終末のワルキューレ 30話。 【8話無料】終末のワルキューレ

終末のワルキューレ

終末のワルキューレ 30話

『終末のワルキューレ』前話 29 話のあらすじは・・・ 2人は今試合初めての接近戦を開始。 ヘラクレスが優勢でジャックを殴り飛ばす。 ジャックは隠し持っていた槍での攻撃も失敗するが、最後に付着した血を手袋で神器化させてヘラクレスを貫く。 ヘラクレスはジャックを賞賛しつつ消滅。 無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。 ジャック、虚しき勝利 こうしてジャックは朝日に照らされ、勝利を迎えた。 と、ジャックの神器である手袋が光を放ち、解けて元のフレックの姿になる。 フレックはジャック同様ボロボロの姿で、「神をころした気分は?」と嫌味を言う。 これはジャックも知らない感情だ。 フレックは、哀しい時に哀しい表情を出来ないとは可哀想な人間だと同情する。 フレックは自分がボロボロになっている事に気付き、飛び立つ。 最後にジャックに医務室に行く事を勧め、「坊や」とだけ言う…。 ジャックは腹を抑えながら帰路を行く。 道中、ヘラクレスの勇姿を思い出す。 ……ジャックは願った。 「引っ込めさつ人鬼!」「お前がタヒねば良かったんだ!!」 賞賛などではない。 罵倒だ。 それだけヘラクレスが人間にも慕われていたのだろう…。 カストルも悔し涙を流しながら石を投げようとするが……ヘラクレスを思い出して踏みとどまる。 ……しかし、ジャックは笑っていた。 アンも酒瓶片手に何とも言えない笑みを浮かべた顔で見送る。 あれもまた、人間としての姿なのだろう。 ロキはジャックの戦法を分析する。 柵に落下する直前……ワイヤーガンで空中に飛び上がった際、既にジャックは戦略が頭の中で完成していたんだろう。 致命傷を逃れる位置で柵を脇腹に突き刺し、本命と思わせた柵の槍を手に入れる。 だが本当の目的は、手袋に纏わせるための血液。 槍はブラフ。 …それがヘラクレスを、そしてロキ達をも欺いた。 最も、それでも命懸けの戦法だ。 ヘラクレスはそれだけの相手だったのだろう。 「まったく本当に…大した奴だよ」 ヒルデの覚悟、そして危険な沖田総司… しかしアレスは本当に讃えるべきなのは最後まで折れなかったヘラクレスと言う。 彼は変わる事なく前だけを向いた。 だから親友に報いるため、アレスは自分も前を向くと誓う。 そんな彼を、ヘルメスはどこか認めたような目をして見ていた…。 「ふう、やれやれ…」 ゼウスはとうとう同点まで人類が来たと言う。 そして全身の筋肉を肥大化させ、怒りのあまり握力だけで建物を破壊。 無情にも立ち去ろうとするヒルデにこれでいいのかと怒りの声を上げる。 だが、辛いのはヒルデも同じ。 握りしめた右手からは血が滴り落ちていた。 ……それからヒルデはある部屋に入る。 散っていった呂布とアダムに杯を捧げていた部屋だ。 そこにヘラクレスの杯も捧げ、涙をボロボロと零していた……。 ヘラクレスだけタヒなせない。 全てが終わったら自分も後を追うつもりだ…。 新撰組局長・近藤勇がその戦士に代表に選ばれた名誉を語る。 その戦士は……随分小柄な少年だった。 だが、内に秘めた狂気は神のおどろおどろしさにも引けを取らない。 はやく自分の番が来ないかと少年は言う。 少年の名は………沖田総司房良。 無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。 知恵が神を打ち破ったのです。 ジャックの悪辣なまでの知略はまさに人間の持っているもの。 言わば、人間が神に打ち勝ったという事…!! (当然賞賛などされませんでしたが、それでもジャックは笑みを浮かべていました) ただ2人、アンとロキだけはジャックを認めていました。 それぞれ、ジャックがあのヘラクレス相手にどれだけ凄い偉業を成し遂げたのか理解しているようです。 最低のさつ人鬼だろうと、実力さえあれば認めてくれる人はいるのでしょうね。 そしてラスト、何やらヤバそうな人物が現れました。 沖田総司房良です。 見た目は少年ですが、その奥には相当な狂気を秘めている事が見て分かります。 佐々木小次郎と同じ日本の剣士のようですが、佐々木小次郎を凌いでいてもおかしくありません。 果たして…。 無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。 をお送りしました。 漫画を読むならeBookJapan【背表紙が見やすい!】 まるで本屋で本を捜すように背表紙で本を探せますよ。 やっぱりビジュアルって大事! 登録無料で月額料金不要。 しかも登録するだけで半額クーポンが貰える。 詳しくは上記から公式をご確認ください。

