ライオン キング 歌 ハクナマタタ。 賀来賢人×佐藤二朗×ミキ・亜生「ハクナ・マタタ」を熱唱 仲良しトリオが綺麗なハーモニー 映画『ライオン・キング』クリップ映像

佐藤二朗、ミキ・亜生らが「ハクナ・マタタ」を大合唱!映画『ライオン・キング』大ヒット記念イベント

ライオン キング 歌 ハクナマタタ

『ライオン・キング』(1994)ファンの方はきっと、映画から人生についての多くを学んだり、劇中の言葉に心を動かされたり、また当時はVHSやカセットテープ(!)で、その映像や音楽に触れてきていたのではないでしょうか。 ディズニーストアにある、たくさんのライオン・キンググッズもきっとご存知ですよね。 ストアでゲットしたシンバやナラのヘア・アクセサリを使うことが、今はもうなくなっている方でも、きっと今でも作品に感じたたくさんの想いは、心に残っていることでしょう。 【1】"ハクナ・マタタ"という生き方 年を重ねるにつれて、心配事が増えていくように感じているかも知れません。 毎日が重荷ばかりに思えてしまうときは、ティモンやプンバァを思い出して、物事を俯瞰(ふかん)で見るようにしてみると良いかも知れません。 仕事も雑用もこなさなければならないけれど、早く終わらせて「ハクナ・マタタ~」と歌ってみましょう。 子どもの頃のように。 【2】準備万端、整えておく スカーはとてつもなく性悪なキャラクターではありますが、彼のテーマ曲にある「準備をしておけ」とは、実は役立つアドバイスです。 彼の素晴らしいメッセージに賞賛を送りましょう。 プライド・ランドを乗っ取ったことは褒められませんが。 【3】シンバに夢中! シンバはもちろん、シンバの声を演じた、ジョナサン・テイラー・トーマスにも夢中になったのでは?シンバとジョナサンのスクラップブックを作った方もいたはずです。 時が経とうとも、彼らに対する愛は変わりませんよね。 【4】ラフィキのようにすれば、どんなことも楽しくなる これは時を経ても役に立つアドバイスでしょう。 身近な何かを持ち上げて、ラフィキのようにしてみれば、インスタ映えしそう!特に、新しい家族が増えるとき、たとえば新しいペットが加わるときなど、ラフィキのようにしてみてはどうでしょうか。 【5】どうするべきか迷ったときは、ムファサの言葉を "準備をすること"以外に有効なアドバイスとしては、"自分が何者であるかを思い出す"ことではないでしょうか。 大人になった今、私たちは人生のゴールや価値、未来について思いをはせることがあります。 そんなとき、ムファサがシンバに向けて伝えたメッセージが心に刺さるはずです。 子どものときに感じた興奮とは別の感慨が胸に残るでしょう。 ムファサの言葉がいかに子ども時代の私たちに影響していたか、そして彼がどれほど賢明であったかに、今さらながら気付きますよね。 【6】実はすごいザズーの存在 シンバとナラがザズーを置き去りにしようとしたとき、観ていた私たちも同調しましたよね。 あのときのザズーといえば、頭の固いつまらない存在に見えていましたから。 でも、思い返してみると、ザズーは彼らのことを思いやり、危険が及ばないように気遣ったのです。 また、ザズーの導きなしでは、シンバは王にならなかったでしょうね。 皮肉屋ではありますが、分別ある彼の資質はぜひ見習いたいものです。 【7】高らかに歌う「サークル・オブ・ライフ」で気分すっきり 長いドライブや忙しい一日、もしくは大きな仕事を目の前にしたときは、「サークル・オブ・ライフ」を大きな声で歌いましょう。 初めて『ライオン・キング』を観たときの気持ち、奇跡や興奮に満たされるときの気持ちを思いださせてくれる曲です。 どんなにタフな一日も、憂鬱な一週間も、乗りきる原動力となるでしょう。 いかがでしたか。 20年以上前に公開された『ライオン・キング』。 今も変わらず多くのファンを魅了しているのには、人生を豊かにするヒントが隠されているからかも知れません。 ムファサ、ラフィキはもちろん、スカーの言葉にも、です。 お子さまから大人まで楽しめるディズニーの名作を、ぜひまた観返してみてください。

