おでこ ブツブツ ニキビ じゃ ない。 顔のブツブツ「ニキビではない!」て思うけど…何?どう治すの?

赤いブツブツの原因とは?

おでこ ブツブツ ニキビ じゃ ない

おでこニキビといちご鼻について 中学三年生です。 今まで沢山のニキビが出来たことが無く、困っています。 最近おでこニキビが増えています。 ブツブツしているのが嫌なので爪で押し出そうとしたりしていましたが、赤く腫れてしまい辞めました。 写真では少しニキビがあるようにしか見えないのですが、白い(?)プツプツがいくつも出来てしまいました。 気になって仕方ないのでいじってしまいます。 お肌のスキンケア方法は風呂上がりにニベアを塗り(おでこ以外) たまにおでこにドルマイシン軟膏を塗り寝ます。 学校に行くときは大人のベビーパウダー(ハダリラ) を付けています。 どうすれば治るのでしょうか? ついでに聞きたいのですが、いちご鼻が気になって仕方がないです。 昨日鼻パックをしたのですがそのあと化粧水を塗ったらとてもピリピリしました、、。 ですが、どうしても毛穴が閉じてくれません。 顔には適しません。 通常の洗顔料では落ちず毛穴詰まりになります。 またベビーパウダーも皮脂分泌のある大人の肌にはあいません。 皮脂と混ざって毛穴詰まりがさになります。 先ず洗顔。 清潔な手で人肌のぬるま湯で予洗いし、良く泡だてた泡を転がす様に擦らず優しく撫でる様に洗います。 時間をかけず40秒程度で。 その後濯ぎます。 シャワーを直接当てると良くないので気をつけて。 拭くときは擦らず押し当て吸わせる様に。 その後しっかり保湿。 化粧水はコットンに500円玉大裏側まで染みるくらいたっぷり。 優しく置く様にパッティング。 肌がひんやりしたら完了。 乳液を使ってください。 与えた水分は蓋をしないと蒸発します。 乳液はそれだけじゃなく、水分油分が黄金比で乳化されていて素早く肌へ浸透し細胞間脂質を整えバリア機能を強化します。 ニキビに強い肌に育てます。 乾燥している時だけじゃなく朝晩洗顔後化粧水と乳液のケアをしてください。 オロナインは傷薬です。 ニキビには其の場凌ぎの応急処置でしかありません。 ニキビは皮膚疾患です。 必ず皮膚科を受診して薬を貰ってください。 保険内診療です。 食生活を整えて。 悪質な油脂や糖分は控えて。 ファストフードやジャンクフード、菓子類は厳禁。 原材料を見て知らない添加物が入っていたら買わない。 良質な油分と良質なタンパク質を適量。 野菜と果物を350gバランスよく取りましょう。 前髪は家では止めて刺激にならない様に。 ファブリック類は常に清潔に。 睡眠は日付けが変わる前に寝て。 黒ずみは角栓です。 角栓は酸化した皮脂が凝ったり、古い角質が停滞して詰まった物です。 洗顔を丁寧にするのに加え、クレンジングオイルで毎日溶かし出し蓄積する前に皮脂を取り除いて。 洗顔は朝晩1回ずつ洗顔料で。 擦らない、お湯の温度は人肌、シャワーを直接当てない、を厳守。 週1、2回スクラブやクレイパック、酵素洗顔などで汚れを物理的化学的に取り除くと良いですね。 以下を参考にしてみて下さい。 お役に立てれば幸いです。 ぬるま湯洗顔に徹し、化粧品や薬効成分を含んだものなど一切肌に付けないようにしてみて下さい。 ニキビの主な原因は皮膚表面の菌類ですから、水またはぬるま湯にて洗浄し不純物を落として下さい。 回復するまで洗顔には石鹸を使わないようにしましょう。 米ぬか洗顔も効果が期待できます。 脂っこいものばかり食べないようにバランス良く適量の食事を摂ることも心掛けて下さい。 運動不足も良くないです。 夜更かしもできるだけしないようにスケジュール管理も再検討して下さい。 夜は早めに寝、朝は早く起き学習しましょう。 水の洗顔だけで治るなんて信じられないかも知れませんが試して下さい。 こすると跡が残ってしまうほど酷く荒れてしまっている患部にはこすらずにウェットティッシュで押さえるようにしてね。 