ライン 通知 表示。 LINEの通知内容が表示しない原因「新着メッセージがあります。」「1件の通知」

ラインの通知とは?ポップアップでの内容表示・非表示設定・着信・音の変更などLINE通知まとめ

ライン 通知 表示

毎日メールの代わりに LINE(ライン)を利用されている方も多いと思いますが、 LINE をやっていて急にトーク(メッセージ)の通知が来なくなったという方の話を耳にします。 例えば「LINE を開いていないと通知が来ない・遅い」「LINE を閉じていると通知が鳴らない」「ラインを開けると通知される(開かないと通知が来ない)」という症状です。 LINE を開かないと通知されずメッセージが来ているかどうか分からないというのは非常に不便ですし、相手への返答が遅れてしまう可能性もあります。 このような症状で困っているという方に、今回はその対処方法をいくつか紹介したいと思います。 Android 端末・iOS 端末(iPhone・iPad・iPod touch)共通の方法と、OS によって別々の方法がありますので、ご自身の状況に合うものを確認しながらご覧ください。 LINE が通知されない・着信音がならない時に見直す設定 1. LINE の通知設定(共通) まず初めに確認して頂きたいのがLINEの通知設定です。 LINEアプリ側でこの設定がONになっていないと絶対に通知が来ないので、最初に必ずこの設定を確認してください。 スポンサーリンク LINE アプリを開いて ホーム画面>歯車アイコンの 設定> 通知>[通知]にチェックが入っている(iOS は「通知」がオンになっている)ことを確認しましょう。 またこの画面の [サウンド]にチェックが入っていないと着信音がなりませんので、チェックが入っているかもご確認ください。 iOS の通知設定 iPhoneなどのiOSでは、アプリごとに通知センターで通知をするか否かの設定ができます。 端末側でオフになっていると通知されませんので、iOS端末の 設定> 通知> LINEの順に選択します。 「通知センター」が オンになっていることを確認してください。 通知スタイルやサウンドのオン・オフも変更できます。 Android の通知設定 Android 端末の 設定> アプリ> LINE> 通知の順に選択します。 [すべてブロック]が オフになっていることを確認してください。 ここがオンになっていると通知がこなくなります。 例えばバージョンが4. 4未満の場合は 設定> アプリケーション管理> LINEの順です。 [通知を表示]にチェックが入っていることを確認してください。 トークごとの通知設定 上記までのような LINE アプリ全体に関わる通知設定だけでなく、トークごとに通知のオン・オフを切り替えることが可能です。 つまり「Aさんのメッセージだけは通知させないようにする」とうこともできます。 そのため個別にオフになっていないかを確認してください。 特定のトーク画面に入り、画面上部にあるメニューを開きましょう。 上の画像のように 通知がオンの状態になっていれば 通知がされる状態です。 アプリが最新バージョンか iOS でも Android でも LINE アプリのバージョンが最新になっているか、App Store や Play ストアを確認してください。 その場合は、不具合が解消したバージョンのアップデートを待ちましょう。 またスマホ本体のOSが最新バージョンになっているかも確認をしてください。 もし古いバージョンであればアップデートしてみましょう。 他のアプリが原因 節電系アプリやタスクキラー系、メモリ開放系のアプリによってLINEが停止してしまい、正常に動作しない場合があります。 Android ではそれらのアプリを自分で入れていなくても、メーカーが付けている エコ・モード機能などによって LINE を停止してしまっている場合もありますので確認しましょう。 Android だとウィルス対策アプリなど、 セキュリティ系のアプリが原因となることがあります。 もしそれらのアプリが原因だと考えられるのであれば、LINE アプリが節電・タスクキラー・セキュリティ対策の対象にならないように設定するか、それらアプリを削除か完全に停止して端末を再起動してみてください。 (LINE アプリが対象にならないように設定しても、なぜか干渉してしまい通知が来ないこともあります。 ) また着信音・通知音をカスタマイズできるアプリを使っている場合、それらのアプリが原因で音がならない可能性も考えられます。 もしそのようなアプリを使用している場合は、そのアプリの設定を確認するかアンインストールしてみてください。 メモリ不足 メモリが不足することによって LINE が停止してしまい、正常に通知されないという場合があるようです。 例えば LINE だけでなく、アプリを開いたり画面をスワイプしたりする際に重く感じる場合はメモリ不足である可能性があります。 アプリが強制終了してしまう場合もメモリ不足の可能性が高いと考えられます。 アプリには インストールしているだけでメモリを消費しているものが多くあります。 メモリ不足だと考えられる場合の対処方法は、不要なアプリの削除・あまり使っていないアプリを徹底的に削除してしまうことです。 またLINEと同時に複数のアプリを起動している状態だと、よりメモリ不足になりやすく通知が来ない原因になり得ます。 特にゲームアプリや画像加工系のアプリはメモリの消費が大きいので、使っていないアプリは起動状態にしないようにしてください。 パソコン版 LINE の設定 LINE アプリはスマホのみだけでなくパソコンでも同じアカウントで使用することができます。 もしパソコン版も使用している方は、下記の設定を確認してください。 左下にあるメニューアイコンから 設定をクリック。 設定の画面の中の 通知>[通知ルール]の中の 「PCを使用している場合はスマートフォン版への通知をオフ」のチェックが外れていることを確認してください。 LINEアプリの入れ直し LINE アプリに不具合が発生した場合などで通知が来なくなる可能性も考えられます。 このような場合、最新バージョンであるか確認してから一度 LINE アプリを端末からアンインストール(削除)して、再度インストールし直すことで解決する場合もあります。 またアプリ内のキャッシュが影響していることも考えられるため、アンインストールすることでキャッシュを削除できます。 アンインストールする場合は友だちの情報が消えてしまわないように、必ず情報の引き継ぎ設定を行ってください。 Google Play 開発者サービスのキャッシュ削除 Android 端末の場合、初期からインストールされているアプリ『Google Play 開発者サービス』の不具合によって通知が来なくなるケースがあるようです。 Google Play 開発者サービスのアプリは Google 関連のシステムやアプリを動かすのに必須です。 そのため、このアプリは通常削除することができないようになっています。 削除する方法も存在しますが、絶対にこのアプリをアンインストールしないようにしてください。 アプリそのものの削除(アンインストール)はダメですが、[データの削除]や[アップデートのアンインストール]を行うことで通知がこない問題を解決できる場合があります。 手順の詳細は下記ページに記載してあるものを参考にしてみてください。

