断食 むくみ。 【月曜断食】胃腸をリセットしてやせやすいカラダになる月曜断食とは?|@BAILA|おしゃれ感度の高い30代に向けてファッション、ビューティ、ライフスタイル、結婚、恋愛等のリアルを届けるサイト

『月曜断食』効果が出やすい人は? 平行してやるといいこととは?

断食 むくみ

断食は3日間ではなくて2日間がおすすめ こんにちは! 今回は 「 断食したいんだけど、やり方教えて」 「 3日間と2日間、断食するならどっちがおすすめ? 」 「 ファスティングドリンクって飲んだ方がいい? 」 という質問に答えていきます。 断食3日間と2日間の効果、辛さの違い• しっかりと比較すると2日間の方がおすすめな件• 断食とかファスティングって実質結構時間使うよ〜• まぁあれだ。 ファスティングドリンクは飲んでおいた方がいい という流れでお話を進めていきますね。 実は断食は3日間やろうと思ったら1サイクル終えるまで1週間は必要になって来るんですよね。 本格的にやるなら• 準備期間• 断食本番• 回復期間 とあるので、結構時間かかるんです。 それでは詳しく見ていきましょう!• 断食3日間と2日間の効果の違い 私が普段クライアントに行ってもらう断食の目的は体内の循環の回復とダイエットなので、それらのを元に3日間と2日間の効果の比較をしたいと思います。 3日間断食した時の主な効果や体への影響 まd図、3日間のファスティング、断食をした時の効果や感想は、• 宿便によるデトックス効果• 3日目の朝の頭のスッキリ具合がすごい• 2日目夜めちゃめちゃ辛い などが主に言われます。 2日間断食した時の主な効果や体への影響 2日間だと、• 5〜4. 5kg• 宿便によるデトックス効果• 2日目の夕方あたりが辛い などです。 断食は2日間がおすすめの理由 さて、断食3日間と2日間の効果や影響を比較してみると違う部分が• 体重0. 5kg前後3日間の方が減る• 2 日間目の夜の辛さの精神的な違い• 3日間目の頭、身体の軽さ ですね。 つまり、 2日間の方が辛い期間が少ないにも関わらず体重の減少もそこまで変わらない。 そしてしっかりと宿便が出てデトックス効果も見込めます。 それに加えて、3日間の断食を行おうと思ったら全部で8日間、2日間であれば6日間で済みます。 理由を詳しく見てみましょう。 自宅でファスティングできるのは2日間 正直3日間だとだらだらしてしまうのと、身体への影響で体調を悪くしてしまう方も多くなってきます。 頭痛がでたり、めまいがしたりすることも少なくありません。 なので3日間行うのであれば断食道場やお寺などに行って「精神修行」という意味を込めて行うべきでしょう。 一方2日間であればまだ影響も少ないので、自宅で行うことを推奨します。 お金も時間もかからないですしね。 断食の大まかな流れ 断食には3つのプロセスがあります。 断食をする前の準備期間• 回復期 の3つです。 3日間の断食を行おうと思ったらそれぞれ1日ずつ伸ばしたいところです。 つまり3日間だと・・• 準備期間:3日間• 断食:3日間• 回復期:3日間 となり、計8日間必要になります。 2日間だと、2日+2日+2日なので、計6日間で済む計算です。 2日間の具体的なやり方については下記記事をご参照ください。 3日間やるならファスティングドリンクを飲もう さて、それでもしっかりと3日間やりたい!という方は水と塩だけしか取らない断食ではなくて、専用のドリンクを飲む「ファスティング」を行いましょう。 この方法をとるだけで、辛さが全然変わってきます。 地獄のような経験をしたい方は3日間の断食で新しい自分と向き合ってみてください。 3日間の断食もそれはそれでいいとは思いますが、主な身体への効果は2日間も3日間も大差はありません。 だったら辛くない方がよくないですか? とはいえ・・・2日間でもだいぶ辛いですよ。 スッキリしますけど。 そして飲むなら変なの買わずに、お試し用ので十分です。 悪いことは言わないので国産のものにしましょう。 まとめ:断食よりもファスティング! そして2日間の方がおすすめ• 3日間と2日間の違いはそこまでない• 3日間だと計8日、2日間だと計6日でいい• 断食を3日間やるならファスティングの方がいい と、今回は断食の期間の違いについて書きました。 少ない努力で最大の効果を得るような方法を選択するのは生き方としても非常に重要な部分だと思います。 例えば3日間の断食を年間2回よりも、2日間の断食を年間3回行った方が定期的に体を整えることができるということです。 ぜひお試しあれ。 以上「断食は3日間ではなくて2日間がおすすめ」でした。 最後までありがとうございました。

次の

断食ダイエット方法の効果と正しいやり方や口コミ!

