ローランド 山崎 康晃。 DeNA・山崎、高校時代にいじめを受けていた? 同級生・ローランドが暴露、知られざる苦悩と克服できた友情秘話

DeNA・山崎、高校時代にいじめを受けていた? 同級生・ローランドが暴露、知られざる苦悩と克服できた友情秘話

ローランド 山崎 康晃

カリスマホストで実業家のローランド(27歳)が、1月26日に放送されたバラエティ番組「ジャンクSPORTS」(フジテレビ系)に出演。 高校のクラスメイトだった、横浜DeNAベイスターズの投手(27歳)の「とにかく頭悪い」エピソードを披露した。 この日、「康晃は3年間クラス一緒だったんで。 レクリエーションや修学旅行も一緒なんで。 相当長い時間一緒にいたんじゃないですかね」と、山崎投手の元クラスメイトとしてVTR出演したローランド。 高校時代の山崎投手について聞かれると、「帝京って、わりと身体能力高いヤツの集まりですけども、その中でもダントツでしたね。 線は細かったんですけど」と回答。 また、勉強面については「先生からもすごい怒られてたりとか。 とにかく頭が悪くて。 特に英語が壊滅的」と語る。 具体的には「ABCDE……大文字で(アルファベットを)Zまで書けたら100点のテストで、ABCDEのEをカタカナの『ヨ』って書いて100点じゃなかった(笑)」と、仲良しだったからこそ知るエピソードを披露した。 これにTwitterなどネットでは「かわヨ」「ABCDヨ」「なんだそのテストw」「高校の英語のテストなのかそれはww」などの声が上がっている。

