レイ スカイ ウォーカー。 『スター・ウォーズ』スカイウォーカー家の人々:第7回(最終回)レイの物語:スター・ウォーズ特集

レイ・スカイウォーカー

レイ スカイ ウォーカー

レイの父親はルーク・スカイウォーカー? レイの父親に関して最も有力なのは、ルーク・スカイウォーカーだという説です。 それにはいくつかの理由があります。 1、名前の由来 「スターウォーズ/フォースの覚醒」にはいくつもの隠しメッセージがあったことについては、もはや異論はないはずです。 必要以上に情報を公開することを控え、続編に秘密を残す手法は映画においては珍しいことではありません。 レイの名前にも隠れたメッセージがあります。 レイは英語で「Rey」と書きますが、語源となっているのは「ray」で、これは「光線」を意味します。 対してルークは「Luke」と書きますが、これはラテン語で「光」を意味します。 二人の登場人物が同じ語源を持つというのは偶然ではないはずです。 2、ライト・セーバー 劇中、レイはライト・セーバーに呼び寄せられます。 一度彼女がそれに触れると、彼女の体中にフォースが宿り、覚醒します。 そのライト・セーバーの持ち主といえばほかでもないルーク・スカイウォーカーです。 そしてルークの前にはアナキン・スカイウォーカーが使っていたのです。 つまりライト・セーバーは代々スカイウォーカー家の中で引き継がれているのです。 3、R2-D2 物語の中盤で登場する懐かしのキャラクター、R2-D2は終盤まで起動しません。 たとえC-3POが話しかけても、BB-8が話しかけても、微動だにしなかったロボットはしかしレイが戻ってくると、ルークの居場所を伝えるために突然息を吹き返すのです。 これは逆にいうと、R2-D2はレイをずっと待っていたとも言えるでしょう。 R2-D2の持ち主はルークですが、ルークの命令によってR2-D2が時が熟したら、父親と娘を結びつけるようにインプットされていた可能性が強いです。 4、お前の父親はわしだ 「スターウォーズ/フォースの覚醒」がスターウォーズ旧シリーズをモチーフにしたエピソードを多用しているのはいまさらいうまでもありません。 それを考えると、あの名セリフ「お前の父親はわしだ」も登場する可能性が高いです。 「」 エピソード5でそのセリフを言ったのはダース・ベイダーですが、最新シリーズではルーク・スカイウォーカーがレイに言うのが自然な流れではないでしょうか。 レイの母親は誰なのか? 1、オビワン・ケノービの娘 レイの母親については様々な説が浮上しています。 その一つはルークの師匠の一人であるジェダイの騎士オビワン・ケノービの娘です。 オビワン・ケノービに娘がいるかどうかは明らかにされていませんが、銀河系のどこかに隠し子のような娘が存在すれば、ルーク・スカイウォーカーと惹かれ合うことは必然です。 というのもレイが初めにライト・セーバーに触れたとき、オビワン・ケノービの声が聞こえるからです。 あれは祖父が孫に話しかけるというシーンだったと受け取ることもできなくないです。 「」 そして二人の間に生まれた娘がレイだとしたら、あれだけのフォースを特別な訓練なくして習得できたというストーリーにも説得力が生まれてきます。 また、オビワン・ケノービはエピソード4,5、6ではアレック・ギネス、エピソード1,2,3ではユアン・マクレガーが演じていますが、二人ともイギリス人です。 レイもまたイギリス人女優のデイジー・リドリーが演じています。 つまりレイがイギリス人でなければならなかった理由はオビワン・ケノービの血を引いているからだと考えられなくもないです。 「」 2、レイの母親はマラ・ジェイド 実はルークの妻は誰かという答えはすでに出ています。 少なくともコミックのスターウォーズの世界ではマラ・ジェイドがルークの妻なのです。 マラ・ジェイドとは皇帝ダース・シディアスに仕えていたダーク・ジェダイで、もともとはルーク・スカイウォーカーを暗殺するためのスパイ要員でした。 しかしルークと接触していく度に心を入れ替えるようになり、やがてルーク本人からジェダイの騎士としての訓練を受けます。 そうこうするうちに彼女はルークと恋に落ち、やがて結婚します。 そして二人の間に子供が生まれるのです。 コミックの中では二人の子供はベン・スカイウォーカーという名前の息子です。 奇しくも映画ではベンを名乗るのはハン・ソロとレイア将軍の息子カイロ・レンです。 最新シリーズに女性の主人公を起用するのが必然だったとすれば、映画ではルークとマラ・ジェイドの子供は娘であり、それがレイである、といった改良が脚本に加えられた可能性もあります。 父親がルークで母親がマラ・ジェイドだとしても、レイがあれだけのフォースの持ち主であることにも説得力が生まれます。 マラ・ジェイドはそれだけ有能なジェダイだったからです。 いずれの説もレイの母親はジェダイの血を引いているということでは共通します。 果たして誰が本当の母親なのでしょうか。 -追記- 「スターウォーズ/最後のジェダイ」で、「」ことが明らかにされました。 重要人物の娘であるという大方の予想に反し、彼女の両親は普通の人間だった、というオチが用意されていました。 >> >> >> >> >> >> >> >> >> >> >> >> >> >> >> >> >> >> >> >> >> >> >> >> >> >> >> >>.

