フォートナイト 環境。 【検証】低スペックパソコンでフォートナイトできるのか?

Fortnite(フォートナイト)を快適に動かせる推奨スペックとおすすめゲーミングPC

フォートナイト 環境

スペック 必要動作環境 推奨動作環境 OS• Windows 10 64bit• Windows 8 64bit• Windows 7 64bit• Mac OS X Sierra 10. 4 GHz以上 Core i5 2. 8 GHz以上 メモリ 4 GB 8 GB グラボ Intel HD 4000以上 Intel HDは内蔵GPU GTX 660 — Radeon HD 7870 ストレージ 最低でも20 GBは必要 公式の必要動作スペックは、少なくともCore i3とCPUの内蔵グラフィックスが必要です。 しかし、フォートナイトは内蔵グラフィックスで動かせるほど、軽いゲームではありません。 推奨動作スペックを見てみると、CPUはせめてCore i5が必要で、グラボはGTX 660(またはHD 7870)相当の性能が必要と書いてある。 ただ、これでもフォートナイトを快適に動かすには不足気味。 公式サイトのスペックは基本的に「敷居低め」のスペックを掲載するため、参考としても微妙です。 というわけで、実際にデータを見ていくのが確実に方法です。 どれくらいで推奨スペック? まだまだ多くのユーザーが、ゲーミングモニターではなく普通のモニターを使っています。 だから、実用上は平均60 fps以上を出せるスペックなら十分なので、60 fpsを達成で推奨スペックという扱いに。 そして、ゲーミングモニターを使う場合は、少なくとも平均100 fps以上を出せるスペックを。 可能であれば、平均144 fps以上を安定して出せるスペックが必要なので注意してください。 144 fps以上:ゲーミングモニターを使うなら十分な性能• 100 fps以上: ゲーミングモニターで遊ぶなら最低でも必要• 60 fps以上:普通のモニターには十分、 ほとんどの人はこれでOK• 60 fps以下:慣れていないとキツイ (そして入力遅延が…オワタ) ゲーミングモニターを使っていないなら「 60 fps以上」が推奨スペックです。 ゲーミングモニターを持っている、または購入予定なら、少なくとも「 100 fps以上」が推奨スペックになります。 参照元: テスト環境とデータ• CPU: Core i9 9900K• メモリ:DDR4-3200 8 GB x2( 合計16 GB)• SSD:Samsung 850 Pro• OS:Windows 10 Pro 64bit• ドライバ:NVIDIA 417. 3 データは米PC Gamerより参照します。 計測に使われたテストスペックは以上の通り。 CPUにトップクラスのゲーム性能を持つ 「」を使い、 メモリは16 GB搭載。 フォートナイトをインストールする ストレージはSSDです。 グラフィックボードの足を引っ張る要因はほとんど無いため、 グラボの性能を忠実に計測できるスペックになっています。 ゲーム側の設定は「低」「中」「エピック」の3種類を使い、画面のサイズ(解像度)は定番のフルHDに加え、もっと大きいWQHDと4Kも検証された。 では、以下より性能比較の始まりです。 RTX 2080 Ti 396. RTX 2080 395. RTX 2070 394. RTX 2060 385. GTX 1080 Ti 394. GTX 1080 394. GTX 1070 Ti 382. GTX 1060 6GB 348. GTX 1060 3GB 347. GTX 1050 Ti 241. GTX 1050 222. RX 590 330. RX 580 8GB 294. RX 570 4GB 276. Ryzen 5 2400G 87. Intel HD 630 31. 4 GeForce 20 GeForce 10 Radeon RX Intel もっとも画質の粗い「低設定」なら、どんなグラボを使っても余裕で平均60 fpsを突破します。 内蔵GPUの「Ryzen 5 2400G」でも平均60 fps超えですし、Intelの内蔵GPUでも平均30 fpsでした。 低予算で頑張るなら、1. 3万円から買える 「GTX 1050」でフォートナイトの低画質は問題なく動きます。 RTX 2080 Ti 281. RTX 2080 279. RTX 2070 276. RTX 2060 271. GTX 1080 Ti 275. GTX 1080 273. GTX 1070 Ti 270. GTX 1060 6GB 237. GTX 1060 3GB 223. GTX 1050 Ti 151. GTX 1050 137. RX 590 226. RX 580 8GB 205. RX 570 4GB 184. Ryzen 5 2400G 57. Intel HD 630 19. 