じゃがいも 簡単 おかず。 お弁当におすすめ!じゃがいものおかず24選|作り置きや簡単おかず、子どもが喜ぶ料理など、お弁当向きなじゃがいもレシピを厳選!

お弁当にじゃがいものおかずはいかが?|簡単レシピ23選&冷凍保存法|cozre[コズレ]子育てマガジン

じゃがいも 簡単 おかず

じゃがいも簡単おかずの人気レシピランキング! まずはじゃがいものレシピで大人気の1位~5位までをご紹介します。 クックパッドでつくれ ぽ 1000越えの殿堂入りレシピです。 じゃがいもを1袋使ったじゃがいもガレット! チーズとウィンナーとも相性ばっちりの簡単に作れる子供も大好きな料理です。 おかずにもお弁当にもおすすめです。 じゃがいもはレンチンしてから炒めて時短に! 焦がしたくないときは、火を止めてからコンソメを入れるのがポイントうです。 じゃがいもを4~5個使って、コロッケが10個くらい作れます。 本にも掲載された人気レシピ。 簡単お弁当の人気検索で1位になったレシピです。 鍋にじゃがいもと調味料などを入れて煮るだけの簡単にできる煮物。 緑色が可愛いお弁当にぴったりなおかずです。 お手頃な鶏肉とじゃがいもを使っています。 ガリバタソースがおいしさのポイント。 コロコロとした形がかわいいじゃがいものおかずです。 まとめ じゃがいもを使った簡単にできるおかずレシピをご紹介しました。 じゃがいもだけを使ったガレットや簡単に作れる煮物など朝食や夕食に食べたいおかず、忙しい朝でも簡単に作れるお弁当に入れたいじゃがいもレシピなど。 ただし夏場は芽がでやすいので冷蔵庫での保存がおすすめです。 新聞紙にくるんでからポリ袋に入れ、冷蔵庫の野菜室で保存します。 じゃがいもはリンゴの約6倍のビタミンCが含まれていて、でんぷんに覆われているので加熱しても壊れにくいです。

