ゴッド バレー 事件。 「ワンピース」ロックス海賊団を考察・解説!正体はDの一族?ゴッドバレー事件とは?

ワンピース考察 ゴッドバレーはラフテルだった?最後のポーネグリフがあった?

ゴッド バレー 事件

こんにちは くろいとりと申します 続々と新情報が明らかになってきている 「ワンピース」 最新話の957話で明かされた色々な新情報は読者を興奮させてくれましたね。 しかし今まで謎だった部分が明らかになると同時に、別の疑問も湧いてくるのがワンピースという作品。 ロックス海賊団という以前語られていた存在がはっきりしてきましたが、彼らが過去で何を引き起こしてきたのかはまだまだ謎が多いです。 流石に2週に渡ってワノ国の外の話が展開されましたし、958話以降にこの辺の謎が一気に明かされるという事もないでしょう。 今回はおそらくワンピースの様々な事件の中でも最大級に大きな事件だったと思われる ゴッドバレー事件 について考えてみたいと思います。 銀斧と王直は既存のキャラなのか? 一つの儲け話の為に集められた個性の集団であったロックス海賊団。 船内で仲間殺しが絶えないほどの凶悪な一味。 以前からカイドウとビッグマムがロックスと関わりを持っているのは分かっていましたが、今回更に白ひげもそこに参加していた事が明らかになりました。 それだけでも驚きの事実でしたが、さらにその他にも大物の名前が続々。 金獅子のシキ 銀斧 キャプテン・ジョン 王直 この中で 金獅子のシキとキャプテン・ジョンは一応本編でも名前が登場していたキャラクター。 やはり気になるのは 銀斧と王直という謎の二人の存在。 映画版での難敵となった超大物の海賊である金獅子のシキと並べて紹介されるという事は相当な実力者である事は間違い無さそうです。 この二人に関してネットでは色々な意見が飛び交っている印象があります。 斧だからというだけの理由で超初期の敵キャラであるモーガンが銀斧なんじゃないかとか。 かつてジャンプ本誌の表紙に後ろ姿だけ描かれたキャラが斧を持っていたのでそうなんじゃないかとか。 ロジャー世代の話になるとよく名前が登場してくるのが、 シャボンディ諸島のシャッキー(シャクヤク) 彼女が王直なんじゃないかという意見も多数みられました。 モーガンはないとしても、表紙の件とか見つけた人は流石ですよね。 その表紙にはその時点ではまだまだ登場していなかったハンコックの後ろ姿も描かれていたようなので、結構信憑性があります。 しかし斧を背負った人物は、ハンコックの他に3人描かれていた内の一人で、おそらく他の二人もこれまでのワンピースには出ていないはず。 しかもそれが描かれたのは連載開始から2年後くらいの大昔の話。 つまりハンコックですらその表紙で描かれてから10年弱寝かされていたようなもの。 流石にこのビジュアルで登場させるという事もないような気がするかも。 とはいえワンピースのキャラってそこまで古臭くならないからありえなくもないかな・・・・。 シャッキーの方も、初登場時から 「ガープに追いかけ回された事がある」みたいな事を言っていたので、結構な大物だったのも間違いないでしょう。 なので王直のシャクヤクみたいな名前で通っていた可能性もありそうな気がしますね。 とはいえ、シャクヤクは 40年くらい前に足を洗ったはずです。 ゴッドバレーの事件は38年前に起きたとの事ですし、ちょっとだけ時期にずれもありそうです。 もちろんこの事件をきっかけに足を洗ったという可能性もあるかもですが。 さらに言えば、 自由を求めていそうな雰囲気のシャッキーがロックス海賊団という群れに入るとも思いづらい気もします。 どっちかと言えばロジャー側とも考えられそうですよね。 レイリーとも仲が良いですし。 ちなみに実際の歴史における 王直とは1500年頃の中国の貿易商人(海賊)だそうです。 日本にもやってきたとの話もあるそうですし、ワンピースでもワノ国にも関係させてくるかもしれませんね。 カイドウがビッグマムに借りを作ったのはこの頃の話? ワノ国編で同盟を組むことになったカイドウとビッグマム。 カイドウはビッグマムに非常に大きな 一生モノの借りがあるのだそう。 ビッグマムと言えばソルソルの実の能力者ですし、その辺が何か関わっているのだろうとか、色々と考えられていますよね。 少なくとも命に関わるレベルの事なんじゃないかとは思われます。 そしてその 借りが生まれた時期がこのロックス海賊団の頃という可能性もありそうですよね。 ロックス海賊団時代はまだ海賊見習いだったというカイドウ。 当然その時点で既に化物レベルの強さはあったとは思われますが、ロジャーやガープとの戦いにおいてはまだ実力不足だったという事も考えられます。 