東京 軽井沢 新幹線 料金。 東京

東京-大阪の運賃と料金|JR新幹線ネット

東京 軽井沢 新幹線 料金

5,820円 新幹線eチケットサービス 5,490円 学割指定席 5,450円 回数券(6枚32,700円) 5,230円 えきねっとトクだ値10 4,960円 学割自由席 4,940円 えきねっとトクだ値15 約 4,550円 (1人) 4,060円 お先にトクだ値30 約 4,050円 (2人) 3,770円 お先にトクだ値35 上記は東京-軽井沢の料金ですが、上野-軽井沢の料金は下記で詳しくご紹介します。 全て通常期の料金で、学割など指定席料金は、繁忙期・閑散期に変動します。 では、この東京・上野-軽井沢の通常料金と格安なチケットをそれぞれ解説します! (6,020円)通常料金 東京-軽井沢の通常きっぷ料金は、指定席6,020円、自由席5,490円。 上野-軽井沢は210円安く、指定席5,810円、自由席5,280円です。 この指定席料金は、繁忙期には+200円、閑散期には-200円の変動があります。 これが駅の窓口や券売機で購入する片道切符の料金です。 (5,820円)新幹線eチケットサービス 交通系ICカードで新幹線に乗れる「」。 年会費無料の「」に会員登録すれば、列車予約も簡単です。 新幹線eチケットサービスを利用すると、指定席は200円の割引。 東京-軽井沢は5,820円、上野-軽井沢は5,610円で、繁忙期は+200円、閑散期は-200円。 なお、自由席には割引はなく、通常料金と同額です。 (5,490円)学割 片道101キロ以上の距離がある東京・上野-軽井沢では学生はも利用できます。 学校で学割証を発行してもらい、駅の窓口で切符を購入すると乗車券が2割引に。 学割利用時の料金は、東京-軽井沢は指定席5,490円、自由席なら4,960円。 上野-軽井沢は、学割利用で指定席5,280円、自由席4,750円です。 そして、指定席料金は繁忙期には+200円、閑散期には-200円。 繁忙期には料金はアップするものの、年末年始・GW・お盆も割引になります。 (5,450円)回数券 東京・上野-軽井沢は、北陸新幹線では少ないの販売がある区間です。 普通車指定席用回数券は6枚1セットで32,700円なので、1枚の価格は5,450円。 有効期間は3ヶ月で、年末年始・GW・お盆は利用できません。 金券ショップ等で1枚から購入できますが、料金は多少アップします。 (5,230円・4,940円)えきねっとトクだ値 では、新幹線は通常予約では安くはなりません。 ところが、「 えきねっとトクだ値」で予約すると、「あさま」限定で割引に。 乗車当日の午前1時40分までに予約すると、あさま指定席は10%または15%割引。 10%割引の「トクだ値10」で東京-軽井沢は5,230円、上野-軽井沢は5,040円。 15%割引の「トクだ値15」で東京-軽井沢は4,940円、上野-軽井沢は4,760円。 割引率は列車ごとに決められています。 (4,060円・3,770円)お先にトクだ値 東京・上野-軽井沢で片道料金が最も安いのが「 お先にトクだ値」。 「」会員のみ、乗車日13日前の午前1時40分まで購入することができます。 割引率は列車によって違いますが30%または35%で、列車は「あさま」限定。 30%割引の「お先にトクだ値30」で東京-軽井沢は4,060円、上野-軽井沢は3,910円。 35%割引の「お先にトクだ値35」で東京-軽井沢は3,770円、上野-軽井沢は3,640円。 料金が安いので 完売が早く、特に週末利用分は往復の購入は困難です。 (約4,050円~4,550円)新幹線ホテルパック 往復新幹線と宿泊を同時に予約すると格安な。 お先にトクだ値35が往復とも買えなければ、 最も安いのはこれです! 例えば、東京発1泊2日で、2名1室で泊まる1人15,300円というパックがあります。 このパックで泊まるのは7,200円のホテルで、往復は「はくたか・あさま」指定席。 パック料金から宿泊料金を引くと、片道の指定席料金は実質 4,050円と格安! 「お先にトクだ値30」よりも安く、上野発ならあと200円安くなります。 なお、1人でパックを利用しても、実質の片道料金は約 4,550円と安いです。 指定席に格安に乗るには? 東京・上野-軽井沢の移動に利用できるのは「はくたか・あさま」。 