いなご フライヤー。 いなごFlyer(いなごフライヤー)とは?暗号資産(仮想通貨)のイナゴトレードをサポートするツールの特徴・使い方を徹底解説!

為替や債券、ゴールド(XAUUSD)先物に対応したいなごFlyer(いなごフライヤー)

いなご フライヤー

なぜ大量に取引されることを検知することが大切なのか? ここで初心者のために補足します。 なぜ、いなごFlyerがビットコイン投資家に使われているのかというと、 短期トレードで利益を得るには大量取引を予測することが重要だからです! 例えば、これからビットコインが大量に買われる場合、ビットコインの値段は上がります。 コインが上がる前に、コインを買っておけば安い値段で買って、上がり切った値段で売ることができるのです。 逆もそうですね。 これから売られる!ということがわかればその前に売って、安い値段の時にコインを買い増すことができます。 スプレッドは、仮想通貨投資に絶対に必要な知識なので、わからない人は是非勉強してください。 取引の量が灰色の棒線で表されています。 長い縦棒が続いた後に急激にチャートが上昇しています。 この取引が沢山されてるよ!というのグラフと音で教えてくれるのがいなごFlyerです。 リップルも予想通りの壮絶なイナゴチャートで終わったな。 公式サイト: 公式サイトに行くとトップページが表示されるので、トップの左上の 「Bitcoin Market Action Checker」をクリックすると、ビットコインの取引量がわかるページを表示することができます。 数字の下の の中は日本円です。 取引所の文字の色と、棒グラフの色が連動していて、今どこの取引所での取引が多いのかを一目で見ることができます。 詳しい見方は下で説明しますね。 Chromeだと見れたので、うまく表示されなかったらブラウザを変えてみるといいですね。 いなごFlyer いなごフライヤー の使い方 いなごフライヤーはグラフをみて取引するというよりも、 「いなご音」という音を聞いて取引するタイミングを計る方が多いです。 そのため、グラフの見方よりも先に、いなごフライヤーの使い方をご説明します。 いなごフライヤーを起動するとわかるのですが、「テレレ~テレレ~」とか「ダーン」とか色々な音が鳴ります。 結構間の抜けた音で、ちょっと中毒性がありますw アニメを見ながら、いなごフライヤーについて調べていたので、このアニメ定期的に変な音なるな…変なアニメや…と思っていました。 イナゴ音は、取引所や売られた量、買われた量によって異なります。 例えば、Aという取引所の売り注文が一定量 70コイン以上の成行売買 を超えると「ピコン」という音がなるとします。 Bという取引所だと「テレレ」という音がなります。 色々な音が大量になりだしたら、「売り注文の取引量増えてるな!!」と判断でき、「よし売買しよう!」となります。 いなごFlyer いなごフライヤー の見方 いなごフライヤーの見方も軽く説明しときます。 イナゴフライヤーの画面はいくつかのパートに分かれています。 取引ボリュームを表すイナゴチャート 各取引所の売注文と買注文が一目で見れます。 70コイン以上の売買の一覧 イナゴチャートは取引所の価格の一覧の下に表示されているのが、こちら。 70コイン以上の売買がここに表示され、どの取引所で何コイン売られたのか、買われたのかを確認できます。 作った人すごいなぁ…! 設定部分 残りは設定部分ですね。 何枚以上の売買で音を鳴らす?とか、この取引所の音は鳴らさない!とか、何秒ごとにイナゴを計測するか?、など好みに合わせて設定することが可能です。 設定方法は後ろで詳しく説明しますが、「ピコピコなりやすい取引所の音は消しとくか~」くらいの設定をしている人が多そうでした。 いなごFlyer いなごフライヤー の設定方法 では、イナゴフライヤーの設定項目を上から順番に見ていきます。 各取引所の音とボリュームの設定 設定部分の一番上の表のところです。 表の左から、• BoardName:取引所の名前。 Up Sound:大量に買われたときの音。 Down Sound:大量に売られたときの音。 Alert Volume:音の大きさ。 「Up Sound」「Down Sound」の音はリストから選択できますが、どれがどの音なんだ状態だと思います。 各音の設定は、さらに下の設定の「Alert Sound Setting」の項目で確認できます。 Chart Column Settingとは Chart Column Settingは、 イナゴチャートの列の設定です。 Seconds Per Column 1-60 は何秒単位で列を生成するかの設定で、1秒から60秒の範囲で選べます。 1にすると1秒ごとにイナゴチャートの縦棒が作られます。 Column Count 5-180 は、何列まで表示するかです。 1秒ごとに180列だとこんな感じ。 Alert Settingとは Alert Settingは、何秒ごとにイナゴを計測するかです。 例えば、デフォルトの20だと、20秒ごとにイナゴが発生していないか計測し、発生していたらお知らせします。 Alert Sound Settingとは Alert Sound Settingは、アラートの音全般について設定できます。 Volume:音の大きさ。 Rate:音の速さ。 バーを左に寄せるほど遅く 音が低く なりました。 Smaple Up Sound:大量に買われたときの音。 Sample Down Sound:大量に売られたときの音。 下にあるサンプルボタンで、「Smaple Up Sound」と「Smaple Down Sound」の音が確認できます。 全体的に、上がったらポジティブな音、下がったらネガティブな音に設定されているみたいです。 上の個別設定の部分とどう違うんだろう…?と思いましたが、わかりませんでした。 View Settingとは View Settingは、イナゴチャートの表示に関する設定です。 Price Board Reverse:売り買いのグラフを逆にできる? 合っているか不明です…• Chart X-Direction Reverse:x軸の向き逆にする。 左側のほうが新しい棒グラフで、グラフは左から右に動く。 Chart Height:グラフの高さの変更。 Y Axis Fixed:y軸の補助線。 英語か日本語。 Send Alert JSON Message POST とは Send Alert JSON Message POST は、アラートログの履歴を外部サーバへ送信する機能です。 いなごFlyerの中の方が、「ユーザーが自分でサーバーとWebアプリを用意すれば、ログが送信されたタイミングでトレード自動注文プログラム等を起動することができます。 」と説明されていました。 すごいなぁ。 PriceBoard SubRateCurrencyとは PriceBoard SubRateCurrencyは、各取引所のビットコインの価格の表示する通貨の単位を変更できます。 デフォルトは日本円。 の中の表示の事ですね。 まとめ 今回は、いなごFlyerとは?から始まり、見方、使い方、設定方法について説明しました。 すごくよくできたツールで、始終「すごい…」と思いながら触っていました。 是非みなさまも使ってみてくださいね!.

