エアコン クリーニング グルーポン。 エアコンクリーニング料金表

エアコン掃除を自分でやる方法!フィルター・ファンのカビ取りの仕方は?

エアコン クリーニング グルーポン

エアコン掃除をしないと…? そもそもエアコン掃除をするメリットとは何なのでしょうか? ・健康を守る ・電気代を節約する この2つがあります! エアコンのカビが健康に悪影響を及ぼす エアコン掃除をしないと、 内部にカビが溜まり、そのカビがエアコンの風と共に部屋に蔓延します。 そのカビを私たちが吸い込んでしまうと とても健康に悪いのです。 中には 肺炎につながってしまうものも。 気をつけたいですね。 エアコンのホコリが電気代の高騰をもたらす エアコンに ホコリが溜まると、フィルターが目詰まりを起こし、エアコンが効率よく働かなくなってしまいます。 そして、必要以上に電力を消費するため、ホコリのお掃除をしないと、 電気代が高騰してしまうことがあるのです。 定期的にお掃除したいですね。 自分でエアコン掃除ができるのは3箇所 まず始める前に、 エアコンのどの部分をお掃除するか、ご紹介します! 今回は、 取り外せるパーツのお掃除です。 取り外せるパーツは、 ・フィルター ・ルーバー ・カバー の3つ。 エアコンを使えば使うほど汚れが溜まっていきます。 こまめに週1回お掃除してあげましょう! ルーバー ルーバーはエアコンの電源をつけたときに、真っ先に動き出す横長のパーツ。 上下左右に 風向きを変えてくれます。 フィルターと比べ、汚れが溜まりにくいので、 3ヶ月に1回程度のお掃除で大丈夫です! カバー カバーは、フィルターを覆っているところです。 前面パネルと呼ばれることも。 取り外すことはできますが、 機種ごとに外し方が違います。 用意するもの ・踏み台または脚立 ・新聞紙 ・ゴム手袋 ・雑巾 ・ハンディモップ ・掃除機 ・洗濯用の中性洗剤 ・バケツ ・歯ブラシ ・綿棒 ・つまようじ 手順 1. 養生する お掃除をするとホコリが舞ってしまいます。 そのため、床をビニールや新聞紙で覆いましょう。 足場を固める 安全にお掃除できるよう、踏み台や脚立がぐらついたりしないか確認します。 踏み台や脚立は、前ならえをして腕を伸ばしたときに、エアコンが付いてる壁にちょうど指先が触れるくらいの距離に置きましょう! 3. 電源を切り、コンセントを抜く 電源を切り、 コンセントを抜きます。 コンセントを刺したままお掃除をすると、 感電したり、 漏電したり、 とても危険です。 注意してください! 4. エアコン上部や表面のホコリやゴミを拭く お部屋の中にホコリをまき散らすことにならないよう、エアコンの 表面や上の方に溜まったホコリやゴミを取り除いておきましょう。 カバーを取り外す まずは カバーを開けましょう。 エアコンの側面に、カバーを開けるための 取っ手やくぼみがありますね。 その取っ手やくぼみに手を合わせて、少し手前に引いてから上に持ち上げます。 そして、 カバーが止まる位置まで、ゆっくりと引き上げましょう! この後の カバーの外し方は、 エアコンの機種によって変わります。 少し外側に開いて外すタイプ、そのまま手前に引き抜くタイプなどがあります。 カバーがうまく外せない…そんな時でも、 フィルターは外せる場合があります!その時はフィルターだけ、お掃除しましょうね。 フィルターを外す ホコリが散らないようにゆっくりとフィルターを外しましょう。 取り出したフィルターは、新聞紙などの上に置いておきます。 ルーバーを取り外す ルーバーは、たいてい 真ん中・ 右端・ 左端で固定されています。 まずは真ん中から。 ルーバーを曲げて取り外す感じです。 割と思い切ったほうがうまくいくようですが、注意して作業しましょう。 真ん中を外したら、両端を外していきます。 手前にかなり強く曲げて両端をいっぺんに外すイメージです。 かなり大変なので、外せそうな方のみ外してみてください。 取り外したパーツのホコリを掃除機で吸い取る ホコリが付いていたら、 掃除機で吸い取りましょう。 このあと水洗いをするので、だいたいホコリを落とせていたらOK。 フィルターは、オモテ面から吸い取るとホコリを落としやすいです。 注意 歯ブラシでこすりすぎない パーツが傷ついてしまいます。 できるだけ優しくこすりましょう! 細かい汚れには、綿棒やつまようじを使うことがオススメです。 取り外したパーツを水ですすぐ 洗剤が残らないように、入念にシャワーをかけて洗い流しましょう。 完全に乾かす パーツをしっかり乾かしましょう!乾かさないと カビ臭くなったり、エアコンが壊れる原因になったりします。 まず、乾いた布で余分な水分をしっかり拭き取ります。 そして、 30分~1時間ほど、新聞紙を敷いた上にパーツを並べて自然乾燥させましょう。 今回は、ベランダで乾かしたところ30分ほどで乾きました! 天気のいい日に行うといいかもしれませんね。 パーツを取り付ける 取り外したときと逆の順番で取り付けていきます。 取り付けるときもグッと湾曲させることになるので、壊さないように慎重に。 