断食 むくみ

ファスティングとも呼ばれています。 どんな方法と効果があるのかご存知ですか? 今回は、初心者にもおすすめしたい、 週末にできるプチ断食についてご紹介します。 プチ断食のうれしい効果4つ 3. プチ断食とは プチ断食とは、半日から1日だけ断食を行う方法のことです。 「ファスティング」ともいわれています。 プチ断食を行うことで、普段使い続けている胃腸を休ませることができます。 すると、本来の消化吸収機能をとり戻すことができます。 プチ断食のうれしい効果4つ プチ断食を行うと、うれしい効果が4つ期待できます。 1 便秘改善 食べ物が体内に入ってこないことにより、 胃腸の機能を回復させることができます。 これまで消化吸収のために使われていたエネルギーを、代謝や血液循環にも使うことができます。 機能回復や代謝改善により、便通がよくなることが期待できるでしょう。 また、腸内が空っぽになることで、たまっていた宿便が排出されやすくなります。 2 美肌効果 腸内環境がよくないと老廃物が腸から再吸収されてしまい、肌荒れの原因となります。 プチ断食で腸内環境をリセットすることで、 老廃物が排出され、美肌をつくることができます。 また、腸内環境が整うと、栄養素も効率よく吸収されるので美肌効果につながるでしょう。 3 脂肪燃焼効果 体内のエネルギーが不足すると、 蓄えていた脂肪をエネルギーとして利用します。 また、内蔵を休ませることで代謝や排出能力が改善され、脂肪燃焼しやすい身体となるのです。 4 脳の疲労回復 腸内環境が改善し、消化吸収のためにエネルギーが使われないことにより、脳の疲労が回復するといわれています。 リラックス効果があるホルモン「セロトニン」は腸内でつくられているので、 腸内環境が改善するとセロトニンを生産しやすくなるようです。 プチ断食のやり方と注意点3つ プチ断食は、3日間に渡って行うことが理想的です。 以下では3日間のプロセスで行う簡単なプチ断食のやり方と注意点をご紹介します。 1 前準備 プチ断食を行う前の準備として、 前日は食事を軽めに済ませておきましょう。 直前まで満腹状態でいると、プチ断食が苦しくなってしまうことも。 この時の食事で避けた方がよいものは、 菓子類、揚げ物、ファーストフードなどです。 脂肪は、消化吸収に時間を要するため、プチ断食前の食事としておすすめできません。 特に、夜ご飯は脂肪分を控えた軽めの和食にしましょう。 2 プチ断食当日 プチ断食当日(24時間)は、固形分を口にしないようにします。 摂るのは水分のみにしましょう。 水やノンカフェインのお茶で済ませるのが理想的です。 脱水にならないように、 2リットル程度摂るようにしましょう。 しかし、どうしても辛い場合は、野菜ジュースや酵素ドリンクを飲んでもかまいません。 飲み過ぎると糖分の取り過ぎになるので好ましくありませんが、 コップ1杯程度ならOKです。 3 回復期 プチ断食が明けたからといって、急に普段通りの食事に戻すことは厳禁です。 1日食べ物を摂っていない身体に負担をかけてしまうからです。 おかゆや豆腐、卵、煮た芋などの消化吸収がよいものをおすすめします。 味付けは出汁を使い、薄味に仕上げましょう。 味覚もリセットされているため、普段より味を感じやすくなったという方もいます。 普段食べていた量よりも控えめにした方がよさそうです。 りんごでプチ断食 プチ断食初心者には、「 りんご」を使うこともおすすめです。 急に断食するのはハードルが高いと思う方でも、りんごだけは食べられると思うと挑戦しやすくなるのではないでしょうか。 りんごを使ったプチ断食も、3日間かけて行いましょう。 1 プチ断食にりんごがいいのはなぜ? りんごには、「食物繊維」や「カリウム」、「ポリフェノール」などが含まれています。 中サイズのりんご1個で約150kcalなので、低カロリーです。 また、りんごは硬いので咀嚼回数も自然と増えることから、満腹中枢を刺激します。 りんごプチ断食の方法 りんごプチ断食を行う3日間は、 りんごと飲み物のみを口にしましょう。 りんごは皮にも栄養が含まれているので、 丸ごと食べるのがおすすめです。 すりおろしやグリルなど飽きないように工夫してみてください。 加工するのはOKですが、砂糖やバターなどを加えるのはやめましょう。 注意点 プチ断食と同様に、 前日の食事は低脂肪の食事を軽めに摂るようにしましょう。 また、りんごプチ断食後も胃腸が弱っています。 消化吸収がよい食べ物から始めて、徐々に普段の食事に戻すようにしましょう。 痩せるからといって、長期間続けるのも厳禁です。 身体に必要な栄養素が不足し、体調を崩す原因になりかねません。 スパッとむくみを解消する「半日ファスティング」の方法 1日プチ断食をする時間がとれないという方や、断食入門編として「半日ファスティング」に挑戦してみませんか? 