長浜 ラーメン 相模原。 相模原中央:「長浜らーめん」を食べた♪「長浜セット」がいいね(*^.^*)♪ : CHOKOBALLCAFE

長浜ラーメン 相模原店(地図/写真/橋本・相模原・古淵/とんこつラーメン)

長浜 ラーメン 相模原

村田屋 いきなり大本命を投入です。 写真はチャーシューメン。 相模原のラーメン通りと言われている通りに属しています。 相模原駅周辺に住んでいるラーメン好きは ほとんどの方がNO. 1と言っているかと思います。 ここは現在でこそ主流になっている 博多系とは違う、細麺の濃厚豚骨スープのラーメンです。 麺 麺も細麺とは言っていますが、 博多系や長浜系の極細の細麺ではなく それらの細麺よりは一回り太い歯ごたえのある 小麦粉の風味も感じられ、 食感もしっかりと楽しめる麺となっています。 今では多摩地区、川崎地区で工場を構えている 「大橋製麺」を使用しています。 元々は、この村田屋さんの近くにも 「大橋製麺」があったのですが 諸事情で無くなってしまい、今は違う方の 「大橋製麺」から仕入れをしているようです。 それでも麺の味は変わらず美味しいです。 スープ そしてスープですが、これもまた格別の味で、 他のお店では食べたことのない風味の豚骨の濃厚さと、 カエシの醤油だれ(塩も入ってるかと)の配合が抜群で 麺との相性も良く最高の一杯となっています。 濃厚とは言いましたが、塩ベース豚骨で 若い女性のお客様も沢山来られているのでご安心ください。 替え玉制なので、一杯で足りないお客様もご安心を。 特製ダレに使った大判チャーシューも逸品です。 こちら超人気店のため、ご飯時の時間は混雑が予想されますのでご注意ください。 でもご飯どきの時間を外せば全然入れる時間も多いのでそこを狙えば大丈夫です。 以前は近くのデパートと提携した駐車場があったのですが現在は分かりません。 恐らくここも20年選手の老舗店舗です。 八王子が本店で、現在45歳くらいの方々が高校生くらいの時には 八王子店の長浜が有名で近所の若者はみんな飛びついていたそうです。 現在はライバル店も沢山増えて来たので中々そうもいかないかもしれません。 スープ ここも濃厚なトロミを感じるスープなのですが 特徴としては、魚介粉末が入っていて 魚介系濃厚豚骨ラーメンといった感じです。 麺 麺も少し村田屋と近い細麺ですが 村田屋よりも小麦っぽい少しボソッとする印象の麺です。 決して悪い意味ではないですが、好みだと思います。 ここの見所は、 地元のツワモノたちがチャレンジした 替え玉を7杯以上完食した記念色紙がお店中に貼られている事です。 村田屋にはそのようなサービスはしていないのですが、 長浜では7杯以上の替え玉をした人(団体名・学校名)などが 所狭しと貼られていて、地元に愛されているんだなと思います。 そして長浜ラーメンに続いて壱発ラーメンも八王子店が有り どちらも古くから人気のお店です。 (実は村田屋さんも今年八王子店が出来ましたw) 壱発ラーメンの特徴は、何と言ってもこれ メカトロラーメン!!! ん?? メカ、、、トロ?? そうなりますよねw 私も初めは何だか怪しすぎてしばらく注文していませんでした。 その怪しいメカトロの正体は・・・ 来週へ・・・!!! 続きません!!! 教えます!!!w めかぶ、と、とろろでーす!!!! 食べた事あります? てかラーメンに絶対合わないんじゃない? って思いますよね? もう超美味しいんです。 めかぶと、とろろが嫌い!って人は逃げてください。 正直自分もめかぶととろろなんて滅多に食べないんですよ。 特別好きってほどでもないし。 でもですね。 そんな人でもリピーター続出のラーメンなんですよ。 スープ こちらのラーメンも豚骨ラーメンですが、 スープは、 先ほどの2件よりはトロミの部分では少ないですが しっかりと豚骨濃度を感じられる醤油ベースの 味わい深いラーメンを売りにしています! 卓上にはラーメン専用のお酢も置いてあり、 健康にも気を配ったラーメンを提供してくれます。 メカトロラーメンもそこを意識されて完成したのでしょう。 麺 こちらの麺は上の2件ともまた違う特徴で 少し黄色のゆるいウェーブ掛かった麺を使用しています。 低加水ですがしっとりしていてツルツルと入る口当たりの良い麺です。 替え玉はない代わりに1玉で160gくらいあるので 麺量は多いかと思います。 大盛りもできます。 メカトロラーメンは、 めかぶととろろなのでネバネバ系の食材が乗っかるのですが 濃厚な豚骨に、このネバネバが混ざり合い めかぶのお酢の味も加わる事でなんとも言いづらい 身体に優しい味の豚骨スープが完成するんですよ。 もっと言うと、 壱発ラーメンを堪能するなら メカトロチャーシューメンを食べてください! そう、メカトロだけでもインパクト大ですが さらにチャーシューが大きな丼ぶりに一周ぐるっと 囲われている超インパクトのあるラーメンです。 すごいのが、このチャーシューも全然身体にヘビーなチャーシューではなく いつも少食の主もペロリと食べられてしまうチャーシューです。 バナナマンの日村さんが相模原出身なので、 日村さんの色紙と、ラーメンレポが飾られています! ラーメンショップ庵庵 ここは近隣地元民が愛する穴場です。 是非こっそり行ってください。 小さめと言っても、 スープまで飲み干すとまぁまぁ満腹になるんですよ! 普通サイズには味玉はついていないのですが、 小さめラーメンには味玉が付いています! 私は食べるのが大好きなのですが、 できれば一回に食べる量は少ない方が好きなので 小さめラーメンがあるととても助かるのです。 そしてこのラーメンの値段が300円なんです!(値上がりしていなければ) そしたら 普通盛りの値段はいくらなんだ? ってなりますよね。 400円ですよ!!!!w(今は値上がりしたのかな?) はいはいわかった。 安いって事は当然あれでしょ? スープシャバシャバで、 ヘンテコなラーメンなんでしょ? めっちゃ旨いです。 というか私は好きです。 基本的にラーメンショップの味が私は好きです。 中にはラーメンショップでもハズレのお店もあるんですよ。 スープを全然豚骨から取ってないシャバいスープとか。 ここは違います。 しっかり豚骨のコクもあって、醤油の返しの味も感じ 麺も旭製麺からでラーメンショップではお馴染みの 風味のある麺です。 「ザ・ラーメンショップ」的ではありますがその中でも 私は上位に入る味です。 決してこの値段では絶対出せないと思います。 私が大好きだった組み合わせは 小さめラーメン(味玉付き)+ネギチャーシュー丼 私は一品で食事を終えるより 少しでも多い品目で食事を楽しみたいというタイプなので これで楽しみたいです。 まとめ それぞれ特徴があるので絶対的なものは難しいです。。。 全部食べていただいたら幸いです!強いていうなら、 相模原代表の「村田屋」か 個人的に好きなで食べて欲しいと思います。