フィルターには表と裏があります。 自分と向かい合うのは オモテ面です。 間違えないように気を付けてくださいね! カバーは、確実に 固定しましょう。 固定ができてしまえば、そっと閉じるだけです。 送風運転する 30分ほど送風運転をして乾かしましょう。 水分を絶対に飛ばす、これが最も大切。 これでお掃除は完了です。 お疲れさまでした! 取り外せないパーツはどうするの? 取り外せないのは、エアコンの 内部のパーツ。 フィンや ファンなどがそれにあたりますね。 ファン ファンは エアコン内部の空気の流れを作っています。 筒状の部品がくるくると回転して、空気を吸ったり吐いたりしてくれるのです。 そんなファンにホコリやカビが溜まると、 効率的に空気の流れが作れなくなります。 すると、風力が弱まってしまいますよね。 フィン フィンは 空気の温度を変える役割を果たしています。 赤く囲んだ部分の金属棒がフィンです。 フィンも ホコリやカビで汚れやすい箇所。 汚れていると空気を冷やしたり、温かくしたりするときの効率が悪くなり、 効きにくくなってしまうのです。 エアコンの内部のお掃除は…? 自動洗浄してくれるエアコンはどうしたらいい? エアコンに中には、 自動洗浄してくれるタイプのものもありますよね。 とっても便利な自動洗浄タイプのエアコンですが、これらの機種ならまったく掃除をしなくて良いのでしょうか? 自動洗浄ではどの部分を掃除しているのか。 自動洗浄機能のあるエアコンも掃除をするべきなのか、くわしくみてみましょう。 熱交換器を自動洗浄してくれるエアコンとは? 自動洗浄をしてくれるエアコンにも種類があり、 「 フィルターの掃除をしてくれるタイプ」 「 熱交換器(フィン)や ファンの掃除もしてくれるタイプ」 の2種類があります。 フィルター掃除タイプのものは、その名の通りフィルターのみ。 熱交換器やファンを自動洗浄してくれるタイプなら、エアコンの内部までしっかり掃除をしてくれます。 それではいったいなぜ、エアコンを使うだけで内部の掃除もできるのでしょうか? そこで、エアコンの内部へ目を向けてみると、最新のものは空気中の水分を一度凍らせ、その後一気に溶かすことで、汚れを洗い流していることが分かりました。 掃除中はエアコンが使えないため、寒い季節、暑い季節はタイマー機能などを利用して掃除できるモデルが便利です。 自動洗浄してくれるエアコンは掃除するべき? 私たちの生活を快適にしてくれる熱交換器の自動洗浄。 ですが、定期的に掃除していればそれでOKという訳ではありません。 水で洗い流すタイプの自動洗浄では、油汚れやカビ、雑菌などに対抗できないからです。 一見清潔に見える水で洗い流す機能ですが、内部に水分が残ってしまい、 カビの原因になるケースもあります。 この対策として、最近では 乾燥機能付きのエアコンも増えてきました。 問題は多少ありますがそれでも、掃除機能がないエアコンと比較すれば、清潔な状態を保てる自動洗浄タイプのエアコン。 自動洗浄にプラスして、掃除もきちんとしてあげましょう。 自動洗浄タイプは家庭で掃除できる? 自動洗浄タイプのエアコンであっても、完璧に汚れを取り去れる訳ではありません。 こまめにフィルターやカバー、吹き出し口の掃除を行い、 清潔な状態を保つようにしましょう。 熱交換器部分を掃除するアイテムもありますが、洗浄後しっかり乾燥させないと、内部に水分が溜まり カビの原因になってしまうことも……。 エアコンを長く清潔に使いたい場合なら、熱交換器の自動洗浄機能がついているモデルであっても、プロのクリーニングを依頼するのがおすすめです。 プロは丸ごとキレイにエアコンクリーニング ということで、エアコンクリーナーは少し危険なので、エアコン内部のお掃除はプロに頼んで綺麗にしましょう。 エアコンを分解して、内部や配管に至るまで 「丸ごとお掃除」してくれますよ! プロのエアコンクリーニングの一部をチラリとお見せしますね。 まずは、作業中の汚れが周りの家具や壁床などに飛び散らないよう、丁寧に養成をします。 そして、ここまでエアコンを分解しちゃいます! ここまでのお掃除は自分ではできないですよね…。 丁寧にエアコン自体の養成したら、クリーニングの準備完了です! フィンやファンは高圧洗浄機で綺麗に! エアコンの内部は、高圧洗浄機を使ってお掃除していきます。 1年~3年に1回のプロによるお掃除を推奨しているようですね! 「あなたのマイスター」では、もっとたくさんのプロに、他にもいろいろな疑問に答えてもらっています。 そんなプロの声を「」に集めました。 自分でお掃除するときも、ハウスクリーニングをお願いするときも、役に立つこと間違いなしです! まとめ 今回は、自分でできるエアコンのお掃除方法や、プロのエアコンクリーニング エアコン掃除はマメに行うが吉です。 お掃除をサボってしまうと、故障の原因にもなり、エアコンの寿命にも関わってきます。 また何より、汚い空気の中で閉め切って過ごすのは嫌ですよね。 キレイな空気で、さわやかに過ごしてください!.