次の

いなごFlyerとは何?見方や使い方や設定方法

いなご フライヤー

いなごフライヤーは価格の大きな変動を使って利益を出す、 仮想通貨のいなごトレードをサポートするツール• 仮想通貨は価格の変動が激しいことからイナゴトレードにピッタリ!• いなごフライヤーは ビットコイン 、 イーサリアム、 モナコイン、 ネム、 ビットコインキャッシュの 6種類の仮想通貨のいなご情報に対応している• 国内外の主要な取引所に数多く対応している点は、 いなご フライヤーの特徴であり大きなメリットの1つ• アラート機能が搭載されており、取引所ごとにカスタマイズもできるため、買い時を逃さずにイナゴトレードができる!• 株取引の世界で使われていた言葉で、情報などをもとにして、短期売買で利益を出していきます。 このように、 いなご トレードの言葉自体は、株の世界で使われていた用語です。 いっせいに買いや売りに走る姿が、いなごの群れる姿に似ていることが、語源となっています。 そのため、 ある程度歴史のあるトレード方法として、株などの投資家の間では根付いています。 仮想通貨でも同じ意味で、トレード方法の1つとして認知されています。 仮想通貨はいなごトレードにピッタリ 仮想通貨は 価格変動が激しいことで有名です。 先ほども解説しましたが、 いなご トレードでは 価格変動の激しい銘柄を狙って、短期でトレードを行います。 こうしたことからも、 まさに仮想通貨はいなごトレードにピッタリということができるでしょう。 いなごフライヤーの3つの特徴 ここからは、 いなご フライヤーの特徴について見ていきましょう。 いなごフライヤーには、大きく分けて下記の3つの特徴があります。 OKEX• BitMex• GDAX• Gemini• Bitstamp• BitFinex• Zaif• Coincheck• bitFlyer• bitFlyerFX• Binance• Huobi• bitbank bitFlyerやHuobiなど、海外や国内の主要な取引所には、大体対応していますね。 上記で記載した取引所以外にも、 通貨ごとにさまざまな取引所のイナゴ情報が確認できます。 この機能をうまく利用することで、 いなご 発生時にも買い時を逃さずトレードすることができます。 また、アラート機能は、 取引所ごとに音の種類を設定することができます。 自分が気になる取引所だけ、他とは別の効果音を設定しておけば、聞いただけで判断することが可能です。 いなごフライヤーは、こういった細かい点の配慮まで行き届いた、ユーザー思いのツールと言えるでしょう。 いなごフライヤーの使い方 この項目では いなご フライヤーの使い方について、確認していきたいと思います。 appspot. こちらのタブを操作することで、 どの銘柄のイナゴ情報を表示するかを選択することができます。 上のプラス方向に伸びている分は、買い注文の量を示しています。 逆に下側のマイナス方向に伸びている分は、売り注文の量を示しています。 また、表示されているグラフをタッチすると、色ごとに 取引所の取引高の情報の確認も取れます。 チャート上で確認する際には、こちらで表示されている 取引所ごとの色に合わせて、 グラフをタッチすると効率が良いでしょう。 appspot. これは、 大口取引があった時の情報を示したものです。 後ほど詳細設定の項目でも解説しますが、英語表示と日本語表示を切り替えることができます。 appspot. こちらでチェックを外しOffにすると、先ほど解説した いなご チャートから、その 取引所の 取引ペアの情報が消えます。 appspot. 何秒ごとに グラフを作っていくのかや、 表示本数の設定など、細かな設定が可能です。 たとえば、60秒で設定した場合、その60秒の中で いなごが発生すれば、時間経過後アラートでお知らせしてくれます。 アラート音自体のOnとOffの切り替えや、再生速度もこの項目で変更可能です。 売り買いの グラフを反転させて表示させたり、 X軸の向きを逆向きにしたりといった設定が可能です。 