モスティン男爵 日本語。 モスティン ハウス

ウェールズの芸術と民族の歴史に魅せられて

モスティン男爵 日本語

Lord Mostyn(モスティン卿)。 数百年の歴史を持つ私邸モスティン・ホールの前にて。 北ウェールズのリゾート地スランドゥドゥノの海辺は、世界遺産コンウィ城のあるコンウィ村から車で15分ほど距離にある「不思議の国のアリス」の物語ゆかりの地です。 この度、数百年の時空を超え、その広大な地一帯を守り続けてきたモスティン家のご子息であるLord Mostyn(モスティン卿)が来日。 モスティン家の激動の歴史と今を生きる若き貴族にお話を伺います。 ー Lord Mostyn(モスティン卿)とお呼びしてよろしいでしょうか? 日本語がお上手で大変驚いております。 公の場ではLord Mostynですが、Greggと呼んでいただいて構いません。 日本が大好きで何度も来日していますから、日本語は自然に覚えてしまいました。 ー ウェールズの貴族といえば、どんな人生を送られてきたか大変興味深いのですが、生い立ちからご紹介いただけますか? もちろんです。 1984年12月31日生まれで、日本でいう「大晦日」が誕生日です。 生まれたところ? もちろん、「病院」ですよ(笑)。 家族は、両親と姉がいます。 生まれてから18年間、ロンドンで暮らしました。 そのあとダーラムの大学へ行き、世界近現代史を勉強しました。 英国、ヨーロッパ、アメリカ、中国、そして日本、世界中の歴史を学びました。 とにかく歴史を愛しています。 「事実は小説より奇なり」と言いますからね。 それと、チェスが得意です。 7歳から始めて毎日プレイして、グランドマスターになりました。 日本の相撲の世界でいれば「横綱」級ですね。 グランドマスターになってからは負け知らずでしたよ。 Lord Mostyn(モスティン卿) 日光金谷ホテルにて ー 現在お住まいのモスティン家の館「モスティン・ホール」についてお話しいただけますか? 最初に私がモスティン・ホールを訪れたのは、まだ9歳か10歳くらいでした。 住み始めたのは23歳からです。 それからの10年間は、モスティン・ホールとロンドンを行き来することが多かったですね。 子どもの頃に来た時には、驚くほど大きな屋敷だなとは思いましたが、歴史を学んだ23歳になって改めて訪れた時には、虜になりました。 屋敷の中の絵画を中心とした美術品・伝統ある芸術品・工芸品の数々、とにかく至るところに数百年の歴史が刻まれているからです。 それで、ここを住まいにしようと決心したのです。 ー 数百年もの歴史があるのですね。 そうです。 15世紀頃には、ヘンリー7世が追われてモスティン・ホールに逃げ込んできたことがあります。 先祖の AP Richard Howell のもとに、のちのヘンリー7世が敵から逃亡中に逃げ込んできたのです。 その数か月後に、1500人もの兵士がやってきて……ボズワースの戦いに突入しました。 その後リチャード3世が敗北し、ヘンリー7世がチューダー朝を樹立したという歴史があり、その中に私の先祖も登場しているのです。 ー まるで映画や小説の物語を聞いているかのようです。 その後は、どうなられたのですか? ヘンリー7世から「王宮にはいって臣下として政治に携わらないか?」と誘いを受けたそうです。 しかし、北ウェールズから拠点を移したくなかったため、断ったそうです。 その後、5つの親戚の血筋内だけで近親婚を繰り返しました。 1550年の頃にはウェールズ全体の土地の10%が、モスティン家の所有になりました。 長い歴史の中で、税金の問題や結婚の問題があり、一族がある時は大きくなり、ある時は小さくなり、そういうことを繰り返して今に到っているのです。 海外ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」を知っているでしょう? まさにそんな世界です。 私の一家の場合は、それが現実だったというわけです。 mostynestates. uk ー モスティン卿は現代においては、スランドゥドゥノの観光大使でもいらっしゃるそうですね。 はい、今回の来日中、某ホテルの「不思議の国のアリス・鏡の国のアリス」フェアを実際に見て、体験しました。 アーティスティックで素晴らしかったです。 日本で「アリス」がこんなにポピュラーなことには大変驚き、また嬉しく思いました。 ー 複雑なイギリスの歴史を経て、スランドゥドゥノの地とともにモスティン卿の今があるのですね。 モスティン家が滅びたらスランドゥドゥノも滅び、スランドゥドゥノが滅びたらモスティン家も滅ぶ。 そんな関係ですね。 