愛 の コリーダ クインシー ジョーンズ。 クインシー・ジョーンズ「愛のコリーダ」は大島渚監督の映画がヒント

愛のコリーダ

愛 の コリーダ クインシー ジョーンズ

この項目には性的な表現や記述が含まれます。 もお読みください。 愛のコリーダ L'Empire Des Sens 監督 脚本 大島渚 製作 出演者 音楽 撮影 伊東英男 編集 製作会社 =オセアニック=大島渚プロ 配給 (2000年) 公開 1976年9月15日 1976年10月16日 1977年4月1日 2000年12月2日 上映時間 104分 製作国 言語 日本語 『 愛のコリーダ』 (あいのコリーダ、仏語 、英語 )は、公開の・合作映画。 監督、、主演。 制作プロダクションのノートによると、『本作は日本初のハードコア・ポルノとしてセンセーショナルな風評を呼んだ』としている。 題名の「コリーダ」はスペイン語でを意味する「Corrida de toros」からとっている。 フランス語の題名 (官能の帝国)は、による日本文化論 (邦題 『』)にちなむ。 昭和史に残る「」を題材に、男女の愛欲の極限を描く。 作品内容は監督の 『』 (1973年)に大きな影響を受けており、大島自身も制作に当たって一番参考にした作品であることを認めている。 映画では主に藤竜也(吉蔵役)と松田暎子(定役)の性的シーンはすべてであり、二人の陰部が無修正で写されているシーンもあるため、日本国内では大幅な修正が施されて上映されたが2000年に「完全ノーカット版」として上映された。 あらすじ [ ] 昭和11年、東京中野の料亭「吉田屋」を舞台に、吉田屋の主人吉蔵 藤竜也 と阿部定 松田暎子 の二人が出会い、定が吉蔵に一目惚れする。 吉蔵も定に惹かれ、二人は吉田屋のそこここで密会を重ねていく。 その関係が露見すると、二人は料亭を出奔して、待合に入り浸り酒や芸者をよびつつ、昼夜を問わずに体を求め合った。 二人は待合の一室で貪るように愛欲生活を送った。 二人の愛戯はエスカレートし、お互いの首を締め快感を高めるのが日常化していた。 しかしある日、定は吉蔵の首を強く絞めすぎ、死ぬ寸前まで行った。 定の介抱も実らず、吉歳は一旦、「吉田屋」に帰って養生すると定に伝える。 しかし、定は吉蔵を自分一人のものにするため、吉蔵を殺す決意をする。 キャスト [ ]• 吉蔵 - 藤竜也• 定 - 松田暎子• 「吉田屋」のおかみ トク(吉蔵の妻) -• 「吉田屋」の女中 松子 -• 「吉田屋」の女中 キヌ - 阿部マリ子• 「吉田屋」の女中 千恵子 - 三星東美• 「吉田屋」の女中頭 お常 - 藤ひろ子• 老乞食 -• 芸者 八重次 -• 「みつわ」の女中 - 青木真知子• 「みつわ」の芸者 -• 「みつわ」の芸者 - 安田清美• 「みつわ」の芸者 - 南黎• 「みつわ」の芸者 - 堀小美吉• 半玉 -• 幇問 -• 「田川」のおかみ -• 大宮先生 -• 「満左喜」の女中 - 富山加津江• 蛇の目の娘 - 福原ひとみ• 小料理屋のおやじ -• 芸者 菊竜 - 小林加奈枝• 「満左喜」の芸者 - スタッフ [ ]• 監督、脚本 -• 製作代表 -• 製作 -• 撮影 - 伊東英男• 美術 - 戸田重昌• 編集 -• 音楽 -• 助監督 -• 装飾 - 荒川大• 録音 - 安田哲男• 照明 - 岡本健一• 衣裳 - 加藤昌廣• 美粧 - 竹村幸二• 結髪 - 大沢菊江• スチル - 小山田幸生• 合作調整 - 主な性的シーンについて [ ] 映画では出演者の裸や性行為といった性的シーンが度々出てくるが、それらはすべて性器もで描写されている。 そのためこれらのシーンはカットされ、前述のように日本国内では大幅な修正で上映された。 主な性的シーンは以下のとおりである。 吉蔵 藤竜也 と女将・トク 中島葵 が部屋で性交に及ぶ(アンダーヘアは確認できるが、結合部は見えない)。 外でを露出したまま眠っていた老乞食 に、子供たちが雪玉を投げている。 定が吉田屋の廊下を歩いているとき老乞食が現れ、定の陰部を見たいと懇願し、定は外に出て陰部を見せる。 老乞食は陰茎を出して手でしごくが勃起せず、彼女は諦めるよう促す(松田暎子のアンダーヘアは確認できるが、までは見えない)。 夜、吉蔵が飲んでいる座敷へ酒を運んだ定に吉蔵から性交を求められ、吉蔵が陰茎を見せて定が上に乗る(で結合部は見えないが、藤竜也の勃起した陰茎が確認できる)。 場所を変えて吉蔵と定が性交を行う。 吉蔵が定から離れて、ソファーに仰向けになったところに定が吉蔵の陰茎をくわえ、をほどこす。 