がん保険 一時金 いくら。 がん保険の一時金に税金はかからない。受取人が変わると例外も

がんの治療費はいくら?知っておきたい公的保障と保険適用外の治療法

がん保険 一時金 いくら

がんの治療方法は、がんの種類やステージによってさまざまです。 また医療技術の進歩により、新しい治療方法も多く登場し、多様化しています。 がんの主な治療方法には「外科的療法(全摘出術等)」「化学療法(抗がん剤等)」「放射線療法(X線治療等)」があります。 そのほかにも免疫療法や温熱療法などがあり、さらには多くの先進医療(陽子線治療や重粒子線治療など)もあります。 どの治療方法を選択するかは患者の意思が最優先されますが、選ぶにも正しい知識がなければ、最適な選択はできません。 ほかの医師の考えも参考にするために、セカンドオピニオンを活用することも一般的になっています。 そして、 どの治療方法を選んでも経済的に困らないような備えをしておくことも重要であり、頼りにしたいのががん保険です。 8千人のうち7日以内の入院は32. 6千人(25. 4%)でしたが、2017年の調査では、226. 9千人のうち102. 9千人(45. 3%)となっており、この15年で割合が20%も増えています。 14日以内では41. 0%から68. 1%へ27%も増えており、 入院の短期化傾向が顕著に表れています。 また、がんの推計患者数自体が増えており、15年間で77%増となっています。 保障内容の確認をすることの必要性 がんの患者数が増えていることから、がん保険の必要性は増していると考えられます。 しかし、数十年前にがん保険に加入したまま放置していると、いつの間にか役に立たないがん保険になっていることも考えられます。 先ほどの通院による治療の増加と入院日数の短期化で考えると、入院給付金のみで通院の保障がないがん保険では治療費として足りないということがあるかもしれません。 がん保険のがん入院給付金は一般的に入院日数に連動しているので、入院日数が短ければ受け取る給付金も少なくなります。 通院による治療のみだと入院給付金は1円も受け取れません。 このように時代の変化(がん治療の変化)に合わせた保障内容にしていかないと、安心のために加入したがん保険が、いざというときに頼れるものではないかもしれません。 加入したがん保険の内容を1年に1度くらいは確認し、時代が変わっていれば保障内容も合わせていくよう心掛けましょう。 がんで入院した場合に医療費はいくらかかる? 厚生労働省の医療給付実態調査と患者調査によれば、がんの入院日数は短期化しています。 入院した場合の1日あたりの費用は、15,000円〜17,000円程度になっています(表5-1)。 しかし、「」で 保険診療の1か月の自己負担限度額が決められているため、最終的な自己負担額の総額は90,000円以下になることが多いようです(表5-1)。 ただし、2つの注意点があります。 1つ目は、 がんの再発で入退院を繰り返したり、通院しながら抗がん剤治療や放射線治療を施すケースがあるということです。 そのような場合に備えて、 診断時にまとまった一時金を受け取れるタイプか、通院給付金を受け取れるタイプのがん保険を選択する必要があります。 2つ目は、 高額療養費制度が適用されない費用があるということです(次節参照)。 3日 15,100円 290,700円 87,100円 結腸の悪性新生物 大腸がん(大腸癌) など 16. 1日 16,200円 261,300円 86,100円 気管・気管支、肺の悪性新生物 肺がん(肺癌) など 17. 6日 15,800円 278,300円 86,700円 肝、肝内胆管の悪性新生物 肝がん(肝癌) など 17. 4日 15,300円 265,700円 86,300円 乳房の悪性新生物 乳がん(乳癌) など 12. 1日 17,700円 213,800円 84,600円 子宮の悪性新生物 子宮がん(子宮癌) など 11. 6日 15,000円 264,000円 86,200円• 参考:厚生労働省「医療給付実態調査 平成28年度」「患者調査 平成29年」• 「退院患者平均在院日数」は、手術ありと手術なしの単純平均。 「1日あたりの費用」は、試算期間における1日あたり3割負担の場合の入院費用。 