仕事 辞める 理由 ランキング。 仕事を辞めたい理由はみんな共通?ランキングから見た本当の退職理由とは

仕事を辞める理由ランキングTOP3・タイミング・方法・勇気

仕事 辞める 理由 ランキング

退職するとき、よく円満退職(=円満退社)という言葉を使いますね。 円満退社とは、労働者と使用者の双方が納得・理解をして、スムーズな引継ぎとともに、 後を濁さずにその職を離れることを言います。 つまり、けんか別れではなく、お互いの関係性を良好にしたまま退社することを円満退社というわけです。 それでは、どうして円満退社がいいのでしょうか?インターネットなどでは「仕事辞める理由円満じゃないとかまずいぞ」といった意見も見受けられます。 仕事を辞める理由にかかわらず、円満退社が好まれる理由を確認してみましょう。 仕事を辞める理由が転職活動に影響するから 退職をするとき、定年退職でなければほとんどの人が転職活動をすることになります。 その際「前職は最悪だったんで、びしっと言って辞めてきました」とか「ギクシャクして辞めました」などと言ってしまうと問題あり。 採用担当者は「うちに来たらまたトラブルを引き起こすんじゃないか…」と 心配になってしまうのです。 仮に、表面上では円満退社をしたように装っても、面接官にはばれるもの。 仕事を辞める理由について、胸を張って「円満退社です」と言える辞め方をしていれば、転職活動でもポジティブに向き合えるでしょう。 前職の人たちとは、退職後もどこかでつながりがあるから 「仕事を辞めたい!」と思う理由は、業務のつらさ、待遇の低さ、はては人間関係の悪さまで・・・。 退職したい理由にはたくさんの本音があるのでは?しかし、仕事を辞める理由をそのまま伝えてもケンカ別れになってしまうのが関の山。 どうせなら円満退職という形で、キレイに会社を去りたいものです。 円満退職をするための退社理由、考えたことはありますか?どうせなら、何のいさかいもなく気持ちよく退職ができるようにしましょう。 円満退職は「引き止められない理由」で攻めよう 円満退職をするには、本音でぶつかっていくのは当然NG!とはいえ、建前で挙げるような退社理由を使っても、会社の上司に妥協案や引き留めに遭ってしまい、すんなり退職するのは難しい・・・。 それなら『引き止められないような退職理由』で攻めてみるのも一つの手です。 建前と本音の退社理由も知って、円満退職のための退社理由を実践で使えるようにしていきましょう。 退職理由は「建前」と「本音」を使い分ける 転職や退職をすることは、決して例外的ではありません。 今でも同僚や仲間が退職するということを聞けば、ネガティブな感情が芽生えないとも限りません。 そのため、ほとんどの人が、円満退社のために建前と本音を使い分けて、会社や上司に納得してもらえるように、退社理由を伝えているようです。 つまり、火種を残さないように円満退職をするのが一種のマナーということですね。 円満退職を実現して転職するならエージェントに相談 退職をする際には、何かとトラブルがつきものですよね。 退職の意思を示してから、スムーズにことが進むことはほとんどありません。 上司から引きとめられるのではないか、社内での扱いが急に変わるのではないかなど、何かしらの不安を抱えることでしょう。 そんなときは、転職エージェントに相談してみてください!オススメは「リクルートエージェント」です。 転職活動をトータルでサポートするだけでなく、 エージェントが親身に相談にのって、円満退職を実現する手助けもしてくれますよ。 転職するも退職するも人それぞれですが、今の会社を納得して円満退職したいという思いは、多くの人が共通して持っているのではないでしょうか。 納得して退職したいけど、会社や上司に対する不満は言いにくい・・・。 できれば、会社を辞める時も上司に納得してもらう理由で退職し、関係性を悪くしたくはないですからね。 次に、リクナビNEXTが調査したランキングを見てみましょう。 円満の一歩手前?退職・転職理由【建前ベスト10】 1位 キャリアアップしたかった 38% 2位 仕事内容が面白くなかった 17% 3位 労働時間・環境が不満だった 11% 3位 会社の経営方針・経営状況が変化した 11% 5位 給与が低かった 7% 6位 雇用形態に満足できなかった 4% 6位 勤務地が遠かった 4% 6位 仕事に対する責任がなく物足りなかった 4% 9位 上司・経営者の仕事の仕方が気に入らなかった 2% 9位 同僚・先輩・後輩とうまくいかなかった 2% いまの会社や上司に何かしら不満や不安があって退職・転職したとしても、仕事を続けていく以上は、転職先でもいまの会社や上司とのビジネスがあるかもしれません。 その場合に上司に対してどのように言って納得してもらったらいいのでしょうか? 理由をいうとき、上司には「適職が見つかりました」と伝える 上司も納得し、円満退職できる退職理由を述べるのが一番です。 「~に興味が出てきたので、それに関わる仕事がしたい」 「自分の適職に出会えた」 「自分のステップUPのため、違う環境で自分を試してみたい」 「今の仕事以外にもやりたいことを見つけたい」 というような前向きな退職理由を伝えておけば、上司とも退職した後もいい関係が保てますし、納得してもらいやすいです。 今まで関わってきた上司などに礼を尽くし、あと始末をちゃんとして辞めていくのが大人としてのマナーでしょう。 そんな大人に納得できるふさわしい理由なら、これかもしれません。 退社理由として「不満」は口に出さないこと 納得して円満退社をするためには、上司や会社への不満は心の中におさめておくことです。 