そして吉蔵はあまりの快感に耐え切れず、ついに定の口内に精液を放つ。 定はゆっくり吉蔵の陰茎から口を放す。 恍惚の表情で吉蔵を見つめる定の口からは吉蔵の精液が滴る(松田暎子が藤竜也の陰茎をフェラチオするシーン、するシーンで藤竜也の陰茎が確認できる。 松田暎子は着物を着ているので外陰部は見えない)。 トクが定に水を交換する仕事を指示して、定が水を換えて戻ると、トクは吉蔵と性交に及んでいた(藤竜也、中島葵とも全裸であるが、陰部等は一切見えない)。 吉蔵と定が待合「みつわ」へ行き、性交をするため裸になる(二人とも陰部は見えない)。 吉蔵と定が料亭「田川」で祝言の宴を開き、芸者たちが見ている前で性交を始める。 芸者たちは一人の芸者をからかい、着物を脱がせ裸にして膣に鳥の置物を挿入させる(芸者役女性の全裸、外陰部が確認できる)。 宴が明けても定が吉蔵の陰茎を握っていて、再び二人が性交に及ぶ(藤竜也の陰茎が確認できる)。 定が出掛ける準備をしていると、吉蔵は「田川」のおかみ 松井康子 の前で性交を始める。 性交後全裸の吉蔵が定の長襦袢を羽織って家に帰る(性交中の二人の陰部は見えない。 藤竜也が長襦袢を着て外を駆け出しているのは、前がはだけた状態である)。 定は校長と市会議員をしている大宮(九重京司)の元を訪れて布団に入り、彼の上に乗る(背面からの松田暎子の外陰部が見える)。 待合「満佐喜」吉蔵と定が性交をする。 性交後の食事で定の膣に吉蔵がゆで卵を挿入する。 定が必死になってゆで卵をだして吉蔵にからかわれた思いをぶつける(松田暎子の外陰部が確認できて、ゆで卵の挿入がはっきりと見える)。 待合「満佐喜」に戻った吉蔵が定に責められ、吉蔵の陰茎を包丁で切ろうとする行動を見せる(藤竜也の陰茎が確認できる)。 定が吉蔵の上に乗り、陰茎を出して自分の膣に入れる。 持っているひもで吉蔵の首を絞めながら腰を動かす。 一度は首を絞めるのをやめたが、再度吉蔵の上に乗りひもで首を絞めることで吉蔵はぐったりとなる(松田暎子が自分の膣に藤竜也の陰茎を挿入するシーン、腰を上下に動かすシーンで性交を行っていることが確認できる)。 他に男女の幼児が丸裸ではしゃぐシーンもある。 上記のうち、特に官能的なものは、藤竜也の首をひもで締めるシーンで藤竜也の勃起した陰茎の上に松田暎子がまたがり、自ら膣に挿入する結合部が映し出される。 作品内では性交に及ぶシーンがいくつかあるが、膣に陰茎が挿入されている画が映し出されているのはこのシーンのみである。 また、ゆで卵を膣に挿入するシーンでは、外陰部のアップが映し出された瞬間に藤竜也がゆで卵を挿入する。 挿入した直後にカメラが上に移動すると松田暎子の顔が映し出されるので、松田暎子本人の性器であることがわかる。 中でも口内射精シーンは松田暎子が藤竜也の陰茎をフェラチオして徐々に勃起させていくシーンがしばらく続き、そして口内射精の瞬間に藤竜也の陰茎を深く咥え込んだ松田暎子の顔がアップで映し出されると、喘ぐような声を出して徐々に顔を上げていき、陰茎から口を放す寸前には藤竜也も喘ぐような声を発する。 そして陰茎から口を放すとともに、松田暎子の口から藤竜也が発射した精液が滴り落ちて笑みを浮かべるという非常に官能的なシーンがある。 『愛のコリーダ』事件裁判 [ ] この作品の脚本と宣伝用写真等を掲載した同題名の書籍が発行されたが、その一部がわいせつ文書図画に当たるとして、で監督と出版社社長が検挙起訴された。 対する被告人側は「刑法175条は憲法違反である」と主張し憲法判断を求めた。 しかし、一審二審とも従来の判例を基本的に維持しながらも「当該書籍はわいせつ物に当たらない」として無罪とした。 関連作品 [ ]• 『裸の時代 ポルノ映画・愛のコリーダ』 - 当作品に出演もしているドキュメンタリー監督のによる、当作品のメイキング映画。 脚注 [ ]• 外部リンク「大島渚プロダクション」より(2015年8月4日閲覧)。 松本昌悦, 「」 中京大学法学部 『中亰法學』 17巻 2号 p. 22-43,1983年, 関連項目 [ ]• - 著書『河童が覗いたニッポン』において、傍聴した上記の裁判について詳細をレポートしている。 - ()の楽曲。 題名は当作品に由来する。 によるカバーがヒットした。 - 上記チャス・ジャンケルの曲を日本語カバー。 訳詞/あまがいりゅうじ、編曲/。 元のキーボードと3人組コーラスグループ「トロワ」によるユニット「ビッグバン」により発表(RVCレコード発売シングル No. RHS522)。 外部リンク [ ]• (公式サイト)• - (英語)• - (英語) この項目は、に関連した です。