普段使っているタオルやハンカチも滅菌して下さい。 火傷しないよう十分に気を付けて下さいね。 アイロン掛けで滅菌する方法もありますね。 ニキビが回復したら黒龍など薬効成分を含んだ化粧品を最初は極少量から使い予防すると万全ですね。 ニキビには洗顔だけでなく入浴時の洗髪にも工夫が必要です。 シャンプーも使わないで強めのシャワーだけで洗髪しましょう。 リンスもニキビが完治するまで使いません。 もしどうしても、これらを使わなければ気が済まないのだとしたら、後で完全に洗い流して下さいな。 特に洗顔ですね。 シャワーだけでも結構汚れは落ちるものなんですよ。 シャワー洗髪に要する時間は7分程度が適切だと聞いたことがあります。 是非試してみて下さい。 頭皮をこすらなければ、抜ける髪の毛の量も比較的少なくて済みますよ。 洗髪するときの注意点を付け加えておきます。 頭皮にシャワー口を近づけて強めの適温のお湯を吹きかけるようにします。 毛根廻りの余分な不純物が流されます。 7分以上ですからお湯が勿体ないような気がしますが、皮膚科に掛かるよりは安く済みますね。 減菌には乾燥状態の方が効果あります。 炎症が治まるまでは除菌と自然乾燥で大丈夫です。 どうしても乾燥が気になるようでしたら蜂蜜を水で伸ばし顔に薄く塗ります。 殺菌効果もあります。 気になったらぬるま湯洗顔を繰り返します。 通じをよくするため水分の摂取も大切です。 ストレスが原因になっていると思われる方はバッティングセンターで発散して下さい。 上記の他に炭酸水で洗顔したりパックする方法でもニキビを回復できます。 お試し下さい。 ニキビの程度によっては多少しみます。 炭酸水は、飲んで善し。 塗って善し。 パックして更に善し。 時間を掛け少しずつ回復されますよう、お大事に。

次の

ニキビじゃないブツブツができて困っています・・・

おでこ ブツブツ ニキビ じゃ ない

おでこニキビといちご鼻について 中学三年生です。 今まで沢山のニキビが出来たことが無く、困っています。 最近おでこニキビが増えています。 ブツブツしているのが嫌なので爪で押し出そうとしたりしていましたが、赤く腫れてしまい辞めました。 写真では少しニキビがあるようにしか見えないのですが、白い(?)プツプツがいくつも出来てしまいました。 気になって仕方ないのでいじってしまいます。 お肌のスキンケア方法は風呂上がりにニベアを塗り(おでこ以外) たまにおでこにドルマイシン軟膏を塗り寝ます。 学校に行くときは大人のベビーパウダー(ハダリラ) を付けています。 どうすれば治るのでしょうか? ついでに聞きたいのですが、いちご鼻が気になって仕方がないです。 昨日鼻パックをしたのですがそのあと化粧水を塗ったらとてもピリピリしました、、。 ですが、どうしても毛穴が閉じてくれません。 顔には適しません。 通常の洗顔料では落ちず毛穴詰まりになります。 またベビーパウダーも皮脂分泌のある大人の肌にはあいません。 皮脂と混ざって毛穴詰まりがさになります。 先ず洗顔。 清潔な手で人肌のぬるま湯で予洗いし、良く泡だてた泡を転がす様に擦らず優しく撫でる様に洗います。 時間をかけず40秒程度で。 その後濯ぎます。 シャワーを直接当てると良くないので気をつけて。 拭くときは擦らず押し当て吸わせる様に。 その後しっかり保湿。 化粧水はコットンに500円玉大裏側まで染みるくらいたっぷり。 優しく置く様にパッティング。 肌がひんやりしたら完了。 乳液を使ってください。 与えた水分は蓋をしないと蒸発します。 乳液はそれだけじゃなく、水分油分が黄金比で乳化されていて素早く肌へ浸透し細胞間脂質を整えバリア機能を強化します。 ニキビに強い肌に育てます。 乾燥している時だけじゃなく朝晩洗顔後化粧水と乳液のケアをしてください。 オロナインは傷薬です。 ニキビには其の場凌ぎの応急処置でしかありません。 ニキビは皮膚疾患です。 必ず皮膚科を受診して薬を貰ってください。 