次の

じゃがいもを使った簡単レシピ特集!もう一品ほしい時におすすめの人気料理をご紹介

じゃがいも 簡単 おかず

冷蔵保存におすすめ 【未加熱の、皮をむいたり切ったりしたじゃがいも】 水を張ったタッパーなどに入れて保存し、早めに使い切るようにしましょう。 忙しい週に煮物などをすぐ作りたいと思ったら、時間がある時に下ごしらえしておくのがおすすめです。 ・保存目安期間 ~1週間 【茹でたじゃがいも】 そのままタッパーなどに入れて保存しましょう。 茹でる場合は、皮の有無にかかわらず水から茹でます。 鍋で煮るのもいいですが、切ったじゃがいもを炊飯器に入れ、スイッチを入れるだけでもできあがります。 また、じゃがいもを丸ごとラップでふんわり包み、電子レンジで加熱する方法もいいですね。 蒸し器や圧力鍋、シリコンスチーマーなどで火を通す方法もあります。 ・保存目安期間 3~4日 あらかじめ作り置きできるメニュー 【コロッケ】 冷凍しておいたマッシュポテトを解凍し、味付けした具材を加えて揚げます。 油を極力抑えたい場合には揚げなくても大丈夫です。 炒ったパン粉をまぶしたり、アルミカップに詰めてパン粉を乗せたりしてトースターで焼いても良いでしょう。 【きんぴら】 前日にじゃがいもを細くカットし、水を張ったタッパーに入れ、冷蔵庫に保存しておきます。 朝は、ハムやベーコン、にんじん、ピーマンなど好きな具材と炒めて味付けすると、じゃがいものきんぴらが完成します。 【煮物や煮っころがし】 前日までに一度調理を完成させておき、冷まして冷蔵保存します。 お弁当に入れる直前に温め直して入れると、時間が経ってしっかり味がなじんだおいしい煮物になっています。 冷めてもおいしく食べられるので、煮物などは前日までに作っておくのがおすすめです。 作り方 1. じゃがいもは皮をむき、小さくカットしてラップをしたら電子レンジで加熱します。 潰したら、Aを加えてよく混ぜます。 硬いようなら牛乳を加え、しっとりとさせましょう。 豚バラ薄切り肉に塩こしょうをして、半分の長さに切ります。 じゃがいもを肉と同じ幅の俵型に丸めて端から巻きます。 巻き終わりに軽く片栗粉をまぶしておきましょう。 巻き終わりを下にして転がしながら焼きます。 じゃがいもも立てて、焼き色をつけます。 耐熱ボウルにBを混ぜ、ラップをして電子レンジで加熱し混ぜ合わせておきましょう。 焼けたらタレをかけてできあがり。 豆板醤は、大人用のみに入れてもいいですね。 見栄えがするので、パーティーにもおすすめです。 作り方 1.新じゃがをよく洗い、シリコンスチーマーに入れ、電子レンジ700wで2分加熱します。 細ねぎは小口切りに、しょうがとにんにくはみじん切りにします。 2.出し汁、醤油、砂糖、オイスターソース、片栗粉をボウルに入れ、良く混ぜます。 3.じゃがいもを180度の揚げ油で、竹串がすっと通ってキツネ色になるまで揚げます。 油を切り、軽く塩を振りかけます。 4.小さめのフライパンを中火で熱し、油を入れて、しょうが、にんにくを炒めます。 さらに合びきミンチを加え、塩こしょうして炒めます。 5.火を止め、フライパンの油をふき取ります。 6.揚げたじゃがいもをフライパンに戻します。 2をもう一度よく混ぜて、フライパンに加え、弱火で2~3分混ぜながら加熱します。 7.固めかなと思うくらいで火を止め、お皿に盛り、ねぎを散らします。 お弁当の時は、じゃがいもを一口サイズに切って作ると食べやすいでしょう。 普通のじゃがいもでも作れますが、皮が硬くて食べにくいので、皮をむいて作ってもいいですね。 作り方 1.じゃがいもは1. 5cm角にカットし、玉ねぎは1cmくらいの粗みじん切りにします。 耐熱容器に入れてラップをし、電子レンジで5分くらい加熱します。 2.ピーマンを1cm角くらいに切り、ひき肉と炒め、1も入れて昆布茶・こしょうを振り、さらに炒めます。 卵はボウルに割り入れ、溶いておきます。 3.2で炒めたものを卵のボウルに入れて混ぜ、バターをひいたフライパンに戻して焼いていきます。 4.中火である程度固まったら、底から混ぜ合わせて中~弱火で全体を固めるように焼いていきます。 焼き色を付け、裏返して両面焼いたら完成です。 ケチャップやソースはお好みでかけてくださいね。 食べやすい大きさに切って、ピックで刺してあげると仕上がりもかわいいですね。 作り方 1.熱したフライパンにツナ缶(汁も)と、下茹で済みのじゃがいも、にんじん、玉ねぎを入れて水分を飛ばしながら炒めます。 2.インゲンをキッチンばさみなどで4等分して入れ、じゃがいも、にんじん、玉ねぎはヘラなどで食べやすい大きさに小さくします。 3.水分が飛んだらカレーパウダーで味付けし、火を止めてマヨネーズで味を調えます。 ポテトサラダをツナ入りのカレー味にすることで、いつもとはちょっと違った雰囲気になりますね。 子どもが苦手な緑色の野菜も、カレー味のポテトサラダに入れれば食べてくれるかもしれません。 前日にじゃがいも、にんじん、玉ねぎを使ったスープなどを作っておくと、取り分けができて翌朝のお弁当作りが楽になりますよ。 作り方 1.じゃがいもは皮をむいて一口大に、にんじんは乱切りにする。 えのきは2cm程度の長さに、しめじは小房に分けます。 2.スチームケースや耐熱容器に1を入れ、ごま油を混ぜ合わせる。 醤油とみりんを回し入れ、柔らかくなるまで600wで5分ほど加熱します。 3.全体を混ぜて蓋をし、4~5分置いて味をなじませます。 味が薄いようなら塩で調整するとよいでしょう。 お弁当のように、冷めてから食べるものは味がちょっと濃い方がおいしく感じますよね。 ごま油の香りも良く、食欲をそそります。 使うのは電子レンジだけなので、朝の時間がないときでも簡単にできるのも良いですよ。 お使いのレンジによって加熱時間は調整してくださいね。 作り方 1.じゃがいもをぬるま湯に浸け、きれいにこすり洗いをして水気をきりましょう。 2.鶏もも肉を食べやすい大きさにカットします。 3.沸騰したお湯に塩をひとつまみ入れ、うすいえんどうを4~5分茹でてザルにあげます。 4.フライパンにオリーブオイルを熱し、1を中火で炒めて火が通ったら2を加えて炒めます。 6.汁気がなくなってきたら3を加え、鍋をゆすって汁を絡ませます。 冷めるときに味が染み込んでいくので、夕飯のおかずとして前夜に作って取り分けると、翌日のお弁当にちょうどよさそうですね。 うすいえんどうを後から加えるので鮮やかな緑色がきれいに残ります。 じゃがいもはお弁当に入れる際に小さく切ってあげると食べやすいですね。