現在のスランドゥドゥノはとても穏やかで、美しい海辺と小高い山々と、洗練されたベイエリア、豪華でスタイリッシュなホテル群、セレクション豊富でインターナショナルなショッピングエリアと、観光スポットとして見どころ満載のエリアに生まれ変わっていますよ。 これからも不思議の国のアリスの街としての見どころをさらに充実させ、私邸のモスティン・ホールを日本の観光客の皆様にもご紹介したいので、日本の旅行会社を通してぜひ訪れていただきたいです。 モスティン卿特製のアフタヌーンティーや、私が自ら案内するツアーやトークなど、日本語で案内できるように頑張りたいです。 曽祖父母の古いアルバムの写真(上)を辿り、モスティン卿が同場所を訪れて撮影した写真(下) ー ぜひこれからも、不思議の国ウェールズと日本の架け橋としてご活躍ください。 実は、まだお話ししていない「不思議」があるんです。 モスティン卿の先祖と日本とのつながりです。 数年前、モスティン・ホールの屋根裏部屋で、古い衣装箱から大変古びたアルバムを見つけ、大変驚きました。 曾祖父母のものでしたが、なんと、日本の観光名所を訪れた時のモノクロの写真の数々だったのです。 曾祖父母たちは、日本へ旅をしていたのです。 私が来日する、ずっと昔に。 日光、箱根、奈良、京都など、私は彼らが訪れた観光地一つ一つを辿り、まったく同じシチュエーションで写真を撮影する旅をしました。 全くそのままの風景でしたから深く感動しました。 何より驚いたのは、日光の金谷ホテルや箱根の富士屋ホテルの宿帳に、モスティン卿の名前のサインを見つけたことです。 それで、私はますます日本の虜になりました。 そういう経緯もあり、私にとって日本は特別なんです。 来年も、来日を予定しています。 東京大学生産技術研究所 機械系 柳本研究室/日本学術振興会 特別研究員 トム・テイラー(Tom Taylor)さん 自動車・航空産業等で軽量化素材として導入の普及が進む炭素繊維複合材。 そのスペシャリストとして日々研究を重ねるウェールズ・スウォンジー大学卒の若手研究者、トム・テイラーさんに、自身の研究や日本の印象についてお話を伺いました。 ー まずは、テイラーさんの自己紹介をお願いします。 生まれはイングランドのケント州ですが、ウェールズが私の故郷です。 6歳の頃に父の仕事の関係でウェールズ第2の都市であるスウォンジーへ移住し、来日するまでこの地に住んでいました。 自宅のある海沿いの町Mumbles(マンブル)は風光明媚で、私のお気に入りの地です。 テイラーさんの故郷、Mumbles(マンブル) 大学は学部・大学院共にスウォンジー大学へ進学、博士号も同大学で取得しました。 専門は材料工学です。 スウォンジー大学は同分野の全英トップ3にランクインするほど、その研究には定評があります。 2010年から南ウェールズ・ポートタルボットにあるインド製鉄大手のタタスチールに入社しました。 研究開発部門で自動車向けの強化スチールシャーシの開発に携わりながら、2014年に博士号を取得しました。 ー ご趣味は? オートバイ、タイムトライアルのサイクリング、そしてウェイトリフティングです。 オートバイは父の影響が大きいです。 父はスズキのハヤブサ(最高速200マイル)を所有していて、よく乗せてもらいました。 ー 日本とのご関係はいつ頃から? 博士号取得後、タタスチールで日系自動車メーカー向けの鋼材開発及び営業に勤しみました。 それが私の日本との関係の原点です。 日本のことはあまりよく知らなかったのですが、これまで研究者として多くの日本の論文を目にし、その研究の質にはいつも驚かされました。 テイラーさんが以前所有していたバイク、KTM SM ー 来日する事になったきっかけは? ある時、自動車業界が今後必要とする最先端の素材技術に関する研究により専念したいと、一念発起。 同僚の紹介で日本学術振興会(JSPS)の外国人特別研究員制度に応募し、受け入れ先として、東京大学 生産技術研究所 柳本 潤 博士の研究室を希望し、申請が通りました。 先生とはタタスチール時代から面識があり、ご研究に感銘を受けていました。 妻と共にこのニュースに大変喜び、日本への渡航を決断しました。 ー 日本に住んでみた印象は? 研究者にとって、とても良い環境が整っていると感じます。 特に私が専門としている炭素繊維複合材の分野は日本がリードしているので、世界どこを探しても今以上の場所は見付けられないでしょうね。 ー テイラーさんの現在の研究について教えてください。 現在取り組んでいる研究は、大きく分けて二つあります。 炭素繊維強化プラスティック(CFRP)の生産コスト低減とCFRPとアルミ合金等の他部材との接合技術及びその接合部における強度、耐腐食性の実現です。 自動車で重要な要素として、軽量化・対衝突性・低コスト化・低炭素化が挙げられます。 車両ボディーのいわゆる、マルチマテリアル化に向けた研究を行っています。

