ミニマ リスト きき。 ミニマリストきき

ミニマリストの持ち物リスト!必需品はこれだ!|shimashima's minimumlife

ミニマ リスト きき

もくじ• 食卓がオシャレにならない理由 何度も試行錯誤しながら、いい方法がないか繰り返しているうちに気づいたのです。 これは料理の方が問題なんじゃない・・・っ! 問題はお皿だっ! と。 その当時は実家にあるお皿を使っていましたが、いろんなところでもらった記念品のお皿とか、親が買ったお皿とか、自分で買ったお皿が混在していました。 ひとつひとつ見ると問題はないんですけど、 並べて使うとそれぞれテイストが違います。 小鉢は和風なのに、平皿は洋風、みたいな感じになっちゃうんですよね。 ぼくは テイストの違うものとか、物をいっぱい並べて統一感を出すとかがとても苦手なんですよ。 参考: ああいう感じにうまくまとめるのがとても苦手です。 「ただ雑多」 になっちゃう。 ですので、家にあった食器を組み合わせて盛り付けても 何かどんくさい雰囲気から抜け出すことができませんでした。 センスのない人が食卓をオシャレにする方法 まず一番はじめにやるべき事。 それは 銀行とかお店の記念品とかでもらったお皿を含め、すべて食器棚から出す! これ超重要。 出した食器は一度封印しましょう。 いや、むしろ 封印したら2度と使わないと思うので、ブランドの食器などは などでお皿を買い取ってもらうと部屋も片づくし、資金もできるのでなお良いですね。 そして空になった食器棚を拭いて清潔にし、 シンプルなデザインで、同じシリーズの器をそろえる! 以後は 固い決意を持ってそれ以外の食器は棚に置かない!! これがベストだと確信しています。 絵のついたお皿とか、作家さんの器とか、いろんな形のお皿を組み合わせておしゃれにするのは 難易度高すぎィィィ! ・・・いやまぁセンス良く組み合わせて使える人は好きなようにやってくれればいいんですよ。 でもぼくは絵柄があると ふと飽きちゃう感じがするのと、 自分のセンスを信用していないので、ど定番、そしてどシンプルなものを使うことにしました。 もうね、 センスのない人はこれしかない。 シンプルなお皿を選ぼう。 なぜ全部出して一度に揃えるかというと、お皿って 1回使い出すと何回も買い換えたりはしないものだからです。 ほとんどの方が家にある食器を、意識せずに何年も使うと思います。 なぜかオシャレにならないって方は 雑多な種類のお皿のまま、結局ずっと使い続けているからなんですよね。 もちろん「今まで使っていたものがあるのに買いそろえるなんてもったいない!」という気持ちはわかります。 ですが 一度だけ総入れ替えで揃えることで、 その後何十年もきれいな状態で使うことができるのです。 お皿を組み合わせるセンスのない人にはTEEMA ティーマ がオススメ。 ここ10年以上ぼくは同じお皿をメインに使ってきました。 それが北欧の食器ブランド 「iittala イッタラ 」のTEEMA ティーマ シリーズ。 北欧系インテリアの好きな人にはおなじみの ど定番のお皿です。 インテリアショップの人にもよく勧められたし、雑誌でも頻繁に取り上げられています。 しかし最初このお皿を買う時にぼくは何がそんなにいいのかわかっていませんでした。 だってただの白いお皿やん。 ですが実際に料理をのせてみたり、生活の中で使ってみるとそのサイズ感とデザイン、手に持った感じや使い勝手の良さで多くの人に愛される理由がわかりました。 