医療給付実態調査 報告書 平成28年度「第3表 疾病分類別、診療種類別、制度別 件数・日数 回数 ・点数 金額 」より• 「めやす窓口支払総額」は、試算期間における入院時の総医療費を3割負担した場合の費用。 医療給付実態調査 報告書 平成28年度「第3表 疾病分類別、診療種類別、制度別 件数・日数 回数 ・点数 金額 」より• 差額ベッド代や食事代、先進医療の費用など健康保険の対象にならない費用は含まれません。 詳細はを参照ください。 上記「主ながんの目安の入院費用」表内の各金額は、算出された値を10円単位で四捨五入した金額です。 あくまでめやすとしてご覧ください。 公的医療保険でカバーできない費用 差額ベット代(差額室料)と呼ばれる入院中の部屋の料金については、健康保険などの公的医療保険は適用できません(高額療養費制度も適用されない)。 つまり、 全額自己負担となります。 通常、6人部屋には差額ベッド代はかかりません。 1人部屋〜4人部屋を利用すると、「室料差額」として病院から請求されるのが「差額ベッド(特別療養環境室)代」になります。 6人部屋に空きがない等の理由で個室を利用せざるを得ないケースもあるためご注意ください。 この差額ベッド代が必要になる条件は以下の通りとなります。 (1)病室の病床数は4床以下であること。 (2)病室の面積は一人当たり6.4平方メートル以上であること。 (3)病床のプライバシーを確保するための設備(仕切りカーテンなど)があること。 (4)個人用の「私物の収納」、「照明」、「小机等及び椅子」の設備があること。 差額ベッド代は、病院が自由に設定してもよいことになっています。 そのため、一概にいくらとは言えませんが、1日あたり数千円から1万円を超える場合もあります。 また、このほか、「」の技術料も 全額自己負担となります。 これは、一般の保険診療で認められている医療の水準を超えた最新の先進技術として厚生労働大臣から承認された医療行為のことです。 がんで療養中の収入の減少 忘れがちですが、 療養中の収入の減少も考慮しなければいけません。 有給休暇を利用できたとしても残業手当は一切つきませんし、長期休暇になれば有給休暇すらなくなる恐れもあります。 有給休暇がなくなった場合、会社員や公務員(健康保険組合・共済組合の加入者)は、「」という制度を利用することになります。 これは、3日連続で会社を休んだうえで、4日目から、1日につき標準報酬日額の3分の2に相当する額が支給されます。 つまり、長期休暇の場合、 サラリーマンは約30%の収入減で済みます。 国民健康保険の加入者である 自営業者・フリーターには、傷病手当金の制度がないため無収入となるリスクがあります。 (図5-2)傷病手当金のイメージ.

次の

がん保険の一時金に税金はかからない。受取人が変わると例外も

がん保険 一時金 いくら

1-1:診断給付金(一時金)とは? がん保険や医療保険のがん特約などで保障される「診断給付金」とは、「がんと診断されたときに給付されるお金」です。 保険会社によっては、診断給付金を「診断一時金」「がん診断保険金」「がん診断一時金」などと呼ぶこともあります。 金額は50万円、100万円、200万円など、がん保険のタイプや契約内容によって違いますが、使い道は基本的に自由です。 がんで入院したときの費用に充てても、退院後の通院治療に使っても、生活費に使ってもかまいません。 もし、「診断給付金付きのがん保険に加入するべきか」「診断給付金の金額はいくら程度に設定しておくべきか」といったことに迷っているのであれば、診断給付金の特徴や重要性を十分に知ってから、保険料とのバランスを考えて決める必要があります。 *厚生労働大臣が定める高度の医療技術を用いた療養その他の療養であって、保険給付の対象とすべきものであるか否かについて、適正な医療の効率的な提供を図る観点から評価を行うことが必要な療養として厚生労働大臣が定める「評価療養」の1つ(厚生労働省HPより) その他 がんが原因で亡くなったときに受け取れる「がん死亡給付金」、退院したときに受け取れる「退院給付金」「在宅療養給付金」「退院後療養給付金」、緩和療法(痛みなどを緩和するケア)を受ける際の「緩和療養給付金」、などの保障が設けられている場合もあります。 