コップ 飲み いつから。 赤ちゃんのコップ飲みはいつから始める?練習方法や練習のポイントについて|ファムズベビー

コップ飲み練習はいつから ? 赤ちゃんの効果的なコップ練習方法

コップ 飲み いつから

赤ちゃんのコップ飲み練習はいつから? 赤ちゃんのコップ飲みの練習はいつからしたらいいのでしょうか。 それまで哺乳瓶やスパウトで飲み物を飲んでいた赤ちゃんがコップで飲むことができるのか、不安もあるでしょう。 しかし、赤ちゃんは練習をすれば上手にコップで飲み物を飲めるようになるのです。 お母さんとしても、赤ちゃんがコップで飲み物を飲めるようになれば、洗い物も楽になりますし助かりますよね。 コップ飲みの練習を始めるのはいつから? コップの練習を始める目安は、 離乳食が1日2回になったときがよいとされています。 生後7~8ヶ月頃になると、離乳食を上唇と下唇で挟むように食べ、食べ物を飲み込むことができるようになります。 その頃になったら、コップの練習を始めるタイミングです。 赤ちゃんの成長に合わせた練習をしよう 赤ちゃんの成長は親が思った通りにはいきません。 育児本通りにはいかないこともあります。 なので、赤ちゃんがコップを練習するタイミングも、個人差があるのです。 哺乳瓶からスパウト、次にストローができるようになったらコップの練習。 そのように順番にいく子もいれば、ストローが苦手でコップ飲みのほうが先に出来るようになったという子もいます。 様子を見て、赤ちゃんに合わせて練習をするのがいいのです。 ステップを踏んで練習しよう ここで紹介するステップは前後しても全く問題はありません。 赤ちゃんが嫌がらないように、赤ちゃんの様子を見て順番を変えてもかまいません。 自分でコップの取っ手が持てるようになったら 離乳食が始まる頃になると、赤ちゃんは自分で色々なことをやってみたい欲求が出てきます。 離乳食を手づかみで食べたがるようになったり、自分でスプーンを持ちたがることもあるでしょう。 コップを自分で持ちたいという仕草を見せたら、ぜひ持たせてあげてください。 自分でマグカップを 両手で持てるようになったときがコップの練習の始まりです。 練習用のコップ・スパウトを使って練習しよう 離乳食が始まる5ヶ月くらいから、スパウトという小さな穴が開いた飲み口で飲み物を飲む練習を始めていきます。 哺乳瓶の口以外のもので飲み物を飲む練習をするのです。 スパウトは、コップを傾けると飲み物が小さな穴から口の中に入るようになっているので、コップで飲み物を飲む練習の前段階に適しています。 ストローを使ってみよう スパウトから飲み物が出てくるのを理解して、自分で使えるようになったら、今度はストローの練習してみましょう。 ストローの練習も焦らなくて大丈夫です。 ママがお手本を見せてあげて興味を引きましょう。 ストローの練習はマグで練習するほかに、 市販の紙パックの麦茶などで練習するのもオススメです。 紙パックの飲み物は少し押すと中の飲み物が出てきます。 自分でやらせると、出過ぎてしまうのでママがゆっくり少し押して飲ませてあげましょう。 ストローの飲み方のコツがつかめるかもしれません。 いよいよコップで練習! 赤ちゃんはだんだん自分でコップを使いたいという仕草をするようになってきます。 そうなったら、コップ飲みの練習開始です。 コップ飲みの練習の前に、スプーンで水やスープをすすって飲む練習をすると、スムーズにコップから飲み物を飲むことができるのでオススメです。 赤ちゃんにコップ飲みを教えるコツ それでは、コップ飲みの教え方をご紹介します。 色々な方法があるので、各家庭で工夫をしてみてくださいね。 親がコップで飲むふりをして見せる 親が空のコップを使い、コップで飲むふりをして見せます。 コップの傾け方や、傾けるときの速度などを繰り返し赤ちゃんに見せてあげてください。 「あ~~おいしい。 」などと、演技をしてコップから飲む飲み物はおいしいんだよ、と思わせるのもいいでしょう。 赤ちゃんが自分でもやってみたいと、意欲を持たせることができます。 一緒に持って傾け方のコツを教える 赤ちゃんは最初の頃、コップの傾け方が分からず、大きく傾けてしまい、顔に飲み物をかけてしまうことがほとんどです。 