7 GeForce 20 GeForce 10 Radeon RX Intel 次は「中設定」の場合。 さっきより多少は重たくなったが、ほとんどのグラボが平均60 fpsを突破しています。 この場合も 低予算で行くなら「GTX 1050 Ti」で全く問題ない。 RTX 2080 Ti 198. RTX 2080 184. RTX 2070 178. RTX 2060 141. GTX 1080 Ti 188. GTX 1080 157. GTX 1070 Ti 149. GTX 1060 6GB 99. GTX 1060 3GB 92. GTX 1050 Ti 60. GTX 1050 52. RX 590 93. RX 580 8GB 84. RX 570 4GB 75. Ryzen 5 2400G 22. Intel HD 630 8. 4 GeForce 20 GeForce 10 Radeon RX Intel 次はもっとも高画質な「エピック設定」です。 ようやく重たくなってきた、それでもGTX 1050 Ti以上のグラボなら平均60 fpsを維持できているので、フォートナイトは非常に軽いゲームです。 コスパ良く行くなら平均100 fps近い 「GTX 1060 6GB」を。 ゲーミングモニターを使うつもりなら、平均140 fps超えの 「RTX 2060」がコスパ良好なのでオススメします。 RTX 2080 Ti 169. RTX 2080 136. RTX 2070 117. RTX 2060 88. GTX 1080 Ti 134. GTX 1080 101. GTX 1070 Ti 95. GTX 1060 6GB 61. GTX 1060 3GB 56. GTX 1050 Ti 36. GTX 1050 32. RX 590 58. RX 580 8GB 51. RX 570 4GB 47. 1 GeForce 20 GeForce 10 Radeon RX フルHDより約1. 8倍ほど大画面な「WQHD」も見ておく。 ちなみに、アスペクト比が21:9の横長なモニターを使う予定なら、このデータでどのグラボが必要か確認しておきましょう。 平均60 fpsはだいぶキツくなっていて、少なくとも「GTX 1060 6GB」や 「RTX 2060」が必要です。 WQHDサイズのゲーミングモニターを使うなら、最低でも 「RTX 2080」は必要ですね。 やや敷居が高くなりました。 RTX 2080 Ti 88. RTX 2080 67. RTX 2070 57. RTX 2060 38. GTX 1080 Ti 66. GTX 1080 49. GTX 1070 Ti 46. GTX 1060 6GB 29. GTX 1060 3GB 25. GTX 1050 Ti 16. GTX 1050 7. RX 590 27. RX 580 8GB 23. RX 570 4GB 21. 8 GeForce 20 GeForce 10 Radeon RX 最後はフルHDより4倍も大きい「4K」解像度をチェック。 さすがに重たいですね。 やはり…4Kでゲームを動かすには、単体で 最強性能の「RTX 2080 Ti」がベストです。 フォートナイトの推奨グラボまとめ• などのゲーミングモニター(144 Hz)でフォートナイトをするなら 「」がベストなグラボ。 平均140 fpsくらいで動作するので、ゲーミングモニターを十分に活用できます。 フォートナイトとCPUボトルネック 「CPUも重要なのか?」と思われるかもしれないが、最近のゲームは驚くほどCPUをしっかりと使う傾向があるので、性能の低いグラボだと「動作がカクカク」するなど。 不安定な原因になります。 そして、グラフィックボードに性能の良いモノを使う場合は、CPUの性能が足を引っ張っても生じる。 だから意外とCPUは重要です。 Core i9 9900K 286. Core i7 8700K 279. Core i5 8400 234. Core i3 8100 214. Ryzen 7 2700X 219. Ryzen 5 2600X 210. Ryzen 5 2400G 152. 7 第9世代インテル 第8世代インテル AMD Ryzen Core i9 9900Kが一番優秀ですが、実用上はCore i7 8700Kでも問題ないですね。 コスパ良く選ぶなら、そこそこフレームレートを叩き出せているCore i5 8400でも十分です。 一方、AMD Ryzenシリーズはスペックの割にはフレームレートがあまり伸びないことが、よく分かります。 特に理由がないなら、インテルCPUを選べば間違いない。 Core i9 9900K 188. Core i7 8700K 184. Core i5 8400 171. Core i3 8100 158. Ryzen 7 2700X 156. Ryzen 5 2600X 151. Ryzen 5 2400G 113. 