勝者のみが勝利できるのよ。 【ポケモンGO】覚悟しなさい!/勝者のみが勝利できるのだ!/いちおう戦って見ようかなー?【ロケット団バトル攻略】|ポケらく

【ポケモンGO】ロケット団セリフ別使用ポケモンとゲット可能なシャドウポケモン一覧【2019年11月版】

勝者のみが勝利できるのよ

新型コロナウイルスの感染拡大を防止すべく、世界最高峰のエンターテインメント、NBAは3月13日(現地時間12日、日付は以下同)より2019-20レギュラーシーズンを中断することを余儀なくされた。 6月に入り、7月31日からフロリダ州オーランドで22チームが参戦し、シーズンを再開することが決まった中、65試合前後を消化した各チームならびにその主要選手たちを振り返っていきたい。 8分(リーグ18位) 平均得点:25. 5得点(リーグ12位) 平均リバウンド:4. 8本 平均アシスト:4. 2本 平均スティール:1. 5本(リーグ16位) 平均ブロック:0. 5本 フィールドゴール成功率:45. ラヴィーンは『The Athletic』へこんな言葉を残していた。 「俺はもう、周囲の人たちが自分のディフェンスについてでたらめを言うことにうんざりしてる。 俺はいつだって優れたオンボールディフェンダーとしてやってきたんだ。 オフェンス面で良い評価を得ている選手が、ディフェンス面では良くないことにはならないと思う。 俺はディフェンスにもプライドを持って取り組んでるんだ。 (今シーズンにでも)それを見せてみせるよ。 自信を持っているからね」。 開幕からエースとして臨んだラヴィーンは、順調に2ケタ得点を記録し、今季は毎月平均20得点以上を積み重ねており、チーム成績が最も良かった12月(7勝7敗)ではディフェンシブ・レーティング(100回のポゼッションにおける失点)で105をマーク。 今季全体で見ても、昨季の115から今季は112へと改善。 「俺は目の前の選手をストップすることにプライドを持って、フォーカスしている。 自分の仕事だと認識してね。 インテンシティ(激しさ)と集中力がディフェンス面において手助けしてくれていると思ってるんだ」と話しており、攻防両面においてプライドを持ってプレーしてきた。 ジム・ボイレンHC(ヘッドコーチ)も「私が彼と話していることは、彼ならば(オフェンスとディフェンスの両面において優れた)2ウェイプレーヤーになることができるというもの。 2ウェイプレーヤーというのは、コートの両エンドで活躍することをコミットしており、見事に関わっている選手を指す。 彼はまさにそれを実行しており、見ていて楽しいよ。 そうすることで彼自身だけでなく、このチームを一段階上のレベルへと導くことになるだろうね」とラヴィーンに大きな期待を寄せていた。 ルーキーのが躍進したことは朗報だったものの、ラウリー・マルッカネンやといったキープレーヤーたちが戦線離脱してしまい、ラヴィーンへの負担も増大。 1月下旬から8連敗を喫するなど黒星先行に拍車がかかってしまう。 チームが不振となったことで、ラヴィーンとボイレンHCの不仲に関する報道がSNSを通じて拡散されるなど、なかなか集中できない状況にまで発展。 徐々に戦力がそろい始めたものの、ラヴィーンは左大腿部を痛めて3月に行われた5試合を全休し、そのままレギュラーシーズンが中断に。 今季は60試合に出場していずれもキャリアハイとなる平均25. 5得点4. 8リバウンド1. 5スティールに4. 2アシストを残し、3ポイント成功数(平均3. 1本)も自己最高を更新。 特に11月24日のシャーロット・ホーネッツ戦で見せた3ポイントショーは圧巻。 ラヴィーンの右腕から放たれたショットは面白いようにリムをくぐり抜け、成功率は驚異の76. 5パーセント(13/17)。 NBA歴代2位タイの13本を放り込み、キャリアハイの49得点をマーク。 だがイースト11位に終わったブルズは、3年連続でプレーオフ進出を逃すことに。 7月31日からフロリダ州オーランドでスタートする今季の第二幕へ出場できないことが決まり、ラヴィーンは6月6日にチームを通じて「正直最悪だね。 今はいろんなことが起きていて普段とは違う状況だけど、がっかりもしてる。 俺たちにはプレーオフ争いに参戦できるだけの実力がなかったということ。 その資格があると認めてもらうためには、やり方を大幅に変える必要があることが分かった」と悔しさをにじませ、「同じミスを繰り返しちゃいけないんだ。 チームのアイデンティティを変えて、勝利できるカルチャーを構築すべく、このチームの印象を変えなくちゃいけない」と言い残した。 新体制へと切り替えたブルズとラヴィーンが来季に向けて巻き返しを図る 4月14日。 ブルズはバスケットボール運営部門のエグゼクティブバイスプレジデントの座にアルトラス・カルニショバスを招聘。 28日には新たなGM(ゼネラルマネージャー)として、フィラデルフィア・セブンティシクサーズからマーク・エバースリーを引き抜いたことが報じられた。 ボイレンHCの去就はながら、ブルズは着実に新たな方向へと歩みを進めている。 すると4月29日に『HoopsHype』へ掲載された記事の中で、ラヴィーンは「俺は2人と話したんだ。 彼らと一緒にやっていくことにものすごくワクワクしてる。 ブルズのファンに、このチームが正しい方向へと向かい、そして向上していくと分かってもらえるような変化が必要だと思っていたからね」と話しており、ブルズの新体制に大きな期待を寄せている。 ここ2シーズンというもの、ラヴィーンはオールスター級の個人成績を残してきたものの、HC投票によるリザーブメンバーに選ばれることはなかった。 「そうした経験から俺が学んだのは、勝利によって全ての結果が返ってくるということ。 だから俺は今、心底勝者になりたい。 偉大な選手たちは皆それをやってきた。 1試合に40得点しようと、勝者とみなされるわけではないんだ」と話しており、勝利に飢えていることは間違いない。 新体制で臨む来季に向けて、ブルズとラヴィーンの動向には注目していきたいところだ。

