コンパクト 財布。 コンパクトな財布のメリットとデメリットをミニマリストが解説【人気の財布も紹介】|ミニマリストまさきのブログ

『Slice』鍵ポケット付きコンパクト財布をレビュー。L字財布の決定版かも

コンパクト 財布

消費税増税に伴うポイント還元施策の影響もあり、日本にも本格到来したキャッシュレス化。 2020年2月に実施された20~40代を対象とした「お金のトレンド調査」も、過半数がキャッシュレス派に移行し、財布に入れる現金が減ったことから財布の形も変化、といった実態が明らかになっています。 さらにこの調査以降に本格したのが新型コロナウイルスの世界的感染。 「お金は天下のまわりもの」と言いますが、 誰が触ったかわからない「現金」が世の中を巡るという点は、新型コロナウイルスの感染防止の観点からは最悪。 コロナウイルス感染対策の観点からもキャッシュレスが推奨されます。 そこで、今回はキャッシュレス化で人気が高まる、小さくても高機能!収納力も犠牲にしない おすすめの「薄いコンパクト財布」を紹介します。 なお、 キャッシュレス派の1割超が「ウォレットレス派」との調査結果もあります、あなたはキャッシュレス化の波に乗り遅れていませんか? 長財布から薄型・コンパクト財布へニーズはシフト 私もかつてはルイ・ヴィトン、グッチといったブランド財布を長らく愛用していました。 しかし、現在は、クレジットカードか電子マネー・QRコード決済で払うのが主流で、現金を使うことが大きく減ってしまったので、今は 薄いコンパクト財布を使っています。 時代のニーズに合わせ、ショップのお財布売り場でも「薄いコンパクト財布」「ミニ財布」の種類が増えています。 しかし、 薄い・コンパクトという物理的制約ががあるので、使い勝手や機能性を十分考慮して購入することが大切です。 最近のお財布デザイントレンド 近年人気のコンパクト財布は、コインケースなど使い方が限定されるサブ財布ではなく、小さくてもあくまで メインとなる二つ折り財布でお札・小銭・カードがすべて収まるものを指します。 男性なら手ぶらで街に飛び出せる、女性なら小さなバッグにも入ることが人気に拍車をかけています。 デザインも、男性からも女性からも愛される無理に飾ることのないユニセックスなシンプルなデザインが人気。 その代わりに、上質な素材(皮など)と洗練されたデザインで、もつものを満足させるものが増えているように思います。 媚びることのないシンプルなデザインなので、飽きることなく愛着をもって長く持てる。 そんなところも支持されている理由ではないでしょうか。 薄いコンパクト財布の選び方:4つのポイント 私が実際に薄型財布・コンパクト財布を使い始めてわかった 小銭もカードも入る「薄い財布・コンパクトな財布」を選ぶポイントは以下の4つです。 上述説明した薄いコンパクト財布の選び方のポイント4つを考慮して選んだ「おすすめの薄いコンパクト財布(ブランド)」を1位からランキングで紹介します。 カード5枚、コイン10枚、お札10枚を収納して、その厚さ、わずか約13mm。 薄さはNo. 1 です。 折りたたんだ時に厚みが出ないように様々な工夫を凝らしたデザインとなっています。 このデザイン、この薄さでコインが999円分(15枚)入るというから驚き。 カラーだけでなく、質感の異なる皮バリエーションが3種類が揃いますが、全く表情が異なり選ぶ楽しみがあります。 デザインはユニセックスなので、男性でも女性でもおしゃれに使用できます。 素材 :レザー3種類 サイズ:W98xD95x7mm カラー:通常レザー16種類、classic:7種類、最上級ブッテーロレザー5種類 【3位】Bellroy(ベルロイ): Note Sleeve Vintage Revival Productions ヴィンテージリバイバルプロダクションズ のNudist Air Wallet(エアーウォレット)は、軽さと使いやすさを徹底的に追求したコンパクト財布。 財布の中央に穴をあけることで、折りたたんだ時に厚みが出ないようにするだけでなく、お札を手でスライドして取り出しやすくデザインされています。 また、小銭ファスナーにカーブを描かせることで、ファスナーが開けやすく、中の小銭も見やすくなっています。 上質なベジタブルタンニン鞣しのイタリアンレザーを使用した経年変化も楽しめる、革好きに人気ののコンパクト財布です。 お財布のサイズは、ほぼカードサイズ。 それでも、お札約10枚、小銭も約15枚、カードを約5枚収納できます。 定期入れとしても使えます。 とにかく、荷物を減らしたい、出来る限り手ぶらに近い状態が良いという方にお薦めです。 カラーが10種類あるので、メンズ・レディース、どちらにも合う一つが見つかります。 10位に選んだ財布はサイズにこだわった「 小さい財布」。 従来の財布に見られる無駄な隙間を無くし、特殊なパーツを使用する事によって小ささを実現。 開閉もしやすくしています。 とにかく、荷物を減らしたい、出来る限り手ぶらに近い状態が良いという方にお薦めです。 カラーも豊富で、メンズ、レディース共にあなたの好きな一つが見つかるはずです。 貧乏人ほどお金・財布の扱いが雑 貧乏人ほどお金の扱いが雑で、財布はボロボロ、財布をお尻のポケットに入れてお金を尻の下に敷くといったことをしがちです。 これでは、財布からお金が逃げていきます。 まず、あなたが該当者なら、ここから見直しが必要です。 財布がお金にとって居心地のいい環境を今すぐ作りましょう。 お金との付き合いがうまい人の「お財布管理方法」 ・可能な限り ・高還元率など数枚に絞る (時々見直す) ・不要なものは入れず整頓 ・支出管理はなどを使って時間をかけずにシンプルに ・ポイントカードは別にしまうか、スマホアプリを利用 上記は、コンパクト財布に移行すれば、そもそも収納力が限定されるので、おのずと見直せます。 コンパクト財布・小さい財布への移行は、お金の管理を見直すいいきっかけにもなるでしょう。 最後に 今回は、キャッシュレス時代の「薄いコンパクト財布」と「これからのお金の管理法」について紹介しました。 今回紹介した薄いコンパクト財布は、それぞれの商品、細部までこだわってデザイン設計がされているものばかりです。 ご自身の財布の使い方(小銭をよく使う、カードがメインなど)で最も便利な財布は変わってくるので、使い方を想定し、あなたに最適なお財布をお探しください。 また、財布のカタチも変わりつつある今、お金の管理方法について今一度見直してみてくださいね。 カテゴリー• 176• 467• 181• 360• 131• 190•