次の

連合王国貴族とは

モスティン男爵 日本語

連合王国貴族(れんごうおうこくきぞく、 Peerage of the United Kingdom)は、1801年にによりが成立してから授爵されたの総称。 合同法以後も、連合王国貴族とは別に、新たなは創設され得たが、1898年のカーゾン男爵の新設が最後となった。 連合王国貴族は、(Duke, Duchess)、(Marquess, Marchioness)、(Earl, Countess)、(Viscount, Viscountess)、(Baron, Baroness)で構成される。 すべて世襲制だが、1958年の法により男爵のみ世襲(Hereditary baron)と功労による一代限り(Life baron)とがある。 なお、日本語でと一般的に訳されているbaronetは貴族(peerage)には含まれない。 王族でない公爵創設は1900年のが最後であり、侯爵の創設は1926年のが最後であった。 1964年にの政権が成立後はほとんど授爵が絶えており、1984年にがとなってから創設がない。 が成立後、連合王国貴族を含めた世襲貴族の議席は92議席に限定された 貴族は尊称としてLordやLadyを名前の前に付けるが、個人名そのものをLordやLadyの付いたものに改名する偽貴族詐欺も横行している。 現存する世襲貴族の連合王国貴族一覧 [ ] 公爵家 [ ]• (1814年)ウェルズリー家• (1833年)エジャートン家• (1874年)グローヴナー家• (1900年)カーネギー家 侯爵家 [ ]• (1801年)• (1812年)コンプトン家• ()(1815年)パジェット家• (1815年)チャムリー家• (1821年)ブルーデネル=ブルース家• ()(1826年)ハーヴェイ家• (1831年)ケネディ家• (1838年)フィップス家• (1876年)• (1892年)ダンダス家• (1902年)ホープ家• (1916年) ()• (1917年)マウントバッテン家• (1926年)アイザックス家 伯爵家 [ ]• () : セント・クレアー=アースキン家• () 1801年 : クレイヴン家• 1801年 : オンズロー家• () 1801年 : マーシャム家• 1801年 : ペラム家• 1801年 : グローヴナー家• : ()• : ネルソン家• : グレイ家• : ()• () : ライダー家• () : ラッセルズ家• : エリオット=マーレイ=キニンマウンド家• () : カスカート家• : グリムストン家• () 1815年 : エリオット家• () 1815年 : パーカー家• () 1815年 : ブリッジマン家• () : スコット家• 1821年 : カーゾン家• () 1821年 : ラウス家• 1821年 : テンプル=ゴア=ラントン家• () : ()• () : アンソン家• : ラムトン家• 1833年 : ()• () 1837年 : モートン家• () 1837年 : ペラム家• 1837年 : コーク家• : ノエル家• : ビング家• () : ピープス家• () : ウェルズリー家• () : ウォード家• : ラッセル家• 1861年 : ()• : ウッドハウス家• () : モンタギュー=ステュアート=ウォートレイ家• : ケアンズ家• : リットン家• : パーマー家• : ノースコート家• : ゲイソン=ハーディ家• () : ウィンザー=クライヴ家• 1905年 : フォジャム家• : ヒックス=ビーチ家• : ビーティー家• () 1919年 : ヘイグ家• 1919年 :• : バルフォア家• : ()• 1925年 : ジェリコー家• : マッカイ家• 1929年 : ピール家• : ボールドウィン家• : ウッド家• () : ()• 1945年 : ロイド・ジョージ家• : ナッチブル家• : アレクサンダー家• : カンリフ=リスター家• 1955年 : アトリー家• : マーキス家• : アームストロング=ジョーンズ家• : 王族の爵位。 