4 第9世代インテル 第8世代インテル AMD Ryzen エピック設定でも傾向はほとんど同じで、Ryzenシリーズは性能の割にフレームレートが伸びず、インテルCPUは効率よくフレームレートを伸ばすことができます。 フォートナイトに最適なCPUまとめ 用途と目的 最適なCPU 普通のモニターでプレイ• Core i5 8400• Core i5 9400F ゲーミングモニター• Core i7 8700• Core i7 8700K• Core i7 9700K ゲーム実況配信もする• Core i9 9900K 普通のモニターでフォートナイトをするなら、ほとんどの場合は6コア搭載のCore i5シリーズで問題なし。 最新なら を、型落ちなら「Core i5 8400」を選びましょう。 ゲーミングモニターでプレイする場合は、出来る限りフレームレートを無駄にしてはいけないので、高速なCPUが最適。 最新なら を、型落ちは「Core i7 8700K」でOKです。 更に、フォートナイトをしながら同時にゲーム実況配信(例:OBSなど)を行う場合は、8コア16スレッドは必要になるのでをおすすめする。 ちなみにRyzen 7はOBSと相性が悪いので注意。 フォートナイトに必要なメモリ 公式サイトのスペックには、最低でも4 GBが、出来れば8 GB以上のメモリが必要と書いてありました。 実際のところはどれくらいのメモリがフォートナイトに必要なのだろうか? メモリの使用量は少ない Fortniteのメモリ使用量(単位 : GB)• GTX 1080 8GB 5. GTX 1060 6GB 4. GTX 1060 3GB 5. GTX 1080 8GB 5. GTX 1060 6GB 5. GTX 1060 3GB 5. GTX 1080 8GB 5. GTX 1060 6GB 5. GTX 1060 3GB 6. 28 1920 x 1080 2560 x 1440 3840 x 2160 3種類のグラボ、3つの画面サイズ(解像度)でメモリ使用量をまとめた結果です。 フルHDだと、だいたい5 GB前後しか使いません。 4Kになると使用量が増えていますが、それでも最大6. 3 GBしかない。 フォートナイトをプレイするだけなら、メモリは8 GBで足ります。 ただし、 同時にネットで調べ物をしたり、Youtubeを見たいという場合は。 16 GBをおすすめします。 Google Chromeというブラウザは、驚くほどメモリを消費するので、余裕はあった方が良い。 フォートナイトの推奨スペックまとめ グラボは「GTX 1060」「RTX 2060」でOK 解像度 モニター 推奨グラボ 1920 x 1080 普通(60 Hz)• GTX 1060 6GB 2560 x 1440• RTX 2060 3840 x 2160• RTX 2080 1920 x 1080 ゲーミング(144 Hz)• RTX 2060 2560 x 1440• RTX 2080 3840 x 2160• RTX 2080 Ti 普通にフルHDモニターでプレイするなら 「GTX 1060 6GB」を。 ゲーミングモニターを使うなら 「RTX 2060」が性能的にもコスパ的にも最高です。 それよりも大きい画面のWQHDや4Kは、表にまとめてある通り 「RTX 2080」や「RTX 2080 Ti」といった、ハイエンドグラボを検討してください。 CPUはCore i5(6コア)以上 用途と目的 最適なCPU 普通のモニターでプレイ• Core i5 8400• Core i5 9400F ゲーミングモニター• Core i7 8700• Core i7 8700K• Core i7 9700K ゲーム実況配信もする• Core i9 9900K 普通のモニターで平均60 fpsのキープなら 「Core i5 9400F」で余裕です。 ゲーミングモニターを使う場合は、常に高いフレームレートを維持する必要があるので 「Core i7 9700K」がおすすめ。 配信など、 重たい処理を同時に行う場合は「Core i9 9900K」を使おう。 AMD Ryzenは配信ソフトとの相性に難ありで、ボトルネックもCore i9と比較すると大きいので、特別な理由が無いならオススメしない。 メモリはとりあえず8 GBで足りる 用途と目的 メモリ容量 フォートナイトをプレイ 最低 8 GB 同時にネット見る 16 GB欲しい リアルタイム配信 余裕持って 16 GB フォートナイトだけなら、メモリは多くても6 GBしか消費しないため、 少なくとも8 GBのメモリがあれば問題なし。 ただ、同時に他のアプリと使うのであれば、余裕を持って16 GBのメモリを搭載すること。