次の

【レザークラフト 】究極にコンパクト&ミニマルな革財布を自作してみた

コンパクト 財布

ミニマリストの方々から人気のミニ財布ですが、そのコンパクトさ故に収納力などの機能性が劣るのがネックでした…。 そんな 「ココがこうだったらいいのに」を実現するために、sliceの製造に乗り出したんですね。 そんなユーザーのリクエストから生まれたSliceは、『 』という革小物から生活雑貨まで取り扱う通販サイトが立ち上げました。 Amazonなどの他ネットショップでは販売されていないので注意してください。 ここに注意…!Sliceコンパクト財布の注文前に知っておきたいこと まずはじめにSliceのコンパクト財布を使ってみてわかった、「 手にする前に知っておきたい注意点」を3つご紹介します。 キズ といった革本来の痕が残っていました。 商品によってシワや血筋の具合が違うそうなので、注意してください。 革の仕上がりに個体差があるので、均一でキレイに仕上がっている財布を好む方にはSliceのコンパクト財布はおすすめできません。 というのもSliceのミニ財布は、革本来の風合いを残すために 染料で革表面を塗る加工をしていないんです。 そのため素材に元々ついていた、牛の皮のキズやシワがそのまま残っているというわけです。 天然レザーを贅沢に使っている証拠なので、「新品なのにシワやキズがついてる…」と勘違いしないでくださいね。 革不使用の内装ですが、コットン生地ゆえに鍵の出し入れがスムーズです。 個人的に「惜しい!」と感じたのが、Sliceの ミニ財布の内装に革が使われていなかったこと。 内装はコットン生地なので、外装から内装まで全てレザー仕様というわけではないです。 レザー好きな方からすると、ここは若干気になるポイントかもしれません。 その分、Sliceのコンパクトウォレットは リーズナブルなので一長一短ではありますね。 ちなみに 小銭入れには本革を採用。 小銭を取り出す時は、天然レザーの滑らかな質感を感じることができます。 Sliceのコンパクト財布の鍵ポケット側にカードポケットがありますが、 底が深いです。 上記写真のようにカードが奥まで入ってしまい、スムーズに取り出しにくいので気をつけてください。 即座にカードを取り出すには不便なので、健康保険証や運転免許証など 普段つかわないカードを入れておくといいでしょう。 もう片方は、カードポケットオンリー。 3段のポケットがあり、こちらは3段とも カードの頭が見える丁度いい底の深さでした。 ポイントカードやクレジットカードといった使用頻度の高いカードは、こちら側のカード入れに収納していおくと使いやすいはずです。 翌日お届け対応 Sliceコンパクト財布を手にしてわかった5つの魅力 家の近所のカフェに散歩に行く時は、Sliceのミニ財布が手放せません。 手にしてみると、以下5つのポイントがオススメできると感じました。 収納ポケットが多く、財布一つにまとまる• 普通のミニ財布の3倍は小銭が取り出しやすい• 程よい厚みがあり財布が膨れにくい• お札を出し入れしやすい構造になっている• 天然成分仕上げの栃木レザーで革が育ちやすい キャッシュレスの要素と、それでも最低限財布は持っておきたいという要素。 Sliceのコンパクト財布は、まさにこの二つの要素を掛け合わせたようなハイブリットな財布でした。 これらに加え、 《9,472円》という価格設定も嬉しいところ。 天然本革をつかったコンパクト財布は、1万円を超える財布が多いです。 その点Sliceのミニ財布は1万円以下で手にできるので、 自分へのご褒美やプレゼントにもぴったり。 初めてのミニ財布でも無理なく手が出せますね。 「コンパクトで大容量な財布」をテーマにしているだけあり、納得の機能美でした。 