飲み物が顔にかかって、怖い思いをしたら嫌がってコップを使わなくなる場合もあるでしょう。 コップ飲みの練習方法のコツ 赤ちゃんにコップ飲み練習をさせるためには、どんな方法があるのでしょうか。 練習方法とコツをご紹介していきます。 コップはおもちゃではないと教えましょう はじめのうちは、赤ちゃんがコップで遊んでしまうことがあるかもしれません。 しかし、食べ物や飲み物で遊ぶことはいけないことだ、ということを赤ちゃんの頃から教育しましょう。 赤ちゃんだからまだわからない、とそのままにさせないでください。 赤ちゃんは話せば伝わりますし、大人を見ています。 だめ!と怒るのではなく、優しく諭してあげましょう。 遊び始めたらコップを片付けて、練習は中止にしましょう。 汚してもいいようにビニールシートを敷こう コップ飲みの練習中は、失敗してしまうことがほとんどです。 こぼすのを前提に練習しましょう。 部屋の中で練習をする時は、椅子の下にビニールシートを敷くと床が汚れなくてすみます。 はじめは口の広いおちょこなどで始めてみる コップの練習は、はじめの頃は、口の広いおちょこなどを使って始めることをオススメします。 おちょこだと、小さくて赤ちゃんが持ちやすく、中身が見えるので傾け方も調整することができます。 中身の量は少しずつ増やしていきましょう 中身をたくさん入れてしまうと、上手に飲めない時に思い切り傾けてしまい、顔に思い切りかぶってしまうことがあります。 練習し始めの時は、 中身を少しにしてゆっくり傾けていく練習をさせましょう。 中身は水やお茶などにして掃除が楽になるように 練習中は中身をこぼすことが多いので、中身を水やお茶にすると、掃除の時に楽です。 ジュースやミルクですと、ベタベタして掃除が大変です。 お風呂の中で練習するのも効果的 お風呂の中にコップを持ち込んで、練習するのもいいでしょう。 お風呂の中だと、いくらこぼしても困りません。 遊びとしてではなく、 お風呂上がりにお水を飲んでから出る、というようなルールを作るのもいいでしょう。 コップ飲み練習におすすめのコップ 赤ちゃんがコップ飲みの練習を始めた時にどんなコップを用意したらいいでしょう。 ここでは、成長の段階に合わせて、使いやすいコップをご紹介いたします。 段階別に飲み口が替えられるタイプ 赤ちゃんの成長に合わせて4種類の飲み方ができるマグです。 このマグは、離乳食の補助としても使えるように考えられています。 離乳食が始まった頃の生後5ヶ月から使用できるようになっています。 段階に合わせて替えられる飲み口と、本体が2種類セットになっています。 本体のマグは200mlのものと、300mlの容量のものがついてきます。 300mlのものは、子供の手にフィットするような形で持ちやすくなっています。 お出かけの時にフタをして持ち歩きもできます。 コンビのマグは単品でも販売しています。 飲み口も別売りでありますが、成長に合わせて飲み口を替えることを考えると、セットで購入したほうがお得だと思います。 特徴は、成長の段階に合わせて4種類の飲み方ができる便利なマグだという点です。 コップには赤ちゃんが上手に持って飲みやすいような斜めのハンドルがついています。 このように、成長に合わせて飲み口を替えて長い期間使えるので、赤ちゃんの誕生祝いとしても人気があります。 ストローが使えるようになった赤ちゃんにおすすめ 市販されているストローマグは生後8ヶ月から使用するものがほとんどですが、これは6ヶ月から使用できるものです。 フタがシリコーンゴム製で密着性に優れています。 成長に合わせて使い方が変えられる便利なマグです。 最初は赤ちゃんの口の中にストローを入れて、ママがフタをそっと押してあげてください。 そうすると、中身の飲み物が赤ちゃんの口の中に入っていきます。 そうすることで、ストローで飲む感覚をつかめるようにするのです。 一人でマグが持てるようになったら、自分で持たせてストローの練習ができます。 ストローが上手にできるようになったら、フタを外してコップ飲みの練習ができる3ステップで使える便利なマグです。 お出かけ用のストローマグと家での練習用マグの2点セットになっています。 