アパッチ 小次郎。 SPECIAL THE OUTSIDER ベストバウト 掲示板

堀鉄平

アパッチ 小次郎

経歴 [ ] 愛知県立旭丘高等学校を経て、中央大学法学部卒業。 2002年 司法試験合格。 2004年 第一東京弁護士会登録。 2008年 前田日明主催「THE OUTSIDER」参戦。 2009年 弁護士法人Martial Arts設立。 2019年 「弁護士堀鉄平の不動産投資塾」設立。 1R開始早々に引き込みから腕ひしぎ十字固めで一本勝ち。 ベストグラウンドテクニック賞を受賞した。 2008年7月19日、「THE OUTSIDER 第弐戦」で山口剛と対戦し、腕十字固めで一本勝ちを収めた。 2008年8月17日、「DEEP 37 IMPACT」のフューチャーファイトで石井智大と対戦し、TKO負けを喫した。 2008年10月19日、「THE OUTSIDER 第参戦」で加藤紘也と対戦予定であったが、堀の怪我により試合が流れる。 2008年12月20日、「THE OUTSIDER 第4戦」で加藤紘也と再戦し、三角絞めで一本勝ちを収めた。 なお、この試合は加藤が契約体重を約7kgオーバーして行なわれた。 3月15日、「THE OUTSIDER special」で地下格闘技無敗の山田史博と対戦予定であったが、堀の怪我により試合が流れる。 堀は2月に右目を眼窩底骨折し、長期戦線離脱を余儀なくされる。 2009年8月9日、「THE OUTSIDER 第7戦」で65-70kgトーナメント選考試合に出場。 野村剛史と無敗対決となったが、1-2の僅差の判定で敗れた。 この試合は今大会のベストバウトとされた。 2009年10月11日、「THE OUTSIDER 第8戦」で65-70kgトーナメントリザーブマッチに出場。 アパッチ小次郎と対戦し、0-3の判定で敗れた。 2009年12月13日、「THE OUTSIDER 第9戦」でと対戦し、試合をコントロールしたものの、最後にハイキックをもらってドローとなった。 ベストグラウンドテクニック賞、苫米地英人特別賞を受賞した。 2010年4月3日、「THE OUTSIDER 第11戦」で剛田武と対戦し、3-0の判定で勝利した。 2010年6月20日、「THE OUTSIDER 第12戦」の70-75kgトーナメントマッチ1回戦で山田史博と対戦し、マウントからのパウンドでTKO勝利し、続く2回戦でも齋藤龍正と対戦し、マウントからのパウンドでTKO勝利した。 2010年10月11日、「THE OUTSIDER 第13戦」の70-75kgトーナメント準決勝において、優勝候補大本命と言われながら、谷博幸と対戦し、判定負けを喫した。 2010年12月4日、「THE OUTSIDER 第14戦」のメインイベントでと対戦し、三角絞めを極めた状態でパウンドを与え続け、最後は相手セコンドよりタオルが投入されTKO勝利を収めた。 2月13日、「THE OUTSIDER 第15戦」でYOSHIKIと対戦し、タオル投入によるTKO勝利を収めた。 2011年7月17日、初参戦となった「ZSTvsTHE OUTSIDER 対抗戦」でに参戦経験のあると対戦し、タオル投入によるTKO負けを喫した。 2月12日、「THE OUTSIDER 第20戦 70-75kg級 タイトルマッチ」でソルジャーボーイ一樹と対戦し、ドクターストップにより敗北を喫した。 弁護士が実践する 不動産投資の法的知識・戦略とリスクマネジメント 日本法令• 相続対策イノベーション! 家族信託に強い弁護士になる本(日本法令)• 信託に強い弁護士が作った事例による民事信託契約文例書式集 DVD (日本法令)• 事例でわかりやすく解説 民事信託契約書の作り方と必要な基礎知識 DVD (日本法令)• 民泊3タイプ 開設・契約・運営とトラブル対策(日本法令)• 闘う弁護士が伝授する 家族が幸せになるための 相続の奥義(時評社)• 格闘家弁護士が教える反撃の技術(かんき出版)• 弁護士開業・業務マニュアル(日本法令)• 弁護士営業・経営マニュアル(日本法令)• 新株予約権・種類株式の実務(第一法規 共著)• すぐに使える! すぐに使える! 取締役の実務マニュアル(新日本法規 共著) 出演 [ ]• タイトロープ ~アウトサイダーという生き方~(2013年) 脚注 [ ].

