渋野 セッティング。 渋野日向子のクラブセッティングシャフトを変えてスマイルシンデレラ

渋野日向子の最新クラブセッティング

渋野 セッティング

全英女子OPで魅せたこの一打 距離が短い12番 パー4 は、最終日253ヤードになりワンオンが狙える状態に。 グリーン手前にクリークがあり、ミスが許されない状況だったが、渋野はドライバーで果敢に挑んだ結果、見事ワンオンに成功。 バーディーを決めた。 【解説】は、多くのツアープロが実戦投入し、すでに優勝もしているが、やはり"飛んで曲がらない"という安定感の高さが魅力。 飛距離が求められる海外ツアーにおいても高い威力を発揮するクラブといえます。 渋野はロフト角をマイナス1度、ライ角をフラット、ウエイトポジションをスタンダードに設定。 75インチ を装着。 こうしたツアープロのフィッティングを、PINGはアマチュアゴルファーにも実施しているので、それぞれのゴルファーが最適な飛びを手に入れることができます。 ロングゲームの正確さが奏功 全英女子OPで魅せたこの一打 5番 パー4 は右側にフェアウェイバンカーがあり、ティショットの正確さがスコアを左右する場面。 渋野はフェアウェイウッド 3 でフェアウェイを確実にキープし、このホールをバーディーとした。 【解説】セッティング写真ではハイブリッドが 4 22度 と 5 26度 ですが、全英女子は 5の代わりに 3 19度 を投入。 コースによって入れ替えていて、同大会ではフェアウェイウッド 5 とハイブリッド 3 の番手間の距離を詰め、ロングゲームを重視したかなり攻撃的なセッティングに。 距離の長いホールでもピンを果敢に狙っていく、という渋野の強い気持ちが伺えます。 、は球が上がりやすく、グリーンでしっかり止められることからも、パーオン率を高めて試合を有利に展開した、まさに優勝の立役者といえるでしょう。 全英女子OPで魅せたこの一打 15番 パー5 のセカンドショットでグリーン手前まで運び、3打目はウェッジで軽く浮かせたボールでピン脇につけ、このホールをバーディーとした。 【解説】4日間平均のパーオン率が83. 3パーセント LPGA公表データより算出 と高かったことからも明らかなように、高い弾道でピンをデッドに狙え、さまざまな状況下でもコントロール性能を発揮するといった安定したショットが打てたのは、打感の良さが特長なや、少ないバウンスでスピンが効くの功績が大きいでしょう。 ウェッジを3本 50度、54度、58度 にする選択肢もありますが、おそらく52度、56度で確実に狙える距離があると考えられます。 ショートゲームでボールをしっかりコントロールしたことで、確実にゲームメイクできたのだと思います。 全英女子OPで魅せたこの一打 最終日はバックナインでパッティングが好調になり、同日バーディーを7つ奪取。 圧巻だったのは18番、勝敗が分かれる約4. 5メートルのバーディーパットを見事に沈めて、優勝をたぐり寄せた。 【解説】やはりパターに絶対的な信頼がなければ、あのような見事なパッティングは存在しなかったでしょう。 は、打音や打感といった感性で距離感をイメージしやすく、多少ミスしても転がる距離が変わらないTR溝の効果もあって、常に安定したパッティングが可能です。 渋野は長さを33インチ、ライ角を2度フラット、グリップをピストル型にすることで、自身のストロークにフィットさせています。 パターの高い性能とフィッティング効果が奏功した結果だと思います。