子爵家 [ ]• () 1801 ジャービス家• 1802 ダンダス家• 1805年 アディントン家• () 1816 ペルー家• () 1827 ステイプルトン=コットン家• () 1842 クレッグ=ヒル家• 1846 ハーディング家• 1849年 ゴフ家• 1868 ネルソン・フッド家• 1873 ポートマン家• () 1884 ブランド家• () 1891 スミス家• () 1895 ホランド=ヒバート家• 1897 ブレット家• 1900年 ゴッシェン家• 1900 リドレー家• 1902 コルヴィル家• () 1905 ガリー家• 1911 ()• () 1911 ()• () 1911 エイカーズ=ダグラス家• 1911 カーゾン家• 1916 ビッガム家• () 1917 ピアソン家• 1917 キアリー家• 1917• () 1918 ()• 1918 フィリップス家• 1919 ハームズワース家• () 1919 アレンビー家• 1921 セシジャー家• () 1921 ロング家• 1921 ()• 1923 ヤンガー家• () 1925 サミュエル家• () 1927 クレイグ家• 1929 ブリッジマン家• 1929 ホッグ家• () 1929 ジョインソン=ヒックス家• () 1932 バックマスター家• 1935 バサースト家• 1936 ()• 1936 トレンチャード家• 1937 サミュエル家• () 1937 ランシマン家• () 1937 デイヴィッドソン家• () 1938 ヴィアー家• () 1939 インスキップ家• 1940 サイモン家• 1941 ベリー家• 1942 ベン家• 1942 マーゲッソン家• 1943 フィッツロイ家• 1945 アディソン家• 1945 ベリー家• () 1945 ペニー家• 1946 モントゴメリー家• 1952 ()• 1952 ()• 1952 ブルック家• () 1952 クーパー家• () 1954 レザーズ家• 1954 ラムザバザム家• 1954 リトルトン家• () 1955 ハギンズ家• 1956 シドニー家• () 1957 モンクトン家• 1957 ロイド・ジョージ家• () 1957 マッキントッシュ家• 1959 モリソン家• () 1959 ステュアート家• () 1960 ケンプ家• 1960 スリム家• () 1960 ヘッド家• () 1960 レノックス=ボイド家• () 1962 ミルズ家• 1963 ヘア家• 1964 エクルズ家• 1964 マニンガム=ブラー家 男爵家 [ ]• 1802年 ロー家• () 1807年 マナーズ家• 1815年• () 1815年 ハリス家• () 1821年 リデル家• 1821年 チヤムリー家• () 1821年 ウェルド=フォレスター家• 1821年 ストラット家• () 1824年 ギフォード家• () 1826年 ダンクーム家• 1826年 エリス家• 1827年 プランケット家• () 1828年 ア・コート家• () 1828年 ブートル=ウィルブラハム家• () 1829年 ベスト家• 1831年 ()• () 1831年 バンプフィルド家• () 1831年 モスティン家• () 1831年 ソーマレズ家• 1834年 デンマン家• () 1835年 スカーレット家• 1835年• () 1835年 リトルトン家• () 1836年 キャンベル家• 1838年 ポンソンビー家• 1838年 ロッテスリー家• () 1838年 ハンブリー=トレーシー家• () 1838年 マスーアン=キャンベル家• 1839年 リー家• () 1839年 スプリング=ライス家• () 1841年 パーネル家• () 1841年 ()• () 1850年 デニソン家• () 1851年 フレンチ家• 1852年 サマセット家• () 1856年 ストラット家• 1858年• () 1858年 ヤード=ブラー家• () 1859年 ヴァーノン家• 1860年 ブルーム家• () 1861年 ベセル家• () 1863年 ホワイト家• 1866年• () 1866年 ジョリフ家• () 1866年 ダグラス=ペナント家• () 1868年 チチェスター家• 1868年 ネイピア家• 1869年 ローレンス家• () 1869年 ライオン=ダルバーグ=アクトン家• () 1869年 グリン家• () 1870年 ストレイチー家• () 1871年 マンスフィールド家• 1873年 ブルース家• () 1874年 モンクリフ家• () 1874年 コールリッジ家• () 1874年 フレマントル家• () 1874年 ()• () 1876年 オームズビー=ゴア家• () 1876年 ()• () 1876年 ジェラルド家• () 