知らなくていいコト最終回。 知らなくていいコト最終回予想結末!父親の真実と不倫の恋の行方は!?

知らなくていいコト【9話】ネタバレと最終回の考察。尾高とケイトの関係と息子の正体。

知らなくていいコト最終回

1.知らなくていいコト最終回の感想まとめ! 最終回を見たみなさんのツイッターでの反応についてまとめました。 一途にケイトを想う尾高さんも、尾高さんの心内や子どもを想って別れを選ぶケイトも、一緒に子どもを育てようというケイトも、そんなケイトは好きじゃないという尾高さんも、全部が二人とも大好きやった。 最後までお互いに相手ファーストな素敵な二人やった。 — もこ m2o5m2o5m 「そうだな、、。 」と言わずに断った尾高さんにホッとした。。 中盤でもやもやしてたけど最後の最後まで優しいままで終わってくれて嬉しかった。 — mari m23371272 それでも時間は流れる。 人はそれぞれ生きる。 世の中は進んでいく。 物語中、職場の同僚たちがケイト達に過干渉するわけでもなく、ケイトによって影響されるわけでもなく、それぞれ生きてる感じが良かったな。 そこすごく大事な描写のような気が今した。 それぞれの道を歩んでおります。 また、野中春樹を演じた重岡大毅さんの演技を絶賛する声も多かったです。 中には、野中春樹の役柄のために重岡さんを嫌いになった人もいるようです。 知らなくていいコトの最終回は尾高とケイトが結ばれないまさかの結末になりました。 モヤモヤしたという人もいましたが、多くの人が衝撃の結末を受け入れているようでした。 また、続編を望む声も多かったです。 知らなくていいコトはで全話放送中ですので、見逃した方や初めから見直したいといった方は、是非チェックしてみてください!.

次の

【ハッピーエンドならず】「知らなくていいコト」最終回・感想まとめ

知らなくていいコト最終回

女優の吉高由里子さんの主演ドラマ「知らなくていいコト」(日本テレビ系、水曜午後10時)の最終回が、3月11日に放送される。 公式サイトでは「殺人犯の父は無実だった! ケイトが選ぶ人生&不倫愛の行方とは?」と紹介されている。 30年前、乃十阿(小林薫さん)が幼い息子をかばって罪をかぶった可能性があることを聞いたケイト(吉高さん)は、乃十阿の息子が住むドイツへと旅立っていた。 ケイトの暴走を知った尾高(柄本佑さん)は、当時3歳だった息子に事件の真相を聞いても無駄だと止めようとするが……。 ケイトは、乃十阿が息子をかばった気持ちを理解しているようなそぶりの尾高に複雑な思いを抱く。 そんな中、帰国したケイトを待っていた編集長の岩谷(佐々木蔵之介さん)は、再び事件の真相についての手記を書くようケイトに迫る。 乃十阿が人生を懸けて守ろうとした秘密を暴き、その息子の人生を狂わせる記事を発表することに抵抗するケイトだが、岩谷は「ケイトが嫌なら俺が書く」と編集部の選抜メンバーで30年前の事件の裏取りに動き出す。 自分抜きで事件の真相解明が進む状況を複雑な思いで見るケイトだったが……。 数日後、会議室に呼ばれたケイトは、新しい証拠と共に、母・杏南(秋吉久美子さん)と自分の存在も事件に無関係ではなかったと思わせる証言について聞く。 そのころ、会社を休み続けている元彼の野中(重岡大毅さん)は孤独の中で、ある決断をしようとしていた。 記者として人として記事を書くことに揺れるケイトはその夜、尾高から「話したいことがある」とスタジオに呼ばれる。 先の見えない2人の関係に意外な結末が待っていた。 そして、乃十阿の事件の先にケイトが見つけたある答えとは……。 週刊誌「週刊イースト」で日々スクープを狙う記者、真壁ケイト(吉高さん)はある日、自身の父がハリウッドスターだと聞かされる。 ところが自分の出生の謎と父の秘密に迫ると、人生最大の「知らなくていいコト」にぶち当たることになる……というストーリー。