次の

【歌詞カタカナ】Hakuna Matata ハクナマタタ ライオンキング

ライオン キング 歌 ハクナマタタ

動物の細かい動きを1つ1つ表現するディズニーです。 世間も何も知らない彼はとても無邪気で豊かな地のプライド・ランドで気ままに過ごしていました。 王位を狙っている叔父のスカーに王国を追われて旅に出ます。 出会ったティモンとプンバァと一緒にいろんなことを学び、やがて父親の教えに目覚めていきます。 ムファサ(大和田伸也) プライド・ランドの王でシンバの父親です。 アハディとウルの長男でスカーの兄です。 息子のシンバと同じ体色と髭で一人称は「私」です。 シンバの前では「父さん」です。 誰からも信頼されている誠実で誇り高い王です。 しかし、王位を狙っているスカーの作戦でヌーの大暴走に巻き込まれたシンバを助けようとしたとき、スカーに崖から落とされて殺害されました。 ムファサからプライド・ランドの王位を乗っ取ろうと作戦を考えています。 子分にハイエナが3匹います。 悪だくみを実行しようとしていますが、実は心が弱い一面もあります。 ティモン(三ツ矢雄二) 砂漠のオアシスに住むミーアキャットです。 とても陽気な性格でフレンドリーです。 王国を抜け出して一人で放浪しているシンバを助けて友達になります。 イボイノシシのプンバァとともに楽観的な悩まない人生の哲学「ハクナマタタ」と虫がグルメだということをシンバに教えます。 プンバァ(小林アトム) イボイノシシでミーアキャットのティモンと仲良しです。 虫を食べることが大好きでとてものんびり屋の楽観的な性格をしています。 心がとても大きく、砂漠で倒れていたシンバを助けます。 ナラ(子供時代;山本純子、大人;華村りこ) シンバの幼馴染で、冒険が大好きなおてんばな女の子です。 好奇心旺盛の女の子ですが、美しい容姿と強い意志と勇気を持った大人へと成長します。 物語の最後ではシンバと結ばれます。 ラフィキ(槐柳二) 謎めいたヒヒで、プライド・ロックに昔から住んでいます。 王国の祈祷師のような役割で、シンバに進むべき道などの教えや助言をしてあげます。 ザズー(梅津秀行) プライド・ランドの王に仕えている執事のサイチョウです。 シンバとナラの面倒もみており、おてんばな2匹に手を焼いていました。 ムファサの死でスカーが王になってからもプライド・ランドへ残りますが、傍若無人な振舞いをします。 礼儀正しく、ツッコミもすることも多いです。 シェンジ・バンザイ・エド(片岡富枝・?・?) スカーの子分であるハイエナです。 メスでリーダーのシェンジと短気なバンザイ、面白がり屋のエドです。 スカーの命令には従っていましたが、スカーの嘘を知った後スカーを食い殺しました。 ライオンキングあらすじネタバレ アフリカの広大なサバンナにある動物の王国プライド・ランドで王に子供が生まれました。 名前はシンバでムファサ王の息子として生を受けました。 息子であるシンバに、自然界を支配していくバランスや王としての心得について教えますが、やんちゃなシンバは幼馴染のナラと遊んでばかりでした。 そんな時、シンバがプライド・ランドの次期王になることをよく思っていないムファサ王の弟スカーは子分のハイエナたちを連れて ムファサ王殺害計画を立てます。 計画は実行され、シンバを助けようとしたムファサは崖から突き落とされて殺害されました。 父親を失って、スカーに支配されたプライド・ランドは最悪でした。 故郷を追われ、絶望的になって砂漠をさまよっていたシンバの前にミーアキャットのティモンとイボイノシシのプンバァが現れます。 シンバは2匹と一緒に 「ハクナマタタ」をモットーとした暮らしを続けて成長していきます。 一方、プライド・ランドは昔の面影もないくらいにボロボロでした。 故郷を出てきたナラと偶然に再会して、プライド・ランドの現状を知らされます。 どうしようか葛藤していたシンバでしたが、ヒヒのラフィキの助言によりスカーと対決することを決めました。 プライド・ランドに帰ってきたシンバはスカート対決し、見事スカーを倒したのです。 プライド・ランドは少しずつ平和を取り戻し、 シンバはプライド・ランドの新たな王となりました。 アフリカの動物たちもたくさん出てくるので、見ていてにぎやかで楽しいです。 ディズニー映画で男の子が喜びそうなかっこいい映画です。 主題歌や挿入歌 愛を感じて 作詞;ティム・ライス 作曲;エルトン・ジョン 何かおきている(何が!) 