むつ 市 ウェルネス パーク。 むつ市ウェルネスパーク

むつ市役所/本庁舎/ウェルネスパークの指数情報

むつ 市 ウェルネス パーク

ドーム• ドーム内のアリーナ部分は全面人工芝。 展望台があり、試合会場全体を見渡すことができる。 平成23年度には全国高等学校総合体育大会・フェンシング競技が開催され、規模が大きい大会ができる環境とノウハウがある。 センターハウス• 効率よく負荷を与えられるトレーニングマシンやフリーウェイトを取り揃えており、スタジオを完備している。 プールを完備しており、トレーニングのほか、リハビリテーションやウエイトコントロールに利用可能。 40名収容可能な会議室があり、チームミーティングなど幅広く利用可能。 332台の広い駐車場を完備している。 大型バスでも来場可能。 コースは1,000mの長さで、レーンは3レーンの確保が可能。 練習レーンは4,000mの確保が可能。 ブイは非常設であり、距離表示は設置していない。 市街地のため、ホテル等の宿泊施設が近い。 人工的に作られた川のため、直線で河川敷が平行に近接しているため、応援や伴走をしてのコーチングに最適。 下流に汐止が設置しているため、比較的流れが遅い。 横風が少なく、レーン差は皆無である。 当該水域を使用できない期間は10月~3月。 その他、選手団やスタッフの要望に応じ、適宜対応する。 トレーニングに適した競技 オリンピック競技 ボート パラリンピック競技 ボート.

次の

むつ市 JKウエルネス【公式ホームページ】|トレーニングジム

むつ 市 ウェルネス パーク

[画像のクリックで拡大表示] 青森県むつ市は、おおみなと臨海公園内で進めているPark-PFI事業(公募設置管理制度)について、山内土木(むつ市)を施設の設置予定者に選定した。 公園内に、収益施設として24時間対応のフィットネスジムなどを建設する計画だ。 2020年4月の供用開始を目指す。 今後は、2019年2月下旬に基本協定を締結し、2019年2月末から2020年3月末の期間に工事を実施。 2020年4月に供用を開始する予定だ。 おおみなと臨海公園は、むつ市の中心部に位置する総合公園で、面積は約13万8000m2だ。 健康スポーツ施設のむつ市ウェルネスパークや多目的広場のウェルネスはらっぱる、建設中のむつ市総合アリーナなどの運動施設が充実しているほか、防災拠点としても重要な役割を担っている公園だ。 新たな総合アリーナの整備と合わせて、公園とエリア全体の魅力向上を目指し、民間事業者の力を活用することにした。 山内土木の提案は、公募対象公園施設として総合アリーナ内にスポーツ用品ショップと自動販売機を設置し、公園内の総合アリーナに近接する場所に24時間対応フィットネスジムやカフェ、コワーキングスペースからなる施設を建設するというもの。 特定公園施設は、建設中の総合アリーナとむつ市ウェルネスパークの間の空間を広場と通路として整備する計画で、運動器具を配置したストレッチエリアや、ミニ劇場を設けたイベント広場エリアなど5つのエリアにゾーニングし、良好な景観を形成する広場として整備する案を提示した。 通路は、バリアフリー化による安全性を確保した通路を設置する計画だ。 提案によりスポーツ用品ショップなどが入居予定の総合アリーナは2020年4月供用を目指し工事中だ。 規模は地上2階建て・延べ面積7906. 82m2。 最大でバスケットコート3面を同時使用した大型大会の開催が可能な規模である。 2階にはメーンアリーナの周囲に約1000席の観覧席とそれを巡る約200m/周のランニングコースを配置している。 総事業費は約45億円(基本設計時想定・税込み)。 今回のむつ市の公募は、2018年12月から2019年1月にかけて、公募設置管理制度に基づき公募対象公園施設や特定公園施設、利便増進施設の設置と、これら施設の管理運営を担う事業者の公募を実施。 応募は山内土木の一者のみで、提案が評価基準点を上回ったため選定された。 講評では新事業の提案を評価する一方で、収支計画とリスク管理のさらなる検討も求めている。

次の

むつ市ウェルネスパーク, 真砂町8

むつ 市 ウェルネス パーク

[画像のクリックで拡大表示] 青森県むつ市は、おおみなと臨海公園内で進めているPark-PFI事業(公募設置管理制度)について、山内土木(むつ市)を施設の設置予定者に選定した。 公園内に、収益施設として24時間対応のフィットネスジムなどを建設する計画だ。 2020年4月の供用開始を目指す。 今後は、2019年2月下旬に基本協定を締結し、2019年2月末から2020年3月末の期間に工事を実施。 2020年4月に供用を開始する予定だ。 おおみなと臨海公園は、むつ市の中心部に位置する総合公園で、面積は約13万8000m2だ。 健康スポーツ施設のむつ市ウェルネスパークや多目的広場のウェルネスはらっぱる、建設中のむつ市総合アリーナなどの運動施設が充実しているほか、防災拠点としても重要な役割を担っている公園だ。 新たな総合アリーナの整備と合わせて、公園とエリア全体の魅力向上を目指し、民間事業者の力を活用することにした。 山内土木の提案は、公募対象公園施設として総合アリーナ内にスポーツ用品ショップと自動販売機を設置し、公園内の総合アリーナに近接する場所に24時間対応フィットネスジムやカフェ、コワーキングスペースからなる施設を建設するというもの。 特定公園施設は、建設中の総合アリーナとむつ市ウェルネスパークの間の空間を広場と通路として整備する計画で、運動器具を配置したストレッチエリアや、ミニ劇場を設けたイベント広場エリアなど5つのエリアにゾーニングし、良好な景観を形成する広場として整備する案を提示した。 通路は、バリアフリー化による安全性を確保した通路を設置する計画だ。 提案によりスポーツ用品ショップなどが入居予定の総合アリーナは2020年4月供用を目指し工事中だ。 規模は地上2階建て・延べ面積7906. 82m2。 最大でバスケットコート3面を同時使用した大型大会の開催が可能な規模である。 2階にはメーンアリーナの周囲に約1000席の観覧席とそれを巡る約200m/周のランニングコースを配置している。 総事業費は約45億円(基本設計時想定・税込み)。 今回のむつ市の公募は、2018年12月から2019年1月にかけて、公募設置管理制度に基づき公募対象公園施設や特定公園施設、利便増進施設の設置と、これら施設の管理運営を担う事業者の公募を実施。 応募は山内土木の一者のみで、提案が評価基準点を上回ったため選定された。 講評では新事業の提案を評価する一方で、収支計画とリスク管理のさらなる検討も求めている。

次の