保険内診療です。 食生活を整えて。 悪質な油脂や糖分は控えて。 ファストフードやジャンクフード、菓子類は厳禁。 原材料を見て知らない添加物が入っていたら買わない。 良質な油分と良質なタンパク質を適量。 野菜と果物を350gバランスよく取りましょう。 前髪は家では止めて刺激にならない様に。 ファブリック類は常に清潔に。 睡眠は日付けが変わる前に寝て。 黒ずみは角栓です。 角栓は酸化した皮脂が凝ったり、古い角質が停滞して詰まった物です。 洗顔を丁寧にするのに加え、クレンジングオイルで毎日溶かし出し蓄積する前に皮脂を取り除いて。 洗顔は朝晩1回ずつ洗顔料で。 擦らない、お湯の温度は人肌、シャワーを直接当てない、を厳守。 週1、2回スクラブやクレイパック、酵素洗顔などで汚れを物理的化学的に取り除くと良いですね。 以下を参考にしてみて下さい。 お役に立てれば幸いです。 ぬるま湯洗顔に徹し、化粧品や薬効成分を含んだものなど一切肌に付けないようにしてみて下さい。 ニキビの主な原因は皮膚表面の菌類ですから、水またはぬるま湯にて洗浄し不純物を落として下さい。 回復するまで洗顔には石鹸を使わないようにしましょう。 米ぬか洗顔も効果が期待できます。 脂っこいものばかり食べないようにバランス良く適量の食事を摂ることも心掛けて下さい。 運動不足も良くないです。 夜更かしもできるだけしないようにスケジュール管理も再検討して下さい。 夜は早めに寝、朝は早く起き学習しましょう。 水の洗顔だけで治るなんて信じられないかも知れませんが試して下さい。 こすると跡が残ってしまうほど酷く荒れてしまっている患部にはこすらずにウェットティッシュで押さえるようにしてね。 普段使っているタオルやハンカチも滅菌して下さい。 火傷しないよう十分に気を付けて下さいね。 アイロン掛けで滅菌する方法もありますね。 ニキビが回復したら黒龍など薬効成分を含んだ化粧品を最初は極少量から使い予防すると万全ですね。 ニキビには洗顔だけでなく入浴時の洗髪にも工夫が必要です。 シャンプーも使わないで強めのシャワーだけで洗髪しましょう。 リンスもニキビが完治するまで使いません。 もしどうしても、これらを使わなければ気が済まないのだとしたら、後で完全に洗い流して下さいな。 特に洗顔ですね。 シャワーだけでも結構汚れは落ちるものなんですよ。 シャワー洗髪に要する時間は7分程度が適切だと聞いたことがあります。 是非試してみて下さい。 頭皮をこすらなければ、抜ける髪の毛の量も比較的少なくて済みますよ。 洗髪するときの注意点を付け加えておきます。 頭皮にシャワー口を近づけて強めの適温のお湯を吹きかけるようにします。 毛根廻りの余分な不純物が流されます。 7分以上ですからお湯が勿体ないような気がしますが、皮膚科に掛かるよりは安く済みますね。 減菌には乾燥状態の方が効果あります。 炎症が治まるまでは除菌と自然乾燥で大丈夫です。 どうしても乾燥が気になるようでしたら蜂蜜を水で伸ばし顔に薄く塗ります。 殺菌効果もあります。 気になったらぬるま湯洗顔を繰り返します。 通じをよくするため水分の摂取も大切です。 ストレスが原因になっていると思われる方はバッティングセンターで発散して下さい。 上記の他に炭酸水で洗顔したりパックする方法でもニキビを回復できます。 お試し下さい。 ニキビの程度によっては多少しみます。 炭酸水は、飲んで善し。 塗って善し。 パックして更に善し。 時間を掛け少しずつ回復されますよう、お大事に。

次の

大人ニキビの場所別・原因と対策|顎、おでこ、鼻、こめかみ

おでこ ブツブツ ニキビ じゃ ない