お出かけ用のマグには可愛い模様がついていて、持ち歩くために漏れないようフタがついています。 冷たさをキープする保冷専用のストローマグです。 赤ちゃんが両手で持つのにちょうどいいサイズで、手に当たる部分がシリコン製になっていて、滑りにくいデザインになっています。 ストローは替えがついていて、マグは丸洗いできます。 フタがしっかり閉まって漏れません。 冷たさをキープしてくれ、結露しないので、お出かけの時にバックの中に入れておいても安心。 コップの練習を始めた赤ちゃんにおすすめ これは、コップではなく、離乳食用の食器です。 お皿とスプーンがセットになっています。 お皿の中に食べ物を入れ、スプーンですりつぶして赤ちゃんに食べさせることができる離乳食用のお皿です。 スプーンでスープなどを赤ちゃんの口に持っていき、赤ちゃんがスプーンから飲む練習ができます。 また、このお皿のふちが、ちょうど赤ちゃんの口にフィットするような形になっているので、スープなどを赤ちゃんの口の中に注ぎ込むことができます。 これがコップ飲みの練習にとても良いのです。 はじめはママが赤ちゃんの口の中にスープなどをゆっくりと飲めるように手助けしてあげてください。 赤ちゃんがゴックンと飲めるようになって、慣れてきたら自分でお皿を持って飲めるようになるでしょう。 持ち手が2つついていて、両手で持って飲めます。 口をつけるところが滑らかで、赤ちゃんの口にフィットします。 特徴は、フタをしたまま飲み口360度どこからでも飲めるところです。 そして、不思議なことに倒してもこぼれません。 持ち運び用の蓋もついているので、お外でも使えます。 中身がたくさん入るので、成長してもフタを外して長く使えそうです。 世界中から愛されているオランダ生まれのディック・ブルーナの絵が可愛いマグです。 ブルーナといえば、ミッフィーですが、そのブルーナがデザインした赤ちゃん向けの食器やコップ、マグが販売されていて人気の商品となっています。 このマグは飲み口の部分に小さく穴が開いていて傾けるとコップの中の飲み物が出てきます。 コップ飲みの練習にとても適したマグになっています。 色合いが鮮やかなので、食卓も賑やかになりそうです。 このマグのシリーズは離乳食用の食器もありますので、揃えてみてもいいですね。 また、牛の柄ノマグで「モーモーさんでお水を飲もうね」などと、ママが語りかけていたら、赤ちゃんが言葉を覚えるのにも一役買いそうですね。 子供が大好きなキャラクターのコップです。 リーズナブルなところも嬉しいですね。 飲みくちに蓋がついていて、コップ飲みの練習にちょうどいい飲み口になっています。 中身が少しずつ出てくるので、コツをつかみやすいコップです。 コツがつかめたら蓋を外して使用することができるので、長く使えるコップです。 いよいよ、本格的なコップの練習です。 両手で持てるような持ち手がついているので、自分で口の中に入れる飲み物の量を、加減して飲むことができます。 コップの片面が斜めになっていて、傾けて飲むコツがつかみやすいコップです。 最初はお水を入れて、練習してみましょう。 水の量とコップの傾け方のコツがわかるまではこぼすのは仕方がないことです。 気長に練習に付き合いましょう。 このような形のコップは他にも色々な柄のものが売っていますので、赤ちゃんが気に入った柄のものを揃えてあげると、喜んでコップ練習をするようになるでしょう。 コップ練習は焦らずゆっくりと 赤ちゃんが何かができるようになるために一番大事なのは、まわりが焦らないことです。 赤ちゃんの成長には個人差があり、成長が早い子もいれば、ゆっくり成長する子もいます。 親がまわりと比べて焦っても赤ちゃんにはいいことはありません。 コップ飲み練習も、喜んでやる日があったり、嫌がる日もあるでしょう。 嫌がった日は無理強いせず、練習は休みましょう。 親が焦って、険しい顔で練習させたら赤ちゃんは怖がってしまいます。 おおらかな気持ちで、出来るまでゆっくり練習させましょう。 そして、赤ちゃんがコップ飲みに成功したら思い切り褒めてあげてください。 赤ちゃんの成長は親の喜びでもあります。 赤ちゃんの成長を楽しんで、焦らず見守ってあげましょう。

