ジョエルエドガートン 映画。 ジョエル・エドガートン「スター・ウォーズ」で一躍注目!身長体重、プロフィールは?

ウィル・スミス&ジョエル・エドガートン来日!極寒の中ファンや共演陣に神対応

ジョエルエドガートン 映画

略歴 [編集 ] 出身。 の演劇学校で学び、その後多くの舞台に出演。 1990年代半ばからテレビに出演しはじめる。 1996年演劇学校の友人キーラン・ダーシー=スミスと兄でスタントマンであるらと共に短編映画『Loaded』制作、それを機に ブルー=タン・フィルムズ ()を設立。 2015年公開の『』で長編映画監督デビュー。 VocableLangues. 2019年11月25日閲覧。 Keith BieryGolick 2013年6月7日. Filmmaker Magazine. 2019年11月25日閲覧。 映画ナタリー. 2016年7月7日. 2016年7月7日閲覧。 映画ナタリー. 2016年7月15日. 2016年7月15日閲覧。 Australian Film Institute 2018年9月. 2018年12月1日閲覧。 Filmotomy 2018年12月11日. 2018年12月16日閲覧。 Camerimage International Film Festival 2018年11月. 2018年12月1日閲覧。 外部リンク [編集 ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - (英語).

次の

『ある少年の告白』ジョエル・エドガートン“監督”の魅力!

