クラウン rs。 トヨタ クラウンRSとは?その意味 コンセプトカーで完成? | クラウン新型情報!アスリートやハイブリッドから値引き情報まとめ

【みつかる!134台】クラウンハイブリッド RSアドバンス(トヨタ)

クラウン rs

あまりにも大胆な変身 通算15代目にもなるトヨタの金看板を、今この時代に刷新する重責を担うことになった開発陣の苦労は察するに余りある。 もっとも、長年「販売のトヨタ」(これも死語ではあるが)を打ち出してディーラー網ごとの独立性を重視してきたトヨタにとって、ブランドといえばコーポレートブランドではなくプロダクトブランドである。 すなわち、トヨタではなくクラウンのお客さまを重視してきたのだ。 そんな、クラウンを何台も乗り継いできたような既存オーナーをすっぱり諦めるのは、なかなかできることではない。 だが、それこそが新型クラウンの狙いである。 スタイリングだけを見ても、従来の王冠エンブレム付きの太いCピラーを捨て去り、いわゆるクーペライクなプロファイルを選択した新型クラウンは、60年以上の歴史を持つクラウン史上最大の変身ではないかと思う。 だが、私が一番驚いたのは、これまでは時にやぼったいとか、オヤジくさいと揶揄(やゆ)されながら守り通してきた細部への配慮というかディテールのこだわりが見当たらなくなったことである。 クラウンだけは、と特別扱いされていた部品が使用されていないようで、誤解を恐れずに言えば安普請のように見える。 かつてはクラウン専用の要件(クラウン・マスト)というものが連綿と引き継がれ、時代に合わせて徐々に薄味になっていたとはいえ、それを尊重していることが確認できたものだが、今回は思い切って捨て去ったように思う。 例えば最大の特徴である6ライトのリアクオーター部分も、近づいて見ると凸凹したウィンドウフレームが目立って煩雑だ。 「レクサスLS」のようにフラッシュサーフェスにしたいところだが、そこまでは手が出ない、ということかもしれない。 また、内外装のチリ合わせなども他のトヨタ車と差がないようだ。 これまでのクラウンユーザーならひと目で分かる、いわばダウングレードを承知の上で、大変な覚悟を持って断行したモデルチェンジということだろう。 小さい数字も若者向け? インストゥルメントパネルにもそんな宗旨替えは随所に見て取れる。 かつては、多少見た目がクールではなくても、見やすさ、分かりやすさ、使いやすさを第一として仕立てられていたものだが、新しいクラウンはまったく違う方向を目指しているようだ。 2眼の円形メーターはまあ見やすいけれど、その間に設けられた各種情報を表示するディスプレイのグラフィックは細かく煩雑で、しかも重要度に応じて差がつけられているわけでもない。 「本当にトヨタのメーターは小さくて見えなーい!」と、何とかルーペのCMのように文句を言いたくなるほどだ。 これも若者向けということか、とうがった見方もしたくなる。 上下2段に分かれたセンターディスプレイも、特にメリットを見いだせない。 とりわけ下段のタッチディスプレイを操作するロジックは、どういう意図をもって作られたのかよく分からない。 トリムの仕立てもレクサスのように凝っているわけでもなく、かといってシンプル上質というわけでもなく、どこか捉えどころがない。 走りっぷりは標準的 新型には3. 5リッターV6ハイブリッド、2リッター直噴ガソリンターボ、そして2. 5リッター4気筒ハイブリッドの3種のパワートレインが用意されているが、そのうち2. 5リッターのダイナミックフォースエンジンを縦置きし、モーターと組み合わせたハイブリッドが新型クラウンの主力グレードと目されている。 変速機は一般的トヨタ車と同じ電気式CVT(バッテリーもニッケル水素タイプ)だが、常用域でごく普通に走る限りは静かでスムーズで特に不満はない。 ただしトルクに余裕はないようで、山道や加速の際はついつい右足を深く踏み込みがちになるが、「LS500h」ほどエンジン音が耳障りでないことが救いだ。 不安感のない、腰が据わった感じのハンドリングは新型の特長である。 ステアリングの正確性ひとつ取っても従来型とは比べ物にならないが、それでも現代のライバルたちに対して勝っているかと問われれば、まだ途上と言わざるを得ない。 