もう辞めるのだからと、上司や会社への不満や不平を伝えるのはやめましょう。 そうしてしまうと、労働条件や諸待遇の見直しを前提に上司から引き止められることも考えられます。 上司から引き止められた場合には、これまでに会社で教育を受けたことに感謝しながら、自分の退職したいという意思を伝えるようにします。 退職時には、前向きな「個人的な理由」で納得させよう 上司から退職理由を聞かれたら「個人的な理由」をあげるのが、納得して円満退社できるコツです。 転職を確固と決意しているのなら、自分の都合を言いましょう。 しかも、夢の実現など、納得して送り出してもらえる前向きな理由だと尚好ましいです。 その場合は、偽ることなく上司にはっきり言いましょう。 女性の中には自分のプライベートについてあまり職場に明かしたくないという人もいますが、事情を話さなくてはいけない場合でも、納得できなくても下手にごまかすより開き直ってお祝いしてもらいましょう。 円満退社を、転職・退職の隠れミノにしてしまおう 今は女性が結婚しても仕事を続けるということは普通のことであり、だんだん減りつつありますが、結婚や出産を機に退職するというのはいまだに、円満退職できる理由のひとつです。 本当に納得して円満退職し、専業主婦をするにしても、結婚とほぼ同じタイミングで転職することは伏せておくことにしても、結婚を機にと言ってしまえば、それ以上、上司などから追及されることは、そうありません。 上手い退職理由が思いつかない場合は転職エージェントに相談 代表的な退職理由をいくつか見てきましたが、上司の性格や職場の状況などでこれらが効果的でない場合もあります。 そんな時は転職エージェントに相談して、状況にあわせた退職理由を探してみましょう。 「ハタラクティブ」は正社員経験のない人を積極的に支援しているため、採用担当に良い印象を与える志望動機を作るサポートには定評があります。 もちろん職場への印象も考えた上でいろいろなアドバイスをくれるので、どう切り出していいのか、なんと伝えればいいのかわからないというときは、ぜひ相談してみてください。 仕事を辞める理由では「どうにもならない都合」を伝えて円満退職を目指そう 円満退職の退社理由ベスト3と、気持ちよく仕事を辞める方法を見てきました。 納得できる円満な関係を保ったまま仕事を辞める理由には、適職が見つかったというような前向きな理由を述べる、もしくは必要以上に多くのことを語らないということが挙げられるようです。 また、女性であれば寿退社を利用するという仕事を辞める方法もあるようです。 会社を辞める人のほとんどが、ほとんどの人が建前と本音を使い分けて会社や上司に伝え、納得して円満退社に近づけるように努力しているようです。 納得した上で自分が退職するとき、あなたはどんな退社理由をつけますか?是非円満退社を目指しましょう。 エージェントサービスを利用することで円満退社の可能性を広げることができますよ。 また、 転職エージェントや診断サービスの利用も効果的ですので、ぜひ試してみてください!.

次の

本音と建前は必須? 退職理由ランキングと好印象な伝え方・例文

仕事 辞める 理由 ランキング

仕事を辞めたいと考えている人は、どのような理由で退職を考え始めるのでしょうか。 他人の退職理由はとても気になりますよね。 仕事を辞めたい理由はいくらでもあるのに、 なんだかんだ言い訳をしてしまい、辞められない方も多いのではないでしょうか。 辞めたいと思ったときに辞められない方は、せっかく良い求人を見つけてもタイミングを逃して転職できなかったり、我慢し続けた結果、体調を壊してしまったりします。 転職は、始めるまでのハードルは高いですが、始めてしまえばどうとでもなるものです。 本記事では、 仕事を辞めたい人の理由をランキング形式で紹介していきます。 「自分だけが根性がないのでは?」「甘えなの?」と落ち込み方もいらっしゃるかもしれませんが、意外と多くの人が転職問題で悩んでいるようです。 仕事を辞めたい理由と、円満退社をする方法について考えてみましょう。 さらに、退職理由の上手な伝え方についても解説していきます。 長い人生、『 仕事の見切り時期」も大事ですから、転職を考えている人はぜひ参考にしてください。 仕事を辞めたい人の辞めたい理由ランキングトップ10 『エンジャパン』が2019年9月26日に公表した、退職理由に関するアンケートによると、「 退職を考え始めたきっかけを教えてください。 」に対する結果は以下のようになっています。 引用元: 『体調を壊した』『結婚・家庭の事情』などのどうしようもない理由はもちろん、 『給与に対する不満』『仕事にやりがいを感じない』なども、立派な退職理由です。 下記でいくつか体験談を紹介しますので、仕事を辞めるか悩んでいる方は参考にしてみてください。 第1位|やりがい・達成感を感じないから どれほど頑張って成果を残しても正当に評価されない、人事制度に対する不満です。 特に昇進や昇給昇級に関する評価制度は、長期的に働いていく上で大きな要素です。 しかし、評価制度が不透明であったり、上司の太鼓持ちが上手いだけの人が昇進したりする会社もないわけではありません。 会社の制度そのものに問題があるため、1人で不満を訴えたところで改善されることもなく、仕事を辞めたいと感じても仕方ないでしょう。 第2位|給料が低かった 退職を考え始めた理由として、 20代から40代を見ても圧倒的に多かったのが「給料の低さ」です。 やはり、給料が低いと満足度が下がり、転職を考え始める人が多いようです。 