次の

愛のコリーダ

愛 の コリーダ クインシー ジョーンズ

2005年04月13日 カテゴリー: クインシー・ジョーンズ:愛のコリーダ このあいだを取り上げたのですが、今朝、いつものように朝食の玄米フレークを食べていたら(笑)、テレビからこれまた懐かしい、クインシー・ジョーンズの「愛のコリーダ」が流れてきました。 【Quincy Jones:愛のコリーダ】 なんでもジンジャーエールのCMで、山田優というタレントのお姉さんが「愛のコリーダ」をバックに踊りまくるんだそうです(笑) タレントなんかに疎いオッサンとしては「え、こないだテレビで『むかし倉庫からガンガン万引きしてました』っつって干された人か?」と思ったのですが(笑)、ググってみたらそれは「あびる優」だということが判明(爆) んなこたぁともかく、名盤ですよね、「愛のコリーダ」。 自然と繰り返し聴くようになり、いつの間にか愛聴版となっておりました。 このアルバムの参加主要ミュージシャンを挙げてみると、 James Ingram, Steve Lukather, Luis Johnson, Michael Jackson, Patti Austin, Ernie Watts, Stevie Wonder, Herbie Hancock, Paulinho DaCosta, Toots Thielemans, etc... まあほとんどが常連ではありますが、スティーブ・ルカサー参加ってのはやっぱギター少年としてはうれしかったですね。 あまりギターが目立つアルバムではないですが、やはりところどころに聞こえるギターに耳を傾けていたものでした。 で、ザッと収録曲を眺めてみますと、一曲目がいきなり問題の 笑 「 愛のコリーダ」。 大体ヒット曲が一曲目のアルバムってのは後がグダグダ、というケースが多く 笑 、そういう意味でも最初は心配だったんですが、ま、それは杞憂だったと。 大したことはしてませんが、確実にロック・フィーリングを伝えているプレイです。 2の「 The Dude」はビート重めのファンクナンバー。 ヴォコーダーはハンコックかな? この手のラップの先駆みたいな曲はそれまで聴いたことがなかったので、当時は結構衝撃的でした。 4は「 Betcha' Wouldn't Hurt Me」 ん~、これ、かなり好きです。 ノリがよく、シングル・トーンのバッキング・ギターもナイスです。 手元にパーソネルがないのですが、これもルカサーでしょうか? 資料がないのでヤマ勘ですが、音的にはポール・ジャクソン・Jrのような気も? 5の「 Somethin' Special」も秀逸なボーカル・ナンバー。 これまた好きなナンバーです。 というか半ばスタンダード的な曲となってしまった観があります。 私は特に好きというほどでもないですが、やはりたまに聴くといいもんですね。 そして8曲目は、さぁ~来ました、我らがトゥーツおじいちゃんのハーモニカがたっぷり聴ける「 Velas」。 いいですよねぇ~、やっぱええッス、このおじいちゃんは! というかこのハーモニカのエアー感が絶妙だよなぁ。 これはやっぱりクインシーの腕でもあるんでしょうねぇ。 ハーモニカのAメロに続き、Bメロでは必殺の口笛とギターのユニゾンまで披露。 もうおじいちゃん出ずっぱりの目立ちっぱなし 笑 当時はトゥーツなんて全然知りませんでしたが、きれいなハーモニカを吹く人だなぁ、と深く印象には残っていました。 それが後年、私の場合はパット・メセニーをきっかけに一本の線に繋がっていったわけです。 こういうことがあるから音楽ってのは面白いですね。 さて、いよいよラストは「 Turn on the Action」。 これまたノリノリで、「ラストはパーッと行きましょう!」ってな感じのディスコ・ナンバー。 イントロのブラスからいい感じですが、個人的にはバックのストリングス・アレンジが結構好きだったりします。 当時はこのテのディスコ系、あるいは黒人系をほとんど知らなかったので、「ふーん、こういうのもあるんだなぁ。 たまにはこういうのもいいな」程度で聴いていたのですが、同時に「で、結局クインシー・ジョーンズって何やってんの?」