ブログアフィリエイト 稼げない。 【悲報】今更ブログアフィリエイトは稼げない!その理由を解説!

ブログアフィリエイトは稼げない!?その理由とは|専門学生の成り上がりブログ

ブログアフィリエイト 稼げない

アフィリエイト基礎講座で「アフィリエイトの始め方」、で「おすすめASP」をご紹介し、実際にアフィリエイトを始めた方もいると思います。 初心者の方が初めにぶつかる壁が「毎日更新しているのに稼げない…」「すぐに稼げると思ったのに稼げないじゃん!」となり心が折れてしまうことです。 当記事ではアフィリエイトで稼げる人稼げない人の違いなどについて書いていきたいと思います。 アフィリエイトが稼げないと言われている理由 そもそもアフィリエイトが稼げない、というのはありえません。 アフィリエイト=稼げないのであれば、数十社数百社あるASPは全社すぐに倒産します。 2019年7月現在、東証一部に上場しているASPさん含めASPさんの決算を見るとアフィリエイトは稼げることが丸わかりで、「アフィリエイト市場」も2013年に1,350億円規模だったものが2020年には3,500億円規模に拡大すると言われています。 つまり アフィリエイト=稼げないのではなく、稼げる人と稼げない人の格差がどんどんひろがっていて 、稼げない人が増えてきてい る、というのが答えだと思います。 理由1 競合サイト数の増加 僕がアフィリエイトを始めたのは約7年前。 その頃「比較サイト」と聞いて思いつくのは価格コムくらいでしたが、 現在は比較サイト、つまりアフィリエイトサイトのライバルになりえるサイトが増え、相対的に稼ぎにくくはなってきています。 理由2 企業の参入 僕の記憶だとここ3年くらいで、 企業の一事業部、もしくは会社でアフィリエイト事業に取り組んでいるところが増えてきています。 それらは資金や人員をかけて全力でアフィリエイトによる収益を上げることを事業としていて、副業で片手間でアフィリエイトを頑張っている人とは比べ物にならないくらいカッコイイサイトを作り、それらを複数ジャンルで量産することができます。 これも副業アフィリエイターが稼ぎにくくなってきた一つの理由です。 実は実際にアフィリエイト収入がある人の割合も少ない みなさんは稼いでいるアフィリエイターさんの事をSNSやブログなどで知ると思います。 その人たちをみていると「自分にもできる!」「かんたんに稼げる!」と思ってしまいがちです。 しかしその人たちは泥臭い努力をしていますし表面上ではわからないような苦労をたくさんしています。 そのようなマイナスの側面を見ずに「安易に稼げる」と思う人が多いことから、現実とのギャップに苦しむ人が多いのではないか、と考えています。 また、実際にアフィリエイトサイトを運営している人へのインタビューで「 月1万円以上アフィリエイト報酬がある人は全体の10%しかいない」ことがわかっており、その点も「アフィリエイト稼げない」と思われている要因の一つではないでしょうか。 「月に2〜3万円稼げれば良い」という考えから「全アフィリエイターの上位10%に入らないといけない」というマインドセットに切り替える事が近道かもしれません。 とは言っても、 まじめにアフィリエイトに取り組んでいる人限定でアンケートすれば月に2. 3万円稼いでいる人の割合はもっと多いと思いますし、そこまで悲観的になることではないとは思います。 稼げない人と稼げる人の違いとは 上記のようにアフィリエイトで稼げている人が少ないのは事実ですが、稼げる人と稼げない人の違いは何なのでしょうか。 先ほども書きましたように、アフィリエイトで稼げている人は「上位10%の一握り」なのでその10%に入るように努力しなければなりません。 あなたが副業でアフィリエイトを始めると仮定して、使える時間は帰宅後と土日の休み。 「上位10%」である専業でアフィリエイトをやっている方や企業は、あなたが本業のお仕事をしている時間にアフィリエイトと向き合っています。 スタート時点で大きく遅れているのに加えて、アフィリエイトと向える時間がライバルよりも大幅に少ない事を自覚してください。 出遅れているのに加えて使える時間も少ないのに勝たなければいけない、そうなったときに「知恵」「お金」どちらかを使用しないと稼ぐ事は難しいでしょう。 たとえば誰も気づいていない、競合アフィリエイトサイトがないジャンルでアフィリエイトサイトを作成し、誰にも気づかれないように月に2. 