イナゴフライヤーの情報をbotに送信したり、 自動売買で利用する時に便利です。 この項目で表示する 法定通貨を、 日本円から アメリカドルに切り替える、といった設定が可能です。 再度設定しなくて済むので、お気に入りの設定ができたら、こちらの項目から保存しておきましょう。 いなごフライヤーにおすすめの国内取引所 ここからは、いなごフライヤーを活用できる、おすすめの 国内取引所を紹介していきたいと思います。 0 GMOコインは、 初心者でも見やすく使いやすい取引画面で、人気を集めている国内取引所です。 「取引所に登録したはいいけど、使い方がわからない!」という声は、当サイトにも非常に多く寄せられています。 しかし、 GMOコインであれば、 初心者の方でも画面を見ただけで、簡単に仮想通貨のトレードができちゃいます。 また、運営企業は東証一部に上場している、 GMOインターネット株式会社です。 上場企業であるため、 資金力と 信頼性はバツグンと言えるでしょう。 また、同社は金融関係の事業を長年にわたって行ってきました。 このノウハウを生かして、万全のユーザーサポートを行っています。 bitpoint. 0 BITPointは、 他の取引所よりもお得に仮想通貨を購入できる、国内取引所として人気です。 BITPointでは、取り扱っている仮想通貨のすべてを、 取引手数料無料で購入できます。 また、取引板というものを使い、 ユーザー同士が直接取引できる点も魅力です。 これによって、より自分の希望に合った金額で仮想通貨を購入することができます。 運営元の親会社は、東証二部に上場している 株式会社Remixpointという企業です。 さまざまな事業を手掛ける同社は、 信頼性と 資金力の面でもレベルが高く、安心して取引できます。 0 フィスコ仮想通貨取引所は、 他では買えない仮想通貨を購入できる、国内でも人気の取引所です。 独自に発行している フィスココインや、国産の人気コインである モナコインなどを購入できます。 運営元の親会社は、 株式会社フィスコです。 同社は、長年にわたって金融業界の情報を配信してきました。 ヤフーなどの非常に大きなメディアにも、金融関係の情報提供をしています。 このことからもわかるように、 資金力や 信頼性の面では、他の取引所よりもさらに優れていると言えます。 いなごフライヤーは激しいボラティリティで利益を出す、 仮想通貨版 イナゴトレードのサポートするツール• 仮想通貨はボラティリティが激しい!まさにイナゴトレードにはピッタリと言える• いなごフライヤーは 6種類の仮想通貨のイナゴ情報に対応しており、国内でも人気の高いリップルなどのイナゴ情報が確認できる• いなごフライヤーの特徴として、国内外の主要な取引所に数多く対応している点があげられる• 取引所ごとにカスタマイズもできるアラート機能で、イナゴトレードの大事な買い時を逃さない!• いなごトレードにはまさにピッタリと言えます。 みなさんもこの記事を参考に、 いなご フライヤーを使ってガンガン利益をだしてくださいね! 取引所に登録が済んでいない人も、ぜひこの機会に登録しておくことをおすすめします!• 当サイトで提供する商品の情報にあたっては、十分な注意を払って提供しておりますが、情報の正確性その他一切の事項についてを保証をするものではありません。 お申込みにあたっては、提携事業者のサイトや、利用規約をご確認の上、ご自身でご判断ください。 当社では各商品のサービス内容及びキャンペーン等に関するご質問にはお答えできかねます。 提携事業者に直接お問い合わせください。 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は責任を負いません。 本サイトに掲載されているbitFlyer社の取引・利用状況・使用感想に関する根拠について ビットコイン取引量 国内 No. 2018年 国内取引所の総月間出来高(現物/差金決済/先物取引を含む) 仮想通貨サービス利用率 国内 No.