私のおでこブツブツ(ポツポツ)体験(画像あり) 今までおでこのトラブルってほとんどなかったのに、メイクのクレンジング・洗顔時、スキンケアやお化粧してる時に違和感感じて気づくおでこのブツブツポツポツ。 特に変わったことをした覚えはないのに、急な肌荒れなんて。。。 そんな経験ありますか? ほおっておけば治るかな〜って思ってもなかなか治らないんですよね; ブツブツ(ポツポツ)って具体的にはどんなの?(画像) ブツブツって言っても、人によって、程度も違うし、「ブツブツ」なのか「ポツポツ」なのか「ボコボコ」なのかは感じ方によるので、本当に同じ症状について言っているのかわからないと思う方もいるかと思います。 私の場合のブツブツ具合がどんなものか、画像を見ていただきましょう。 すっぴんだし頭ボサボサですが、このようなオレンジの表面のようなボコボコブツブツになっております。 こっちの写真の方が、もっとブツブツ具合がわかってもらえるでしょうか。 ニキビよりもっと小さいポツポツプツプツしたものが浮き上がっているんです。 範囲は、おでこの全体です; 脇のこめかみに近い方は少なくなりますが、基本的には全体に広がっております。 おでこのブツブツはニキビ?ニキビじゃない? 下の画像の 赤丸で囲んだものは ニキビかと思います。 他より大きいですよね。 しかもこれ、なんか痛くて、気になっていじってたら黒ずみまで出てきました;泣 ニキビかどうかの判断基準 もうご存知かとは思いますが、ニキビには3つの段階+1オプションがあります。 以下のどれかの特徴に当てはまるものがあれば、それはニキビです。 1:白ニキビ 最初は、白ニキビと呼ばれる状態です。 皮膚の下に白い膿のようなものが溜まっているのが透けて見えます。 表面は軽く膨らんでいます。 炎症は起こっていないので、かゆみや痛み、赤みはありません。 ターンオーバーの乱れで、毛穴の周りの皮膚が厚くなり、そこに皮脂や角質が詰まってしまったものです。 炎症を起こす前なので、ここで治せれば跡も残りにくくベストなんですよね。 2:赤ニキビ 白ニキビの次の段階が「赤ニキビ」です。 これは、 炎症が起こってしまっている状態です。 痛みやかゆみを伴うことが多いです。 白ニキビは毛穴に角栓や皮脂がたまったものと言いましたが、その皮脂や角栓というのは、アクネ菌の大好物なんです。 そのアクネ菌を排除しようと、白血球が集まって攻撃しているんですね。 ぽっこりぷっくり赤いので、目立ちやすくてとっても気になるやつです。 3:黄ニキビ 「黄ニキビ」は、赤ニキビのさらに進んだもの。 アクネ菌を倒そうと奮闘した白血球の死骸が膿としてたまってしまい、 中心に黄色い膿が透けて見えて、周りは赤く炎症した状態です。 膿が出てきているということは、炎症も終息に向かっているとみていいです。 ここでいじると、また余計な雑菌を入れちゃって炎症が終わらないので、ほおっておくのが吉です。 これは、白ニキビの進化形なのですが、 皮脂や角質が、酸化して黒く見えるものです。 毛穴に黒い栓が詰まった感じで、見た目に目立つし汚い感じが増すんですよね; 頰や鼻に多いかと思います。 ニキビの場合は・・・ ニキビは「潰しちゃダメ」と言いますが、潰すと、炎症が起こる可能性が高いからですね。 また、潰すと、その皮膚の破れを治そうと、また厚い皮膚で覆ってしまって、再発の可能性が高いんです。 ニキビは、どの段階であっても、基本的には潰そうとせず、手を触れず、ただただ清潔に、かつ保湿状態を保つことが有効です。 おでこにニキビが出来て悩んでる方もいらっしゃるかと思いますが、今回はニキビではないものについてを取り上げますのでご了承を。 ニキビについては別途取り上げますので、そちらをご覧ください。 というわけで、今回は、上に挙げたような「ニキビ」ではなく、ボコボコ凹んだ毛穴でもなく、 色は特についていなくて見た目プツプツ飛び出してて触った感じ硬めのやつの話を中心にしていきます! おでこのブツブツ(プツプツ)の正体 私の場合の、おでこの小さな無数のプツプツの正体は、「 角栓」です。 なんで角栓ってわかるかというと、触るとぽろっと取れて来るんです。 毛穴で引っ張って見ても、ぽんっプツ〜っと抜けてきます。 抜けたものを見るとどう見ても角栓。 