次の

渋野日向子の最新クラブセッティング

渋野 セッティング

全英女子OPで魅せたこの一打 距離が短い12番 パー4 は、最終日253ヤードになりワンオンが狙える状態に。 グリーン手前にクリークがあり、ミスが許されない状況だったが、渋野はドライバーで果敢に挑んだ結果、見事ワンオンに成功。 バーディーを決めた。 【解説】は、多くのツアープロが実戦投入し、すでに優勝もしているが、やはり"飛んで曲がらない"という安定感の高さが魅力。 飛距離が求められる海外ツアーにおいても高い威力を発揮するクラブといえます。 渋野はロフト角をマイナス1度、ライ角をフラット、ウエイトポジションをスタンダードに設定。 75インチ を装着。 こうしたツアープロのフィッティングを、PINGはアマチュアゴルファーにも実施しているので、それぞれのゴルファーが最適な飛びを手に入れることができます。 ロングゲームの正確さが奏功 全英女子OPで魅せたこの一打 5番 パー4 は右側にフェアウェイバンカーがあり、ティショットの正確さがスコアを左右する場面。 渋野はフェアウェイウッド 3 でフェアウェイを確実にキープし、このホールをバーディーとした。 【解説】セッティング写真ではハイブリッドが 4 22度 と 5 26度 ですが、全英女子は 5の代わりに 3 19度 を投入。 コースによって入れ替えていて、同大会ではフェアウェイウッド 5 とハイブリッド 3 の番手間の距離を詰め、ロングゲームを重視したかなり攻撃的なセッティングに。 距離の長いホールでもピンを果敢に狙っていく、という渋野の強い気持ちが伺えます。 、は球が上がりやすく、グリーンでしっかり止められることからも、パーオン率を高めて試合を有利に展開した、まさに優勝の立役者といえるでしょう。 全英女子OPで魅せたこの一打 15番 パー5 のセカンドショットでグリーン手前まで運び、3打目はウェッジで軽く浮かせたボールでピン脇につけ、このホールをバーディーとした。 【解説】4日間平均のパーオン率が83. 3パーセント LPGA公表データより算出 と高かったことからも明らかなように、高い弾道でピンをデッドに狙え、さまざまな状況下でもコントロール性能を発揮するといった安定したショットが打てたのは、打感の良さが特長なや、少ないバウンスでスピンが効くの功績が大きいでしょう。 ウェッジを3本 50度、54度、58度 にする選択肢もありますが、おそらく52度、56度で確実に狙える距離があると考えられます。 ショートゲームでボールをしっかりコントロールしたことで、確実にゲームメイクできたのだと思います。 全英女子OPで魅せたこの一打 最終日はバックナインでパッティングが好調になり、同日バーディーを7つ奪取。 圧巻だったのは18番、勝敗が分かれる約4. 5メートルのバーディーパットを見事に沈めて、優勝をたぐり寄せた。 【解説】やはりパターに絶対的な信頼がなければ、あのような見事なパッティングは存在しなかったでしょう。 は、打音や打感といった感性で距離感をイメージしやすく、多少ミスしても転がる距離が変わらないTR溝の効果もあって、常に安定したパッティングが可能です。 渋野は長さを33インチ、ライ角を2度フラット、グリップをピストル型にすることで、自身のストロークにフィットさせています。 パターの高い性能とフィッティング効果が奏功した結果だと思います。

次の

渋野日向子の最新クラブセッティング

渋野 セッティング

5 42. 5 37. 25R 【9I】ピンi210アイアン MCI80 41 35. 今季好調の理由となったクラブは、 パターでした。 あの強気のパターがさらにレベルアップしたということになりますね。 では、もう少し詳しく見ていきましょう。 渋野日向子はドライバーはデカヘッドが好み ドライバーは、ピンG410プラスを使用。 構えた時の安心感で選ぶそうです。 ヘッドが大きくて直進性があり、ミスが出ないという安心感があるとのこと。 セカンドショットで距離を稼ぎたい時に使える武器。 3番、4番ユーティリティは、ピンG410ハイブリットを使用。 シャフトは、ダイヤモンドスピーダーHB-7 ピンG410ハイブリットもヘッドは大きめ。 でもアイアン感覚で振り抜けるので、方向性も安定するそうです。 アイアンは、ピンi210アイアンを使用。 シャフトは、MCI80。 ピンi210アイアンは、操作性が良いので選んだクラブ。 ヘッドは少し小ぶりですが、ダウンブローで打っても球が上がりやすく、コントロール性も高いとのこと。 ウェッジは、ピングライドフォージドウェッジを使用。 シャフトは、KBSツアー90。 アプローチ2本体制で、ピングライドフォージドウェッジは、スピンがかかりすぎることがあるので、ロフトを1度ずつ立てて調整してるそうです。 パターは、ピンシグマ2アンサーを使用。 渋野日向子プロのスイング軌道は、インサイドアウトだったので、ピン型がずーっと苦手だったそうです。 ところがどっこいコレが使わず嫌いで、慣れてくるとイメージ通りの転がりをみせるようになったのだとか。 2回の優勝を引き寄せた武器ですね。 以上です。 ともあれ、今の渋野日向子プロは絶対的な自信をもっておられるように見えます。 やはり、勢いって凄いです。 ティーショットや、グリーン上のパットは、鉄壁ですからね。 私は一過性のブームでなく、まだまだ彼女の快進撃は続くと予想しています。 もしかしたら、歴史に残る選手になるかも、楽しみです。

次の