次の

ROLANDがDeNA山崎康晃と仲良しだからこそ知るエピソード披露「頭悪い」

ローランド 山崎 康晃

経歴 [ ] プロ入り前 [ ] では、2年時に、3年時にでいずれも準々決勝まで進出した。 帝京高校では1学年上に、2学年上にはとがいた。 を提出するも、では指名漏れとなった。 秋季リーグ戦では、中継ぎや抑えでチームの5年振り優勝に貢献。 チームがこの優勝から6季連覇を達成し、2年時ので準優勝、3年時ので優勝を経験した。 3年生から先発投手に転向。 夏には、に選出。 大会ではクローザーとしてチームの優勝に貢献し、4試合(通算6イニング)無失点9奪三振という内容で最優秀投手賞を受賞した。 4年時の東都大学春季リーグ戦では、オール完投でリーグ最多の5勝を挙げ、防御率1. 94でに選ばれた。 同リーグでは、通算で38試合に登板。 95という成績を残した。 夏のでは、日本代表のクローザーとしてチーム最多の3勝を挙げた。 1年先輩にがおり、在学中にバッテリーを組むこともあった。 で、横浜DeNAベイスターズとから1巡目で指名された。 両球団ともの重複指名による抽選に外れた末の再指名であったが、抽選の結果、DeNAが交渉権を獲得。 会議の前から『』(制作の特別番組)の取材を受けていたため、会議当日の10月23日には、同番組の生放送にも出演した。 DeNAとの交渉の結果、出来高分を含めた契約金1億5,000万円、年俸1,500万円(金額は推定)という条件で入団した。 背番号は「 19」。 DeNA時代 [ ] 、で中継ぎとして好成績を残したことや、前年にクローザーを務めたが故障したことから、開幕直前に一軍監督のから急遽クローザーに任命された。 3月28日に開幕カードの戦でプロ初登板を果たすと、3月31日の対戦()でプロ初を記録した。 4月22日の対戦から5月8日の対巨人戦にかけて、9試合連続セーブ(の新人投手による公式戦記録)を達成。 5月には 月間10セーブのNPB新人投手記録を樹立するとともに、5月22日の対阪神戦(いずれも横浜)でチームのサヨナラ勝利によってプロ初勝利を挙げた。 にも(セ・リーグ)抑え投手部門のファン投票1位で出場。 7月17日の第1戦(東京ドーム)では、セ・リーグ選抜のクローザー(5番手投手)として初登板を果たした。 9月4日の対巨人戦(いずれも横浜)でプロ入り後初の救援失敗を経験する も、シーズン通算では2勝4敗37セーブ7、防御率1. 92を記録し( 37セーブは新人最多記録 )、DeNA選手としては初となるセ・リーグに輝いた。 前身球団を含めれば、新人選手および投手からの選出は、大洋ホエールズ時代()の以来38年ぶりだった。 オフの11月に開催されたのに選出された。 大会後の契約交渉では、推定年俸5,000万円(球団の新人選手では最大の3,500万円増)という条件で契約を更改。 コンディショニング管理やを学ぶ目的で、12月上旬から2週間にわたって単身でへの短期留学を敢行した。 、新監督の方針で、前年に続いてクローザーを任された。 オープン戦期間中の3月6日には、で開かれた「侍ジャパン強化試合 日本 vs チャイニーズタイペイ」第2戦に、日本代表の5番手投手として8回裏に登板。 1イニングを三者凡退に抑えた。 レギュラーシーズンの前半戦では、2度の救援失敗があったものの、32試合の登板で2勝2敗4ホールド20セーブを記録。 2年連続でファン投票でセ・リーグ抑え投手部門の1位を獲得すると、本拠地・横浜スタジアムでの第2戦(7月16日)9回表に、6番手投手として「凱旋登板」を果たした。 この登板では、帝京高校時代の1学年先輩であると7年振りにバッテリーを組んでいる。 しかし8月に入ると、公式戦4日連続の救援登板でいずれも失点。 4試合で合計10失点を喫した影響で月間の防御率が15. 12に達するほどの大不振に陥ったが、山崎への信頼が強いラミレス監督 の方針でプロ入り後初の出場選手登録抹消は免れた。 一時はの三上やがクローザーを務めたり、ビハインドの場面からの救援登板を経験したりした が、9月以降は復調。 レギュラーシーズン全体では、防御率(3. 59)が前年より悪化したものの、通算33セーブで2年連続のシーズン30セーブを達成した。 新人扱いでNPBの球団へ入った後に、入団1年目から2年続けて公式戦で30セーブを記録した投手は山崎が初めてである。 チームがレギュラーシーズン3位で迎えたでは、巨人とのファーストステージ(東京ドーム)において、第1戦(10月8日)と第3戦(10月10日)でセーブを挙げた。 チームの1勝1敗で迎えた第3戦では、1点を勝ち越した直後の延長11回裏に登板。 嶺井とのバッテリーで巨人打線を無失点に抑え、チームは勝利とともにファイナルステージへの進出を決めた。 チームは広島とのファイナルステージに敗れてへの出場に至らなかった。 シリーズ終了後には「侍ジャパン 野球オランダ代表 野球メキシコ代表 強化試合」に日本代表に選出された。 戦と戦で、1試合ずつ救援登板を経験した。 、シーズン開幕前の3月に開催されたのにチームメイトのと共に指名投手枠で選出された ことから、日本代表が投手を入れ替える目的でこの枠を利用した場合には、2次ラウンド以降に代表へ招集される可能性があった。 ただし、実際には利用に至らなかったため、山﨑も石田も同大会への参加には至らなかった。 シーズンでは開幕を一軍のクローザーとして迎えたものの、4月13日の対阪神戦・4月14日の対ヤクルト戦で2試合連続救援に失敗。 同月16日の対ヤクルト戦からは、この年に入団したのクローザー起用を前提に、セットアッパーへ再び転向した。 転向後は、セットアッパーとしての登板15試合すべてを無失点で凌いだほか、1勝0敗11ホールドを記録するほど復調。 その間にパットンの投球内容が安定しなかったことも背景に、ラミレスの要請で5月20日の対巨人戦(いずれも横浜)でクローザーに復帰したところ、1回無失点という内容で4月9日の対中日戦()以来18登板試合振りのセーブを記録した。 このようにポジションを転々としながらも、のファン投票では、セ・リーグ抑え投手部門で入団以来3年連続の得票数1位を獲得。 