次の

【歯科衛生士が子どもに絶対使わない】赤ちゃんにストロー飲みさせない理由|歯と子育てブログ

コップ 飲み いつから

日本小児科学会専門医。 2002年、慶応義塾大学医学部卒。 神奈川県内の病院・クリニックで小児科医としての経験を積み、現在は神奈川県横浜市のなごみクリニックに院長として勤務。 内科・小児科・アレルギー科を担... 赤ちゃんが成長するにしたがって、練習することがどんどん増えていきますよね。 コップを使って飲み物を飲むという行為もそのひとつ。 哺乳瓶やスパウト付きのマグを使って飲み物を飲んでいた赤ちゃんが、コップでこぼさず飲んでくれるようになると、水分補給や食器の後片付けが少し楽になります。 でも、いつからコップ飲みの練習を始めたらいいのか迷ってしまうママも多いのでは。 今回は、赤ちゃんのコップ飲みについて、練習を始める時期、練習方法、注意点をご紹介します。 赤ちゃんのコップ飲みはいつから? 赤ちゃんがコップ飲みを始める時期は、成長の度合いによって様々ですが、離乳食の進め方とあわせていくとスムーズに練習しやすいでしょう。 一つの目安として、離乳食が2回食になる生後7~8ヶ月の頃に、コップ飲みの練習を始めてみてもいいでしょう。 離乳食のスープや味噌汁が入った食器に口をつけてすすっていると、自然とコップ飲みができるようになることもあります。 空のコップを持たせてみて、手でしっかり持てるようならコップ飲みを始められるかもしれません。 もし赤ちゃんがコップで飲みたそうにしていたら、コップ飲みを始めてみましょう。 ただし赤ちゃんの成長には個人差があるので、コップ飲みを始めるのが遅いからといって心配しなくても大丈夫ですよ。 関連記事 コップ飲みの練習に向けたステップは? 赤ちゃんが飲み物をコップでこぼさず飲めるようになるためには、練習が必要です。 一般的には、スパウトやストロー付きのマグを使って哺乳瓶以外の飲み方に慣れさせてから、コップ飲みの練習をする方法があります。 スパウトとは小さな穴が開いた吸い口のことで、おっぱいや哺乳瓶の乳首以外から水分を取るための最初の練習に適しています。 スパウト付きのマグを持って傾けながら口につけると、スパウトの穴から水分が出てくるので、コップで飲む感覚に近い体験ができます。 ストローマグは、ストローがついた赤ちゃん用のマグのことです。 マグを倒しても中身が出ない構造のものや、蓋つきのものがあり、ストロー飲みの練習におすすめです。 赤ちゃんがストローを使えるようになるのは、生後6ヶ月頃からですが、こちらも個人差があります。 しかし、スパウトを使って飲むのが苦手な赤ちゃんや、ストロー飲みがなかなかできない赤ちゃんもいます。 必ずしもスパウトやストローのステップを経て、コップ飲みができるようになるわけではないので、赤ちゃんのペースをみながら練習をさせていきましょう。 関連記事 赤ちゃんのコップ飲みの練習方法は? スパウトやストロー飲みに慣れてきたり、コップに興味を持ち始めたりしたら、下記の順番でコップ飲みの練習をしてみましょう。 コップ飲みの練習手順 1. 赤ちゃんに空のコップを持たせて、ママやパパがお手本を見せながら、一緒に飲むまねっこ遊びをする 2. おちょこなどの飲み口が広い小さな器で、飲む練習をする 3. コップに少量の水を入れて飲ませてみる(はじめは大人が手を添えて角度を調節してあげる) 4. コップに水を多めに入れて、ビニールシートの上やお風呂で練習をする この順序を経てコップ飲みの練習をしていけば、少しずつ飲めるようになっていくはずです。 こぼしたときにも焦らずに済む環境をつくっておけば、赤ちゃんが失敗しても落ち着いて対処できますね。 コップ飲みの練習はベビーマグを使うと、赤ちゃんが持ちやすくスムーズに飲むことができるのでおすすめです。 スプラウトやストロー、飲み口サポートを取り外しできるものが多く、徐々にステップアップすることができますよ。 関連記事 コップ飲みの練習の注意点は? 赤ちゃんがコップ飲みの練習をするときは、下記4つのポイントを参考に進めていってください。 1.急かさない 赤ちゃんがコップでなかなか上手に飲めるようにならなくても、急かすのはやめましょう。 赤ちゃんは雰囲気に敏感なので、ママの頑張りが伝わってしまい、本人の意欲がそがれてコップ飲み自体が嫌になってしまうことも。 気長に見守るつもりで、楽しませながら少しずつ練習をしていきましょう。 2.コップで遊んだら注意する 赤ちゃんがコップで遊び始めてしまったら、きちんと注意しましょう。 怒鳴るのではなく、「コップは水を飲むもので遊ぶものではないよ」ときちんと理由を伝えてあげてくださいね。 この頃の赤ちゃんは、ママの言葉を理解し始めているので、はぐらかさないことも大切なポイントです。 3.徐々に量を増やす 赤ちゃんが最初からたくさんの量をコップで飲むのは難しいので、最初はほんの少しの量から始めて、少しずつ増やしていきましょう。 お水を使う コップを実際に持って練習するときは水を使いましょう。 ミルクやジュースなどは、こぼしたときにベタついてしまって大変です。 また、コップ飲みの練習のたびにミルクやジュースを飲ませていると虫歯の原因にもなりかねません。 掃除の手間を省くためにも虫歯を予防するためにも、水やお茶で練習していきましょう。 関連記事 1歳を過ぎてコップ飲みができないと問題? コップ飲みができる月齢・年齢の目安を「1歳」と考えるママは多いかもしれません。 1歳を過ぎてもコップ飲みが上手にできないと、「なにか問題があるのかな」「ほかの子に比べて発達が遅いのかな」と心配になってしまうことも。 しかし、1歳を過ぎてもコップ飲みができない赤ちゃんもいます。 コップ飲みには練習が必要なので、すぐに飲めるようにはなりません。 また、赤ちゃんがまだコップに興味を持っていなかったり、ストローで飲むほうを好んでいたりすると、1歳を過ぎてもコップで飲もうとしないことがあります。 2歳頃までは、コップ飲みをしてもすぐにこぼしてしまい、なかなか上手に飲めないものです。 少しずつ上手になっていくので、こぼしてしまっても根気よく練習させてあげることが大切です。 赤ちゃんのコップ飲みの練習は焦らずに 赤ちゃんのコップ飲みは、焦って練習しなくても、1歳半を過ぎると自然と上手に飲めるようになっていることが多くあります。 気長に見守りながら、赤ちゃんのペースにあわせて練習を進めていってくださいね。 ママやパパと同じようにコップで飲み物が飲めるようになると、赤ちゃんも食事の時間が楽しくなるはずです。 コップ飲みが上手にできるようになってきたら、ベビーマグから子供用のコップへと変えていきましょう。