小銭入れ これだけの収納箇所があるので、荷物を減らしたいミニマリスト志向の方には十分な収納数ですね。 最低限持ち歩きたいクレジットカードや健康保険証はカードポケットに。 自宅の鍵は鍵ポケットに収納。 Sliceのミニ財布ならキーケース不要で、 いつもよりうんっと身軽さを感じられるはずです。 財布にも薬を入れて持ち歩けので安心です。 鍵ポケットは2箇所ついているので一箇所は家のカギ、もう一方は普段飲んでいる薬を入れておくのもいいでしょう。 Sliceのミニ財布を一つ持っておけば、 カバンの中の持ち物を1つ減らせるはずです。 Sliceのコンパクト財布を使ってみて感動したのが、 小銭の取り出しやすさ。 上記写真のように財布全体がガバッと開く仕様になっているので、小銭入れの中を見渡せるんです。 L字タイプのミニ財布は財布が開きにくく、小銭を取り出しにくいのがネックなんですよね…。 さらに!Sliceのコンパクト財布の小銭入れは、 底上げされた独自の構造。 小銭が手前にくるので、夜に自動販売機でジュースを買う時も小銭を探しやすかったですよ。 コインポケットが底上げされている分、 小銭が手間にくるので圧倒的に硬貨を取り出しやすいです。 会計時に財布を開くと、いつもより大きく・そして手前に小銭が。 「10円玉どこだっけ」とモタつくことのないスムーズな会計を、あなたもSliceのミニ財布で体験してみてください。 程よい厚みのあるミニ財布なので、 小銭が増えても財布が膨れにくくなっていました。 普段は「 」のL字ミニ財布をつかっているのですが、下記画像のとおりSliceの方が若干厚みがあります。 写真左がSlice、右がGANZOです。 程よい厚みがあるので、長く愛用しても 形崩れしにくく長持ちしそうです。 くわえてファスナー部分の長さはSliceの方が短いですね。 程よい厚みがありながらも、 サイフ全体はコンパクトなのがわかります。 表面をくらべても、Sliceのコンパクト財布の方が小さいです。 男性の手にもしっかり収まるサイズ感なので、女性が手にしても馴染みやすいはず。 スーツやジャケットの内ポケットにスッと入るのはもちろん、ポシェットなど 女性の小さなカバンに入れてもかさばらないのが魅力です。 普通のL字コンパクト財布だと、紙幣を真っ二つに折ってから財布にしまうことになります。 しかしSliceのコンパクト財布は小銭入れが底上げされているので、お札を U字にして収納できます。 お札を折るのに抵抗がある方でも、Sliceのコンパクト財布なら抵抗なく収納できますね。 シワや血筋などの天然の風合いが残っているので、レザー好きからするとたまらない逸品。 想像してみてください。 革財布を手にすると、吸い付くような滑らかな本革の質感。 そして所々で感じる天然素材のシワによるザラつき。 つい 革財布の表面に触れたくなる、素材本来の魅力を生かした仕上がりです。 滑らからな質感ですが、光にあてるとシワや血筋が見える。 そんな天然レザーならではの楽しみも魅力の一つです。 というのも今回手にしたSliceの財布のレザー素材は、日本を代表する「栃木レザー」。 化学薬品をつかわずに牛革を植物成分で完成させた天然レザーで、• タフで長持ちする• 余計な加工をしていないから経年変化がハッキリ表れる といった特徴があります。 こういった製法は使い続けると、「劣化が目立つ」のが欠点でした。 Sliceのミニ財布は表面を染料で塗るのではなく、革を染め上げる製法をしているので 本革ならではの経年変化を楽しめるんですね。 表面を染料で覆っていないので、はじめにお伝えした通りシワや血筋が目に見えているというわけです。 さらに、Sliceのコンパクト財布は 国内工房の革職人が一つずつ仕上げているそうです。 