ジョエルエドガートン 映画

主人公のサイモン(ジェイソン・ベイトマン)は物語開始時点でセキュリティ関係の企業に転職しまして、それに伴い奥さんのロビン(レベッカ・ホール)とともにとある家に引っ越してきたところから物語が始まりますよと。 元々サイモンはこの辺に住んでいたようで、Uターン転職的な感じでしょうか。 都内に引っ越して働いてたけど転職で地元に帰ってきたよ、みたいな。 引っ越し=いろいろ買い揃えないと、ってことで買い出しに行っていたところ、ある男性から「…サイモンだよね?」と声をかけられます。 最初は思い出せなかったサイモンも、「ゴードンだよ」と名前を告げられ記憶を取り戻したようで、「おー久しぶりだなー! 今度遊びに来いよ!」ってな感じでお家にご招待するわけです。 学生時代のお友達だったようで。 それ以降ちょくちょくと玄関先にちょっとした贈り物が置かれていたり、いきなり池に鯉が放流されていたりと「ありがたいけど気持ち悪い」プレゼント攻勢を受けるサイモン夫婦。 ロビンは「いい人よ?」とゴードンをかばうように振る舞いますが、サイモンは「絶対なにか企んでる。 避けるべきだ」と次第に嫌悪感を顕に。 こうしてギクシャクし始めたサイモン夫婦とゴードン。 それでも続くザ・ギフト…! 果たしてゴードンの目的は、そしてサイモン夫婦の命運やいかに…! 予想に反してホラー感薄め みなさん「お前の予想なんて知らねーよ」とお思いでしょうが、きっと予告編やジャケットを観た人たちはもっと不気味でホラーみの強い映画なんだろうと予想してたと思うんですよ。 なんなら僕はもしかしたらグロ映画なんじゃないかと思って事前に「グロくない??」って聞いてましたからね。 ところがグロさは皆無で、精神的な怖さはもちろんあるものの、ホラーというよりはリアルご近所さんトラブル的な至って生々しいお話でした。 むしろ(贈り物に生首入っててイヤー! 的な)ただのホラーよりも全然あり得そうな話なのでそこが良いなと思いつつ、ただリアルが故に大きな衝撃もなく、じわじわと「なるほど…こういう話ありそうだな…嫌だな…」と染みてくるような感じが良くも悪くも地味なので、今ひとつピークがなかったかなぁという印象です。 良く出来てるんだけど面白いかと言われると微妙だな、みたいな。 いやまあ面白かったんですけどね。 ただ後でじわじわ来る系の映画なので、わかりやすく目立った面白さみたいなものは薄く、「初監督・脚本作品なのに随分と渋い映画作ってきたね」というような。 いや渋いっていうのもちょっと違うか…。 でもそんな感じ。 (どんな) まあでもよく自分の役柄を「クラスに1人はいそうなちょっと気持ち悪いタイプ」にしたなって話ですよ。 これ役を(ジェイソン・ベイトマンと)逆にしてたらだいぶ印象が違うし、その辺良い意味で変でいいなと思います。 ジョエル君。 良く出来てるけどもう一つ盛り上がりが欲しい 中盤まではおそらく誰もが「まあ確かに気持ち悪いけどさぁ、かと言ってサイモンはちょっと当たり強すぎるし彼は彼でどうなの」と感じるんじゃないかと思うんですよ。 その辺の種明かしというか、なぜサイモンはゴードンを毛嫌いしているのか…要は過去の話がキーになってくるわけですが、その辺の見せ方、展開の仕方はなかなかお上手で、そこから一気に最後の「そう言う話なのね」と理解するまでの脚本はなかなか良く出来ているんじゃないかと思います。 最後まで観れば「再会」からのゴードンの動きの理由がわかってくるし、それに対してのサイモン夫婦の反応についてもいろいろと思うところが出てくるので、「後からわかったことで全体の理解が深まる」作りも良いですね。 …と振り返れば振り返るほどよく出来てるなと思うんですが、いかんせん今ひとつ盛り上がりに欠けたのは…やはり初監督作ということもあるんでしょうか。 詳しいところはわかりませんが。 とは言え逆に言えば初監督(おまけに脚本まで書いて)これだけのものを作ったんだからやっぱりジョエル君すごいよなとも思うわけです。 見た目の派手さに頼らず、実力勝負な感じの内容だし。 ぶっちゃけジョエル・エドガートンという人は(常に主役を張るような)一線級の俳優とは言えない微妙なポジションの人だと思うんですが、そろそろ性格俳優的に脇役としての重みを増していくのかそれとも…的な状況の中、制作側で実績を積んで生き残っていくというのはなかなかしたたかでおまけによく出来てるしとなると、これはもしかするともしかするんじゃないか、第二の的なポジションに行くんじゃないかという気もします。 もしかすると。 ベンアフはもっと主役よりの人ですけどね。 脚本も書くとなるとさすがにのようにザクザク撮ることも出来ないとは思いますが、脚本も書くからこそひょっとしたら今後すごく重要な作家の一人となる可能性も感じる、そんな一本でもあるかなと。 前から観ている俳優さんが活躍の幅を広げるのは嬉しいし、楽しみが増えて良いですね。 僕も期待したいと思います。 ゴードンはサイモンと再会したことで「復讐してやりたいが一応チャンスを与えてみよう」的に最初は彼の動き方を見てたんでしょうね。 最初っから復讐ありきで動いていたわけではないんでしょう。 たぶん。 やっぱり本当は謝って欲しかったんだと思うんですよ。 謝ってくれれば「サイモンも変わったんだな」って納得できて、そこで終われたんじゃないかなと。 でもサイモンがアレなもんでクズなもんでこうなったぞ、と。 もー最後まで観ると「ザ・ギフト」ってタイトルの素晴らしさが染みますね。 自分の子供か俺の子供かわからない子供を贈ってやるぞと。 これ言わなくても当然ですが相当キツいですよね…。 一生「俺の子じゃないのかもしれない」と思いながら生きていくわけですからね…。 ただ豪邸借りてサイモン夫婦をご招待したところだけはちょっと謎でしたね。 あんなすぐバレるような嘘ついてリスキーなことしなくても良いような…。 もっとも盗聴して自分への感情を探りたかった以上、(出てきませんでしたが)今いるみすぼらしい家に呼ぶよりかは安心させる意味でも豪邸、だったのかな…。 その辺はよくわかりません。 穿った見方をすれば、より「ゴードンは怪しいやつ」感を出すためのミスリードだった気がしますが。 このシーンがイイ! 終盤のネタばらしのシークエンスは見事だと思います。 あと細かい部分ですが、昼のシーンが多いのが良いなと思いましたね。 煽り気味なシーンでも昼っていうのが。 夜で怖がらせるのは安易だぜと。 決定打に欠ける的な。 MVA ほぼメイン3人のお芝居で…どなたも良かったんですが…うーん、この人かなぁ。 ジョエル・エドガートン(ゴードン役) 怪しさ満点の同級生。 まあ本当に上にも書きましたが、初監督作品でようこんな怪しい役をやったよねという点で良いんじゃないかなと。 役者としてもこっち路線に舵を切るんでしょうか。 その方が幅が広くなりそうな気はする。 いずれにしてもいい感じに気弱そうだけど怪しい人柄が感じられる良い演技だったと思います。 2020年6月14日 カテゴリー• アーカイブ化•

