ハンド ジェル アルコール 度数。 東亜産業(TOAMIT)のハンドジェル【アルコール濃度や効果は?】

アルコール入り手の消毒ハンドジェル!アルコール配合率50%じゃコロナに効果なし??

ハンド ジェル アルコール 度数

リンク 東亜産業 TOAMIT 東亜産業 TOAMIT というOEM・ODMの企業が販売している衛生用品。 ざっくり言うと、他社から依頼を受注し自社工場を使って製品を企画~販売、若しくは企画以外の部分から販売まで行っている企業であるという事。 その為、自社工場では基本他社から依頼を受け製造、依頼された会社のブランドで販売しているという事になります。 他者からのメリットとしては自社工場を持たない会社からするとコスト面を鑑みて、作って貰った方が安くつくので東亜産業に依頼しているという事でしょう。 東亜産業 TOAMIT 独自ブランドのアルコールハンドジェル そんな受注主体の会社でありながら独自ブランドとして販売している商品がこのアルコールハンドジェル。 冠名に【TOAMIT】という名が付いている完全自社製造自社製品となっております。 もちろん純日本産のアルコールハンドジェルとなっています。 【注意】東亜産業 TOAMIT アルコールハンドジェルに中国産の商品がある! 東亜産業 TOAMIT のアルコールハンドジェルは日本産でもちろんパッケージには 【安心の日本産】と言う表記があります。 しかし詳細は明かされていませんが外観は同じなのに 【中国産】の類似品が存在します。 コチラには【安心の日本産】という表記は無いですが、何となく不安なので、この類似品には注意しておきましょう。 おおよそ国内での生産が追い付かなくなっている状況下の為、中国産が散見するようになったのだと思われます。 リンク 東亜産業 TOAMIT アルコールハンドジェルの成分表 まず初めに東亜産業 TOAMIT アルコールハンドジェルは除菌や消毒と言う文言は使用していません。 これは医薬部外品か化粧品かの違いとなります。 医薬部外品でなければ法律上 【除菌】【消毒】など効果が有る文言の使用は出来ません。 コチラの東亜産業のアルコールハンドジェルはアルコール洗浄タイプの化粧品として販売されてあります。 たとえ医薬部外品で無いにしてもアルコール製品が除菌や消毒に効果が有るものである事には変わりありません。 ただ医薬部外品でも 『新型コロナウイルスに効果アリ!』という文言を使っているアルコールハンドジェルの商品はありません。 マスクと同様に【リスクを軽減できるモノ】と言う感覚で使用して頂く方がいいと思います。 東亜産業 TOAMIT アルコールハンドジェルの成分表• エタノール=主成分・濃度により除菌殺菌効果アリ 濃度56~59%程度• 水=希釈の為使用• グリセリン=保湿剤の役割を果たす• カルボマー=粘土調整用・化粧品などに用いられる• TEA=ph調整剤• メチルパラベン=防腐剤• フェノキシエタノール=防腐・殺菌剤• EDTA-2Na=調整剤 リンク 東亜産業 TOAMIT アルコールハンドジェル500ml 本体サイズ高さ208㎜幅67㎜で500ml入りの大容量サイズ。 持ち運び用と言うより据え置き用としての仕様に向いたアルコールハンドジェルです。 家庭に消毒・除菌対策として安価でお手頃なアルコールハンドジェルです。 アルコール含有量は60%未満という事で除菌・消毒効果に少し疑問を持ちます。 60%以上ならばガンガン購入するのに・・・もったいない所です。 やはり悪い評判や口コミには医薬部外品で無い部分、アルコール含有量の少なさから除菌や消毒の文言が無い事などが指摘されています。 この辺りの事を分からない人達からすると文句を言いたくなるかもしれませんがコチラの商品は 医薬部外品では無い!という事を理解して購入・使用しましょう! 東亜産業 TOAMIT アルコールハンドジェル評判口コミや成分を紹介!・・・まとめ 今回は東亜産業 TOAMIT アルコールハンドジェルの御紹介でした。 医薬部外品ではありませんが、今の世界で自宅や外出用バック カバン にアルコールハンドジェルが無いのってどうでしょうか? ・・・不安ですよね? そんな不安を少しでも解消する為のツールとして安価で入手出来て非常に有効な商品だと思います。 マスクも100%ウイルスを防ぐなんて事はありません。 あくまでもウイルス侵入の可能性を低減させるツールとして身に着けるモノ。 東亜産業のアルコールハンドジェルもウイルス対策の1つとして、常備しておく事を意識するツールとして使用して頂けたらと思います。