方法 前日の夕食から、18時間以上固形物を口にしないという方法です。 朝食を抜くメリットとして、睡眠時間を含むため、昼食や夕食よりも楽に断食できるということが挙げられます。 プチ断食と同じように、半日ファスティング中は固形物ではなく、水やお茶のみを摂取しましょう。 半日ファスティングが終わったら、昼食はおかゆなど軽めのものにし、夕食も普段よりも控えめにしましょう。 効果 たった半日のプチ断食ですが、朝食の消化に費やしていたエネルギーを 老廃物の排出や代謝にあてることができます。 胃腸を休めたり、便秘改善が期待できます。 老廃物を排出することで、むくみの解消にも効果的です。 手軽に行えることから毎週決まった日に行ってみたり、慣れてきたら毎日行ったりしてみてはいかがでしょうか。 1 炭酸水でファスティングダイエット 水やお茶だけしか飲めないプチ断食を厳しいと思う方におすすめなのが、炭酸水を使った方法です。 炭酸水は 満腹感をもたらすので、水やお茶よりもプチ断食が続けやすいようです。 注意点 炭酸水はノンシュガーのものを選びましょう。 酵素ドリンクを飲む場合も、炭酸水で割ると満足感が得られます。 プチ断食の注意点 プチ断食は、正しく行わないとかえって逆効果です。 プチ断食をするときの注意点を4つご紹介します。 1 プチ断食中の過ごし方 プチ断食中は、食欲とのたたかいです。 しかし、食べ物のことばかりを考えていると、ストレスが溜まってしまいます。 色々と考えすぎないためには、外出するとよいかもしれませんね。 温泉に行ったり、散歩やヨガなどをして過ごすしてみてはいかがでしょうか。 ただし、水分補給は忘れずに行いましょう。 また、プチ断食中に どのような自分になりたいかイメージをすることもおすすめです。 目標ができるので続けやすくなります。 2 水分のとり方 水分を 1日2リットルは摂るようにしましょう。 脱水症状になってしまっては危険です。 また、老廃物の排出にも水分は必要です。 水筒を持ち歩き、定期的に摂取することを心がけましょう。 3 無理をしない プチ断食は、無理をして行うものではありません。 少しでも体調が悪いと感じる場合や生理中は、プチ断食を避けた方がよさそうです。 自分の体調と相談し、コンディションを整えてから行うようにしましょう。 低血糖になる場合もあるので、少しでも異変を感じたら中断することをおすすめします。 4 頻度 プチ断食を1度行えば、劇的な効果が得られるというものではありません。 まずは、週末に1度試してみることから始めます。 「プチ断食ができそうだな」と思ったら、1カ月間毎週末にプチ断食を行いましょう。 その後は、2〜3カ月プチ断食はお休みし、また1カ月間継続するという方法がおすすめです。 体調によってプチ断食を継続できる期間は異なるので、 無理はせず自分のペースで進めてください。 プチ断食は短い期間なので家でもできますが、本格的な断食を独断で行うのは危険です。 5 プチ断食に向いていない人 プチ断食は、 体力がある健康な方を対象としています。 疾患がある方や虚弱体質の方は、プチ断食に向いていません。 自分の体調を確認してから行うようにしましょう。 妊娠中の女性もプチ断食は厳禁です。 プチ断食を成功させるポイント プチ断食は、続けることが大切です。 挫折しないためのポイントをご紹介します。 1 食べ物を見えるところに置かない 食べ物が目についてしまうと、プチ断食の意志がくじけやすく、ストレスの原因にもなります。 家でプチ断食中の方は、 食べ物を見えない位置にしまっておきましょう。 2 環境を変える 家で過ごす時間が長いと、食べ物のことを考えてしまう人も多いようです。 そんな時は、外に出かけてみましょう。 時間を忘れて楽しめる場所があれば、プチ断食中も苦ではなくなるかもしれません。 ただし、 プチ断食中に激しいスポーツを行うことは控えましょう。 ウォーキングやヨガ、ピラティスなどの ゆったりと全身を使う運動がおすすめです。 3 くじけそうになったら「酵素ドリンク」を 酵素ドリンクは、身体に必要な栄養素がたっぷり含まれています。 味も飲みやすく工夫されているものが多いので、「水やお茶だけで過ごすのが辛くなってきた」という時に適しています。 また、お腹に溜まりやすいよう食物繊維を配合しているものも多いので、 他の飲み物よりも満足感が得られるようです。 ただし、 水分全てを酵素ドリンクに置き換えるのはやめましょう。 エネルギーのとり過ぎとなってしまいます。 プチ断食はお手軽に身体の中をリセットできる方法です。 普段使いすぎている胃腸を休め、消化機能を改善してみましょう。 また、自分の身体を見つめ直すいい機会にもなるので、さっそく挑戦してみてはいかがでしょうか。 (管理栄養士 橋場愛 管理栄養士の資格を持つ、2歳の男の子のママ。 管理栄養士の観点から、ためになる記事を発信。