がん保険の商品やタイプにより、こういった給付金から多種多様な組み合わせのがん保険が販売されています。 標準で何種類もの給付金をカバーしている商品もあれば、主契約(メインの保障)は入院給付金や診断給付金のみになっていて、自分で必要だと思う保障を特約として付加する商品もあります。 また、大半のがん保険では、契約から一定期間が経過してからでないと保障を受けることができません。 これを免責期間(待機期間)などと呼び、90日間(あるいは3ヵ月間)の免責期間が設けられているのが一般的です。 がん保険の保障期間 【イメージ図】 1-3:診断給付金(一時金)の内容でチェックしたいポイントとは 診断給付金の金額や受け取る際の条件などは、保険商品によって違いがあります。 がん保険商品を探したり、比較検討を行ったりするときは、診断給付金について次のようなポイントをよく確認しましょう。 診断給付金で確認すべきポイント 金額はいくら受け取れるのか 50万円、100万円、200万円、それ以上など、診断給付金の額は保険会社やプラン、加入する方の希望によって変わります。 金額が大きくなればそれだけ手厚い備えになりますが、その分保険料の負担も重くなります。 がんと診断されるだけで受け取れるのか・ほかに条件はないか ほとんどの場合、診断給付金は「がんと診断が確定したこと」を条件に受け取れます。 しかし、保険商品によっては「がんの治療を目的として入院したこと」などの条件がついている場合もあります。 1回しか受け取れないのか・複数回受け取れるのか 診断給付金を「1年に1回」や「2年に1回」といったように複数回受け取れるタイプのがん保険もあります。 複数回受け取ることができれば、がんの再発や転移が起こってしまった場合、もしくはがんの治療が何年も続いた場合などに備えることができます。 2回目以降は「2年に1回まで受け取れて、回数は無制限」「1年に1回まで受け取れるが、通算5回まで」「2回目以降は入院しないと受け取れない」など保険商品ごとに条件が異なります。 「診断給付金は複数回もらえるほうがいいか」については、人によって考えが分かれるところです。 月々の保険料の負担はもちろん、がんの再発リスクについてどう思うか、といった点をよく考えてみて、判断するといいかもしれません。 また、1度がんにかかると、新たに別のがん保険には入るのは難しくなります。 複数回、あるいは数年の長期にわたってがん治療を受ける人もいますから「一生涯にわたってがんのリスクにしっかり備えたい」と考える場合には、診断給付金を複数回受け取れる商品の方が合っているといえるでしょう。 上皮内新生物でも給付されるのか・悪性新生物しか給付されないのか がんの「上皮内新生物」とは、がん細胞が臓器の表面を覆う「上皮内」にとどまっている状態です。 基本的には手術でとることができて、転移などはほとんどないといわれています。 一方、「悪性新生物」は、いわゆる「がん」のことです。 【上皮内新生物と悪性新生物(がん)のイメージ図】 がん保険の中には、上皮内新生物と診断されても、 2-1:治療費にも生活費にも自由に使えるのが診断給付金(一時金) 診断給付金の大きな特徴は「まとまったお金を自由に使える」ことですが、やはり「治療費」にあてたいと考える人は多いと思われます。 がんの治療費がいくらかかるかについては、種類や進行度(ステージ、病期)によって変わっていきます。 さらに、1ヵ月の自己負担が上限額を超えた場合には、越えた金額が還付される「高額療養費制度」など、医療費の負担が重くなりすぎないような公的制度が用意されています。 それでは、がんによる入院時の医療費の平均データから、実際にがん治療にかかる費用を考えてみましょう。 出典:厚生労働省保健局調査室「医療給付実態調査報告書 平成28年度 統計表 第3表(疾病分類別、診療種類別、制度別 件数・日数(回数)・点数(金額))」に基づき当社で加工作成。 あくまでも参考例ですが、治療にかかるお金のイメージはつかめると思います。 たとえば、年収が580万円で国民健康保険に加入している40歳のAさんが胃がんにかかり、月をまたがず12日間入院をして、約62万円の医療費がかかったものとします。 2-3:まとまったお金があると精神的な安心感につながる 内閣府が行った「がん対策に関する世論調査」の中で、がんを「こわいと思う」と考える人に対して、こわいと思う理由を尋ねた項目があります。 