あなたも一度は、給料に不満を感じたことがあるのではないでしょうか。 特に働き盛りの 30代の給料やボーナスなどの報酬は、仕事に対するモチベーションの源になります。 そのため、給料に対する満足度が低ければ、その職場を退職したくなるのは当然のこと。 ちょうど結婚する時期でもありますし、日々の生活費でいっぱいいっぱいだと、貯金もできないでしょう。 趣味やちょっとした贅沢に使うお金も必要です。 あまりに給与が少ないと、何のために仕事をしているのかわからなくなりますよね。 たとえ、やりがいがある仕事でも、給与が低ければ続けるのは難しくなってくるでしょう。 もちろん仕事は給料が全てではありませんが、あまりにも給料が低すぎると辞めたくなる気持ちもわかります。 給与明細がない、不透明な賃金事情も多い 給与が低かったと回答した方の中には、給与明細がない、残業代が支払われない、休日出勤なのどの手当もない、という意見も目立ちました。 給与が低かったと回答された方 給与明細が来ない。 残業代・出張費はつけると聞かされていたがきちんとついていない。 業績が良くないと事前に説明なく給与が減る。 賞与も事前の説明なく突然カットされる。 (いっしーさん/29歳/奈良県) 残業代、休日出勤手当の支給が無い。 (ひろさん/35歳/千葉県) 給料未払い・パワハラ発言・家賃滞納・オーナーの不祥事。 (れいさん/33歳/埼玉県) 引用元: 仕事辞めたい人の嘆き 給料を30%カットされた(製造/34歳男性) 残業手当もボーナスもない。 時給換算したら、近所のコンビニバイトのほうが上だった……(SE/24歳男性) どんなに遠くても、通勤手当が月100円(インストラクター/35歳女性) 隣の席で居眠りをしている人と、終電帰りの自分が同じ給料(Webディレクター/30歳男性) 自社ブランドの服をたくさん買わなければならず、生活が苦しい。 好きだったオシャレも楽しめなくなった(アパレル販売/24歳女性) 引用元: 給料の未払いはもちろん、残業代の支給がないというのも違法である可能性が極めて高いので、もしそういった事情にある方は、労働問題に詳しい弁護士などに一度相談されることをおすすめします。 【外部サイト】 第3位|企業の将来性に疑問を感じたから 業界や会社の将来が不安になったという内容です。 会社の業績があまりにも悪く、将来性に不安を感じて退職を決意したり、法律違反スレスレの行為が横行していたり、または完全に違反を犯している場合もあります。 今やどんな業界にいても、絶対安心と言い切ることはできません。 会社を背負って立つくらいの気概があれば、たとえ今の会社が倒産したとしても、どこの会社でも通用します。 外から見ると、業績良いし、将来も安泰だなと思うかもしれないけど、実情はかなりやばい場合、周囲に相談してもなかなか理解されずに、辞めるなんてもったいないといわれがちです。 実際の労働に見合った給料がもらえないのであれば、退職を考えるのは当然ですよね。 周りの方は、あなたの人生に対する責任なんて負ってくれません。 逃げ遅れてしまう前に、辞めるのが良いかと思います。 第4位|人間関係が悪かったから 会社の上司や同僚との関係性が悪く、働きづらくなり退職を決意するパターンです。 仕事にやりがいがあっても、上司や同僚との人間関係に問題があると、働き続けるのは難しいもの。 やはり、組織で働くうえで、周囲のメンバーとの人間関係は重要です。 無理に我慢しているくらいなら、仕事を辞めてしまったほうがよいでしょう。 たとえ、仕事がうまくいっていたとしても、それが上司に評価されなかったり、同僚から嫌われていたりしたら非常に働きづらいですよね。 実際に 上司のパワハラに耐えられなくて退職する人も多いようです。 人間関係が悪かったと回答された方 直属の上司からストーカー行為を受けた。 (ダイゴロウさん/32歳/大阪府) パワハラ 上司からの罵倒や暴言。 (kayaさん/31歳/愛知県) プライベートのメールの内容を読まれ、その内容について仕事中に言われた為。 (チョコレートさん/30歳/神奈川県) 引用元: パワハラやセクハラも人間関係のトラブルです。 加害者が悪いにもかかわらず、被害者側から解決に持っていくのは簡単ではありません。 また、後述しますが、本音のところでいくとようです。 人間関係に悩みやすい人は、感情のアップダウンが激しい人に多く、感情のコントロールがうまくできる人は、ある程度良好な人間関係を保てるようです。 第5位|残業や休日出勤など拘束時間が長かったから 次に多かったのが、残業や休日出勤が多いという理由です。 いくら好きな仕事であったとしても、残業や休日出勤が多ければ満足度は下がるものです。 そのため、多くの人が退職を決意するのでしょう。 平日の残業や休日出勤が多いと、自分の時間がほとんど持てなくなります。 そうなると、精神的にも疲れて体調を崩してしまう可能性も。 拘束時間が長い過酷な労働からは、我慢せずにすぐに離れたほうが得策かもしれません。 睡眠不足によるうつの発症 とくに睡眠不足は、肥満や生活習慣病などの原因になるだけでなく、記憶力や集中力の低下にもつながるため、無理すればするほど、仕事に悪影響を及ぼします。 肉体的・精神的な疲れが溜まっていき、限界を迎えたころには、うつ病や過労死ということになりかねません。 過剰な休日出勤• 「残業が多すぎる」• 「土日・祝日が休めず休日が少ない」• 「会社の評価が労働時間に見合わない」など 明らかにブラック企業と思われる場合は、体調が心配です。 