バッタ 現在。 アフリカやインドで大量発生のバッタ、日本は大丈夫か:日経ビジネス電子版

バッタ(サバクトビバッタ)の大群が中国へ。農作物を食い尽くす|気になる調べ隊!

バッタ 現在

4,000億ものバッタが中国国境へ 新型コロナウイルスの次は 「バッタ」が中国へ迫っている。 古くから「蝗害(こうがい)」といわれ中国やヨーロッパでは「天変地異」や「神々の怒り」の一種とされるなど神格化されるくらいの被害をもたらしてきました。 すでにケニア、エチオピア、ソマリアなどの東アフリカで農作物を食い尽くし、食糧危機を引き起こしています。 ソマリアでは2020年2月に 「国家非常事態宣言」を宣言しました。 私たち日本人には想像がつかないかもしれませんが、昔の話ではなく、 2020年現在の話です。 国連に バッタの専門部署があるほどバッタの被害は深刻な問題と捉えられています。 パキスタンとインドではこの バッタの大群により一時休戦との情報もあります。 昔から中国でもいくつかの戦争がバッタにより、休戦となったという記録が残っているほどです。 現在、インドのラジャスタン州という所まで、このバッタの大群が迫っています。 正確にはまだ中国大陸には到達していませんが、目前に迫っているという感じです。 パキスタンとの 国境地域です。 体調は約5cmくらいで、日本のバッタの緑色のイメージではなく、黄色っぽい色をしたバッタです。 まさに生息地はアマゾンのバッタです。 正解! — のぞみん nozomi56345634 今回大量発生してるのはこのサバクトビバッタで体長は大きくて6、7cmほどです。 あなたが言ってるのは2013年7月29日に「planet hopper」と投稿された大型のバッタです。 嘘ってバレるんですよ? — ソルアギウス soruagiusu1 この大きなバッタはアマゾン生息の別のバッタなのでこれが4,000億匹の大群で移動している訳ではありません。 サバクトビバッタの特徴としては• 自分と同じ体重の量の植物を食べる• 1日にかなりの距離を移動できる• 短期間で繁殖する というものがあります。 食べるものがなくなると 共食いするようになり、共食を避ける為に逃げたサバクトビバッタが先頭となり群れが移動しているとも言われています。 距離にして1日150kmも移動するそうです。 その億を超える数で長距離を移動しながら、草や農作物などを食べるので、食糧危機になるのですね。 サバクトビバッタのまとめ 現在までの情報をまとめると、まだ中国国境までは到達しておらず、日本へは海を渡らなければならないので、 日本に限定すれば直接的な影響はまだなさそうです。 ネットで出回っている大型バッタもデマなので騙されないようにしましょう! 新型コロナウイルスが中国から発生し猛威をふるっているので、やはり過敏になる所はありますね。 しかし、世界的に見れば、大きな問題ではあるので、今後注目が必要な 「サバクトビバッタ」です。 また新しい情報があれば追記したいと思います。 最後までご覧いただきありがとうございました。

次の

【最新】バッタの大量発生、勢い増し「新たな大群」も確認される! アフリカでは猛毒の農薬ばら撒き…世界滅亡の恐れ

バッタ 現在

『聖書』の「ヨハネの黙示録」第9章には、第5の御使い 天使 がラッパを吹くと、さそりの力を持ったイナゴが現れると書かれている。 そして、そのイナゴはすぐには人間を殺さず、5ヶ月間、さそりに刺されるような苦痛を与えるという。 こんな描写を彷彿とさせる現象が起きている。 すでに一部報道されているように、現在、インドやパキスタンは、サバクトビバッタの脅威に晒されている。 その数、およそ4000億匹だという。 1日で3. 5~100万人の食料を奪う サバクトビバッタは、過去、たびたびアフリカ、中東、アジアに被害を与えてきた。 このバッタは普通のバッタと比べて体が大きい。 成虫のオスの体長は4~5センチメートル、メスの体長は5~6センチメートルである。 飛行スピードが速く、移動距離が長い。 1日に約150キロメートルも行軍する。 毎日、自分の体重分の約2グラムを食べるという。 もし、現在の勢力を保てば、1日、最低でも約3. 5万人の食料 約100万人の食料説もある を食い荒らすと言われる。 サバクトビバッタの一部は、すでに東アフリカへ侵入し、ケニア・エチオピア・ソマリアなどに甚大な被害を与えた。 他方、別の一部が、目下、東へ向かって進軍を続けている。 縦60キロメートル、横40キロメートルにもおよぶ大軍団である。 向かう先は……中国だ。 中国共産党にとって、この進軍こそが新たな脅威となってきた。 6月までに500倍!? バッタの中国への侵入ルートは、3つあるという。 1 インド・パキスタンを経由しチベットに侵入するルート。 2 ミャンマーから雲南省へ侵入するルート。 3 カザフスタンから新疆ウイグル自治区に侵入するルートである。 国連食糧農業機関 FAO は、サバクトビバッタが6月までに、500倍まで増えると推計した。 これは中国の国土面積の8分の1。 日本の国土面積の3倍以上だ。 あくまで大雑把なイメージにすぎないが、少なくともとんでもない規模だ。 中国国家林草局は2月26日、サバクトビバッタの侵入を防御するよう緊急通知を発令している。 北京政府の危機感の表れである。 挫折した「鴨軍団」 実は、2月下旬、中国共産党は、友好国パキスタンへ浙江省から10万羽の鴨軍団を送り込もうとした。 鴨はバッタを取って食べる。 しかし現実問題として、沿海部の浙江省からだと中国大陸を横断してパキスタンまで行かねばならない。 その距離は数千キロもある。 また、チベット高原やヒマラヤ山脈を越える必要がある。 中国政府が、鴨軍団をパキスタンまで空輸するのならばともかく、地上を行くのはまず不可能だろう。 さらに、たとえ鴨軍団をパキスタンへ空輸したからと言って、果たして、鴨軍団が数千億のサバクトビバッタを退治できるとも思えない。 逆に、鴨軍団はサバクトビバッタに逆襲される公算が大きい。 結局、北京による鴨軍団派遣という発想はユニークだったが、「絵に描いた餅」に終わっている。 次々に北京政府を襲う天災 まさに満身創痍の北京政府である。 2018年8月以降、習近平政権は「アフリカ豚コレラ」 ASF に悩まされた。 そのためか、食料品全体の値段が高騰した。 中国にとって経済的ブローとなっている。 これが第1の天災である。 次に、2019年12月、武漢市で「新型肺炎」が発症した。 翌年1月から現在に至るまで「新型肺炎」は中国全土に拡大している。 「新型ウイルス」の致死率はそれほど高くはないが、SARSと比べで感染力が強い。 習近平政権は、人の移動を厳しく禁じたので、経済活動は著しく制限された。 そうでなくても中国経済は停滞しているので、「新型肺炎」は景気悪化を招いている。 これが第2の天災である。 そこに、第3弾の天災であるサバクトビバッタが中国へ襲来したら、習政権はもたないだろう。 よく知られているように、習国家主席は、まるで"中国共産党王朝"の皇帝 天子 にように振る舞っている。 しかし、"徳を失った天子"は、天によって滅ぼされる運命 「易姓革命」 にあるのではないだろうか。