ゴッドバレーの戦いにおいて瀕死に陥ったカイドウをビッグマムが何らかの方法で助けて、それが大きな借りだったという事もあり得るような気がします。 最強の戦力の衝突には謎が多そう 世界最強と呼ばれたロックス海賊団。 そんな彼らを止めることになったのが後に 海軍の英雄と呼ばれる、海軍中将のガープ。 そしてそんな彼に手を貸したのが 後の海賊王ゴールド・ロジャー。 2年前の頂上戦争をも上回る程の戦いだったのは間違いないでしょう。 しかしやはり気になってしまうのが、 ガープ強すぎじゃね?? という問題です。 もちろんこの時点でのガープは 人生で一番強かった時期だと思われますし、 ロジャーもベストな時期だったかもしれません。 とはいえ Dの名を持ち四皇と呼ばれる事になる化物達を従えていたロックス。 白ひげもこの時点でロジャーやガープと同じで肉体的にはベストな時期っぽいでしょう。 そしてまだ普通の女性っぽい体型だった頃(普通の女性っぽくなっていた時期?)のビッグマム。 さらに金獅子のシキ、キャプテン・ジョン、銀斧、王直。 これだけの化物達を相手にしなければならない訳ですよね。 いくら ガープとロジャーがめちゃくちゃ強かった頃だとしても、まともに戦って勝利出来るとも思えないです。 もちろんロジャーにも仲間はいたでしょうし、ガープも海軍の仲間がいたはずでしょうが、それでも難しいでしょう。 真っ向からロックス海賊団を打ち破れたのだとすれば、 更なる戦力が加勢してくれた可能性もありそうな気がします。 他に誰か重要な登場人物がいたとも考えられますが、やはり 一番考えられそうなのは、敵側の白ひげが味方についたパターンでしょうか。 仲間殺しが絶えないようなロックス海賊団は、後に何よりも家族を大事にする白ひげには合わない感じのイメージが強いですからね。 白ひげがグラグラの実の力でカイドウやビッグマムを止めている間に、ロジャーとガープがロックスを仕留めた・・・みたいな展開だったら熱いですよね!! てか軽くでもいいからこの戦い見たいなー!!! ゴッドバレーが消えた理由 天竜人にロジャー、ガープとロックス。 そしてその後名を残すたくさんの海賊達。 それほどの面子が集まっての戦いとなったゴッドバレー事件。 しかしその事件の舞台となったゴッドバレーは地図から消されただけではなく 、実際に島自体が跡形もなく消えてしまっているのだと。 世界政府が隠したい何かが島自体にあったという事。 そしてそんな島に世界の王を目指していたロックスがやって来たという事は、その 隠したい何かというのは余程のものだったと考えられます。 それこそ 空白の百年に関係してくるレベルのものだったりするのかも。 しかし世界の王を目指すロックスにとってそれがそんなに魅力的なものとも思えませんよね。 どちらかといえば 魅力的な武器、古代兵器なんかを手に入れる為・・・とかの方が納得できるでしょうか。 作中では3つの内でプルトンとポセイドンは登場してきています。 しかしまだ残る ウラヌスは出てきていませんし、それが関わっていたとかありえないかなぁ・・。 ゴッドバレーという島自体が跡形もなく消えているという事も古代兵器の関わりを感じさせますし。 てかバスターコールでも島を消す事は出来ない以上、 古代兵器が関わっているのは間違いないんじゃないのかなぁ・・。 まとめ という事で957話の内容の一部であるゴッドバレー事件について考えるだけでも、色々な可能性を考えられます。 歴史から消された程の戦いですし、本当に色々な事が隠されているはずですよね。 この辺りの真実が明らかになるのはまだまだ先になるんだろうとは思いますが、一応ロジャーや白ひげの懸賞金額も明らかになったりしましたし、そろそろ ワンピースという壮大な物語にもゴールが見え始めているのかもしれません。 流石にここから新たな強敵がどんどん出てくるという事はないでしょう。 ワンピースにおけるラスボスが誰になるのかという議論も結構されていますが、今回である程度は絞られたような感じもしますよね。 黒ひげとロックスにも繋がりがありそうですし、 黒ひげラスボス説が強そうな気もしますが、果たしてどうなるのか・・・。 とりあえず958話ではワノ国編に戻るでしょうし、ワノ国編が始まれば相当長い戦いとなっていくはず。 そちらはそちらでもちろん楽しみですし、答えが明らかになるのはゆっくり待つことになりそうですね。 とはいえ、現在 存命している海賊の中で懸賞金額1位と2位であるカイドウとビッグマムを相手にどうやって戦っていくのだろうか・・・。 今回はここまで。 最後までお読み頂きありがとうございました!.