私は角栓とは長いお付き合いなので、間違えません;泣 なんでおでこにブツブツプツプツができた? おでこにプツプツができる前、 何か変わったことをしたかな〜生活習慣変えたかな〜、と振り返ってみました。 思い当たるのは以下のこと。 クレンジングを変えた• 朝の洗顔を変えた• 保湿剤を変えた 一気にスキンケア用品を切り替えすぎたかな; おそらくこれが原因かなと思います。 どう変えたか、もう少し具体的に説明しますね。 クレンジング:安価のコールドクリームへ クレンジングですが、おでこにブツブツができるまでは、オイルクレンジングとジェルクレンジングを使っていました。 使っていたのは・・・ オイルクレンジング: アテニア スキンクリアクレンジングオイル ジェルクレンジング: シンデレラタイム この二つを、常用はアテニア、時間がある時やがっつり落としたい時はシンデレラタイム、というように使い分けていました。 成分:ミネラルオイルが・・・ 成分を比較してみます。 ちふれ ウォッシャブルコールドクリーム 水、 ミネラルオイル、 エチルヘキサン酸セチル、 ワセリン、 ポリソルベート60、 PG、 ステアリ ルアルコール、 ステア リン酸、 メチルパラベン、 水酸化カリウム、 ペンタオレイン酸ポリグリセリル-10、 プロピルパラベン、 トコフェロール、 大豆油、 BHT SOC ヒアルロン酸配合コールドクリーム 水、 DPG、 ミネラルオイル、 ヤシ油脂肪酸P EG-7グリセリル、 コカミ ドDEA、 パルミチン酸エチルヘキシル、 トリイソステアリン 酸PEG-20グリセリル、セイヨウノコギリソウエキス、 ヒアルロン酸Na、オトギリソウエキス、セージ葉エキス、フキタンポポエキス、カミツレ花・葉エキス、アルテア葉・根エキス、 BG、 尿素、セタノール、 カルボマー、 水酸化ナトリウム、 メチルパラベン、 プロピルパラベン、香料 成分を用途別に色分けしています。 ( クレンジング剤、 油性エモリエント剤、 乳化剤、 防腐剤、 けん化剤、 保湿剤、 酸化防止剤、 増粘剤、基剤、消炎など複合作用剤、香料)複数の役割を果たす時は複数の色を使っています。 油性エモリエント剤は、皮膚からの水分蒸発を防ぎ皮膚を柔らかく保つという効果もあります。 ぱっと見、主要成分は同じ感じに見えて、安価でカミツレとか尿素とかヒアルロン酸も入ってるし、「ちふれよりむしろいいんじゃない?」と思ったんですよね。 それぞれ、悪い成分が入っているのかどうか調べてみました。 ちふれ ウォッシャブルコールドクリーム ミネラルオイル、ワセリン:炭化水素油系 エチルヘキサン酸セチル:合成エステル油系 SOC ヒアルロン酸配合コールドクリーム ミネラルオイル:炭化水素油系 パルミチン酸エチルヘキシル、 トリイソステアリン酸PEG- 20グリセリル:合成エステル油系 クレンジングに入っていて要注意なのが、「 炭化水素油」系だそうです。 安価なクレンジングには多く含まれているが、強い油性のため他の油性成分との親和性が強いため 油性のメイクが溶けやすい反面、自分の肌の皮脂も溶け出してしまい、乾燥を促進してしまう特徴があります。 「ミネラル」と聞くと、なんかお肌にいい気がしてしまいますが、ミネラル=鉱物なんですよね。 「マルチミネラル&ビタミン」サプリに含まれるのは、ナトリウム、マグネシウムなどです。 鉱物由来のオイル、と聞くと、ちょっと嫌な感じしませんか? それ自体が悪いというより、お肌には刺激が強すぎる、といった感じです。 あと、どちらにせよ悪名高い防腐剤「 パラベン」「 プロピルパラベン」が・・・ ただ、私が使ったSOCのコールドクリームの方が、ちふれよりも 乾燥を補う保湿成分などがたくさん含まれていて、良さげに思っていました。 実際、最初使った時は、 メイクはしっかり落ちるけどお肌はもっちり潤っていて、かなり好印象でした。 何より、 小鼻などの角質がポロポロ取れる&取れやすくなる感じがあり、それが一番嬉しかったです。 