3万円の報酬を稼ぐ、みたいな事ができる「知恵」があれば簡単に稼ぐ事ができます。 しかしそれはなかなか難しいので、僕が始めた頃は「お金」を使いました。 自分が記事を書く時間がなければライターさんにお金を払って記事を執筆してもらい、デザインを整える技術もなければ時間もなかったのでデザイナーさんにお金を払ってアフィリエイトサイトのデザインをしてもらう。 このように「お金」を使って自分自身のリソースを増やす努力をする事が大切だと思います。 もちろん寝る間を惜しんで「時間」の面で追いつこうとするのもアリだと思います。 「技術」「情報」「時間」「お金」全ての面でライバルよりも劣っている事を自覚し、どれか一つでも勝てるような環境を作る事が稼ぐための第一歩です。 稼げるようになるために必要なこと 稼げるようになるための「考え方・心構え」「ジャンル・商材選び」は• に書かせていただいておりますのでそちらをご参考にしてください。 簡単にまとめると以下の内容がポイントです。 俗に言う「稼げるジャンル」という物を選ぶ• 「稼げるジャンル」の細かいワードを狙いに行く(「〇〇 おすすめ」「〇〇 比較」など誰もが思いつくようなキーワードで勝負しない)• ASPの担当者さんと仲良くなることで、高単価の案件を教えてもらう ここでは、上記以外の「稼げるようになるために必要なこと」を具体的にご紹介していきます。 記事の書き方 後発で勝負するのであればとにかく ユニークな記事、切り口で勝負! 教科書のような文章でアクセスを獲得するのは非常に難しく、また商品も売れにくいのでおすすめできません! ユニークな読んでいて楽しい記事はSEO的な文脈においてもCVR的な文脈においても有利です。 また、文章だけでなく タイトルに「現役銀行マンが教える」「3児の母が本当におすすめする」など入れ、書いている人の背景がわかりやすいと信ぴょう性のある記事に仕上がりやすく、そのような場合もSEO的にもCVR的にも有利に働きます。 記事を分析し更新する 記事を公開して放置しっぱなしという人も多いのではないでしょうか?僕もついつい放置してしまいがちですが、「Googleのサーチコンソール」という検索最適化ツールに登録して、 自分が書いた文章が検索エンジンにどのように評価されているか、評価されていないかを判断して改善のヒントにしましょう。 最初から完璧な文章をかける人はいません。 プロのアフィリエイターも記事を書いてはチェックして改善、と日々のルーティンでおこなっています。 私の考えでは、記事は「見られない記事に価値はない」と思っているのでまずはたくさんの人に読まれるように編集、執筆をしていくべきだと考えています。 とはいえ 今からアフィリエイトを始められる方は細かい事を考えずにガンガン記事を書いて行く事が大切だと考えています。 まとめ 今からアフィリエイトで稼ぎたい!と考えているアフィリエイターにとってはなかなか厳しい内容を書きましたが、逆に考えるとこのくらい本気でやればアフィリエイトは今でもまだまだ稼げるというのは紛れもない事実です。 本気で取り組めばASPの方やその先にいる広告主の方に伝わり、協力してくれる事も増えますし、ご自身のアフィリエイトサイトにも伝わり、それがユーザーにも伝わり、売上が発生します。 足元の状況は厳しくなっていくでしょうがお互い頑張りましょう。 また、これからアフィリエイトを始めようと考えている方には、カゴヤのWordPress専用サーバーの利用がおすすめです。 通常は自分でサーバーを契約してWordPressのインストール・設定を行わなければなりませんが、こちらであれば初めからWordPressがインストールされたサーバーを利用できるので安心です。 さらに、初期費用無料かつ月額440円~と費用を抑えてアフィリエイトを始めることができるので、初心者の方にはメリットが大きいと思います。

次の

あなたのブログが稼げない4つの理由|クロネのブログ講座

ブログアフィリエイト 稼げない