と思ってもおりました 笑 まあぶっちゃけ今も「プロデューサー」が具体的に何してるのかわかってるわけでもないですが 笑 、やはり普通なら前面に出てくるであろうヴォーカリストの存在感がそれほどでもなく、かといってアルバム全体のカラーはきちっと保持している、これがプロデューサーっつーもんの力量なのかなぁ、とおぼろげには感じていました。 そして後にクインシー名義のアルバムをいろいろ聴いていったわけですが、いやー、出てくる出てくる、名盤が続々出てくるんですよね 笑 というわけでクインシーについては他にも紹介したいアルバムがありますので、いずれまた取り上げたいと思います。 そうそう、この「愛のコリーダ」をAmazonで引っ張ってみたら、いま「3枚買うと1枚もらえるキャンペーン」の対象商品だそうです 笑 ジャズ系だけでも対象が200枚以上あるので、欲しいアルバムがいっぱいある人は利用するとお得かも。 under. 幼児虐待の罪に問われて、連日裁判を行っているようですけど、もしも有罪判... クインシー・ジョーンズの「愛のコリーダ」やないの!調べてみたら、カナダドライ・ジンジャーエール・ライトのC... きっかけはこの間のF1グランプリ。 研究会のプレゼンの二日後に控え、徐々に準備を進めないといけないな... 山田優のキンキラのCM。 ピッケルでガシガシ掘る姿に、「愛のコリーダ」 炸裂するホーンとピッケルがシンクロしなんともいえない。 色彩も... トラックバック時刻: 2005年08月12日 23:22 コメント 偶然ですねぇ、私も今日たまたま同じCMに気づきました。 それだけ「愛のコリーダ」って耳に残る曲なんですね。 あのキンキラキンのジンジャエールのしゅわしゅわが なんとも往年のディスコ名曲に合ってる気がします。 ところでもうひとつ偶然を発見。 私も朝は玄米フレークです。 さっぱり食べたいときは調整豆乳と、 こってり食べたいときは牛乳+ヨーグルト+バナナでいきます。 今までホテルのビュッフェでシリアルの前に牛乳とヨーグルトが 置いてあるのが不思議でしたが、混ぜて食べるとおいしいんだって 今頃になって気づきました。 あ、すみません、また音楽から話題がそれちゃった(笑) 投稿者 : 2005年04月14日 01:38 私の朝食はレッド・ツェッペリンの「How The West Was Won」です。 BGMはコーヒー2杯、卵2つのベーコンエッグ、貝割れとプチトマトと緑アスパラのサラダ、バター・トースト、温めたミルクにココア、最後に黒酢のりんごジュース割り。 こないだ、地元の複合商業施設で、某中学校の吹奏楽部の演奏を偶然に聴きました。 その演目の中にEW&Fの「セプテンバー」があって懐かしんでおりました。 顧問の先生が私と同年輩かやや年上だったので、きっと先生の趣味でしょうね。 吹奏楽部にはブラザース・ジョンソンの「ゲッ・ザ・ファンク、オー・マ・フェイス!」や、誰でしたっけ?「シャイン・オン」とかもやって欲しいですね。 ちなみに我が家のY女史は小五で、クラブでとトランペットを吹いております。 最近の練習曲はブルース・ブラザースですと。 ・・・私?何も吹きません法螺以外は。 ・・・ディスコつながりということで。 おやすみなさい。 日本人の耳には「え、いきなり日本語!」って感じですし、英語を母国語とする人たちにはサビで突然意味不明の言語! ってことで、たぶん印象強いんじゃないでしょうか。 私にとっては「プロデューサー」って役割を初めて意識したアルバムでした。 ではまた! 投稿者 : 2005年04月14日 17:58 マサルさんこんばんは。 というよりも、やっぱり消費購買層のターゲットを私らの世代に絞ってきている、ということなんでしょうね(ジンジャーエールのメイン・ターゲットがこの年代なのかどうかは微妙ですが 笑 ) 自分にもCMプロデューサーの人間がおりますが、プロデューサーが同世代かどうか、というのはあまり関係ないようです。 やはりターゲットがどこか、の方が重要のようです。 なるほど、情報ありがとうございました。 ま、特に興味あるわけではないんですが 笑 、世に後れないための芸能ネタとしてインプットしておきます 笑 ではまた! 投稿者 : 2005年04月17日 23:09.

