アベノマスク 受注企業。 不良品続出のアベのマスクの受注額と予算の差額375億はどこへ?矛盾だらけの安倍政権に不安感の声

福島の無名会社「アベノマスク4億円受注」の謎

アベノマスク 受注企業

ようやく配布が開始された「アベノマスク」に、髪や虫などの混入やカビ、汚れ、黄ばみなどの不良品が見つかった件を受け、製造元の伊藤忠商事と興和は23日、未配布分の布マスクを全て回収することを発表した。 興和と伊藤忠商事は23日、政府に納品した布マスクに汚れなどの不良品が見つかった問題を受け、未配布分を全量回収すると発表しました。 マスクは安倍晋三首相肝煎りの新型コロナウイルス対策として、全世帯へ配布を進めていました。 — 時事ドットコム(時事通信ニュース) jijicom はプレスリリースを通じ、同社が受注した布マスクの生産・検品については「当社のネットワークにて海外の衣料品縫製工場に生産スペースを特別に確保し、当初生産分は縫製工場での自社検品後、厚生労働省に納品を行った」と説明。 同省からの検品強化の指示により、未配布分を全量回収するとともに「三重の検品体制」を取っていくという。 は、中国を中心とする海外の生産協力工場を活用して布製マスクの生産を行なってきたこと、未配布分については全量回収の上で再検品し、生産協力工場における検品体制への指導強化とともに、日本国内における全量検品を行うことを表明した。 当初、政府はアベノマスクの発注元についてひた隠しにしていたが、批判の声が高まったためか、発注企業4社のうち、3社の社名と契約金額を発表。 によると、伊藤忠商事と約28. 5億円、興和と約54. 8億円、マツオカコーポレーションと約7. 6億円の契約をしたとしている。 しかしマスクの枚数や契約の中身は示されず、残る一社についてはまだ非公表のままだ。 また3社との契約金は合わせて約90. 9億円だが、アベノマスクの予算466億円との差額についても説明がなされておらず、厚労省は野党からの問い合わせを交わし続けている状況である。 興和株式会社:54. 38億円 伊藤忠商事:28. 5億円 株式会社マツオカコーポレーション:7. 6億円 アベノマスクの調達が終わっている調達先と金額の厚労省回答。 が、調達枚数は単価が類推されるので公表できないと言います。 以前官房長官は200円. 担当者は260円と言っていたのに。 「466億円をドブに捨てなければ、コロナ患者を積極的に受け入れたり、発熱外来を作って頑張ってる466の医療機関に1億円ずつ支援できたのに」と新型コロナ対策費用の用途に対する疑問の声や、「使うの怖いし、要らない人多いんだから今からでも配布するのやめれば?」という声など、辛辣な意見が相次いで投稿されている。 また伊藤忠と興和が全量回収することについて、「さらにお金が掛かるのか…」「あとどんだけこれに予算使うの。。 」「そうしてまた余分な金を使うつもりな!」と、追加予算が発生するのではないかと危惧する声もあがっているが、最も多く見受けられるのは、未だ公表されていない1社について「どこなの?」「「なぜ公表しないのか?」という疑問の声だ。 ページ内の商標は全て商標権者に属します。 銘柄の選択等、投資の最終決定は、ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 また、本サイトに掲載している全ての記事およびデータについては、その情報源の確実性を保証したものではありません。 本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切責任を負いません。 万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。 本WEBサイトの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