前向きに考えれば、そのような状況で我慢して働いてきたこと自体が、1つのスキルとも言えます。 ただ、いくら好きな仕事であったとしても、残業や休日出勤が多ければ満足度は下がるものです。 そのため、多くの人が退職を決意するのでしょう。 平日の残業や休日出勤が多いと、自分の時間がほとんど持てなくなります。 そうなると、精神的にも疲れて体調を崩してしまう可能性も。 拘束時間が長い過酷な労働からは、我慢せずにすぐに離れたほうが得策かもしれません。 第6位から第10位• 第6位: 評価・人事制度に不満があった• 第7位: 自分の成長が止まった・成長感がない• 第8位: 社風や風土が合わなかった• 第9位: 体調を壊した• 第10位: やりたい仕事ではなかった 仕事へのやりがいや達成感でも一部登場していた「 評価・人事制度に不満」が第1とした回答が6位に登場。 そのほか、自分の成長が止まってしまったと感じていたり、社風や風土が合わなかったり、体調を壊してしまったなどの理由がランクイン。 下記に主な理由をご紹介します。 評価・人事制度に不満があったと回答された方 具体的なキャリアアップが制度化されていない。 (きょんさん/22歳/東京都) 賞与が貰えなかった。 (おつかれさん/33歳/東京都) 不利益な人事制度改定のため。 (マルケスさん/34歳/福岡県) 自分の成長が止まった・成長感がないと回答された方 暇な時間が多すぎた。 (みやあさん/31歳/東京都) スキルアップのため、留学したくなった。 (yuppuさん/32歳/愛知県) 社風や風土が合わなかったと回答された方 オーナー会社の為、鶴の一声、理不尽や思い付き気分に本社全体が振り回される。 (あいさん/32歳/千葉県) トップの考えが合わない、振り回されていると感じた(にゃおにゃおさん/24歳/京都府) 先輩後輩の上下関係が強く、担当ではない別の部署の業務も当然のように回ってくる。 その事実を担当部署の上席者は認識しているが先輩だから我慢しろと言われる。 明らかに組織として成り立っていない。 (そねさん/35歳/沖縄県) 引用元: クラウドソーシングで業務を依頼していた際、代表のクレジットカードが突然のストップ。 口座振替は面倒だけど、お金が払えないということで、個人のクレジットで経費精算をしていた時期がありました。 経費建て替え自体は良いのですが、額が150万円を超える自体に。 払ったとはいえ経費なので当然ながら会社に請求、しかし、待てども一向に支払われず、返って来たと思ったら3万円を毎月支払うという謎の扱いを受けました。 会社に伝えた理由としては家庭の事情が筆頭とされる「一身上の都合」ですが、本当の退職理由として「人間関係」をあげているという結果が出ています。 引用元: 理由ランキングの上位にいた『給与面』『仕事内容』『将来性』『人事評価』などが、いかに建前だったかがわかります。 仕事を辞めるのはいつでもできる|辞める前に考えて欲しいこと 仕事を辞める方の多くは職場の人間関係トラブルによるものがわかりました。 このご時世、転職に踏み切るのは簡単ですが、人間関係を改善すれば今よりも楽に過ごせる可能性も高いですから、少しでも人間関係を円滑にするためコツについてお伝えします。 まずは身近な上司・同僚に相談しよう 職場に一人でも信頼できる人がいるのなら、相談するようにしてみましょう。 ただ相手を間違えてしまうと尾ひれがついてしまう恐れもありますので、口が堅く、約束を守れるような相手かどうか見極めたうえで、相談をするのがおすすめです。 相談をした上で、時には部署替えを打診するのも良いでしょう。 人事部や役員などに掛け合う 人事部や役員などの会社上層の人に相談するのも有効です。 会社には社内通報窓口が設置されていれば、それを使うことで直接上場部に連絡することが可能です。 現場で起きていることを経営陣は詳細まで把握できていないケースは多いため、こういった制度を利用することで会社が問題を認識し、動いてくれる可能性があります。 必要最低限の付き合いをしてみる 関わることが多くなるほど、人間関係のストレスは多くなるもの。 最低限の付き合い方をすることで職場の人間関係で溜まるストレスは少なくできるはずです。 「仕事終わりの飲み会に毎回誘われる」• 「いちいち断るのも面倒」 など 最初は何度も誘われるかもしれませんが、回数を重ねれば誘われることも少なくなるはずです。 コミュニケーションを少なくしてしまうことは、さらなる人間関係の悪化につながる可能性もゼロではありませんが、さじ加減が適正なら、結果として人間関係がうまくいきやすいものです。 人間関係が悪い原因を探す|話し方を変えてみる 人間関係が悪い本当の原因を探すのも良いでしょう。 社内でいじめなどがあれば話は別ですが、そうではない場合もたくさんあります。 仕事でかけた迷惑が原因であなたのことを嫌っている• 直接のコミュニケーションが少ない職場なため、根拠のない噂話などで誤解が生まれている 人間関係のトラブルは人の悪意ではなく、無自覚、思いやりのない発言から始まることも多いものです。 改善の第一歩はまず自分の発言を振り返って見ることも重要なポイントです。 自分の考え方を変えてみる 自分の考え方を変える努力をすることも有効です。 例えば、「陰口を言っているAさんって本当に嫌だ。 」を「Aさんは寂しがり屋で、誰かにかまってほしいだけなんだ」といった具合です。 周りの人を変えることは難しい場合もありますから、『 自分の考えを変える』という選択肢も視野にいれてみてはいかがでしょうか。 