次の

クインシー・ジョーンズ:愛のコリーダ

愛 の コリーダ クインシー ジョーンズ

2014年撮影 基本情報 出生名 Quincy Delight Jones Jr. マイケル・ジャクソンと共同プロデュースしたアルバムにて売上世界一のギネス記録保持者である。 から第一線で活躍を続け、をはじめとする音楽賞を多数受賞している。 界のみならず、アメリカのポピュラー音楽界における著名人の一人である。 また、米の人気コメディ番組の製作総指揮も担当。 来歴 [ ] 出身。 少年時代にを学ぶ。 10歳の頃にに転居。 そこで盲目のピアノ・プレーヤーの少年と知り合い、ともにバンド活動を始める。 、を卒業後、トランペット・プレーヤーとして楽団 に参加。 そこでアレンジャーとしての才能を見出され、、、ら界のスターのアレンジを手がけるようになった。 にへ渡り、作曲・音楽理論などを学ぶ。 の社長の知己を得てヨーロッパでも数々のを率いて活躍し、自身のバンドでも成功を収めた。 には、マーキュリー・レコード支社の副支社長となり、同時にの分野へも活動の幅を広げる。 からはプロデューサーとしても活躍し始め、にの「」を1位にしたのをはじめ、、らのプロデュースを手がけた。 また映画「夜の大捜査線」や「ゲッタウェイ」のサウンド・トラックも評判となった。 テレビ映画、ドラマでは『鬼警部アイアンサイド』や『』のサウンドトラックも担当した。 自身の作品でも数々のヒット作を残し、1978年にはファンキー・ディスコ調の『スタッフ・ライク・ザット』がポップ・チャートでもヒットした。 80年代以降の活動 [ ] の1979年録音のアルバム『』(原題"CHAZ JANKEL")に収緑のカヴァーである、の「デュード」アルバム収録の「愛のコリーダ」(タイトルの由来は、監督のから)はポップ・チャートでも大ヒットした。 、映画の現場でと出会う。 そこでマイケルが「誰か僕に合うプロデューサーはいないかな」と言ったところ「僕じゃ駄目かな?」とクインシーが返答したという逸話が残っている。 そうして翌年のアルバムでタッグを組むことになる。 のアルバム『』のセールスはに 史上最も売れたアルバムとして認定され、その地位は不動のものとなっている。 同年、自主レーベル ()を設立、1985年までが供給したが、後にに売却される。 また同年には、アメリカのスーパースターが一堂に会して録音したチャリティー曲「」のプロデュースも手がけた。 のアルバム『』も同一アルバムからのシングルカットが5つのナンバーワンヒットを出した。 なお、このアルバムを最後にマイケル・ジャクソンとのタッグを解消する。 さらに90年代のクインシー自身のアルバムからは「シークレット・ガーデン」のヒットが生まれた。 のクラブ・シーンでは、1960年代のファンキーなジャズ作品が再評価され、「ソウル・ボサ・ノヴァ」は、映画『』のテーマ曲としても使用された。 日本では、テレビ番組『』のジングルとして『』のテーマが再度注目された。 、クインシー、、のが中心になって、マイケル・ジャクソン、、、ほか多数のミュージシャンがサポートした世界の貧困救済を唱えるジュビリー2000の運動に参加した(2005年のチャリティ・コンサートへと発展していった)。 2003年、クインシー・ジョーンズ生誕70周年ベストアルバムがリリースされる。 2006年、組織委員会の芸術顧問になったが、後にに関する中国政府の姿勢に抗議して芸術顧問を辞任した。 2007年に、2008年度のグラミー賞レコーディングアカデミー50回大記念の大使に任命された。 「現在18,000ものミュージックメーカーで構成されたグラミー賞の創始者の一人として誇りに感じている」とコメントし、50周年を祝う数々のセレモニーを企画している。 家族 [ ]• 女優のジェリ・コードウェル(1957年結婚、1966年離婚)との間に一女(ジョリー・ジョーンズ・リーバイン)。 