お悔やみ ご冥福。 お悔やみメール》同僚/返信/友達/友人/友人の父/取引先/親戚/例文/文例/上司/返事

「ご冥福をお祈りします」の使い方 : お葬式なるほどチャンネル

お悔やみ ご冥福

「お悔やみ申し上げます」の意味は死者に対して悲しみや悼みの気持ち まず「お悔やみ申し上げます」の意味を理解しましょう。 「悔やみ」とは、人の死を弔うことであり、弔う言葉です。 また、「弔う」には人の死を悲しみ悼む意味があり、葬儀・供養・法要を営むことも含みます。 このことから、「お悔やみ申し上げます」には死者に対して悲しみや悼みの気持ちをご遺族に対して申し上げるという意味になります。 「お悔やみ申し上げます」はキリスト教においては避けたほうがいい どの宗教であっても「お悔やみ申し上げます」は使える言葉のように思えますが、キリスト教においては避けたほうがいいでしょう。 キリスト教の死生観は天国に行って、神様の元で永遠の安らぎを得るという考えです。 人が死ぬことは悲しむべき出来事ではないので、悼みの気持ちを伝えるような「お悔やみ申し上げます」といった言葉はそぐわないのです。 「ご冥福をお祈り致します」は仏教や道教などで使われる 次に「ご冥福をお祈り致します」の意味を理解しましょう。 「冥福」とは仏教や道教などで使われる宗教用語で、死後の世界である『冥界』での幸福を表わします。 つまり「ご冥福をお祈り致します」という言葉には、死後の世界で幸福になりますように、お祈りしていますという意味になります。 ただし、この『冥界』という思想はキリスト教などの他宗教にはありません。 また、浄土真宗は臨終即往生という考えから冥界を彷徨ったり心乱れることは在り得ないとされています。 「ご冥福をお祈り致します」は他宗教では使えない 「冥福」は仏教思想から派生している言葉なので、キリスト教などの他宗教では使えません。 また、仏教の中でも浄土真宗は教義の違いにより「冥福」という言葉を使いません。 したがって、亡くなった人の宗教がわからない場合はもちろんのこと、宗教が分かったとしても使えるのは浄土真宗を除く仏教徒のみとなります。 そのため、「ご冥福をお祈り致します」はお悔やみの言葉として広く使うことができないのです。 「お悔やみ」と「ご冥福を」の使い方とは それでは、ご遺族に失礼のないように留意して、正しく「お悔やみ申し上げます」と「ご冥福をお祈り致します」という言葉を使うにはどのようにすればいいのでしょうか。 また、「お悔やみ申し上げます」と「ご冥福をお祈り致します」のどちらかを使ってはいけない場合、どのような言葉に置き換えれば問題ないのでしょうか。 それぞれ確認しましょう。 ご遺族への心遣いを大事にして使う 「お悔やみ申し上げます」はキリスト教以外で使うことができ、ご遺族への挨拶だけでなく弔電の文中でも使うことができます。 それ以外の表現を使うならば、弔電の文中で「哀悼の意を表します」としたり、ご遺族に「ご愁傷様でございます」と挨拶するといいでしょう。 一方、「ご冥福をお祈り致します」を用いてご遺族に挨拶するならば、「この度は急なことで驚いております。 故人のご冥福を心からお祈り申し上げます」と、あくまでも故人に対する冥福の祈りを伝えることが、ご遺族への心遣いです。 「お悔やみ申し上げます」「ご冥福をお祈り致します」は宗教によって使い分けてご遺族への心遣いが必要 「お悔やみ申し上げます」と「ご冥福をお祈り致します」の意味と使い方について紹介しました。 このように、「お悔やみ申し上げます」と「ご冥福をお祈り致します」がご遺族によって失礼になる場合があります。 ただ、マナーばかり気にして形式的な言葉を使うと、逆に不自然になりかねません。 だから、あまりとらわれすぎずに自然な言葉でご遺族に哀悼の意を伝えるべきです。 弔問はお悔やみの気持ちを伝えに行くものですから、何の言葉をかければいいのか迷ったときなどは、無難に「この度はご愁傷様でございます」の一言だけを伝えるように心がけましょう。

次の

ご冥福とお悔やみ ご愁傷の違いは?宗教上の適切な使い分けは?

