ウインター カップ 結果。 ウインターカップ2019男子試合結果2回戦

ウインターカップ2019バスケ結果速報女子・出場校組み合わせ

ウインター カップ 結果

ウィンターカップ2019 高校バスケットボールの「男子・ 女子 ウインターカップ2019」は、男子はが、女子は が優勝! 男女の試合結果一覧、 男子・女子出場チームのメンバー一覧は、以下の通り。 青森県 八戸学院光星• 岩手県 一関工• 秋田県 能代工• 山形県 羽黒• 福島県 福島東稜• 栃木県 文星芸大附• 群馬県 前橋育英• 埼玉県 正智深谷• 千葉県 市船橋• 神奈川県 東海大付相模• 山梨県 日本航空• 長野県 東海大付諏訪• 富山県 富山工• 石川県 北陸学院• 岐阜県 高山西• 静岡県 藤枝明誠• 三重県 海星• 滋賀県 光泉• 大阪府 関西大北陽• 兵庫県 報徳学園• 奈良県 奈良育英• 和歌山県 和歌山工• 鳥取県 鳥取城北• 島根県 出雲北陵• 岡山県 岡山商科大附• 山口県 豊浦• 徳島県 海部• 香川県 尽誠学園• 愛媛県 松山工• 佐賀県 佐賀東• 長崎県 長崎西• 熊本県 九州学院• 大分県 別府溝部学園• 宮崎県 延岡学園• 鹿児島県 川内• 青森県 八戸学院光星• 岩手県 盛岡白百合学園• 宮城県 明成• 山形県 山形中央• 福島県 郡山商• 茨城県 明秀学園日立• 栃木県 作新学院• 群馬県 桐生商• 埼玉県 埼玉栄• 神奈川県 アレセイア湘南• 山梨県 富士学苑• 長野県 東海大付諏訪• 富山県 高岡第一• 石川県 津幡• 福井県 足羽• 静岡県 浜松開誠館• 三重県 四日市商• 滋賀県 草津東• 京都府 京都精華学園• 兵庫県 市尼崎• 奈良県 奈良文化• 和歌山県 和歌山信愛• 鳥取県 倉吉北• 島根県 松江商• 岡山県 就実• 山口県 慶進• 徳島県 城北• 香川県 高瀬• 高知県 高知中央• 佐賀県 佐賀北• 長崎県 長崎女• 熊本県 熊本商• 大分県 中津北• 宮崎県 小林• 鹿児島県 鹿児島女•

