ヤッホー ブルー イング 株価。 ヤッホーブルーイング工場見学(醸造所見学)イベントとビール試飲!

株式会社ヤッホーブルーイング 井手 直行さんインタビュー|メンバーが自発的に動き、新たなアイデアが次々生まれる企業へ ヤッホーブルーイングを変えた、チームビルディング研修とは(前編)

ヤッホー ブルー イング 株価

自宅で本格的な料理を楽しんでいただくことで、 より豊かな『おうち時間』を提供したいと考え、オンライン販売を実施することにしました。 どれもビールとの相性が良く、個性的で、素材の持ち味を引き出したソーセージです。 クラフト=職人の名にふさわしく、こだわりと愛情を込めてつくっています。 オンライン販売では、お店で人気のクラフトソーセージを詰め合わせてご用意します。 それぞれのソーセージに合うビールも紹介していますので、お客様にはお好みの相性を探す楽しみも提供します。 詰め合わせ 王道3種15本 7,800円 税別・送料込 (元祖かぶらぎ豚、一味カレー、大葉山椒) スパイシー3種15本 7,800円 税別・送料込 (大葉山椒、柚子胡椒、パクチーレモン) おすすめ5種25本 10,000円 税別・送料込 (元祖かぶらぎ豚、一味カレー、大葉山椒、柚子胡椒、パクチーレモン) 商品説明 1.元祖かぶらぎ豚 1本あたり120g 5本入り 千葉県産銘柄豚「かぶらぎ豚」の旨味をシンプルに味わえるソーセージです。 おすすめのペアリングビール:よなよなエール 2.一味カレー(辛)1本あたり100g 5本入り 特別に配合したスパイスが効いたカレーソーセージです。 一味の風味が効いて大人な味わいに仕上がっています。 おすすめのペアリングビール:インドの青鬼、東京ブラック 3.大葉山椒(辛)1本あたり80g 5本入り 山椒の実と大葉の和テイストのソーセージです。 ピリリと感じる山椒の辛味もくせになります。 おすすめのペアリングビール:水曜日のネコ、僕ビール君ビール 4.柚子胡椒 1本あたり80g 5本入り 噛めば噛むほど「柚子」の香りが感じられるソーセージです。 柚子の香りがお肉のジューシーさを引き立てます。 おすすめのペアリングビール:僕ビール君ビール、よなよなエール 5.パクチーレモン(辛)1本あたり80g 5本入り パクチーを贅沢に使用し、レモンピールで風味付けしています。 ・ソーセージの複数購入や他よなよなの里商品との同時注文はできません。 お手数をおかけしますが、他商品のご購入の際は本商品と別にご購入のお手続きをお願い致します。 ・他の商品と同梱してのお届けはできません。 予めご了承ください。 ・配送はヤマト運輸による冷凍配送となります。 ・要冷凍商品ですので、宅配BOXへのお届けはできかねます。 直接お受け取りの上、お届け後は冷凍庫に保管をお願いします。 ・ご不在等によりお受け取りいただけずヤマト運輸の保管期日を過ぎた場合、返品のうえご注文はキャンセルとなります。 詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。 2013年、赤坂見附に1号店をオープンし、現在では都内に8店舗展開しています。 お料理は、クラフトビールとの相性が良いローストチキンやクラフトソーセージ、契約農家から取り寄せた産直野菜を使ったメニューなど、豊富に取り揃えています。 しゃぶしゃぶ・すき焼き食べ放題「Mo-Mo-Paradise」やビアレストラン「YONA YONA BEER WORKS」などの自社ブランドを国内外で展開する一方、 ニューヨークアメリカン「ユニオン スクエア トウキョウ」、 シュラスコ料理専門店「バルバッコア」、 モッツアレラチーズ専門店「オービカ モッツァレラバー」などの海外ブランドを誘致し経営しています。

次の

株式会社ヤッホーブルーイング 井手 直行さんインタビュー|メンバーが自発的に動き、新たなアイデアが次々生まれる企業へ ヤッホーブルーイングを変えた、チームビルディング研修とは(前編)