頑張ってブログを開設したものの、全く稼げなくてお悩みですか? 上記のように、• アフィリエイトは稼げない• アフィリエイトはオワコン と唱えている人はたくさんいます。 しかし、様々な人のTwitterやブログを確認してみると、• 月〇〇〇万円稼いでいます と、ASP管理画面の画像と共に公開している人はたくさんいます。 では、どうして「 稼げない…。 」「 オワコンだ!」と言っている人がいるのでしょうか? それは共通して「 アフィリエイトで稼げない理由」に当てはまっているからです。 本記事では「 これからアフィリエイトを始める方」「 アフィリエイトで稼ぐことが出来ていない方」向けに「 アフィリエイトで稼げない理由」という内容をお届けします。 また、本記事の構成は目次をご覧ください。 という方もいらっしゃるかと思いますので、1つずつ解説していきますね。 ブログを開設していない 最近、 無料ブログ( はてなブログやFC2ブログ)、 SNS( TwitterやInstagram)などでアフィリエイトを頑張っている方がいますが、結論から言いますと、それでは 「 稼げません」 100%稼げないという訳ではありますが、アフィリエイトで稼ぐにはまず「 アクセス数」を確保する必要があります。 「 運営期間が長い場合」や「 有名人」でない限りは、無料ブログやSNSだけでアクセス数を確保することは難しいでしょう。 また、 無料ブログと SNSでは 広告(アフィリエイト リンク )を掲載することが出来ない場合もありますし、掲載することが出来たとしても制約が設けられている場合があります。 これではアフィリエイトで稼げる環境に適しているとは言えません。 これからアフィリエイトで稼ぐ人や無料ブログやSNSだけでアフィリエイトをしている方は「 WordPressブログ」の開設をオススメします。 WordPressブログの開設方法については「」という記事がありますのでご覧ください。 記事を執筆していない と感じている人は、ブログ開設から執筆した記事数を確認してみましょう。 おそらくですが、それほど執筆していないでしょう。 キーワード選定が出来ていない サイトのアクセスを伸ばすには、 需要のある(検索される)キーワードを選び、記事を執筆する必要があります。 実はアフィリエイトで稼げない理由の一つが「 キーワード選定が出来ていない」という事もあります。 「 よく検索されるキーワードを狙えばOKでしょ?」という訳ではありません。 検索ボリュームの大きい(よく検索される)キーワードを選んだとしても、• 競合が強すぎて、上位になることが出来ない という可能性も高くあります。 また、上位を獲りやすいキーワードを選んだとしても、• 誰も検索しない ということも考えられます。 この場合もアフィリエイトで稼ぐ環境には適していません。 アクセス数が少ないブログは「 ガラガラのレストラン」を似たような状態でして、お客さん(読者)がいないのに売り上げが発生することはありません。 また、レストランの場合は入り口が1つですが、ブログの場合はそうではありません。 TwitterやInstagram、キーワード検索など様々なところで集客することが可能です。 先ほどもお伝えしましたが、記事数が少ないことは、レストランで例えると「 メニューが数種類しかない」のと同じ状態です。 どんなに魅力的でも、気に入るメニューが無ければ売り上げにつなげることは出来ません。 クリック率が低い アフィリエイトは、ASPから発行されたリンクを読者がクリックし、商品(サービス)を購入した時に収益が発生します。 結論から言うと、「 アクセス数が多くてもクイックされなければ、収益も発生することはありません。 」 と悩んでいる方はまずは「 アフィリエイトリンクのクリック率」を確認してみましょう。 そして、クリックされない主な原因は、• 記事内容とアフィリエイトリンクに相違がある• 広告を掲載し過ぎている• 読者の悩みを解決出来ていない などが考えられます。 まず、読者は悩みを解決する為にGoogleで検索し、サイトへアクセスします。 その悩みを解決する為のアフィリエイトリンクを掲載することで、クリックされる可能性を高められます。 「 痩せたい」と悩んでいる人は「 ペヤング」のアフィリエイトリンクをクリックするとは思えませんよね。 もちろん、アクセス数を確保する事も大切ですが、関連性のないアフィリエイトリンクを掲載してもクリックされることはありません。 ネット広告の需要は増加している アフィリエイト市場が拡大し続けている という背景があるからです。 「 オワコン」といっている人は、表面的な情報だけで判断してしまい、市場や需要などを把握していないと思われます。 「 これからアフィリエイトを始める方」や「 今は稼げていないけど頑張りたい!」という方も知っておくべき情報ですので、詳しく解説していきますね。 