次の

【Discord FX】

いなご フライヤー

いなごフライヤーは価格の大きな変動を使って利益を出す、 仮想通貨のいなごトレードをサポートするツール• 仮想通貨は価格の変動が激しいことからイナゴトレードにピッタリ!• いなごフライヤーは ビットコイン 、 イーサリアム、 モナコイン、 ネム、 ビットコインキャッシュの 6種類の仮想通貨のいなご情報に対応している• 国内外の主要な取引所に数多く対応している点は、 いなご フライヤーの特徴であり大きなメリットの1つ• アラート機能が搭載されており、取引所ごとにカスタマイズもできるため、買い時を逃さずにイナゴトレードができる!• 株取引の世界で使われていた言葉で、情報などをもとにして、短期売買で利益を出していきます。 このように、 いなご トレードの言葉自体は、株の世界で使われていた用語です。 いっせいに買いや売りに走る姿が、いなごの群れる姿に似ていることが、語源となっています。 そのため、 ある程度歴史のあるトレード方法として、株などの投資家の間では根付いています。 仮想通貨でも同じ意味で、トレード方法の1つとして認知されています。 仮想通貨はいなごトレードにピッタリ 仮想通貨は 価格変動が激しいことで有名です。 先ほども解説しましたが、 いなご トレードでは 価格変動の激しい銘柄を狙って、短期でトレードを行います。 こうしたことからも、 まさに仮想通貨はいなごトレードにピッタリということができるでしょう。 いなごフライヤーの3つの特徴 ここからは、 いなご フライヤーの特徴について見ていきましょう。 いなごフライヤーには、大きく分けて下記の3つの特徴があります。 OKEX• BitMex• GDAX• Gemini• Bitstamp• BitFinex• Zaif• Coincheck• bitFlyer• bitFlyerFX• Binance• Huobi• bitbank bitFlyerやHuobiなど、海外や国内の主要な取引所には、大体対応していますね。 上記で記載した取引所以外にも、 通貨ごとにさまざまな取引所のイナゴ情報が確認できます。 この機能をうまく利用することで、 いなご 発生時にも買い時を逃さずトレードすることができます。 また、アラート機能は、 取引所ごとに音の種類を設定することができます。 自分が気になる取引所だけ、他とは別の効果音を設定しておけば、聞いただけで判断することが可能です。 いなごフライヤーは、こういった細かい点の配慮まで行き届いた、ユーザー思いのツールと言えるでしょう。 いなごフライヤーの使い方 この項目では いなご フライヤーの使い方について、確認していきたいと思います。 appspot. こちらのタブを操作することで、 どの銘柄のイナゴ情報を表示するかを選択することができます。 上のプラス方向に伸びている分は、買い注文の量を示しています。 逆に下側のマイナス方向に伸びている分は、売り注文の量を示しています。 また、表示されているグラフをタッチすると、色ごとに 取引所の取引高の情報の確認も取れます。 チャート上で確認する際には、こちらで表示されている 取引所ごとの色に合わせて、 グラフをタッチすると効率が良いでしょう。 appspot. これは、 大口取引があった時の情報を示したものです。 後ほど詳細設定の項目でも解説しますが、英語表示と日本語表示を切り替えることができます。 appspot. こちらでチェックを外しOffにすると、先ほど解説した いなご チャートから、その 取引所の 取引ペアの情報が消えます。 appspot. 何秒ごとに グラフを作っていくのかや、 表示本数の設定など、細かな設定が可能です。 たとえば、60秒で設定した場合、その60秒の中で いなごが発生すれば、時間経過後アラートでお知らせしてくれます。 アラート音自体のOnとOffの切り替えや、再生速度もこの項目で変更可能です。 売り買いの グラフを反転させて表示させたり、 X軸の向きを逆向きにしたりといった設定が可能です。 