木蓮 の 涙。 夏川りみ 木蘭の涙 歌詞&動画視聴

モクレン

木蓮 の 涙

木蘭の涙とは、の楽曲である。 (: :清史) 発売の『』の収録曲で、同年に版も発売になっている。 なお、モクの表記は通常「木」であるが、は表記の「木」となっている。 概要 い人に先立たれ、それでももう一度と願う(ともともとれる)の気持ちを、切ない曲調に乗せて歌い上げられている。 の楽曲でもの曲で、でも定番となっている。 のは通常、皆がテープを作りそれを聞いて選ばれた曲が収録される。 収録曲の選考は常に意見がるのだが、この曲に関しては一致で選ばれた。 の清史は作り直しを経て今の曲としてのに5年の日を費やしている。 に収めているだけではという事でで発売。 の売り上げ枚数では今の所、この曲がとなっている。 その後、多くののなどでされる事が多くなりは知らなくてもこの曲はと言う喜んで良いのやら悲しんでいいのやら判らない状態になり彼らもとして利用している。 こういった流れを受けてにはもで Ver. をしている。 因みにとしては善がに 『木蘭の涙 wh 』が最も有名 ではととので歌われた物が最も有名である。 でも、によるや、として使用するなども多く、知る人ぞ知るとして認知されているようだ。 関連動画 ボカロカバー 関連商品 関連項目•

次の

木蘭の涙とは (モクレンノナミダとは) [単語記事]

木蓮 の 涙

特徴 [ ] 原産地 [ ] 中国南西部(、)が原産地である。 英語圏に紹介された際に、Japanese magnolia と呼ばれたため、が原産国だと誤解されている場合がある。 形態 [ ] 小型で樹高3-5m程度。 は互生で、広卵型、長さ8-10cm、先は尖る。 花期は春(4-5月頃)。 花は濃い紅色から桃色で、は6枚、は3枚、とは多数が螺旋状につく。 上品な強い芳香を放つ。 ハクモクレンとは異なり、花びらは舌状で長い。 実は赤い。 利用 [ ] 庭木、公園樹として中国、日本だけでなく、や諸国で広く栽培されている。 移植は困難であり、株分けによって殖やす。 (北朝鮮)ではに指定されている。 近縁種 [ ] ハクモクレン [ ] ハクモクレンの大木。 (白木蓮、: Magnolia denudata)はモクレンの仲間で白色の花をつける。 しばしば、「モクレン」と混同され、そう呼ばれることがある。 モクレン属の中では大型の種類で樹高は10-15m程度まで成長する。 春、葉に先立って大形で白色の花が開く。 樹高は6-10mと変化に富む。 花の形はハクモクレンに似て丸い。 花の色は両種の中間に相当するピンク色が基本だが、やはり白から紫までの変化に富む。 開花時期はハクモクレン、サラサモクレン、モクレンの順である。 交雑種 [ ] シモクレンとシデコブシの交雑種もあり、花の外観は細めのシモクレンに見える。 モクレン属 [ ].

次の

夏川りみ 木蘭の涙 歌詞&動画視聴

木蓮 の 涙

特徴 [ ] 原産地 [ ] 中国南西部(、)が原産地である。 英語圏に紹介された際に、Japanese magnolia と呼ばれたため、が原産国だと誤解されている場合がある。 形態 [ ] 小型で樹高3-5m程度。 は互生で、広卵型、長さ8-10cm、先は尖る。 花期は春(4-5月頃)。 花は濃い紅色から桃色で、は6枚、は3枚、とは多数が螺旋状につく。 上品な強い芳香を放つ。 ハクモクレンとは異なり、花びらは舌状で長い。 実は赤い。 利用 [ ] 庭木、公園樹として中国、日本だけでなく、や諸国で広く栽培されている。 移植は困難であり、株分けによって殖やす。 (北朝鮮)ではに指定されている。 近縁種 [ ] ハクモクレン [ ] ハクモクレンの大木。 (白木蓮、: Magnolia denudata)はモクレンの仲間で白色の花をつける。 しばしば、「モクレン」と混同され、そう呼ばれることがある。 モクレン属の中では大型の種類で樹高は10-15m程度まで成長する。 春、葉に先立って大形で白色の花が開く。 樹高は6-10mと変化に富む。 花の形はハクモクレンに似て丸い。 花の色は両種の中間に相当するピンク色が基本だが、やはり白から紫までの変化に富む。 開花時期はハクモクレン、サラサモクレン、モクレンの順である。 交雑種 [ ] シモクレンとシデコブシの交雑種もあり、花の外観は細めのシモクレンに見える。 モクレン属 [ ].

次の