自分を客観視するのも大事 いったん仕事が嫌になると、何もかもが嫌になり不満がどんどん増えてきます。 冷静になって客観的に自分自身を見つめ直す時間をとることも大事です。 会社側だけに問題があるのではなく、自分にも問題があることに気づくに違いありません。 そのうえで、在職中に今までにやってきた仕事に加え、これからつきたい仕事に有利な資格や興味のある資格にチャレンジすると、転職先へのアピール材料になります。 給料の3ヵ月分は貯蓄しておく 次の転職先を決めずに辞める場合は、ある程度貯蓄がなければ転職活動に焦りが出て、現在よりも条件が悪いところに就職してしまうことになってしまいがちです。 少なくとも、給料の3ヵ月分の貯蓄を確保しておきましょう。 仕事を辞める際は、退職の理由を考えるとともに、次の転職先をあらかじめ決めておくと、金銭的にも精神的にも余裕が持てます。 職場環境が改善しなければ仕事を辞めて転職しよう 原因の解決が難しい場合は、仕事を辞める決断も重要です。 そのような場合は、転職など、新しい職場に目を向けるのもひとつの手段です。 基本的に仕事を辞めてはいけない理由はありません。 法律の上では退職届を出した後、2週間で退職できます。 労働契約を交わした際に、例えば1ヶ月と定められていた場合は、それに従った方が無難ではあります。 職場にあなたを引き止められる法的根拠はないので安心して退職しましょう。 上司も納得?円満退職につながる理由の例 ここからは上司を納得させるための退職理由の伝え方について解説します。 退職理由をどのように伝えるかは、円満退職を実現するための大きなポイントです。 「ほかにやりたい仕事がある」はマイナス理由ではない 漠然と「他にやりたいことがあるから今の仕事を辞める」のではなくて、「具体的にやりたい仕事が見つかった」というのはマイナスな退職理由ではありません。 転職をくり返すことでスキルアップし、収入を増やす人もいますが、転職をして後悔をする人もいます。 後悔する人の多くは、「ほかにやりたい仕事」が明確にされていないからです。 不満を言わない どうせ辞めるからと、今まで思っていた愚痴や不満を言うと、後味が悪くなるばかりです。 むしろ、「義務は果たしてから辞めます。 」とはっきり宣言して仕事を引き継ぎ、顧客への対応などをきちんとしておくことで、円満に退職することができます。 現職で実績をつくることは、転職先で有利に働きます。 ほとんどの企業は採用の際、前の会社での貢献度を重視するため、会社を辞めるその日まで不平不満を口に出さず、実直に勤めることが大切です。 ネガティブな内容は避けるのが無難 まず、退職理由の基本は、「給料が少ないから」「人間関係がイヤになった」というようなネガティブな内容を避け、前向きな内容にすることです。 実際はネガティブな理由であっても、「キャリアアップのため」「やりたい仕事が見つかった」というように前向きな内容になるように表現を工夫しましょう。 建前と嘘は違う 全てを本音で話す必要もないことを覚えておきましょう。 大切なことは上司や会社が納得する理由を伝えることです。 そのため、ときには建前も必要なのです。 例えば、「職場の人事制度に納得がいかない」というような本音を正直に伝えても、上司や会社の人事担当はよい気分にはなりませんよね。 「親の介護のために時間的に余裕がある会社に移りたい」• 「妻が出産のため仕事を辞めるので収入アップが必要だ」など はっきり言うと、理解してもらいやすくなります。 しかし、「家業を継ぐために辞めます。 」と言いながら同じような業界に就職して、前の会社の人と顔を合わせることがあったときは、気まずい思いをするでしょうから、嘘をつくのだけはやめましょう。 仕事を辞めたいけど言えない時に試して欲しい退職理由の伝え方 まずは直属の上司にそれとなく話を持っていく 仕事の時間にいきなり 「会社を辞めたいので」と言っても、上司は戸惑ってしまいます。 なるべく他の人がいないときに、「実はご相談したいことがあります。 近いうちに少しお時間を取っていただけませんでしょうか。 」などと伝えます。 退職の2ヶ月前には伝える 退職の意思を上司に伝えるときは、退職の2ヶ月前には伝えるようにしましょう。 2ヶ月という時間があれば、業務の引き継ぎや退職の手続きなどを、余裕を持って終わらせることができるからです。 そのため、退職や転職を決意したのであれば、何事も早めに行動しましょう。 また、自分が退職するまでの大まかなスケジュールを立てるとうまくいきます。 そうすることで、スムーズに会社を辞めることができるのです。 繁忙期は避ける 退職する時期もとても重要です。 基本的には年度末や年末年始などの繁忙期は避けるようにしましょう。 というのも、今まで携わってきた業務の引き継ぎ作業と繁忙期が重ならないようにする必要があるからです。 例えば、繁忙期の忙しい時期に引き継ぎの挨拶を頼まれても、上司も対応できないですよね。 引き継ぎが終わっていないために退職日が遅れるようなことがないように、繁忙期の退職は避けるようにしましょう。 辞めたくても辞められないなら退職代行も検討 退職代行 たいしょくだいこう とは、労働者が会社を退職したいと考えた場合に、労働者に代わって退職の処理を行ってくれるサービスです。 退職は労働者の権利として法律でも認められているのですが、ブラック企業が横行する日本社会では「辞めたいのに辞めさせてもらえない」という事態も頻繫に発生しています。 退職届を出すのが怖い、退職届を受け取ってもらえないと悩んでいる人にとって、退職手続きを代わりに行ってくれる退職代行サービスは心強い存在でしょう。 