リーズナブルな財布とはいえ、機械で大量生産しているわけではありません。 「革製品にこだわったことがない」という方も、Sliceのコンパクト財布で天然レザーファンの仲間入りをしてはどうでしょうか。 Sliceミニ財布の《経年変化》の様子 引用: 前述したとおり、Sliceのミニ財布は経年変化がハッキリ表れる財布。 使い続けることで、上記写真のように 味わい深いエイジングを楽しめます。 よく手に触れる部分は飴色になり、擦れる部分にはツヤが生まれてきます。 Sliceを使う人のライフスタイルにあわせて、 革財布が育っていくんですね。 エイジングも踏まえて、カラー選びをしてみるのもいいでしょう。 翌日お届け対応 使ってみてわかった、Sliceのコンパクト財布がオススメの人 Sliceのコンパクト財布をつかってみて、以下に該当する人はSliceがオススメできると感じました。 機能的だけどコンパクトな財布を探している• 今使っているミニ財布が小銭を取り出しにくい• 大きな財布を卒業して、ミニマルな財布にチャレンジしたい• 天然レザーをつかった財布で、革財布を育ててみたい• 休日用のコンパクト財布を探している• ミニ財布故のお札を折る構造に抵抗がある Sliceのミニ財布はコンパクトながら、機能美溢れる財布でした。 小銭やお札が取り出しやすく鍵ポケットやカードポケットもあるので、身軽にいきたいお出かけの時は十分すぎる収納力。 家のカギや薬も入れられるので、Slice一つあれば最低限のモノを持ち歩けます。 また 素材本来の風合いを生かした栃木レザーを採用。 文句なしの素材品質で経年変化を十二分に楽しめるだけでなく、タフな素材なので長持ちしやすいミニ財布でした。 Sliceのコンパクト財布は1万円以下で手に入るので、上記に該当する人は 手にして損はないはずです。 翌日お届け対応 Sliceのコンパクト財布が向かない人 一方で下記に当てはまる方は、Sliceのコンパクト財布はお勧めできません。 内装まで革素材で仕上げられていてほしい• 札入れがある財布を好む• お札を折り曲げたくない• 均一でキレイに仕上がっている財布がいい Sliceは1万円以下とリーズナブルですが、 内装の一部がコットン素材。 「内装までまんべんなくレザー仕上げがいい」という方は、100%満足は難しいかもしれません。 また栃木レザー本来の風合いを生かす製法で、シワや血筋が残ったまま。 天然レザーである証ですが革の質感には個体差があるので、均一な仕上がりの財布を好む方にはおすすめできないです。 上記に当てはまる方は、下記ページもあわせてチェックしてみてください。 栃木レザーのコンパクト財布(今回レビューした財布)• カーフレザーのコンパクト財布(栃木レザーよりも革のキメが細かい牛革)• 豚革のコンパクト財布(レディース向き) カーフレザーは今回レビューした栃木レザーのミニ財布よりも、キメが細かくハリのある牛革。 経年変化はゆるやかですが、 長持ちしやすい素材です。 のコンパクト財布は、デザイン的にもレディース向けのミニ財布ですね。 可愛らしくスタイリッシュなテイストなので、女性の服装にもマッチしやすいです。 見た目は本革ぽくありませんが、これは 豚革をつかいスエード調に特殊加工した素材。 女性が手にすることを想定したミニ財布で、牛革よりも軽い仕上がりになっています。 あなたの好みや女性へのプレゼント、これらも踏まえてSliceのミニ財布を検討してみてください。 まさにミニマルな人向けのコンパクト財布。 ミニマル志向でなくとも、 身軽にいきたい休日用の財布にも十分すぎるつほどマッチする財布でした。 いつも頑張る自分へのご褒美や、大切な人へのプレゼントに選んでみる価値のある本革財布でしたよ。 翌日お届け対応.