次の

プチ断食でむくみを解消!マッサージ・ツボ・ストレッチで取る方法も!|断食(ファスティング)ダイエットのやり方・効果|プチ断食道場.com

断食 むくみ

ファスティングとも呼ばれています。 どんな方法と効果があるのかご存知ですか? 今回は、初心者にもおすすめしたい、 週末にできるプチ断食についてご紹介します。 プチ断食のうれしい効果4つ 3. プチ断食とは プチ断食とは、半日から1日だけ断食を行う方法のことです。 「ファスティング」ともいわれています。 プチ断食を行うことで、普段使い続けている胃腸を休ませることができます。 すると、本来の消化吸収機能をとり戻すことができます。 プチ断食のうれしい効果4つ プチ断食を行うと、うれしい効果が4つ期待できます。 1 便秘改善 食べ物が体内に入ってこないことにより、 胃腸の機能を回復させることができます。 これまで消化吸収のために使われていたエネルギーを、代謝や血液循環にも使うことができます。 機能回復や代謝改善により、便通がよくなることが期待できるでしょう。 また、腸内が空っぽになることで、たまっていた宿便が排出されやすくなります。 2 美肌効果 腸内環境がよくないと老廃物が腸から再吸収されてしまい、肌荒れの原因となります。 プチ断食で腸内環境をリセットすることで、 老廃物が排出され、美肌をつくることができます。 また、腸内環境が整うと、栄養素も効率よく吸収されるので美肌効果につながるでしょう。 3 脂肪燃焼効果 体内のエネルギーが不足すると、 蓄えていた脂肪をエネルギーとして利用します。 また、内蔵を休ませることで代謝や排出能力が改善され、脂肪燃焼しやすい身体となるのです。 4 脳の疲労回復 腸内環境が改善し、消化吸収のためにエネルギーが使われないことにより、脳の疲労が回復するといわれています。 リラックス効果があるホルモン「セロトニン」は腸内でつくられているので、 腸内環境が改善するとセロトニンを生産しやすくなるようです。 プチ断食のやり方と注意点3つ プチ断食は、3日間に渡って行うことが理想的です。 以下では3日間のプロセスで行う簡単なプチ断食のやり方と注意点をご紹介します。 1 前準備 プチ断食を行う前の準備として、 前日は食事を軽めに済ませておきましょう。 直前まで満腹状態でいると、プチ断食が苦しくなってしまうことも。 この時の食事で避けた方がよいものは、 菓子類、揚げ物、ファーストフードなどです。 脂肪は、消化吸収に時間を要するため、プチ断食前の食事としておすすめできません。 特に、夜ご飯は脂肪分を控えた軽めの和食にしましょう。 2 プチ断食当日 プチ断食当日(24時間)は、固形分を口にしないようにします。 摂るのは水分のみにしましょう。 水やノンカフェインのお茶で済ませるのが理想的です。 脱水にならないように、 2リットル程度摂るようにしましょう。 しかし、どうしても辛い場合は、野菜ジュースや酵素ドリンクを飲んでもかまいません。 飲み過ぎると糖分の取り過ぎになるので好ましくありませんが、 コップ1杯程度ならOKです。 3 回復期 プチ断食が明けたからといって、急に普段通りの食事に戻すことは厳禁です。 1日食べ物を摂っていない身体に負担をかけてしまうからです。 おかゆや豆腐、卵、煮た芋などの消化吸収がよいものをおすすめします。 