アイランド 映画 ネタバレ。 シャッターアイランド(映画)無料フル動画情報!Dailymotionやパンドラも調査|映画TIMES

【映画アイランド】SF好きな人なら一度は観るべき!あらすじネタバレ感想レビュー!

アイランド 映画 ネタバレ

の紹介:2005年アメリカ映画。 2019年、死にたくない、いつまでも元気でいたいという人間の本能を満たすためにクローンが作られる。 そしてクローンは自分がクローンという事実すら知らないまま生きているが、その中リンカーンというクローンが自分たちの存在に気付く。 トランスフォーマーシリーズで名を馳せたマイケル・ベイ監督が手掛けたSF作品です。 大気汚染された地球を舞台にただひたすらに「アイランド」という目的を目指す主人公の話です。 そこにどんな秘密が隠されているのかが一つの見どころとなっています。 アイランドのネタバレあらすじ:起 舞台は大気汚染された地球。 地球は環境汚染されたために人間が生活することが出来なくなってしまい、汚染の影響しない施設で生き残った人間達は暮らしていました。 施設で暮らしている人間達は全員真っ白な服を着て、男女分けられているため、食事等で顔を合わせることはありますが接触は禁止されていました。 いつもと同じ仕事をして、同じリズムで生活をする、誰もが疑問もなく暮らし抜け出そうとするものはいませんでした。 そんな中施設で暮らすリンカーン(ユアン・マクレガー)は他の者達と違いその一定の暮らしに疑問を持つようになります。 そして何より女性に接触してはいけないことへの疑問からリンカーンは同じ施設で暮らしているジョーダン(スカーレット・ヨハンソン)に恋愛感情を持つようになります。 アイランドのネタバレあらすじ:承 施設で暮らす者達のたった一つの希望となっていたのが「アイランド」という場所でした。 そこは地球上で唯一汚染されていない場所で施設内ではアイランド行きがランダムで決められていたのです。 施設の人間にはこのアイランドだけが生きる希望だったのです。 ジョーダンに恋していたリンカーンは自らの溢れでる気持ちを押さえきれないでいました。 ある日施設内で作業をしていたリンカーンが小さな虫を発見します。 大気汚染の蔓延る世界でいるはずのない小さな虫を見つけた事でリンカーンは施設自体を疑うようになっていきます。 不信感の増したリンカーンは施設内の立入り禁止の場所に忍び込み真実を見抜こうとします。 そこで衝撃の真実がリンカーンに突きつけられました。 アイランドのネタバレあらすじ:転 リンカーンが立入り禁止場所で見たのはアイランド行きになった者が無理矢理の手術によって臓器を抜かれた状態で殺害されている姿でした。 その真実とは彼らは臓器提供等何らかの形で利用するために作り出されたクローンだったのです。 恐ろしい事実を目の当たりにしたリンカーンは居住区に戻り、すでにアイランド行きが決まっていたジョーダンを説得し施設からの脱出を試みるのでした。 そこは彼らが知る世界ではなく澄みきった青空が広がる荒野でした。 アイランドの結末 リンカーンとジョーダンが脱走した事を明るみに出したくない施設関係者達は血眼になって全力で彼らを追います。 さらに衝撃的な事にこの世界にはリンカーンにもジョーダンにもオリジナルの存在がいるということ、追手を乗り越えリンカーンはオリジナルのリンカーンと対峙します。 オリジナルの彼は大金持ちで女好き、ただ肝硬変を患っておりあと二年の命だったのです。 クローンのリンカーンはそのための存在でした。 オリジナルのリンカーンの密告により追手がやってきて銃口を突きつけるもどちらも本物だと主張している、片方を撃ち殺すも実はオリジナルのリンカーンでした。 こうしてリンカーンは無事ジョーダンと合流、二人は結ばれます。 すでに二人で逃げることも可能でしたが施設にいる同じクローン達を放っておくことは出来ないとリンカーンがオリジナルのリンカーンに成り済まし施設に侵入、施設内の装置を全て停止し、施設を牛耳っていた博士との一騎討ちにも勝利、無事他のクローン達を解放することに成功します。 リンカーンとジョーダンは抱き合い、他のクローン達は初めて見る外の世界に触れ太陽の光が刺す方向に走り出して行きました。 以上、映画「アイランド」のあらすじと結末でした。

