ナンバー 変更。 3ナンバーを1ナンバーに変更できる条件と手続き方法について

ETC車載器の名義変更やナンバー変更時の対処方法|車検や修理の情報満載グーネットピット

ナンバー 変更

引越し後は様々な手続きが必要です。 その中のひとつが車のナンバー変更です。 忙しいとそのままにしておきたいと思ってしまいますが、放っておいてもよいのでしょうか。 引越し後の車のナンバー変更の必要性と方法について解説いたします。 車のナンバー、気に入っているから変えたくない! 引越しで車のナンバー変更が必要といわれても、覚えやすいナンバーや語呂が良いナンバーは変えたくないですよね。 引越ししたら車のナンバーは変更しないといけないのでしょうか。 引越しでのナンバー変更は法律で定められている 当たり前のようについているナンバープレートには、その車が登録された場所、その車の所有者などを明らかにする役割があります。 課税漏れや盗難などを防ぐ働きがあるので、道路運送車両法で「自動車はナンバープレートを付けること、見やすい場所に表示すること」が定められています。 同法第12条には「住所又は使用の本拠の位置に変更があつたときは、その事由があつた日から十五日以内に、国土交通大臣の行う変更登録の申請をしなければならない。 」ことも定められています。 居住する都道府県や管轄する運輸支局が変わった方が、法律に従い住所変更手続きを行った場合、ナンバープレートの変更も必要になります(管轄する運輸支局が同じ場合、住所変更してもナンバープレートの変更は必要ありません)。 つまり、条件に当てはまる方の引越しによるナンバープレートの変更は、法律で定められているのです。 実際には、ナンバーはそのままでも特別な問題はない ナンバープレートの変更を行わないと罰則があるのでしょうか。 道路運送車両法第109条を確認すると「次の各号のいずれかに該当する者は、五十万円以下の罰金に処する。 」とあります。 次の各号の中には、道路運送車両法第12条が含まれています。 つまり、住所変更、ナンバー変更を行わないと50万円以下の罰金に処される可能性があります。 とはいえ、ナンバーの変更を行わなかった方すべてに罰金が科されるわけではありません。 実際は、ナンバーの変更を行わなくても罰金を科されず過ごせることが多いようです。 ただし、住所変更、ナンバー変更をしていないと譲渡するときに問題になることがあるなどトラブルにつながる恐れがあります。 現在のナンバーに愛着がある方も法律に従い住所変更、ナンバー変更を行ったほうが良いでしょう。 自動車税の住所変更はしておくこと! 引越し時に忘れず行いたい車関連の手続きが自動車税の住所変更です。 これを忘れると様々なトラブルに直結します。 具体的には、納税用紙が旧住所に届く、自動車税を滞納してしまう、車検が受けられないなどのトラブルにつながります。 引越しした方は忘れずに行いましょう。 自動車税の住所変更は、納税用紙と一緒に送られてくる自動車税住所変更届で行えます。 引越しの予定がある方は、変更届を保管しておくと便利です。 車の住所変更をしてナンバーを変更する場合の方法 引越しに伴う車の住所変更、ナンバー変更を行いたい場合、どのようにすればよいのでしょうか。 車の住所変更、ナンバー変更を行う2つの方法を紹介します。 ディーラーなど店舗に依頼する場合 車の住所変更、ナンバー変更は、カーディーラーなどに依頼することができます。 カーディーラーに依頼する場合、次の書類などが必要になります。 車検証• 発効から1カ月以内の車庫証明書• 発効から3カ月以内の住民票• 車庫証明書は警察署で受け取れます。 車庫証明の申請も併せてカーディーラーなどに依頼することができます。 住民票は新住所が記載されているものです。 カーディーラーなどに依頼する方はこれらの書類などを用意しておきましょう。 自分で手続をする場合 車の住所変更、ナンバー変更は、自分で行うこともできます。 自分で手続きを行う場合、次の書類が必要です。 必要書類など• 車検証• 発効から1カ月以内の車庫証明書• 発効から3カ月以内の住民票• 申請書• 手数料納付書• 申請書、手数料納付書、自動車税申告書は当日用意できます。 自分で手続きを行う方は、車検所から認め印までを前日までに用意しましょう。 提出先の陸運局での流れ 車の住所変更、ナンバー変更は管轄の陸運局で行います。 自分で手続きを行う方は必要書類などをもって出かけましょう。 陸運局での流れは次の通りです。 書類の作成 窓口で申請書、手数料納付書、自動車税申告書を受け取り見本に従い記入します。 印紙の購入 350円(変更登録手数料)の印紙を購入して手数料納付書に貼り付けます。 窓口に書類を提出 出来上がった書類を窓口に提出します。 車検証を受け取る 窓口でしばらく待機していると新しい車検証が出来上がります。 名前を呼ばれたら新しい車検証を受け取ります。 税申告窓口に提出 税申告窓口に、車検証と自動車税申告書を提出します。 以後、自動車税の納付書などが新住所へ送付されます。 ナンバープレートの返納 住所変更に伴いナンバープレートが変わる方は、窓口で古いナンバープレートを返納します。 (古いナンバープレートを返納するタイミングは陸運局により異なります。 新しいナンバープレートの購入 交付窓口で新しいナンバープレートを購入します。 車に新しいナンバーを取り付けて、封印してもらい住所変更とナンバー変更が完了します。 住所変更、ナンバー変更の手続きを行う前に管轄の陸運局で確認してください。 車のナンバー変更で発生する気をつけておきたいこと 車のナンバーを変更する方は次のポイントにも注意が必要です。 ETCの再設定が必要 引越しに伴い車のナンバー変更を行った方は、ETCの再セットアップが必要です。 ETCの再セットアップは、登録されたETCセットアップ店で行えます。 暗号処理などが施されているので、登録されていない店舗や個人では行えません。 車のナンバーを変更した方は、ETCセットアップ店で相談しましょう。 再セットアップは、ETCセットアップ店に用意されているセットアップ申込書に必要事項を記入することで行えます。 車検証に記載されている利用者本人以外の方が申し込むには委任状が必要なので注意しましょう。 自動車保険の変更手続きが必要 車のナンバープレートを変更した方は、自動車保険の登録番号変更手続きも必要です。 登録番号変更手続きを忘れると、事故を起こしたときに契約車両とみなされない恐れがあります。 忘れずに加入する保険会社に連絡しましょう。 まとめ 引越しで住所が変わった方は、車の住所変更、ナンバー変更の手続きが必要です。 変更手続きを怠ると罰金を科されることやトラブルにつながることなどがあります。 車の住所変更、ナンバー変更は、カーディーラーなどに依頼できるほか自分で行うこともできます。 自分で行ったほうが安価ですが、引越し後の慌ただしい時期に決められた期間以内に行うことは大変です。 手間を減らしたい方はカーディーラーなどに依頼すると良いでしょう。 ナンバープレートの変更を行った方は、ETCの再セットアップ、自動車保険の変更手続きも必要です。 これらも忘れずに行いましょう。