お悔やみ ご冥福

お悔やみの言葉である「ご冥福をお祈りいたします」は、「死後の幸せをお祈りします」という意味を持っています。 「死者が冥土や冥界でさまようことなく、無事に転生できるように」との願いを込めて使われます。 葬儀や告別式といった弔問の場での会話をはじめ、弔電のメッセージなど幅広いシーンで使われています。 ところが、実は「ご冥福をお祈りいたします」はむやみに使わないほうが良いとされています。 それはなぜでしょうか。 「ご冥福をお祈りいたします」は使わないほうがいい? よく耳にする言葉ですが、「故人や遺族の宗教に配慮する」「故人に対してかける言葉である」といった理由から、「ご冥福をお祈りいたします」は使用を控えたほうがいいとされています。 詳しく見ていきましょう。 理由1:故人や遺族の宗教に配慮するため 日本は仏教方式で行われる葬儀が多く見られます。 仏教を信仰している人であれば、弔問時などに「ご冥福をお祈りいたします」というお悔やみの言葉を使っても問題ありません。 ただし、仏教には曹洞宗や日蓮宗、真言宗など代表的な13宗派があり、宗派によって葬儀などの細かな作法が異なります。 13宗派の一つである浄土真宗では、「ご冥福をお祈りいたします」を使いません。 仏教は宗派によって教えが少しずつ異なります。 阿弥陀如来(あみだにょらい)を本尊(礼拝の対象とする主要な仏様のこと)としている浄土真宗には、「疑うことなく信じて念仏を唱えれば、死後は浄土に生まれて仏になる」という教えがあります。 浄土とは、仏様の住む清らかでけがれのない国土のことです。 つまり、浄土真宗を信仰する人たちにとって冥土は死者がさまよう場所であり、死者にとって望ましくない世界と考えられています。 そのため、故人に対して「ご冥福を祈る」ことは敬意を欠く行為にあたるとして使用を避けており、お悔やみには別の言葉を用います。 また、仏教以外の宗教といえば、キリスト教や神道が挙げられます。 キリスト教や神道では葬儀の形式が異なるだけでなく、死者に対する考え方も違いますので、仏教用語の「ご冥福をお祈りいたします」は使わないようにしましょう。 特にキリスト教では、一般的に死を神様のもとに召されることとしています。 そのため、亡くなったことを悔やむよりも、天国での平安を願います。 亡くなった人の信仰していた宗教が神道やキリスト教の場合は、ご冥福などの仏教用語を使用せず、ほかの言葉を用いるのがマナーです。 理由2:遺族に対してかける言葉ではないため 弔問の参列時に遺族と対面した場合に、「ご冥福をお祈りいたします」と声をかけたことがある人もいるかもしれません。 しかし、これは誤った使い方です。 冥福を祈るのは、あくまでも「故人」に対してであり、遺族に向けてかける言葉ではありません。 よって、霊前や棺など故人を前にして「ご冥福をお祈りいたします」と言うのは問題ありませんが、遺族に対しては「"故人の"ご冥福をお祈りいたします」と言葉をかけるのがマナーです。 訃報を受けて弔問したり、弔電を送ったりするときには、故人の宗教や宗派がわからないことのほうがおそらく多いでしょう。 遺族の中には気にする人もいるので、お悔やみを述べる際は「ご冥福をお祈りいたします」に代わる言葉を選ぶことをおすすめします。 「ご冥福をお祈りいたします」に代わるお悔やみの言葉 実際に例文を用いながら、弔問の場合と弔電の場合に分けて、「ご冥福をお祈りいたします」の代わりになるお悔やみの言葉をご紹介します。 弔問の場合 仏教形式の葬儀や告別式では「このたびはご愁傷様でございます」「このたびはお悔やみ申し上げます」などを使います。 なお、キリスト教を信仰する人の場合は「死=神のもとに召される」という考え方があるため、「このたびはお悔やみ申し上げます」もあまり使いません。 遺族へ挨拶する際は「このたびはお知らせいただき、ありがとうございます」とだけ伝えるか、「天に召された(故人名)様の平安をお祈りいたします」「(故人名)様の安らかなお眠りをお祈りいたします」などと述べるのが良いでしょう。 また、神道を信仰する人の場合は、「御霊(みたま)のご平安をお祈りします」「お力落としのないように」などの言葉が無難です。 突然の訃報には誰もが戸惑うもの。 いずれの場合も弔問の挨拶では感情的になりすぎず、その場にふさわしい言葉を述べることが大切です。 弔電の場合 分け隔てなく使える表現 「哀悼の意を表します」「哀悼の意を捧げます」は、相手の宗教・宗派にかかわらず、分け隔てなく使うことができます。 キリスト教を信仰していた人に送るとき 分け隔てなく使える「哀悼の意を表します」のほかに、「安らかなお眠りを心よりお祈り申し上げます」「安らかな旅立ちになりますよう、心からお祈り申し上げます」などの表現を使います。 弔電を打つ際は、「死」などの直接的な表現や忌み言葉も使わないように注意が必要です。 ご冥福の意味を理解して、言葉選びに気をつけよう 現在の日本では、多くの場合、仏式で葬儀が行われます。 とはいえ、同じ仏教でも浄土真宗では教えや作法が異なります。 また、キリスト教や神道を信仰する人もいますので、弔問や弔電の送付においては、各宗教と宗派のマナーにのっとることが大切です。 「ご冥福をお祈りいたします」という言葉は、相手が浄土真宗以外の仏教を信仰していることが確実にわかっていれば使っても問題ありません。 しかし、異なる宗教を信仰している場合や、宗教・宗派がわからないときは、違う言葉を使ったほうが良いでしょう。 弔問時に挨拶する際や弔電を送るときは、遺族のことを考えた言葉選びを心掛けてください。