味付けは出汁を使い、薄味に仕上げましょう。 味覚もリセットされているため、普段より味を感じやすくなったという方もいます。 普段食べていた量よりも控えめにした方がよさそうです。 りんごでプチ断食 プチ断食初心者には、「 りんご」を使うこともおすすめです。 急に断食するのはハードルが高いと思う方でも、りんごだけは食べられると思うと挑戦しやすくなるのではないでしょうか。 りんごを使ったプチ断食も、3日間かけて行いましょう。 1 プチ断食にりんごがいいのはなぜ? りんごには、「食物繊維」や「カリウム」、「ポリフェノール」などが含まれています。 中サイズのりんご1個で約150kcalなので、低カロリーです。 また、りんごは硬いので咀嚼回数も自然と増えることから、満腹中枢を刺激します。 りんごプチ断食の方法 りんごプチ断食を行う3日間は、 りんごと飲み物のみを口にしましょう。 りんごは皮にも栄養が含まれているので、 丸ごと食べるのがおすすめです。 すりおろしやグリルなど飽きないように工夫してみてください。 加工するのはOKですが、砂糖やバターなどを加えるのはやめましょう。 注意点 プチ断食と同様に、 前日の食事は低脂肪の食事を軽めに摂るようにしましょう。 また、りんごプチ断食後も胃腸が弱っています。 消化吸収がよい食べ物から始めて、徐々に普段の食事に戻すようにしましょう。 痩せるからといって、長期間続けるのも厳禁です。 身体に必要な栄養素が不足し、体調を崩す原因になりかねません。 スパッとむくみを解消する「半日ファスティング」の方法 1日プチ断食をする時間がとれないという方や、断食入門編として「半日ファスティング」に挑戦してみませんか? 方法 前日の夕食から、18時間以上固形物を口にしないという方法です。 朝食を抜くメリットとして、睡眠時間を含むため、昼食や夕食よりも楽に断食できるということが挙げられます。 プチ断食と同じように、半日ファスティング中は固形物ではなく、水やお茶のみを摂取しましょう。 半日ファスティングが終わったら、昼食はおかゆなど軽めのものにし、夕食も普段よりも控えめにしましょう。 効果 たった半日のプチ断食ですが、朝食の消化に費やしていたエネルギーを 老廃物の排出や代謝にあてることができます。 胃腸を休めたり、便秘改善が期待できます。 老廃物を排出することで、むくみの解消にも効果的です。 手軽に行えることから毎週決まった日に行ってみたり、慣れてきたら毎日行ったりしてみてはいかがでしょうか。 1 炭酸水でファスティングダイエット 水やお茶だけしか飲めないプチ断食を厳しいと思う方におすすめなのが、炭酸水を使った方法です。 炭酸水は 満腹感をもたらすので、水やお茶よりもプチ断食が続けやすいようです。 注意点 炭酸水はノンシュガーのものを選びましょう。 酵素ドリンクを飲む場合も、炭酸水で割ると満足感が得られます。 プチ断食の注意点 プチ断食は、正しく行わないとかえって逆効果です。 プチ断食をするときの注意点を4つご紹介します。 1 プチ断食中の過ごし方 プチ断食中は、食欲とのたたかいです。 しかし、食べ物のことばかりを考えていると、ストレスが溜まってしまいます。 色々と考えすぎないためには、外出するとよいかもしれませんね。 