次の

ラインの通知とは?ポップアップでの内容表示・非表示設定・着信・音の変更などLINE通知まとめ

ライン 通知 表示

LINEアプリに通知を許可する 端末側で通知の各項目が無効になっている場合は、いくらLINEアプリ側で通知を有効にしても通知を受信できません。 本体の「設定」アプリから[通知]をタップし、アプリの一覧を表示します。 その中から[LINE]を選択してください。 ここで、[通知を許可]がオンになっているかをチェック。 オフになっていた場合、LINEのすべての通知が届きません。 オンに切り替えましょう。 各通知スタイルをオンにする iPhoneでは、通知スタイルを「ロック画面」「通知センター」「バナー」の3種類から選べるようになっています。 通知自体が許可されていても、各通知スタイルがオフ(チェックが入っていない状態)になっていれば、思ったように通知が届きません。 iPhoneの「設定」アプリから[通知]に進み、「ロック画面」「通知センター」「バナー」と任意の通知スタイルに確実にチェックが入っているかを確認しましょう。 おやすみモードを解除する iPhoneの「おやすみモード」は、電話の着信やアプリからの通知を一定の時間内オフにできる機能です。 おやすみモードが有効になっていると、その時間内はLINEを含むすべての通知が画面表示や音、バイブなどでユーザーに知らせてこなくなります。 LINEの通知を受け取りたい場合は、おやすみモードをオフにしてください。 LINEアプリを取り除く(一時削除) LINEの公式ヘルプによると、正しく設定しているのに通知が届かない場合、Apple社の通知配信サービス(APNS)に問題が発生している可能性があるとのこと。 公式ヘルプでは、以下の回避策が提示されています。 不具合の原因がはっきりしない場合は、試してみましょう。 アプリの一覧から[LINE]を選択してください。 [Appを取り除く]をタップし、確認メッセージで再度[Appを取り除く]ボタンを押してください。 なお、この操作をおこなってもLINEのデータが消えるといったことはないので安心してください。 取り除いたアプリ内のデータはiPhoneに残るので、Appが取り除かれた後に表示される[Appを再インストール]をタップすればデータを元に戻すことができます。 LINEアプリ・iOSバージョンをアップデートする 2020年4月現在、 iPhoneのLINEアプリ推奨環境はiOS 11. 0以上です。 あまりにも古いバージョンだと、通知を含めLINEの各機能の動作がスムーズに動かない場合があります。 iOS 11. 0未満の場合は、OSをアップデートすることをおすすめします。 端末の設定画面に推移するので、[通知の表示]がオンになっているかをチェック。 オフになっていた場合、LINEのすべての通知が届きません。 オンに切り替えましょう。 ポップアップなど各機能の通知スタイルをオンにする 多くのAndroidスマホでは、[通知を表示]の項目の下で、メッセージやLINE Payなど、機能ごとに通知のオン・オフを設定できます。 ここで、何らかの機能がオフになっていないかチェックしてください。 オンになっていることが確認できたら、[メッセージ通知]など各機能の項目部分をタップします。 メッセージ通知の詳細設定画面が開いたら、[アラートを受け取る]をタップしてオンにします。 さらに、ポップアップ通知はオフにして通知ドットはオンにしたい、といったような通知のされ方(種類)を細かく指定できます。 ポップアップ通知やロック画面通知など、表示したい通知スタイルがオンになっているか確認しておきましょう。 サイレントモード・通知のミュート・通知の鳴動制限などを解除する Pixel・Xperiaの「サイレントモード」やGalaxyの「通知をミュート」、AQUOSの「高度なマナーモード」など、通知表示がオフになる端末固有の機能が原因の可能性もあります。 一度チェックしてみるといいでしょう。 サイレントモードのメニューから[通知の制限]をタップします。 続いて表示される画面で、[通知の非表示、通知音なし]の項目にチェックが入っているか確認しましょう。 もし入っていれば、外してください。 