次の

「知らなくていいコト」最終回に尾高さんロス続々 闇落ち野中スピンオフ希望も

知らなくていいコト最終回

ドラマ「知らなくていいコト」10話最終回のネタバレ・あらすじ・結末を紹介していきたいと思います! 9話の放送で解ったのは、結果的に乃十阿徹は無実の冤罪でした。 とは言え、乃十阿徹がかばったのは、やはり本妻との間にできた息子でした。 まだ3才で、普段家でハーブティーを淹れるお手伝いをしていた事から、事件が起きた時もお手伝いのつもりで、毒草のハリヒメソウを飲料タンクに入れてしまい、結果的に凄い事件になってしまった・・・。 乃十阿徹はその事実を知り、息子をかばうために逮捕されるも、動機については話さなかった。 動機なんてないですし、適当な動機を言えばよかったのかもしれませんが、殺意を見せるような嘘は言いたくなかったんだと思います。 もくじ• ケイトの暴走を知った尾高(柄本佑)は、当時3歳だった息子に事件の真相を聞いても無駄だと止めようとするが・・・。 ケイトは、乃十阿が息子をかばった気持ちを理解しているような尾高に複雑な思いを抱く・・・。 そんな中、帰国したケイトを待っていた岩谷(佐々木蔵之介)は、再び事件の真相についての手記を書くようケイトに迫る。 乃十阿が人生をかけて守ろうとした秘密を暴き、その息子の人生を狂わせる記事を発表することに抵抗するケイトだが、岩谷は「ケイトがイヤなら俺が書く」と編集部の選抜メンバーで30年前の事件の裏取りに動き出す! 自分抜きで進む事件の真相解明を複雑な思いで見るケイトだが・・・。 数日後、会議室に呼ばれたケイトは、新しい証拠と共に、母・杏南(秋吉久美子)と自分の存在も事件に無関係ではなかったと思わせる証言について聞く・・・! その頃、会社を休み続けている野中(重岡大毅)は、孤独の中で、ある決断をしようとしていた。 記者として人として記事を書くことに揺れるケイトはその夜、尾高から「話したいことがある」とスタジオに呼ばれる・・・。 先の見えない二人の関係に意外な結末が待っていた。 そして、乃十阿の事件の先にケイトが見つけたある答えとは・・・。 ドラマ「知らなくていいコト」9話で語られた乃十阿徹の事件の真相 高村「これはあくまでもわたしの想像ですが・・・乃十阿さんは、逮捕された後、犯行を認めて以来、ずっと黙秘を続けていたので、私が国選弁護人になって、乃十阿さんと接見しても、何も語ってくれませんでした。 でも、知的で誠実な人柄は感じられました。 」 「最初の接見の時、奥さんとは離婚したいので、そのことも頼むと言われ、わたしはすぐ、奥さんに会いに行きました。 奥さんは憔悴しておられましたが、離婚はすぐ承諾されました。 その時、3歳になる坊ちゃんがお宅にいらして、奥さんが私のために、ハーブティーを煎れるのを、手伝っていました」 ケイト・尾高「・・・!」 高村「犯行現場ではハリヒメソウと言う毒草を乃十阿さんが、共同の飲料タンクの中に入れて、無差別殺人を行ったということになっています。 もし、お母さんの手伝いをいつもしていて、水に草を入れることはよいことだと思っていた3歳の子供が、キャンプ場の飲料タンクにハリヒメソウを入れたとしたら・・・。 」 ケイト「・・・その子を庇ったということですか?」 高村「そうです。 乃十阿さんが自白したのは、警察が事情を聴きに、乃十阿さんのお宅に行った時のことでした。 刑事が、犯行に使われた毒物はハリヒメソウであると言った途端、乃十阿さんが『わたしがやりました』と自白したそうです。 いきなり自白したので驚いた、と刑事は言っていました。 」 ケイト「先生は、息子を庇ったのではないかと、乃十阿にお聞きになりましたか?」 高村「もちろん聞きました。 最初に聞いた時、乃十阿さんは一度だけ、動揺したように、わたしには見えましたが、それ以降は二度とそのようなことはなく、自分の犯行であると言う態度は崩しませんでした。 」 尾高「子供を庇ったんですか・・・。 」 これはあくまで私の想像ですが・・・と弁護士の高村が言っている通り、これが本当に真相なのかは解りません。 しかし、これが真相でほぼ確定なのではないかと思われます。 だからこそ、10話でケイトは乃十阿徹の息子に会いに行きます。 「知らなくていいコト」10話最終回の結末で尾高とケイトは? 乃十阿徹の件も問題ですが、これは恐らく手記は世の中に出ないのではないかと思います。 乃十阿徹の汚名が晴らされて、ケイトの殺人犯の子供という汚名は無くなったとしても、やはり乃十阿徹の本妻との息子が世間から冷たい目で見られてしまいます。 それでも良いから出す・・・という決断をケイトは出来ないと思います。 ケイトが書かないなら自分が書くという岩谷ですが、もしかしたらケイトが何かベツの大きなスクープを持ってきて、それを出す事によって帳消しにする・・・という展開になりそうな気がします。 