ネット広告の需要は増加している 出典: 上記の画像は媒体別の広告費の推移をグラフ化したものです。 最新のデータは2018年と少し前のデータになりますが、既にインターネット広告が地上波テレビ(CM等)を超えそうな状態です。 出典: また、上記画像のように世界的な調査では、「 テレビを視聴する時間よりインターネットの利用時間の方が長い」という結果が報告されています。 この背景には、 PCと格安スマートフォンの普及が関係していると言われています。 そして、世界全体の広告費で比べてみると、 2019年、世界全体での インターネット広告への支出額は、テレビ広告を600億ドル(約6. 5兆円)上回る、とみられます。 出典:iM このように、既にテレビ広告よりもインターネット広告の方が需要が増していて、それに伴い、アフィリエイトでも稼げるような環境になっています。 これを調査結果や推移をみて、まだ「 アフィリエイトはオワコン」と思えるでしょうか…。 アフィリエイト市場が拡大している 出典:矢野経済研究所 もちろん、インターネット広告の需要が増せば、アフィリエイト市場も拡大します。 上記画像は予測グラフですが、 アフィリエイト市場が拡大していることがわかります。 あくまでも予測数値ではありますが、 2016年と2023年を比較してみますと、約2倍に市場が拡大することが予想されています。 このアフィリエイト市場も、PCやスマートフォンの普及により、インターネット広告の需要が増していることが背景としてあります。 もちろん、アフィリエイト市場が拡大すれば、アフィリエイトで稼ぐ人が多くなることは間違いありません。 また、今後も拡大するとも予測されています。 これらの情報を知ってしまうと、もう「 オワコン」と言っている人が可哀想に思えてきますね…。 集客記事とは、簡単にいうとアクセス数を伸ばす為に用意する記事のことです。 人によっては表現の仕方が異なる場合もありますが、僕の場合は アクセス数を伸ばす為に執筆します。 この集客記事を執筆する際に重要なのは「 収益記事と関連性を持たせる」ことです。 例えば、 「検索順位ツール(GRC の使い方」という収益記事を用意したとします。 上記の収益記事に対して、 「ブログで使える神ツール10選」をいう集客記事を執筆します。 この2つの記事は「 ツール」という部分で関連性があり、2つを結びつけることが出来ます。 集客記事の中で「 GRC」を紹介し、「 詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください」というような形でアクセスを促します。 そこで「 収益記事を内部リンクで繋げば、アクセスされやすくなる」という構造です。 上記は一例ではありますが、このように集客記事を用意することで、読者を収益記事へ促すことも可能です。 集客記事を執筆する際のポイントは「 関連性を持たせる」に加えて、「 アクセス数を確保できすキーワードを選定する」ことです。 集客記事でロングテールキーワードを活用してみましょう。 Twitterからの流入を狙う Twitterは、ブログへのアクセスを促す重要な入口でもあります。 先ほどもレストランで例えた通り、 ブログのアクセス源(入口)は複数あります。 その中でも、 即効性があるのがTwitterです。 もちろん、フォロワー数や情報拡散能力などに依存する部分はありますが、十分なアクセス源を確保することができます。 ここで重要なのが• 「ブログジャンル」と「日々のツイート内容」を合わせる• フォロワーは日々のツイートに興味や関心を寄せているので、まずはブログジャンルとツイート内容に相違がない事を確認しましょう。 また、アクセス源を確保したいばかりに、何度もしつこく促すのはフォロー解除の原因にもなりますので、控えましょう。 また、「 フォロワーが少ない方」や「 これからTwitterを始める方」は「」という記事をご用意していますのでご覧下さい。

次の

『稼げないブログチェックリスト』収益月1万円を実現する30の改善項目

ブログアフィリエイト 稼げない

