足 消臭。 足の臭いをクエン酸で消す方法

足の臭いにミョウバンが凄い!消臭スプレーの手作りが効果絶大!市販品と比較!

足 消臭

「靴を脱いだら、自分の足が臭くてびっくりしてしまった!」 「(におい)が気になって、外出先で靴を脱ぐのをためらってしまう…」 「男性と女性で足が臭い原因は異なるの?」 なぜ、足が臭いのか。 みんなと同じように過ごしているのに、なぜ、自分の足元は臭うのか。 知りたいですよね、その原因。 今回は足が臭いその原因にフォーカスをあててみました。 足の臭いをスプレーやデオドラントなど別の匂いでごまかしても、根本的な臭い対策をしなければ、満足いく成果は得られないかもしれません。 気になる足の臭い対策として、毎日行いたい基本の臭いケア方法なども合わせてご紹介しますので、ぜひ、参考になさってください。 対策グッズを実際に使ってみた感想もお伝えします! 目次• 足が臭い原因 足の臭い(におい)が発生する原因としては、根本的には、 皮膚に存在する常在菌の繁殖にあると言われています。 さらに、それにつながると考えられている主な要因が、「汗」「」「靴・靴下」です。 この章では、各項目について簡単にご説明した後、それを踏まえて男性・女性・お子さんごとに考えられる足の臭いにつながりかねない行動例などをご紹介します。 ご自身に思い当たる節がないかどうか、普段の行動を振り返るという意味でもぜひ目を通してみてください。 ご自身の原因を突き止められたら、ぜひ第2章の臭い対策をとりいれてみましょう。 「足の裏は1日にコップ約1杯分の汗をかく」というフレーズを耳にしたことがある方もいるでしょう。 この汗を放置したままにしておくと、汗が皮膚常在菌によって分解され、臭い(におい)につながると考えられています。 肌のいちばん外側にある不要な角質はやがてアカとなって剥がれ落ちますが、角質層が分厚い足の裏は、アカの量もそれだけ多くなりやすいと考えることができるのです。 そうして剥がれ落ちたアカは、汗と同じように常在菌によって分解され、臭い(におい)へとつながることがあります。 通気性が悪いと足の温度も上昇し、かいた汗も靴や靴下の中にこもりやすくなります。 蒸れていると角質層がより剥がれやすくなることも予想できます。 また、常在菌は高めの温度を好む傾向にあるため、汗や角質の章でお伝えしたような状況が起こりやすくなるのです。 【足が臭い原因】男性・女性・子供別に考えられるパターン 足が臭くなる原因としては、これまでにあげた「汗」「角質」「靴・靴下」が主な原因として考えられています。 放置された汗や角質が、皮膚常在菌によって分解されることで臭い(におい)につながるというメカニズムは変わりません。 ですが、男性・女性・子供などの特徴によって、足が臭くなる原因を助長しかねない行動のパターンがあるかと思います。 それぞれについて考えられる例をいくつかあげていきますので、ご自身の日常を振り返ってみましょう。 ・ハイヒールなどの足をきっちり覆うタイプの靴、ブーツ(冬の場合)を履く 靴に余裕がなく、さらに素材の通気性が悪ければ悪いほど、蒸れにつながります。 ・伸びてしまった足の爪の裏側に汚れがたまっている ペディキュア(フットネイル)をしていると、足のが知らず知らずのうちに伸びがち。 汚れを放置しておくことも足が臭い原因になります。 靴が足に合っていないと足が緊張し、汗などの老廃物が余計に排出され、結果として蒸れやすくなることも。 ・運動量が多い=汗の量が多い 外で走り回ったり、ある程度の年齢であれば部活関係などで、大人に比べて量が多いお子さんは少なくないでしょう。 ・スポーツなどで汗を大量にかいた後に、靴下や靴を履き替えていない 多く運動をする習慣があるお子さんの場合は、こちらも要チェックです。 適切な洗い方をしているか、下記のポイントを確認してみてください。 放置した水分は雑菌の繁殖にもつながり、臭いの元になりかねません。 バスマットの上で足踏みするだけでなく、タオルで丁寧に水分を取りましょう。 ・汗をかいたら、こまめに足を洗う。 蒸れは雑菌の繁殖を招きます。 ・靴を買うときは、必ずしっかり試着して、サイズのあった靴を選ぶ 例えばサイズの大きな靴を履くと、脱げないように足が踏ん張ってしまい、その緊張から、足が余計な汗をかいてしまうことがあります。 ・履きはじめから、靴に消臭・殺菌系のインソールを入れる 足が臭くなりやすいと自覚している方は、新しい靴を購入する時に合わせて足の臭い対策用のインソールを購入し、履きはじめからインソールを使用しましょう。 制汗成分としてミョウバンを配合している、資生堂「エージーデオ」シリーズの足用スプレーです。 肌にピタッと密着して、足をサラサラにキープします。 