1876年 サックヴィル=ウェスト家• () 1878年 アダレイ家• () 1880年 ヒル=トレヴァー家• 1881年 ラッセル家• () 1881年 ヴァンデン=ベンデ=ジョンストン家• () 1881年 タフトン家• 1884年 テニソン家• () 1884年 ()• () 1884年 ドッドソン家• () 1884年 ジェイムズ家• 1885年• 1885年• () 1885年 コリアー家• 1885年 ギブソン家• () 1885年 ウィン家• () 1885年 ()• () 1886年 オールソップ家• () 1886年 ベケット家• () 1886年 ハミルトン家• 1887年 セント・オービン家• () 1887年 スクレーター=ボース家• 1887年 エイルウィン=フェローズ家• 1887年 ハバード家• () 1888年 ラムリー=サヴィル家• 1892年 キュービット家• () 1892年 ブルックス家• 1892年• 1892年 ()• () 1892年 マルホランド家• () 1893年 ()• () 1896年 ギブス家• () 1897年 ハミルトン家• () 1897年 ベイリー家• () 1899年 ベイリー家• () 1899年 ガードン家• () 1900年 ラボック家• 1900年 モリス家• () 1900年 ハワード家• () 1902年 バルフォア家• 1902年 ケイ=シャトルワース家• () 1902年 グレンフェル家• 1902年• () 1903年 ローソン家• () 1903年 ビダルフ家• () 1905年 リッチー家• () 1906年 マーティン=ヘムヒル家• () 1906年 ジョイシー家• () 1906年 ウィルソン家• 1907年 モンタギュー家• () 1907年 ブレイス家• () 1908年 ホワイトリー家• () 1909年 バーンズ家• 1909年 フィッシャー家• () 1909年 ゴドリー家• 1910年 ハーディング家• () 1910年 ド・ヴィリアーズ家• () 1911年 テナント家• () 1911年 マクラーレン家• () 1911年 トレヴァー=ルイス家• () 1911年 コーベット家• 1911年 アシュトン家• 1911年 モズレー家• () 1912年 ホープ=モーレイ家• () 1914年 クリップス家• () 1914年 カンリフ家• () 1915年 バックリー家• () 1916年 ヘンダーソン家• () 1916年 ショーネシー家• () 1916年 ノートン家• () 1916年 クロスリー家• 1916年 ()• 1917年 エイトケン家• () 1917年 ()• () 1917年 ()• 1917年 ハミルトン=スミス家• () 1917年 シャロナー家• () 1918年 モリス家• () 1918年 カウリー家• () 1918年 ウッドハウス家• 1918年 アーサー家• () 1918年 フィリモア家• () 1919年 ヴィアー家• () 1919年 シンハ家• () 1919年 コクラン家• () 1919年 ロバーツ家• 1919年 ラッセル家• 1919年 スウィンフェン=イーディ家• () 1919年 メストン家• 1920年 コケイン家• () 1922年 ニヴィソン家• () 1922年 ワトソン家• () 1922年 ウィリアムソン家• () 1922年 ヴェスティー家• 1922年 ボリック家• () 1922年 マクレイ家• 1922年 ベセル家• () 1924年 ダーリング家• () 1924年 バンベリー家• () 1925年 デューク家• () 1926年 ブラッドベリー家• () 1927年 グリーンウェイ家• () 1927年 チャブ家• 1927年 コーンウォリス家• () 1927年 グリーンオール家• 1928年 ギブズ家• () 1928年 レムナント家• 1929年 モイニハン家• () 1929年 ショー家• () 1929年 ウィリス家• () 1929年 ジョンストン家• () 1929年 ヤーバーグ家• 1929年 ベーデン=パウエル家• 1930年 ポンソンビー家• () 1930年 ディキンソン家• () 1930年 ノエル=バクストン家• 1930年• 1931年 ラム家• 1932年 ミッチェル=トムソン家• 1932年• () 1932年 デイヴィーズ家• () 1932年 ホープ家• () 1933年 ノール=ケイン家• () 1933年 ミルン家• 1933年 ロッド家• () 1933年 