平成28年11月調査の結果をみると、46. また、「がんの治療や療養には、家族や親しい友人などに負担をかける場合があるから」と答えた人も、55. (*) 多くの人が、がんという病気そのものだけではなく、治療の際の経済的な負担や、身の回りの人に降りかかるかもしれない負担を「こわい」と感じているようです。 平成28年度 内閣府による「がん対策に関する世論調査」の概要 2-5:診断給付金(一時金)の金額は、いくらあれば安心? ほとんどの場合、がん保険の診断給付金は「50万円」「100万円」「200万円」など、加入する人が自ら給付金額を選べるようになっています。 一体、いくら程度に設定しておけば安心でしょうか。 診断給付金の「相場」のようなものはあるのでしょうか。 日本医療協議会によるがん患者に対する調査(*)によると、1年間にかかったがん治療やその後遺症軽減のために支払った費用の自己負担額の平均は、115万円とのことです。 ただし、10万円未満で済んだ人もいれば、2,000万円かかったという人もいて、金額にはばらつきがありました。 また、この調査は「もっとも費用のかかった1年間(1~12月)の自己負担の合計額について分かる範囲で回答いただいた」データで、1年以上闘病した人の医療費の総額などは明らかにされていません。 2-6:診断給付金(一時金)、通院給付金、治療給付金を比較すると? ここまで、診断給付金がどんなものなのか、どんな場面で役立つのかを考えてきました。 では、診断給付金のみを手厚くしておけば、その他の給付金は不要なのでしょうか。 たとえば、治療が数年間続いた場合や、がんが再発・転移した場合に、1回の診断給付金のみでは、使い切ってしまう不安があります。 実際、抗がん剤やホルモン剤を使った治療などは半年~1年程度の場合もあれば、10年を超える場合もあります。 治療の中長期化に備えたい場合は、診断給付金を複数回受け取れるタイプの商品に加入したり、通院給付金や、治療ごとに受け取れる治療給付金などの保障をつけたりすると安心でしょう。 金額 メリット デメリット ここをチェック ポイント 診断給付金 (一時金) 50万円~300万円 程度• ・まとまった金額を一度に受け取れる• ・1回しか給付金を受け取れないタイプの商品の場合、治療が長期化すると使い切ってしまう可能性がある• ・がんと診断されれば受け取れるのか、入院や治療を開始しないと受け取れないのか• ・上皮内新生物のときは受け取れるか• ・受け取れる回数と条件• ・50万円、100万円などまとまった金額を一度に受け取れて、用途は自由 通院給付金 1日3,000円~2万円 程度• ・通院1日ごとに金額を受け取れる• ・入院治療の場合には受け取れない• ・「入院後の通院」のみを対象としているタイプもある• ・通院治療のみでも受け取れるか、「入院前後の通院時のみ保障」などの条件があるか• ・支払限度日数、保障額の上限など• ・通院治療は増加傾向に。 働きながらの治療にも役立つ 治療給付金 所定の治療を受けた月ごとに5万円~30万円 程度• ・通院、入院に関わらず、治療を受けた月ごとに受け取れる商品が一般的• ・1回数万円かかる場合もある抗がん剤治療の治療費などを、定期的に補てんできる• ・保障の対象になる手術や抗がん剤に限りがあるなど、保障範囲が限られている場合もある• ・どんな手術や治療法、薬が保障の対象になっているか• ・支払限度回数、保障額の上限など• ・治療が中長期化した場合や、再発などに対応しやすい がん保険による保障の全体を考えるときは、診断給付金、通院給付金、治療給付金のどれかに極端にかたよるのではなく、ある程度バランスよく振り分けておくほうが、治療を広くカバーできるといえそうです。 また、このページの内容については楽天保険の総合窓口(0120-849-019)にお問い合わせください。 将来的に税制の変更により計算方法・税率などが、また、社会保険制度が変わる場合もありますのでご注意ください。 なお、個別の税務取扱いについては所轄の税務署または税理士などに、社会保険制度の個別の取扱いについては年金事務所または社会保険労務士などにご確認のうえ、ご自身の責任においてご判断ください。 (掲載開始日:2019年6月3日).