「アフィリエイトは稼げない」なんて言われてるし、僕も最初はほとんど稼げなかった。 アマゾンアソシエイトではたまに本が売れる。 アドセンスではたまに振込条件に達する。 こんな感じだった。 ASPのほうのアフィリエイトなんて、たまにクリックされる程度で、報酬なんてなし。 それが、このブログを開設して9か月目あたりから、それなりの金額を稼げるようになってきた。 この記事を書いたのは、2015年の7月。 加筆修正しているのは、2016年5月。 この記事を書いてから1年くらい経過しているけど、現在のアフィリエイト収入はこの記事の報告の倍を超えている。 この記事公開当時にもアフィリエイトについてちょこっと触れていたけど、今回は大幅に加筆修正し、「アフィリエイトで稼げない!を脱出するために何をやってきたのか」を。 できるだけ詳細に書き綴ることにした。 記事公開時点での前月のアフィリエイト収入は13万円 2015年6月のアクセス数など• ページビュー数:40938(前月より8110アップ!)• ユニークアクセス数:26628(前月より5443アップ!)• 平均観覧数:1. 平均滞在時間:1:19• 直帰率:79. 新規セッション率:80. 有名ブログに比べたら、カスみたいな数字。 ブログを開設してから9ヶ月で、記事数は240くらい。 もっと凄いブログはたくさんある。 つまり、僕のブログは凡人の域。 全然凄くなんてありませぬ。 ついでに言うと、僕のブログはソーシャルでシェアなんてほとんどされてない。 検索エンジンからのアクセスが大半を占めている。 「SEOに大事!」とされる被リンクもほとんど付いていない。 そんなに誇れるブログでもないわけ。 それでも、定期的に読んで下さっているっぽい方がちらほらいるのは有り難い限り。 ちゃんとアフィリエイトやれば少ないアクセスでも稼げないなんてことはない アドセンスやアマゾンアソシエイトとは違う、単価が高いアフィリエイト。 ここにちゃんと集客できれば、高い単価を連発することも可能なので、少ないアクセスでも稼げることがわかった。 単価が高ければ、成約数がそんなに多くなくてもアフィリエイト収入はそれなりの金額になる。 その点、アドセンスやアマゾンアソシエイトは、それなりのアクセス数がないと厳しいと感じた。 自分のブログと相性のいい広告を探すのって大事。 稼ぎ出す記事はほんの一部 大きなアフィリエイト収入をもたらしてくれている記事は、ほんの一部。 一部が、ドカーン!と稼げ出してくれている。 狙ってやった部分もあるけど、結果的には「ほぼたまたま」だと思うようにしている。 検索エンジンからのアクセスにこそ価値がある いろんな方が語っている通り、アフィリエイトで稼ぐには、検索エンジンから集客するのが大事みたい。 実際に稼いでみると実感できた。 目的意識が強い人を集客できれば、成果に繋がりやすいってことなんだろう。 そのためにも、キーワード選びとか、記事の書き方とか試行錯誤が必要なんだと感じた。 アフィリエイトで稼ぐには、SEOの勉強は少なからず必要みたい。 アドセンスとアマゾンアソシエイトは安定的 ぶっちゃけ、アドセンスとアマゾンを合わせて2万円くらいだった。 先月は。 アドセンスは、全体的にブログを収益化してくれるので、PV数が増えると共に報酬も上がる感じ。 ただ、キーワードやジャンルによってCTRがかなり違うので、アドセンスは「キーワード選び」とか「ブログのジャンル」が大事っぽい。 アマゾンは、日によってはアドセンスを越えることも。 やはり、今はKindle本が強いかな。 コンバージョン率も高いし、報酬率も高い。 僕のブログでは、Kindle本の紹介が功を奏していると思われる。 アフィリエイトで稼ぐのに、難しいことは必要ない? 特別なことなんてしていない。 普通にブログ書いて、普通にアフィリエイト広告を連動させているだけ。 サイドバーに広告なんて貼ってない、至ってシンプルなブログ構成。 それに、無理矢理被リンクを獲得しようともしていないし、SNSに注力もしていない。 ただ、キーワードとか意識して、その中で書きたいことを書いたり、紹介したいものを紹介しているだけ。 毎日更新もしていない。 時間があるときに書いているだけ。 この成果は、もしかしたら「運」が良かっただけなのかもしれない。 「ビジネスは相対的なもの」らしいし、運がかなり関係していることも知っているので、そこは否定しない。 で、実際に稼げるようになった。 個人的には、今年中に月収100万円くらいは目指したいと思っている。 作業量は地味に増えているけど、アクセス数はそんなに変わらず 記事の公開数を増やしてみたり、頑張って長い記事を書いたりしてみた。 で、気付いたのが、短い記事をたくさんアップしてもアクセス数はそんなに変わらないということ。 月間数万PVを超えてくると。 