3年連続の出場を果たした。 後半戦ではクローザーに定着。 8月25日の対ヤクルト戦(神宮)で、公式戦3年連続20セーブを達成した。 NPBの球団と新人扱いで契約した投手が、入団1年目から3年連続で公式戦20セーブを記録した事例は山崎が初めてである。 レギュラーシーズン全体では、セ・リーグ最多の68試合に登板、26セーブを記録した。 チームがレギュラーシーズン3位で迎えたポストシーズンでは、通算6試合の登板で2セーブをマーク。 チームのCS突破で臨んだとのでも3試合に登板した。 2試合目に当たる横浜での第5戦(11月2日)では、8回表2死1・2塁からの登板で1点のリードを守り切った末に、シリーズ初セーブを記録。 しかし、2日後(11月4日)にで催された第6戦では、1点リードの9回裏1死無走者からに同点本塁打を浴びた。 結局、チームは山崎降板後の延長11回裏にサヨナラ負けを喫したことによって、19年振りの日本シリーズ制覇を逸した。 日本シリーズの終了後に開催されたのに選出された。 同大会では11月16日のとの初戦で、1点ビハインドの9回表に登板すると、韓国打線を三者凡退に抑えた。 日本代表は、9回裏に同点へ追い付くと、山﨑降板後の延長10回裏にからサヨナラ勝利。 韓国代表と再び対戦した11月19日の決勝では、セーブの付かない7点リードの9回表に登板すると、三者凡退に抑えて優勝決定の瞬間をマウンドで迎えた。 、シーズン初登板だった4月1日の対ヤクルト戦(横浜)から、同月21日に神宮球場で催された同カードまで、8登板試合連続セーブを記録。 4月10日の対巨人戦(東京ドーム)で4セーブ目を挙げたことによって、NPB一軍公式戦通算100セーブを日本人投手最速(NPB入りから4年目)で達成した。 にも、セ・リーグ抑え投手部門のファン投票1位で4年連続出場。 結局、自己最多タイのシーズン37セーブを記録したことによって、同リーグのタイトルを初めて獲得した。 また、「新人投手として入団1年目から一軍公式戦で4年連続20セーブ」という記録を達成した。 、レギュラーシーズンの前半戦では、31試合の登板で1勝1敗16S、防御率1. 20をマーク。 このような好成績を背景に、では、セ・リーグ抑え投手部門のファン投票1位で5年連続出場を果たした。 後半戦2試合目の登板になった7月17日の対広島戦(横浜)で、一軍公式戦通算150セーブをNPB史上最年少の26歳9ヶ月で達成。 DeNAの投手では横浜時代のに佐々木が達成して以来2人目の記録だが、入団5年目のシーズン中に達成したため、達成するまでのペースでは佐々木(達成の時点で8年目)を上回った。 また、7月は1勝7セーブ2ホールド、月間防御率0. 75と好調で、セ・リーグ投手部門のを初めて受賞した。 結局、レギュラーシーズンではセ・リーグで唯一の30セーブをマーク。 シーズン終盤に最多セーブ投手のタイトル獲得を確定させたほか、チームをレギュラーシーズン2位・2年振りの進出に導いた。 11月に開催されたでは、のクローザーとして大会初優勝に貢献。 17日に開かれたとの決勝では、プロ入り後初めて胴上げ投手になった。 まれに も投げる。 も持っており、握りを変えて球速が遅いものと速いものの2種類を投げ分ける。 前者は一般的なナックルに見られるような不規則な変化を、後者は縦に鋭く落ちるような変化をする が、2020年現在、公式戦では両者共に投げていない(で披露する時がある程度)。 ツーシームに関しては、大学時の2年先輩であるから1年先輩であるが盗んだ技術を 、さらに山崎が盗んだもので、2人の卒業後も「机に東浜さんと九里さんの投球フォームの連続写真を貼って毎日眺めてたんです」などと語っている。 プロ入り後、5年目までレギュラーシーズン公式戦で牽制球を1度も投げていなかった。 公式戦で初めて牽制球を投げたのは6年目の2020年6月27日の対阪神戦(横浜)で、1点リードの9回表2死1塁(打者:、一塁走者:)の場面で一塁への牽制球を2度投げている。 なおレギュラーシーズン以外では、2019年7月12日のオールスターゲーム第1戦(東京ドーム)9回表1死1塁(打者:、一塁走者:)の場面で初めて牽制している。 プロ入り後はオープン戦で先発登板を経験しているものの、公式戦では一・二軍を通じて先発の機会がなく、二軍の公式戦には救援でも登板していない(いずれも2019年シーズン終了時点)。 人物 [ ] 日本人の実父と人の実母との間に生まれた が、小学3年時に両親が離婚してからは、帝京高校へ進学するまで2歳上の姉と共に実母の下で育てられた。 プロ入り後は、クローザーとして公式戦で白星やセーブを挙げるたびに、ウイニングボールを実母に贈っているという。 野球を始めたきっかけになった選手として、帝京高校やDeNAでの先輩に当たるを挙げている。 横浜スタジアムでの試合に登板する場合には、ファンが登場曲(のKernkraft400)に合わせながら、スキャットと「康晃」コールで山﨑をマウンドへ送り出す応援(ヤスアキジャンプ)が恒例になっている。 山﨑からDeNAへの入団1年目に「の試合の雰囲気が好き」と聞いたのが、当時実況を務めていたでのDeNA戦中継で提案したことがきっかけになったとされている。 尚、ビジターゲームの場合はファンがアカペラで登場曲を口ずさみながら、「康晃」コールでマウンドに送り出す。 亜細亜大学への在学中に高校社会科のを取得。 取得までに、東京のでを経験した。 2020年には、春季キャンプ前の1月11日に開催されたで、ゲストとしてモデルデビューを果たした。 しかし、年頭から日本国内で影響で、NPBレギュラーシーズンの開幕が当初予定の3月20日から6月19日にまで延期されたため、延期中にはDeNAの公式チャンネルで「突撃! ヤスアキマイク~みんなお家でなにしてんの~」(上記の影響で在宅での生活を余儀なくされていたチーム関係者へのテレビ電話によるインタビュー動画配信企画)のインタビュアーを務めた。 動画の更新期間は4月24日から5月20日までで、チームメイトやファンなどから好評を博したこと から、最終回(5月20日配信分の特別編)では「一選手(山崎)から球団オーナー()への直撃公開インタビュー」という異例の展開に至った。 