昭和 57 年 500 円 玉。 【あなたも持ってる?】令和でさらに高騰しそうなプレミア硬貨!

【あなたも持ってる?】令和でさらに高騰しそうなプレミア硬貨!

昭和 57 年 500 円 玉

昭和64年発行のものは私は見たことがあります。 また、同じ年の50円玉はさらにプレミア価格がつきます。 発行数77万5000枚。 貨幣セットでしか発行されなかったもので市場価格は1万円を超えます。 私は見たことありません。 これは縁がギザギザの10円のことを指します。 もっともポピュラーな「価値のある硬貨」になります。 正確には1951年 =昭和26年 から1958年 =昭和33年 発行の10円硬貨のことになります。 価値があるのではないかという噂で子供のころ集めたものですが、たいして価値はありません。 なぜならギザ10は約18億枚が流通していると言われており、未使用などでない限り、価値はありません。 ところが、未使用だと1,000円から10,000円の値がつく模様です。 昭和33年製造のものなら、コイン屋では100円程度で売れるらしいですよ。

次の

昭和64年硬貨の価格って凄いの?500円硬貨の価値は驚きの値段! | 高齢者のための役立ち情報ブログ〜3歩進んで2歩下がる〜

昭和 57 年 500 円 玉

プレミア価値の付いている硬貨として有名な、昭和62年・64年の500円玉。 現在お手持ちの方は、 「どれくらいの買取価格なんだろう…」 こんなことを考えている方も多いと思います。 昭和62年の500円玉の買取価格は、およそ 800円ほど。 昭和64年の500円玉は、 1000円〜1200円ほどで買取されています。 この相場を見ると 「そこまで値段も高くないし、手元に置いておこうかな…」と感じてしまうかもしれませんね。 ですが、今売らずにいると損をしてしまうかもしれません! 実は、年々 古銭や記念硬貨の価値は下がっています。 高齢化で収集家が年々減っており、今以上の 価格の高騰は見込めないでしょう。 あの時売っておけばよかった…と後悔しないように、早いうちに現金に換金するのがオススメです。 そこで今回は、 昭和62年・64年の500円玉の概要や買取相場をお伝えします。 高額買取が期待できる業者を紹介しているので、ぜひ最後までお付き合いください! 昭和62年・昭和64年の500円玉の買取価格表 硬貨 買取価格 昭和64年 500円玉 1000〜1200円 昭和62年 500円玉 800円 表をご覧のとおり、昭和62年の500円玉は800円、昭和64年の500円玉は1000〜1200円ほどで買取されています。 昭和63年には約1億4800万枚以上発行された500円玉ですが、昭和62年の発行枚数は 280万枚とかなり少ないです。 流通量が数が少ないので、その分高値で取引されています。 昭和64年の500円玉も、発行枚数が1604万枚と昭和63年の 9分の1。 さらに、わずか1週間で終わってしまった年ということもあり、コレクターから人気の硬貨なんです。 未使用品であったり、収集用にプルーフ加工されている硬貨の場合、さらに買取価格は上がります。 まずは一度専門の買取業者に査定してもらうのがオススメですよ。 ただ、一口に業者といっても数が多く、サービスや買取額は さまざま。 調べずに適当なところで売ってしまうと、損をしてしまうかもしれません。 そこで今回は、 大手買取業者の査定実績や評判を徹底比較。 もっともオススメの買取業者を、さっそく確認していきましょう。 他サイトと比べて古銭の 査定実績が豊富で、より高額な鑑定が期待できますよ。 月間2万件以上の問い合わせ数を誇り、経験を積んだスタッフが しっかりと価値を見定めてくれるんです。 無料で出張買い取りをおこなっているので、家にいながら査定ができますよ。 買取プレミアムは当サイトでも人気No. 1の注目業者。 昭和62年・昭和64年の500円玉は、 買取プレミアムに買取を以来すれば間違いありません! 新型肺炎の影響もあり査定をためらっている方もいらっしゃるかもしれませんが、買取プレミアムでは依頼者の許可を得てマスクなどの着用を徹底しています。 対策を行っているので、安心してご活用ください。 昭和62年・昭和64年の500円玉の買取をお考えのすべての方へ 最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。 昭和62年・昭和64年の500円玉の買取相場と、オススメの買取業者をご紹介しました。 「汚れとキズがあるから、もしかしたら買い取ってもらえないかも…」 「1枚だけだし、わざわざ査定に出すのは面倒…」 ここまで読んでいる方は、こんな風にお考えかもしれません。 ですが、昭和62年・昭和64年の500円玉はとにかく 発行枚数が少なく希少性が高いため、キズや汚れがあっても 充分に買取が期待できますよ。 他の買取業者では買い取ってもらえなかった古銭も買取プレミアムは積極的に査定してくれるので、まずは一度査定に出してみることをオススメします。 また、買取プレミアムの出張査定は 全国どこでもおこなっています。 各地に支店を構えており、最短で 即日対応してくれるんです。 もちろん、出張料や査定に 料金はかかりません。 鑑定後はその場で 現金支払いしてくれますし、金額に納得いかなかった場合は 断ることも可能です。 買取プレミアムに査定を依頼して損をすることはありませんし、他社よりも高額な値段で買い取ってくれるので、ぜひ査定を申し込んでみるのがオススメですよ。