次の

アイランド(2005)のレビュー・感想・評価

アイランド 映画 ネタバレ

映画『アイランド 2005 』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。 各サービスには 2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。 配信状況により無料ではない場合があります。 アイランド 評価• 点数: 80点/100点• 2019年の近未来。 海に浮かぶ緑豊かな島で憧れの地「アイランド」を目前に、トム(ユアン・マクレガー)は海へ引きずりこまれてしまういつもの悪夢にうなされていた。 夢から覚めたトムを待っていたのは、普段と変わらない1日。 彼は大気汚染による被害者の生存者として、壁のスクリーンに映し出される健康アドバイス、管理の行き届いた食事、そして、女性用の住居棟で暮らすジョーダン(スカーレット・ヨハンソン)との会話での治療を受けていた。 数百名の住人と共に彼らが住むその閉鎖的な施設は厳重な管理下に置かれ、住人たちの生活は常に監視されているが、それも住人たちへの安全の配慮からであった。 大気汚染から救い出され、そのコミュニティで暮らし始めて既に三年が経ち、安全で快適だが退屈な日々を皆が持て余していた。 ここで暮らす人々の夢は、地上最後の楽園「アイランド」へ行くことだった。 その島は大気汚染を免れた地上唯一の楽園であり、コミュニティとアイランド以外の人類は地球規模の環境破壊により絶滅してしまったと言われる。 コミュニティの住人を除いては。 日々行われる抽選会が最大の関心事だった。 トムはある日、換気口から入ってきた一匹の蛾を発見し、外の空気は汚染されているはずではなかったかという疑問を抱く。 そして施設内を探索する中で恐るべき真実を目撃する。 そして次の当選者に決まったのはジョーダンだった。 トムとジョーダンは生きるための脱出を試みる。 初めての外の世界へ逃れ出た二人の前に、汚染とは程遠い澄み切った青空と大地が広がっていた。 アイランドの街ではジョーダンに生き写しの人物がテレビに映し出され、トムの悪夢に出て来たもう一人の自分とも出会う。 そして施設から派遣された追っ手が秘密保持のため二人を執拗に追跡する。 アイランド 感想・レビュー(ネタバレ) 映画『アイランド 2005 』について、 感想・レビュー・解説・考察です。 子供を産むためとか、臓器摘出のためのクローンを作るという部分も近代的であるが、そのために人間本体を丸ごと一人作るというのは、どこか医学の進歩を取り違えているような感もあるが、まぁSFなのでそこまでのリアリティを追究する必然性はないだろう。 クローンには当然ながら人間としての「意識」を備え、それを騙して管理しているという点は「」の設定と似ているのだが、本作はクローンだというものの人と同じ生命体であるという悲劇的部分がさほど描かれていない。 主人公二人の外界での生活なども余り刷り込みが出来ていないような中途半端なクローンであるが、その辺の描写がすこし曖昧な点であろうか。 マイケル・ベイ監督なのでそこまで要求はしないが、映画を鑑賞する点で観る側がそういった心理になるのも仕方がないところだ、全体の流れとしては及第点といった感じで、シナリオとアクション、役者に関しては申し分のないところであろう。 近未来的なSF作品なので科学的な描写が少しあれば充実感はあったかも知れないが、アクション映画的な展開なのでそこまで深く立ち入ることもなかったのだろう。 マイケル・ベイ的な娯楽作品 マイケル・ベイの作品というのは、タイトルからして深遠な作品と思われがちであるが。 この監督は一貫してエンターテインメントの専門家である。 派手なアクションは得意分野であるが、人間の奥深さを描くような文芸的な感性は持ち合わせていない。 彼の撮った映画を観ればそれは一目瞭然であり、彼は彼なりの世界観で撮っているのだろうから、マイケル・ベイ作品というのを最初から頭に入れておかなければ少々ガッカリする部分もあるだろう。 しかるに「ブレードランナー」と比較するのは酷な話であり、多分そこまで深い話に持ってゆこうとして映画を撮っているのではない筈なのだ。 しかし自分なりに見せ場や映画の流れを作るという点においては天才的な表現力を備えており、その部分をエンターテインメントとして楽しむ分には文句ない。 ホームランバッターにバントを期待しても仕方がないのである。 アイランド まとめ マイケル・ベイ監督の作品はタランティーノ作品と同じようなニュアンスがあり、人の心理などどうでもよく、我が道を行くという雰囲気に嫌みがないところの潔さが受けているのだろう。 餅は餅屋としてやってくれた方が観る側としては選択肢が増えて有り難いのは事実である。 駄作だと思えば観なければいいだけの話であり、彼の作品でも「トランスフォーマー」や「バッド・ボーイズ」は嫌いだが、「ザ・ロック」や「アルマゲドン」は好きという人も多いのではないだろうか。 映画監督がどんな作品をどのような役者を使って撮るのかは、観る側の意見は反映されるものではなく、出来上がった作品を誰がどのように捉えるかも千差万別であり、世代や性別を超えて全ての観客に応えようとする方が無理な話なのである。