TEEMA ティーマ の万能っぷり。 TEEMA ティーマ にはいろんなサイズのプレート、ボウル、マグカップなどがあり、どのサイズや色を組み合わせても相性がよくなるようにできています。 食器の色味が綺麗なのと、形がシンプルなので洋食・和食・家庭料理でも メニューを選ばず何を盛り付けても小綺麗になります。 TEEMA ティーマ はオシャレなだけじゃない。 冷凍からオーブンまで対応!! このお皿はデザインだけじゃなく、 性能も優れています。 電子レンジはもちろん、食洗機にも対応しているので洗うのも簡単です。 一度に何枚か使う時も 形状が揃うので、食洗機に並べた時にもビシッと綺麗に収まります。 ちょっと果物を凍らせるとか、こどもがアイスを食べ残した時に お皿のまま冷凍庫にいれても大丈夫。 グラタンやドリアなどオーブンを使った料理を作る時には、このお皿で チーズをのせて直接オーブンへ、なんてことも可能です。 TEEMA ティーマ は買い足しがしやすい。 ぼくがはじめてTEEMA ティーマ を買ったのは今から10年以上前。 結婚するより前の話ですが、一人暮らしの時に最初の3枚 マグカップ・ボウル21cm・プレート21cm を買い、その 3枚のティーマ以外は使わないというルールでスタートしました。 それまで家にあった他のお皿は箱に入れて封印。 以後、結婚したりこどもができたり、家族が増える度に少しずつ同じティーマシリーズから必要な枚数を買い足していくことに。 同じシリーズだと重ねて収納できるし、色味もサイズも揃っているので 新しいものを買うときにも迷う必要がありません。 よくある失敗が、 引き出物のカタログギフトなんかでセットのお皿をもらっちゃうパターン。 もらった時はきちんと揃ってるものの、割れた時に買い直したり、買い足したりするときに同じ物がなかなか手に入らないんです。 そうなると 違う種類のお皿が増えて、また雑多なごちゃごちゃルートに入ってしまうのです・・・。 TEEMA ティーマ は基本的に頑丈なお皿なのですが、さすがに落とすと割れます。 しかし、買い直す時にもシリーズがわかっているのと補充がしやすいのです。 でも一気にTEEMA ティーマ で揃えるのは高いよ・・・て方にはこれ。 ぼくは10年ぐらいかけてぼちぼち買いそろえたので負担は少なかったですが、 一気に揃えるのは確かにキツイ。 一気に揃えろと言っておいてなんですが。 そこでもう少しお手頃価格でオシャレなお皿を見つけたのでそちらも紹介しておきます。 それが西海陶器のCommonシリーズ。 センスがない人が食卓をオシャレにする方法まとめ 食器は一度揃えるとほとんど買い換えないという性質上、 どれを手にとっても同じテイストのお皿になるってシステムを作ることで 自動的にオシャレになります。 そのためには 優れた品を見極めて、余計な物を買わないということ。 雑誌にのってるような生活をしてみたい=何でもお金をかけて贅沢するということではありません。 ポイントになる部分をおさえて、 大事に長く使えるものを選ぶということ。 そして それを大事に使うと言うこと。 ほんと最初に買ったものは10年以上使ってますけど色落ちやヒビ割れなどもなく気持ち良く使えています。 右上はソーサーをまとめてあるので除外 余計なものがなかったら片付けもしやすいので、効率もよくなりますよね。 結局のところ白が使いやすいです。