そのケイトが持ってくるスクープというのが、尾高の提案で、尾高とケイトの不倫だったら・・・世間的にそこまでのスクープではないですが、殺人犯の娘が不倫・・・となれば世間も賑わうかもしれません。 なので、尾高の提案でこれが行われる可能性もあるんじゃないか・・・尾高の今の妻と子供は悲しみますが、世間からバッシングされる事はない。 自分が悪者になって、ケイトと結果的に結ばれるような・・・そんな予測もできてしまいます。 最終回の10で気になるのは、尾高との事と乃十阿徹の事です。 この結末がどうなるのか!!楽しみにしましょう!! 「知らなくていいコト」10話最終回のネタバレ・感想 遂に最終回が放送されました。 ケイトはドイツに行き、乃十阿の正妻の息子と会いました。 息子は、クラシック音楽で成功していて、小さい子供がいる自立した大人になっていました。 それを見たケイトは、この告発でこの家族を壊す事になる・・・。 それは本当にやるべき事なのか・・・と悩みます。 そして日本に戻り、尾高のスタジオで尾高と話すのですが、尾高は離婚していました。 そして、尾高はケイトに「書け」と言います。 尾高は離婚したことをケイトに告げると「そんなの私が好きな尾高さんじゃない」と言って、再び振ってしまいます。 尾高の事は大好きだけど・・・小さい子供もいるから、子供を大切にして欲しい・・・そういう事でした。 そして尾高は自宅に帰ると、赤ちゃんが泣いている・・・。 奥さんは・・・居ない。 離婚届を見ると、奥さんの名前のところ、横線を引いたあともありましたが、判子も押されている。 これを提出したのかどうかは解りませんが・・・。 赤ちゃんを置き去りにした事は間違いなさそうです。 尾高は後に、「自分があのまま帰らなかったら、この子も死んでいたんじゃないかと思うと、自分が守ってやらなきゃって思う」と語っています。 シングルファーザーとして子育てをしていく決意をした感じですね。 そしてケイトは乃十阿の無実の記事を書き、それを入稿します。 そんな時に闇落ち亀の野中が久しぶりに出社してきました。 泥酔状態のような感じで出社し、辞める事を伝えて、自分がケイトの素性を他社にリークしたという事を告げて謝ります。 しかし、ケイトの父親である乃十阿は殺人犯じゃなかった・・・と告げられ 「え?」 という感じになるも、退職届は受け取ったから有休消化だけしておけぇ~と言われ、追い出されてしまいました。 「僕は小説家になります!あなた達が頭を下げるような小説家になって見返してやります!!」 的な事を捨て台詞に吐きながら追い出されました。 そしてケイトが入稿した記事が印刷される段階で、イーストの社長が接待で会っていたい印刷会社の社長からゲラを見せられたようです。 その結果、乃十阿とケイトの記事をボツにしろ・・・と鶴の一声がかかり、ボツになってしまいました・・・。 乃十阿の真実などは世の中に出る事はなくなりました。 これこそまさに、「知らなくていいコト」ですね。 そしてその事を伝えにケイトは乃十阿のところを訪れます。 乃十阿は最後の最後まで、ケイトを自分の娘だとは認めなかった。 乃十阿は自分の正妻の息子をかばい、自分の娘でもあるケイトを殺人犯の娘にしてはダメだ・・・と思い、認めなかった。 この世の中には「知らなくていいコト」がある。 乃十阿はそう言いたかったのかもしれない・・・。 そして3年後、闇落ち亀の野中は見事に小説家になり、30万部を売り上げるベストセラー作家になっていた! 尾高はシングルファーザーとして息子を育て、ケイトはまた取材の日々を過ごしている。 ケイトは岩谷に言いました。 自分は全て満たされるんじゃなくて、どっか欠けてる方が良い・・・。 だから尾高とくっつかなかった。 しかし、ケイトは乃十阿の記事が出なかった時に、尾高に「一緒に子供を育てよう」と言うも、今度は逆に「そんなケイトは好きじゃないな」と尾高に断られていました。 人生すれ違い! そして今日もちょっとした傷を抱えながら取材をして生きていく。 人生、そんなもんだ! ドラマ「知らなくていいコト」の見逃し配信と動画配信 ドラマ「知らなくていいコト」の見逃し配信はTVerで、全話配信はHuluで行われます! 日テレなのでHuluで配信される事は間違いないですね。 このドラマ、放送される前は人気が出るかどうかは解らないと思っていましたが・・・まさかのストーリー展開と、キアヌ・リーブスの名前が連呼されていたぶっ飛んだところもあるドラマなので、Huluでのチェインストーリーも、そのうち配信されるかもしれません! 今のところ現実的に考えたら、最終回の放送が終わったあとに、その後のストーリーが15分から30分くらいの長さで配信される・・・という感じかもしれません。 いや、解りませんが・・・。 このドラマ、「知らなくていいコト」も遂に放送が終わりました! 続編を期待する声も多いようですし、もしかすると!? 【関連記事】.

次の