次の

シャッターアイランドを見た感想とネタバレ

アイランド 映画 ネタバレ

執筆日:2015年11月27日 男が美女と共にボートに乗っているビジョンがまず映される。 しかし男は海に落ちてしまい、何者かに捕らわれたところで夢から醒める。 その男、リンカーン・6・エコー ユアン・マクレガー はあるコロニーで生活している人間のうちの一人だ。 そのコロニーでは男も女も、皆が皆真っ白い服を着て、天井も壁も真っ白い。 毎日起きては味気ない食事を送り、よくわからない作業をしているだけの日々だ。 だが、それには事情があった。 外の世界は汚染されており、隔絶させたこのコミュニティ内部でリンカーンたちは生きているのだ。 そして、定期的にアナウンスが行われ「アイランド」という汚染されていない楽園に連れていってくれる。 そのアイランドというものが具体的にどういう場所なのか、このコロニーで生活しているリンカーンたちは知らないが、皆がそれを楽しみにここで生活を続けているのだった。 またリンカーンはジョーダン・2・デルタ スカーレット・ヨハンソン と会話するのも楽しみに生きているのだが、男と女は接触が禁じられていた。 そこで暮らす人間たちはだれもがこの状況に疑問を持ってはいないのだが、リンカーンだけは疑問を持ち始めた。 そしてある日、コロニー内部に入り込んできた虫を見つける。 外が汚染されているのならばこのような虫がいることもまたおかしい。 疑問を募らせたリンカーンは自分が普段暮らしている居住エリアから別の管理エリア側へ侵入した。 そこで見たのは、人工的な繭のようなものから取り出される大人の男性。 そして子供を産んだ女性と、直後にその女性が殺される様。 そしてその子供が連れていかれた先では殺された女性と同じ顔をした女性が子供を見て喜んでいる場面。 つまり、「アイランド」行きに当選した人間はアイランドなどという楽園に連れていかれるのではなく、殺され、その体をどういう形かで利用され、「本物」へ提供されるのが真実だったのだ。 リンカーンたちは人工的に作り出されたクローンだった。 恐ろしい事実を目にしたリンカーンは急いで居住区へ戻る。 ジョーダンはこの直前に「アイランド」当選が確定していたので彼女を説得してコロニーからの脱走を試みる。 追手を撒き、外に出るとそこは広大な荒野だった。 バーナード・メリック ショーン・ビーン はコロニーの責任者。 彼が言うには、「当初はクローンには生活をさせるつもりはなく、あくまで無意識状態を維持させて、必要なパーツだけ取り出す」つもりだったのだが、人としての生活を営ませないとクローンは壊れてしまうのだという。 本来、そうしたものはクローン規制法に完全に抵触するものなのだが、それを隠匿して、クライアントである「本物」たちには「植物のようなものだ」と言ってごまかしてきたのだ。 しかしリンカーンとジョーダンが脱走してこれが明るみになったら、この事業を運営しているメディック・ バイオテック社は終わりになる。 そのためメリックは国防総省から派遣された警備会社のローラン ジャイモン・フンスー に二人を捕らえるように依頼した。 逃げ出したリンカーンとジョーダンはコロニー内の知り合いマッコードからもらったマッチ箱を頼りに、そのマッチ箱に書かれているバーへたどり着いた。 そこでマッコードと会うと彼は驚きはするがリンカーンたちに協力してくれた。 まずマッコードの家に連れていかれ、事情を説明された。 リンカーンたちは偽りの記憶を刷り込まれていること、代えのきくクローンでしかないこと。 その後、リンカーンたちは自分たちの本物に会いにいくことを決意した。 マッコードはリンカーンにクレジットカードを渡した。 リンカーンの「本物」はロサンゼルスにいるようなので列車を使って移動することにするが、クレジットカードの使用履歴から位置を割り出されてたちまちローランの部下たちが襲ってくる。 