停車駅の少ない「はくたか」が早く、「あさま」は各駅に停車します。 この区間で指定席料金が安くなるのは、えきねっと・回数券・学割・新幹線ホテルパック。 この中で片道料金が最も安いのは、「」の「お先にトクだ値35」です。 「お先にトクだ値」は30%・35%割引で安いですが、 普通車指定席のチケットは発売直後に売り切れることが多く、簡単には購入ができません。 これが購入できない時、次に安いのが「トクだ値」。 「えきねっとトクだ値」も座席数が限定されますが、当日午前1時40分まで購入可能。 ただし、料金は大幅に安くはなりません。 そして、それ以上に安いのが。 お先にトクだ値35が往復とも購入できない時、 往復+宿泊の料金はこれが安いです! もし、通常きっぷで往復し1泊7,200円で泊まると、1人19,240円かかります。 ところが、新幹線パックで予約すると、往復+1泊で1人15,300円。 2人以上で新幹線に乗るなら、安いのは新幹線ホテルパック。 「お先にトクだ値35」はほとんど買えないので、 実際は 新幹線パックが一番安いです! 2,910円 新幹線eチケットサービス 2,610円 えきねっとトクだ値10 2,470円 えきねっとトクだ値15 約 2,200円 2,030円 お先にトクだ値30 1,880円 お先にトクだ値35 以上が、東京-軽井沢の通常期の子供料金で、通常きっぷ・トクだ値の指定席料金は繁忙期・閑散期に変動があります。 そして、上野-軽井沢は、「トクだ値10」が2,510円、「トクだ値15」が2,370円。 「お先にトクだ値30」が1,950円、「お先にトクだ値35」は1,810円。 また、新幹線パックは片道100円安くなります。 新幹線の子供料金は、大人の半額が基本で、対象は小学生の子ども。 乳幼児の場合、指定席に座ると子供料金ですが、自由席は無料です。 そして、東京・上野-軽井沢では、えきねっとトクだ値・お先にトクだ値・新幹線ホテルパックの3つ方法で安くなります。 家族旅行費用を格安にする! 東京-軽井沢で家族で新幹線に乗ると、旅行費用はいくらかかるのか? 例として、大人2人・子ども1人の片道料金と、往復+1泊朝食付き(3人で28,200円)の合計料金を比較してみましょう! 往復方法 3人の片道料金 往復+1泊合計 指定席通常料金 15,050円 58,300円 トクだ値10 13,070円 54,340円 トクだ値15 12,350円 52,900円 自由席(幼児) 10,980円 50,160円 新幹線ホテルパック 10,800円 49,800円 お先にトクだ値30 10,150円 48,500円 お先にトクだ値35 9,420円 47,040円 往復+1泊の合計で比較すると、安いのは「お先にトクだ値」での往復。 もし、往復とも購入できない場合、安いのは。 新幹線パックなら、通常きっぷで往復するよりも 3人で8,500円お得! 子どもが幼児でも、自由席に乗るより新幹線パックで指定席に乗った方が安いです。 東京・上野-軽井沢のグリーン車料金 まず、東京-軽井沢の新幹線のグリーン車通常きっぷ料金は、 7,390円 新幹線eチケットサービス 6,640円 えきねっとトクだ値10 6,270円 えきねっとトクだ値15 約 5,250円 (2人) 5,160円 お先にトクだ値30 4,790円 お先にトクだ値35 以上が、東京-軽井沢のグリーン車で使える割引きっぷです。 そして、上野-軽井沢のグリーン車料金は、新幹線eチケットサービス7,180円。 「トクだ値10」6,450円、「トクだ値15」6,090円。 「お先にトクだ値30」5,010円、「お先にトクだ値35」4,650円です。 なお、新幹線ホテルパックは片道200円安くなります。 グリーン車に格安に乗るには? 東京・上野-軽井沢でグリーン車料金が安くなるのは、モバトク・えきねっとトクだ値・お先にトクだ値・新幹線ホテルパックの4つ。 片道料金が最も安いのは「あさま」限定の「 お先にトクだ値」。 普通車指定席用よりは売り切れは遅いですが、それでも週末分の完売は早いです。 このお先にトクだ値が往復分購入できない場合、 安いのは 新幹線ホテルパック。 例えば、グリーン車往復+1泊で1人17,700円というパックがあります。 ここから宿泊料金を引くと、実質の片道料金は約 5,250円と格安! お先にトクだ値が片道でも買えない場合、往復+宿泊料金はこれが安いです!.