俺にはわかる(ほう) あいつが恋をしたら 二人になっちまう(おお) やさしい夕暮れ 魔法にみちて すべてがロマンティック 何だかイやな感じだ キャン・ユー・フィール・ ザ・ラヴ・トゥナイト 愛を感じて 世界を包む ハーモニー 命の歌よ 話したいけど どうすればいい 過去の真実 ああだめだ いえないんだ 秘密を抱いて 苦しんでる わたしには わかるのよ 王はあなた キャン・ユー・フィール・ ザ・ラヴ・トゥナイト 愛を感じて 世界を包む ハーモニー 命の歌よ キャン・ユー・フィール・ ザ・ラヴ・トゥナイト 今を見つめ 夜の間を抜けて 愛は今 あいつが恋をした すべて終わる 気楽で すてきな暮らし きっともう終わる ハクナ・マタタ 作詞;ティム・ライス 作曲;エルトン・ジョン (ハクナ マタタさ! 嫌な事は忘れろ!) ハクナ マタタ なんていい響きなんだ ハクナ マタタ 愛のメッセージ 悩まずに生きることさ 俺たちのこの知識 ハクナ マタタ 「ハクナ マタタ?」 「俺たちのモットーだよ」 「え?モットー?」 「もっと教えてほしいってか?」 (笑) 「いいかい?坊や」 「この言葉で悩みなんか 綺麗にふっとんじまうのさ」 「その通り!」 「例えばこのプンバァだ」 いくぜっ! こいつがもっと 若いときだが やるじゃねぇか ありがと 食後にサバンナ行ったとき 体のにおいに 気がついた 俺は傷つきやすい 鈍感そうでも まいったぜ みんな風下に立たない ああ 恥ずかしかった! (恥ずかしかった!) 名前変えたかった! (ほぅ どんな名前?) 落ち込んだぜ (どんな感じ?) いつも俺がガs…. おいプンバァ やめろ 子どもの前だぞ あぁ ごめん ハクナ マタタ いい響きだ ハクナ マタタ 愛のメッセージ 悩まずに 暮らすことさ (いいぞ!そうだそうだ!) 俺たちのこの知識 ハクナ マタタ 「ようこそ!ここが俺たちの マイホームだ!」 「ここに住んでいるの?」 「好きな所に住むのさ」 「そう、どこだってケツが落ち着く」 「綺麗なトコだね」 「腹減った!」 「でっかいシマウマを 丸ごと食べられそうだよ?」 「えーあ。 シマウマはネタ切れだよ?」 「レーヨーは?」 「ないね」 「カバは?」 「んーない!」 「なぁ坊や?ここで暮らすんなら 食い物も一緒だ」 「よーし!そんじゃあ、ちょっと この辺で昼飯にするか!」 「うぇーなにそれ」 「虫だよ!ステーキに見えんのか?」 「ゲェーヤダァ」 「ん~」 「こりゃチキンの味だぜ」 「のどごしとっても爽やか!」 「こいつはなかなかの珍味だ」 「そうそう!」 「コクが ピリッとしてサクッとした歯触り」 「いっぺん食うと癖になるぜ!」 「楽しいねぇ! 何の決まりもない責任もない 気ままな生き方だ! おや! おっとこいつはクリーミーな味わい 悩み事なんか何一つねぇ 食ってみな」 「ごめんね、 ハクナマタタなんだ…」 「のどごし……爽やかだね!」 「その調子!」 (ハクナ マタタ ハクナ マタタ ハクナ マタタ ハクナ) 悩まずに生きることさ 俺たちの合言葉 ハクナ マタタ ハクナ マタタ ハクナ マタタ ハクナ マタタ ….. ラフィキが巡りめぐる生命の賛歌を歌い上げる中、あらゆる動物たちが、シンバの誕生を祝うためにプライドロックに集まる。 しかし一人だけ未来の王の誕生を快く思わない者がいた。 光に満ちた王国:プライドランド全土を目の前にして、父王ムファサは息子に「サークル・オブ・ライフ(命の連鎖)」の理念を教える。 「ライオンも死ねば草となり、その草を草食動物が食べ、その草食動物をライオンが食べる。 全てのものはこのめぐりめぐる偉大な生命の調和に結びついている。 王としてそれを理解し、全ての生命を尊重すべきである」と。 好奇心旺盛なシンバは叔父スカーから聞いた禁断の場所へ踏み込む。 そこで待っていたのは、ライオンの支配が面白くないハイエナ3匹。 強がるシンバだが歯が立たず、あわやという時、危機一髪で父に助けられる。 未来の王としてあるまじき勝手な振る舞いを叱る王。 しかし星空の下、王はすっかり意気消沈した息子に父として語りかける。 「過去の偉大なる王たちが、あの星からお前を見守っている。 そしてお前を導いてくれるだろう。 彼らはお前の中に生きているのだ」と。 しかしその裏では、ハイエナたちがライオンの王国を乗っ取ろうという陰謀を企てていた。 最初のラフィキの声で物語に引き込まれました。 演じる人の息づかいまで伝わってきて迫力がありました! 人生初のミュージカルがライオンキングで良かったです。 4回目のライオンキングです。 いつもまだ劇団四季を観たことがない友人を連れていきます。 観た後の友人の衝撃をうける様子が楽しいです。 しかし中々劇場に足を運べずCDで色々な作品を見ていました。 初めてのライオンキングでしたが、やはりサークルオブライフから圧倒されま.. コーラスが私の心に押し寄せるように響いて苦しくなりました。 シャドウランド、愛を感じてはとても気に入っています。 今もCDを聞いています。 劇団員の皆さんが毎日精進されている成果と思… 現在、東京・札幌の2か所で上映されています!.