次の

アベノマスク受注「ユースビオ」の怪しい実態

アベノマスク 受注企業

政府が、妊婦向けに配る予定だった布マスク(アベノマスク)については、変色・髪の毛の混入といった不良品が多発し、配布を中断しています。 さらに、布マスクの受注企業が4社あるとの説明であった一方、これまでは3社しか企業名を公表しておらず、残りの1社がどこなのか、疑念が高まっていました。 4月27日、菅官房長官が、公表していなかったアベノマスクの受注企業の残りの1社が、「ユースビオ」(福島市)であることを明らかにしました。 【布マスク】公表されていなかった4社目、菅長官が明らかに 政府が配布している妊婦用の布マスクを受注した4社のうち、非公表の1社は福島市の「ユースビオ」であることを明らかにした。 — ライブドアニュース livedoornews この「ユースビオ」が怪し過ぎると、ネットで話題になっています。 この記事では、ユースビオって何の会社なのか、怪し過ぎて話題な理由を説明します! Contents• 布マスクの受注会社の状況 政府の説明では、布マスクは、介護施設や妊婦向けに2,000万枚、全世帯向けに1億3,000万枚を政府が調達しました。 全世帯向けに配る布マスク(1億3,000万枚)は、次の3社が受注しました。 伊藤忠商事• マツオカコーポレーション 一方、介護施設など向け(2,000万枚のうち、50万枚が妊婦用)については、この3社のほかに、次の2社が受注しました。 ユースビオ• 横井定(よこいさだ<愛知県名古屋市を本拠とするマスクメーカー>) そして、不良品が問題となった妊婦向けについては、横井定を除く4社が納入していました。 菅官房長官は、4月27日の記者会見で、「改めて確認を行い、ユースビオの納入分も妊婦用マスクに配布されていた。 確認できたため、公表した」と説明しました。 ユースビオって何の会社? によれば、「ユースビオ」の社長である樋山茂氏が語る同社の概要は、次のとおりです。 社長は、樋山茂氏 福島県福島市に本拠を置く商社 ベトナムからバイオマス発電の燃料となる木質ペレットを輸入している 社員約5人 ユースビオが怪し過ぎると話題の理由! 受注の経緯・政府との癒着疑惑 ユースビオは、自社のホームページも持っていません。 福島県福島市の本社住所は、福島県福島市西中央5丁目54番6号。 この住所は、プレハブ長屋です(入居している11社のうちの1社の模様)。 株式会社ユースビオのものとおぼしき郵便受けに、なぜか白いテープで表札が塞がれている。 なぜだろうなぁ。 なんで白テープなんだろうなぁ。 何を隠してるんだろうなぁ。 — 菅野完 noiepoie 他の受注企業3社は、いずれも有名な大企業で、本社ビルを比べてみても、あまりの違いにビックリです。 こうしたユースビオが、なぜ政府から多額の受注ができたのか、経緯が疑問視されているわけです。 — tyaka tyaka 法人登記の閲覧不可(登記事項変更の手続き中) 法務省の法人番号検索によれば、ユースビオは、2017年8月に設立。 もっとも、本年4月10日に登記事項変更の手続きが行われた模様で、現在は、法人登記の内容が閲覧できません。 しかも、この4月10日は、社会民主党党首の福島瑞穂が、厚生労働省にマスクの問い合わせをした日です。 慌てて対応したんじゃないか、という疑惑が出ています。 【福島発】 アベノマスク4社目。 厚労省が福島みずほ議員に対して回答した「株式会社ユースビオ」の本社所在地を、田中は訪ねた。 郵便受けは名義が白いテープで隠されていた。 法務局で登記簿を取ろうとしたが、「登記手続き中」として閲覧不可能だった。 明らかに匂う。 怪しさ満点。 — enjo-kakugo enjokakugo 樋山茂社長の脱税疑惑 また、同じ住所の「樋山ユースポット」社が、2018年に脱税で摘発されています。 しかも、この樋山ユースポットの社長は、「樋山茂」で、ユースポットの社長と同一人物です。 樋山社長に、脱税の疑惑が出ていて、益々アヤシイ、というわけです。 4社目の『ユースビオ』と同じ登記住所に、 『株式会社樋山ユースポット』があるけど、社長は樋山茂で間違いないかな…たぶん。 というか、この社長は一昨年脱税で摘発されてるじゃん。 これは色々出て来そうだな。 そりゃ、公表を拒むわけだわ。 「その準備をしていたら、『国が一括で集めることになった』と言われたので、そちらにシフトしてスペック表やサンプルを提出し、受注する流れになった。 国側も、いろいろな所に声をかけていたみたいですが…」と受注の正当性を説明。 安倍さんとも自民党とも、何の付き合いもない」と否定した。 公表が遅れた理由 一社だけ公表が遅れたことについては「うちは4月の頭に、一番最初に『名前を出してもいいです』と回答しました。 「なぜ遅れたかは、こちらでは分かりません」 布マスク納入での儲け・受注額 「マスクで儲けたと思われるかもしれませんが、うちはリーズナブルな値段で出している。 円高差益で多少の利益はあるかもしれませんが、保管や輸送のコストを考えたら、厳しいですよ」と訴えた。 「うちは他社と違って、1枚も不良品は出していません」と品質には自信を見せた。 法人登記の閲覧不可(登記事項変更の手続き中) 「ユースビオ」は、バイオマス発電用木質ペレットの輸入が主な業務。 現在、同社の登記簿は書き換え中となっているが、その理由を「会社法の定款の問題で、木質ペレットの輸入会社がマスクを生産というのはちょっと厳しいとなって、変更をしています」と明かした。 樋山茂社長の脱税疑惑 樋山社長は、同住所にある電気通信機器修理業「樋山ユースポット」の社長も兼任。 2018年には3000万円あまりの脱税容疑で、懲役1年6月、執行猶予3年の判決を受けている。 これについては「いわれのない話で、2年間争ったが、これ以上争うと執行猶予がつかなくなるとのことで」と語った。 有罪判決が今回の受注に影響しなかったかとの質問には、「特になかった。 一度つまずいたら二度と立ち直れないという社会は、嫌でしょう」と話した。 確認の必要はありますが、いちおうすべての疑問には回答しています。 しかし、そうだとすれば、なぜ最初からユースビオの名前を公表しなかったのか。 最初から公表していれば、こんな大騒ぎにはなっていません。 森友問題のように、「安倍政権の隠蔽体質」と疑われても仕方がありません。 また、他の3社と比べてまったく規模が違うユースビオに発注した経緯は何なのか。 政府の方で、しっかりと説明をしてもらう必要があります。 記事をご覧いただき、どうもありがとうございました! <追記> ユースビオと一緒に、シマトレーディングが、布マスクの輸入を担当してたことが明らかになりました。 ますますナゾが深まっています。 次の記事も合わせてご覧ください!.