温泉に行ったり、散歩やヨガなどをして過ごすしてみてはいかがでしょうか。 ただし、水分補給は忘れずに行いましょう。 また、プチ断食中に どのような自分になりたいかイメージをすることもおすすめです。 目標ができるので続けやすくなります。 2 水分のとり方 水分を 1日2リットルは摂るようにしましょう。 脱水症状になってしまっては危険です。 また、老廃物の排出にも水分は必要です。 水筒を持ち歩き、定期的に摂取することを心がけましょう。 3 無理をしない プチ断食は、無理をして行うものではありません。 少しでも体調が悪いと感じる場合や生理中は、プチ断食を避けた方がよさそうです。 自分の体調と相談し、コンディションを整えてから行うようにしましょう。 低血糖になる場合もあるので、少しでも異変を感じたら中断することをおすすめします。 4 頻度 プチ断食を1度行えば、劇的な効果が得られるというものではありません。 まずは、週末に1度試してみることから始めます。 「プチ断食ができそうだな」と思ったら、1カ月間毎週末にプチ断食を行いましょう。 その後は、2〜3カ月プチ断食はお休みし、また1カ月間継続するという方法がおすすめです。 体調によってプチ断食を継続できる期間は異なるので、 無理はせず自分のペースで進めてください。 プチ断食は短い期間なので家でもできますが、本格的な断食を独断で行うのは危険です。 5 プチ断食に向いていない人 プチ断食は、 体力がある健康な方を対象としています。 疾患がある方や虚弱体質の方は、プチ断食に向いていません。 自分の体調を確認してから行うようにしましょう。 妊娠中の女性もプチ断食は厳禁です。 プチ断食を成功させるポイント プチ断食は、続けることが大切です。 挫折しないためのポイントをご紹介します。 1 食べ物を見えるところに置かない 食べ物が目についてしまうと、プチ断食の意志がくじけやすく、ストレスの原因にもなります。 家でプチ断食中の方は、 食べ物を見えない位置にしまっておきましょう。 2 環境を変える 家で過ごす時間が長いと、食べ物のことを考えてしまう人も多いようです。 そんな時は、外に出かけてみましょう。 時間を忘れて楽しめる場所があれば、プチ断食中も苦ではなくなるかもしれません。 ただし、 プチ断食中に激しいスポーツを行うことは控えましょう。 ウォーキングやヨガ、ピラティスなどの ゆったりと全身を使う運動がおすすめです。 3 くじけそうになったら「酵素ドリンク」を 酵素ドリンクは、身体に必要な栄養素がたっぷり含まれています。 味も飲みやすく工夫されているものが多いので、「水やお茶だけで過ごすのが辛くなってきた」という時に適しています。 また、お腹に溜まりやすいよう食物繊維を配合しているものも多いので、 他の飲み物よりも満足感が得られるようです。 ただし、 水分全てを酵素ドリンクに置き換えるのはやめましょう。 エネルギーのとり過ぎとなってしまいます。 プチ断食はお手軽に身体の中をリセットできる方法です。 普段使いすぎている胃腸を休め、消化機能を改善してみましょう。 また、自分の身体を見つめ直すいい機会にもなるので、さっそく挑戦してみてはいかがでしょうか。 (管理栄養士 橋場愛 管理栄養士の資格を持つ、2歳の男の子のママ。 管理栄養士の観点から、ためになる記事を発信。

次の