次の

上手く飲めない!コップ飲みいつからできる?1歳過ぎてからの練習法。

コップ 飲み いつから

最初から大量に飲み物を 入れない。 ほんの少しだけ入れる。 台拭きなど、 こぼれたら すぐに拭けるように用意して おく。 赤ちゃんにはスタイ (よだれかけ)を装備。 自分でコップを持てるように、 赤ちゃんの手を添えて飲む ようにする。 と、いうこと。 なぜなら、ほとんどのママが そうだと思うんですが、赤ちゃんに、 いっぱい 飲み物をこぼされてしまうと イライラします。 赤ちゃんも、初めから上手に 飲めないので、 飲み物を入れるときは ほんの少しだけにしておきましょう。 目安としては、 コップの底が 見えるか見えないかくらいの量。 少なすぎるくらいで丁度いいんです! これを毎日コツコツ繰り返していくと 1か月くらいで大体上手に飲めるように なるはず。 そして赤ちゃんが、自分でコップを 持てるように、赤ちゃんの手を添える ようにして、ママやパパが一緒に 持ちます。 こんな些細な事ですが、 自分でしよう!という意欲に つながるんですよ。 最初は、もちろん持てませんが、 そのうち上手に持てるように なります。 上手にごっくんができたら、 少し大げさに褒めてあげて くださいね! そしてもう一つ。 コップ飲みの練習を始めたら、 毎日継続して続けるように していきましょう。 今日は「やった」けど、明日は 「やらない」というのは、 子供の発達にも支障が出ます。 お風呂でコップ飲みの練習はありなのか? 次はお風呂でコップ飲みの 練習をすることについてです。 私はびっくりしたんですが、 お風呂でコップ飲みの練習を しているママやパパが いるんですね。 私はあまり、おすすめしません。 それは、 お風呂のお湯を飲んでしまう おそれがあるから!! 実際1歳児の担任をしている ときに、お風呂のお湯を飲んで しまった子供がいて、ママが 心配するということになった ときがありました。 ネットで調べていると、 部屋で飲み物をこぼされる のが嫌だから、 お風呂でコップ 飲みの練習をしている と、いう人もいるんです。 でも、 先ほどお知らせしたように、 ほんの少しだけコップに 飲み物を入れるように すれば (もちろん台拭きもすぐ用意して!) もし、こぼしてしまっても スタイをつけて いれば、服が少し 濡れるだけで済みますよね。 ママやパパの「ぬらされると困る」 と、いう思いが優先ではなく、 ぬれてしまった場合、 ・ 服がぬれると気持ちが悪い。 と、いうことを赤ちゃんが 感じて分かるチャンスでもあります。 赤ちゃんのためには、お風呂で 練習するのは果たしてどうなのか? 考えてみてください。

次の