未だに、多くのアクセス数があるのはそれなりの文字数で書いた記事。 キーワードツールを使わないでしばらく書いてた時期もあったけど、やっぱり検索数という「需要」を意識して書かないと、アクセス数は増えないと実感した。 現在は、月間6万PVくらい。 月間20万PVとかないとサラリーマンの給料くらいは稼げないと思ってたけど、実際はそんなこともなかった。 大事なのは、「稼げる記事を増やすことと、コンバージョン率を上げること、稼げている記事のアクセス数を底上げすること」だと感じた。 アクセスアップと収入アップを目指す 僕の課題は、アクセス数だともやっぱり思う。 このままじゃ、これ以上はそんなに稼げないとも思っているので、アクセス数(主にSEO対策)の向上を行い、アフィリエイト収入アップにも繋げていきたい。 何となく掴めてきた「ブログアフィリエイトのコツ」 この記事の公開時点から今までいろいろ実践してきて感じた、アフィリエイトのコツをまとめてみる。 狙ったキーワードで上位表示を目指す• コンテンツは「これでもか!」というくらいガッツリ作る• 過去記事に収益化できそうな記事があったら修正する• アドセンスやアマゾンよりもASPアフィリエイトが強力 すると、こんな感じになった。 これから先で、もう少し詳しく掘り下げてみることに。 狙ったキーワードで上位表示を目指す これができれば誰も苦労しないのだけれど やるしかない。 これをしっかりやらないと、アフィリエイトでそれなりには稼げないと感じている。 とりあえずアフィリエイト広告を掲載した記事をアップすれば稼げるわけじゃなかった。 その記事にしっかりキーワードを設定し、そのキーワードでGoogleで上位表示させてこそ、収入に繋がる。 稼げるキーワードで上位表示が必要 僕のブログの場合、一日で50PVしかないような記事が、月に5万円の報酬を生み出していたりする。 それくらいのアクセス数で、月に10万円以上の報酬を生み出している記事がある。 それ以上にアクセス数が多い記事もいくつかあるけど、やっぱり「稼げないキーワード」で上位表示させて人を集めたとしても、そこから収益はなかなか生まれない。 広告変えたり、アプローチ変えたりしたけど、全然ダメ。 その辺の記事は、アマゾンでもダメだったりする。 アドセンスのクリック率もイマイチだし。 月間検索数だけに縛られない 月間検索数が多いキーワードで上位表示されれば、確かにアクセスアップにはなる。 でも、アクセスアップとアフィリエイト収入のアップはイコールじゃないと悟った。 逆に、イマイチな月間検索数でも、稼げるキーワードでしっかりコンテンツを作り、上位表示され、広告に誘導できれば、イマイチな検索数のキーワードがナイスなアフィリエイト収入を生み出してくれることがわかった。 収益化する記事を見極める 稼げないキーワードは、本当に稼げない。 僕の場合、そういう記事は気持ちアドセンスとかアマゾンのリンク貼るか、もしくは何も貼らないなどして、「内部リンク形成用の記事」として使うようにしている。 重要なコンテンツ、僕の場合、「稼げるコンテンツ」に人を集めるような集客用のコンテンツとして。 無意味な広告を貼ってそういう記事のGoogleからの評価を落とすよりは、内部で「司令塔」的な感じで活躍してもらったほうがいいと思っている。 個人的な経験を踏まえて。 コンテンツは「これでもか!」というくらいガッツリ作る 記事数が多いだけじゃ足りなかった 僕のブログは、現時点で500記事くらい。 それで月間6万PVなのだから、いかにゴミみたいな記事が多いのかがよくわかる。 記事数を増やしても、SEOに強くなるわけじゃないみたいだ。 ほとんどの記事は、何かしらのキーワードでコンテンツ作ってるわけだし。 文字数を詰め込むというか、情報を詰め込む 僕のブログの中で、「え?なんでこの記事がこんなキーワードで上位にいるの?」みたいな記事がある。 別に、文字数が多いわけじゃない。 どちらかというと、そのキーワードに関連するような情報を簡潔にまとめてあった記事だった。 他の上位の記事を見てみても、タイトルに含んだキーワードで上位表示されているだけじゃなく、タイトルに含まれていない関連キーワードからのアクセスも結構な数があった。 結果的に文字数が多くなるだけかと 情報を詰め込むと、関連キーワードも拾えて、アクセス数の底上げになる。 だから、収益化している記事にも、情報を詰め込んでみた。 すると、しばらくしてから、関連キーワードでも拾われるようになり、収益が上がった記事がいくつかある。 