治) 84 46 4. 646 1966 巨人(川上哲治) 89 41 4. 685 1965 巨人(川上哲治) 91 47 2. 659 1964 阪神(藤本定義) 80 56 4. 588 1963 巨人(川上哲治) 83 55 2. 601 1962 阪神(藤本定義) 75 55 3. 577 1961 巨人(川上哲治) 71 53 6. 569 1960 大洋(三原脩) 70 56 4. 554 1959 巨人(水原茂) 77 48 5. 612 1958 巨人(水原茂) 77 52 1. 596 1957 巨人(水原茂) 74 53 3. 581 1956 巨人(水原茂) 82 44 4. 646 1955 巨人(水原茂) 92 37 1. 713 1954 中日(天知俊一) 86 40 4. 683 1953 巨人(水原茂) 87 37 1. 702 1952 巨人(水原茂) 83 37 0. 692 1951 巨人(水原茂) 79 29 6. 731 1950 松竹(小西得郎) 98 35 4. 737• 野球 巨人高橋優貴「いい形」左肘痛復帰へ立ち投げ45球 []• コラム [6月30日 12:39]• コラム [6月30日 12:27]• プロ野球 [6月30日 11:42]• 高校野球夏の地方大会 [6月30日 10:09]• 高校野球夏の地方大会 [6月30日 10:09]• プロ野球 [6月30日 10:00]• プロ野球 [6月30日 10:00]• コラム [6月30日 10:00]• コラム [6月30日 10:00]• コラム [6月30日 10:00]• プロ野球 巨人高橋優貴「いい形」左肘痛復帰へ立ち投げ45球 []• プロ野球 [6月30日 11:42]• プロ野球 [6月30日 10:00]• プロ野球 [6月30日 10:00]• コラム [6月30日 10:00]• プロ野球戦評 [6月30日 9:27]• プロ野球戦評 [6月30日 9:27]• プロ野球戦評 [6月30日 9:27]• プロ野球戦評 [6月30日 9:27]• プロ野球戦評 [6月30日 9:27]• プロ野球戦評 [6月30日 9:27]• 高校野球 140キロ超の仁木ら投手充実の鳴門渦潮/徳島大会 []• 高校野球夏の地方大会 [6月30日 10:09]• 高校野球夏の地方大会 [6月30日 10:09]• 高校野球夏の地方大会 [6月30日 9:49]• 高校野球夏の地方大会 [6月30日 6:00]• 高校野球夏の地方大会 [6月30日 6:00]• 高校野球夏の地方大会 [6月30日 6:00]• 高校野球夏の地方大会 [6月29日 21:53]• 高校野球 [6月29日 19:10]• 高校野球 [6月29日 14:40]• 高校野球夏の地方大会 [6月29日 10:09]• 大学・社会人 BC神奈川の注目ルーキー杉浦、1回2失点デビュー []• アマ野球 [6月28日 8:48]• アマ野球 [6月27日 17:46]• アマ野球 [6月25日 15:58]• アマ野球 [6月24日 16:28]• アマ野球 [6月24日 16:27]• アマ野球 [6月23日 23:14]• アマ野球 [6月23日 18:51]• アマ野球 [6月23日 6:00]• アマ野球 [6月20日 19:19]• アマ野球 [6月19日 17:59]•

次の

年度別優勝球団(セ・リーグ)

セリーグ 優勝 ライン 2019