次の

エアコンの掃除の仕方!自分でカビ除去する方法とコツ!

エアコン クリーニング グルーポン

神奈川のエアコンクリーニング料金を徹底調査! 暑い夏にはなくてはならいエアコンは、放っておくとカビの繁殖や汚れが臭いや健康被害のもととなるので、シーズン前には洗浄をしておきたいものです。 自分で掃除するのは大変で汚れも見落としがちなため、エアコンクリーニングのプロにお任せすることがおすすめですが、やはり料金が気になりますよね? 業者によって料金設定も安いところから高いところまで様々なので、どこを選んでよいか迷ってしまいます。 今回はそんな人たちのために、神奈川県のエアコンクリーニング料金やおすすめの業者を徹底調査してご紹介します。 是非クリーニング業者選びの参考にしてみてください! 料金相場はどれくらい? エアコンには、壁掛け・埋め込み・自動清掃機能付きタイプがあり、それぞれ料金相場が違います。 まず、家庭でもよく使われる一般的な壁掛けタイプは、10,000円が相場です。 埋め込みタイプは、家庭用・業務用ともに25,000円が相場です。 自動洗浄機能付きタイプになると15,000円が相場ですが、業者によっては5,000円前後のオプションとして提示している所もあります。 (エアコン1台の基本料金+追加料金) また、室外機洗浄や消臭抗菌コートを希望の場合は、料金が変わってきますので業者ごとにチェックすることをおすすめします。 激安の業者はある?最安値はどれくらい? エアコンの洗浄は完璧にしたいものの、サービスによってはそれなりに料金がかかってしまいます。 もちろん、技術やサービスの品質をキープしながら、料金の設定を激安にしてくれている業者も存在します。 神奈川県でのエアコンクリーニングの最安値を調べたところ、おおよそ以下の金額になっているようです。 キャンペーン・クーポンの利用もおすすめ! お得にエアコンクリーニングを頼みたいなら、業者が実施するキャンペーンやクーポンを利用することをおすすめします。 ネットでクーポンを見たことを伝えたり、チラシについてきたクーポンを提示すると割引が受けられるサービスもあります。 キャンペーンのお知らせは、ネット上ではもちろんのこと、地域に配られるチラシなどでも情報を得ることができます。 チラシをポスティングする業者は近場にあることが多いので、最寄り業者に依頼すると交通費や駐車場の料金を節約できるメリットもあります。 特に、シーズン前にはこのようなキャンペーン実施が活発になってくるので、タイミングを狙って依頼するといつもよりも安くサービスを受けることができるのです。 エアコンの本体を分解して、自分ではクリーニングができない熱交換器やフィルターの奥を高圧洗浄機と専用洗剤を使って徹底洗浄し(部品洗浄はお風呂場などで)、ホコリやカビもキレイに落としてくれます。 口コミ 実際に依頼した人の口コミを見ると 「仕事も丁寧でエアコンがきれいなり助かった」 「スタッフさんの対応が親切でした」 「料金が明確で安心」 といった声が寄せられています。 問い合わせ・見積もり 電話番号:0120-966-514(24時間 365日) WEBでの問い合わせはへ 早朝・深夜も当日対応OK!R246 「クリーニングR246」は川崎・横浜・東京でエアコン・ハウスクリーニングサービスを提供しており、年中無休で営業しています。 早朝や深夜、当日対応もOKなので、必要な時にいつでも依頼することができます。 エアコンの洗浄には、人と環境にやさしいエコ洗剤を使用し、本体を分解して内部を高圧洗浄機でピカピカに洗浄する他、部品もブラシで丁寧に汚れを落とします。 口コミ 実際に依頼した人からは 「クリーニングをしてもらってから息子の咳が止まりました!」 「新品のようにきれいになりました」 「丁寧に作業をしてくれて感謝しています」 と言う口コミが寄せられています。 問い合わせ・見積もり 電話番号:03-3410-3329(7:00〜22:00) WEBでの問い合わせはへ 壁掛けタイプが1台8,000円から!エアコンクリーニングセンター 「エアコンクリーニングセンター」は東京・神奈川・千葉・埼玉と、静岡・愛知・岐阜・三重の一部でエアコンクリーニングサービスを行っています。 