次の

医療保険の入院給付金(一時金)はいくら必要か解説

がん保険 一時金 いくら

この記事のポイント• がん保険の一時金(診断給付金)はがんにかかったら、すぐにもらえて自由に使える魅力的な保障。 がん保険の一時金(診断給付金)は治療費だけでなく生活費の補填にも使える。 がん保険の一時金(診断給付金)の金額は100万円をひとつの目安と考えるとよい。 この記事は約8分で読めます。 がん保険の一時金(診断給付金)はがんになったら受け取れる、用途が限定されないまとまった資金です。 がん保険の中で一番重要な保障と言っても過言ではありません。 ただ、使い勝手がいい反面、掛金が高いので金額をいくらにするかなどは悩むところでもあります。 今回は診断給付金などの一時金の必要性や有効性についてわかりやすく解説していきます。 診断給付金の概要と必要性 がん保険の診断給付金とは、がんと診断されたときに支払われる一時金です。 特定の治療目的の給付金と違い、自由に使えるため、入院や通院にかかる費用以外に使うことができます。 また、がんのために収入が減った時に生活費の補填に使うこともできます。 生命保険の死亡保険金以外でこのような大きい金額のお金の給付は他にはありません。 しかも、死亡保険金と違い、がんになった人が自分のために使えることも魅力です。 診断給付金のメリット• がんと 診断されただけで、治療が始まる前にお金が受け取れる• 使途に縛りがなく、個人個人の事情に合わせて活用することができる• 死亡保険金と違い、 非課税 がん治療の最近の傾向 「手術」「抗がん剤治療」「放射線治療」はがんの3大治療と呼ばれています。 放射線治療は通院による治療が主で、抗がん剤治療も通院 による治療が急激に増えています。 さらに、手術についても鏡視下手術など身体へのダメージが少ないものは入院なしで受けられることがあります。 厚生労働省の「患者調査」によると、悪性新生物の平均入院日数は2002年では35. 7日ありましたが、2017年には17. 1日と15年間で約半分に短期化しています。 診断給付金の必要性 上記の諸事情を踏まえて、がん診断給付金の必要性の有無を考えていきたいと思います。 日本において販売されていた古いがん保険の中で、一時金がなく、入院給付金が主な保障の商品がありました。 現在のように外来だけで治療をする場合もあるとしたら、この保険は全く役に立たないことになります。 診断給付金であれば、治療費やそれ以外の 経済的リスクを広範囲でカバーすることができます。 今日の日本の医療事情において診断給付金は、最も有効かつ必要性があると言えるでしょう。 がん治療の平均的な費用と診断給付金の目安 がんの治療費はどのくらい? がんにかかるお金にどんなものがあるか• 血液検査やレントゲンなどの検査費用• 外来での診察費• 手術費用• 入院費用• 通院のための交通費• 診断書代• 入院時の日用品などの雑費• 差額ベッド代• 食事代 実際のところ、いくらくらいかかる? がん政策情報センターによる「がん患者意識調査2010年」のデータによると、 がん治療において1年間で実際に負担した費用で最も回答が多かったのは100万円~150万円でした。 この結果から、がんの治療費はそれほど莫大なものになる可能性は低いことがわかります。 目安になる診断給付金の額は? 診断給付金は多いに越したことはありませんが、掛金を無限に負担できるわけでもありません。 おおよその費用から「がんになったときに、とりあえず 100万円受け取れればかなりの助けになる」と筆者は考えます。 治療が始まる前に100万円を受け取っておければ、がんになった精神的ショックも少し落ち着くでしょう。 ただし、診断給付金の用途は治療費だけではありません。 「がん保険に何を求めるか」で金額は変わってくるはずです。 がんを取り巻く諸事情と診断給付金の使い道 とはいえ、やはり使い勝手のいい一時金はなるべく多く受け取りたいものです。 なぜなら、治療費以外にがんについては考えておくべきお金のことがあるからです。 治療費だけではない、一時金の使い道 一般的なイメージではがん保険の給付金は入院費やその他の治療費が目的と考えられているようです。 しかし、診断給付金の使い方にはそのような縛りはありません。 場合によっては自由診療を受ける可能性も 筆者の知人でがんになり、抗がん剤の投与で副作用が出たため、抗がん剤専門の医師のいる県外の病院へ転院した人がいました。 