次の

【歌詞カタカナ】Hakuna Matata ハクナマタタ ライオンキング

ライオン キング 歌 ハクナマタタ

『ライオン・キング』(1994)ファンの方はきっと、映画から人生についての多くを学んだり、劇中の言葉に心を動かされたり、また当時はVHSやカセットテープ(!)で、その映像や音楽に触れてきていたのではないでしょうか。 ディズニーストアにある、たくさんのライオン・キンググッズもきっとご存知ですよね。 ストアでゲットしたシンバやナラのヘア・アクセサリを使うことが、今はもうなくなっている方でも、きっと今でも作品に感じたたくさんの想いは、心に残っていることでしょう。 【1】"ハクナ・マタタ"という生き方 年を重ねるにつれて、心配事が増えていくように感じているかも知れません。 毎日が重荷ばかりに思えてしまうときは、ティモンやプンバァを思い出して、物事を俯瞰(ふかん)で見るようにしてみると良いかも知れません。 仕事も雑用もこなさなければならないけれど、早く終わらせて「ハクナ・マタタ~」と歌ってみましょう。 子どもの頃のように。 【2】準備万端、整えておく スカーはとてつもなく性悪なキャラクターではありますが、彼のテーマ曲にある「準備をしておけ」とは、実は役立つアドバイスです。 彼の素晴らしいメッセージに賞賛を送りましょう。 プライド・ランドを乗っ取ったことは褒められませんが。 【3】シンバに夢中! シンバはもちろん、シンバの声を演じた、ジョナサン・テイラー・トーマスにも夢中になったのでは?シンバとジョナサンのスクラップブックを作った方もいたはずです。 時が経とうとも、彼らに対する愛は変わりませんよね。 【4】ラフィキのようにすれば、どんなことも楽しくなる これは時を経ても役に立つアドバイスでしょう。 身近な何かを持ち上げて、ラフィキのようにしてみれば、インスタ映えしそう!特に、新しい家族が増えるとき、たとえば新しいペットが加わるときなど、ラフィキのようにしてみてはどうでしょうか。 【5】どうするべきか迷ったときは、ムファサの言葉を "準備をすること"以外に有効なアドバイスとしては、"自分が何者であるかを思い出す"ことではないでしょうか。 大人になった今、私たちは人生のゴールや価値、未来について思いをはせることがあります。 そんなとき、ムファサがシンバに向けて伝えたメッセージが心に刺さるはずです。 子どものときに感じた興奮とは別の感慨が胸に残るでしょう。 ムファサの言葉がいかに子ども時代の私たちに影響していたか、そして彼がどれほど賢明であったかに、今さらながら気付きますよね。 【6】実はすごいザズーの存在 シンバとナラがザズーを置き去りにしようとしたとき、観ていた私たちも同調しましたよね。 あのときのザズーといえば、頭の固いつまらない存在に見えていましたから。 でも、思い返してみると、ザズーは彼らのことを思いやり、危険が及ばないように気遣ったのです。 また、ザズーの導きなしでは、シンバは王にならなかったでしょうね。 皮肉屋ではありますが、分別ある彼の資質はぜひ見習いたいものです。 【7】高らかに歌う「サークル・オブ・ライフ」で気分すっきり 長いドライブや忙しい一日、もしくは大きな仕事を目の前にしたときは、「サークル・オブ・ライフ」を大きな声で歌いましょう。 初めて『ライオン・キング』を観たときの気持ち、奇跡や興奮に満たされるときの気持ちを思いださせてくれる曲です。 どんなにタフな一日も、憂鬱な一週間も、乗りきる原動力となるでしょう。 いかがでしたか。 20年以上前に公開された『ライオン・キング』。 今も変わらず多くのファンを魅了しているのには、人生を豊かにするヒントが隠されているからかも知れません。 ムファサ、ラフィキはもちろん、スカーの言葉にも、です。 お子さまから大人まで楽しめるディズニーの名作を、ぜひまた観返してみてください。

次の