次の

【ポケモンGO】覚悟しなさい!/勝者のみが勝利できるのだ!/いちおう戦って見ようかなー?【ロケット団バトル攻略】|ポケらく

勝者のみが勝利できるのよ

blackfox343 「勝利者」の辞書情報です。 etc. ----- 「勝者」の辞書情報です。 勝利者。 etc. ----- 以上のように、意味的には同じです。 微妙なニュアンスの差があり得ます。 ニュアンスの差は、context等にも依存し、一概に論じられません。 ----- の記事を引用させて頂きます。 そんなスポーツの世界で、「明日の勝者」を目指すアスリートたちを取材し続けてきた二宮清純氏に、敗者と勝者を分かつものは何なのか、勝者になるために必要なのは何か、「勝つ」組織を作るにはどうしたらいいのかを聞いた。 上記の記事の「勝者」を「勝利者」にすると、表現の調子が狂います。 ----- の記事を引用させて頂きます。 上記の記事の「勝利者」を「勝者」にすると、表現の調子が狂います。 --------------------------------- blackfox343さんに、 俳句(haiku)、短歌(tanka)の創作をおすすめします。 俳句(haiku)、短歌(tanka)を創作しますと、 分かって来ます。 (音韻の数ばかりでなく、音韻の響きについて感じざるを得ないのです。 感じなければ創作できませんので。

次の

【黒い砂漠モバイル】明日10/8(火)アップデートで攻城戦の勝者のみが利用できる「隠された宴会場」がSEASON2になるぞおおおおおおおお!?