「」も参照 ファーストステージ [ ] レギュラーシーズン2位のと3位のが3戦2勝先取制で争い、勝者がファイナルステージに進出する。 今シリーズは、横浜市に本社を置く家電量販店・が冠協賛社となり「 2019ノジマ クライマックスシリーズ・セ ファーストステージ」 として行われる。 横浜スタジアムでCSが行われるのは初めてのことであり、ポストシーズンとしては2017年の日本シリーズ以来2年ぶりとなった。 これでNPB全12球団の本拠地でクライマックスシリーズが行われることになった。 会期:10月5日から10月7日• 球場:• 試合開始時間:• 10月5日(第1戦)・10月6日(第2戦):14:00• 10月7日(第3戦):18:00 ファイナルステージ [ ] レギュラーシーズン1位 1勝分のアドバンテージが与えられる のとファーストステージ勝者の阪神タイガースが6戦4勝先取制で争い、勝者がへの出場権を得る。 今シリーズは、新宿に本社を置く警備会社・が冠協賛社となり「 2019セノン クライマックスシリーズ・セ ファイナルステージ」 として行われる。 東京ドームでの開催は2016年ファーストステージ以来3年ぶり。 ファイナルステージでは2014年以来5年ぶりの開催となる。 なお、10月12日は(台風19号)接近の影響による観客の安全面を考慮するため、中止順延となっている。 さらに、13日は東日本台風の影響で午前中、各交通機関で運転が見合わせとなるため、観客の安全を考慮し、試合開始時間を14時から15時30分に変更した。 会期:10月9日から10月13日• 球場:• 試合開始時間:• 10月9日(第1戦)・10月10日(第2戦)・10月11日(第3戦):18:00• 開始:14時00分 試合時間:3時間57分 観衆:31,832人• : 1勝 : 1敗 : 1S• : 神 — 1号(7回3ラン・エスコバー) De — 1号(1回3ラン・西) 初のCS本拠地開催となったDeNAは2年ぶり阪神と対戦。 そのDeNAは1回に筒香の3ラン本塁打で幸先よく先制すると、5回は筒香、ロペス、柴田の適時打で4点を挙げ7-1と大量リード。 しかし、阪神がDeNA投手陣を攻略し7回に一挙に4点を奪うと、8回には木浪の適時打と北條のセンターオーバーの2点適時打で逆転。 阪神は劇的な逆転勝利で初戦を制した。 一方のDeNAは、バリオス・エスコバー・国吉の中継ぎで最大6点差をひっくり返されてしまう大誤算、後がなくなった。 開始:14時00分 試合時間:3時間50分 観衆:31,818人• : 1勝 : 1敗• : 神 — 1号(9回ソロ・山崎) De — 1号(1回2ラン・青柳)、2号(3回ソロ・青柳)、1号(9回2ラン・岩崎) DeNAが1回裏にロペスの2点本塁打で先制すると、筒香も3回裏に本塁打を放ち追加点を奪い阪神先発・青柳をノックアウトし、試合の主導権を握った。 一方、阪神は5回表に北條のレフト適時二塁打。 続く福留の右前適時安打で2点を返す。 さらに6回に上本が三遊間突破の左前適時安打を放ち、同点に追いついた。 DeNAはその裏に神里が適時打を放ち勝ち越し。 最終回、DeNAの守護神・山崎康が阪神・福留に本塁打を許し同点に持ち込まれるが、9回裏、乙坂がライトスタンドへのサヨナラ2ラン本塁打で、DeNAが本拠地でのCS初勝利を飾り対戦成績1勝1敗のタイに持ち込んだ。 セリーグのクライマックスシリーズにおけるサヨナラ勝ちは、・ファイナルステージ第5戦 のサヨナラヒット 以来である。 サヨナラホームランで決着したのはセリーグでは初 である。 開始:18時00分 試合時間:3時間57分 観衆:31,807人• : 2勝 : 2敗 : 2S 序盤から横浜DeNA先発・平良と阪神先発・高橋遥が両軍打線を5回まで無失点に抑える緊迫した投手戦となるが、DeNAが6回にワイルドピッチで阪神に先制点を与えてしまう。 しかしその裏、一死満塁でDeNA・伊藤光の三ゴロを阪神のサード・北條が弾く失策でDeNAが同点に追いつく。 8回表、一死3塁で梅野の犠飛で勝ち越した。 阪神は、8回裏から守護神・藤川を投入。 2イニングを守り切って、3位・阪神が下剋上を果たし、リーグ優勝の巨人が待つファイナルステージに進出。 一方、DeNAは打線が阪神投手陣の前に抑えられる形となり、3度目のCSで初めてファーストステージ敗退となりファイナル進出を逃した。 これにより、2016年から4年連続で3位チームが第2ステージに進出した。 