次の

東京-大阪の運賃と料金|JR新幹線ネット

東京 軽井沢 新幹線 料金

広告 東京-軽井沢の新幹線割引きっぷ 東京-軽井沢の割引きっぷは、以下の通りです。 割引価格は変更になることがあります。 12,830円 - (正規料金)• 12,630円 - (グランクラス)• 10,740円 - (シートのみ・正規料金)• 10,540円 - (グランクラス・シートのみ)• 7,590円 - (正規料金)• 7,390円 - (グリーン車)• 6,640円 - (あさまグリーン車)• 6,270円 - (あさまグリーン車)• 6,020円 - (正規料金)• 5,820円 - (普通車指定席)• 5,490円 - (正規料金)• 5,490円 - (普通車指定席)• 5,450円 - (普通車指定席)• 5,230円 - (あさま普通車指定席)• 5,160円 - (あさまグリーン車)• 4,960円 - (普通車自由席)• 4,940円 - (あさま普通車指定席)• 4,790円 - (あさまグリーン車)• 4,060円 - (あさま普通車指定席)• 3,770円 - (あさま普通車指定席) 東京発着料金表• 品川発着料金表• 新横浜発着料金表• 名古屋発着料金表• 新大阪発着料金表• 博多発着料金表• あなたへのおすすめ.