次の

images.djdownload.com

レイ スカイ ウォーカー

レイはカイロレンとのフォースによって妊娠した レイがもし妊娠していたとしたら赤ん坊の父親は一体誰になるのか。 それはカイロレン以外には考えられないでしょう。 レイとカイロレンはエピソード8最後のジェダイから何度もフォースを使って交信していました。 その中にはカイロレンが上半身裸になっているシーンまであり、まるで愛の交信とも取れるようなシーンまでありましたね。 ちなみに二人がやっていたフォースの交信は、フォースボンドと呼ばれており、英語でボンドは、むずび付きや接着を意味します。 つまりあれだけ強い結びつきが二人の間にあったこと考えると、レイが妊娠していたとしてもおかしくはないでしょう。 そもそもスターウォーズの世界において妊娠や出産は普通の世界のそれとは違うことが分かりますね。 例えばアナキン・スカイウォーカーの母親シミ・スカイウォーカーはパートナーを持たずして、ある日突然アナキンを妊娠し、出産したと言われています。 パルパティーンがレイの父親にあたる息子を生んだのも相手がいたかどうかも分かりません。 もしかするとクローンだった、あるいはフォースやメディクロリアンを使ってランダムな女性に子どもを産ませた可能性もありますね。 そう考えると、たとえレイがカイロレンとの間に子どもをみごもっていたとしても決して不思議ではないでしょう。 レイとカイロレンの間には深い絆があったのはもちろん二人はフォースヒーリングをお互いに使ってフォースの力を分け合ってきました。 また、カイロレンが息を引き取ったレイを蘇らせようとしたとき、レイのお腹をさわっていましたね。 あの瞬間レイが妊娠した可能性もありそうです。 あるいは、あのときすでにレイは妊娠しており、カイロレンはレイだけではなく、お腹の中の子どもも救おうとしたとも考えられそうです。 なぜなら死んだ人を蘇らせようというのにその人の心臓や頭ではなく、お腹を触るというのはあまりにも不自然だからです。 そしてそう考えると、レイが物語のラストで惑星タトゥイーンに行ったのが決して偶然ではなかったことになります。 なぜなら妊娠しているレイにとっては惑星タトゥイーンは自分の先祖の故郷でもあるからです。 となると惑星タトゥイーンで地元の住民から苗字を聞かれたとき、スカイウォーカーと名乗ったのはただレイがスカイウォーカーの苗字を自分の意志が受け継いだのではなく、本当に彼女がスカイウォーカファミリーの一員になったから名乗ったことになります。 そうなると、より辻褄が合いますね。 そして最後に空にツインサンセットが浮かんでいたのは、エピソード4でルークが見たツインサンセットのオマージュというだけではなく、レイが双子の子供を妊娠しているというメタファーだったのです。 ツインサンセットを眺めながらレイはあの場所に残り、子供を育てていこうと考えていたのかもしれませんね。 振り返ってみると、レイが育った惑星ジャクーは惑星タトゥイーンと同じ砂漠の惑星でした。 レイが最後に惑星タトゥイーンにたどり着き、そこに住み着いたとしても、それはある意味運命だったといえそうですね。 そう、ライズオブスカイウォーカーとはレイやカイロレンのことではなく、今後生まれてくる新しいスカイウォーカファミリーの子供たちのことを指していたのです。 スカイウォーカファミリーの物語はこれで終わると言われていましたが、実はまだ始まったばかりだった、という可能性もなきにしもあらずです。 以上、レイは妊娠していた説についてでした。 >> >> >> >> >> >> >> >> >> >> >> >> >> >> >> >>.