開始:18時00分 試合時間:3時間13分 観衆:45,277人• : 1勝 : 1敗 : 1S• : 巨 — 1号(1回ソロ・望月)、1号(1回ソロ・望月) 4年ぶりの組み合わせでファイナルステージでは5年ぶりとなった巨人対阪神。 巨人は初回、丸と岡本の2者連続本塁打で2点を先取。 続く2回裏には、亀井・坂本勇の連続適時打で3点を挙げ、リードを広げた。 投げては先発・山口は8回途中1失点の好投で、阪神打線に付け入る隙を与えず、巨人が初戦を制した。 ファイナルステージでの阪神戦の連敗を4で止めた。 一方の阪神は、3回裏以降のリリーフ陣は好投するも、先発・望月が2本の本塁打を浴びるなど5失点を喫する誤算で、打線もチャンスを生かすことができず黒星スタートとなった。 阪神はファイナルステージ初の黒星となった。 開始:18時00分 試合時間:2時間43分 観衆:45,168人• : 1勝 : 1敗• : 巨 — 1号(4回2ラン・ガルシア) 巨人は初回に丸の遊撃併殺打の間に先制すると、4回裏にはゲレーロに2ランが飛び出し、追加点を挙げる。 続く5回裏には、1死1・2塁から亀井・坂本勇のダブルスチールでチャンスを広げ、丸の犠飛、岡本のタイムリーで2点を奪い、リードを広げた。 投げては、先発・メルセデスの7回無四球無失点の好投、8回以降は大竹、デラロサとつなぎ、相手打線に三塁を踏ませることなく完封勝ちを収め、巨人が進出に王手をかけた。 一方の阪神は、メルセデスの前に打線が沈黙、3安打のみに抑えられ後がなくなった。 開始:18時00分 試合時間:4時間32分 観衆:45,677人• : 1勝 : 1敗• : 神 — 1号(3回ソロ・戸郷)、1号(9回ソロ・中川) 巨 — 1号(4回ソロ・島本)、2号(5回2ラン・ドリス) 崖っぷちの阪神は3回表、梅野の本塁打で先制。 しかし直後の3回裏、巨人に岡本・阿部の連続適時打で逆転を許したが、阪神は1-4で迎えた5回表、近本の適時三塁打などで一挙5点を挙げ、逆転に成功する。 直後の5回裏には、巨人・岡本の2点本塁打で同点を許すも、9回表に、大山が値千金の勝ち越し本塁打を放ち、再びリードを奪った。 最後は守護神・藤川が巨人打線を2イニング無失点に抑え、1点差を守り切った。 敗れた巨人は、中継ぎ陣が阪神打線に捕まり最大3点差をひっくり返される逆転を許し、6番手・中川が痛恨の一発を浴びた。 試合時間の4時間32分は9回で終了した試合では最長である。 開始:15時30分 試合時間:2時間58分 観衆:45,931人• : 1勝 : 1敗 : (1S)• : 巨 — 3号(5回ソロ・西)、2号(7回2ラン・岩崎) 台風の影響で1日順延となった第4戦は、阪神が西、巨人が高橋の先発。 阪神は2回、大山の2塁打・梅野の犠打で1死3塁として、糸原の犠飛で先制。 巨人は3回まで阪神先発・西の前にパーフェクトに抑えられていたが、4回坂本が1死から初安打で出塁する。 しかし、丸が併殺打に倒れ無得点。 5回、巨人は岡本の本塁打で同点に追いつくと、6回に山本の二塁打・亀井の犠打で1死3塁のチャンスを作る。 続く坂本が三振に倒れるも丸がセーフティスクイズを決め、勝ち越しに成功。 7回にも1死1塁からゲレーロの2点本塁打でダメを押した。 また投手陣も先発の高橋が六回途中1失点の粘投。 救援の4投手は阪神打線を無安打にシャットアウト、逆転勝ちを収めた。 これで対戦成績をアドバンテージを含めて4勝1敗とし、巨人は阪神に5年前の雪辱を果たして6年ぶりの日本シリーズ進出を決めた。 一方阪神は先発・西の粘投も空しく、打線が巨人投手陣の前に2安打1得点に抑えられ完敗でファイナルステージでは初めての敗退となった。 