りゅうおう の お しごと 12 感想。 『りゅうおうのおしごと!』11巻感想:姉弟子エンドが確定!やったー!

りゅうおうのおしごと!12

りゅうおう の お しごと 12 感想

遂に描かれちゃった過酷な現実 つい「弱い方」を応援したくなります。 それは世間的に見てもメジャーな「応援の仕方」なのだと思う。 ある者は弱者が強者を破るドラマを夢見て、感動を覚えたいから。 ある者は自身とを重ね合わせて、勇気を貰えるから。 そして。 誰もが夢を叶えるハッピーエンドを見たいから。 後の無い者が夢を掴み、先のある者は、未来で夢を掴んで欲しい。 そうした誰もが幸せになるハッピーエンドは、しかし、年齢制限がある世界では存在出来ません。 毎年「後の無い者」が現れるから、毎年必ず敗者が出てしまう。 そういった過酷な現実を、遂に突き付けられてしまったというのが、12巻の率直な感想です。 ただ、だからこそ、今作は名作たり得るのだと確信しました。 鏡州を全力で応援してた 勧善懲悪の物語ではない限り、必ずしも最後に笑うのが主人公サイドである必要はありません。 特にスポーツものとかだと、そうだと思うのですけれど、僕は「相手を応援できちゃうほど魅力的な対戦相手」が出てくる作品が大好きです。 どっちも負けるな、頑張れと心の中で応援しつつ読み進められる作品に心揺さぶられちゃうのです。 例えば、「SLAM DUNK」。 部活は3年間という期限が付いていて、どうしても「負けたら引退」という状況が生まれます。 3年生がいるチームは、それだけにどこも必死になってくるわけです。 中でも個人的に好きだったのは、藤真健司。 監督のいない翔陽高校で、プレイングマネージャーだった藤真。 頭脳明晰だし。 誰よりも熱いし。 チームメイト皆から慕われていて、どんな時でもスポーツマンシップに則った言動が出来る。 田岡監督の言葉のように「最初から選手として試合に出られていたら…」。 そう思わずにはいられないほど、魅力的な相手でしたし、その点悔いのようなものが残る選手でした。 選手専任の藤真率いる翔陽と湘北の試合を見て見たかった。 まぁ、藤真は引退しませんでしたけれど、この試合はどちらの高校も応援して読んでましたね。 本作の話に戻りますが、鏡州飛馬は、僕がずっと応援していたキャラクターでした。 どれくらい応援してたかと言えば、桂香と同じくらいには応援してました。 だって、メッチャ善い人じゃないですか。 勝負の世界で、もう後が無いにも関わらず、笑顔で後輩の面倒を見ちゃう。 彼のなにが良いって、腹の裡ではちゃんと奸計を巡らせてるところなんですよね。 今回だって、創多が負ければとか考えてる。 ちゃんと善性と悪性を併せ持つ人間らしい部分を持ちつつも、絶対に卑怯な手は使わないし、悪い考えを自省して正々堂々を貫く。 そして、手を差し伸べる。 もし彼が坂梨を励ますような一言を言わなければ、鏡州がプロになれてたかもしれなかったのに…。 坂梨に声を掛けたことを後悔するとか絶対にしないんだろうなぁ。 銀子だって、彼女の苦労とか悩みとかを散々知っている訳だから、勝って欲しいと思ってました。 でも、鏡州にも勝って欲しくて。 結末を読んだ今でも、正直複雑な気分です。 創多が大泣きして、夢を引き継いでくれたことがせめてもの救いでした。 あれが無かったら、僕の心の中はもっと荒れてたかもしれません。 これまではなんだかんだと辛い現実を回避してくれてました。 桂香とかね。 