スウェーデン人女優のウラ・ジョーンズ (1967年結婚、1974年離婚) との間に一男(作曲家のクインシー・ジョーンズ3世)一女(マルティナ)。 女優の(1974年結婚、1990年離婚)との間に二女 (女優のキダーダ・ジョーンズ、)。 愛人のキャロル・レイノールズとの間に一女(レイチェル・ジョーンズ)。 ドイツ人女優の(1991年結婚、1995年離婚)との間に一女(モデルのケーニャ・キンスキー・ジョーンズ)。 ディスコグラフィ [ ] この節のが望まれています。 自己名義 [ ] 発表年 タイトル レーベル U. 1 - 21 - 1961 『クインテッセンス』 The Quintessence - - - The Great Wide World of Quincy Jones: Live! 43 1 16 1977 Roots 21 4 6 1978 Sounds... And Stuff Like That!! 1955年 , Helen Merrill with Clifford Brown• 1961年 , If You Go• 1962年 ペギー・リー, Blues Cross Country• 1963年 , Ella and Basie! 1964年 , It Might as Well Be Swing• 1966年 フランク・シナトラ, Sinatra at the Sands with Count Basie• 1979年 , Off the Wall• 1982年 マイケル・ジャクソン, 『』 - Thriller• 1984年 フランク・シナトラ, L. Is My Lady 映画音楽担当 [ ]• 「」監督 1964年• 「」監督 1965年• 「」監督 1966年• 「」監督 1967年• 「」監督 1967年• 「」監督 1969年• 「」監督 () 1969年• 「」監督 1969年• 「」監督 1972年• 「」監督 1972年• 「」監督 1985年 テレビドラマ、テレビ映画 [ ]• 1967-1975年(日本では1969-1975年)• 1977年• (2017年、ドキュメンタリー映画) - 出演 日本公演 [ ]• 7月6日 、7日 、9日 、10日• 1981年東京NHK放送スタジオでライブのリハーサルを行ない、武道館公演を収めたライブアルバム『LIVE AT THE BUDOKAN』をリリース。 「ラザマタズ」もシングルとしてリリースされた。 The 80th Celebration Live Gala Party 7月28日 Blue Note Tokyo、31日,8月1日 ホールA 脚注 [ ] []• 2014年7月13日閲覧。 2008年4月13日. 2018年1月9日閲覧。 関連項目 [ ]• - ペンネームはクインシー・ジョーンズのもじり。 - 「愛のコリーダ」が収録されている。 - アメリカン・グラフィティXIVでクインシーのメドレーがある。 - アルバム『熱帯JAZZ楽団 IV 〜La Rumba〜』にクインシーのメドレーがある。 外部リンク [ ]• QuincyDJones -• - (英語)• - Quincy Jones: The Story of an American Musician• 1956• 1957• 1959• () 1960• 1961• () 1962• () 1965• 1966• 1967• 1968• () 1969• 1970• 1972• 1973• () 1974• () 1975• 1977• () 1978• () 1979• 1981• () 1982• () 1983• () 1984• () 1985• () 1989• 1993• 1994• 2001• 2005• () 2007• 2009• 2011• 2012• 2013• 2014• 2015• 2019.

次の