サイトで古いか安全でない tls セキュリティ設定が使用されている可能性があります。 YouTubeが表示しない

Chrome「このサイトは安全に接続できません」の対処法

サイトで古いか安全でない tls セキュリティ設定が使用されている可能性があります

もくじを隠す• [基本編]• [Let's Encrypt応用編]• [IPv6応用編]• [OpenSSL応用編]• [HTML編]• [FreeBSD編]• [モジュール編]• [番外編]• もくじ [CONTENTS] Apache 2. TLS1. 2のみ対応のサイトに移行すると、どうなる? [2017年10月8日版] 国内の法人サイトが「TLS1. 2のみ対応」の移行を始めました。 具体的にはスターバックスさん()です。 また、クレジットカードの取り扱いを定めたPCI DSS 3. 2において、2018年6月30日までに、SSLとTLS1. 0以前のバージョン廃止する必要があるため、他のサイトも随時「TLS1. 2のみ対応」に移行していくことになると思います。 当サイトは、当サイトの技術的な内容と、客層?を考慮して、予告無しで、いきなりTLS1. 2のみにしてしまいました。 法人サイトとなると、こういった告知も必要になってきます。 TLS1. 2のみ対応のサイトを、TLS1. 2に未対応の古いブラウザで見ると、いったいどんなエラーが表示されるのか、調べてみました。 そして、どういった告知を行うのが良いのか、検討してみたいと思います。 影響がある主なご利用環境 ・スマートフォン iOS4以前、およびAndroid 4. 4以前の端末における標準ブラウザ環境 ・パソコン Internet Explorer 10. starbucks. phpから引用) とあります。 少ない文字数にもかかわらず、これで大多数はカバーできていると思います。 蛇足かもしれませんが、1点、追加した方が良かったと思うのは、 Mac OS Xの場合、「OS X 10. 8 Mountain Lion 以前のSafariブラウザ環境」もNGでしょう。 OS X 10. 9 Mavericks 以降がTLS1. 2に対応しています。 「OS X 10. 8 Mountain Lion 」は、2012年に発表のOSなので、ライフサイクル的に、告知しなくても良いという判断なのかもしれません。 後は、で説明しているように、Windows 10 Enterpriseでも設定によってはTLS1. 2の接続ができないことがあります。 続いて 筆者の手元にある、Internet Explorer 10. 0 以前とAndroid 4. 4以前のブラウザ環境において、どんな表示になるか見て見ます。 このページに安全に接続できません サイトで古いか安全でない TLS セキュリティ設定が使用されている可能性があります。 この問題が解決しない場合は、Web サイトの所有者に連絡してください。 お使いの TLS セキュリティ設定は既定値に設定されておらず、このエラーの原因となっている可能性もあります。 といったエラーメッセージが表示されます。 つまり、サーバがTLS1. 2だけに対応すると、「古いか安全でない」と言われてしまいます。 このように、Internet Explorer10以前では、「古いか安全でない」といった表示によって、利用者からサイトが何らか悪意ある攻撃を受けてしまったかのような、誤解をされてしまう恐れがあります。 どんな告知が良いの? 結局のところ、どんな書き方をしても、古いブラウザを使っていると、利用者はWebサーバのエラーページではなく、ブラウザアプリのエラーを見てしまいます。 そしてブラウザアプリ毎に異なるエラー表示になります。 正直打つ手はあまりなさそうです。 そこで改めて思うのは、電子メールによるメールマガジンなど、Webサイト以外の媒体を持っていることがこういうときに効いてきます。 メールマガジンで告知をおこなっておけば、ブラウザのエラー画面を見ても、過去のメールマガジンをみれば、何があったのか、理解できます。 告知文例としては、「お客さまと弊社との通信内容を保護するため…」といった説明に加え、以下のような影響範囲の表示が良いのでは無いでしょうか。 (皆様の責任の元に、参考情報としてご利用ください。 やはり最後はサイト運営者の知恵と不断の努力でなんとかするしかなさそうです。 もくじ [CONTENTS].

次の

Edge で「このページに安全に接続できません」と表示されるときの対応方法。

サイトで古いか安全でない tls セキュリティ設定が使用されている可能性があります

はまぞう新年会でご一緒させていただいた NAOさん。 ということでご相談がありました。 Microsoft Edgeでのエラーメッセージ。 「このページに安全に接続できません。 サイトで古いか安全でないTLSセキュリティ設定が使用されている可能性があります。 この問題が解決しない場合は、Webサイトの所有者に連絡してください。 」 Yahooなどの他のウェブサイトは問題なく、困ったとのこと。 このメッセージ、いろんな原因のパターンがあるのですが、今回は ウイルス対策ソフトが原因でした。 お聞きすると、AVASTが入っているとのこと。 Avast Free Antivirus とりあえずこちらをアンインストールして様子を見ては? というアドバイスをしましたが、 翌日「解決できました! 」 とのご連絡 Avast Free Antivirus を削除すると、Windows10 標準のウイルス対策機能「 Windows Defender」が有効になりますので、ウイルス対策の点でも大丈夫です。 またブログが書けるようになって一安心ですね! 静岡県内1号店となるを2016年7月にオープン。 TOEIC910点 英検準1級。 英語接客可能です。 番組『Smile on radio』出演 2017. 」 まずこのポイントを確認し、「修理・買い換え・スペックアップ・・・」 様々な選択肢の中から最適な方法をご提案致します。 人間の体と同じで、場当たり的な対処では再発のリスクが高まります。 数年後の未来まで見据えたご提案。 単なる修理店ではなく、お客様を笑顔にするコンサルティング業と心得て業務に携わっています。

次の

Chrome「このサイトは安全に接続できません」の対処法

サイトで古いか安全でない tls セキュリティ設定が使用されている可能性があります

Chromeで突然「SSL サーバーが古い可能性があります」と出てアクセスできない現象が発生すると言われて調査したのでまとめておきます。 45からアクセスできなくなったようで、IEやFirefox、Safariからだと問題無く見れているようです。 0への安全でないフォールバック」が無効にされたことが原因との事です。 調査方法 以下のサイトでSSLの有効状況を調査する事ができます。 グレードFは重大なセキュリティエラーがある場合です。 対応方法 サーバー側• OpenSSLのバージョンを上げる必要があります。 SSL3. 0がいまだに有効になっているところも多いので、無効にします。 0のみしかONになっていない場合は、SSL3. 0をOffにする事でアクセスできるようになるという話しもあります(未検証。 ぶつぶつ クロネコの再配達ページの管理者様早くなおしてあげてください!.

次の