彼女のドラマも、「どうしても女流棋士になるんだ」という想いに強く心を揺さぶられたので、非常に感動しました。 挫折と苦労を散々重ねてきた末、漸く報われたのですから、そりゃ嬉しかったです。 今回もなんだかんだと鏡州の苦労が報われるものだとどこかで期待していたのですけれど…。 期待していた分、ショックも大きかった。 ただ、白鳥先生の言葉を信じるのであれば、アフターケアはこの先しっかりとしてくれそうです。 そこに期待します。 魔王が討ち滅ぼされる物語が始まる? 残酷な現実が突き付けられた。 これは、西の魔王による残虐物語のほんの始まりに過ぎないのかもしれないなと「感想戦」を読んで感じました。 於鬼頭の掲げた「自分の才能を知れば不幸は減る」という考えは、間違っていたのでしょうか。 主人公(八一)が否定し、怒りさえ覚えたのですから、作品的には「間違い」と見做すのが筋なのかもしれません。 けれど、「そうじゃないよ」というのが、「感想戦」で描かれていたのかなと。 於鬼頭って「不幸な人間」を知ってる側なんですよね。 「自分が死ぬことで、不幸にした人々への償いになる」的なことを本気で考え、実行にまで移しちゃうくらいには知ってる。 決して思い込みとかでなくて、そういう人間たちを見て来たはずなのですよ。 であるならば、「その努力で不幸になる人はいない」という八一の言葉こそ、「類い稀な才能を持つ」が故の誤謬。 八一は知らないはずです。 最愛の女性の苦悩を。 自身の才が、彼女を苦しめていた事実を。 ただただ勘違いをしているんです。 空銀子は、強い棋士であると。 その勘違いが。 好きだからこその間違った評価が。 知らず知らず銀子を蝕み、やがて彼女を不幸にしちゃうんじゃないかな…。 自分のせいで最愛の人を不幸にしてしまった。 そう自覚した時、八一は、本当に魔王になってしまうんじゃないかな…。 次巻から始まる新章は、いよいよシリーズの最終章になる気がします。 主人公が魔王に堕ちるところから始まり、その魔王が打ち滅ぼされるまでの物語が。 竜王のお仕事は、勇者を生む事。 自身が魔王となり、倒されることで、小さな女の子たちを勇者にすることが、八一に課された仕事。 あいと天衣、2人の勇者が八一という魔王を倒す物語。 その導入となるお話だったようにも思ってしまいました。 終わりに 八一、魔王になる前に、本物のロリ王になりました。 女児とキスするとか、マジロリコン。 12巻のロリ王は、 「この俺が、小学生の気配を感じられない……だと? 」 という名言も飛び出すなど、最初から最後まで非常に絶好調でしたねw その中でも最大のトピックは、やはり天衣とのキスですね。 まさか…でしたよ。 本当に不意を突かれたのかと疑わしいレベル。 この一連のシークエンスですが、伏線ですよね、きっと。 帰りの車内での天衣の可愛さにごまかされそうになりましたが。 天衣がキスしたのですから、いつかあいだってすると思うのですよ。 じゃあ、いつかと言えば、クライマックスしかないのかなと。 あいが魔王八一を倒して、キスをすることで、八一を人間に戻す。 りゅうおうになった八一をロリ王に戻してあげる魔法のキス。 穿ち過ぎだと自分でも思うのですが、貴重なラブコメシーンまで伏線に思えてきました。 それもこれも「感想戦」のせいですよ。 あんな不穏なラストを読まされると、どうしても…ね。 まぁ、どうなるかは分かりませんが、新展開に大いに期待して、今回の感想は終わります。 最後までお読みいただきありがとうございました。