メインキーワードを意識しながら、関連しそうな情報を、一つの記事に思いっきり詰め込む。 自分が書ける範囲で。 これをやると、自然に文字数も多くなる。 ダラダラ長くなるわけじゃなく、関連する情報の量を伴って多くなる。 この施策は、最近になってやっていること。 これが、なかなか上手くいっている。 過去記事に収益化できそうな記事があったら修正する 新しい記事を書くだけじゃ稼げない? 新しい記事を書いてもイマイチな結果だったので、最近になって、アクセス数がそれなりだったり、それなりに稼いでいる記事を、さっき書いたような感じで加筆修正するようにしてみた。 いろいろな広告を試したりもした。 新しい記事を書いてもどうなるかわからないんだから、既にそこそこの結果が出ている記事をパワーアップさせようという手法。 これが、なかなかの当たりだった。 この内部対策で、今までアドセンス収入しかもたらさなかった記事を、「アフィリエイト収入をもたらす記事」に変えることもできた。 不確実性を追い求めるよりも、既にある結果を強化する この世の中なんて、不確実性が付きまとうもの。 運に任せるより、「たまたま上手くいっている記事」に注力したほうが効率的だと思ったから。 この辺は、統計の勉強とかの応用。 結局は、この施策も運任せってことになるんだけど。 たまたま上手くいったものを拾うわけだし。 新しい記事も追加したいけど 今はイマイチネタが浮かばないので、当面は過去記事の修正に注力するつもり。 それが終わったら、新しい記事もどんどん追加していこうと思っている。 最近更新が滞っているのは、その為。 実は、過去記事はどんどん修正されているのだ。 過去記事の修正が効率的だと思っている点 SEOに関しては素人もいいところだけど、「既に公開されてインデックスされている記事を修正したほうが、上位表示も早いんじゃないか?」と思っている。 新しく公開した記事は、しばらくはランキングに反映されない。 それなら既にある程度評価された記事を強化したほうが良い気がしている。 素人なりに。 それに、同じキーワードで新しい記事書くと、なんか内容かぶっちゃうし。 アドセンスやアマゾンよりもASPアフィリエイトが強力 アクセス数が少なくても稼ぐための施策 単価の高いアフィリエイト広告を使うようにすること。 それを掲載した記事で上位表示を目指すこと。 これを意識しているおかげで、こんなに少ないアクセス数でも、アフィリエイトでサラリーマンの給料並みに稼げているんだと思ってる。 アドセンスやアマゾンアソシエイトは稼げない? この二つは、比較的安定して稼げるとは感じている。 でも、この二つはアクセス数にかなり影響されるとも感じている。 たぶん、僕のブログくらいでアドセンスとアマゾンアソシエイトだけやってても、ほとんど稼げないと思う。 稼げたとしても、お小遣い程度でしょ。 ASPアフィリエイトに注力する 僕が言っている「ASPアフィリエイト」というのは、アフィリエイトBとかA8. netみたいなASPのこと。 この辺のASPの広告は、一件成約すれば3000円とか、一万円みたいに、アマゾンやアドセンスじゃ考えられない単価を誇るものが多い。 「人気ブロガー」並みのアクセス数を稼げないのなら、弱小ブロガーなりに稼ぐ方法を模索した結果、「ASPアフィリエイトに注力しよう!」ってなった。 その結果が、現在のアフィリエイト収入。 少ないアクセス数でも、月間6万PVしかなくても、PVの数倍のお金は稼げる。 それを、実感した。 最近やっていること 今までの内容でもちょっと触れたけど、新しい記事の更新をサボって現在やっていることは、過去記事の修正。 ただ修正するだけじゃなく、キーワードを考え直したり、内部リンク施策を考えたり、収益化するとかしないとか考えたりしながらやっている。 あとは、被リンクも増やしていきたい。 月に1000万円以上稼ぐアフィリエイターのやっていることとか結果を見ていたら、被リンクはかなり大事なんだと思い知らされた。 バリューコマース 担当者が積極的に案件を紹介してくれているので、相当お世話になっている。 ここでしか見付からないような広告も多いので、必須のASPかと思われる。 広告コードがシンプルで邪魔にならないのも個人的にお気に入りポイント。 アクセストレードにも独占案件が割りと多い。 金融系、投資系でお世話になっている。 複数使った方が案件の幅が広がるということか。

次の