まとめ 仕事を辞めたい人の理由をランキング形式で紹介してきました。 他の人が、どのような理由で退職を決意したのかが理解できたのではないでしょうか。 さらに、退職理由の上手な伝え方についても話をしてきました。 退職理由の伝え方は、円満に退職するためには非常に重要なポイントです。 「 わたしはこんな理由で仕事を辞めて良いのか?」そう思われた方もいるかもしれませんが、仕事を辞めたい理由は人それぞれ異なり、誰かと比べたりする必要はありません。 あなたが辞めたいと思ったときが辞め時です。 自分自身が納得できるのであれば、辞めてしまいましょう。 ただし、転職先を決めてから辞めるのか、今すぐに辞めるのかどうか、しっかり考えてから決断するようにしましょう。 転職前は良い会社だと思って入社したのに、実はコンプライアンスに難があり、労働トラブルに発展したケースがあります。 厚生労働省の調べによれば、パワハラやセクハラ、契約違反による労働相談は年間で約110万件以上もあるのが現実。 (出所:厚生労働省 平成29年度個別労働紛争解決制度の施工状況)• 残業代が支払われない• 正当な理由なく解雇を言い渡された など もし自分がこのような被害に遭ってしまった場合、【パワハラやセクハラなら慰謝料の請求】【残業代が未払いなら未払い額の回収】、【不当解雇なら解雇無効か損害賠償金の請求】が可能できますが、弁護士に依頼すると 着手金や報酬金で約50~80万円もの費用がかかります。 弁護士費用がネックとなり、依頼出来ず泣き寝入りしてしまう。 そんな方々を守るために生まれたのが 弁護士費用保険メルシーです。 弁護士費用保険メルシーに加入すると 月額2,500円の保険料で、この先 ご自身が労働トラブルに遭遇してしまった際の弁護士費用補償が受けられます。 なお労働問題に限らず、自転車事故や相続、子供のいじめ問題などの場合でも利用可能です。 (補償対象トラブルの範囲はからご確認下さい。 ) ご自身の問題はもちろん、大切な家族もトラブルから守るため、まずは資料請求からご検討されてはいかがでしょうか。

次の

パートの退職理由ランキング30。円満に辞めるための上手な伝え方

仕事 辞める 理由 ランキング

みんなはどんな理由で仕事を辞めている? 仕事を辞めたいと思った時、同時に 「でも、こんな理由で辞めるのはありなんだろうか……」と考えてしまうこともあるのではないでしょうか。 たとえば転職サイトの面接ノウハウなどを見ると、誰もがポジティブで堂々と話せるような転職理由を挙げています。 それに比べると 「自分の退職理由は甘えではないか?」と思いたくもなります。 しかし、実際のみんなの本音は違います。 面接用の模範解答ではない、本音の「辞めたい理由」とはなにか、本記事でご紹介していきます。 仕事を辞めたい理由ランキング 人が「仕事を辞めたい」と思う理由は様々です。 個人的な悩みから、家族絡みの事情、現代では少なくなりましたが寿退職など……。 その人が置かれている立場や状況は様々であり、「仕事を辞めたい」の一言だけからでは図りきれないそれぞれの事情を抱えているのです。 ここでは、 転職サイトなどのさまざまな「仕事を辞める理由」アンケート結果に、編集部独自調査によるリアルな体験談なども加味して、ランキングにしてみました。 仕事をやめたいと考え始めた人に。 転職支援ツール「ミイダス」 「ミイダス」は、dodaなどでおなじみのパーソルキャリア社が提供するサービスです。 転職支援サービスの一種ですが、他と違うのは、 自分からはなにもしなくとも転職のチャンスがやってくるので、 まだ転職活動に本気でない人にとっても使えるということです。 1位:職場内の人間関係がよくない 仕事を辞める理由として 最も多いのは人間関係に関することです。 職場は、育った環境も違う人間が、さまざまな立場に置かれて仕事に当たっているため、合う合わないが出てくるのは当然です。 職場の人に対して、積極的に「嫌い」と思うよりは、「仕事は一緒にできるけれど、飲み会には誘われたくない」「仲間だと思われたくないから、派閥に囲い込まれるのは困る」という微妙な理由で悩むこともあります。 仕事の内容に問題はなく、やりがいも感じられているのに、人間関係がわずらわしくて辞めたくなってしまうのは、とても損した気分ですよね。 人間関係に問題のある職場を脱出。 20代なら「JAIC」に相談 職場の人間関係の問題は、自分一人で解決しようと思ってもなかなかどうにもできません。 しかし、いざ見切りをつけて転職先を見つけようと思っても、慣れた職場を変えるのはハードルが高いですよね。 そんなとき、もしあなたが20代で正社員を志望しているのなら、 JAIC(ジェイック)に相談してみましょう。 JAICは、 社会人経験の少ない20代向けの就職支援サービスです。 正社員として通用するよう、しっかりとビジネス研修を行ったうえで、 若さに可能性を感じてくれるホワイト企業との出会いを提供してくれます。 2位:どんなにがんばっても評価されない 社員にとって納得のできる評価制度のある会社はそう多くないものです。 ホワイト企業で、かつ業績を上げていて社員に還元する余裕のあるところであれば、期首に目標を立てて期末に評価面談を行い、それによって昇給・昇格していくでしょう。 ボーナスも正当に支給されます。 しかし、 評価制度自体はあっても社員に還元する余裕がなかったり、評価制度そのものがない企業では、社員は いくら頑張っても評価された実感がありません。 それでいて役員など上層部だけがいつも高収入で余裕があるように見えると、仕事のやる気もなくなってしまいますよね。 