次の

ナンバー再交付・番号変更

ナンバー 変更

車のナンバーを変更しないとどうなるの? 気になるのは車のナンバーを変更しなかったときにどんな罰則があるのかです。 道路運送車両法第12条が定めるところによると、ナンバープレートの変更を行わない場合五十万円以下の罰金に処される可能性があります。 ただ可能性という言葉からもお分かりかとは思いますが、実際に罰則が適用されるケースはそれほど多くはないようです。 車検も問題なく通りますし、自動車税の納付書も税管理事務所に申請しておけば新しい住所に送付されます。 これだけを見れば特にナンバーの変更を行わなくても問題はないように思えますが、実際には車の廃棄や売却の際には手続きが煩雑になってしまいめんどうなことが多くなりがちです。 具体的にどんなことがあるかと言えば、駐車違反を犯したときに違反切符が車のフロントガラスに張り付けされていることがありますが、ナンバーの変更手続きを行っていない場合、反則金の支払い通知が現住所に送付されることはありません。 販促金の支払いが滞っていると車検を受けても車検証が交付されません。 また郵便物の転送手続きを行っていた場合でも、反則金の支払い通知が転送されてくることはないため、次の車検のときまで気づかなかったなんてことは十分に考えられることです。 このように実際に不利益が考えられる以上、ナンバーの変更は速やかに行うことをお勧めします。 車のナンバーを変更するときに必要になるもの では実際に車のナンバーの変更をするにはいったいどんなものが必要になるのでしょうか。 これは自分で手続きを行う場合と、カーディーラーに依頼する場合で若干異なります。 手続きを自分で行う場合には車検証発効から1カ月以内の車庫証明書、発効から3カ月以内の住民票、認印、申請書手数料納付書、自動車税申告書が必要となります。 以上のものはカーディーラーに依頼する場合も当然必要にはなりますが、手続きに必要なお金に関しては代行手数料に含まれていることが多いようです。 またカーディーラーに依頼する場合には認印を押印した委任状が必要であるため、忘れないようにしましょう。 また車の所有者と使用者が異なる場合にも委任状が必要となりますので、注意してください。