その頃の私は、小鼻に角栓がたくさんできていて、抜こうにも硬くて全く抜けてこない状態でしたが、このコールドクリームを使ったことでそれが緩んで、毛抜きで引っ張るとするっと抜けて、このまま使い続けたら、毛穴の角栓が撲滅できるんじゃ!?ってかなり期待していました。 メイクの落とし残しもないようで、保湿もできている気がして、優秀なクレンジングだと思ってたんですよね。 朝の洗顔:安価なウォータークレンジングへ 朝の洗顔は、普段は菌抑制効果があるというヒノキチオール(ヒノキの成分)が入ったベビー用の化粧水で拭き取り洗顔をしていていました。 メイクの落とし漏れも落とせて、かつ肌に優しく、ほどほどに保湿できて肌への悪影響なし!という、結構優秀な化粧水だったのですが、量が少ないのでコスパが悪いと思っていました。 そこで、使い切ったタイミングで、別のものに切り替えたんです。 見た目からモロに、フランスの有名ブランド「 ビオデルマ」の パクrインスパイア商品ですね。 洗顔なのになぜクレンジング?と思う方もいるかもしれないのですが、ウォータークレンジングって、化粧落とし力はあまり強くないので、洗顔時に使ってますって人も結構いるみたいなんです。 それに、本チャンのクレンジング(コールドクリーム)の方で落としきれないものとかあった時に、刺激が少ない拭き取りタイプもあるといいかなって思ったんですよ。 一石二鳥というか、一挙両得というか。 ビオニスタの成分 水、 カプリル酸・カ プリン酸PEG-6 グリセリズ、 イソステアリ ン 酸PEG-1 5グリセリル、EDTA-2Na、クエン酸Na、クエン酸、 マン ニト ール、 キシリトール、 BG、 加水分解ヒアルロン酸、ヒアルロン酸Na、 セトリモニウムプロミド、キュウリ果実エキス 色分け凡例( クレンジング剤、 油性エモリエント剤、 乳化剤、 防腐剤、 けん化剤、 保湿剤、 酸化防止剤、 増粘剤、基剤、消炎など複合作用剤、香料) シンプルな成分構成ですね。 保湿剤も含まれてますが、基本的には 界面活性剤(乳化剤)が多いですね。 クレンジングなんで当たり前ではあるんですが、それを洗顔がわりに使って顔の上に乗せたままってのは問題ありそう; やっぱ、クレンジング後の洗い流しは必要かと。。。 「クレンジング後の洗顔は不要ですよ〜朝洗顔にも使ってます」って口コミを信じた私がバカなのか・・・!? 保湿:プチプラオールインワンジェルへ 化粧水は、朝の拭き取り洗顔用の化粧水(先述のベビー用「ビーンスターク ローション」)を使ってましたが、使い切ったタイミングで切り替え。 脱毛サロン「キレイモ」のプロダクト、「ナチュラルモイスチュアライジングオイルゲル」ってやつです。 ただ、大多数は星4つ以上で高評価の部類だと思います。 私が使ってみた感想としては、多くつけすぎるとべたっとするけど、少しすると浸透する感じはあるし、量を間違えなければ大丈夫かと。 ベタつきよりも、少し経つと 乾燥する感じがあったんですよね。 あとやっぱり、化粧水をつけてからの方がいいか、もしくは最後にワセリンとか蓋するものが欲しくなりました。 結局、おでこにブツブツができる原因は? まず、角栓ができる理由、条件を見ていきたいと思います。 角栓ができる理由・原因(条件) 角栓は、角質と皮脂が毛穴に詰まったものです。 普通は、皮脂は毛穴から流れ出るし、角質も、剥がれ落ちて皮膚からなくなるものです。 それが毛穴に詰まるということは、どういう状態でしょうか? 考えられるのは、以下三つでしょうか。 毛穴に汚れがあって邪魔をしている• ターンオーバーが乱れてる(激しい)• 毛穴が広がっている• 皮脂の分泌が過剰 クレンジング変更の影響 クレンジングを変えたことで、小鼻の角栓は緩んでいたし、メイク落とし漏れもないようでしたので(クレンジング後にウォータークレンジングでぬぐって見ました)、メイクは落ちていたかと思います。 