駅でマッコードは殺されてしまったが、なんとかリンカーンとジョーダンはロサンゼルス行きの列車に乗ることができた。 なお、この世界は近未来が舞台なので、世界には空を飛ぶ列車やバイクなどが普及している。 ロサンゼルスについてからは情報端末により本物のリンカーンの位置を調べることができた。 本物のジョーダンのことも調べたが、彼女は重い病のようで、自宅にいる小さい子供と少し話せただけだった。 マッコード殺害の件でローランとは別にロス警察も二人を追ってきた。 ローランたちはあくまで秘密裏にリンカーンとジョーダンを捕らえたいのだが、いよいよ手段を選んではいられなくなり、二人を捕らえるのではなく殺害することにする。 二人が警察に捕らわれたところでトラックで突っ込んだが二人はまだ生きていた。 リンカーンの運転でバイクに乗って逃げる二人。 なぜかリンカーンは運転方法が分かっていた。 それに乗ってビルに突っ込んだ後、ビルの外側にある看板の上で落ちそうになる二人。 さらにそこでローランの部下たちが追撃してきて看板が落下するも、奇跡的に生き残る。 この騒ぎでリンカーンとジョーダンはローランたちから逃れた。 落ち着いた後、ついに本物のリンカーンの元へたどり着いた。 こっそり家に入ると家の中に、リンカーンが冒頭の夢の中で見たボートの模型があった。 そこにはレノバティオというラテン語の言葉が書かれている。 本物のリンカーンが現れ、リンカーンの背後から襲うも、顔を見て当然驚く。 話してみると本物のリンカーンはトム・リンカーンという名前で、女好きの富豪、デザイナーで大成功した人間であり、バイクのデザインも行っていた。 そのためリンカーンは潜在的にバイクの操縦を知っていたらしい。 また、クローンのリンカーンを作る理由は自身が肝硬変にかかっているためあと2年ほどの命しかないからだった。 トム・リンカーンはクローンリンカーンがまだ性にも目覚めていないことを知ると「あんないい女がいるのに?」とジョーダンのことを指しておちょくってきた。 クローンのリンカーンは本物のリンカーンと共にクローン生成を行うメディック・ バイオテック社の所業を明るみにするように懇願するが、本物のリンカーンは密かにメディック・ バイオテック社へ連絡してしまう。 そして本物のトムを疑うジョーダンはトムの家へ残り、二人のリンカーンが車に乗り移動を開始した。 本物のトムの密告により二人のトムが乗った車のところへローランの部下たちがやってくる。 そして二人はローランに銃口を突き付けられるも、互いに「俺が本物だ!」と主張する。 ついにはローランはなんと本物の方のリンカーンを撃ち殺してしまう。 無事にジョーダンのところへ戻ってきたリンカーン。 二人は自然と唇を重ね、そのまま体も重ねる。 「もっと早くこうすればよかった」と言うリンカーンだった。 もはや二人で自由に逃げることも可能な状況だが、コロニーに捕らわれた他のクローンたちを見捨てることはできないということで、再度コロニーに戻ることを決意する二人。 まずリンカーンが本物のトム・リンカーンに成りすまして内部へ侵入。 別行動をとったジョーダンもわざとクレジットカードを使って位置を特定させて捕らえられ、トムの家にあった拳銃を持って内部に侵入した。 二人は内部で合流してそれぞれがまた別行動をとる。 リンカーンは内部でホログラム発生装置を破壊してクローンたちに事実を伝えようとし、ジョーダンはまとめて殺されるところだったクローンたちを救出する。 またこの際、今までは敵だったローランが、非人道的なバイオテック社のやり方を見かねてかジョーダンに協力してくれるようになった。 リンカーンはメリック博士との一騎打ちになるがこれに勝利。 他のクローンたちは広々とした世界へ飛び出し、リンカーンとジョーダンもそこで抱き合い、物語は終わる。 