次の

【ワンピース】ゴッドバレーはワノ国?隠蔽された古代兵器プルトンとの関係は

ゴッド バレー 事件

ロックス海賊団は海賊王「ゴール・D・ロジャー」の前の時代に君臨した最強の海賊団でした。 彼らを倒したことでロジャーは最強の座に、ガープは「海軍の英雄」という異名を手にしたといえます。 ロックスの名前が初めて登場したのはワンピース90巻でした。 このとき詳細は語られず、ガープの口から「ロジャーの前は間違いなく奴らの時代じゃった」と語られています。 このときファンの間ではロックスとは「ROCKS(ロックス)」の頭文字(イニシャル)を持つ5人の「海賊同盟」なのではないかと予想されていました。 しかし、これは後に「ロックス・D・ジーベック」という1人の人物であることが判明し、予想は間違いであったことがわかりました。 では、その過去を経て、すでに分かっていることや海賊団のメンバー、今後の考察をしていきましょう。 長い記事になりますので、目次からお好きな部分をご覧ください。 ロックス海賊団船長「ロックス・D・ジーベック」とは? Dの一族であったことが判明!【ネタバレ注意】 ワンピース95巻にて、センゴクの口からロックスの本名が「ロックス・D・ジーベック」であることが明らかになりました。 名前からわかる通り、Dの一族であったことが判明しています。 Dの一族に関しては未だに謎な部分が多いですが、ロックスも世界の秘密に大きくかかわる人物だと思われます。 ロックスの懸賞金は2020年現在明かされていませんが、ロジャー以前の海賊たちの頂点と呼べる存在だったことを考えると、相当に高い額であったことが想像できます。 ロジャーの懸賞金は55億6400万ベリーです。 海賊史上 これより高い懸賞金額は存在しないとのことですが、ロックスはそれに近い懸賞金が懸けられていたと考えられます。 しかし、ロックスはすでに故人であることがセンゴクの口から語られています。 死の理由として考えられるのは前述の「ゴッドバレー事件」でガープまたはロジャーの手で命を落とした、もしくは海軍に捕まり処刑されたということですが、2020年現在、定かにはなっていません。 読者の間で予想されている「王直」と「銀斧」がそれぞれ「シャッキー」、「バッキン」である可能性を考えます。 シャッキーはシャボンティ諸島で 「ぼったくりBAR」の店主をしている人物です。 レイリーと親しくしており、ロックス海賊団の活動時期である「40年以上前」に海賊をやっていたことも本人の口から明らかになっています。 シャッキーは落ち着きがあり、ただ者ではないような雰囲気から、このような予測が立ったものと考えられます。 海軍中将であるガープに追われていた過去や、質問コーナー「SBS」でも詳細を作者が渋っている様子があるので、可能性は十分にあるでしょう。 アマゾンリリーの元皇帝であるという説と重なり、「王直」がシャッキーではないかと考えられています。 一方のバッキンは自称「白ひげの愛人」、七武海のウィーブルの母親として登場しています。 かつて白ひげと同じ船に乗っていたということはマルコの口から明らかになっています。 しかし、これらの予想に特に根拠はなく、実力者のような雰囲気もありません。 「王直」か「銀斧」であればマルコの口からそのことも語られるはずなので、可能性は低いと思われます。 そのような我の強いロックス海賊団のメンバーはどのように集結することになったのかというと、彼ら メンバーはデービーバックファイトで引き抜かれた可能性があります。 デービーバックファイトは船と船員を賭けて戦う海賊同士のゲームです。 「ワンピース」32巻、33巻、34巻ではルフィとフォクシーがデービーバックファイトで戦いました。 デービーバックファイトが生まれた島「海賊島ハチノス」でロックス海賊団のメンバーはかき集められたことも事実として判明しています。 このときにデービーバックファイトが行われたかどうかは不明ですが、可能性としてはあり得るでしょう。 