次の

GBR>試合結果>【アウトサイダー】前田日明が大激怒!アウトサイダー史上最多の乱闘が勃発(1)

アパッチ 小次郎

そのまま上を取るとパウンド。 一瞬の隙をついて渡辺が立ち上がろうとするも、幕は再び寝かせる。 そしてアキレス腱固めを決めた幕に対し、渡辺は必死に抵抗。 極まらないとみるや、上のポジションを奪う。 渡辺が上を取り返すと、幕は渡辺の腕を掴まえオモプラッタへ。 腕を引っこ抜いて離れる渡辺に幕が組み付いたところでゴング。 2R、左フックを出しながら組み付いた幕。 渡辺はフロントチョークで対抗し、絞り込む。 首を抜いた幕はバックを奪い、スリーパー狙い。 これが完全に極まったかに見えたが、耐える渡辺。 幕は腕十字に移行! そのまま決め続けたところでゴング。 終始一本を狙い、攻め続けた幕が判定勝利で念願の王者に輝いた。 「これで胸はって家に帰られます。 勝っても負けても辞めるつもりでした。 でも、次にこのベルトをかけて渋谷選手闘いましょう」と今大会のトーナメントで急遽負傷欠場となった渋谷莉孔との一騎打ちをぶちまけた。 後方に倒れこんだ吉永は、冷静に野村の足をキャッチし下からアキレス腱固めを極める。 これが極まらないとみるやフロントチョークを決める。 首を抜いた野村はパウンドで反撃。 下の吉永は必死にディフェンスし、三角絞めを狙う。 これがガッチリと極まり、野村がタップ! 王者となっての初戦を快勝した吉永は「皆さん、お久しぶりです。 10月にZSTとの対抗戦をやると前田代表は言ってました。 みんなが知ってる人といえば、所英男選手しかいないですよね? アウトサイダー最高!」と10・11横浜文体大会で所との対戦をアピールした。 1R、ワンツーのアパッチに対し、伊澤は右ローから左ハイをクリーンヒット。 これでぐらついたアパッチを追い込んだが、両者は離れる。 伊澤がスイッチしながら右ロー。 組み合いになったがブレイク。 左インロー、左ミドルを出す伊澤。 アパッチは組み付く。 お互いに牽制のパンチを出したところでゴング。 2R、ノーガード状態のアパッチは左フックからパンチの連打。 伊澤はブロックし決定打を許さない。 右ローを確実に当て、左ハイも狙う伊澤に対し、アパッチはボディからフックと上下に散らす攻撃。 残り時間1分となり、伊澤はパンチを出しながら組み付くもブレイク。 アパッチの入りに合わせて、井沢が左ハイ2発。 アパッチもパンチを振るうが、決め手とならない。 決定打の多かった伊澤が勝利。 「リザーバーに選ばれて気持ちが落ちていたが、今日も試合がなくなって気持ちが落ちていました。 自分の中で色んな気持ちはあるが、仲間、チームのために頑張ります」と次戦に向けて気合を入れていた。 剛田も打ち合いに応じ、激しく殴り合う。 ここで剛田の右ストレートが椎名の顔面を捕え、レフェリーが即座に試合をストップ。 剛田は秒殺勝利したが、椎名は納得のいかない表情を浮かべていた。 勝った剛田は「椎名選手のパンチは強かったですけど、自分は打ち合いなら自信があり、足の裏がついていたら絶対に負けません。 次もよろしくお願いします」とあいさつした。

次の

“不良の祭典”がド派手に両国初進出! あの“スター”たちは如何に闘ったか!? 3・15『THE OUTSIDER SPECIAL』 (ファイト!ミルホンネット お知らせ)

