モンスト hp ランキング。 モンストシロアクシナダ: モンスト攻略ランキング

【モンスト】火属性最強ランキング【アザトース・ゲヘナがランクイン】

モンスト hp ランキング

モンストを代表するキャラを一つ挙げるとしたら、大半のストライカーはルシファーを挙げるのではないでしょうか。 それほどモンストにおけるルシファーの存在感が強いのですが、実はその初登場は20か月も前の2015年の新年ガチャのことでした。 しかし、実装後、蓋を開けてみると、神化がやばいということに当時のストライカーがすぐに気づきました。 ルシファーは瞬く間に最強と呼ばれるようになり、話題に上がり続けました。 そして20か月経った今も、ステ、アビ、友情、SSすべての面において群を抜くルシファーを超えるキャラが現れていません。 そのあまりの強さがゆえに、運営はルシファーを意識したクエを出すようになり、それまでルシファーの影に潜んでいたキャラたちがやっと少しずつ頭角を現すようになったことからも、いかにルシファーはモンストの歴史に影響を与えたかが伺えます。 特にHPは、アビリティのバリアの耐久力を入れると実質3万を超え、これは全キャラの中でもトップクラスです。 攻撃力もゲージ成功で29379と、パワー型並みとなっています。 スピードは砲撃型の中では速い方ですが、全キャラの中では並みといったところでしょうか。 ダメージが10000超えるまで、あらゆるダメージや状態異常を受けることなく、さらに、10000万以上ダメージを受けて壊れても、マップを移動するとバリアが復活するという、かなりチート級のアビリティとなっています。 強力な友情ですが、近くの敵には当たりませんので、位置調整が必要となることがあります。 副友情の十字レーザーSですが、範囲が狭くかつ威力も低いため、強力な友情を二つ持つ獣神化キャラと比べると劣っています。 同じストライクショットを持つキャラの中でも倍率が高めで、ピンチの時に撃てば大体なんとかなります。 ただルシファー自身アンチアビリティはADWしか持っていないので、重力が大量発生するクエでは、パーティに素アビにアンチ重力バリアを持つキャラ複数がいないと思うようにダメージを出せないことが多いです。 阿修羅:厄介な開幕白爆発の影響を受けない。 エデン:初手の全体攻撃を無効化する。 友情が鬼。 覇者の塔(20階以上): 21階:大ダメージを受けるメテオを防ぐ。 22階:理不尽な開幕即死ホーミングを一発無効化し、ゲームオーバーする可能性を減らす。 24階:友情、バリアが非常に有効。 26階:大号令でピンチを乗り越えられる。 30階:最終面に真ん中に置いとけば勝ち確定のような物 34階:友情有効的。 大号令で簡単にワンパン狙える。 特別ステージ ハクア:大号令が非常に有効。 この他にも数多くの適正クエがあり、連れて行こうと思えばほとんどのクエに連れていける圧倒的な汎用性があるところもルシファーの強みです。 熱き友撃の実:もともと強力な友情の威力をさらに上げることができ、より安定感が増します。