素足に使うタイプ。 たくさん使いたい方に便利なLサイズもありますので、自宅用と職場用など、用途に合わせて使い分けてもいいですね。 【肌らぶ編集部で試してみました】 スプレーが細かいので、足の指の隙間などにも使いやすくなっています。 スプレーをかけたことを忘れてしまいそうになるほどサラサラです。 とにかくべたつきはイヤ!という方でも使いやすいかと思います。 肌が白くなることもありませんでした。 今回使用したサイズなら持ち歩きにも便利なので、カバンの中に忍ばせておくのもよさそうです。 汗吸収さらさらパウダー (基剤:無水ケイ酸)、ティーツリーハーブ (保湿成分)配合。 塗ってから数分経てば、黒い靴下やタイツを履いても白くなりにくいように工夫されています。 蒸れ・べたつきを気にせずにさらさら足で快適に過ごせます。 無香料。 【肌らぶ編集部で試してみました】 やや硬めのクリーム。 指に出したときは白いですが、肌へ伸ばすとだんだんと透明っぽくなります。 その上から靴下を履いても、気にしていた白っぽさはありませんでした。 ただ、塗った直後に裸足で歩くと床に少し跡が残ります。 塗った後少し待てば問題ないので、塗った後は少し時間をおくとよさそうです。 気になる箇所には指ですり込むように塗れるので、「しっかり対策している」という実感が得られるクリームだと思いました! 3-2.おすすめグッズ:靴に使うタイプ【パウダー・スプレー】 スプレータイプを1つ、パウダー(粉)タイプを2つご紹介します。 靴の中に吹きかけて1~2分置くだけという、簡単な使い方も魅力的。 あらゆるタイプの靴に使え、靴の中を新鮮でさわやかな状態に保ちます。 こちらは無香性タイプですが、ベビーパウダーの香りも発売中。 【肌らぶ編集部で試してみました】 スプレーの勢いが思っていたよりもよかったので、まんべんなく吹きつけることができました。 使うときは、玄関など換気性のよいところで行うのがよさそうです。 とにかく「スプレーするだけ」という手軽さが魅力です。 スプレーした後の靴にいやな臭いがつくこともなく、ストレスなく使えます。 今回試したのは無香性タイプですが、ベビーパウダーの香りも試してみたいです。 純白のパウダーを、臭いが気になる靴の中にふりかけて払い落とすだけという手軽な使い方が魅力的。 サンダルやミュールなどに使う場合は、化粧用のなどにパウダーを含ませてかるく拭うようにして塗布すると使いやすいのでおすすめです。 まずは約7日間試すことを推奨しています。 【肌らぶ編集部で試してみました】 フタを開けると専用のスプーンがついていました。 自分で別途用意しなくていいのはうれしいです。 1足あたりスプーン1杯が目安とのことだったのでその通り使用しましたが、入れた当初は「多すぎた?!」と思いました。 ですが靴の中全体にいきわたらせた後通常通り足を入れて過ごしていると、不思議とパウダーが靴の中になじんでいったような感じに。 粉がとても細かいため、使い始めはフタを静かに開けるのがコツです!自宅の靴箱に常備しておき、使用を習慣にしたいと思います。 3-3.足が臭いとき 身近な素材で対策する方法 これまでにご紹介したような市販のグッズはもちろんのこと、手軽に手に入る材料を使って対策したりグッズを作ることもできます。 いくつかご紹介しますので、気になるものがあればぜひ試してみてください。 【ミョウバン水の材料】 ミョウバン……20g 水道水(または緑茶)……500ml 空の500mlペットボトル 霧吹き型容器 【重曹シューキーパーの作り方】 ・用意するもの:調理用または掃除用の重曹、ガーゼや古いハンカチ(ストッキングや靴下などでもOK) 用意した布類に、重曹をカップ2分の1~1杯(100~200cc)入れてシューキーパー型に整えれば完成。 靴の中に入れましょう。 2~3カ月程度で取り換えるのがおすすめです。 使用済みの重曹は、バスルームやトイレのお掃除に再利用できます。 そのためには、 足湯の習慣を取り入れるのもおすすめです。 そして、足湯をする際にぜひ活用していただきたいのが「クエン酸」。 お酢などに含まれるクエン酸には、発汗を促す作用や雑菌を抑える作用があると言われているためです。 お酢をそのままお湯に入れてもよいですが、香りが気になるという場合は、粉末(もしくは顆粒)のクエン酸を使うとよいでしょう。 両足がつかるサイズの洗面器を用意してお湯をはり、その中にクエン酸を適量入れてよくかき混ぜます。 身体がぽかぽかしてくるまで足を浸しましょう。 まとめ 気になる足の臭い(におい)の原因と、それに対する対策をご紹介しました。 「周囲に不快な思いをさせているかもしれない」と日々悩んでいた方もいるのではないでしょうか。