ここで[通知音なし]の項目にチェックを入れると通知は表示されますが、通知音だけが鳴らない設定になります。 オンにしておくと、使用頻度の低いアプリのバッテリー使用が自動的に制限されるようになります。 注意書きにあるように、自動調整の対象になったアプリは通知が遅れる可能性があります。 LINEの使用頻度が低いケースはかなり稀だと思われますが、どうしても原因が分からない場合は、試しにオフにしてみてください。 LINEアプリ・Android OSをバージョンアップする 2020年5月現在、AndroidスマホのLINEアプリ推奨環境はAndroid 5. 0以上です。 これより古いバージョンだと、通知を含めLINEの各機能の動作がスムーズに動かない場合があります。 Android 5. 0以下のバージョンを利用している場合は、OSをアップデートすることをおすすめします。 appllio. com iPhone・Androidスマホ共通で試したい5つの対処法 LINEの通知が来ない・遅れるときに試したい、iPhone・Androidスマホ共通の対処法を紹介します。 端末の再起動をする 基本中の基本ですが、iPhone・Androidスマホを再起動するだけで改善することも少なくありません。 すぐに実践できるので、まず試してみることをおすすめします。 多くのAndroid端末では端末の側面にある電源ボタンを長押し、もしくは電源ボタンと音量ボタンを両方長押しすると、再起動ボタンが表示されます。 iPhoneの再起動の仕方は、機種のシリーズごとに異なります。 詳しくは以下の記事を参照ください。 appllio. com LINEアプリを強制終了しないようにする 一度使うごとにアプリを強制終了させることがクセになっている人も多いはず。 しかし、LINEアプリの通知設定画面で「アプリを強制終了すると、通知が遅れたり、受信できない場合があります」と注意が促されていることから、アプリの強制終了はなるべく避けたほうがよさそうです。 なお、 メモリ解放系アプリやタスクキラーなどは、アプリを一括で終了させてしまいます。 もし、そういった類のアプリを利用しているなら、アンインストールすることで通知が届くようになるかもしれません。 PC版LINEの通知設定を見直す PC版LINEの設定には、PC版LINEのを使用中、スマホ側でLINEの通知を受け取らないようにする設定があります。 意図せずこの設定がオンになっていることで、スマホ側で通知を受け取れていない可能性もあります。 PC版LINEの設定から[通知]へと進み、[PC版を使用している場合はスマートフォン版への通知をオフ]の項目のチェックを外しましょう(デフォルトではオンになっています)。 LINEのキャッシュを削除・端末の空き容量の確保する LINEの通知が来ない、または通知が来るのが遅い場合、LINEのキャッシュを削除するのも有効的な手段です。 不要なキャッシュデータを削除することで、改善につながる可能性があります。 [データの削除]をタップし、推移した画面で「キャッシュデータ」にチェックを入れた状態で、[選択したデータを削除]をタップすれば、キャッシュの削除は完了です。 このほか、端末の内部ストレージの空きが少ないと、LINEの各種動作に支障をきたすことがあります。 ストレージ容量が大幅に不足している場合には、空きの確保を試してみる価値もありそうです。 appllio. com 通信状態をリフレッシュする 通信状態が不安定になっていることが原因で、通知が届かない、ないし通知が遅れるといったトラブルが起きている可能性もあります。 その場合は、「」のオン・オフを切り替えることによる、通信のリフレッシュが有効です。 iPhone 8以前の端末なら画面下から上にスワイプ、iPhone X以降の端末なら画面上から下にスワイプし、コントロールセンターを開きます。 機内モードボタンをタップしてオンにし、再びオフにしてみましょう。 通信がリフレッシュされます。 Androidスマホでも同様に、ホーム画面上端のステータスバーを引き下げ、さらに引き下げてクイック設定パネルを表示。 機内モードボタンをタップしてオン・オフを切り替えましょう。