次の

正しく理解しておきたい「長浜ラーメン」の基礎知識(山路力也)

長浜 ラーメン 相模原

相模原市にある長浜ラーメン 神奈川県相模原市中央区にある長浜ラーメン相模原店に、地元のラーメンマンの方に連れて行っていただきました。 相模原市役所や消防局の近くにあるお店です。 長浜らーめん相模原店の営業時間は11:00~5:30まで。 平日の11:00〜20:00まではライス無料のサービスがあるようです。 メニュー 店内に入るとすぐに券売機があるので、まずはこちらで食券を購入します。 メニューは大きく分けてとんこつ正油ととんこつ味噌の二枚看板。 それぞれネギ、やくみネギ、味玉、海苔、もやし、メンマ、チャーシュー、ネギチャーシュー、やくみネギチャーシューとバリエーションがあります。 そしてバリエーションも含めて大盛が可能。 他にはつけ麺やライスもあります。 今回はとんこつ正油(600円)を注文しました。 麺は硬め・普通・柔らかめ、スープはこってり・普通・あっさりから選ぶことができます。 調味料 卓上にはコショウやニンニクパウダー、ショウガ、ゴマ、ソース、お酢などの調味料が用意してありました。 ラーメンマン 今回、こちらの長浜ラーメンに連れてきていただいた相模原のご当地ラーメンマンさん。 私も記念に撮っていただきました。 とんこつ正油 こちらが長浜らーめん相模原店のとんこつ正油。 トッピングはチャーシューにメンマ、玉ねぎ、玉子、海苔となってます。 少しトロっとしたスープ。 お出汁といいますか節系の香りがブワッと立ち込めます。 それでいて豚骨の風味は濃厚。 とてもまろやかな味わいでコクがあります。 ざく切りの玉ねぎがいいアクセントになっている。 様々な要素が融合した独自の味わいを楽しむことができました。 麺は中太のややちぢれ。 今回は硬めをお願いしています。 ほどよいまとまりでススりやすい。 プリッとした食感もいいです。 スープによく馴染んだ麺でした。 チャーシューはしっかりめの味付け。 とても柔らかい仕上がりです。 クセもなく食べやすいチャーシューでした。 この日は0時前と遅い時間帯の訪問ではありましたが、土曜日というこもあってか行列ができるほどのにぎわい。 長浜らーめんという店名ですが独自の進化を遂げられたのか、福岡の長浜ラーメンとは趣の違ったオリジナリティ溢れるラーメンをいただくことができました。