次の

足の臭い対策デオドラントスプレー(靴用・足用)おすすめ7選

足 消臭

Contents• クエン酸の効果 足の臭い解消としてよく使われる重曹は、足の臭いの原因でもあるイソ吉草酸という物質を中和することで臭いを抑えます。 それに対し、クエン酸は雑菌の繁殖を抑えたり、アンモニア性のニオイ成分を中和することでニオイを解消するので、重曹とは違うメカニズムで消臭してくれます。 お酢を使うことでも同じような効果が得られます。 クエン酸はその消臭能力から、トイレや水回りの掃除、せっけんカスを落とすためにもよく用いられます。 クエン酸を使った足の臭い対策法 クエン酸の使い方は基本的にお酢と同じで、お湯に加えて足湯として使います。 洗面器などにお湯をはって、クエン酸を大さじ2杯程度入れます。 (レモン汁などを使っても大丈夫です。 石鹸で洗った足をお湯に入れて5~30分入れます• キレイなタオルで拭いて乾燥させます たったこれだけです。 クエン酸スプレーを作って足にふりかけたり、クエン酸の入ったドリンクや食材を摂ることも体臭対策としては効果的です。 重曹と混ぜて使う 重曹とクエン酸を混ぜて使うことによって、炭酸泉のような効果が得られ、足がキレイになります。 そもそも、市販の入浴剤は重曹とクエン酸からできているので、炭酸入浴剤の代用として使うことができます。 重曹2の量に対して、だいたいクエン酸が1となるようにお湯に入れて同じように足湯として使います。 お風呂に入れて入浴剤としても使うことができます。 ただし効果は続かない 確かに消臭効果はありますが、お酢やクエン酸を使う場合、 効果は一時的で、継続してやらないととまた臭くなってしまいます。 普段はデオドラントクリームを使って消臭し、それでも足の臭いが気になるという場合におすすめの方法です。 まとめ 以上がクエン酸を使った足の臭いを消す方法となります。 お酢やクエン酸を使うことで、手軽に足の臭い対策をすることができます。 ただ、効果がずっと続くわけではないので、 普段は殺菌効果のあるクリームを使って足のイヤな臭いを消していきましょう。

次の

足の臭いを消す方法 足・靴・靴下の3点と菌への対策が重要!