エコ/ノーマル/スポーツにスノーモードも含めて4種類設定されるドライブモードセレクトは(「RS」系は7種類! もある)、正直どれを選んでも大差はない。 すぐに誰も使わなくなる種類のものだ。 乗り心地はまずまず、レクサスLSよりはましだが、どこか常にゴロゴロ感が残り、しっとり走るといった種類ではない。 とにかくソフトにふんわりしているのがいいとは言わないが、現代車、しかもクラウンならばスタビリティーと滑らかな乗り心地を両立させてしかるべきだろう。 そういえばあまりに不評だったのか、レクサスLSは「LC」とともに発売後半年ちょっとでマイナーチェンジが加えられたらしい。 どんなに走りが良いと主張しても、ユーザーの声には抗し切れなかったというわけだ。 ボディーサイズの割にタイトな室内 インテリアスペースはどちらかというとタイトで、広々としたルーミーさを追求してはいないようだ。 これもスポーティーさを重視した結果だろうか。 リアシートも足元の余裕はあるものの、全幅を1800mmにとどめ、なだらかに下るルーフ形状のせいか、それ以外は特に広くは感じない。 シート座面は低く落ち込んでいるので、社長さんが乗り降りするには骨だろう。 その点ももはやショーファードリブンでの使用を最重視してはいないのだと気づかされる。 そういう人はミニバン、あるいはもっと大きなレクサス、「センチュリー」を選べということなのだろうか。 どうも最近のトヨタは「走り」に入れ込みすぎているのではないか。 走行性能が最も重要なのは当たり前だが、それは山道を飛ばしたり、サーキットでドリフトすることとはまったく違う。 といってもトヨタの想定は50歳代ぐらいらしいが、だとしたらクオリティー面で不足だし、本当の若者は皆飛ばせるクルマが好きと考えているなら、それも現代ではちょっとずれた認識だと思う。 そもそも実質500万円から上の価格帯の大型セダンに興味を示すとは思えない。 挑戦する姿勢は大切だ。 新しい形を生み出そうとする試みは大歓迎である。 ただし、出来栄えはそれとはまったく別の話である。 やんわりと追い出された今までのクラウン・オヤジはこれからどの店に入ればいいのか、私はそれを心配する。 (文=高平高輝/写真=荒川正幸/編集=櫻井健一) テスト車のデータ トヨタ・クラウン2. 8km 使用燃料:22. 0リッター(レギュラーガソリン) 参考燃費:14.

次の

トヨタ クラウンRSとは?その意味 コンセプトカーで完成? | クラウン新型情報!アスリートやハイブリッドから値引き情報まとめ

クラウン rs

トヨタが、上級セダンである「クラウン」の改良と新モデル発売を発表しました。 改良により魅力をアップした新型クラウンの価格、燃費、発売日について最新情報からご紹介します。 トヨタ・クラウンは日本市場に向け開発、販売され、トヨタブランドのフラッグシップセダンとして人気になっています。 65周年を記念した今回の変更では、2019年に発売された特別仕様車「Sスポーツスタイル」と「Sエレガントスタイル」を最新仕様にアップデート。 「Sスポーツスタイル」では、ブラックスパッタリング塗装18インチノイズリダクションアルミホイール、スモーク塗装Bi-Beam LEDヘッドランプとLEDリヤコンビネーションランプ、スモークメッキを施したフロントグリルモールやフロントフォグランプリングなどを特別装備。 内装はブラックとし、「赤」をアクセントとして配置したデザインとされています。 内装には、ブラック、ライトグレー、こがねの3色を設定。 シートはスエード調で上質素材のブランノーブと合成皮革を組み合わせ、センターコンソールパネルには美しい木目が特徴的な黒木目(欅調)が採用されています。 パワートレインには2Lターボエンジン&FR駆動、2. 新型クラウンでは特別仕様車設定のほか、改良も実施され、「T-Connect SDナビゲーションシステム」に「SmartDeviceLink」や「Apple CarPlay」「Android Auto」といったスマートフォン連携機能を追加。 「T-Connect SDナビゲーションシステム」に「SmartDeviceLink」や「Apple CarPlay」「Android Auto」を追加• 特別仕様車「クラウンスポーツスタイル」を設定。 ハイパークロームメタリック塗装18インチノイズリダクションアルミホイール&センターオーナメントと、メッキ加飾を施したアウトサイドドアハンドルなどを採用。 