放課後等デイサービス 北海道。 北海道の放課後等デイサービス一覧【LITALICO発達ナビ】

札幌の放課後等デイサービス天使のわ

放課後等デイサービス 北海道

ブレインジム&ビジョントレーニング 講師:原田明美 ブレインジムは、体を動かすことで、脳と体と心が繋がり、生活や学習する能力を発揮しやすくなる簡単なエクササイズです。 不安な気持ちも和らぎ前向きな気持ちにもなります。 ビジョントレーニングと合わせて行うことで、体を動かしながら、楽に目を使えるようになり、より効果的に「視覚を育てる」ことができます。 目は、見るだけではなく、バランス感覚や空間認知にも関係しています。 注視する、動くものを追う、手と目を協調させて使う、遠近感を育てるには、視力だけでなく「視覚」が育つことが必要になります。 視覚は、感覚、知覚、認知、行動に関わり、コミュニケーションや忍耐力、意欲にまでつながっています。 「体の発達の土台」があって、「視力」、「視覚の発達」、「社会性の発達」となります。 目を育てることで感覚、感情、思考、行動がつながる。 やりたいことがスムーズにできるようになる=発達する ブレインジム、ビジョントレーニング、発達運動を専門とする原田が担当しますので、心の安定、生活、学習のベースとして、この機会にぜひ、ご参加ください。 天使のわは、視覚療育特化型放課後等デイサービスです。 天使のわは、JoyVision代表北出勝也先生のご指導のもと、2017年5月「視覚療育特化型放課後等デイサービス」となりました。 現在、ビジョントレーニングトレーナー6名が在籍し、子どもたちの療育、学習支援にビジョントレーニングを取り入れています。 また、「視覚と運動感覚の連動の問題」をふまえて、ビジョントレーニングだけではなく「ブレインジム」も取り入れています。 ブレインジムは、発達支援が必要な子どもたちの為に、天使のわ開設当初から取り入れており(ブレインジムトレーナー原田先生担当)ビジョントレーニングの効果を更に高めるものと確信し相乗効果を生んでいます。 *サービス利用料金(厚生労働省の定める額)のうち、1割を負担していただきます。 また、収入等により月の利用料金負担に上限額が設定される場合があります。 詳細はお住まいの区役所にお問合せください。 *サービス利用料金とは別に、養育材料費としておやつ、軽食代、学習プリント、雑費として、1回利用ごとに200円が必要になります。 *夏休み、冬休みだけの利用も可能です。 *無料体験ができます。 *送迎はありませんので、各自で通所していただきます。 *ご利用までの流れ 1.天使のわへお問合せください(無料体験、ご要望など) 2.無料体験や見学時にデイサービスの内容をご説明いたします。 3.受給者証をご持参いただき、契約の手続きを行います。 4.サービスの利用を開始します。 受給者証をお持ちでない方は、お住まいの区役所の障がい福祉課に申請して取得します。

次の

旭川の児童発達支援・放課後等デイサービス げんきファクトリー

放課後等デイサービス 北海道

げんきファクトリーの3本柱(理念) 1,体力をつける(集中して学習したり、家族や友達と楽しく生活をおくるための力) 発達に偏りや遅れなどの心配のあるお子さんに、困り感が少なくなるような活動を行います。 また、姿勢の保持や集中力など学習や生活をするための体力作りも行います。 2,自主性をつける お子さんの得意なことを指導員がつかみ、それぞれにあった形(個別・集団)で取り組みます。 興味・関心の あることを深め拡げていくことが、新しいことにも挑戦しようとする意欲や自主性を育てます。 3,社会性をつける 遊びや運動を通して、ルールや約束などを守ることを知り、小集団で活動できるようにします。 同世代(子ども同士)や指導員とのやりとりを通して、コミュニケーション能力を伸ばします。 全体では、正職員10名、非常勤2名です。 (内20代~30代が9名と活気があリます。 2,ICTの活用 今年度新たに2台のノートパソコン、5台のIpadを導入し、情報管理の効率化を図り支援の質の向上に努めています。 3,正職員への任用・研修の充実 正職員への任用を図り(前年度4名)、個々の指導員の意識を高めるとともに、内外の研修に参加することにより、多様な支援方法の習得や資格の取得を促進しています。 (ABAセラピスト、PECS、リズムジャンプなどの研修会参加、児童発達支援管理者研修、相談支援従事者研修など).

次の

札幌の放課後等デイサービス天使のわ

放課後等デイサービス 北海道

ブレインジム&ビジョントレーニング 講師:原田明美 ブレインジムは、体を動かすことで、脳と体と心が繋がり、生活や学習する能力を発揮しやすくなる簡単なエクササイズです。 不安な気持ちも和らぎ前向きな気持ちにもなります。 ビジョントレーニングと合わせて行うことで、体を動かしながら、楽に目を使えるようになり、より効果的に「視覚を育てる」ことができます。 目は、見るだけではなく、バランス感覚や空間認知にも関係しています。 注視する、動くものを追う、手と目を協調させて使う、遠近感を育てるには、視力だけでなく「視覚」が育つことが必要になります。 視覚は、感覚、知覚、認知、行動に関わり、コミュニケーションや忍耐力、意欲にまでつながっています。 「体の発達の土台」があって、「視力」、「視覚の発達」、「社会性の発達」となります。 目を育てることで感覚、感情、思考、行動がつながる。 やりたいことがスムーズにできるようになる=発達する ブレインジム、ビジョントレーニング、発達運動を専門とする原田が担当しますので、心の安定、生活、学習のベースとして、この機会にぜひ、ご参加ください。 天使のわは、視覚療育特化型放課後等デイサービスです。 天使のわは、JoyVision代表北出勝也先生のご指導のもと、2017年5月「視覚療育特化型放課後等デイサービス」となりました。 現在、ビジョントレーニングトレーナー6名が在籍し、子どもたちの療育、学習支援にビジョントレーニングを取り入れています。 また、「視覚と運動感覚の連動の問題」をふまえて、ビジョントレーニングだけではなく「ブレインジム」も取り入れています。 ブレインジムは、発達支援が必要な子どもたちの為に、天使のわ開設当初から取り入れており(ブレインジムトレーナー原田先生担当)ビジョントレーニングの効果を更に高めるものと確信し相乗効果を生んでいます。 *サービス利用料金(厚生労働省の定める額)のうち、1割を負担していただきます。 また、収入等により月の利用料金負担に上限額が設定される場合があります。 詳細はお住まいの区役所にお問合せください。 *サービス利用料金とは別に、養育材料費としておやつ、軽食代、学習プリント、雑費として、1回利用ごとに200円が必要になります。 *夏休み、冬休みだけの利用も可能です。 *無料体験ができます。 *送迎はありませんので、各自で通所していただきます。 *ご利用までの流れ 1.天使のわへお問合せください(無料体験、ご要望など) 2.無料体験や見学時にデイサービスの内容をご説明いたします。 3.受給者証をご持参いただき、契約の手続きを行います。 4.サービスの利用を開始します。 受給者証をお持ちでない方は、お住まいの区役所の障がい福祉課に申請して取得します。

次の