次の

レイ&若きルーク登場!「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」ボーナス映像解禁

レイ スカイ ウォーカー

さすがに予告編では、レイの正体が分かるようなヒントはありませんね。 しかし、これまでの過去作を振り返ると、 ジェダイの素質がありまくりだったレイ。 レイはジェダイ・マスターでカイロ・レンの師匠でもあった ルーク・スカイウォーカーにもその力が認められていましたし、なんなら敵のスノークにすら、ダークサイドに引き込んで、自分の部下にしたいと言われるぐらいの実力者なんですね。 正体こそ明らかになっていないものの、レイが只者ではないのは分かりましたし、重要人物の血を引いているのではないかと思わせましたよね。 。oO( から語られる、ルークが姿を隠したそのワケ。 そしてジェダイとフォースの存在に驚愕するレイと …。 過去作では、カイロ・レンに「お前の両親の正体を知っている」「お前も本当は気づいてるんだろ?」というようなことを言われ、顔を歪めていたレイ。 レイも自分の両親の正体に感づいていそうな雰囲気でした。 レイが初登場のときにそうしていたように、 レイの父親も廃品を集めては売ってお金を稼ぎ、お酒を買うお金欲しさにレイを売ったという話も出ていましたね。 でもでも、先ほども書きましたが、レイの並外れたジェダイとしての能力を見ると、レイの親は只者ではなさそうです。 本当は大物の娘なのに、残念ながら酒飲みの父親に養子にされ…みたいな展開だったのでしょうか。 レイの正体と同じく気になるのが、 レイとカイロ・レンの関係。 「スターウォーズエピソード9」で描かれたレイとレンの関係は、「」でよろしければご覧くださいね。 スポンサーリンク 【スターウォーズエピソード9ネタバレ】レイの正体や両親が何者かが衝撃的だった! 『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』 待ってくれ!こんなに泣けるとは聞いてなかった😭EP7と8が正直つまらなかったので全然期待してなかったけど、EP9は心に刺さりまくった!忘れられないシーン多数! レイの笑顔が本当に泣けた。 そして、ベン、ああ、ベン…😭 ネタバレ出来ないツラさよ — 池袋らぶせくしー tikeyama4211 ということで、お待たせいたしました! 「スターウォーズエピソード9」のネタバレで、レイの正体や両親が何者なのかを明かしていきます。 もう単刀直入に結論から書きますね。 レイの正体は、パルパティーン(ダース・シディアス)の孫 で、本名はレイ・パルパティーン でした! マジかー!という感じでしょうか。 過去作では、ルーク・スカイウォーカーに憧れ、ルークからジェダイ修行も受けていましたから、ジェダイのルーツかと思いきや、 シスのルーツだったのです! これはレイにとってはショッキングな事実ですよね。 しかもそれを パルパティーン本人から告げられるという。 「えっ、そもそもパルパティーン生きてたのかよ!」という突っ込みが生まれますよね。 死んだはずのパルパティーンがなぜ今作で復活するのか気になる方は「」もぜひご覧ください。 スターウォーズ、上映順のEP4〜6を観てからEP1を観るとこの男が皇帝だって判るけどまず最初に思うのは 「パルパティーン!!!若ぇっ!!!!!」 だと思うんですよ。 しかし、 レイの両親は至って健全な一般市民でシスの気配はなし。 ところが、パルパティーンは孫のレイを自分の後継者として 「女帝パルパティーン」に育てようと企てます。 カイロ・レンの両親のハン・ソロとレイアはシスではなかったのに、祖父のダース・ベイダーから隔世遺伝!?して、カイロ・レンがシスに染まってしまったようなケースを狙ったんですね、きっと。 ところが、レイの両親はレイのパルパティーン化計画を拒否。 レイをパルパティーンから逃がすために、他人に売ったのです。 回想シーンでは、泣き叫ぶ幼少期のレイを母親が何度も抱きしめ、父親が「ここなら安全だから!」と言って足早に去っていく様子が描かれていました。 酒飲みの父親がお酒代のためにレイを売ったというレイの言い分は違ったわけですが、正当な理由があるにしろ、幼少期に急に両親と引き離されたレイはかわいそうでしたね。 「スターウォーズエピソード9」では、この親子も話題に。 親子ではないかとされるランドと新キャラ・ジャナ、そして2人の悲しい過去については「」もぜひご覧ください。 ジェダイとしての能力を高く評価されていたので、めっちゃ単純な視聴者の私はてっきりレイの正体のルーツはスカイウォーカー家にあるのかと… 他の方の感想も気になるので、「スターウォーズエピソード9」で描かれたレイの正体に関する感想をまとめてチェックしました。 この方は、 レイの正体がパルパティーン系であることを見抜いていたんですね! こういう洞察力、うらやましいです! あとレイの正体は正直予想通りでした — エンドゥー Endoul こちらの方は、 レイの正体は予想外だったということで、私と同じ感想でほっとしました。 レイの正体以外は概ね予想通りの展開だったけど、面白かったです、 — 三成Kaito kaitokunda529 でも、レイの正体についての感想は、結局ここで分かれるのかなという的確なご指摘も。 レイの正体が納得いくか行かないかで決まると思ってます。 まぁ、でも個人的には、レイの正体がスカイウォーカー家の家系で、レイこそ最後のジェダイ!となるよりは、シス系にして葛藤を持たせた展開は物語として良かった気もします。 「スターウォーズエピソード9」には酷評も出ているという噂も。 今作の評価が気になる方は「」をチェックしてみてくださいね。 スポンサーリンク まとめ 「スターウォーズエピソード9」で注目の的だったレイやレイの両親の正体は何者なのかという話題をネタバレでご紹介しました。 レイの正体はパルパティーンの孫だったということで、なかなか衝撃的な答えでしたね。 ちなみに、レイの父親がパルパティーンの息子にあたりますが、レイの両親は善良な市民で、パルパティーンがレイを後継者として狙っていたのでした。 自分の正体がパルパティーンの孫と知って、レイもショックだったと思いますが、それを受け入れ、最後にある名前を口にしたエピソードについては「」に書きますので、よろしければご覧くださいね。

次の