TNGAをFRモデルとして初採用することにより低重心化をすすめ、スポーティなスタイルに• RSグレードに電子制御ダンパーを採用し、走り味を向上• 車両の制御ネットワーク(CAN)に接続する車載通信機(DCM)を全グレードに標準搭載したコネクティッドカーとして制作• 効率をアップし、室内空間を拡大• 「マジェスタ」を廃止し、新最上級グレード「エグゼクティブ」を設定• B:4,695,000円• S:4,814,000円• G:5,531,000円• RS-B:4,912,000円• RS:5,074,000円• 5Lハイブリッド• S:5,059,000円• S Four:5,279,000円• G:5,740,000円• G Four:5,960,000円• G Executive Four:6,441,000円• RS:5,319,000円• RS Advance:5,907,000円• RS Four:5,539,000円• 5Lハイブリッド• S:6,324,000円• RS Advance:7,035,000円• 5Lハイブリッド:FR 5,389,000円、5,609,000円• 5Lハイブリッド:FR 5,283,000円、5. 503,000円• 5Lハイブリッド:FR 5,283,000円、5,503,000円 新型クラウンの価格は、エントリーモデルとなる2Lターボエンジン「B」グレードで3500円のアップとなっていますが、「S」グレードでは2万円のダウンとなっています。 装備が見直された「RS」「RS Four」グレードでは20万円ほどの大幅ダウンとなっており、スポーツモデルが選びやすくなっています。 B:4,691,500円• S:4,834,500円• G:5,516,500円• RS-B:5,093,000円• RS:5,280,000円• 5Lハイブリッド• S:5,071,000円• S Four:5,291,000円• G:5,725,500円• G Four:5,945,500円• G Executive Four:6,440,500円• RS:5,516,500円• RS Advance:5,907,000円• RS Four:5,736,500円• 5Lハイブリッド• S:6,352,500円• RS Advance:7,034,500円• G Executive:7,320,500円 トヨタ新型クラウンの外装(エクステリア)デザイン 新型クラウンの外装は、前世代から大型グリルを引き継ぎながら、ボディラインを大きく変更することで、スポーティなスタイルがつくられています。 前モデルでアピールされていていたスポーツスタイルをさらに強調し、フロントとリアウインドウはクーペのように緩やかな傾斜でルーフへ接続。 最新のTNGAプラットフォームにより低床化が進めることで全体的な重心を下げ、スタイリングのバランスも自然なものに仕上げられました。 バンパーまで広がるフロントグリルは、バンパーサイドを絞り込むことでさらに力強く変化。 サイドビューでは、リアまで滑らかに伸びるウィンドウが特徴とされています。 ブラックアウトしたドアフレームや前後のLEDシーケンシャルターンランプの採用などによってスポーティテイストが強調されています。 あわせて、リア側のサイドウィンドウがルーフラインに沿って後部まで伸びることで、ボディバランスの印象を向上。 車体サイズは大きくなっていますが、重たく感じないデザインに仕上げられています。 ホワイトパールクリスタルシャイン• シルバーメタリック• プレシャスシルバー• プレシャスガレナ• ブラック• プレシャスブラックパール• ダークブルーマイカ トヨタ新型クラウンのボディカラーには、新色「プレシャスガレナ」を含む「セルフレストアリングコート」の7色が全車に標準設定されています。 セルフレストアリングコートは分子レベルで結合しやすい特性を持ち、洗車などの際に発生する小さな擦り傷などを自己修復。 新車時の光沢や色味などを長期間保持する塗装となっています。 