アパッチ 小次郎

リングス・前田日明代表が「4000人も入れば合格」とで語っていた動員も、フタを開けてみれば広い国技館をほぼ満員に埋める入り。 場内にはDREAM、戦極、K-1といったメジャー格闘技に負けず劣らずの豪華な入場ゲートが設営され、全試合に凝った煽りVが流れるなど、今までのOUTSIDERとは打って変わったゴージャス感溢れる演出の中、全22試合の熱戦が行われた。 会場内の様子。 今回は、そんな彼らが未体験ゾーンの大舞台で如何に青春の炎を燃焼させたか!? そこにスポットを当ててリポートしていこう。 過去の暴れっぷりを面白おかしくまとめた煽りVが流れる間、満員の観客から爆笑が沸き起こる。 煽りVで触れられていた通り、「今度こそ勝ちたい」という思いで「嫌いだった」練習にも本格的に打ち込み始めた黒石。 圧力(プラス怖さ?)で上回る黒石が幾度となくテイクダウンから上のポジションを取るが、寝技のスキルで勝る野口はその度に腕十字と三角締めの波状攻撃を仕掛ける。 黒石が野口の下からの寝技に苦しんだまま1R終了のゴングが鳴ると、場内から「1Rもった!」と言わんばかりの歓声が沸きあがる。 「勝ちたい!」という執念を見せる黒石だが、第2Rでも同じ展開が続き、最後は何度仕掛けられたかわからない腕十字でついに万事休す。 ハマの狂犬の激情は、野口の沈着冷静な寝技に封じ込められた。 17歳で任侠の道に入り、2年3ヶ月の懲役を経験した本物のアウトローであるこの男が持つオーラは、広い国技館の時空すらも制圧する説得力がある。 「一番強いヤツと闘いたい」川村が今回タイマン勝負を指名したのが、西のアウトロー王国・北九州が誇る喧嘩格闘技大会『天下一武闘会』の雄・出田。 天下一武闘会とOUTSIDERでともに無敵の実績を誇る格闘屋・出田は、生粋の喧嘩屋・川村にとってまさに申し分ない相手だ。 そしてこの試合が表彰式で「ベストバウト賞」を獲得。 この内藤も、かつては「人刺しの裕」と言われるほどの恐ろしい喧嘩を繰り広げていたフダ付きの中のフダ付きな存在。 OUTSIDERにおいても危険度MAXの激突、満員の国技館に緊張が走る。 入場曲のアッパーなトランスミュージックを延々と流し続けたまま、なかなか入場してこない渋谷。 待つこと2〜3分ほどか、黒と金の袖無しガウンに身を包んだ渋谷が登場。 それにしても両国の長い花道を歩く渋谷には、早くもスターのオーラが漂っている! そして渋谷の顔面には、マイク・タイソンばりのタトゥーが!! しかし最高潮に高まった観客の期待が、試合が始まった途端徐々にシボんでいってしまう。 ワル同士の打撃戦が期待された試合は、お互いの間合いが噛み合わなかったか、クリンチが相次ぐ膠着戦。 第2Rでは、渋谷が内藤の周りを、避けるように回ってしまう予想だにしないシーンまで出てきてしまう。 結果は積極性で上回った内藤の判定勝利。 渋谷のブログが試合後に更新されたが、という実に刺激的な内容で、かなりの波紋を呼びそうな予感。 対するはOUTSIDER3戦全勝のハードパンチャー・アパッチ。 セミファイナルにふさわしい頂上決戦も激しい打撃戦となったが、トータルファイターとしてのバランス・戦略は加藤が上回るか、途中からアパッチを首相撲に捕らえ、ボディにヴァンダレイ・シウバばりのヒザ蹴りを連打。 みるみるうちにアパッチの腹部が真っ赤に染まり、2度のダウンを奪った加藤がKO勝利。 大舞台・両国でのメイン抜擢も当然の実績か。 迎え撃つはOUTSIDER最強のストライカー・秀虎。 全22試合のオールスター戦の大トリ対決も、開始からお互いの誇りを懸けた打撃戦。 寝技で仕留めたいはずの吉永も一歩も引かず打ち合いに応じ、秀虎の左眼を腫らしてみせる。 しかしパンチ合戦なら秀虎の土俵か、激しい打ち合いの末、吉永からダウン2度を奪い、頂上対決を制した。 そしてこの鮮烈な勝利により、秀虎が記念すべきオールスター戦のMVPを獲得! 2009年のOUTSIDERは、秀虎がこのまま主役に躍り出るか!? そしてミルホンネットでは、未公開写真大量投入の全試合詳報を、にて完全版として大々的に収録いたしました。 ぜひご購入下さい!!

次の