マイナビエージェントに登録して転職を考えてみよう 転職エージェントは、悩み相談・仕事紹介・応募書類の添削や面接対策・内定後の条件交渉など、転職に必要なことをすべて代行してくれる便利なサービスです。 もし今、日々の仕事に追われがちで、転職活動のために時間を充分にとれる自信がないなら、転職エージェントの力を借りることをおすすめします。 中でもマイナビエージェントは大手老舗サービスであり、 全国対応で地方にも拠点を持ち、担当者の対応が親身だという口コミも多いので安心です。 3位:給与など待遇が悪い 仕事に対するモチベーションを保つためにも、「給料」は非常に重要な要素です。 いくらやりがいがある仕事でも、給料が低いと徐々にやる気は失われていきますよね。 仕事の量や質を考えた時に納得できる金額をもらっていればいいですが、 「あれだけ働いたのにこの給料か」と一度思ってしまうと、モチベーションはどんどん下がっていきます。 しかし、体育会系の雰囲気にどうにも馴染めず…。 また独身者ばかりの若い会社なせいか、女性の産休・育休の取得実績がないのも不安でした。 ブラック企業なわけではなく、単に誰も産休を取ったことがないのです。 業績は右肩上がりで、悪い会社ではなかったのですが、半年で辞めてしまいました。 社風は、入社してからでないと実際のことがわかりません。 勤務条件が良いかどうかというのと、社風が合うかどうかというのはまた違います。 周りの社員が満足して働いていても、自分はどうしても合わない、ということもあります。 その場合、疎外感もあってだんだん辛くなり、表面上は円満退職のように見えても内心は納得いかないままに辞めることになるでしょう。 企業研究にはキャリコネを活用しよう キャリコネは、 62万社以上の企業について、社員の赤裸々な口コミが見られる情報サイト。 残業時間から有給消化率、社風や人間関係などリアルな社内情報まで、転職前に知っておきたい情報が満載です。 さらに、面接で聞かれる内容についても口コミがあり、これからその企業に応募したいと思っているならぜひチェックしておきたいところ。 キャリコネのサイトを通して、 大手転職サイトの求人情報を横断検索することもできます。 6位:担当の仕事内容がつまらない 私達は24時間あるうちの約8時間を仕事に費やしています。 残業等がある場合はもっと長い時間になります。 そんな長い時間行っている仕事を楽しめないのは辛いですよね。 もちろん、仕事には大変なこともありますから、全面的に楽しいことばかりではありません。 それでも 時には楽しみややりがいがあるから続けられるのです。 それがまったくないとなれば、退職を視野に入れるしかありません。 仕事がつまらないだけでなく、 「本当は他にしたいことがある」という思いを抱いていると、現在の仕事のつまらなさもいっそう募ってしまいます。 その「本当にしたいこと」が現実的に叶いそうであれば、そちらの道を目指したほうが自分のためになるかもしれません。 しかし新規事業が打ち出されるたび、社長が「コストを下げられれば品質は粗悪でもいい」「粗悪品に騙される客からだけ金を取れればいい」という考えを持っていることに気づいてしまいました。 上司もそれに追従するばかりです。 もっと社会貢献できる仕事がしたかったので、この会社は辞めました。 経営陣や上司は、 会社の方針を決め、ひいては自分の仕事内容を決める立場の人です。 そんな人たちと考えが合わないと、自分の携わっている仕事のすべてに納得がいかなくなってしまいます。 もちろん、経営に関わる立場では、 売上を立てて社員を養っていかなければならないという切実な事情があります。 そのために、時にはなりふりかまわず売上を目指していくこともあるでしょう。 しかし、それでも譲歩できないくらいに経営陣や上司のやり方が合わないなら、別の環境に移ったほうが自分の精神衛生のためには正解です。 8位:ハラスメントが解決できない 自分がハラスメント被害に遭っている場合はもちろん、周りに被害があるのに解決されず放置されているような会社では、社員のモチベーションが下がっていきます。 「こんな問題が横行しているなんて情けない」という気持ちになってしまうのです。 まともな会社であれば、社員はお互い尊重し合えるので、ハラスメント行為は起こりません。 あるいは、定期的にコンプライアンス研修などが行われ、ハラスメントに敏感な体制が作られていきます。 辛いのは、 ハラスメントに鈍感な社員ばかりの環境で、現に生じている被害が理解してもらえないことです。 相談窓口が役に立たなかったり、ハラスメント相手と戦うほうが疲れてしまうような場合は、さっさと辞めたほうが得です。 10位:育児や介護との両立が厳しい 育児休暇や介護休暇といった制度には限界があります。 それで仕事との両立ができず辛くなって、諦めて辞めてしまう人もいます。 たとえば育児休暇の場合、預け先がなければ休暇の延長は1回できますが、いずれはどうにかしてどこかに子どもを預けて復帰しなければいけません。 仕方なく、遠い幼稚園に長時間かけて送り迎えに行っている親もいます。 子どもを幼稚園に預けて仕事に復帰できても、今度は子どもが病気になるたびに有給を消化して通院していると、あっという間に有給はなくなってしまいます。 それ以上休むと欠勤扱いで給与が減ります。 急な欠勤を繰り返して、周りに頭を下げ、疲弊しながら仕事を続けていくよりは……と、辞めてしまう人も多いのです。 仕事を辞めたいときの対処法とは? 