その場合、交通費以外にそれまで外来で受けていた治療を入院で受けるなど、自己負担もかなり大きくなりました。 さらに、抗がん剤で自由診療の薬を使っていましたので、かなり高額な費用だったと考えられます。 けれども、がんにかかって「治りたい、元気になりたい」との思いから、高額な療法を選択するケースも十分考えられます。 そんな場合、診断給付金に余裕があればそのような療法を選択することができます。 今、注目の「免疫療法」とは? 免疫療法とは人間の身体に備わっているがん細胞等の異物を取り除く免疫機能を利用した、がんの治療法です。 免疫療法には様々な種類があり、研究開発が進められています。 今、注目されている「オプジーボ」は免疫療法で使われる薬剤です。 オプジーボは非常に高価(年間1000万円以上)なことで知られていますが、一部のがんについては健康保険が適用されるようになりました。 それ以外については保険適用外の自由診療になります。 仮にオプジーボを投与する場合、診断給付金だけでは費用はまかないきれませんが、薬代の一部に充てることはできそうです。 ちなみに商品によっては診断給付金の最高額が1000万円くらいにできるものもあります。 利用する可能性が高い、高額療養費が使えない場合も考えておく がんの医療費は高額になる場合が多く、健康保険で自己負担が3割だとしてもまだ大変なケースもあります。 そんな場合のために公的健康保険には「高額療養費」という制度があります。 高額療養費制度とは? 高額療養費制度とは公的健康保険において、医療機関でかかった医療費の自己負担額が1カ月で一定額を超えた場合に、その超えた金額が支給される制度です。 がんの治療をする場合、利用する可能性が非常に高い制度です。 高額療養費制度の例 70歳未満で、標準報酬月額が28万円以上~50万円未満の方に100万円の医療費がかかった場合を例にあげます。 健康保険の自己負担額は3割の30万円です。 このケースは高額療養費の対象で、自己負担限度額は8万7430円になります。 高額療養費の支給額は21万2570円となります。 月をまたぐと対象にならない場合もある 高額療養費の判断の基準は暦月の1ヶ月単位です。 例えば自己負担額が15万円だったとします。 同一の月であれば高額療養費の対象になります。 ところが、例えば前月7. 5万円、今月7. 5万円の場合だとどちらの月も対象になりません。 必ず高額療養費が使えると思っていたら当てが外れた、ということもありうることに注意が必要です。 このような場合にも、がん保険からの診断給付金や治療給付金があると助かります。 治療が長びいた場合、医療費以外の経済的リスクが発生 がんの費用の自己負担分が年間100万円もあったときに保険に入っていなければ、かなり経済的に苦しくなるでしょう。 さらに、治療が長びいた場合、高額療養費制度を利用しても自己負担はかさんでいきます。 病気のために働けなくなるリスク がんになると、高額な医療費負担だけでなく、療養中は働けず収入が途絶える可能性も高くなります。 しかも、自営業者やフリーランスには傷病手当金のような所得を補償する制度もありません。 がんが長びくと収入減への対策も必要になる 例えば、ある世帯の1カ月あたりの生活費が25万円だったとします。 仮にがんで1年働けないとしても、その間の生活費は300万円、医療費が100万円かかります。 傷病手当金のない自営業者やフリーランスなら、まるまる400万円を自己負担しなければならないというわけです。 男性、女性に限らず世帯の収入の担い手にとって、収入減への対策は不可欠といえるでしょう。 そのような場合でも、がん保険の一時金なら収入減をカバーすることもできます。 乳がんで乳房を失ったときの乳房再建 乳がんの手術で乳房を失うと身体のバランスが悪くなって肩が凝ったり、喪失感にさいなまれたりする女性は多いです。 乳房を再建することで、これらの問題を解決もしくは軽減することができます。 乳房再建手術の費用は健康保険の適用対象です。 自己負担分は片側でおよそ10万円から40万円くらいです。 がん保険の中には乳房再建費への保障がある商品もありますが、そのような保障がなくても診断給付金で費用を賄うこともできます。 抗がん剤の副作用で髪の毛が抜けた場合 抗がん剤の副作用で脱毛した場合、治療が終われば髪の毛は生えてきます。 それでも、脱毛中に他人に会う場合など、気持ちが落ち込むことも多々あるでしょう。 そんなときに医療用ウィッグ(かつら)は、自分らしく生きていく助けになります。 