勝者のみが勝利できるのよ

こんにちは。 まずは、こちらのページへと 足を運んでくれたことに感謝します。 何かのご縁があって、 もしくは何かのキッカケがあって こうしてネットの中ですが、 あなたと知り合えたことに 深く感謝いたします。 ネットといえど、こうして、 あなたという1人の人間と 出会えたことに心より感謝いたします。 こちらのページでは、チャートマニアKこと ぼくの自己紹介を行いたいと思います。 ぼくは、全国の人が憧れる 「京都」に住んでおります。 今年引退したさんが、 余生に選んだ「京都」に住んでいます。 まぁ、住んでるぼくたら、 なぜ京都が良いのか よくわかりませんが笑 ぼくは、現在39歳なのですが、 まぁ、人には言えない 恥ずかしい思いやの人生 を歩んできました。 ぼくの苦労話なんてクソの役にも立たないので、興味ある方だけには個別でお話しすることもあるかもしれませんが、ここでは伏せておきます。 ぼくのブログに訪れたということは、 金融投資、、、 に興味があって 来ていただいたと思います。 ですので、ぼくが、 と出会ったキッカケやとどのように 向き合ってきたかをお伝えします。 あれは、2016年の11月頃でした。 地元の後輩から、 「Kくん、なんかバイナリーていう投資があって、それの勝てるポイントを配信してるグループがあるんですが、興味ないですか?」 と電話がありました。 ぼくは、すでにを知っていたのですが、 5万円くらい入金して テキトーにポチポチしてあっという間に 5万円が溶けてしまったのもあり、 すでに忘れてる存在でした。 しかし、その電話で、 「えっ?勝てるポイント?」 そんなことがわかるのか? 確かにで、 勝ち続けてる人は存在すると聞くけど、 それをわざわざ教えてくれる? ぼくのなかで、が 125個くらいよぎりましたが、 その話しが本当ならものすごいことだと 確信したので後輩に二つ返事で、 「詳しく聞かせてほしい」 と答えました。 聞いてみると、LINEのグループに参加し、ポイントが来たら通知してくれるとのこと。 そんな簡単なことなら、参加しないことはないと思い、 すぐに参加しました。 はじめはお試しで無料だったのですが、その無料のときに、 バンバン勝ちまくって、お金が30万くらい増えました。 ぼくは、これはヤバイ、と確信して、 紹介してもらった、その配信グループに8万円の入会金を 払って本参加することにしました。 そして、本参加してから、、、 このときぼくはマーチンという手法のこともよくわかっておらず、 「負けたら掛けた金額の 2. 25倍で追っかけてください」 追っかけて下さいというのは、 例えば13時05分に1分後の予想をする エントリーをして06分に負けていたら、さらに07分に予想するものに、 続けてエントリーするということです。 この追っかける、そして倍掛けする、 というのがマーチン手法と言われる 資理を元にした手法でした。 このときは、 「あーー、追っかけたらいつか当たるからそのうち勝てるよね」 くらいの感覚でやっていましたが、2度目、3度目と、多い時では、 3マーチン、4マーチンすることもありました。 ここで考えてみてください。 例えば1万円でエントリーします。 25倍ずつ掛け金を上げていくと、1万円からスタートしたものが、 3マーチンのときには、113906円もの投資金額になっているのです。 しかも、3マーチンで勝っても、この投資における利益はわずか、 9000円にしかなりません。 しかもこれはあくまでも、3マーチン目で勝利したらの話です。 もしあなたがこれと同じやり方なら3マーチンもエントリーできますか? ぼくは、怖くて打てません。 はじめの1万円のエントリーしたときに勝利していても、利益は9000円です。 85でしたので、上記の金額は現在の1. 90で計算しています。 これをご覧になってマーチン手法の恐ろしさがわかっていただけましたか? ぼくは、このマーチン手法の恐ろしも知らずに言われるがままにやっていました。 そして、、、 あれよあれよという間に、資金の100万円が数日で吹っ飛びました。 もちろん、配信グループのやり方を鵜呑みにしたぼくが完全に悪いのですが、 何もロクに調べもせずにやるとこういう目にあってしまうのです。 普通ならここで諦めて辞めてしまうのですが、 ぼくはの可能性には 大きく期待していたので、ここから勉強をスタートしました。 勉強と言っても、自分でやるのではなく、教材をとにかく買いまくりました。 そして、ネット上で見つけた目星い方のコンサルも受けるようになりました。 そして、あるコンサルを受けた方から、飲み込みが早いのと、分析能力に 長けているという判断から、その方のコンサル生に指導する 「講師」になってくれないかと、お誘いを受けました。 そこから、ぼくは、本業のかたわら、その方のコンサル生20人前後の生徒さんに 教えることを無償でやっていました。 