仕事を辞めたいときに選べる道は、大きく 「やっぱり辞めずに頑張る」「会社は変えずに仕事内容を変える」「会社ごと仕事を変える」の3つに分けられます。 それぞれの道を選ぶときにはどんなことに注意すればよいのか、順にみていきましょう。 今の環境で頑張りたいなら気の持ちようを変える 仕事を辞めたいと思っても、いざ辞めるとなると現実的な問題が立ちはだかります。 働きながら転職活動をする余裕はあるのか、転職活動をし始めてもすぐに内定が決まるのか……。 また、会社が繁忙期でとても退職を言い出せる状況ではない、なんて場合もありますよね。 退職は社員の自由ですが、退職を切り出すほうが自分にとってストレスになるというのなら、様子を見ながら働き続けることになります。 その場合、変えるべきは自分の気の持ちようです。 今抱えている悩みは、本当にそこまで悩むほどのことでしょうか?実は考えすぎではないでしょうか?あなたがまだ新人なら、 単に環境に慣れていないだけではないでしょうか? 客観的な他社の意見も聞いて、自分の意識を変えていきましょう。 退職代行サービスを使うという手もある 退職したいけれど、退職交渉があまりにも難しそうなら、冷静に対処できる第三者に任せてしまうのもひとつの方法です。 そんな「退職代行」をしてくれるサービスのひとつがこのEXITです。 会社に行くだけで辛い場合は、会社に行かなくても退職できる• 書類などの手続きはすべてEXITが代行してくれるのですぐに退職が可能• 職場の人に会わずに退職できるのが最大の魅力• EXITと提携している転職サイトから求人紹介が可能。 次の仕事をそのまま探せる 退職のために 「会社に行かなくてもいい」「上司や同僚と連絡を取らなくてもいい」のが代行サービスの魅力です。 仕事が辛くて一刻も早く辞めたいと思っているなら、ぜひEXITで退職代行をしてもらって次のステップに進みましょう。 部署異動をして心機一転を図る 会社自体にそこまで不満はないけれど、 とにかく今の仕事内容や部署の人間関係が辛い……そんなときは、 転職しなくとも部署異動で問題が解決するかもしれません。 まずは直属の上司に、部署異動を希望している旨を話してみましょう。 もし直属の上司との間に問題があって言い出せないのであれば、人事部門や、異動希望先の部署の上長に話をしてみるのもよいでしょう。 異動の時期が決まっている場合は、そこまで待たなければいけないかもしれませんが、転職活動をする手間に比べたら楽だと思えるのではないでしょうか。 転職活動を始める 部署異動で解決するような問題ではなく、やっぱり会社を変えたほうがいいと思うのなら、本当に辛くなって 心身を壊してしまわないうちに転職活動を始めましょう。 ストレスで倒れてからでは、転職活動をする気力を回復するにも時間がかかるからです。 転職には、 悩み相談から面接対策、条件交渉までトータルサポートしてくれるエージェントを使うのがおすすめです。 もちろん利用は無料です。 仕事が辛い中での転職活動は、気持ちの余裕も時間の余裕もありません。 そんな中で判断を早まり、またすぐ辞めたくなるような会社に入ってしまっては意味がありません。 ぜひプロの手を借りましょう。 求人数の多いリクルートエージェントに相談してみよう リクルートエージェントは、 圧倒的なブランド力と求人数を最大の強みにしています。 日本全国の地域の求人を扱っており、大手からベンチャー企業までの求人を扱っています。 求人数は業界トップクラスと言われており、転職成功実績はNo. 1となっています。 また、エージェントが優秀であることでも評判なので、転職が初めての方におすすめの転職エージェントです。 心身の調子を崩していると告げる 退職理由を病気だと理解してもらう伝え方です。 「精神的な限界を迎え、それが体調にも現れる様になってしまって」と、 聞き手に「うつ」を連想させるような言い方をすると、たいていは納得してもらえるでしょう。 根本的な原因が何かはっきり分かる理由では、退職せずともどうにかなると思われかねません。 「うつ」だと思えば、どういう対応で改善するかは人それぞれ。 決まった方法がないので止むを得ないと理解され易いのです。 口で言うだけで納得してもらえなさそうな場合は、 病院で診断書をもらってきて提示しましょう。 うつではなくとも、 「抑うつ」などの診断名は書いてもらえるはずです。 なお診断書は実費で4,000〜5,000円ほどかかるので、そこだけ注意しておきましょう。 家族の転勤や介護などやむをえない事情を利用する もし家族の転勤に伴う引越しや、介護の必要などがある場合、たとえ 通勤できる圏内での引っ越しや、施設に通って済む範囲の介護であっても、退職理由として活用させてもらいましょう。 まったくの嘘をつくよりは、こちらの心理的負担も少なく済みます。 これらの理由なら、反対したところで会社にも上司にもどうにもできないので、それ以上の退職交渉をすることもなく、諦めてもらえるはずです。 前向きな話で押し通す 「どうしても追いたい夢がある」「キャリアアップしたい」という 前向きな理由で押し通せば、引き止めても無駄だと思ってもらえる可能性が高いです。 退職予定の会社から見れば、キャリアアップしたいくらいやる気があるのならなぜうちで頑張らないのか、やる気のある会社員にはうちには残って欲しい、と考えるでしょう。 その場合は、 今の会社では叶えられないようなことを具体的に語りましょう。 ポジティブな話をしていると、自分自身の気分も明るくなり、目の前で相手が渋い顔をしていようがあまり気にならなくなります。 「夢を追って辞める人」を演じきりましょう。

次の