ロックス海賊団はメンバーが個性的であり仲が悪かったとのことですが、それもデービーバックファイトにより集められた海賊同士であったということなら説明がうまくつきます。 ロックス海賊団は38年前、「ゴッドバレー」という島でロジャー海賊団と手を組んだガープ率いる海軍と戦い崩壊しています。 そしてゴッドバレーは今は地図から消され、実際にも跡形も無くなってしまいました。 なぜロックスはこの地で戦いを挑み、ロジャーやガープは迎え撃ったのでしょうか。 未だに詳しいことは判明していませんが、ガープは天竜人を守るために戦ったそうです。 「ゴッドバレー」は直訳で「神の谷」。 天竜人の定住地は聖地マリージョアですが、この島にも天竜人が住んでいた、もしくは天竜人にとって重要ななにかがあったのかもしれません。 結果的にガープはこの件で、不本意ながら天竜人を救い、「海軍の英雄」と呼ばれるようになりました。 宿敵であるロジャーと手を組み、軽蔑する天竜人のために戦わなければいけないほど、かつてのロックス海賊団は凶悪であったと考えられます。 おそらくロジャーにとってもそれは同じで、海賊王を目指す上でロックスは確実に倒しておかねばならない敵だったのでしょう。 センゴクの口からも「ロックスはロジャーにとって最初で最強の敵」と表現されています。 ロックスの目的は「世界の王」になることでした。 そこで神と評される天竜人を抹殺することを目的として戦いを挑んだのかもしれません。 またゴッドバレーは世界政府が隠したかった島であるため、「ゴッドバレー事件」以降地図上から跡形もなく消されてしまっています。 ゴッドバレーには世界の禁忌ともいえる何かがあったのかもしれません。 ロックスはそれを知っており、それに触れるために、この地に赴いたことも考えられます。 前述で紹介したロックス海賊団のメンバーは「海賊島ハチノス」で「とある儲け話」のために集結したことがわかっています。 名だたる実力者たちが集まるほどの「とある儲け話」とは何だったのか、考察していきます。 「とある儲け話」。 それは世界貴族である天竜人にまつわるものだったのではないでしょうか。 前述したゴッドバレー事件にも天竜人が登場していますし、Dの名を持つロックスと天竜人の間には何か深い関わりがあるのかもしれません。 彼はその天竜人を利用しようと企んでいたのではないでしょうか。 天竜人ともなれば、人質にとってしまえば政府はどんなに法外な身代金を請求されても承諾するでしょう。 ロックス達はその身代金を目的に天竜人を捕え、儲けようとしていたのかもしれません。 「儲け」話と言及されていたので金関係の話だと思い込みがちですが……もしかしたらロックスは、世界政府が握る「秘密」を、天竜人を交換材料に得ようとしていたという可能性も捨てきれません。 黒ひげこと「マーシャル・D・ティーチ」とロックスには共通点がいくつかあります。 まずは同じDの名を持っていること。 また、黒ひげは現在、ロックス海賊団が結成された「海賊島ハチノス」を拠点としています。 インペルダウンでメリットを提示し、大雑把に戦力を増やす点もロックスと類似しています。 さらに黒ひげの海賊船の名前は「サーベルオブジーベック号」という名です。 直訳で「ジーベックの剣」ですから、ロックスの意思を継ごうという思いの表れとも解釈できます。 以上のことから黒ひげはロックスの息子であるという可能性が浮上します。 姓が違いますが、エースと同じように母方の姓を現在は名乗っているかもしれません。 「ゴッドバレー事件」の当時、黒ひげは2歳なので、息子として十分考えられる年齢です。 相対するように、主人公のルフィはロジャーと言動が似ている節が描かれています。 黒ひげが今後、ロックスと同じく「世界の王」になるために大きな戦争を引き起こすとしたら、ルフィと戦いをくり広げることになるかと思われます。 ロジャーの意思を継ぐルフィとロックスの意思を継ぐ黒ひげの戦いが今後どのように描かれるのか非常に楽しみです。