次の

アルコールジェル・消毒液のおすすめ人気ランキング7選【手指の洗浄にも!】

ハンド ジェル アルコール 度数

こんにちは。 Jewelです。 東亜産業 TOAMIT のアルコール洗浄ハンドジェルのアルコールの度数が70%以下であるといった情報や、コロナに効果がないといった情報を見かけたことがないでしょうか。 多くの方が今、コロナ対策として消毒液を購入される理由が多いかと思いますので、「コロナ」の不活化(死滅)に有効かどうかが重要になってきますよね。 東亜産業の商品は、ハンドジェルだけではなく、空間スプレーや「ポケクリン」といった手指の洗浄、ハンドソープなど沢山あります。 コロナ禍で、アルコール商品や消毒用の商品が品薄になってよく見るようになったのが東亜産業の商品かと思いますので、多くの人が効果などが気になっているのではないでしょうか。 「効果がない」といった口コミを見たので、大学研究や実験を調べると、コロナ不活化の効果が検証されていましたので、こちらで解説したいと思います。 東亜産業のハンドジェルのアルコール濃度やコロナ効果は? 東亜産業のハンドジェルのアルコール濃度 東亜産業のハンドジェルのアルコール濃度は56~59%です。 東亜産業のアルコールの濃度は商品自体に明確に表記されていませんが、56~59%とAmazonのショップには書かれていました。 50%以上という事であればコロナの不活化に有効の可能性がありますね。 ただし、接触時間が1分以上となるので、こちらの消毒液を1分以上手指にも見込むのが大事です。 実際、東亜産業のハンドジェルの効果は? そもそも、東亜産業のHPで、 弊社としましては、販売当初から、 弊社ハンドジェルが「新型コロナウイルスに対する効果がある」という表示は一切行っておりません(新型コロナウイルスに効果があるかどうかは、現時点では他社様の多くの商品と同様、確認できておりません)ので、小売店様、販売店様におかれましては、新型コロナウイルスに効果効能があるかのようなコピーや広告は控えていただきますようお願いいたします。 引用元: と書かれています。 そして、 こちらのハンドジェルは化粧品として販売届を提出しており、医薬部外品ではないとのことです。 ちなみに、 ビオレuの手指の消毒液や手ピカスプレーは医薬部外品です。 化粧品と医薬部外品の違い 医薬部外品は医薬品に準ずるもので、特定の目的に対してアプローチできる有効成分が配合されていることを厚生労働省に認められています。 ここが化粧品とは違う点で、医薬部外品は主に予防を目的とし、化粧品は美化や清潔を目的に使用するものと考えるとわかりやすいでしょう。 化粧品:清潔や美化が目的。 作用が緩和 医薬部外品:一定の予防効果を厚生労働省によって認められたもの という訳です。 結果、東亜産業のハンドジェルは アルコール濃度はコロナ不活化の効果が期待できるものですが、医薬部外品ではなく、製造会社も「コロナに効果がある」とは言っていないというのが現状です。 東亜産業のハンドジェルはどうなの? アルコールの濃度が50%を超えている商品は、アルコール関係の商品が品薄な中で私自身としては購入対象になりました。 ただ、こちらの商品自体は「医薬部外品」としての登録はされていないという事ですし、コロナへの効果はわからないということなので、個々人の判断での購入になるといったところでしょうか。 また、アルコール濃度が気になる場合、しっかり購入時に確認しましょう。 確認できない場合は購入すべきではないですね。 他の商品が手に入らない、他の商品も似たり寄ったりという場合は、「医薬部外品」なのかとか、アルコール濃度をしっかり確認すると良いかもしれませんね。

次の

日本製?東和化粧品アルコール系ハンドジェル25mlなどの口コミ評価

ハンド ジェル アルコール 度数

ご存じのように「ウイルス」と「細菌」はぜんぜん異なるものです。 今回の新型コロナウイルスは 従来のコロナウイルス SARS、MERSを含む やインフルエンザウイルス、 またヘルペスやエボラや日本脳炎などのウイルスと同じ 『エンベロープ』を持つウイルスの類に含まれるもので 『エンベロープ』とは単純に言うと ウイルスの最も外側の「膜」であり この膜はタンパク質 =脂質 でできています。 タンパク質 =脂質 でできているため、 アルコールによる消毒やせっけんによる手洗いで その膜が容易に破壊されてしまうためそれらのものが非常に有効なわけで、 それと同様に 我々の手の表面 皮膚 もまたタンパク質 =脂質 でできているため 副作用として手荒れなどの原因となってしまいますが それこそがウイルスに対して「効果を示している」表れでもあるわけです。 ちなみに、アルコールハンドジェルでは アルコールに加え、 ヒアルロン酸ナトリウムやプロピレングリコールなどの保湿剤が 添加されているため手荒れが起きにくくなっているのです。 それと同様に、よく気休め程度、やった感だけで スーパーなんかの出入り口に置かれているアルコールスプレーを 少量塗布してる人がいたりするのをよく見かけますが それもまた十分な効果はありません。 アルコールハンドジェルが品薄で 市販のキッチン用アルコールを代用して手指消毒をすることもできますが その場合では保湿剤が添加されてないため 先にも話したようによく手荒れが起こる場合があり、 ご自身が普段使用しているハンドクリームなどで 消毒後にケアすれば、手荒れは幾分緩和できるものと思います。 今回の新型コロナウイルスでは、 証拠、根拠、裏付けの示された出所のしっかりした情報でないと 場合によっては命にかかわるものですので くれぐれもご注意ください。 長文にて失礼をいたしました。 ただし、アルコール濃度が低いと除菌に時間がかかります。 実はアルコールによる除菌はアルコール濃度が高い場合と低い場合で除菌の仕組みが違うんです。 アルコール濃度が高いとウイルスや細菌を直接破壊できます。 しかし、アルコール濃度が低いとウイルスや細菌を変質させて非活性化するので除菌に時間がかかるのです。 逆に言うと時間がかかるので、手指の消毒にはむいていないということです。 残留物のこともありますしね とりあえず、そのハンドスプレーのアルコール濃度を調べてみてください。

次の