詳細情報 [ ] 年度別投手成績 [ ] 58 0 0 0 0 2 4 37 7. 333 215 56. 1 38 2 11 0 1 66 4 1 13 12 1. 92 0. 87 59 0 0 0 0 2 5 33 7. 286 252 57. 2 57 7 23 0 0 61 2 0 27 23 3. 59 1. 39 68 0 0 0 0 4 2 26 15. 667 260 65. 2 52 3 13 0 1 84 1 0 16 12 1. 64 0. 99 57 0 0 0 0 2 4 37 3. 333 226 56. 1 40 5 18 3 1 63 1 0 18 17 2. 72 1. 03 61 0 0 0 0 3 2 30 4. 600 243 60. 0 44 6 19 2 0 54 0 0 18 13 1. 95 1. 05 :5年 303 0 0 0 0 13 17 163 36. 433 1196 296. 0 231 23 84 5 3 328 8 1 92 77 2. 34 1. 2019年度シーズン終了時• 各年度の 太字はリーグ最高 WBSCプレミア12での投手成績 [ ] 3 0 0 0 0 9 3. 0 0 0 0 0 0 3 0 0 0 0 0. 00 0. 00 5 0 0 0 3 16 5. 0 1 0 0 0 0 7 0 0 0 0 0. 00 0. 20 年度別守備成績 [ ] 年 度 球 団 試 合 2015 DeNA 58 3 6 0 1 1. 000 2016 59 1 15 0 0 1. 000 2017 68 5 8 0 0 1. 000 2018 57 5 7 1 1. 923 2019 61 4 7 1 1. 917 通算 303 18 43 2 3. 968• 2019年度シーズン終了時 タイトル [ ]• :2回(2018年、2019年) 表彰 [ ]• (2015年)• セントラル・リーグ特別賞:1回(2015年)• 最高新人賞(2015年)• :1回 (投手部門:2019年7月) 記録 [ ] 初記録• 初登板:2015年3月28日、対2回戦()、9回裏に2番手で救援登板・完了、1回無失点• 初奪三振:同上、9回裏にから空振り三振• 初セーブ:2015年3月31日、対1回戦()、9回表に5番手で救援登板・完了、1回無失点• 初ホールド:2015年4月12日、対3回戦()、9回裏に3番手で救援登板、1回無失点• 初勝利:2015年5月22日、対6回戦(横浜スタジアム)、9回表に5番手で救援登板・完了、1回無失点 節目の記録• 出場:5回(2015年 - 2019年) 背番号 [ ]• 19(2015年 - ) 登場曲 [ ]• 「」(2015年 - ) 代表歴 [ ]• 脚注 [ ]• サンスポ. 2019年12月20日閲覧。 Full-Count. 2019年6月9日閲覧。 スポニチSponichi Annex. 2014年11月7日. 2015年1月8日閲覧。 NPB日本野球機構公式サイト(2015年7月17日) 2016年10月6日閲覧• SANSPO. COM. 2015年9月5日• 日刊スポーツ 2015年12月4日 2016年10月6日閲覧• 日刊スポーツ 2015年12月6日 2016年10月6日閲覧• 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト 2016年3月6日 2016年10月6日閲覧• NPB日本野球機構公式サイト(2016年7月16日) 2016年10月6日閲覧• デイリースポーツ. 2016年10月24日閲覧。 日刊スポーツ 2016年8月6日 2016年10月6日閲覧• サンケイスポーツ. 2016年10月24日閲覧。 日刊スポーツ 2016年8月6日 2016年10月6日閲覧• 野球日本代表 侍ジャパン オフィシャルサイト 2016年10月18日 2016年10月18日閲覧• (2017年2月9日)2017年4月17日閲覧• full-Count (2017年4月17日)同日閲覧• (2017年5月21日)2017年5月22日閲覧• 2017年6月26日. 2017年6月26日閲覧。 nikkansports. com. 2017年8月25日. 2017年8月26日閲覧。 野球日本代表 侍ジャパン オフィシャルサイト 2017年10月12日 2017年10月22日閲覧• nikkansports. com. ニッカンスポーツ新聞社 2017年11月17日. 2017年11月18日閲覧。 日刊スポーツ 2018年4月11日. 2018年5月26日閲覧。 スポーツニッポン 2019年7月17日. 2020年6月28日閲覧。 NPB日本野球機構• FullCount 2019年11月19日. 2020年6月28日閲覧。 Full-count フルカウント. 2015年6月2日. スポニチ. 2015年1月19日. 2015年2月14日閲覧。 日刊スポーツ. 2015年2月14日. 2015年2月14日閲覧。 日本語. Abema SPORTS TIMES. 2018年8月24日閲覧。 日刊スポーツ 2014年4月10日掲載• zakzak. 産経デジタル 2015年1月9日. 2017年11月10日閲覧。 産経ニュース. 産経デジタル 2015年9月6日. 2017年11月10日閲覧。 スポニチアネックス 2015年4月1日掲載• AOL News. 2015年8月20日. 2016年4月27日閲覧。 サンケイスポーツ 2017年12月8日. 2020年3月18日閲覧。 FullCount 2020年1月11日. 2020年6月28日閲覧。 THE DIGEST 2020年4月27日. 2020年6月28日閲覧。 THE DIGEST 2020年5月20日. 2020年6月28日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - NPB. jp 日本野球機構• 19yasuaki -.