診断給付金があれば かつらを買うこともできます。 保障と掛金のバランスの見極めが、がん保険最大のポイント 以上を踏まえ、がん保険の保障を最適にするにはどうすればいいかを検討します。 診断給付金の受取り回数をチェック• 診断給付金を保障のメインに• 放射線などの治療給付金も有効• 先進医療は必要• 保険料払込免除もあったほうがいい• 通院給付金はできればほしい• 費用対効果の高い保障を組み合わせる 診断給付金の受取り回数をチェック 診断給付金の支払いが初回限定か複数回無制限かはがん保険選びの最重要ポイントです。 現在、売れている商品の中には一時金の支払いが1度だけのものがあります。 それに対し、治療が続く限り一時金を毎年受け取れるという商品もあります。 女性に多い乳がんなどは5年生存率が高い反面、再発・転移のリスクも高いため長期にわたる治療を覚悟しなくてはなりません。 仮に再発した場合に「もう大きな金額の一時金は支払いません」という保険では役に立ちません。 ゆえに、 一時金が何回でも支払われることは必須です。 診断給付金を保障のメインに 診断給付金は、がん保険になくてはならない必須の保障です。 がんと診断されたらすぐに、自由に使える大きい金額のお金が受け取れるのです。 公的医療保険が使えない自由診療だけでなく民間療法にも使えます。 また、がんによる収入減のカバーにもなります。 仮にがんにかかって保険の入り直しができなくても、一時金を何回も受け取ることができれば、がんの医療事情の変化にも対応できるでしょう。 診断給付金は、自営業者やフリーランスの場合はできれば200万円くらいほしいところですが、掛金が高くなるのがネックです。 放射線などの治療給付金も有効 最近のがん治療は抗がん剤、ホルモン剤、放射線の割合が高くなってきました。 これらを外来で行うことが多いため、従来のがん保険の中心だった入院給付金より抗がん剤給付金や放射線治療給付金などのほうが有効です。 そうした治療給付金を付ける場合、長びく治療に対応するため、回数が無制限のものを選びましょう。 先進医療は必要 先進医療は、重粒子線治療などがんに関わるものが多く、費用も数百万円になります。 医療保険などに付いていれば十分ですが、基本的には必要な保障です。 掛金も安いため、付けるか付けないかを検討するまでもないでしょう。 もし、自分にとって有効な治療なのにお金が払えないために諦めざるを得ない、そんなことにはならないようにしたいものです。 通院給付金はできればほしい 通常、医療保険の通院給付金は「入院後の通院のみ保障」です。 これに対し、がん保険の場合、入院後に限らず通院のみで保障される通院給付金も多いです。 このタイプであれば、掛金があまり高くならなければ付けて損はないと思います。 抗がん剤や放射線の治療は通院で行われることが多いためです。 保険料払込免除もあったほうがいい がん保険の払込免除特約は、「診断確定で、以降の保険料の払込を免除する」というもので、上皮内新生物は対象外の場合が多いです。 がんにかかったら給付金があるとはいえ、掛金を払い続けることが困難な場合もあるでしょう。 終身払いで、 掛金があまり高額でない場合は付けておきたい特約です。 費用対効果の高い保障を組み合わせる 以上、診断給付金を中心にがん保険の有効な保障をご紹介しました。 一時金は医療目的だけなら100万円、生活費にも充てたい場合は200万円などと考えていきます。 男性は50代以降、がんにかかる確率と掛金の両方が高くなります。 あまり負担感の大きくない掛金で効果的なの保障の組み合わせを検討しましょう。 また、がん保険は保険料の安い若いうちに加入したほうが有利です。 がん保険の一時金(診断給付金)についてのまとめ がん保険の診断給付金は必要不可欠な保障です。 がんの医療事情が変わっても自由に使える一時金があれば、がん保険が役に立たなくなることはありません。 掛金とのバランスを考えて最適な一時金を設定してください。 オンライン相談で、保険やお金の悩みもすっきり! 「コロナ騒動を機に改めてお金や将来のことをしっかり考え始めた」という方が少なくないようです!外出が難しい今の時期でも『保険ONLINE』なら、オンライン上で経験豊富なFPに無料相談ができるので、家に居ながら各保険会社のメリット・デメリットの説明や最適なプランの提案を受ける事が出来ます。 契約しなくても無料相談とアンケート回答だけで<A5ランク黒毛和牛>が貰えるのも嬉しいですね。

次の