ただもしかしたら、クレンジング剤の流し漏れはあったかもしれません。 クリームタイプだし、乳化剤もたくさんだったので、肌との親和性も結構あって、小鼻のあたりとか、見た目にも残っているのがわかったので、すすぎは結構長くかかりました。 そのぶん、流しやすい頰やおでこがすすぎ過ぎ、こすり過ぎになる傾向もあったかと思います。 すすぎを短くすると、 ポリマーなどのすすぎ残しが肌に残り、 すすぎが長いと面積が広い部分が 摩擦にさらされ、乾燥するので、 おでこにとってはあまり良くない状況だったかもしれません。 普段から40度以上の高めの温度ですすいでいたのも相まって、必要以上に皮脂が奪われ、それを補うように 皮脂が過剰に噴き出していたかもしれません。 使い始めて、小鼻の角質周りも緩んだ印象にあります。 おでこがふかふかしている感じで。 それってよく思えますが、逆にいうと、 毛穴がぽっかり開く状態にもなりえます。 肌がキュキュッと収れんしてくれるといいんですが、そこまでの弾力がないと、 緩みっぱなしで、またそこに角質がたまることになります。 朝洗顔変更の影響 ウォータークレンジングに変えることで、朝から夜までずっと 顔は界面活性剤にさらされ続けます。 界面活性剤は人の皮脂も緩ませるし、 皮膚を刺激し続けます。 また、「拭き取る」という 摩擦刺激も相まって、皮膚が傷つき、 ターンオーバーが過剰になる恐れもあります。 上に乗せた化粧下地やファンデーションが、界面活性剤により皮脂と混ざって、 毛穴の中に入り込みやすくなることも考えられます。 保湿変更の影響 保湿は、十分だったとは言えません。 というのも、ベタつくのが嫌で、少なめにつけていたし、おでこは正直、 乾燥気味だな〜と思っていました。 ジェルを塗ってしばらくすると、頰やおでこ、こめかみの辺りや口の周りは、表面が乾いて細かい小じわになっている感じがしていました。 乾燥しているということは、 角質が硬くなり皮膚上にとどまるということですし、乾燥を補おうとして 皮脂が過剰分泌されるということです。 というわけで、何か一つが悪かったというより、相乗効果で、角栓大量発生は必須の状態だったということかと思います; おでこのブツブツはどうやったら治る?私的治し方 保湿を改善 まず変えたことは、保湿に、化粧水をプラスしたことです。 オールインワンゲルの前に、ビタミンC誘導体入りの化粧水をプラスしました。 これは良かったです。 保湿力がかなりアップしました。 水分を補った上で、オールインワンゲルで保湿の強化と蓋の役割を果たします。 それだけでは足りないかなと思う部分には、ワセリンか、シアバターメインのバームでさらに蓋をします。 これで、 皮膚の乾燥を感じることはなくなりました。 クレンジングの改善 コールドクリームは使うのをやめました。 (勿体無いので、デコルテや背中、脇のクレンジングに使うことにしました) で、使い始めたのは、バームタイプのクレンジングです。 Duoクレンジングが有名ですけど、あれはお試しするには高いかなと思ったので、Amazonで評価が高めのものにしてみました。 実際の使用感としては、クレンジングを肌に乗せている時間が長いと、油が落ちすぎる感じはあります。 クレンジング剤の落ちは、コールドクリームよりは落ちやすいと感じています。 コールドクリームよりは、 すすぎやすく、肌に優しめになりました。 朝の洗顔・・・こいつが原因だった・・・!? 洗顔は、残念ながらまだ変えていません; で、クレンジングと保湿を変えた状態で、おでこのプツプツはまだ治っていないんですよ。 若干よくなった感は、多少はありますが。 ということは、朝の洗顔に使っているウォータークレンジングが諸悪の根源かなと、当たりをつけております。 朝の洗顔をただの水〜ぬるま湯に変えてみてどうなるか、結果がわかったらまたレポートしたいと思います。 長々とお付き合いありがとうございました! 追記もお楽しみに!.

次の