次の

DeNA・山崎、高校時代にいじめを受けていた? 同級生・ローランドが暴露、知られざる苦悩と克服できた友情秘話

ローランド 山崎 康晃

カリスマホストで実業家のローランド(27歳)が、1月26日に放送されたバラエティ番組「ジャンクSPORTS」(フジテレビ系)に出演。 高校のクラスメイトだった、横浜DeNAベイスターズの投手(27歳)の「とにかく頭悪い」エピソードを披露した。 この日、「康晃は3年間クラス一緒だったんで。 レクリエーションや修学旅行も一緒なんで。 相当長い時間一緒にいたんじゃないですかね」と、山崎投手の元クラスメイトとしてVTR出演したローランド。 高校時代の山崎投手について聞かれると、「帝京って、わりと身体能力高いヤツの集まりですけども、その中でもダントツでしたね。 線は細かったんですけど」と回答。 また、勉強面については「先生からもすごい怒られてたりとか。 とにかく頭が悪くて。 特に英語が壊滅的」と語る。 具体的には「ABCDE……大文字で(アルファベットを)Zまで書けたら100点のテストで、ABCDEのEをカタカナの『ヨ』って書いて100点じゃなかった(笑)」と、仲良しだったからこそ知るエピソードを披露した。 これにTwitterなどネットでは「かわヨ」「ABCDヨ」「なんだそのテストw」「高校の英語のテストなのかそれはww」などの声が上がっている。

次の