次の

小さくて機能性の高い財布のまとめ【2020年版】

コンパクト 財布

performance. kirara. min. js-start" ;! amd? define ["jquery"],i :"undefined"! module. 0,adaptiveHeight:! 1,appendArrows:i t ,appendDots:i t ,arrows:! 0,asNavFor:null,prevArrow:' Previous',nextArrow:' Next',autoplay:! 1,autoplaySpeed:3e3,centerMode:! 1,dotsClass:"slick-dots",draggable:! 0,easing:"linear",edgeFriction:. 35,fade:! 1,focusOnSelect:! 1,focusOnChange:! 1,infinite:! 0,initialSlide:0,lazyLoad:"ondemand",mobileFirst:! 1,pauseOnHover:! 0,pauseOnFocus:! 0,pauseOnDotsHover:! 1,respondTo:"window",responsive:null,rows:1,rtl:! 1,slide:"",slidesPerRow:1,slidesToShow:1,slidesToScroll:1,speed:500,swipe:! 0,swipeToSlide:! 1,touchMove:! 0,touchThreshold:5,useCSS:! 0,useTransform:! 0,variableWidth:! 1,vertical:! 1,verticalSwiping:! 1,waitForAnimate:! 1,dragging:! 1,slideOffset:0,swipeLeft:null,swiping:! 1,unslicked:! extend n,n. initials ,n. 1,n. 1,n. 1,n. 0,n. 0,n. defaults,o,s ,n. options. initialSlide,n. options,void 0! mozHidden? proxy n. autoPlay,n ,n. proxy n. autoPlayClear,n ,n. proxy n. autoPlayIterator,n ,n. proxy n. changeSlide,n ,n. proxy n. clickHandler,n ,n. proxy n. selectHandler,n ,n. proxy n. setPosition,n ,n. proxy n. swipeHandler,n ,n. proxy n. dragHandler,n ,n. proxy n. keyHandler,n ,n. registerBreakpoints ,n. init! prototype. find ". slick-active". find "a, input, button, select". prototype. prototype. slideCount return! 1;s. length? i e. appendTo s. i e. insertBefore s. eq t :i e. insertAfter s. eq t :! i e. prependTo s. appendTo s. children this. options. slide ,s. children this. options. slide. detach ,s. append s. prototype. options. options. options. eq i. currentSlide. outerHeight! 0 ;i. options. prototype. animateHeight ,! options. options. transformsEnabled?! options. vertical? options. speed,s. options. easing,t :s. options. speed,s. options. easing,t :! cssTransitions? options. options. speed,easing:s. options. ceil i ,! options. vertical? o[s. css o : o[s. ceil e ,! options. vertical? o[s. disableTransition ,t. options. prototype. options. not e. prototype. getNavTarget ;null! slick "getSlick" ;t. unslicked t. slideHandler e,! prototype. options. fade? t[e. options. options. cssEase:t[e. options. options. cssEase,! options. fade? css t :e. eq i. prototype. autoPlayClear ,i.

次の