真田丸 1話。 真田丸 46話「砲弾」 感想・ネタバレ 1

真田丸 46話「砲弾」 感想・ネタバレ 1

真田丸 1話

2018年-夏ドラマ 2018年-春ドラマ 2018年-冬ドラマ 2017年-秋ドラマ 2017年-夏ドラマ• 2017年-春ドラマ• 2017年-冬ドラマ• 2016年-秋ドラマ• 2016年-夏ドラマ• 2016年-春ドラマ• 2016年-冬ドラマ• 2015年-秋ドラマ• 当サイト(TVドラマ無料動画)は動画共有サイトで視聴できるURLをまとめているリンク集サイトです。 当サイトの運営者は、リンク先の動画(埋込み型動画も含めて)においてのアップロードや、その行為推奨は一切行っておりません。 著作権物に関しましてはすべて著作者・団体に帰属しております。 サイト内で紹介動画のダウンロード販売などは一切行っていません。 動画のアップロードや削除などの御質問はそれぞれの動画共有サイトへ直接お問い合わせくださるようお願いします。 サイトで紹介している各ドラマタイトルはカテゴリー分けされており、【ドラマの総合情報/ドラマ各話のページ】という2段の階層構造が基本となっています。 お探しの動画リンク先は各話のページに様々な種類の動画共有サイトURLとして記載しています。 なおドラマはあくまでもフィクションです。

次の

大河 『真田丸』 第9話「駆引」の名言57個・感想/第10話注目ポイント/解説:なぜ徳川と北条は和睦した?