次の

お弁当にじゃがいものおかずはいかが?|簡単レシピ23選&冷凍保存法|cozre[コズレ]子育てマガジン

じゃがいも 簡単 おかず

冷蔵保存におすすめ 【未加熱の、皮をむいたり切ったりしたじゃがいも】 水を張ったタッパーなどに入れて保存し、早めに使い切るようにしましょう。 忙しい週に煮物などをすぐ作りたいと思ったら、時間がある時に下ごしらえしておくのがおすすめです。 ・保存目安期間 ~1週間 【茹でたじゃがいも】 そのままタッパーなどに入れて保存しましょう。 茹でる場合は、皮の有無にかかわらず水から茹でます。 鍋で煮るのもいいですが、切ったじゃがいもを炊飯器に入れ、スイッチを入れるだけでもできあがります。 また、じゃがいもを丸ごとラップでふんわり包み、電子レンジで加熱する方法もいいですね。 蒸し器や圧力鍋、シリコンスチーマーなどで火を通す方法もあります。 ・保存目安期間 3~4日 あらかじめ作り置きできるメニュー 【コロッケ】 冷凍しておいたマッシュポテトを解凍し、味付けした具材を加えて揚げます。 油を極力抑えたい場合には揚げなくても大丈夫です。 炒ったパン粉をまぶしたり、アルミカップに詰めてパン粉を乗せたりしてトースターで焼いても良いでしょう。 【きんぴら】 前日にじゃがいもを細くカットし、水を張ったタッパーに入れ、冷蔵庫に保存しておきます。 朝は、ハムやベーコン、にんじん、ピーマンなど好きな具材と炒めて味付けすると、じゃがいものきんぴらが完成します。 【煮物や煮っころがし】 前日までに一度調理を完成させておき、冷まして冷蔵保存します。 お弁当に入れる直前に温め直して入れると、時間が経ってしっかり味がなじんだおいしい煮物になっています。 冷めてもおいしく食べられるので、煮物などは前日までに作っておくのがおすすめです。 作り方 1. じゃがいもは皮をむき、小さくカットしてラップをしたら電子レンジで加熱します。 潰したら、Aを加えてよく混ぜます。 硬いようなら牛乳を加え、しっとりとさせましょう。 豚バラ薄切り肉に塩こしょうをして、半分の長さに切ります。 じゃがいもを肉と同じ幅の俵型に丸めて端から巻きます。 巻き終わりに軽く片栗粉をまぶしておきましょう。 巻き終わりを下にして転がしながら焼きます。 じゃがいもも立てて、焼き色をつけます。 耐熱ボウルにBを混ぜ、ラップをして電子レンジで加熱し混ぜ合わせておきましょう。 焼けたらタレをかけてできあがり。 豆板醤は、大人用のみに入れてもいいですね。 見栄えがするので、パーティーにもおすすめです。 作り方 1.新じゃがをよく洗い、シリコンスチーマーに入れ、電子レンジ700wで2分加熱します。 細ねぎは小口切りに、しょうがとにんにくはみじん切りにします。 2.出し汁、醤油、砂糖、オイスターソース、片栗粉をボウルに入れ、良く混ぜます。 3.じゃがいもを180度の揚げ油で、竹串がすっと通ってキツネ色になるまで揚げます。 油を切り、軽く塩を振りかけます。 4.小さめのフライパンを中火で熱し、油を入れて、しょうが、にんにくを炒めます。 さらに合びきミンチを加え、塩こしょうして炒めます。 5.火を止め、フライパンの油をふき取ります。 6.揚げたじゃがいもをフライパンに戻します。 2をもう一度よく混ぜて、フライパンに加え、弱火で2~3分混ぜながら加熱します。 