80名のプロが在籍しており、完全分解洗浄でエアコン内部まで清潔にします。 また、自社施工で格安料金を実現している点も利用者にとってはメリットです。 なお、希望があれば、清掃時の写真・報告書作成が可能です。 5m以上の高さにあるエアコンに使用する脚立がご家庭や店舗にある場合、追加料金は無料です。 また、施行後3カ月以内にエアコンが故障した場合、修理対応に応じてもらえます。 口コミ 実際に依頼した人からは 「テキパキと仕事をしてくれてよかった」 「連絡がスムーズで電話対応も良かった」 「値段が安いのに対応も仕事もしっかりしている」 と評判です。 問い合わせ・見積もり 電話番号:0120-244-228(9:00〜18:00・土日祝休み) WEBでの問い合わせ・見積もりはへ 料金が一律!コープライフサービスのエアコンクリーニング 「コープライフサービスのエアコンクリーニング」は、ユーコープ・うらがCO-OP・全日本海員生協・富士フイルム生協の組合員を対象に提供されるサービスです。 専門スタッフが高圧洗浄機で内部の見えないところまで徹底洗浄し、頑固な汚れもスッキリ落とします。 また、人や環境にやさしい洗剤を使用しているので、赤ちゃんやお年寄りのいるご家庭でも安心です。 料金は一律価格で、後からお金を請求されることはありません。 口コミ 実際に依頼した人からは 「内部の汚れをしっかり取ってくれピカピカになった」 「洗浄後にアレルギー症状が治まった」 「臭いが取れてきれいな空気になった」 と言う声が寄せられています。 問い合わせ・見積もり 電話番号:0120-390-554(9:00〜17:30・月〜土) WEBからの問い合わせ・見積もりはへ エアコンの分解洗浄が4,800円!アイ・コーポレーション 「アイ・コーポレーションのエアコンクリーニング」は、エアコンの分解洗浄を格安の4,800円で提供してくれます。 格安ながらも品質はそのままで、丁寧にエアコン内部を洗浄、ホコリやカビ、タバコや二などの気になる汚れを落としてくれます。 また、消臭・洗浄・防カビに効果的な環境型除菌洗剤レノグリーンを使用しているので、人と環境に優しく、アレルギーや過敏な方でも安心です。 作業後1週間以内も同様に保証。 口コミ 実際に依頼した人からは 「タバコ臭さが無くなって快適」 「安すぎてびっくりしたけど、仕事がとても丁寧だった」 「清掃後、アレルギーが改善されてよかった」 と言う声が寄せられています。 問い合わせ・見積もり 電話番号:042-257-7574(9:00〜19:00・月〜金) WEBからの問い合わせ・見積もりはへ 脱着分解完全クリーニングならミスターマッコイズへ! 「ミスターマッコイズ」のエアコンクリーニングは、一般的なクリーニングとは違う脱着完全分解クリーニングです。 脱着完全分解とは、エアコン室外機を取り外して工場に持ち帰り洗浄をすること。 工場で細かく完璧に洗浄するので、通常のエアコンクリーニングとは格段に仕上がりのキレイさが違います。 問い合わせ・見積もり 電話番号:0120-77-3051(9:00〜18:00) WEBからの問い合わせ・見積もりはへ エアコンクリーニング業者をお探しなら「くらしのマーケット」 エアコンクリーニング業者をお探しなら 「くらしのマーケット」がおすすめです! くらしのマーケットは、エアコンクリーニングはもちろん、ハウスクリーニングや家事代行・引っ越しなど、各ジャンルの事業者が登録しており、 お住まいの地域やエアコンタイプから対応可能な業者を簡単に見つけられます! そして、各業者ごとに1代あたりの値段や担当者の写真、利用した人の口コミが見られますので、安心して依頼することができますよ。 口コミは実際に利用した人しか書き込みできない仕組みになっているので、リアルな口コミが反映されるため登録事業者の質も高く、利用満足度も高いのが特徴です。 料金相場は、安い業者で1台7,000円〜と非常に安くなっています。 複数依頼割引を行っている業者もたくあんあるので、あなたの希望に合った業者がきっと見つかりますよ!.