次の

正しく理解しておきたい「長浜ラーメン」の基礎知識(山路力也)

長浜 ラーメン 相模原

個人的に2番目に好きなラーメン屋さんです。 20回以上は訪問しているでしょうか。 相模原駅から徒歩10分ほど、ラーメン屋が立ち並ぶ通りにある、「長浜ラーメン」。 いわゆる長浜ラーメンというのは博多ラーメンのようなとんこつだと思うのですが、ここは「長浜ラーメン」という店名なのに、想像とまるで異なるラーメンが出てきます。 「長浜さん」が開業したお店だから「長浜ラーメン」という店名にしたのかと思うほどです。 店内はテーブル席とカウンター席が半々で、内装はレトロ調。 飲み会終わりに深夜に一人で行くと大勢のおっさんたちが無心にラーメンをすすっており、また休日の昼間に行くとテーブル席は子連れ家族で賑わっています。 どちらも画になる、そんな懐の深いお店です。 メニュー 基本はとんこつ正油ラーメン、600円。 これに各種トッピングです。 替え玉は100円。 とんこつ味噌ラーメンとつけ麺もありますが、どちらも個人的には微妙でした。 いただきます 瓶ビールが400円と安いのが嬉しい。 替え玉7つ頼むと色紙を店内に飾ってくれます。 これ行くたびに結構更新されてる気がする…。 世の中には替え玉7つも食べられる人間がそんなに存在しているのでしょうか。 マキシマムザホルモンのライブで必ず行われる恋のおまじないの掛け声、「麺かたコッテリ」はこのお店が由来となっています。 八王子店の方ですが メンバーのダイスケはんは、替え玉9つ食らった事があるそうです。 と言ったところで、とんこつ正油ラーメン、600円。 麺かたコッテリオーダーです。 初めて食べた時はちょっと衝撃的でした。 替え玉一回でスープがほとんどなくなるほどスープがどろっとしています。 そして一口目にガツンと鼻を抜ける魚介の風味。 いい意味で 意識の低いジャンク感。 トッピングは固ゆでの玉子が半分、何の変哲もないチャーシューとのりとメンマ、そして八王子発祥という事で玉ねぎです。 一応卓上には紅しょうがや激辛高菜やゴマやすりおろしにんにくといった、いわゆる長浜ラーメン用のトッピングが並んでいますが、このラーメンに合うかどうかは人それぞれでしょうか。 個人的には色々試せるので好きです。 にんにくは間違いない。 長浜セット、150円。 餃子3個に半ライスと目玉焼きで150円はお得でしょう。 目玉焼きは完璧な半熟です。 どろっとした魚介とんこつスープとライスが合います合います。 私が正油ラーメンと替え玉と瓶ビールで1,100円。 妻が正油ラーメン 味玉トッピング と替え玉で800円。 息子が正油ラーメンで600円。 長浜セット、150円。 しめて2,650円でお腹がはちきれるかと思いました。 どう考えても食べ過ぎ ものすごいジャンク感でとても万人受けするとは思えませんが、ハマる人はハマります。 1ヶ月に1回食べたくなる中毒性があります。 アクセス お店HP : 住所 : 神奈川県相模原市中央区中央4丁目5-1 相模原駅徒歩10~15分 営業時間 : 11:00 ~ 翌5:30 管理人 たまゆら 育児のススメ、相模原のススメ、外食のススメ、ゲームや趣味の事などをご紹介。 詳しいプロフィールは カテゴリー• 478• 162• 200• 104• 23 直近24時間の人気記事• 575 views per day• 126 views per day• 117 views per day• 101 views per day• 73 views per day 月別アーカイブ•

次の