ヤッホー ブルー イング 株価

2014年から販売されており、6年経って初のリニューアルです。 飲み比べはできないなぁと残念がっていたことを彼女(遠方)に相談すると、まだあるかもとのことで探してくれて発見できました。 天才ですね、めっちゃ讃えます。 それでこの間会ったときに持ってきてくれたので、やっとこさ飲み比べができるとの運びです。 まずはヤッホーブルーイングを見ていきましょうか。 ヤッホーブルーイング 場所:長野県佐久市小田井 もうヤッホーブルーイングもだいぶ一般的なくらいになってきたのではないでしょうか。 もっとクラフトビールが手に取られやすくなってくれると嬉しいですね。 今後も今まで以上にヤッホーブルーイングの牽引が重要になってきそうです。 やっぱり値段ですよね。 200円台でこれらのビールが飲めるのはだいぶすごいことだと思うんですけどねー。 僕ビール君ビール 僕ビール君ビール よなよなエール公式通販 — よなよなの里() ハッとする味と香り。 これが僕らのビール。 で売り出してる。 確かにセゾンタイプのビールは普段飲むようなピルスナー、ラガータイプのビールより香り高く、スッと抜ける爽やかさを感じられる。 そして、キリリと効いたホップの苦み。 イメージを変える「セゾン」スタイルのビール。 スッと抜ける爽やかな苦み。 開放的な時間に寄り添う「セゾン」スタイルのビール。 と苦みについても方向性が変わっている。 ちょっとわかりにくいのだが、カエルさんの帽子が変わっている?のも注目だ。 以前のラベルを見てみよう。 以前のカエルさんはハットタイプの帽子をかぶって何やらいいおじさん感がある。 新版はどうか。 新版はキャップタイプの帽子で、若返った? 少しチャラさまで出てきたまである。 そんなマイナーチェンジも見られる可愛いラベルでした。 あとは句読点がなくなっちゃったのが、個人的には寂しいですね。 感想 結論から言うと、同じセゾンでここまで変わるかと思ったのが正直なところ。 なかなかにびっくりした。 旧版 僕ビール、君ビール。 色:比べると濃いめ。 写真の通り。 香り:比べると柔らかい。 エール感? 味:新版と比べると酸味は控えめで、後味が割とアンバーな感じ。 嫌いではないけどちゃんと苦味が残ってる。 アンバーな分甘さは感じやすいかも。 新版 僕ビール君ビール 色:比べると薄め。 香り:酸味が強い。 味:比較すると圧倒的な酸味が目立つ。 旧版で感じたアンバー感は一切なくすっきり抜けるので飲みやすい。 個人的にはこのシリーズは割と好きなので、毎度記事をあげることになるかと思います。 それではまたね。 大好き。 アイス食べたい。