次の

1円,5円,10円,50円,100円,500円玉硬貨でレアで価値が高いものが?

昭和 57 年 500 円 玉

こんにちは古銭の買取売却査定ナビです。 今回は価値の高い500円硬貨について記載していきたいと思います。 現行貨幣の500円硬貨は一般的に価値は低くなっていますが、少数ですがエラー品が流通しており、エラー品では10万円を超える買取価格になることもあります。 500円白銅貨の価値 昭和57年〜平成11年にかけて発行された500円白銅貨です 直径26. 5mm・量目7. 発行枚数のもっとも少ない昭和62年銘だとしても発行枚数2,775,000枚となっており、の状態だとしても買取価格は500円〜700円程度となっています。 エラー硬貨としては傾打が有名で、表面と裏面が下記の画像のように角度がずれて図案が刻印されています。 エラー硬貨と買取相場 傾打エラー500円硬貨は下記のような価格で取引されています。 画像のような最高級 完全未使用 の状態のエラー硬貨は高額買取が期待できますが、ほんの少し使用感がある 未使用や準未使用 だけで取引価格が落ち、買取相場も大幅に下落しますので状態には細心の注意が必要です。 状態 取引価格 買取相場 165度 傾打 完全未使用 23万円 15〜20万円 115度 傾打 完全未使用 13. 8万円 9〜11. 5万円 75度 傾打 完全未使用 10万円 6〜8. 5万円 45度 傾打 未使用 2. 2万円 1. 2〜1. 7万円 500円ニッケル黄銅貨 平成12年〜発行されている500円ニッケル黄銅貨です 直径26. 5mm、量目7. 発行枚数が非常に多く、発行枚数が少ない平成25年銘だとしても137,892,000枚存在するので完全未使用やプルーフだとしても500円〜600円程度が業者による買取価格となっています。 エラーの種類現行の500円玉のエラーについては「両面に桐紋が描かれており、年号銘が入っていない品」「年号の打刻がない品」「エッジ 縁 のギザが無い品」「桐紋の面の周囲のギザ バリ の取り忘れがある品 平成12年〜平成16年のプルーフで多い 」などが存在します。 エラー硬貨と買取相場 500円ニッケル黄銅貨のエラー貨幣は下記のような価格で取引されています 画像は両面桐紋。 こちらについてもエラーの種類と硬貨の状態が重要で、両面桐紋の状態の良いものがもっとも価値が高いです 両面桐紋は今までに2枚しか実物を見たことがありません。 状態 取引価格 買取相場 両面桐紋 完全未使用 5. 4万円 4〜4. 5万円 年号銘無し 完全未使用 1. 6万円 0. 7〜1. 2万円 ギザ無し 未使用 0. 85万円 0. 4〜0. 5万円 ギザ取り忘れ プルーフ 0. 5万円 0. 2〜0. 3万円 500円玉の価値まとめ いかがだったでしょうか?一般的に500円玉については価値が低いと思われがちですがエラー品が流通しており、中には非常に価値が高いものも存在します。 今回の記事が500円硬貨の売却や換金の参考になりましたら幸いです。

次の