足 消臭

関連記事 正しい足の洗い方をマスターしよう 足をキレイに洗うコツ、それは「足は足だけで洗うこと」。 上半身から順番に洗っていくと、足に到達する頃には石鹸の洗浄力も落ちてしまっています。 身体を洗ったついでに洗うのではなく、改めて石鹸を泡立てて、足だけをしっかり洗うようにします。 <正しい足の洗い方>• 洗う前に湯船につかります。 シャワーだけの時は、頭を洗っている間、洗面器にお湯を張って底に足をつけておきましょう。 しっかり3分以上浸します。 石鹸を泡立てて、手で優しく足全体を洗います。 指と指の間も丁寧に洗います。 爪の間も汚れが溜まりやすいのでブラシなどを使って丁寧に洗う。 泡をよく洗い流す。 タオルで優しく拭き取りましょう。 洗った後が大事です。 寒いからといってすぐに靴下をはいたりしないように。 足がしっかり乾くまで放置してください。 足の角質を溜めないために、週に1回は角質ケアをしましょう。 関連記事 殺菌成分のある石けんを使おう 足を洗う時は、ボディソープや普通の固形石鹸ではなく殺菌成分の入った石鹸がおすすめです。 ボディソープは保湿成分が入っていることが多いので、足がしっとりしてしまい、靴下や靴を履いた時に蒸れやすくなってしまいます。 殺菌効果のある成分としては、• イソプロピルメチルフェノール(アクネ菌、マラセチア菌にも効き目がありニキビケアにも使われる)• トリクロロカルバリニド(グラム陽性菌に対して良く効く) などがあります。 デオドラント効果のある石鹸もおすすめ 殺菌ではありませんが、デオドラント効果のある薬用石鹸もおすすめです。 ミョウバン石けん• 緑茶エキス• 柿渋エキス などは、 足の臭いだけでなく体臭全般に効果的なものが多いので、汗をよくかいて他の部分も臭いが気になるという人はぜひ使ってみてください。 簡単に作れるミョウバン水で消臭 体臭予防効果があるとして、ミョウバン水も人気がありますね。 安い材料で手作りできるので、気軽に使える消臭スプレーです。 よく乾燥させて雑菌が繁殖する環境を作らないことが臭いの予防になります。 できれば3足くらいをローテーションで履くようにしてください。 お手軽消臭剤・重曹で靴を消臭 スニーカーなど洗える靴は洗って天日干しすれば良いのですが、素材によってはそれも出来ませんね。 革靴、ブーツなど洗えないものは重曹で消臭しましょう。 重曹には、• 消臭作用• 吸湿作用 があるので、足の臭いだけでなく、靴や靴箱の消臭のできるんですよ! せっかくですから、アロマもプラスして消臭しちゃいましょう。 <重曹消臭剤の作り方>• ボウルなどに重曹を入れて、アロマオイルを数滴たらしてスプーンなどで混ぜます。 それを使い古しのストッキングに入れます。 こぼれないように口を縛ります。 これをシューキーパーのように靴の中に入れて使ってください。 抗菌作用のあるアロマとしては、• ティーツリー• ラベンダー• ユーカリ・ラディアタ がおすすめ!その他、ご自分の好きな香りでもいいですね。 靴を冷凍するという裏技 なんと、靴を冷凍して臭いを消すという方法があります。 靴が入るだけの大きさの冷凍庫の余裕が必要ですが、冷凍させることで菌を死滅させる方法です。 衛生面の問題もあるので、しっかり密閉できる袋に入れないといけませんが(大きなジップロックなど)、一晩冷凍させるだけで臭いが消えます。 他にも色々・足の臭いを消すグッズ 自分であれこれケアする時間がない!という方におすすめの消臭グッズを集めてみました。 ラヴィリン・フットクリーム 1回塗るだけで1週間も効果が持続するというフットクリーム。 においの元であるバクテリアを中和することで消臭します。 入浴しても効果が続くので、つけ直す回数が少なくてすむんです。 価格:定価5000円(販売サイトによって2000~3000円) 足専用の消臭スプレー 足専用の消臭スプレーがありますから、ミョウバン水を作るのが面倒!という方はこちらで消臭しましょう。 日中も臭いが気になる人は、ストッキングの上からでも使えるタイプが便利です。 替えの靴下かストッキングを用意しておいて、いったん素足になって指の間や土踏まずなどにもまんべんなくスプレーします。 それからしっかりと足を乾かして、新しい靴下またはストッキングを履くようにしてください。 これでだいぶ足の臭いは抑えられるでしょう。 消臭靴下で抗菌防臭 足の汗が多い人や臭いが気になる人は、化繊の靴下は通気性が悪いのでおすすめできません。 綿などの天然素材の方が通気性がよく、汗もしっかり吸い取ってくれます。 5本指ソックスなども足の指同士がくっつかないので、一定の消臭効果があります。 ただ、臭いを抑えるなら、抗菌効果のあるものやデオドラント効果のある靴下がおすすめです。 抗菌・消臭靴下というと、オジサンの履くビジネス靴下を思い浮かべるかもしれませんが、女性用のカラフルでかわいい靴下もたくさんあるんですよ。 そんな方におすすめなのがカバーソックス。 カラーラインナップも豊富で、靴に合わせた色が探せそうです。 価格:864円 ずっと臭いが気にならない!消臭インソール インソール(中敷き)を使って靴の中の湿気も吸い取りつつ、臭いを消すのもおすすめの方法です。 これですと、靴の中に臭いが染み付くのも防げますね。 抗菌タイプのインソールを使えば、菌の繁殖も抑えられますから効果も高いでしょう。 臭いが気になる人は、よく履く靴に合わせたインソールを1枚もっておくといいですね。 汗をかかないようにする工夫も 確かに足の裏は汗が多い部分ではありますが、すべての人の足が臭うわけではありません。 汗っかきの人は、必要以上に汗をかかない工夫も必要でしょう。 足汗用の制汗剤で汗予防 制汗剤は脇の下だけでなく、足専用のものがあります。 そういったものを使えば、臭いの前に汗を押さえることが出来ます。 菌は湿気が大好きなので、クリームを塗るだけでなく、しっかりと足を乾かしてから靴下や靴を履くことも大事です。 お肉大好き?食生活を見直す 脂っこいものや辛いものなど刺激物は汗をかきやすく、しかも汗が臭くなりやすいです。 動物性たんぱく質• 脂質 の摂り過ぎは体臭を強くします。

次の