紅(クレナイ・リッチレッドクリスタルシャインガラスフレーク)• 夜霞(ヨガスミ・ダークレッドマイカメタリック)• 碧瑠璃(ヘキルリ・ダークブルーマイカメタリック)• 茜色(アカネイロ・オレンジメタリック)• 翡翠(ヒスイ・アルミナジェイドメタリック)• 天空(ソラ・ピュアブルーメタリック) その他、完全受注生産の「ジャパンカラーセレクションパッケージ」として6色を設定。 日本の伝統色をイメージする塗装が、11万円高で用意されています。 ホイールベース:2920mm• 車重:1690kg~1900kg• 乗車定員:5人• 最小回転半径:5. しかし日本向けセダンということもあり、全幅は1800mmを維持することで使い勝手が確保されています。 インテリアのパーツには、グロスブラックやカーボン調パネルを採用。 延長されたボディとTNGAプラットフォームにより、室内空間はさらに広い快適な空間が確保されています。 シートはロングドライブ時の疲労を軽減するため、日本人の体格に合わせて座面形状を最適化してフィット性を向上したほか、フロントシート下の足入れスペースを拡大することで、リアシートの居住性をアップ。 静粛性では骨格構造の適正化に加え、防音材を適切な位置に設定したほか、スピーカーから逆相の音を出してノイズを打ち消す「アクティブノイズコントロール」が採用されています。 インフォテインメントシステムは2段にわけられ、ナビなどを表示する上部に8インチサイズを採用、タッチ操作で空調やオーディオのコントロールが可能な下部には7インチが搭載されています。 効率化された空間を利用しトランクスペースも大きく確保され、利便性もアップしています。 「RS」のシート表皮はブランノーブ+合成皮革が標準装備されますが、オプションで本革シートも選択することができるようになっています。 TRDカスタムパーツは、新型クラウンRS向けにブラックアウト・サテン調シルバー・メッキモールを最適配置し、翼をイメージしたセンターピースがワイドかつ上質なフロントマスクを演出するフロントスポイラーをはじめ、サイドスカートやリアバンパースポイラー、リアトランクスポイラーをラインアップ。 また、標準仕様向けに、ボディとのマッチングを意識したサイドスポイラーに、サテン調シルバー仕上げのフロントスポイラーやリアバンパースポイラー、リアトランクスポイラーなどが用意されています。 標準仕様には「Impressive Luxury -より印象的に、さらに高級に-」をコンセプトに、ベース車とシンクロさせた鉤爪状デザインのメッキ加飾が、クラウンの高級感と煌びやかさをさらに引き立てる「エアロキット」がラインナップされています。 【クラウンGR】 エンジン:V型6気筒3. 2kgm トランスミッション:10速AT 駆動方式:FR トヨタが、クラウンに設定を予定していたスポーツモデル「クラウンGR」の開発が中断されました。 新型クラウンGRはモータースポーツ部門のGAZOOが手がけ、レクサスのフラッグシップセダンである「LS500」に搭載されているV型6気筒3. 5Lツインターボエンジンにより、400馬力を超える出力を発揮。 トランスミッションには10速ATを組み合わせることで、ライバルとなる欧州ハイパフォーマンスセダンに対抗するモデルとされていましたが、価格がレクサスと競合することなどにより2019年に販売計画の見直しを決定。 今後再度検討される予定です。 GR専用チューニングサスペンション• GR専用対向4ポットキャリパー• GR専用4本出しマフラー• GR専用スポーツフロントシート• 本革巻きステアリングホイール(レッドステッチ)• 7kgm トランスミッション:8速AT 駆動方式:FR• 直列4気筒2. 6kgm システム出力:226ps 駆動方式:FR or 4WD• V型6気筒3. 6kgm システム出力:359ps 駆動方式:FR 新型クラウンには、V型6気筒3. 5Lと直列4気筒2. 5Lのハイブリッドと、直列4気筒2Lターボエンジンが採用されています。 直列4気筒2Lターボエンジンは、高い走行性能と環境性能を両立するダウンサイジングエンジンとなっており、3. 5L自然吸気エンジンに匹敵するトルクを8速オートマチックトランスミッションで適切に変速し、高い走行性能を発揮することができるようになっています。 その他、新型クラウンではスポーツグレードとして「RS」が用意され、専用フロントスタビライザー、電子制御式サスペンション、リアスポイラーを標準装備。 