次の

【ワンピース】ゴッドバレーはワノ国?隠蔽された古代兵器プルトンとの関係は

ゴッド バレー 事件

こんにちは くろいとりと申します 続々と新情報が明らかになってきている 「ワンピース」 最新話の957話で明かされた色々な新情報は読者を興奮させてくれましたね。 しかし今まで謎だった部分が明らかになると同時に、別の疑問も湧いてくるのがワンピースという作品。 ロックス海賊団という以前語られていた存在がはっきりしてきましたが、彼らが過去で何を引き起こしてきたのかはまだまだ謎が多いです。 流石に2週に渡ってワノ国の外の話が展開されましたし、958話以降にこの辺の謎が一気に明かされるという事もないでしょう。 今回はおそらくワンピースの様々な事件の中でも最大級に大きな事件だったと思われる ゴッドバレー事件 について考えてみたいと思います。 銀斧と王直は既存のキャラなのか? 一つの儲け話の為に集められた個性の集団であったロックス海賊団。 船内で仲間殺しが絶えないほどの凶悪な一味。 以前からカイドウとビッグマムがロックスと関わりを持っているのは分かっていましたが、今回更に白ひげもそこに参加していた事が明らかになりました。 それだけでも驚きの事実でしたが、さらにその他にも大物の名前が続々。 金獅子のシキ 銀斧 キャプテン・ジョン 王直 この中で 金獅子のシキとキャプテン・ジョンは一応本編でも名前が登場していたキャラクター。 やはり気になるのは 銀斧と王直という謎の二人の存在。 映画版での難敵となった超大物の海賊である金獅子のシキと並べて紹介されるという事は相当な実力者である事は間違い無さそうです。 この二人に関してネットでは色々な意見が飛び交っている印象があります。 斧だからというだけの理由で超初期の敵キャラであるモーガンが銀斧なんじゃないかとか。 かつてジャンプ本誌の表紙に後ろ姿だけ描かれたキャラが斧を持っていたのでそうなんじゃないかとか。 ロジャー世代の話になるとよく名前が登場してくるのが、 シャボンディ諸島のシャッキー(シャクヤク) 彼女が王直なんじゃないかという意見も多数みられました。 モーガンはないとしても、表紙の件とか見つけた人は流石ですよね。 その表紙にはその時点ではまだまだ登場していなかったハンコックの後ろ姿も描かれていたようなので、結構信憑性があります。 しかし斧を背負った人物は、ハンコックの他に3人描かれていた内の一人で、おそらく他の二人もこれまでのワンピースには出ていないはず。 しかもそれが描かれたのは連載開始から2年後くらいの大昔の話。 つまりハンコックですらその表紙で描かれてから10年弱寝かされていたようなもの。 流石にこのビジュアルで登場させるという事もないような気がするかも。 とはいえワンピースのキャラってそこまで古臭くならないからありえなくもないかな・・・・。 シャッキーの方も、初登場時から 「ガープに追いかけ回された事がある」みたいな事を言っていたので、結構な大物だったのも間違いないでしょう。 なので王直のシャクヤクみたいな名前で通っていた可能性もありそうな気がしますね。 とはいえ、シャクヤクは 40年くらい前に足を洗ったはずです。 ゴッドバレーの事件は38年前に起きたとの事ですし、ちょっとだけ時期にずれもありそうです。 もちろんこの事件をきっかけに足を洗ったという可能性もあるかもですが。 さらに言えば、 自由を求めていそうな雰囲気のシャッキーがロックス海賊団という群れに入るとも思いづらい気もします。 どっちかと言えばロジャー側とも考えられそうですよね。 レイリーとも仲が良いですし。 ちなみに実際の歴史における 王直とは1500年頃の中国の貿易商人(海賊)だそうです。 日本にもやってきたとの話もあるそうですし、ワンピースでもワノ国にも関係させてくるかもしれませんね。 カイドウがビッグマムに借りを作ったのはこの頃の話? ワノ国編で同盟を組むことになったカイドウとビッグマム。 カイドウはビッグマムに非常に大きな 一生モノの借りがあるのだそう。 ビッグマムと言えばソルソルの実の能力者ですし、その辺が何か関わっているのだろうとか、色々と考えられていますよね。 少なくとも命に関わるレベルの事なんじゃないかとは思われます。 そしてその 借りが生まれた時期がこのロックス海賊団の頃という可能性もありそうですよね。 ロックス海賊団時代はまだ海賊見習いだったというカイドウ。 当然その時点で既に化物レベルの強さはあったとは思われますが、ロジャーやガープとの戦いにおいてはまだ実力不足だったという事も考えられます。 