次の

終末のワルキューレ 30話 鎮魂・31話無類の漢達 の感想

終末のワルキューレ 30話

終末のワルキューレ【最新第29話】勝ったのはオレだ ネタバレ 終末のワルキューレ【最新第29話】勝ったのはオレだ 終焉が近づこうとしているジャックVSヘラクレス。 お互いが前進をしてこの試合初めての接近戦が開始。 ジャックは、瓦礫を盾にヘラクレスのパンチを防ごうとしますが、それを防ぐことができずに吹っ飛ばされてしまいます。 しかし、それでもジャックは立ち上がりました。 お互い限界が近づいていますが、ジャックは逃げ続けます。 ただ、ジャックが逃げ続けているのには考えがありました。 攻撃のチャンスが到来したジャック。 右腕に隠していた、わき腹に刺さっていた鉄柵でヘラクレスに攻撃します。 しかし、その攻撃はヘラクレスにはかすり傷しか与えられません。 そして、ヘラクレスのカウンターを受けて吹き飛ばれてしまうのでした。 その後、再び立ち上がるジャックは、歌いながらヘラクレスに迫ります。 カウンターを受けて前のめりに倒れようとしているジャックですが、彼はヘラクレスの胸を自身の腕で突き刺します。 『Dear God』という技でヘラクレスにとどめをさすジャック。 これは手袋についた血を神器化させてヘラクレスを突き刺すという技でした。 一方、ヘラクレスはジャックを攻撃しようとするように見えましたが、攻撃はせず優しい表情をしていました。 そして、ヘラクレスの体は崩壊を開始。 崩れた体は天に昇っていくのでした。 スポンサーリンク 終末のワルキューレ 最新話を含む『月刊コミックゼノン』を無料で読む 終末のワルキューレ【最新第29話】勝ったのはオレだ のネタバレはどうでしたか? ここまで読んでいただいた方の中には• 「文章だけでは分かりにくい」• 「登場人物の動きや表情も気になる」 と、思った方もいるのではないでしょうか? 「このネタバレの内容をできれば漫画で読みたい! 」 そんな方におすすめしたいのが、フジテレビが運営する動画配信サービス FODプレミアムです。 あなたにFODプレミアムをおすすめする理由とは? この漫画を無料で読みたいと思ったあなたにFODプレミアムをおすすめする理由は次の4つです。 終末のワルキューレ【最新第29話】感想 ついに決着がつきました! 「ヘラクレスが勝利と思ったけれども、能力の負荷に耐え切れずヘラクレスも倒れてしまう」 という引き分けを予想していましたが、結果は地の利や自分の性格や能力をフルに活かしたジャックの勝利。 しかし、勝利はしましたが、最後のページを見る限りどこか寂しさを感じているような印象を持ちました。 そして、次回は次の試合の選手たちが登場という展開になると思います。 果たしてどのような対戦カードになるのかとても楽しみです! まとめ ということで、 この記事では、2020年3月25日発売の『月刊コミックゼノン2020年5月号』に掲載された 終末のワルキューレ【最新第29話】勝ったのはオレだのネタバレと感想を紹介しました。 今回のお話を簡単にまとめると、• この試合初めての接近戦開始• 鉄柵で攻撃するものの、かわされてしまいカウンターを受けるジャック• ジャックは倒れそうになりますが、神器化させた血が付いた手袋でヘラクレスの胸を突き刺す• ヘラクレスの体が崩れ落ち、ジャックの勝利となる という内容でした。 今回のネタバレ記事も、漫画で読む方がその場の風景や登場人物の細やかな感情も分かり、より楽しむことができます。 この記事の内容を漫画で読んでみたい! と思った方には、わざわざ書店に行く必要もなく、購入したら今すぐに読める電子書籍がおすすめです! こちらの記事では、好きな漫画の最新話や単行本をお得に読むことができるサービスを紹介しているので、よろしければご覧ください!