真田丸 1話

スポンサーリンク 真田丸の1話「船出」の武田勝頼。 武田勝頼を演じるは平岳大さんです。 真田丸第1話の「船出」は、勝頼の父、武田信玄亡き後の時代設定です。 武田勝頼の武田軍は最初は勝ち進むものの、やがて織田、北条、徳川に攻め込まれてしまいます。 勝頼はまさに四面楚歌の心境です。 家臣もどんどん離れていき、父ならどうしただろうと思いながら砂上の城を見ている状況だったと思います。 第2話「決断」で勝頼の最後のシーンがありますが、偉大なる戦国武将であり父である武田信玄の後を追う演技は見事でした。 真田丸の1話「船出」武田勝頼とは 武田勝頼(たけだ かつより) 甲斐の名君、ご存知、戦国武将の武田晴信(信玄)の四男として生まれました。 天文15年(1546年)~天正10年3月11日(1582年4月3日)享年37歳、武田氏は勝頼の祖父にあたる信虎期に諏訪氏と同盟関係にありました。 しかし、父の晴信は(信玄)父、信虎を追放する形で家督を相続し、諏訪氏とは手切となります。 母は信玄によって滅ぼされた諏訪頼重の娘で、「諏訪御料人」と呼ばれている女性です。 四男ですし母の実家である諏訪氏の名跡を継ぐということで、「諏訪四郎勝頼」と名乗ります。 そして、勝頼は信濃高遠城主となります。 初陣は、永禄6年(1563年)の上野箕輪城攻めと言われています。 真田丸の1話「船出」武田勝頼の家族相続は 元亀4年(1573年)4月12日、信玄が西上作戦の途中で病死したため、武田姓に復し家督を相続し、武田氏第20代当主になります。 長篠の戦いで武田家は敗退し、勢力は縮小します。 運命の、天正10年(1582年)2月には、信玄の娘婿で外戚の木曾義昌が新府城築城のための負担増大への不満から織田信長に寝返えります。 勝頼は、外戚の義昌の反逆に激怒し、人質を惨殺した上で即座に木曾討伐の軍勢を送り出しますが、2月14日に浅間山が噴火します。 真田丸の1話「船出」武田勝頼の最後 さらに武田一族の重鎮である穴山信君までも、勝頼を見限り、徳川家康を介して織田信長に服属を誓います。 これにより武田氏に属する国人衆は大きく動揺しました。 同年3月、勝頼は未完成の新府城に放火して逃亡します。 そして、小山田信茂の居城である岩殿城に向かいます。 しかし、信茂は織田信長に投降することに方針を変換し裏切ります。 勝頼は進路をふさがれ、後方からは滝川一益の追手に追われます。 逃げ場所が無いことを悟った勝頼一行は武田氏ゆかりの地である「天目山棲雲寺」を目指しました。 しかし、その途上の田野でついに追手に捕捉され、嫡男の信勝や正室の北条夫人とともに自害するのです。 真田丸の脚本は三谷幸喜 大河ドラマ真田丸の脚本は三谷幸喜さんですね。 三谷さんの歴史ドラマは新選組以来です。 どうしても、三谷さんだと喜劇的イメージが強いのでそんな展開になるとか・・・? 史実に基づかないなどの批判もありますが、私は真田丸、特に《》を描く姿勢と挑戦は評価するに値します。 キャスティングも彼の人脈でイメージにあった素晴らしい役者さんを揃えています。 特に、若い方を意識したキャストは流石としか言えません。 それでは真田丸オープニング1話船出です。 真田丸1話「船出」の武田勝頼 真田丸1話。 2代目の武田勝頼 武田勝頼は偉大な父、武田信玄の4男として生を受けますが、長篠の戦いで、若武者の焦りなのか、信玄譜代の部下の意見を聞かずに跡部など自分の意見に忠実な部下の意見を取り入れます。 乱世でなければ、2代目跡取りとして家を盛り上げていたでしょうが、時代は戦国時代の真っただ中で、部下たちの裏切りに遭い、信玄と幸隆が築いた絆も自ら無くしてしまいます。 いつの世も、2代目の優しさが裏目に出てしまう、生まれたときからの名家の息子には共通点がありますね。 真田丸という1艘の船になぞられた真田家は荒波に向かって船出をします。 大阪の陣までの長い航海です。 2016年大河ドラマのオープニングです。 真田丸1話。 武田勝頼と真田信繁 真田丸の船出ですね。 真田信繁は、父昌幸の影響を受けながらその知力を磨いていきますが、その全てを発揮し後世に彼の名前が残ったのは「大阪の陣」ですね。 元和元年(1615年)関ケ原の戦いから15年が経過しております。 豊臣家を滅亡に追いやった「大阪夏の陣」において、徳川家康を自害寸前にまで追い込んだ一人の武将がいました。 そうです、真田源次郎信繁(通称・幸村)です。 そして、この大河ドラマでは、この戦からさかのぼること33年前から始まります。 戦国時代の真っ最中で、各大名たちが勢力争いを繰り返していた時代です。 この時代では、武田家、上杉家、北条家、徳川家、織田家が真田家をどのように取り組むか? 弱小・国衆の真田家がどのような立ち回りで家を存続させるかが見ものです。 さて、大阪夏の陣からさかのぼる事33年前の1582年は、「武田家滅亡の年」です。 甲斐の名門・武田家は、希代の名將・武田信玄の死後・息子の勝頼が家督を継いでいました。 武田勝頼は、北に上杉、東に北条、西に織田、南に徳川と有力大名に囲まれつつ、勢力挽回の機会をうかがっていました。 真田丸1話。 武田勝頼の部下が裏切る ところが、天正10年(1582年)1月、勝頼の義弟(信玄の娘婿)・木曽義昌が織田信長に寝返ります。 最大の危機を迎えた勝頼は、諏訪・上原城に御一門衆筆頭の穴山梅雪(あなやまばいせつ)、親類衆の小山田信茂筆頭家老の跡部勝資(あとべかつすけ)など諸將を集めて軍議を開きます。 そこで味方のさらなる離反が明らかになります。 (後ほど明らかに・・)跡部は義昌を打つ、梅雪は武田の本拠・甲斐の新府城に戻り、態勢を立て直します。 勝頼はそれぞれに耳を傾け、家臣を見回し、「安房守、お主はどう思う?」と意見を求められます。 