次の

【失敗しない】エアコンクリーニング業者の選び方|ハウスクリーニング業者比較サイト

エアコン クリーニング グルーポン

カビ臭いエアコンを自分でピッカピカに掃除する方法! 夏は涼しく、冬は暖かい空気を運んでくれるエアコン。 その普及率は年々高くなり、以前は「必要ない」とされていた北国や北海道でも最近はエアコンの普及率が増えています。 室温の調整がしやすく便利な家電と言えますが、その一方で長くエアコンを使用していると「何か変な臭いがする」と思った経験がある方は多いのではないでしょうか。 その 変な臭いの原因はカビです。 せっかく心地良い風がきているのに、それがカビ臭かったらとても残念な気持ちになりますよね。 かと言って、エアコンを業者に頼んで清掃してもらうとなると、その代金は10,000~20,000円とも言われており、気軽には頼めません。 ならば、自分で掃除してみるのはどうでしょうか。 ここでは、簡単にできる エアコンの掃除の方法をお伝えしたいと思います。 なぜ、エアコンを掃除したほうが良いのか?<健康面と経済面> エアコンは、取り込んだ部屋の空気を、必要に応じて温めたり冷やしたりして部屋に戻します。 このため、空気中に漂っている埃やゴミも一緒に吸いこんでしまうのですが、空気はエアコン内にあるフィルターを通して排出される仕組みとなっているため、通常、吸い込んだ埃やゴミが空気と一緒に部屋に排出されることはありません。 しかし、 フィルターに埃やゴミが溜まったまま放置をしていると、空気の流れが悪くなってしまい、その分空気をたくさん取り込もうとフル稼働しますから、当然消費電力が上がり電気代が高くなってしまいます。 また、夏場は部屋の温かい空気を取り入れ、それを熱交換機で冷やして排出するのですが、この時エアコン内では温かい空気が滞留して結露になることがあります。 そして、そこに埃やゴミが溜まっていると、カビが発生しやすくなってしまいます。 エアコン内でカビが発生すると、それはやがて排出される空気に紛れ部屋に撒き散ってしまいます。 夏風邪かな?エアコンで乾燥したのかな?と思っていたら、 実はエアコンから出ていたカビが原因で、咳や鼻水が出ていたということもあり得るのです。 このようなケースを防ぐために、エアコンは掃除をした方がよいのです。 エアコンを掃除する前に準備するものや必要な道具は? エアコン掃除を始める前に、必要な道具はあらかじめ準備しておくのがよいでしょう。 具体的には、フィルターに付着した埃を吸うために掃除機や、掃除機で取りきれない埃を取り除くための使用済のハブラシ、パネルを拭き掃除するための雑巾や水(もしくはぬるま湯)などです。 エアコンクリーニングの手順 道具が揃ったら、実際にエアコンの掃除を行ってみましょう。 掃除の簡単な手順は以下の通りです。 掃除前に必ずコンセントを抜きます。 エアコン上部の埃やゴミを、水で濡らして固く絞った雑巾で拭き取ります。 前面のパネルを外し、パネルとフィルターの汚れを取ります。 吹き出し口やルーバーの汚れを拭き取ります。 電源を入れて送風運転を行います。 エアコンの外側や前面パネルなどの拭き掃除の仕方と注意点 エアコンの前面パネルを外す前に、まずはエアコンの外側やパネル部分に掃除機を掛けましょう。 こうすることで、埃やゴミが舞い散るのを防止できます。 また、水で濡らした後、適当に絞っただけの雑巾で拭くと、水分がエアコン本体に入り込み故障の原因となりますので、必ず固く絞ったものを使いましょう。 