次の

Fortnite(フォートナイト)を快適に動かせる推奨スペックとおすすめゲーミングPC

フォートナイト 環境

フォートナイトを始めるのに必要なPC推奨環境 PC推奨システム要件• Nvidia GTX 660またはAMD Radeon HD 7870相当のDX11対応GPU• 2 GB VRAM• Core i5 2. 8 Ghz• 8 GB RAM• Intel HD 4000 PC またはIntel Iris Pro 5200 Mac• Core i3 2. 4 Ghz• 4 GB RAM• 100人のプレイヤーが集まり、武器やトラップなど様々なアイテムを駆使して、 最後の一人になるまで生き残るゲームです。 他のバトロワ系ゲームとフォートナイトが大きく違うところは、 クラフト要素が存在しているところ。 このクラフト要素を利用することで、 相手から身を守ったり、 有利な状況を作ったりと、他のバトロワ系ゲームにはない スピーディで戦略性の高いゲームを楽しむことが出来ます。 画面右上からダウンロードを選択します 続いて公式サイトへ飛んだら 画像の右上の ダウンロードをクリックしよう。 Epicアカウントを作成 Epicアカウントを持っていない人は 青い四角で囲った左側からアカウントを新規作成していきます。 各必要事項を記載していきましょう。 既にEpicアカウントを持っている人は 赤い四角で囲った右側からログインすればOKです。 アカウント作成を押すと Epic Game Launcherが導入されるので、 そのままインストールを行ってください。 Epic Game Launcherに作成したアカウントでログイン 先程つくった 新しいアカウントでログイン。 メールアドレスと パスワードを正しく入力していきます。 入力が終わったら サインインをクリック。 フォートナイトをインストール・ダウンロード ログイン後は ライブラリを選択し、 フォートナイトの項目に インストールと出るのでクリック。 フォートナイトのダウンロードが始まります。 ダウンロードが終わると 起動 に文字が変わるので同じようにクリックしましょう。 あとは 「バトルロイヤル」 を選択してフォートナイトを始めるだけ! ダウンロードしたPC版フォートナイトを思う存分楽しみましょう!!.

次の

【フォートナイト】最新アプデ(アップデート)情報まとめ【FORTNITE】

フォートナイト 環境

フォートナイト動作環境 2020年2月10日現在 最小スペック 推奨スペック グラフィック Intel HD 4000 Nvidia GTX 660またはAMD Radeon HD 7870 2 GByte VRAM CPU Core i3-3225 3. 3 GHz以上 Core i5-7300U 3. 推奨スペックについてもそんなに新しいものはありませんね。 なんだかとても軽いゲームなような気がしてきました。 ただ最小スペックの最大スペックの差が大きいのも事実です。 筆者パソコンスペック フォートナイト要求スペックと筆者パソコンスペックを参照すると、このようになります。 3 GHz以上 Core i5-7300U 3. 5 GHz i5-2500 3. パソコンゲームはグラフィック性能がとても大切ですので、出来れば推奨スペックを満たしたいところです。 しかし、推奨スペックに比べると、筆者パソコンはグラフィック性能が心もとないです。 ただ最小スペックは満たしているので最高品質以外ではプレイできるのではないかと思っております。 動作検証 クリエイティブモードで検証してみました。 検証結果の方はフォートナイト機能のFPS測定値を参考にします。 最高設定 結果は 11FPSでした。 これはゲームにならないほど、画面の動きがカクツキます。 筆者パソコンでは最高設定ではプレイできないことがわかりました。 高 結果は 19FPSでした。 最高設定と比べると、カクツキはマシになりましたが、交戦時等の処理が重くなる瞬間は確実に耐えれないだろうなと思います。 また、地面の草や木の形もだいぶ省略されています。 ですので高設定でもプレイできないことがわかりました。 中 結果は 54FPSでした。 かなり滑らかに動くようになりました。 しかし、草木は10年も20年も前のゲームを見ているかのようです(笑)ここまで設定を下げると通常プレイでは問題ないのではないでしょうか。 低 結果は 119FPSでした。 動作は問題ないですが、キャラクターまでギザギザしています。 これはもうフォートナイトと呼べないのかもしれません(笑) カスタム 結果は 40FPSでした。 理想は60FPSは欲しいのですが、FPSを優先するとだいぶ映像がギザギザして全体的な造形はノペっとした印象になります。 ゲームをする中で画質が悪いとだいぶストレスになるような気がします。 フォートナイトはFPSゲームになりますので、遠くプレイヤーを見渡せる必要があります。 描画距離は最高はマストだと思います。 その他の設定項目についてはキャラクターがギザギザにならないように設定しています。 検証まとめ 低スペックパソコンでは動作するけど、プレイに耐えられる画質を得られない フォートナイト最小スペックでは起動はできるけど、満足にプレイすることは難しいと思います。 推奨スペックを最小スペックと思った方が良さそうです。 また、上級者になると140FPSでないパソコンはゲーミングパソコンではないと言われています。 フォートナイトで結果を残そうと思うと、ミドルクラスほどのゲーミングパソコンが必要になることがわかりました。 筆者のパソコンは低スペックどころかゲーミングを名乗ることも許されないでしょう(笑)別記事にてCPUとグラボの交換を予定しております。 交換結果のビフォーアフターを記事にするつもりでいます。 この記事を読んでゲーミングパソコンの購入を検討されている方は過去記事にamazonで購入できるゲーミングパソコンについてまとめましたので、そちらを参照して頂けると幸いです。

次の