真田昌幸は、「今は、いったん、新府に引くが上策かと存じます。 潮を読むのでござる。 」 今は引き時。 力をためて、待つのです」勝頼は頼もしげにうなずきます。 軍議を終え、昌幸は嫡男の源三郎信幸に命令します。 「源三郎。 お前は一足先に新府へ戻れ。 西も大事だが、南が心配じゃそろそろ徳川家康が駿河口に兵を進めてくるころだ」 真田信幸は「なるほど!様子、探ってまいります」と家康の動向を探りに行きます。 真田丸1話。 武田家と徳川家 甲斐との国境あたりに布陣する敵情を偵察していた。 旗に記された「葵」の紋は、徳川勢です。 信繁は、偵察に夢中になり、家来の矢沢三十郎頼幸の制止も聞かず、深入りしすぎました。 案の定、敵兵にみつかり、危機一髪のところで逃げてきました。 信幸は、「誰の許しを得て、さように危ないところまで出向いた。 勝手なまねをするな!」と、慎重になるように促しました。 信繁は、「皆、西の織田勢ばかり気にしているので、南のことが心配になったのです」と釈明します。 父、昌幸の抱いた危惧と同じであった。 このくだりは三谷さんの脚色ですね。 この信繁像の描き方が本当に気になります。 真田丸1話。 武田家の最後 真田昌幸は重苦しい口調で二人の息子に告げるのです。 新府城を捨てることにした。 「源三郎、源次郎、よいか。 これは、わが真田家にとって未曾有の危機だ。 一つ打つ手を誤れば、真田は滅びる。 」と言います。 そして付け加えます「この苦難、われら一丸となり、どんなことをしてでもこれを乗り切る。 こころしておけ。 」と・・・ 持仏堂では、勝頼が手を合わせて武運を祈っています。 その後ろで、昌幸と穴山梅雪(ばいせつ)も手を合わせています。 勝頼は、「父上が築き上げたこの国を、わしは滅ぼしてしまうのか」昌幸は、「御屋形様にはわれらがおりまする」と励ますと、勝頼の表情がようやく緩むのです。 それからまもなく梅雪も織田に寝返えります。 そればかりか、徳川を武田領内に侵入するように手引きしました。 またもやの寝返りに勝頼は軍議を開くがまとまりません。 昌幸は「岩櫃城」に入城することを薦めます。 昌幸は、「岩櫃の守りはこの昌幸がすでに整え、鉄壁でございます」勝頼に岩櫃で力を蓄え、再起を図ろうと懸命に説得します。 勝頼は「分かった。 岩櫃にいこう」と決心しますが、跡部と信茂から信玄の威光をとどめる甲斐の地を見捨てるべきではないといさめられ、勝頼は苦悩の色を浮かべます。 しかし、この小山田信茂も勝頼を裏切り、織田に寝返ってしまう。 昌幸の薦める岩櫃城ではなく、岩殿城に跡部と小山田は向かうが、小山田の裏切りで岩殿城に入ることはできなくなりました。 勝頼の一行に動揺が走りました。 後にした新府城は燃え、岩殿城に入城できないなら、勝頼に行く当てはありません。 武田勝頼は、「もうよい」と馬首を巡らせた。 天正十年というこの年、甲斐の名門・武田家の命運がつきようとしています。 天正十年と言えば、織田信長が明智光秀に本能寺の変で殺されますね。 日本史に残る織田信長の死と武田信玄の息子の死は同じく裏切りによってこの世からいなくなるのです。 真田丸の武田勝頼を演じた平岳大 平岳大のプロフィール (ひら たけひろ) 1974年7月27日 41歳 父は、平幹二朗(俳優)さん。 母は佐久間良子(女優)さんで両名優のご子息です。 二卵性双生児の兄として生まれ妹がいます。 両親は1984年5月に離婚し、その後は母親である佐久間の元で 育ちました。 暁星小学校、暁星中学校を経て、暁星高等学校在学中の15歳のときに単身渡米します。 平岳大の留学 アメリカ合衆国ロードアイランド州プロビデンスのモーゼス・ブラウン・スクール卒業後、名門ブラウン大学理学部応用数学科へ進学し卒業します。 ブラウン大学卒業後はコロンビア大学大学院修士課程へ進学しますがその後中退しています。 平岳大の役者 その後は投資顧問会社やソフトバンク系列会社の勤務などを経て、27歳で役者に転身しています。 デビューは舞台鹿鳴館。 初舞台では、別れた両親と共演し話題を呼びました。 舞台後に両親と食事をし ますが、自分はどちらの席側に座ればと・困惑したとTV番組で話していました。 小学生のときから理数系科目の成績が良かったがアメリカの高校へ進学する際は英語で苦労したそうです。 平さん演じる武田勝頼は、切腹シーンあり、偉大な武田家の幕引きを覚悟して演じたつもりです。 と話していました。 平岳大の勝頼像。 僕も父(平幹二郎)と同じ職業を選んだ身として、息子の勝頼に共感できる部分があります。 ただ、勝頼は信玄から甲斐という一国を受け継いでいます。 背負うものもやるべきことも、現代とは全く違いますね。 ・・・と記者会見で述べています。 真田丸1話「船出」武田勝頼のまとめ 真田丸は真田親子が真田家を戦国時代からどのようにして家を守り後世に残すかを三谷幸喜さんの独特な感性で描いています。 真田昌幸は源三郎と源次郎の二人の息子を当時の豊臣と徳川の2大勢力に分けて真田と言う家を守りました。 真田幸村は豊臣と共に歴史から消えていくのですが、長男の真田信幸は徳川と共に生きていきます。 その巧みな戦略はこの1話で武田家の武田家の2代目・武田勝頼が滅びた時に学んだのかも知れません。 真田丸は大河ドラマの中でも大傑作作品と言えましょう。 真田幸村は池波正太郎の歴史小説「真田太平記」を読んでファンになりました。 「週刊朝日」に1974年~1982年の8年間の連載でした。 この池波正太郎作は、真田家の面々や配下の忍者などの活躍をそれはそれは細かく描いています。 忍者ヒストリアでも良いのではないかと思うぐらいです。 確か、女忍者の活躍が真田家を守っていましたね。 さて、昨年、このドラマの影響でしょうか?文春文庫から火坂雑志さんの真田三代が発行になりました。 この本も素敵です。