PSSTOREで視聴したのだが、作品概要で「主人公が恐ろしい事実に気づきヒロインと逃げる」ということがすでに書いてあったので、主人公たちが置かれた環境が決して良いものではないことはあらかじめ分かっていた上での感想となる。 その事実は「アイランドなんてものは存在せず、主人公たちクローンは本物のための使い捨てスペアだった」というわけだが、あらかじめ概要で上記のようなこと書いてしまうとある程度は予想ついてしまうんで、「恐ろしい事実がある」ってこと自体も概要から伏せればよかったんじゃないかなあと思った。 というのも、この作品その事実が明らかになってからは割とありがち、平凡なストーリーをたどるのだよな。 逃げ出したリンカーンとジョーダンは追手から逃れつつ本物のトム・リンカーンに会いに行き、本物になりすまして再びコロニーに侵入して他のクローンたちを助けるという。 普通な話なので、「コロニーに何か恐ろしい事実がある」ということすらも伏せておいたほうが視聴者としては驚きがより大きくなり、後の平凡な流れもまああまり気にならなくなったはずじゃないだろうか、なんてことを思ったのである。 何か我ながらややっこしいこと考えるとも思うが、それだけ、後半のアクションが「普通だなあ…」なんて印象が強かったってことだろうな。 あと、リンカーンとジョーダンは15歳くらいの知性しかないという設定の割には外の世界に出てからは妙に適応性豊かに世界になじんでいくのが気になった。 さらに知識がないはずのリンカーンがバイクに乗ったり、捕らわれたところでトラックに突っ込まれたりしても生き残る二人に対して「いやいやないだろー」って思うことうけあい。 ただこれって、実は暗に理由が示唆されているように思えた。 自分なりの勝手な解釈だが。 リンカーンが都合よく空飛ぶバイクに乗れたりするのは本物のトムの知識がを潜在的に持っていたとしても流石におかしいし、ビルの70階から落ちても生き残ってるようなのはさらに滅茶苦茶なのだが、そのまさにビルから落ちたシーンで、消防士か何かの見知らぬおっさんが「奇跡だ!神に愛されてる!」みたいなことをリンカーンとジョーダンに言うのだよな。 これが立て続けに起きる奇跡の理由にしてるんじゃないかなと。 これってつまり、「クローンなんてもんを作ったらろくなことになりませんよー」って製作者が言いたいんじゃないかと。 クローンだってまぎれもなく人なのに、ただのスペア扱いしてると神様がクローン側に味方し、人間たちはいつか痛い目見ますよーって言いたいんじゃないかな、なんて思った。 本物のトム・リンカーンや本物のジョーダンに全く救いがないのも、これが主旨だからなんじゃないかと。 人のクローンなんて「ちょっと一人くらい作ってみてもいいんじゃない?」なんて無責任なことを思わんでもないし、実用性としても臓器その他をスペアにするってのは医療の一つの到達点にも思えるけど、まあやっぱり道義的に駄目よね。 ちなみに、ヒロインのスカーレット・ヨハンソンは最近だとアベンジャーズにナターシャ・ロマノフ役として出ているが、この作品は2005年作品であり、現在30歳の彼女はこれだとちょうど20歳。 「多くが想像する理想のブロンド美女を具現化したらこんな感じなのでは?」ってくらいに美しいので、それを目的に見るのもいいかもしれない。 真相が明らかになるまでは「何だ何だ?何があるんだ?」という吸引力がある映画だが、明らかになってからは割と平凡なアクション映画。 少し調べたら興行成績は製作費にまったく見合わず惨敗だった、ということを知ったのだが、それもなんとなくわかるような出来でもある。 しかしCGをふんだんに使った映像、王道なグッドエンドで、特段つまらないというわけでもない。 決して致命的に出来が悪いわけではなく、話は分かりやすいので洋画劇場でやれば受けのいい作品だと思う。 あと、20歳のスカーレット・ヨハンソンが非常に美しくグラマラスなので男諸君はそこ目的で見てもいい。

次の