次の

インドまで到達した4000億匹のバッタ 日本に襲来する可能性も

バッタ 現在

『聖書』の「ヨハネの黙示録」第9章には、第5の御使い 天使 がラッパを吹くと、さそりの力を持ったイナゴが現れると書かれている。 そして、そのイナゴはすぐには人間を殺さず、5ヶ月間、さそりに刺されるような苦痛を与えるという。 こんな描写を彷彿とさせる現象が起きている。 すでに一部報道されているように、現在、インドやパキスタンは、サバクトビバッタの脅威に晒されている。 その数、およそ4000億匹だという。 1日で3. 5~100万人の食料を奪う サバクトビバッタは、過去、たびたびアフリカ、中東、アジアに被害を与えてきた。 このバッタは普通のバッタと比べて体が大きい。 成虫のオスの体長は4~5センチメートル、メスの体長は5~6センチメートルである。 飛行スピードが速く、移動距離が長い。 1日に約150キロメートルも行軍する。 毎日、自分の体重分の約2グラムを食べるという。 もし、現在の勢力を保てば、1日、最低でも約3. 5万人の食料 約100万人の食料説もある を食い荒らすと言われる。 サバクトビバッタの一部は、すでに東アフリカへ侵入し、ケニア・エチオピア・ソマリアなどに甚大な被害を与えた。 他方、別の一部が、目下、東へ向かって進軍を続けている。 縦60キロメートル、横40キロメートルにもおよぶ大軍団である。 向かう先は……中国だ。 中国共産党にとって、この進軍こそが新たな脅威となってきた。 6月までに500倍!? バッタの中国への侵入ルートは、3つあるという。 1 インド・パキスタンを経由しチベットに侵入するルート。 2 ミャンマーから雲南省へ侵入するルート。 3 カザフスタンから新疆ウイグル自治区に侵入するルートである。 国連食糧農業機関 FAO は、サバクトビバッタが6月までに、500倍まで増えると推計した。 これは中国の国土面積の8分の1。 日本の国土面積の3倍以上だ。 あくまで大雑把なイメージにすぎないが、少なくともとんでもない規模だ。 中国国家林草局は2月26日、サバクトビバッタの侵入を防御するよう緊急通知を発令している。 北京政府の危機感の表れである。 挫折した「鴨軍団」 実は、2月下旬、中国共産党は、友好国パキスタンへ浙江省から10万羽の鴨軍団を送り込もうとした。 鴨はバッタを取って食べる。 しかし現実問題として、沿海部の浙江省からだと中国大陸を横断してパキスタンまで行かねばならない。 その距離は数千キロもある。 また、チベット高原やヒマラヤ山脈を越える必要がある。 中国政府が、鴨軍団をパキスタンまで空輸するのならばともかく、地上を行くのはまず不可能だろう。 さらに、たとえ鴨軍団をパキスタンへ空輸したからと言って、果たして、鴨軍団が数千億のサバクトビバッタを退治できるとも思えない。 逆に、鴨軍団はサバクトビバッタに逆襲される公算が大きい。 結局、北京による鴨軍団派遣という発想はユニークだったが、「絵に描いた餅」に終わっている。 次々に北京政府を襲う天災 まさに満身創痍の北京政府である。 2018年8月以降、習近平政権は「アフリカ豚コレラ」 ASF に悩まされた。 そのためか、食料品全体の値段が高騰した。 中国にとって経済的ブローとなっている。 これが第1の天災である。 次に、2019年12月、武漢市で「新型肺炎」が発症した。 翌年1月から現在に至るまで「新型肺炎」は中国全土に拡大している。 「新型ウイルス」の致死率はそれほど高くはないが、SARSと比べで感染力が強い。 習近平政権は、人の移動を厳しく禁じたので、経済活動は著しく制限された。 そうでなくても中国経済は停滞しているので、「新型肺炎」は景気悪化を招いている。 これが第2の天災である。 そこに、第3弾の天災であるサバクトビバッタが中国へ襲来したら、習政権はもたないだろう。 よく知られているように、習国家主席は、まるで"中国共産党王朝"の皇帝 天子 にように振る舞っている。 しかし、"徳を失った天子"は、天によって滅ぼされる運命 「易姓革命」 にあるのではないだろうか。

次の