次の

ウインターカップ2017

ウインター カップ 結果

リンク先はバスケットボール部やOB会等の公式サイト,SNSです。 ウインターカップでも、福岡第一が優勝候補筆頭ですね。 続くのが、福岡大大濠や明成、新潟勢、愛知勢になると思います。 前回&総体優勝の福岡第一は、 福岡県予選決勝でライバルの福岡大大濠に69-60で勝利。 ちなみに、福岡第一が今年の総体で最も苦戦した相手は、 ベスト8の東山でスコアが70-56。 福岡大大濠が打倒・福岡第一の第一候補になりそうですね~。 まずはベスト16まで(1,2回戦)の予想です。 最注目は、2回戦で実現しそうな開志国際vs福岡大大濠。 打倒・福岡第一の有力校同士がいきなり激突です。 どちらが勝つにしても、その先の福岡第一との対戦を考えれば、 できれば差をつけて勝って、勢いをつけたいところです。 福岡第一の初戦の相手は、3年前のWC3位・北陸学院になりそう。 初戦の相手としては難敵と言えるでしょうね。 強豪校では、 帝京長岡(昨年4位)、開志国際(総体3位)、 中部大第一(昨年2位)がいずれも2回戦で敗退。 開志国際は相手が福岡大大濠なので仕方ないにしても、 帝京長岡と中部大第一のここでの敗退は予想外です。 福岡第一は北陸学院に94-58で勝利。 それでは3回戦の予想です。 九州学院は王者を相手に、 同じ九州勢の意地を見せたいところです。 昨年2位の中部大第一に勝った市船と 強豪・明成の対決も注目ですね。 強豪校が順当に勝ち進んでいます。 福岡第一は貫禄の100点ゲーム。 それを阻止した 昨日の北陸学院はやっぱり頑張りました(^^) 能代と洛南はベスト8クラスの実力はあると思いますが、 相手が悪かったですね。 準々決勝の予想です。 桜丘は何とか食らいつきたいですね。 総体ベスト4でシード校の報徳ですが、 実力は東山の方が上でしょう。 福岡大大濠の優位は動かないと思います。 4試合の中で一番実力差が小さいかも。 福岡第一は、昨年3位の桜丘を87-48で圧倒。 桜丘がよく80点台に抑えたと言うべきでしょうか(^^; 東山は、総体ベスト4の報徳に72-68で辛勝。 報徳は第3Qで一度は逆転しましたし、大健闘だと思います。 福岡大大濠は、延岡学園に63-52で勝利。 点差は開きませんでしたが、危なげない勝利だと思います。 北陸は、2年前王者の明成に86-65で勝利。 北陸、普通に強いですね(^^) 準決勝の予想です。 福岡大大濠は北陸に苦戦すると思いますが、 最後は勝つのではないかと。 福岡同士のファイナルも見てみたいですし(^^) でも、今年の北陸は強いので、 北陸が勝ってもおかしくないですね。 第2Qまで東山が10点リードでしたが、 第3Qで福岡第一が30-11で一気に逆転。 そのまま逃げ切りました。 東山は金星を逃したかなと思います。 福岡大大濠が北陸に99-69で勝利。 もっと僅差になると予想していましたが、 大差がつきましたね~。 でも北陸は、総体準優勝に続いて ウインターカップベスト4。 飛躍の1年になったと思います。 ということで、決勝は福岡のライバル対決に。 同じ都道府県での決勝は、 1971年の第1回大会以来のことだそうです。 予想は、自力で上回る福岡第一の勝利。 でも、福岡大大濠も強いですからね~。 この9点差が大きかったですね~。 第2Qも福岡第一がリードで、 第3Q&第4Qは福岡大大濠が追い上げましたが、 福岡第一が逃げ切り。 点差は7点差でしたが、 終始、福岡第一ペースの試合だったと思います。 それでも福岡第一相手に1ケタ差っていうのは、 今年の総体&ウィンターカップを通して、 今日の福岡大大濠だけ。 胸を張っていい結果だと思います! 今年の福岡第一は、一年間本当に強かったです。 まともに戦えたのは、 福岡大大濠と東山ぐらいですかね~。 打倒・福岡第一を果たす高校が出てくるのか、 来年を楽しみにしたいです(^^) 女子 最近3年間のインターハイとウインターカップの上位4強です。 ウインターカップでも優勝候補筆頭は桜花学園。 続くのが、岐阜女子と大阪勢だと思います。 強豪校は順当に出場権を獲得していますが、 昨年3位の昭和学院が千葉経大附に、 一昨年2位の安城学園が名古屋女子大に、 県大会ファイナルでそれぞれ負けています。 出場枠が増えたので、昭和も安城も本大会に出場できますが、 両校ともチーム状態がよくないのかも。 まずはベスト16まで(1,2回戦)の予想です。 桜花学園は今年の総体で圧倒的な強さでした。 強豪校では昨年3位の昭和学院が2回戦で姿を消しています。 千葉県予選でも決勝で負けていましたし、 やっぱり今年はチーム状態がよくなかったみたいですね。 シード4校はいずれも順調な滑り出しで、 ノーシード校の中では、精華女子の状態がいいと思います。 それでは3回戦の予想です。 どちらも大阪勢が優位でしょうけどね。 シード校の大阪桐蔭が津幡に71-72で敗退。 ここで姿を消しました。 津幡は昨年も4位でしたし、力を付けていますね~。 それでは準々決勝の予想です。 東京1位の明星に勝った京都精華や、 2,3回戦を唯一、連続100点ゲームで勝ち上がった 小林にも、頑張ってほしいですけどね。 桜花学園と岐阜女子は危なげなく勝利。 大阪薫英女学院はライバル大阪桐蔭に勝った 津幡に大苦戦でしたが、何とか逃げ切り。 京都精華学園はWC初のベスト4です。 準決勝の予想です。 桜花は昨年準優勝の薫英を全く寄せ付けず。 岐阜女は京都精華に後半追い上げられましたが、 危なげない勝利だと思います。 ということで決勝は、 桜花学園vs岐阜女子という いつものカードになりました(^^) そして予想は桜花の勝利。 今年の桜花は去年と違って強いです。 ただ、岐阜女も百戦錬磨の試合巧者。 接戦の終盤勝負に持ち込めば、 勝機はあると思います。 桜花は総体に続いての優勝で、 ウィンターカップは3年ぶり22回目の優勝です。 第2Qまでは桜花が1点リードのほぼ互角でしたが、 第3Qと第4Qで桜花が2点ずつ上回り、5点差で勝利。 総体決勝も同じカードで桜花が勝ちましたが、 スコアは72-59でした。 総体とウインターカップのファイナル、 桜花の得点は同じで、岐阜女はプラス8点。 この8点が、夏から冬にかけての 岐阜女の努力の証だと思います。 その岐阜女の上を行く桜花も見事です。 頂上決戦にふさわしいファイナルでした(^^) スポンサードリンク 人気記事TOP10• カテゴリー• 168• アーカイブ アーカイブ 検索: 検索 サイト情報•