次の

ミニマリスト(30代男性) 人気ブログランキング

ミニマ リスト きき

CONTENTS• 絶対持っている物リスト 貴重品 ミニマリスト上級者を、ミニマリストの中では 極限の人という呼び方をします。 あるブログで、極限の人に「絶対いるものはなんですか?」という質問をしたところ、「 免許証とキャッシュカード。 」という答えが返ってきた、という記事がありました。 レベルが違いますよね。 服 社会で生活する以上、服は必需品になります。 裸で外出するわけにもいきませんから。 服の選び方は、ミニマリストそれぞれによって傾向が分かれるようです。 関連記事 歯ブラシ 身だしなみにおいて、ミニマリストの必需品はなんでしょうか。 洗髪は湯シャン、洗顔は水のみであろうとも、歯は歯ブラシがなければ磨くことができません。 昔の人は、 房楊枝(ふさようじ)という小枝を加工したものを使用していましたが、現代は歯ブラシ一択でしょう。 nifty. htm 持っていない物リスト 普通の暮らしを送っている人にとって、必需品じゃないの?って思われるものを、彼らは当たり前のように持っていなかったりします。 今度は、ミニマリストが持っていないものをみていきましょう。 冷蔵庫 食をすべてアウトソーシング(外食)で済ませているミニマリスト上級者には、冷蔵庫は必要ないようです。 洗濯機 手洗いとコインランドリーを使い分けています。 寝具 寝袋という軽量型はあれど、必需品では?と思ったのですが、 ホテル暮らしであればいりませんね。 ミニマリストは、このような部屋に対して、 好意的な反応をみせます。 彼らは、 なにもないことの美しさを知っているのです。 物を手放すことで生まれる余白を、思いっきり楽しめるのです。 そんな、身軽でタフなミニマリストが目指す状態とは一体なんでしょうか。 管理人の個人的な感想ではありますが、 ミニマリストが目指しているのは、物に左右されない 本当の豊さのようなものだと思います。