次の

りゅうおうのおしごと!7巻 感想

りゅうおう の お しごと 12 感想

清滝一門の祝賀会。 師匠である清滝鋼介九段から叩きつけられたその言葉に、八一は衝撃を受ける。 師匠の苦しみを理解しつつも八一は己の研究を信じて破竹の進撃を続ける。 「衰えを自覚したが取れる手段は二つ…」残酷な運命に抗うのか、従うのか、それとも…?笑いあり涙ありの浪速ド根性将棋、号泣必死の第7巻! のころから思っていますが、だから仕方がないのかもしれませんが、ロリとかエロとか私にはノイズにしか思えないんです、そのぐらい素晴らしい作品なんです、彼の作品は。 こういうノリがないと誰も読んでくれない買ってくれないのかもしれませんので仕方がないと私の中では結論付けてますが。 ちなみに帯にある通りアニメ化して今年の1~3月まで放送しておりました。 アニメとしてはそこそこの出来でしたが、原作好きの私から言わせると最低の出来でした。 原作の良さが全然出ておりませんでした、それでも多少はみ出してましたが。 とにかく進行が速すぎる、そのくせテンポが悪い、最悪でした。 アニメも良かったよ?と思った方、絶対に原作を読んでください、本当に原作読まないと分からないんですよこの作品の魅力が!! と褒めちぎってますが、7巻に関しては少し苦言を呈します。 「熱い」なるセリフを多用しないでほしかったです、なんだか凄い軽い言葉になってしまい、それまでの物語で出てきたセリフさえ軽くなり、ひいてはそのシーンさえ軽いものになってしまいました、残念です。 あと、これは作品に関係ないかもしれないのですが、あとがき、今まで様々な作品を読んできましたが、これほど心に刺さったあとがきは初めてでした。 今一番好きなでのシリーズです。 もう手元に8巻があるので近いうちに感想を上げられると思います。 toriid.

次の

りゅうおうのおしごと!(第12話『最後の審判』)のあらすじと感想・考察まとめ

りゅうおう の お しごと 12 感想

将棋の思い出 最初に将棋を指したのは小学校低学年の頃だ。 父親に将棋のルールを教えられてから、毎週日曜日に居間で寝転んでいる父のところに将棋盤を持っていった。 最初のうちは父も喜んで指していたけれども、仕事に疲れていて、日曜日はゆっくり寝ていたいものだから、結局、僕は隣町の将棋教室に厄介払いされることになった。 将棋教室といっても本格的な将棋教室ではない。 市営の「こども将棋教室」で、ボランティアのおじいさんが将棋を教えてくれて、子供たちは将棋を楽しむことができる。 ちなみに、最終シーズンの僕の戦績は17勝18敗。 結局、小学校の高学年になるころには将棋にも飽きてしまい、将棋教室も辞めてしまった。 『りゅうおうのおしごと!』は清滝桂香が熱い! 先日、将棋を題材にしたアニメ『 りゅうおうのおしごと!』を知人に薦められた。 子供の頃に将棋に夢中になっていたことを思い出して、うきうきとした気分で視聴を開始したのだが…… 序盤は女子小学生が大勢登場して「ロリコンのアニメか……間違えたな……」と感じていたけれども、話数を重ねるにつれ、意外に将棋の要素もあり、楽しむことができる。 特に、 第七局「十才のわたしへ」は、研修会の年齢制限が間近に迫っている 清滝桂香 きよたきけいかさんが醜態を晒しながらも必死に将棋に向き合っている姿が描かれていて、胸にグッとくるものがある。 「わたし、やっぱり、将棋を続けたい」 「女流棋士にはなれないかもしれないけど、それでも将棋に関わる仕事がしたい。 連盟職員とか観戦記者とか販売部のパートでもなんでもいい。 将棋を続けたいの。 才能も根性もない不出来な弟子だけど、ずっとわたしの師匠でいてくれますか?」 うん、目頭が熱くなる。 「汚い打算から出たパフォーマンス」ではない本物の礼儀。 そして、 第十一局「寿」のマイナビ女子オープン本戦につながっていくわけだ。 『りゅうおうのおしごと!』は何を描きたかったのか? しかし、サブキャラクター・清滝桂香のストーリーが熱量的な山場になっていて、主人公および女子小学生たちが中心に活躍するパートは、全12話の話数制限に追われていたために焦点がぶれている。 将棋の魅力を伝えたかったのか、ロリコンをターゲットにしていたのか、あるいは棋士たちの人間関係を描きたかったのか。 今、将棋業界では藤井聡太棋士が大活躍していて、テレビ朝日の人気バラエティ番組『アメトーーク!』では「将棋たのしい芸人」として将棋が取り上げられた。 今後もますます盛り上がっていくことだろう。 将棋に興味があるなら『 りゅうおうのおしごと!』を始めるきっかけにしてみてはいかがだろうか。 アニメ『りゅうおうのおしごと!』の動画を無料で視聴するなら 動画配信サービス では「 2週間の無料トライアル」を提供しているため、新規ユーザーならアニメ『 りゅうおうのおしごと!』全12話を無料で視聴することができる。

次の