次の

お悔やみメール》同僚/返信/友達/友人/友人の父/取引先/親戚/例文/文例/上司/返事

お悔やみ ご冥福

「ご冥福をお祈りいたします」の意味は? 「冥」は冥界、つまり死後の世界を意味します。 「冥福」は、死後の世界における幸福となります。 ですから、「ご冥福をお祈りいたします」というのは 「死後の世界で心安らかでいられますよう神仏にお願いします」という、故人に対する言葉になります。 「お悔やみ申し上げます」の意味は? 「お悔やみ」は人の死を悲しみ残念に思うことです。 ですから、「お悔やみ申し上げます」は 「ご家族が亡くなりとても残念です」という、遺族に対する言葉になります。 ご冥福とお悔やみのニュアンスの違い 「ご冥福をお祈りいたします」というのは死後の世界があると信じるからこそ故人に対して出てくる思いやりの言葉であり、宗教心が関係しています。 一方「お悔やみ申し上げます」という言葉は、見えない死後の世界は考えず、残された遺族の胸中を察する言葉であり、宗教心は無関係です。 その他の言葉について 「ご愁傷様でございます」の意味は? 「愁傷」は悲しむことを意味します。 「ご愁傷様でございます」は、 「家族が亡くなり辛いでしょう、お気の毒に」という遺族に対する言葉です。 「哀悼の意を表します」の意味は? 「哀悼」も上の3つと同様に、 「亡くなった方を思うと悲しくて胸を痛めています」という遺族に対する言葉ですが、他の3つと大きく異なるのが、 主に弔電等の文章中で使うということです。 【まとめ】 言葉の対象者と噛み砕いた意味については以下のようになります。 使えない代表的な宗教宗派としては、 キリスト教や 浄土真宗があります。 この理由は、冥福の「冥」、つまり死後の世界である「冥界」の解釈にあります。 多くの仏教では「死後四十九日間は霊として現世に留まっており、四十九日供養までに功徳を積むことで成仏し、極楽浄土(冥土)へと渡るとされています。 ここで無事に極楽浄土へと渡れるように、ということで「ご冥福をお祈りいたします」という言葉になるのです。 ですが、 ・キリスト教では神のご加護により天国に行ける ・浄土真宗では阿弥陀如来の導きにより直ぐに極楽浄土に行ける(=即身成仏) というような考え方なので、冥福を祈る必要がないのです。 ご冥福の悪いイメージとは? また、細かいことを気にする人の場合は 「『ご冥福をお祈りいたします』は宗教を問わず、けしからん!」 という見解もあるそうです。 これは、冥土という場所が、仏教の解釈では幸せなイメージのある、いわゆる「天国」でなく、とても暗くて冷たい、穢れた世界(地獄)だからです。 (正式には「三悪道」である、地獄界、餓鬼界、畜生界を意味します。 また、神道の解釈でも、「黄泉の国」で死者が落ちる穢れた世界を意味するということです。 ) つまり、この場合の怒りのツボとしては「冥土のような穢れたところに故人の御霊がいると思われるのが不愉快」ということのようです。 さいごに でも、現代社会では「ご冥福をお祈りいたします」という言葉は葬儀における慣用句となっていますし、無自覚で使うケースが多いのですよね。 ですから、キリスト教の場合には葬儀会場の違いから一目瞭然でしょうし、仏教の葬儀でも浄土真宗だと気付いた場合には言い方に配慮した方が良いです。 とはいえ、現実的には浄土真宗と他の宗派の違いを分からない人も多いです。 浄土真宗の葬儀でうっかり「ご冥福をお祈りいたします」と言う人がいたとしても、その人の心から故人を悼む気持ちには変わらないはずですし、指摘するようなものではありません。 要は、故人を悼む気持ちと遺族を労わる気持ちが大切なのです。

次の