次の

真田丸のあらすじ~第1話から第2話まで【NHK大河ドラマ2016】

真田丸 1話

2018年-夏ドラマ 2018年-春ドラマ 2018年-冬ドラマ 2017年-秋ドラマ 2017年-夏ドラマ• 2017年-春ドラマ• 2017年-冬ドラマ• 2016年-秋ドラマ• 2016年-夏ドラマ• 2016年-春ドラマ• 2016年-冬ドラマ• 2015年-秋ドラマ• 当サイト(TVドラマ無料動画)は動画共有サイトで視聴できるURLをまとめているリンク集サイトです。 当サイトの運営者は、リンク先の動画(埋込み型動画も含めて)においてのアップロードや、その行為推奨は一切行っておりません。 著作権物に関しましてはすべて著作者・団体に帰属しております。 サイト内で紹介動画のダウンロード販売などは一切行っていません。 動画のアップロードや削除などの御質問はそれぞれの動画共有サイトへ直接お問い合わせくださるようお願いします。 サイトで紹介している各ドラマタイトルはカテゴリー分けされており、【ドラマの総合情報/ドラマ各話のページ】という2段の階層構造が基本となっています。 お探しの動画リンク先は各話のページに様々な種類の動画共有サイトURLとして記載しています。 なおドラマはあくまでもフィクションです。

次の