さらに2Lターボ車にはリアパフォーマンスダンパーとリアフロアブレースを追加して、優れた操縦応答性、荒れた路面での振動感の低減が実現されています。 このほかにパワートレーン、シャシー、空調の制御設定をスイッチ操作で切り換えて運転特性を選択できる「ドライブモードスイッチ」を用意。 走行モードは、RSグレードで「SPORT S+」「SPORT S」「NORMAL」「COMFORT」「ECO」「CUSTOM」「SNOW」の7種類、その他グレードで「SPORT」「NORMAL」「ECO」「SNOW」の4種類とされ、「CUSTOM」では各設定の組み合わせを自由に選択でき、ドライバーが好みに応じたセッティングを選べるようになっています。 ハイブリッド車に新型Dynamic Force Engine搭載! 新型クラウンのハイブリッドモデルには、カムリに採用された新型ハイブリッド車用エンジン「Dynamic Force Engine」がFR車で初採用されています。 ダイナミックフォースエンジンは、TNGAに基づいて開発された新開発エンジンで、吸気ポート形状の工夫などにより高吸気効率と高タンブルを両立させ、世界トップレベルの最大熱効率41%を達成。 新型クラウンでは新エンジンとハイブリッドシステムをFRモデル用にレイアウトしなおすことで、電気モーターによる高トルクと高レスポンス、高燃費性能を実現しています。 新世代となりアップしたデザインや走りが高評価を受けています。 トヨタ新型クラウンの安全装備は? 新型クラウンの安全装備には、単眼カメラとミリ波レーダーの性能を向上させることで第2世代に進化した予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense(トヨタセーフティセンス)」が全車標準装備されています。 前モデルでは、前世代の上級パッケージである「トヨタセーフティセンスP」が搭載されていました。 また、道路脇にある「制限速度」「一時停止」「進入禁止」「はみ出し禁止」といった交通標識をメーター内のディスプレイに表示する「RSA(ロードサインアシスト)」機能も追加。 さらに、後退時に左右後方から接近してくる車両を検知すると、ドアミラー内のインジケーター点滅とブザーにより警告する「リヤクロストラフィックアラート(RCTA)」や、ドアミラーで確認しにくい側後方エリアや後方から急接近してくる車両を検知してドアミラーLEDインジケーターで注意喚起を行なう「ブラインドスポットモニター(BSM)」を採用。 予防安全装備を充実させ、安全運転支援が強化されています。 トヨタ新型クラウンのコネクティッドカー技術とは? トヨタ新型クラウンは、車両の制御ネットワーク(CAN)に接続する車載通信機(DCM)を全グレードに標準搭載したコネクティッドカーとして制作され、トヨタが構築したコネクティッドカー向けの情報インフラである「モビリティサービス・プラットフォーム(MSPF)」から、様々なコネクティッドサービスが提供されます。 トヨタは、これを皮切りに、今後国内で発売されるほぼ全ての乗用車にDCMを搭載し、MSPFに収集される車両データを活用した安心サービスの提供と、それに必要なメーカー、販売店の業務基盤構築に力を入れていくとしています。 eケア走行アドバイス ナビの目的地設定などで好評のオペレーターサービスを、車両データと連携することにより、車両のトラブルの際にも頼りになる安心サービスを提供。 eケア走行アドバイスでは、万一お客様のクルマに異常が発生した際、車両データから車両の状態を診断し、オペレーターがお客様に車載マイクとスピーカーを通じてアドバイス。 販売店への入庫が必要な場合は、担当販売店、またはお近くの販売店に誘導。 eケアヘルスチェックレポート eケアヘルスチェックレポートでは、車両データから車両の状態をセンターが常時診断し、トラブルが発生する前に、担当の販売店からお客様に整備入庫をおすすめ。 たとえば、バッテリーの始動時電圧が徐々に低下し、このままでは始動不良が想定される場合は、担当販売店の業務端末に予防整備のアラームが通知され、販売店のスタッフがそれに基づきユーザーに連絡し、バッテリーの交換をおすすめ。 