次の

Androidで通知のオン・オフを設定する方法

ライン 通知 表示

以前からLINEに新着メッセージが届いても 通知が来ないバグが多発しています。 個人的にはiPhoneに関しては、iOS11以降に更に悪化している感もあります。 LINEの新着メッセージの通知が届かない時には、同時にアイコンバッジも付かない事が多いので全く気が付きません。 私は何度も通知が来ない事があり、何日間もLINEを開かずに重要なメッセージを放置し続けた経験があります。 そんな時には、何も届いていないはずなのに LINEを起動すると一気に大量のメッセージが届いたりします。 そこで今回は、LINEの新着バッチや通知が来ない時に、チェックすべき項目を時系列順にまとめておきます。 ページコンテンツ• LINE通知とアイコンバッジ 最初に通知とアイコンバッジについて、おさらいしておきます。 通知の音やメッセーの内容の表示・非表示については別途設定が可能です。 これはメモリーが解放される事や、アプリが初期化再起動される事などで解消されるという事のようです。 とにかく一番最初にやってみるべき項目です。 OSの設定チェック そもそもネットワークに接続していない。 またはOS自体の機能がLINEの通知をブロックしている事も考えられます。 下からコントロールセンターを表示させ「月」のマークが紫になっていたらオンになっています。 おやすみモードを利用した事のない方も一度設定を確認しておくと良いでしょう。 Android7. 0ではONに設定されていると、電池残量が15%になるとステータスバーが赤くなり様々なバックグランドデータを制限します。 またメーカー独自の節電モードが設定されている場合も同様です。 OSの通知設定を見直す iOS編 iPhone iOS の設定アイコンを開き、通知から「LINE」をタップ。 「通知を許可」がオンになっている事を確認する。 まとめ 今回、LINEの「通知が届かない」「アイコン通知バッジが付かない」時の対処法をご紹介しました。 しかし実際は、何も設定をイジっていないにも関わらず、ある日突然通知が来なくなる場合がほとんどだと思います。 それでは記事内のチェック項目を見直すだけの作業になってしまいます。 余談ですが、私はiPhone・Androidに3つのLINEアカウントを持っています。 通知が届かない状態の端末は、LINE通話も不安定で 着信音が鳴らずに「着信アリ」とだけ表示されるケースもありました。 今回の記事の方法で一時的に解消されても、またいつ発症するか不安ですね。 重要な連絡やメッセージは、メール、SMSや他のアプリを使うなど、ユーザー側も対策が必要かもしれません。 ちなみに我が家の家族連絡だけは、比較的安定しているカカオトークに切り替えました。

次の