次の

【モンスト攻略】オールフォーワンのギミックと適正キャラランキング【超究極】

モンスト hp ランキング

友情コンボの放電によるザコ処理能力が非常に高く、周回時に高い利便性を誇る。 ストライクショットやステータスも優秀で、降臨モンスターに限らず全体で見ても上位の性能を持つ。 難度を問わず多くのクエストで活躍できるため、文句なしにオススメできるモンスターだ。 初登場時に比べると入手難度は低下している。 いまだ高いハードルではあるものの、挑戦する価値は非常に高い。 汎用性の高いアビリティセットと高いステータスにより、カバーできるクエストの範囲が広い。 副友情のチップソーは倒し切れなかったザコの処理に役立つほか、ボス戦でも火力として期待できる優秀な友情コンボ。 高難度クエストでは爆絶カタストロフィや禁忌の獄19に対応。 そのほかにも多くのクエストで活躍が期待できる。 こちらもクエスト難度は非常に高いが、7月17日に実施されたVer. 2へのアップデートでミラクルミンが使用可能となり、獲得のハードルは下がっている。 まずはラック10での獣神化を目指して挑戦してみよう。 近年ブロックやウインドの需要が高まっていることもあり、木属性クエストに限らず活躍できるクエストは多い。 副友情のボムスローは火力の高さに加え、爆風で友情も誘発できるなど利便性も高い。 ストライクショットはプラズマに味方のキラー効果が乗るため、使いかた次第で高い火力を発揮できる。 轟絶クエストでの入手となるため、獲得難度は高いが、獣神化できれば確実に戦力として期待できる。 適正モンスターがある程度揃っているなら、ぜひとも挑戦しておきたい。 高火力友情の超強スパークバレットやダメージを稼ぎやすい自強化&弱点露出SSを所持しており、スキのない強さを誇る。 ステータスも高く、多くのクエストで活躍が可能。 高難度クエストではサキミタマやブルータス、禁忌の獄23などで活躍できる。 神獣の聖域はクエストの性質上、新モンスター追加による難易度の変化をほとんど受けない。 常設クエストでいつでも挑戦できるため、コツコツと育成していきたい。 禁忌の獄25クリアー時にまれに出現するEXクエストで入手できるモンスターだ。 HPが極端に低い点、メイン友情が単体では火力を出せない点から複数編成には向かないが、対応アビリティの広さから多くのクエストに連れていくことが可能だ。 高難度クエストではとくにラウドラ(轟絶・究極)との相性がよく、最適クラスの活躍を見せてくれる。 入手難度は極めて高いが、それでも手に入れる価値のある強力なモンスターとなっている。 友情コンボは、火力と打開力に優れた大号令SSが非常に強力。 直殴りダメージアップにも対応できるため、多くのクエストで活躍できる。 高難度クエストではシュリンガーラ(轟絶・究極)やアルカディア、イザナミ零など多くの高難度クエストで活躍することができる。 初登場から3年近く経過した現在も活躍の機会は多く、運極を目指す価値の高いモンスターだ。 メインギミック2種への対応と使いやすいキラーの存在、HP管理に便利なSSを持つことから、現環境下でも運枠としての活躍の機会は多い。 高難度クエストではエルドラドやツクヨミ廻、ミューラン(ステージ3)などで活躍できる。 初心者もぜひ運極を目指しておきたいモンスターだ。 強力な大号令SSを持ち、直殴り倍率アップクエストにも対応しやすい。 初期のキャラクターということもあり、友情コンボには火力不足を感じるようになったものの、いまでも運枠としては上位に入る性能。 ティル・ナ・ノーグやアラミタマ、禁忌の獄2など、最近の高難度クエストでも現役で活躍できる。 ツクヨミと同じく書庫で手軽に運極を作成できるうえ、クシナダ廻での強化も可能。 初心者が最初に獲得・運極を目指す絶級クエストとしてオススメしたい。

次の

【モンスト】禁忌ノ獄!攻略難易度ランキング!~25ノ獄までのベスト5~

モンスト hp ランキング

進化のアビリティセットを純粋に強化した形だ。 また、アンチ魔法陣がベース発動となったため、ひよこ攻撃にも対応できる。 友情コンボは四反射分裂弾に加え、新登場の超絶ホーミング12を所持。 超絶ホーミング12は、これまでに登場した超絶ホーミング6の2倍の弾数となっており、ボスが1体のみの場合はより高い火力を出すことが可能になった。 追撃の地割れは、配置次第でほかの敵も巻き込むことが可能だ。 なお、遅延ターン数はランダムとなっており、2ターンのときもあれば大きな遅延を発生させることもあるという。 禁忌の獄(1)、ジパング、デーヴァダッタ廻、ツクヨミ廻、アカシャなどで、進化以上の働きができるだろう。 しかし、連れていけるクエストは進化から変化はなく、バランス型のため恩恵は薄い。 戦型の書はほかのモンスターに温存したほうがいいだろう。 アスナは進化、獣神化のどっちがいい? アスナ(獣神化)は、進化の強化版。 友情火力が向上し、SSでの遅延も可能になった。 進化の回復SSは引き継いでいないものの、ソウルスティールによるHP回復は可能だ。 持っていれば獣神化に育成しておこう。 進化、獣神化のステータス比較 進化形態 HP 攻撃力 スピード アビリティ 進化 20894 24200 (29040) 381.

次の