次の

【特集・結果】ウインターカップ2019 男子は福岡第一・女子は桜花学園が優勝/全試合結果一覧

ウインター カップ 結果

リンク先はバスケットボール部やOB会等の公式サイト,SNSです。 ウインターカップでも、福岡第一が優勝候補筆頭ですね。 続くのが、福岡大大濠や明成、新潟勢、愛知勢になると思います。 前回&総体優勝の福岡第一は、 福岡県予選決勝でライバルの福岡大大濠に69-60で勝利。 ちなみに、福岡第一が今年の総体で最も苦戦した相手は、 ベスト8の東山でスコアが70-56。 福岡大大濠が打倒・福岡第一の第一候補になりそうですね~。 まずはベスト16まで(1,2回戦)の予想です。 最注目は、2回戦で実現しそうな開志国際vs福岡大大濠。 打倒・福岡第一の有力校同士がいきなり激突です。 どちらが勝つにしても、その先の福岡第一との対戦を考えれば、 できれば差をつけて勝って、勢いをつけたいところです。 福岡第一の初戦の相手は、3年前のWC3位・北陸学院になりそう。 初戦の相手としては難敵と言えるでしょうね。 強豪校では、 帝京長岡(昨年4位)、開志国際(総体3位)、 中部大第一(昨年2位)がいずれも2回戦で敗退。 開志国際は相手が福岡大大濠なので仕方ないにしても、 帝京長岡と中部大第一のここでの敗退は予想外です。 福岡第一は北陸学院に94-58で勝利。 それでは3回戦の予想です。 九州学院は王者を相手に、 同じ九州勢の意地を見せたいところです。 昨年2位の中部大第一に勝った市船と 強豪・明成の対決も注目ですね。 強豪校が順当に勝ち進んでいます。 福岡第一は貫禄の100点ゲーム。 それを阻止した 昨日の北陸学院はやっぱり頑張りました(^^) 能代と洛南はベスト8クラスの実力はあると思いますが、 相手が悪かったですね。 準々決勝の予想です。 桜丘は何とか食らいつきたいですね。 総体ベスト4でシード校の報徳ですが、 実力は東山の方が上でしょう。 福岡大大濠の優位は動かないと思います。 4試合の中で一番実力差が小さいかも。 福岡第一は、昨年3位の桜丘を87-48で圧倒。 桜丘がよく80点台に抑えたと言うべきでしょうか(^^; 東山は、総体ベスト4の報徳に72-68で辛勝。 報徳は第3Qで一度は逆転しましたし、大健闘だと思います。 福岡大大濠は、延岡学園に63-52で勝利。 点差は開きませんでしたが、危なげない勝利だと思います。 北陸は、2年前王者の明成に86-65で勝利。 北陸、普通に強いですね(^^) 準決勝の予想です。 福岡大大濠は北陸に苦戦すると思いますが、 最後は勝つのではないかと。 福岡同士のファイナルも見てみたいですし(^^) でも、今年の北陸は強いので、 北陸が勝ってもおかしくないですね。 第2Qまで東山が10点リードでしたが、 第3Qで福岡第一が30-11で一気に逆転。 そのまま逃げ切りました。 東山は金星を逃したかなと思います。 福岡大大濠が北陸に99-69で勝利。 もっと僅差になると予想していましたが、 大差がつきましたね~。 でも北陸は、総体準優勝に続いて ウインターカップベスト4。 飛躍の1年になったと思います。 ということで、決勝は福岡のライバル対決に。 同じ都道府県での決勝は、 1971年の第1回大会以来のことだそうです。 予想は、自力で上回る福岡第一の勝利。 