次の

ウィル・スミス&ジョエル・エドガートン来日!極寒の中ファンや共演陣に神対応

ジョエルエドガートン 映画

2020. flickr. flickr. flickr. wikimedia. jpg 、 ジュリア・ロバーツ、 ジョエル・エドガートン、 ショーン・ペンが、ウォーターゲート事件を題材にしたドラマ 「ガスリット(原題:Gaslit)」に出演することがわかった。 米など複数のメディアが報じている。 ウォーターゲート事件とは、1972年にリチャード・ニクソン再選を図るアメリカ共和党の大統領再選委員会が、民主党本部に盗聴器を仕掛けようとしたことで始まったアメリカの政治スキャンダル。 1974年にニクソン大統領が辞任するまでの盗聴、司法妨害、証拠隠滅などのすべての経過を総称して「ウォーターゲート事件」という。 本作は人気ポッドキャスト『スロー・バーン(原題:Slow Burn)』を基に、ウォーターゲート事件の知られざる物語と、そこで忘れられた人々に焦点を当てた物語だ。 ニクソン大統領の無能でご都合主義の部下や、犯罪行為を幇助・教唆する狂信的な支持者、そして腐敗した組織を崩壊に導いた内部告発者などの姿が描かれるという。 『プリティ・ウーマン』(1990)「ホームカミング」(2018-)のジュリア・ロバーツは、ニクソンに忠実な司法長官ジョン・ミッチェルの妻であり、器が大きくお喋りなマーサ・ミッチェル役を演じる。 マーサはニクソンと同じ共和党派 にもかかわらず、ニクソンのウォーターゲート事件への関与について警鐘を鳴らした最初の人物であり、大統領職の実態だけでなく自身の私生活までも暴露してしまう。 『ミルク』(2008)の ショーン・ペンは、その夫で司法長官のジョンを演じる。 ニクソンの親友で、彼から最も信頼を置かれるジョンは、神経質で口が悪く、冷酷でありながらも 妻に入れ揚げる。 ところがジョンは、マーサと大統領のどちらかを選ぶことを余儀なくされてしまう……。 『コードネーム U. 』(2015)『君の名前で僕を呼んで』(2017)のアーミー・ハマーは、ホワイトハウスの法律顧問ジョン・ディーンを演じる。 ディーンは自身の野心を捨て、大統領を守るために嘘をつくことが出来るのかと葛藤する。 『スター・ウォーズ』オーウェン・ラーズ役やNetflix映画『キング』(2019)のジョエル・エドガートンは朝鮮戦争の退役軍人で元FBIエージェントのジョージ・ゴードン・リディ役に扮する。 特別調査ユニットで指揮官を務めるジョージは、最高機密文書(ペンタゴンペーパーズ)の流出後、厄介なリークを未然に防ぐことを任務としていた。 製作総指揮はジョエル、ナッシュ、ジュリアのほか、「MR.

次の