ゴッドバレーの戦いにおいて瀕死に陥ったカイドウをビッグマムが何らかの方法で助けて、それが大きな借りだったという事もあり得るような気がします。 最強の戦力の衝突には謎が多そう 世界最強と呼ばれたロックス海賊団。 そんな彼らを止めることになったのが後に 海軍の英雄と呼ばれる、海軍中将のガープ。 そしてそんな彼に手を貸したのが 後の海賊王ゴールド・ロジャー。 2年前の頂上戦争をも上回る程の戦いだったのは間違いないでしょう。 しかしやはり気になってしまうのが、 ガープ強すぎじゃね?? という問題です。 もちろんこの時点でのガープは 人生で一番強かった時期だと思われますし、 ロジャーもベストな時期だったかもしれません。 とはいえ Dの名を持ち四皇と呼ばれる事になる化物達を従えていたロックス。 白ひげもこの時点でロジャーやガープと同じで肉体的にはベストな時期っぽいでしょう。 そしてまだ普通の女性っぽい体型だった頃(普通の女性っぽくなっていた時期?)のビッグマム。 さらに金獅子のシキ、キャプテン・ジョン、銀斧、王直。 これだけの化物達を相手にしなければならない訳ですよね。 いくら ガープとロジャーがめちゃくちゃ強かった頃だとしても、まともに戦って勝利出来るとも思えないです。 もちろんロジャーにも仲間はいたでしょうし、ガープも海軍の仲間がいたはずでしょうが、それでも難しいでしょう。 真っ向からロックス海賊団を打ち破れたのだとすれば、 更なる戦力が加勢してくれた可能性もありそうな気がします。 他に誰か重要な登場人物がいたとも考えられますが、やはり 一番考えられそうなのは、敵側の白ひげが味方についたパターンでしょうか。 仲間殺しが絶えないようなロックス海賊団は、後に何よりも家族を大事にする白ひげには合わない感じのイメージが強いですからね。 白ひげがグラグラの実の力でカイドウやビッグマムを止めている間に、ロジャーとガープがロックスを仕留めた・・・みたいな展開だったら熱いですよね!! てか軽くでもいいからこの戦い見たいなー!!! ゴッドバレーが消えた理由 天竜人にロジャー、ガープとロックス。 そしてその後名を残すたくさんの海賊達。 それほどの面子が集まっての戦いとなったゴッドバレー事件。 しかしその事件の舞台となったゴッドバレーは地図から消されただけではなく 、実際に島自体が跡形もなく消えてしまっているのだと。 世界政府が隠したい何かが島自体にあったという事。 そしてそんな島に世界の王を目指していたロックスがやって来たという事は、その 隠したい何かというのは余程のものだったと考えられます。 それこそ 空白の百年に関係してくるレベルのものだったりするのかも。 しかし世界の王を目指すロックスにとってそれがそんなに魅力的なものとも思えませんよね。 どちらかといえば 魅力的な武器、古代兵器なんかを手に入れる為・・・とかの方が納得できるでしょうか。 作中では3つの内でプルトンとポセイドンは登場してきています。 しかしまだ残る ウラヌスは出てきていませんし、それが関わっていたとかありえないかなぁ・・。 ゴッドバレーという島自体が跡形もなく消えているという事も古代兵器の関わりを感じさせますし。 てかバスターコールでも島を消す事は出来ない以上、 古代兵器が関わっているのは間違いないんじゃないのかなぁ・・。 まとめ という事で957話の内容の一部であるゴッドバレー事件について考えるだけでも、色々な可能性を考えられます。 歴史から消された程の戦いですし、本当に色々な事が隠されているはずですよね。 この辺りの真実が明らかになるのはまだまだ先になるんだろうとは思いますが、一応ロジャーや白ひげの懸賞金額も明らかになったりしましたし、そろそろ ワンピースという壮大な物語にもゴールが見え始めているのかもしれません。 流石にここから新たな強敵がどんどん出てくるという事はないでしょう。 ワンピースにおけるラスボスが誰になるのかという議論も結構されていますが、今回である程度は絞られたような感じもしますよね。 黒ひげとロックスにも繋がりがありそうですし、 黒ひげラスボス説が強そうな気もしますが、果たしてどうなるのか・・・。 とりあえず958話ではワノ国編に戻るでしょうし、ワノ国編が始まれば相当長い戦いとなっていくはず。 そちらはそちらでもちろん楽しみですし、答えが明らかになるのはゆっくり待つことになりそうですね。 とはいえ、現在 存命している海賊の中で懸賞金額1位と2位であるカイドウとビッグマムを相手にどうやって戦っていくのだろうか・・・。 今回はここまで。 最後までお読み頂きありがとうございました!.

次の