ヘルプネット エアバッグの展開と連動する緊急通報サービス「ヘルプネット」は、衝突時の車両データから乗員のダメージを瞬時に解析し、消防本部に送信、消防本部で重症確率が高いと診断される場合はドクターヘリ等が出動し、医師が現場に直行する救命サービスを新たに全国規模に拡大。 DCMの標準搭載に伴い、従来の自動車保険に加え、走行データ連動型保険の適用が可能に。 ユーザーはMSPFに蓄積された走行ビッグデータから算出した「安全運転スコア」をスマートフォンでチェックすることが可能。 また、このスコアに連動する走行データ連動型自動車保険プラン「トヨタつながるクルマの保険プラン」が、あいおいニッセイ同和損害保険株式会社より発売。 この保険料金は、安全運転スコアと走行距離により毎月決定されスマートフォンに通知。 割引率は、運転分保険料の最大80%、トータル保険料の9%の割引を受けることが可能。 AI音声エージェント 人工知能(AI)のバーチャルエージェントがユーザーの自然発話を聞き取り、ナビの目的地設定やオーディオの操作、機器の取り扱い説明などを提供。 「このへんにある蕎麦屋を探して。 駐車場のあるところがいい」など、複雑な発話でも理解することが可能。 LINEマイカーアカウント 日常使い慣れたLINEアプリに、自分の愛車を「友だち」として追加し、クルマと会話することが可能。 たとえば、LINEアプリのトーク機能で事前に行きたいところを伝えると、車載ナビの目的地にメモリー。 また、目的地までの所要時間や距離を踏まえて、出発すべき時間や給油の必要性なども通知。 ハイブリッドナビ ナビシステムのプログラムや地図データをつねに最新版に維持。 さらに目的地へのルート案内は、センター側にある最新の地図データとビッグデータ交通情報から探索し、最適なルートを案内。 トヨタ新型クラウンのプラットフォームにTNGA採用! 新型クラウンのプラットフォームには、トヨタの新世代「TNGA」が採用されています。 TNGAは「TOYOTA New Global Architecture(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)」の頭文字で、プラットフォームのほか、トヨタの新しい車づくりの進め方を示すものとされています。 部品・ユニットをグループ化して共用化を推進• エンジン熱効率やトランスミッション伝達効率を向上させ、燃費を約25%、動力性能を約15%アップ• 新プラットフォームは、低重心、軽量をすすめ、クラストップレベルの低重心により運動性能を向上• 骨格構造を最適化することで、ボディ剛性を従来比30%~65%向上 新型クラウンでは、これまでプリウス、C-HR、カムリなどに採用されてきたTNGAプラットフォームをFR車で初採用。 これにより、開発コストを集中的にかけた新型パワートレインが使用できるようになるほか、シャシーの低重心化がすすみ操縦安定性が引き上げられています。 5Lハイブリッド JC08モード:18. 5Lハイブリッド JC08モード:24. 2Lターボ JC08モード:12. 5LハイブリッドでJC08モード値24. 前モデルのクラウンハイブリッドとの比較では0. 5Lモデルも18. トヨタ新型クラウンの発売日は? 改良された新型クラウンと新設定された特別仕様車は、2020年4月27日に発売されました。 トヨタは、主力グレードに魅力的なデザインを採用した特別仕様車を設定することで、よりユーザーにアピールしていきたい考えです。 前モデルのクラウンは14代目で、ユーザーのニーズにあわせ変化してきたクラウンを象徴する新しいコンセプトとしてスポーツ性能が打ち出されました。 モデルバリエーションは、上級セダンらしい表情のクラウンロイヤル、若い世代にもアピールするクラウンアスリートのほか、上級モデルのクラウンマジェスタをラインナップ。 クラウンマジェスタに採用されていたV型8気筒エンジンは廃止されましたが、新しく高環境性能とちから強い走りが可能なハイブリッドモデルと2Lターボモデルを用意。 ミニバンやSUV人気から販売が減少しているセダンにもう一度注目してもらうため、ピンクや若草色などの特徴的ボディカラーを販売したことも話題になりました。 新型トヨタ・クラウンについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに! carislife.