水拭きした後は乾拭きするのがよいかも知れません。 フィルターの掃除方法のコツと注意点 フィルターはプラスティック樹脂でできているので、無理やり取り出そうとすると破損の原因になります。 ねじったり引っ張ったりせず静かに取り外して下さい。 フィルターに溜まった埃やゴミは、最初に掃除機で吸うのがよいでしょう。 しかしこの時、フィルターの内側から掃除機を掛けると、返って目詰りの原因となってしまうので必ず外側から掛けるようにして下さい。 掃除機で吸い出せなかった埃やゴミがある場合は、使い古しのハブラシで軽く擦るとよく取れます。 それでも汚れが落ちない場合は、浴室へ運びシャワーを掛けるのがよいでしょう。 ただしこの場合は、先ほど掃除機を外側から掛けたのとは逆に、内側からシャワーの水を掛けるようにしないと目詰まりしてしまうので注意しましょう。 吹き出し口(シロッコファン)とルーバーの掃除方法のコツと注意点 吹き出し口を掃除する場合は、ルーバーを指で回し角度を下げて中が見やすい状態にします。 この時、必ずエアコンのコンセントが抜けていることを確認して下さい。 万が一コンセントが入っていると、突然エアコンが作動して指が巻き込まれるなどの思わぬ事故に繋がる可能性があります。 ルーバーを下に向けたら、固く絞った雑巾を指に巻き付け、中に指を入れるようにして汚れを取ります。 この時、汚れがひどいようでしたら、中性洗剤を薄めたものを使ってもよいですが、その場合は必ず雑巾を水で洗って仕上げ拭きをし、洗剤がルーバーに残らないようにして下さい。 掃除のあとのエアコン運転で大事なポイント フィルターをシャワーで洗い流したら、 必ずしっかり乾燥させて水分が残らないように気を付けましょう。 水分が残っているとエアコンの故障やカビの発生の原因となってしまいます。 そして、エアコンの掃除が終わったら必ず送風運転を行います。 送風運転とはコンプレッサー(熱交換機)を作動させず、ファンのモーターのみを動かすので、除湿や冷房、暖房はしません。 また、送風運転中にルーバー内に汚れを見つけても、拭き取らないで下さい。 事故に繋がる可能性があります。 市販のエアコン洗浄スプレーの扱い方は注意が必要! 自宅でエアコンの掃除を行う人向けの、エアコン洗浄スプレーが市販されていますが、使用には注意が必要となっています。 スプレーがエアコンの電装部分に付着し、それに気付かないままでいると半年~一年を過ぎたあたりに突然エアコンが作動しなくなってしまい、原因を調べたら電装部分の腐食だったというケースがあるようです。 スプレーを使用する場合は、ビニール袋や専用のシートでエアコンを養生し電装部分に掛からないようにする必要があります。 また、埃やゴミが多量だった場合は、スプレーを吹きかけることでホースの中で汚れが固まってしまい水漏れや逆流の恐れもあるようです。 洗浄スプレーは、ある程度のエアコンの構造の知識がある方が使用するにはよいかも知れませんが、よくわからない方が安易に使用するのはお勧めできないと言えるでしょう。 まとめ エアコンの掃除は最低でも月一回ほどするのが好ましいようです。 今回取り上げた部分をこまめに掃除しておくと、内部のフィンやファンにも汚れが付きづらくなり、清潔を保てますので、是非毎月続けて掃除するようにしましょう。 お掃除に関するその他の記事.

次の