イナゴフライヤーの情報をbotに送信したり、 自動売買で利用する時に便利です。 この項目で表示する 法定通貨を、 日本円から アメリカドルに切り替える、といった設定が可能です。 再度設定しなくて済むので、お気に入りの設定ができたら、こちらの項目から保存しておきましょう。 いなごフライヤーにおすすめの国内取引所 ここからは、いなごフライヤーを活用できる、おすすめの 国内取引所を紹介していきたいと思います。 0 GMOコインは、 初心者でも見やすく使いやすい取引画面で、人気を集めている国内取引所です。 「取引所に登録したはいいけど、使い方がわからない!」という声は、当サイトにも非常に多く寄せられています。 しかし、 GMOコインであれば、 初心者の方でも画面を見ただけで、簡単に仮想通貨のトレードができちゃいます。 また、運営企業は東証一部に上場している、 GMOインターネット株式会社です。 上場企業であるため、 資金力と 信頼性はバツグンと言えるでしょう。 また、同社は金融関係の事業を長年にわたって行ってきました。 このノウハウを生かして、万全のユーザーサポートを行っています。 bitpoint. 0 BITPointは、 他の取引所よりもお得に仮想通貨を購入できる、国内取引所として人気です。 BITPointでは、取り扱っている仮想通貨のすべてを、 取引手数料無料で購入できます。 また、取引板というものを使い、 ユーザー同士が直接取引できる点も魅力です。 これによって、より自分の希望に合った金額で仮想通貨を購入することができます。 運営元の親会社は、東証二部に上場している 株式会社Remixpointという企業です。 さまざまな事業を手掛ける同社は、 信頼性と 資金力の面でもレベルが高く、安心して取引できます。 0 フィスコ仮想通貨取引所は、 他では買えない仮想通貨を購入できる、国内でも人気の取引所です。 独自に発行している フィスココインや、国産の人気コインである モナコインなどを購入できます。 運営元の親会社は、 株式会社フィスコです。 同社は、長年にわたって金融業界の情報を配信してきました。 ヤフーなどの非常に大きなメディアにも、金融関係の情報提供をしています。 このことからもわかるように、 資金力や 信頼性の面では、他の取引所よりもさらに優れていると言えます。 いなごフライヤーは激しいボラティリティで利益を出す、 仮想通貨版 イナゴトレードのサポートするツール• 仮想通貨はボラティリティが激しい!まさにイナゴトレードにはピッタリと言える• いなごフライヤーは 6種類の仮想通貨のイナゴ情報に対応しており、国内でも人気の高いリップルなどのイナゴ情報が確認できる• いなごフライヤーの特徴として、国内外の主要な取引所に数多く対応している点があげられる• 取引所ごとにカスタマイズもできるアラート機能で、イナゴトレードの大事な買い時を逃さない!• いなごトレードにはまさにピッタリと言えます。 みなさんもこの記事を参考に、 いなご フライヤーを使ってガンガン利益をだしてくださいね! 取引所に登録が済んでいない人も、ぜひこの機会に登録しておくことをおすすめします!• 当サイトで提供する商品の情報にあたっては、十分な注意を払って提供しておりますが、情報の正確性その他一切の事項についてを保証をするものではありません。 お申込みにあたっては、提携事業者のサイトや、利用規約をご確認の上、ご自身でご判断ください。 当社では各商品のサービス内容及びキャンペーン等に関するご質問にはお答えできかねます。 提携事業者に直接お問い合わせください。 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は責任を負いません。 本サイトに掲載されているbitFlyer社の取引・利用状況・使用感想に関する根拠について ビットコイン取引量 国内 No. 2018年 国内取引所の総月間出来高(現物/差金決済/先物取引を含む) 仮想通貨サービス利用率 国内 No.

次の