次の

トヨタ・クラウン2.5 G(FR/CVT)【試乗記】 挑戦心は買う

クラウン rs

トヨタの乗用車「クラウンハイブリッド」はトヨタを代表する車種の一つである。 国産車の中でも高級に位置づけられ、中古車でも平均数百万円ほどの価格で取引されている。 「クラウンハイブリッド」は、燃費が良いだけでなく高い信頼性と耐久性を持つ。 車内は遮音性があるため静かで、運転もしやすく長時間の運転でも疲れにくい。 さらに極端なカーブでも安定して走行しやすく、力強い加速なども特徴として挙げられる。 他のセダンと比較すると、「クラウンハイブリッド」の室内は広めに設計されている。 また、走行中の騒音がより少ないため、くつろげる室内空間を実現した。 「クラウンハイブリッド」はトヨタの安全技術を反映したモデルである。 例えば前方にある障害物や車のような衝突の可能性のあるときには、ブレーキの制動力が高くなるプリクラッシュセーフティシステムを装備。 もしもの際にも配慮している。 静粛性と乗り心地を重視した「クラウンロイヤル」や、外観がスポーティな「クラウンアスリート」と比べると、「クラウンハイブリッド」は低燃費で馬力があり、装備が充実している車種だ。 エリアから探す - クラウンハイブリッド RS トヨタ の中古車 基本装備• キーレス• スマートキー• パワーステアリング• パワーウィンドウ• ETC• ETC2. エアコン• Wエアコン• 盗難防止装置• ダウンヒルアシストコントロール• ドライブレコーダー• センターデフロック• 電動格納ミラー• アイドリングストップ• 電動リアゲート• クリーンディーゼル 内装• 革シート• ウォークスルー• パワーシート• オットマン• ベンチシート• シートヒーター• フルフラットシート• シートエアコン• 3列シート• ハーフレザーシート• チップアップシート• 電動格納サードシート 外装• LEDヘッドランプ• HID(キセノンライト)• フルエアロ• アルミホイール• リフトアップ• ローダウン• サンルーフ• ランフラットタイヤ• ルーフレール• エアサスペンション• ヘッドライトウォッシャー 安全装置• 運転席エアバッグ• 助手席エアバッグ• サイドエアバッグ• ABS• 横滑り防止装置• 衝突安全ボディ• 衝突被害軽減システム• クリアランスソナー• オートマチックハイビーム• オートライト• 頸部衝撃緩和ヘッドレスト カメラ• フロントカメラ• バックカメラ• サイドカメラ• 全周囲カメラ カーナビ• HDDナビ• DVDナビ• CDナビ• メモリーナビ• ポータブルナビ• SDナビ TV• TV フルセグ• TV ワンセグ• 後席モニター オーディオ• ミュージックプレイヤー接続可• ミュージックサーバー• カセット 動画プレイヤー• ブルーレイ再生• DVD再生 AV機器• Bluetooth接続• USB入力端子• 100V電源 自動運転• オートクルーズコントロール• アダプティブクルーズコントロール• レーンアシスト• 自動駐車システム• パークアシスト 過給器• ターボチャージャー• スーパーチャージャー 国内•

次の