次の

アベノマスク“隠されていた1社”にさらなる疑惑! 安倍首相は逆ギレ、自分のマスクの有効性強弁も「漏れ率100%」の悲惨な実験結果|LITERA/リテラ

アベノマスク 受注企業

466億円もの税金をかけながら天下の愚策と極めて評判が悪いが、この事業の内訳の一部が明らかになった。 社民党・福島瑞穂参議院議員が4月10日が厚生労働省マスク班に発注先と契約内容を質問したところ、4月21日に同省よりFAXで回答があったのだ。 回答の内訳は、次の企業名と契約金額だ。 興和株式会社 約54. 8億円 伊藤忠商事 約28. 5億円 株式会社マツオカコーポレーション 約7. 6億円 合計で90. 9億円しかないが、厚生労働省マスク班は下記のように回答を添えている。 〈マスク枚数を開示した場合、契約金額との関係で、マスクの単価を計算できることとなり、今後の布マスクの調達や企業活動への影響(他の取引先との関係)を及ぼすおそれがあるため、回答は差し控えさせていただきます。 〉 〈ご回答が遅れましたこと、深くお詫び申し上げます〉 厚労省マスク班の回答に対し福島議員は、「466億円との差がありすぎます。 いったいどういうことなのか。 4社といっていたのに3社しか出てきておらず、大きな部分がわかりません。 公共調達ルールで93日以内に明らかにしなければならないのだから早く言ってくれればいいのに。 差額分は追及していく」と話した。

次の