次の

ミニマリスト御用達「エアリーマットレス」の使い心地

ミニマ リスト きき

ミニマリスト御用達「エアリーマットレス」が我が家に そんな時、さんから、モニターのお話をいただきました。 モノを増やしたくない私にとって、モニターのお話がきても、いままでお受けしてことが無かったのですが、以前から興味がある商品がにあったので、お受けさせていただくことに。 「ミニマリスト」を流行語まで押し上げたベストセラー『ぼくたちに、もうモノは必要ない。 』の著者、佐々木典士さんが使っている「」。 こちら、伝説のミニマリストと呼ばれる(?)肘さんが、使っていて、広まったものです。 「極限」「ミニマリスト」語を派生させた、肘さんのブログ。 には、厚みが5cmのものと9cmのものがあります。 商品選びで迷い、アイリスの担当者様に直接フローリングに敷いて寝ること、壁に立てかけて収納したいことなどを相談すると、「9cmのものが良いのでは」と丁寧なアドバイスをいただきました。 厚みが5cmのものは、立てかけた時に少したわむかもしれない、そして9cmの方がフローリング直敷きに適しているとのこと。 2通りの寝心地 さっそく送られてきた「」。 シーツをかけて立てかけたところ。 「ハイブリッド」は、表と裏で素材が違う「冬夏両用」。 片面は、「夏バージョン」の、オリジナルの通気性の良いオリジナルのの充填に、表面はメッシュで風通しが良さそうな素材。 もう片方は、「冬バージョン」の、ウレタンの充填に、側生地表面は、暖かそうなキルティングの素材です。 送られてきた時にはまだ3月末で、まだ寒い日もあったので、まずは「冬バージョン」で次男と私が寝てみました。 「」は通気性が良すぎて、冬は寒いというレビューを見かけましたが、このハイブリッドタイプは、寒すぎる感じはありません。 敷きパッドなしで、リネンのシーツを直接敷きましたが、スースーする感じはありません。 モノを増やしたくないので、別途敷きパッドを持つ必要がなさそうなのは嬉しい限りです。 キルティングのふわふわした感じと、ウレタンの適度な柔らかさのため、すこしだけ体が沈み、体を下から暖かく包んでくれるようです。 柔らかいといっても、9cmもある厚みのためか、底付き感は全くありません。 寒い時は夜中に目がさめると言っていた次男も、朝までぐっすり。 日増しに暖かくなり、今度は反対側の「夏バージョン」を試したくなりました。 簡単に裏返して、フィットシーツをさっとかけるだけ。 「夏バージョン」のこちらは、横になっただけで、より涼しいのがわかります。 こちらの生地のほうが、よりエアリーマットレスの「高反発感」が感じられます。 「冬バージョン」が「包み込む」感じなら、こちら「夏バージョン」は、「宙に浮いている」感じ。 蒸し暑い時期はまだですが、これなら暑がりの次男も、より快適に寝られるはず。 ちなみに、他の方のレビューで「パリパリと音がうるさい」とありました。 足で踏むと、たしかに音がしますが、横になったり、寝返ったりする分には、全く気になることはありません。 軽いから上げ下ろしがラク! この商品のもっとも優れているところは、その「軽さ」。 他社の高反発をうたった商品も持っていますが、それがシングルで重量7kgを超えるのに、は5. 3kg。 この差は、毎日の布団の上げ下げをするのに重要な違いです。 特に、我が家では子どもに使ってもらうつもりだったのでなおさらです。 普段はマットレスを敷きっぱなしだった二男が、注意しなくても自主的に布団を上げてくれるようになり、大助かり。 ちなみに、次男はこういうたたみ方。 すると、こうして引き出すだけで、 さっとを敷くことができます。 力のない子どもでも、気軽に上げ下げできます。 次男の部屋には、布団のための収納がありませんが、コンパクトに畳めるので、そのまま置いていても邪魔になりません。 掛け布団は、いまのところ、赤ちゃんの頃キャリーとして使っていた大きなカゴに入れています。 梁の間にすっぽり収まっているので、お友達が遊びにきても部屋で遊ぶことができます。 子ども部屋、4畳なんて狭すぎるかな、と思っていましたが、コンパクトで上げ下げしやすいお布団に変えたら、小さな部屋でも十分でした。 くつろぐ時も、さっと出して使っています。 すのこマットは、知人に声をかけると、幸いにも、すぐに引き取り手が見つかりました。 今使っている布団を有効活用したい場合は、すのこマットは優秀です。 ベッドにはない布団のメリット コンパクトに収納できる布団は、小さな暮らしに最適です。 シングル布団の収納には、0. 25畳ほどの収納スペースが必要ですが、ベッドを置くとなると、周りの回遊スペースを含めると約3畳必要。 その差は、1台当たり2. 75畳(4. この考察は拙書「3人子持ち 働く母の モノを減らして 家事や家計をラクにする方法」に詳しく記しています。 ベッドから布団の生活に変えるだけで、部屋は小さくても、実質広々と暮らすことができます。 また、布団だと、寒い時期は窓から離れた場所に布団を敷いたり、暑いときには風通しの良い場所に移動したり、家族が病気になったらリビングに移して看病したり、柔軟に置き場所を変えられます。 以前は、布団を干す場所がない、手入れが面倒、昭和なかんじで古臭いと思われていたお布団。 でも、のように、「干さなくていい」「立てかけて収納できる」「上げ下げが楽」「家で丸洗いできる」高機能布団マットレスを使うことで、小さな住まいでも、干すスペースや時間が無くても、ゆとりを持って暮らすことができます。 のサイトはこちら。 メンテもラク。 掃除もラク。 部屋も小さくていい。 引越や廃棄もラクで安上がり。 ベッドの生活は、身体が悪くなるか、海外生活になった時にまた考えます。 リビング横、写真奥の4. 5畳の主寝室ではいつも夫婦と三男、3人で寝ています。 布団なら、小さな部屋を広く使うことができます。 持ち物のサイズをコンパクトにすると、同じ広さでも居住スペースを確保して広々と住まうことができますね。 そして、その効果は、ベッドやソファなどの大型家具を見直すと、絶大です。 我が家には、これでムアツ布団、マニフレックス、エアリーと3種類の高機能マットレスが揃いました。 ちかいうちに、比較レビューしたいと思っています。 今のところ、エアリーはまだ2カ月しか使っていないので、耐久性は不明ですが、 耐久性が良ければ、エアリーがもっとも軽く、洗えて、扱いやすいです。 シンプルな暮らしの参考になるブログテーマはこちら。 cozynest.

次の