原油 在庫。 原油先物は下落、米原油・ガソリン在庫が増加

アメリカ・週間石油在庫統計|経済指標|みんかぶFX

原油 在庫

OPECとロシアなどの非加盟国のOPECプラスは、7月末まで協調減産を継続する。 OPECプラスは5-6月の日量970万バレル、7-12月は770万バレルを減産することで合意していたが、7月も970万バレルの減産を継続する。 サウジアラビアは6月に日量100万バレルの減産を実施したとされている。 自主減産を終了する背景には、アブドルアジズ・エネルギー相によれば、「世界的な原油需要の回復を示している可能性がある」と見ているからである。 国営石油会社サウジアラムコも、全地域対象に7月から販売価格を引き上げる。 そのことも影響し、原油先物は3%下落した。 さらに、米国石油協会の週間在庫統計で、5日までの原油在庫が800万バレル超となったことも下落の原因であると考えられる。 ロシアのノバク・エネルギー相は、協調減産によって日量900万バレル程度の供給が削減されたと指摘している。 ただし、8月時点の状況を見極めるのは時期尚早としている。 新型コロナウイルスのパンデミックについては、欧米諸国ではピークを過ぎ、経済活動を再開し落ち着きを取り戻したかのように見える。 だが南米など遅れて拡大している地域もある。 需要が戻りつつあるという見方もあるが、米国の原油在庫がまだまだ積み上がっていることを考えれば、需要が戻ってもパンデミック前に戻るのには時間がかかるだろう。 (記事:森泰隆・).

次の

石油下流業界における在庫評価影響を除いた利益

原油 在庫

【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 掲載しているFX会社の評価やランキングは、各FX会社の公式サイトの掲載情報や、実際の取引画面の調査、個人投資家へのアンケートに基づいています。 ただし、必ずしもサービスの内容、正確性、信頼性等を保証するものではございません。 また、ランキングの評価項目は各カテゴリの比較ページに掲載しています。 総合ランキングについてはスプレッド比較、スワップ比較、PCツール比較、スマホアプリ比較、取引ルール比較、ニュース・コラム比較の評価をもとにランキングを作成しています。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の

米国の原油事情を分解。本当に減産は世界の原油在庫を減らせるのか!?<前編>

原油 在庫

OPECとロシアなどの非加盟国のOPECプラスは、7月末まで協調減産を継続する。 OPECプラスは5-6月の日量970万バレル、7-12月は770万バレルを減産することで合意していたが、7月も970万バレルの減産を継続する。 サウジアラビアは6月に日量100万バレルの減産を実施したとされている。 自主減産を終了する背景には、アブドルアジズ・エネルギー相によれば、「世界的な原油需要の回復を示している可能性がある」と見ているからである。 国営石油会社サウジアラムコも、全地域対象に7月から販売価格を引き上げる。 そのことも影響し、原油先物は3%下落した。 さらに、米国石油協会の週間在庫統計で、5日までの原油在庫が800万バレル超となったことも下落の原因であると考えられる。 ロシアのノバク・エネルギー相は、協調減産によって日量900万バレル程度の供給が削減されたと指摘している。 ただし、8月時点の状況を見極めるのは時期尚早としている。 新型コロナウイルスのパンデミックについては、欧米諸国ではピークを過ぎ、経済活動を再開し落ち着きを取り戻したかのように見える。 だが南米など遅れて拡大している地域もある。 需要が戻りつつあるという見方もあるが、米国の原油在庫がまだまだ積み上がっていることを考えれば、需要が戻ってもパンデミック前に戻るのには時間がかかるだろう。 (記事:森泰隆・).

次の