でも、福岡大大濠も強いですからね~。 この9点差が大きかったですね~。 第2Qも福岡第一がリードで、 第3Q&第4Qは福岡大大濠が追い上げましたが、 福岡第一が逃げ切り。 点差は7点差でしたが、 終始、福岡第一ペースの試合だったと思います。 それでも福岡第一相手に1ケタ差っていうのは、 今年の総体&ウィンターカップを通して、 今日の福岡大大濠だけ。 胸を張っていい結果だと思います! 今年の福岡第一は、一年間本当に強かったです。 まともに戦えたのは、 福岡大大濠と東山ぐらいですかね~。 打倒・福岡第一を果たす高校が出てくるのか、 来年を楽しみにしたいです(^^) 女子 最近3年間のインターハイとウインターカップの上位4強です。 ウインターカップでも優勝候補筆頭は桜花学園。 続くのが、岐阜女子と大阪勢だと思います。 強豪校は順当に出場権を獲得していますが、 昨年3位の昭和学院が千葉経大附に、 一昨年2位の安城学園が名古屋女子大に、 県大会ファイナルでそれぞれ負けています。 出場枠が増えたので、昭和も安城も本大会に出場できますが、 両校ともチーム状態がよくないのかも。 まずはベスト16まで(1,2回戦)の予想です。 桜花学園は今年の総体で圧倒的な強さでした。 強豪校では昨年3位の昭和学院が2回戦で姿を消しています。 千葉県予選でも決勝で負けていましたし、 やっぱり今年はチーム状態がよくなかったみたいですね。 シード4校はいずれも順調な滑り出しで、 ノーシード校の中では、精華女子の状態がいいと思います。 それでは3回戦の予想です。 どちらも大阪勢が優位でしょうけどね。 シード校の大阪桐蔭が津幡に71-72で敗退。 ここで姿を消しました。 津幡は昨年も4位でしたし、力を付けていますね~。 それでは準々決勝の予想です。 東京1位の明星に勝った京都精華や、 2,3回戦を唯一、連続100点ゲームで勝ち上がった 小林にも、頑張ってほしいですけどね。 桜花学園と岐阜女子は危なげなく勝利。 大阪薫英女学院はライバル大阪桐蔭に勝った 津幡に大苦戦でしたが、何とか逃げ切り。 京都精華学園はWC初のベスト4です。 準決勝の予想です。 桜花は昨年準優勝の薫英を全く寄せ付けず。 岐阜女は京都精華に後半追い上げられましたが、 危なげない勝利だと思います。 ということで決勝は、 桜花学園vs岐阜女子という いつものカードになりました(^^) そして予想は桜花の勝利。 今年の桜花は去年と違って強いです。 ただ、岐阜女も百戦錬磨の試合巧者。 接戦の終盤勝負に持ち込めば、 勝機はあると思います。 桜花は総体に続いての優勝で、 ウィンターカップは3年ぶり22回目の優勝です。 第2Qまでは桜花が1点リードのほぼ互角でしたが、 第3Qと第4Qで桜花が2点ずつ上回り、5点差で勝利。 総体決勝も同じカードで桜花が勝ちましたが、 スコアは72-59でした。 総体とウインターカップのファイナル、 桜花の得点は同じで、岐阜女はプラス8点。 この8点が、夏から冬にかけての 岐阜女の努力の証だと思います。 その岐阜女の上を行く桜花も見事です。 頂上決戦にふさわしいファイナルでした(^^) スポンサードリンク 人気記事TOP10• カテゴリー• 168• アーカイブ アーカイブ 検索: 検索 サイト情報•

次の