次の

インタビュー「ネットで作り上げてきた熱狂コミュニティを、増えたファンとの間でどのように築くかが課題です。」株式会社ヤッホーブルーイング 望月卓郎氏

ヤッホー ブルー イング 株価

「よなよなエール」「水曜日のネコ」「インドの青鬼」など、個性的なクラフトビールの製造・販売で知られるヤッホーブルーイング。 1996年の設立から20年ほどでクラフトビールの業界シェアトップとなり、現在、ビール業界全体でも大手ビールメーカーなどに次いで、第6位の売上を誇ります。 同社がめざましい成長を遂げた陰には、「チーム」の力があったと語るのが、同社代表取締役社長であり、社員からは「てんちょ」の愛称で親しまれる、井手直行さん。 常に複数の社内プロジェクトが稼働し、常識にとらわれない発想で挑戦する風土があるという同社では、どのようにして社員自らが手を挙げ、アイデアが生まれやすい環境をつくっているのでしょうか。 じっくりとお話をうかがいました。 株式会社ヤッホーブルーイング 「ビールに味を!人生に幸せを!」をキャッチフレーズに、画一的だった日本のビール市場に新たな風を吹き込むべく、1996年にエールビール専門メーカーとして誕生。 ビールの味やパッケージだけではなく、社内風土も独創的で、メンバーは互いをニックネームで呼び合い、部署名も「よなよなエール広め隊(広報)」、「ヤッホー盛り上げ隊(人事総務)」、「ハッピーお届け隊(物流担当)」と遊び心が満載。 「お通夜みたい」な朝礼で感じた、チームビルディングの必要性 まずは、井手社長がヤッホーブルーイングに入社したきっかけについてお聞かせください。 高専を卒業した後、電気機器メーカーや環境アセスメント系の企業など、何社か経験したのですが、理想と現実のギャップに打ちひしがれ、しばらくバイクで旅に出ました。 旅をしながら自分の価値観について考えていたら、「人が好き」「自然が好き」というのが自分の中で大切な軸であることに気付いたんです。 それで縁もゆかりもなり軽井沢に移住して、広告代理店で営業として働き始めたのですが、その時のお客さんとして出会ったのが、現在の星野リゾートの代表で、ヤッホーブルーイングの初代社長となる、星野佳路でした。 当時の僕は生意気な若造だったのですが、本音で話すところを気に入ってくれたのか、星野に「今度うちでビール事業をやるから手伝って」と言われたのがきっかけで、97年に営業として入社しました。 二代目社長に就任されたのは、2008年ですね。 「よなよなエール」が現在のような知名度を得るまでには、さまざまな苦労があったかと思います。 そうですね。 入社したときは地ビールブームまっただ中だったので、もう大忙しで。 小売店から殺到する問い合わせに「生産が追い付かないんです、すみません!」と謝る毎日でした。 幸せな悩みですよね。 ところが、ブームが去ると、パッタリ注文がやみました。 残ったのは、大量の在庫。 たとえ売れなくても、社員で飲んだり周りに配ったりすれば酒税を回収できなくなってしまうので、自分たちが丹精込めて造ったビールを破棄するしかなかった。 ビール缶のプルタブを開け、流し続ける日々が続きました。 まさにどん底です。 創業から8年間赤字が続き、社員もどんどん辞めていきました。 残ったメンバーも、かつてはそれなりに仲が良かったのに、業績が悪くなると疑心暗鬼になり、派閥ができたり陰口が横行したり……。 会社の雰囲気は最悪でした。 変化の必要性を感じたのはいつごろでしょうか。 2004年にインターネット販売を始めると、業績が少しずつ回復していきました。 でも、回復していったのは業績「だけ」だったんです。 企画を考えたりメルマガを作ったりして売上が上がっても、誰も喜ばない。 それどころか「注文が入ると残業が増えて嫌だ」と迷惑がられ、誰も協力してくれない状態が続きました。 ある日、中途入社した社員が長野にある醸造所の朝礼を見て、「お通夜みたいですね」と言うんです。 何とかメンバーとコミュニケーションを取ろうと、朝礼で「全員一言ずつ発言しよう」と呼びかけても、「特にありません」「通常業務です」と言うだけ。 みんな、真面目に仕事をしていないわけではない。 でもチームがうまく機能していなかったんです。 「一人」+「一人」の力は、「二人」以上になるべきです。 でも、かみ合っていなければ一人で仕事をするよりも効率が悪くなり、二人合わせても一人以下の仕事しかできない。 「それなら協力せず、一人でやったほうがいい」という悪循環が生まれていました。 周りにゴミが落ちていても、誰も拾わない。 最後に帰宅する人でも、電気を消さない。 小さなことですが、周囲が見えていない、関心がない状況とはこういうことです。 物理的に見えていないのではなくて、人間は見ようと意識しないものは見えない生き物なんです。 ヤッホーブルーイングでは、「2020年にはビール市場のシェア1%を取る」という目標を掲げていました。 そのためには、個人に依存する成長では限界があります。 ビジョンをしっかり共有して、皆で成長して、皆の力で時代を解決していく、「チーム」の力が必要でした。 しかし、いくら我流でチームを団結させようとしてもうまくいきません。 そこで、まずは僕自身がチームビルディングについて勉強することにしました。 記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。 以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。 『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。 予めご了承ください。 ・第三者の名誉または信用を毀損するもの ・第三者を誹謗・中傷するもの ・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの ・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの ・第三者の権利または利益を侵害するもの ・公序良俗に反する内容を含んだもの ・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの ・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの ・差別につながるもの ・事実に反する情報を記載するもの ・営利目的の宣伝・広告を含んだもの ・その他、内容が不適切と判断されるもの 3. 氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。 絶対に記載することのないよう、ご注意ください。 掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。 ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物 メールマガジン、印刷物 などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

次の