次の

引っ越しした人必見! 車のナンバー変更手続きの方法|中古車買取、中古車査定のアップル

ナンバー 変更

コロナウイルスの影響で移動自粛が叫ばれるなか、徳島県では県外ナンバーのクルマへの嫌がらせ行為が発生したという徳島県知事の会見があった()。 なかには防衛手段として「県内在住者」というステッカーを貼るドライバーもいるようだ。 そもそも県外ナンバーとひとくくりに言っても、物流関係や医療の支援で県境をまたぐドライバーもいるはず。 ナンバープレートがたとえ自分の自治体と異なっても嫌がらせ行為をすることは断じて許されない。 そんな一連の騒動でふと疑問に思うことが、単身赴任のような期限が決まっている引っ越しを伴う場合のナンバープレート。 近年では、ご当地ナンバーや希望ナンバー制度などの導入も有り、より愛着を感じている人も多いだろう。 しかしながら、そのナンバープレートは、オーナーが変わらずとも、変更しなくてはならないケースがある。 それは、所有者の引っ越しにより居住地が変わった場合だ。 ナンバープレートはクルマと所有者の情報を管理するもの。 居住地が変更になった場合にはナンバープレートの変更も必要だ ナンバープレート 自動車登録番号標 は、道路運送車両法により、公道で使用されるクルマは、全て登録が義務付けられている。 ナンバープレートの交付は、使用者の居住地を管轄する陸運局または軽自動車検査協会で行われる。 登録車の場合、車庫証明が必要だが、その申請が可能な車庫については、自動車の使用の本拠の位置 個人の場合は居住地 から、直線距離で2km以内であること定められている。 また軽自動車は、車庫証明は不用だが、登録時に使用者の住所を示す書類が必要となる。 つまり居住地以外のナンバープレートを取得することはできないのだ。 このため、クルマも新居住地への転入後、15日以内に登録変更を行うように、法律で定められている。 軽自動車なら、そのまま管轄の軽自動車検査協会に出向き、登録変更の手続きを行えば、愛車の引越しはほぼ終了となる。 この際、従来のナンバープレートは破棄され、新しい番号のナンバープレートが交付される。 もし希望ナンバーを望むなら、再度、その交付手続きを行う必要がある。 ・住民票を移さない場合の対応は!? もし単身赴任などで、現住所から住民票を移さない場合は、どうすればよいのだろうか。 結論からいえば、住民票を移さなくとも、ナンバーを変更することは可能だ。 登録車で必要となる車庫証明の申請には、本拠地を示すものとして、公共料金の領収書などが、生活を示す書類が使えるからだ(編註:例えば自宅が東京にあり夫の単身赴任先が北海道の場合、所有者は東京の住所のままで、使用者は北海道の住所で登録できる)。 車庫証明が発行されれば、管轄の陸運局で手続きを行えば、新しいナンバーと車検証の交付を受けられる。 また軽自動車の場合は、車庫証明が不要なので、軽自動車検査協会へ出向く。 手続きには、所有者が同様ならば、新たな本拠地を証明する書類の提出は不用となる。 ・法的な矛盾が感じられる現行制度 なぜクルマの引っ越しが必要なのか。 それは道路運送車両法第12条の規定により、使用者の住所が変更されたとき、15日以内の車検証の住所変更が義務づけられているからだ。 もし住所変更を怠ると、道路運送車両法109条2項により50万円以下の罰金が処されることもある。 また住民票を移さなくとも、それが「車庫飛ばし」と判断されることもあり、虚偽の保管場所を申請したとして、罰金刑が課されることも考えられるのだ。 このように法律で定められている以上、順守しなくてはならない。 さらにいえば、自動車税は、登録された都道府県の税収となるため、地域貢献としても大切なことだ。 短期の単身赴任などの場合はナンバープレートの変更は実質的にユーザーの負担になりやすい。 働き方が多様になった現在、ナンバープレート制度についても転換期にあるのかもしれない(写真/ucchie79-stock. adobe. com) しかし、希望ナンバーや図柄入りナンバーなど新たなサービスを提供しながらも、ユーザーがやっと手にしたナンバーを、使用者が変わらない場合でも、引き継ぐことはできないことには矛盾が感じられる。 もしナンバープレートの変更を行った場合、忘れてはならないのが、自動車保険の手続きだ。 自賠責保険と任意保険共に、住所変更及びナンバー変更を行おう。 因みに、自賠責保険は、自動車そのものと紐づけされたものなので、変更せずとも被害者に保険が適用される。 しかし、任意保険については、もしもの事故の際、対応に影響することも十分に考えられるので、速やかに手続きを行おう。 また住所が異なれば、納税通知書など自動車関連の書類が届かなくなる危険性があることもお忘れなく……。

次の