次の

終末のワルキューレ 30話 鎮魂・31話無類の漢達 の感想

終末のワルキューレ 30話

『終末のワルキューレ』アジチカ(画)梅村真也(作)は月刊コミックゼノン連載中です。 『終末のワルキューレ』前回(19話)のあらすじは・・・ 今まで培った様々な達人の動きを取り入れた小次郎の剣捌きを受け、血だらけになるポセイドン。 だがポセイドンは鼻歌を歌うと、全身の筋肉を肥大化させて本気を出す。 小細工なしの彼の本気に諦めかける小次郎だが、今まで出会ってきた全ての戦友の為に奮起し、空気や地面の振動も感じ取るレベルでポセイドンの懐に潜り込む。 無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。 真っ二つに切断されたポセイドンは、全身にヒビが入って消滅していった…。 神々が意気消沈しているのと対照的に、人類とヒルデたちは涙ながらに喜ぶ。 小次郎は皆からの声援を受けるが、本音は人生でようやく得た勝利に浸りたい所である。 だが流石に疲れた小次郎、仰向けになって倒れる………所を、神器から戻ったフリストに抱えられる。 仇は必ず取るという約束が守られ、安心するゲル。 だが人類が存続するのに必要な勝利数はあと6つ。 ソファに腰掛けたゼウスの後ろに、アレスとヘルメスがいた。 シヴァやロキもいる。 ヒルデが本気で神々を倒すつもりなら、こちらも迎え撃つまで。 それを聞いたシヴァは次は自分と名乗りを上げるが、ゼウスはギリシャの借りは我々ギリシャに返させて欲しいと言う。 ヒルデとゲルはそこを歩きながら、次の神側の出場者が誰か話していた。 「オレだ」 強い圧を放って2人の前に現れる男。 ゲル「ヘラクレス兄様」 彼の名はヘラクレス。 ゲルやヒルデの兄である。 改めて彼は、次の試合で自分が出ると宣言する。 ヒルデは彼の武運を祈った。 らせん状の外階段をヘラクレスが歩いていると、ロキが現れる。 ロキは彼がヒルデたちと仲が良かった事などをからかうが、彼は武人として恥ずかしくない闘いをするまでと返す。 そして、自身が人類の終末に反対である事も……… ヘラクレスとしては、人間代表に完膚なきまでに勝った後で、人類救済を申し出るつもりらしい…。 彼はいつでも正しい者の味方だ。 ヒルデは最初からヘラクレスの相手だけは決めている。 彼女が人類の中で一番嫌いなクソ中のクソ野郎らしいが……。 とうとう第4回戦に入る。 現在は神2-1人。 そして迎える序盤戦の天王山。 司会者が立っているのは、1~2ha 10000~20000m2 もありそうなロンドンの街だった。 今までの闘技場で最大である。 そのため観客達はモニター観戦となる。 人類代表がこの闘技場を要請したらしい。 そしてそれをヘラクレスが受理してくれたのだ。 ………人類代表が霧と共に現れる。 英国紳士の恰好をし、顔には仮面を付けている。 仮面の下からは、口ひげを生やした紳士風の男の顔が現れる。 それを見たロキは、人選をしたヒルデを「やらしいヤツ…」と評す。 ………向こう側からは、馬に乗った豪傑が現れる。 ネメアの獅子、地獄の番犬ケルベロスを…素手で屈服させた豪勇。 あまり声援を受けないジャックに対し、ヘラクレスは神たちに応援される。 まるで悪者を倒す正義のヒーローのようだ。 無料登録するだけでもれなく購入した本が50%オフになるクーポンがもらえます。 ぜひ有効に利用したいですね。 登録無料で月額料金不要。 無料で読める作品が約1万5000冊もあります。 是非試し読みをして本を選んでくださいね。 詳しくは上記から公式をご確認ください。

次の