次の

長野新幹線の回数券 | 新幹線の回数券

東京 軽井沢 新幹線 料金

5,820円 新幹線eチケットサービス 5,490円 学割指定席 5,450円 回数券(6枚32,700円) 5,230円 えきねっとトクだ値10 4,960円 学割自由席 4,940円 えきねっとトクだ値15 約 4,550円 (1人) 4,060円 お先にトクだ値30 約 4,050円 (2人) 3,770円 お先にトクだ値35 上記は東京-軽井沢の料金ですが、上野-軽井沢の料金は下記で詳しくご紹介します。 全て通常期の料金で、学割など指定席料金は、繁忙期・閑散期に変動します。 では、この東京・上野-軽井沢の通常料金と格安なチケットをそれぞれ解説します! (6,020円)通常料金 東京-軽井沢の通常きっぷ料金は、指定席6,020円、自由席5,490円。 上野-軽井沢は210円安く、指定席5,810円、自由席5,280円です。 この指定席料金は、繁忙期には+200円、閑散期には-200円の変動があります。 これが駅の窓口や券売機で購入する片道切符の料金です。 (5,820円)新幹線eチケットサービス 交通系ICカードで新幹線に乗れる「」。 年会費無料の「」に会員登録すれば、列車予約も簡単です。 新幹線eチケットサービスを利用すると、指定席は200円の割引。 東京-軽井沢は5,820円、上野-軽井沢は5,610円で、繁忙期は+200円、閑散期は-200円。 なお、自由席には割引はなく、通常料金と同額です。 (5,490円)学割 片道101キロ以上の距離がある東京・上野-軽井沢では学生はも利用できます。 学校で学割証を発行してもらい、駅の窓口で切符を購入すると乗車券が2割引に。 学割利用時の料金は、東京-軽井沢は指定席5,490円、自由席なら4,960円。 上野-軽井沢は、学割利用で指定席5,280円、自由席4,750円です。 そして、指定席料金は繁忙期には+200円、閑散期には-200円。 繁忙期には料金はアップするものの、年末年始・GW・お盆も割引になります。 (5,450円)回数券 東京・上野-軽井沢は、北陸新幹線では少ないの販売がある区間です。 普通車指定席用回数券は6枚1セットで32,700円なので、1枚の価格は5,450円。 有効期間は3ヶ月で、年末年始・GW・お盆は利用できません。 金券ショップ等で1枚から購入できますが、料金は多少アップします。 (5,230円・4,940円)えきねっとトクだ値 では、新幹線は通常予約では安くはなりません。 ところが、「 えきねっとトクだ値」で予約すると、「あさま」限定で割引に。 乗車当日の午前1時40分までに予約すると、あさま指定席は10%または15%割引。 10%割引の「トクだ値10」で東京-軽井沢は5,230円、上野-軽井沢は5,040円。 15%割引の「トクだ値15」で東京-軽井沢は4,940円、上野-軽井沢は4,760円。 割引率は列車ごとに決められています。 (4,060円・3,770円)お先にトクだ値 東京・上野-軽井沢で片道料金が最も安いのが「 お先にトクだ値」。 「」会員のみ、乗車日13日前の午前1時40分まで購入することができます。 割引率は列車によって違いますが30%または35%で、列車は「あさま」限定。 30%割引の「お先にトクだ値30」で東京-軽井沢は4,060円、上野-軽井沢は3,910円。 35%割引の「お先にトクだ値35」で東京-軽井沢は3,770円、上野-軽井沢は3,640円。 料金が安いので 完売が早く、特に週末利用分は往復の購入は困難です。 (約4,050円~4,550円)新幹線ホテルパック 往復新幹線と宿泊を同時に予約すると格安な。 お先にトクだ値35が往復とも買えなければ、 最も安いのはこれです! 例えば、東京発1泊2日で、2名1室で泊まる1人15,300円というパックがあります。 このパックで泊まるのは7,200円のホテルで、往復は「はくたか・あさま」指定席。 パック料金から宿泊料金を引くと、片道の指定席料金は実質 4,050円と格安! 「お先にトクだ値30」よりも安く、上野発ならあと200円安くなります。 なお、1人でパックを利用しても、実質の片道料金は約 4,550円と安いです。 指定席に格安に乗るには? 東京・上野-軽井沢の移動に利用できるのは「はくたか・あさま」。 停車駅の少ない「はくたか」が早く、「あさま」は各駅に停車します。 この区間で指定席料金が安くなるのは、えきねっと・回数券・学割・新幹線ホテルパック。 この中で片道料金が最も安いのは、「」の「お先にトクだ値35」です。 「お先にトクだ値」は30%・35%割引で安いですが、 普通車指定席のチケットは発売直後に売り切れることが多く、簡単には購入ができません。 これが購入できない時、次に安いのが「トクだ値」。 「えきねっとトクだ値」も座席数が限定されますが、当日午前1時40分まで購入可能。 ただし、料金は大幅に安くはなりません。 そして、それ以上に安いのが。 お先にトクだ値35が往復とも購入できない時、 往復+宿泊の料金はこれが安いです! もし、通常きっぷで往復し1泊7,200円で泊まると、1人19,240円かかります。 ところが、新幹線パックで予約すると、往復+1泊で1人15,300円。 2人以上で新幹線に乗るなら、安いのは新幹線ホテルパック。 「お先にトクだ値35」はほとんど買えないので、 実際は 新幹線パックが一番安いです! 2,910円 新幹線eチケットサービス 2,610円 えきねっとトクだ値10 2,470円 えきねっとトクだ値15 約 2,200円 2,030円 お先にトクだ値30 1,880円 お先にトクだ値35 以上が、東京-軽井沢の通常期の子供料金で、通常きっぷ・トクだ値の指定席料金は繁忙期・閑散期に変動があります。 そして、上野-軽井沢は、「トクだ値10」が2,510円、「トクだ値15」が2,370円。 「お先にトクだ値30」が1,950円、「お先にトクだ値35」は1,810円。 また、新幹線パックは片道100円安くなります。 新幹線の子供料金は、大人の半額が基本で、対象は小学生の子ども。 乳幼児の場合、指定席に座ると子供料金ですが、自由席は無料です。 そして、東京・上野-軽井沢では、えきねっとトクだ値・お先にトクだ値・新幹線ホテルパックの3つ方法で安くなります。 家族旅行費用を格安にする! 東京-軽井沢で家族で新幹線に乗ると、旅行費用はいくらかかるのか? 例として、大人2人・子ども1人の片道料金と、往復+1泊朝食付き(3人で28,200円)の合計料金を比較してみましょう! 往復方法 3人の片道料金 往復+1泊合計 指定席通常料金 15,050円 58,300円 トクだ値10 13,070円 54,340円 トクだ値15 12,350円 52,900円 自由席(幼児) 10,980円 50,160円 新幹線ホテルパック 10,800円 49,800円 お先にトクだ値30 10,150円 48,500円 お先にトクだ値35 9,420円 47,040円 往復+1泊の合計で比較すると、安いのは「お先にトクだ値」での往復。 もし、往復とも購入できない場合、安いのは。 新幹線パックなら、通常きっぷで往復するよりも 3人で8,500円お得! 子どもが幼児でも、自由席に乗るより新幹線パックで指定席に乗った方が安いです。 東京・上野-軽井沢のグリーン車料金 まず、東京-軽井沢の新幹線のグリーン車通常きっぷ料金は、 7,390円 新幹線eチケットサービス 6,640円 えきねっとトクだ値10 6,270円 えきねっとトクだ値15 約 5,250円 (2人) 5,160円 お先にトクだ値30 4,790円 お先にトクだ値35 以上が、東京-軽井沢のグリーン車で使える割引きっぷです。 そして、上野-軽井沢のグリーン車料金は、新幹線eチケットサービス7,180円。 「トクだ値10」6,450円、「トクだ値15」6,090円。 「お先にトクだ値30」5,010円、「お先にトクだ値35」4,650円です。 なお、新幹線ホテルパックは片道200円安くなります。 グリーン車に格安に乗るには? 東京・上野-軽井沢でグリーン車料金が安くなるのは、モバトク・えきねっとトクだ値・お先にトクだ値・新幹線ホテルパックの4つ。 片道料金が最も安いのは「あさま」限定の「 お先にトクだ値」。 普通車指定席用よりは売り切れは遅いですが、それでも週末分の完売は早いです。 このお先にトクだ値が往復分購入できない場合、 安いのは 新幹線ホテルパック。 例えば、グリーン車往復+1泊で1人17,700円というパックがあります。 ここから宿泊料金を引くと、実質の片道料金は約 5,250円と格安! お先にトクだ値が片道でも買えない場合、往復+宿泊料金はこれが安いです!.

次の