表彰選手 [ ]• クライマックスシリーズMVP• (読売ジャイアンツ) テレビ・ラジオ放送およびネット配信 [ ] テレビ放送 [ ] ファーストステージ放送日程 [ ] 第1戦(10月5日)• 放送時間:14:00 - 15:54• 放送時間:13:54 - 17:30(延長90分)• ・BS-TBS 4K• 放送時間:15:53 - 17:54(関東地上波からのリレー中継、延長60分)• 放送時間:13:55 - 19:00 第2戦(10月6日)• 放送時間:13:45 - 17:50• BS-TBS・BS-TBS 4K• 放送時間:14:00 - 18:09(延長75分)• 放送時間:13:55 - 19:00 第3戦(10月7日)• 放送時間:18:00 - 22:15(18:00 - 18:15及び21:30 - 22:15は、サブチャンネルで放送)• ・BS-TBS 4K• 放送時間:18:00 - 22:18(延長84分)• 放送時間:17:55 - 23:00 ファイナルステージ放送日程 [ ] 第1戦(10月9日)• 放送時間:19:00 - 20:54• ・BS日テレ 4K• 放送時間:18:00 - 19:00(地上波トップ中継)、20:52 - 21:24(地上波リレー中継、142chで放送。 放送時間:17:45 - 22:00 第2戦(10月10日)• 放送時間:19:00 - 20:54• BS日テレ・BS日テレ 4K• 放送時間: 18:00 - 20:54• 放送時間:17:45 - 22:00 第3戦(10月11日)• 放送時間:19:00 - 22:34 (100分延長)• BS日テレ・BS日テレ 4K• 放送時間:18:00 - 19:00• 放送時間:17:45 - 23:00(延長60分) 第4戦(10月13日)• 放送時間:15:25 - 18:00 (マルチ編成実施無し)・18:00 - 18:45(マルチ編成を実施し、サブチャンネルにて放送)• ラジオ放送 [ ] ファーストステージ放送日程 [ ]• ファイナルステージ放送日程 [ ]• NHKラジオ第一 、 は第1戦~第3戦を放送。 ネット配信 [ ] ファーストステージ配信日程 [ ]• ファイナルステージ配信日程 [ ]• DAZN• 脚注 [ ] 注釈 [ ]• パリーグでは、 の逆転サヨナラ満塁ホームラン が該当する• フジテレビ系列とのクロスネット局テレビ宮崎(UMK)を除く• ただし、福岡放送ではCSパファイナルステージ埼玉西武VS福岡ソフトバンク第3戦に差し替え。 フジテレビ系列とのクロスネット局テレビ大分(TOS)は放送せず。 22:34 - 22:44に事後枠『ダッグアウト』も別途放送。 巨人の日本シリーズ進出決定戦の為、試合終了まで延長。 巨人の日本シリーズ進出決定戦でなかった場合は延長無しで、20:54までを予定していた。 20:52以降プロ野球中継継続かつ地上波で延長しない場合は、BS日テレ142chで放送し、最大延長21:54の予定であった。 当初は、14時試合開始予定であったため、13:55放送開始予定であった。 当初は、14時試合開始予定であったため、13:45放送開始予定であった。 東日本台風の影響によりセ・リーグ第4戦の試合開始が15:30からに繰り下げられたため、同日14:00に試合開始だったパ・リーグ第4戦に変更。 (当日はがメイン。 は東日本台風の影響で開催中止)優先のため。 出典 [ ]• 読売巨人軍・読売新聞社• www. giants. 2019年10月11日閲覧。 日本野球機構• 日本野球機構• 日本野球機構• 日本野球機構• 日本野球機構• 日本野球機構• TBS. TBSテレビ. 2019年10月2日閲覧。 www. mbs. 2019年10月2日閲覧。 BS-TBS. 2019年10月2日閲覧。 TBS. TBS CS[TBSチャンネル]. 2019年9月28日閲覧。 BS-TBS. 2019年9月29日閲覧。 nikkansports. com. 日刊スポーツ新聞社. 2019年10月8日. 2019年10月8日閲覧。 日本放送協会. NHK スポーツオンライン. 2019年10月4日閲覧。 関連項目 [ ]•

次の