7.固めかなと思うくらいで火を止め、お皿に盛り、ねぎを散らします。 お弁当の時は、じゃがいもを一口サイズに切って作ると食べやすいでしょう。 普通のじゃがいもでも作れますが、皮が硬くて食べにくいので、皮をむいて作ってもいいですね。 作り方 1.じゃがいもは1. 5cm角にカットし、玉ねぎは1cmくらいの粗みじん切りにします。 耐熱容器に入れてラップをし、電子レンジで5分くらい加熱します。 2.ピーマンを1cm角くらいに切り、ひき肉と炒め、1も入れて昆布茶・こしょうを振り、さらに炒めます。 卵はボウルに割り入れ、溶いておきます。 3.2で炒めたものを卵のボウルに入れて混ぜ、バターをひいたフライパンに戻して焼いていきます。 4.中火である程度固まったら、底から混ぜ合わせて中~弱火で全体を固めるように焼いていきます。 焼き色を付け、裏返して両面焼いたら完成です。 ケチャップやソースはお好みでかけてくださいね。 食べやすい大きさに切って、ピックで刺してあげると仕上がりもかわいいですね。 作り方 1.熱したフライパンにツナ缶(汁も)と、下茹で済みのじゃがいも、にんじん、玉ねぎを入れて水分を飛ばしながら炒めます。 2.インゲンをキッチンばさみなどで4等分して入れ、じゃがいも、にんじん、玉ねぎはヘラなどで食べやすい大きさに小さくします。 3.水分が飛んだらカレーパウダーで味付けし、火を止めてマヨネーズで味を調えます。 ポテトサラダをツナ入りのカレー味にすることで、いつもとはちょっと違った雰囲気になりますね。 子どもが苦手な緑色の野菜も、カレー味のポテトサラダに入れれば食べてくれるかもしれません。 前日にじゃがいも、にんじん、玉ねぎを使ったスープなどを作っておくと、取り分けができて翌朝のお弁当作りが楽になりますよ。 作り方 1.じゃがいもは皮をむいて一口大に、にんじんは乱切りにする。 えのきは2cm程度の長さに、しめじは小房に分けます。 2.スチームケースや耐熱容器に1を入れ、ごま油を混ぜ合わせる。 醤油とみりんを回し入れ、柔らかくなるまで600wで5分ほど加熱します。 3.全体を混ぜて蓋をし、4~5分置いて味をなじませます。 味が薄いようなら塩で調整するとよいでしょう。 お弁当のように、冷めてから食べるものは味がちょっと濃い方がおいしく感じますよね。 ごま油の香りも良く、食欲をそそります。 使うのは電子レンジだけなので、朝の時間がないときでも簡単にできるのも良いですよ。 お使いのレンジによって加熱時間は調整してくださいね。 作り方 1.じゃがいもをぬるま湯に浸け、きれいにこすり洗いをして水気をきりましょう。 2.鶏もも肉を食べやすい大きさにカットします。 3.沸騰したお湯に塩をひとつまみ入れ、うすいえんどうを4~5分茹でてザルにあげます。 4.フライパンにオリーブオイルを熱し、1を中火で炒めて火が通ったら2を加えて炒めます。 6.汁気がなくなってきたら3を加え、鍋をゆすって汁を絡ませます。 冷めるときに味が染み込んでいくので、夕飯のおかずとして前夜に作って取り分けると、翌日のお弁当にちょうどよさそうですね。 うすいえんどうを後から加えるので鮮やかな緑色がきれいに残ります。 じゃがいもはお弁当に入れる際に小さく切ってあげると食べやすいですね。

次の