なぜ無償だったのか? もちろん、その方は報酬を支払うとおっしゃってたのですが、 ぼくは、投資歴も少なく、おそらくそのコンサルを受けてた方達より ほんの少し、ほんの半歩くらい先に進んでただけだったので、 自分自身の成長ができる環境だと思い、無償でやっていました。 もちろん、ぼくも隙間時間で、勝利することができていたので、 教えてもらって勝利できるようになった恩返しの意味もありました。 ぼくはそこで教えることの難しさやその人にあった投資スタイルが あることに気づいたのですが、とにかく毎日まいにち、レクチャーの日々で 目まぐるしく時間が過ぎました。 このときに経験したレクチャーの日々はぼくを大きく成長させてくれました。 そして数ヶ月後に、その師匠とも言うべき方と、どうしても意見が合わずに別々の道を 歩むことになりましたが、 ぼくはぼくで数人の生徒を持ってレクチャーする日々を過ごしていました。 ぼくの性格は、16タイプ性格診断でも出てきますが、ENTPというタイプであり、 超合理主義者であり、効率性をすごく追い求めるタイプでもあります。 このグループは1分取引ののローエントリーのみという、 絞りに絞った投資法で、100万プレーヤーを続出させてました。 そこは、月額5万円支払って、そのグループの創設者が開発した、 ールを視聴することができます。 ールを譲ってもらうのではなくてあくまでも視聴できるのみです。 ールというのは、矢印が出たらエントリーすればいいと いう単純なものではなく、その矢印が「騙し」の可能性があるので それの見極め方や、逆に、鉄板の激アツのポイントなどを 理解する必要があります。 そのグループは、騙しの見極め方や、激アツポイントの解説なども しっかりとやっていしたが、2マーチンありきのロジックであり、 詳しい勝率や、ロジックの中身を教えることはありません。 もちろん、サポート体制は充実しており、素晴らしい部分も多いのですが、 ぼくは、ロジックの中身を明かさないことと、マーチンありきの場合はが、 何パーセントになるかの説明が、ないことに違和感がありました。 この意味わかりますか? ・10回やって、1回負けるか負けないか。 ・100回やって、1~5回負けるか。 ・100回やって5回負けたらトントンです。 資金は増えないのです。 ぼくは、バイナリーを始めたときの上記で記したグループのおかげで マーチンの怖さを知っていたので、どうしてもマーチンありきに 引っかかるのです。 ここまでの説明があって、そのやり方を推奨するのなら、 まだ理解はできますが、ロジックの説明やマーチンの説明も ロクにないままやるのはどうかと。 ただ、鉄板の激アツポイントもあるので、そのグループでも、月に数百万円を 安定して勝ち続ける人が存在しました。 いわゆる激アツポイントとは、 マーチンなしで勝てるポイント であり、 1本どりができるとこであります。 ですので、 勝ち続ける人はそのポイントをひたすら待つのです。 ぼくはここに大きなヒントを得て、いまの取り組み方の原型となる バイナリー術を構築しました。 もちろん、そのグループに対して、ロジックの説明がないことや、 マーチンの危険性の説明がないことに不満があったので、すでに退会しておりますが、 そこからまたぼくは効率的で、負けないやり方を構築できたので、 その経験は良かったと言えます。 ちなみにどんなロジックでエントリーしているのか わからないということは、野球でいうピッチャーが、 カーブとわかっていてカーブを投げていないのと同じです。 なんとなく投げてるのがカーブになってるだけで、カーブの投げ方を全く わからず、ゲームでいうカーブボタンを押せばカーブに なってるだけということです。 ですので、巷に多くあるツールの ロジックの中身を知らずに取り組むのは本当に危険です。 どんな中身かわからないので、負けたときに分析できないのです。 ですので、ツールを販売するなら、最低限ロジックの中身を公開し、 騙しのときはこういうとき、激アツのときはこういうとき、 というようにロジックに沿った説明が必要だと思います。 かなり長くなりましたが、さらに詳しいの ことについては本文に譲るとしてで勝ち続けるには 以下の3ステップを意識してください。 1、ロジックを、理解する 2、ロジックの中でも激アツポイントを理解する 期待値が高いポイント 3、期待値が高いポイントが訪れたエントリーする で、勝ち続けるには、これら3ステップをこなすことが 大切であり、逆に言えばこの3ステップを こなすだけで良いということです。 この3ステップを本文では、 公開していきますので、 ぜひご覧になってください。 長い文章でしたが、お付き合いいただきありがとうございます。 あなたのバイナリーライフが向上することを願っています。 下記は僕の無料LINEグループになります。 まだまだ手探りなので是非参加お願いします。 chartmaniak.

次の