シーリー家• () 1933年 アイリフ家• 1933年 パーマー家• 1934年• 1934年 エルトン家• 1934年 ローダー家• () 1935年 ファーマー・ヘスケス家• 1935年 バカン家• () 1935年 ウィグラム家• () 1935年 バルフォア家• () 1935年 メイ家• () 1935年 ヤング家• () 1936年 マクファーソン家• () 1936年 キャットー家• 1937年 ヘネシー家• 1937年 マンクロフト家• () 1937年 ()• 1937年 ボウヤー家• 1937年 リー家• () 1937年 カドマン家• () 1937年 シドレー家• () 1937年 デニソン=ペンダー家• () 1938年 ロペス家• () 1938年 ブラッシー家• () 1938年 スタンプ家• () 1938年 スミス家• () 1939年 フィリップス家• () 1939年 ハンキー家• 1939年 ハームズワース家• 1939年 ケイザー家• () 1939年 ディクソン家• () 1940年 トライオン家• () 1940年 クロフト家• 1940年 カー家• () 1940年 ネイサン家• 1940年 リース家• () 1941年 キンダースリー家• 1941年 アイアンサイド家• () 1942年 レイサム家• () 1942年 ()• 1942年 ゲッデス家• () 1942年 ウォレンダー家• 1942年 ムーア=ブラバゾン家• () 1943年 キーズ家• () 1943年 ハーバート家• () 1943年 ウィルソン家• 1943年 ランプソン家• () 1943年 ダウディング家• () 1944年 グレットン家• () 1944 ウェストウッド家• () 1945年 ヘーズルリッグ家• () 1945年 ハッキング家• () 1945年 チェットウッド家• () 1945年 エドモンドソン家• 1945年 グリッグ家• () 1945年 ブロードブリッジ家• 1945年 エヴァンズ家• () 1945年 リンゼイ家• () 1945年 ピアシー家• () 1945年 チョーリー家• () 1945年 マフ家• () 1946年 テダー家• 1946年 キャンベル家• () 1946年 デイヴィーズ家• 1946年 ルーカス家• 1946年 シェパード家• () 1946年 ニューオール家• () 1947年 マッフィー家• () 1947年 レイトン家• () 1947年 サイモン家• () 1947年 カーショウ家• 1947年 トレフガン家• () 1947年 クローク家• () 1947年 モンタギュー家• () 1947年 リチャーズ家• 1948年 コルヴィル家• () 1950年 バーデン家• 1950年 ヘイデン=ゲスト家• シルキン家(爵位一代放棄中)• () 1950年 ハイブス家• () 1950年 リーズ=ウィリアムズ家• () 1950年 モリス家• () 1951年 マクファーソン家• () 1951年 ホイットフィールド家• 1951年 フレイバーグ家• () 1951年 ミルナー家• () 1951年 カークウッド家• () 1951年 ワイズ家• () 1952年 ジェフリーズ家• () 1953年 オニール家• () 1953年 ベイルー家• 1953年 スエンソン=テイラー家• () 1954年 ロウ家• () 1954年 ハーヴィー家• () 1955年 グライドリー家• () 1955年 フレイザー家• 1955年 ガルブレイス家• () 1955年 アシュトン家• () 1955年 マクネイア家• () 1956年 ホプキンソン家• 1956年• () 1957 シンクレアー家• 1957年 ブリッジズ家• () 1957年 ノリー家• 1958年 バーケット家• () 1958年 ハーディング家• () 1958年 プール家• () 1959年 ルーツ家• () 1959年 ターナー家• 1959年 ダグデール家• () 1959年 ()• () 1959年 マックアンドリュー家• () 1960年 ネルソン家• 1960年• 1960年 サンダーソン家 爵位一代放棄中• 1960年 リットン=コボルド家• () 1961年 ロバートソン家• 1961年 マークス家• () 1961年 ブロートン家• () 1962年 シーガー家• () 1962年 ブレイン家• () 1962年 ロウ家• () 1962年 ミラー家• () 1963年 エヴァ家• 1964年 トムソン家• () 1964年 ロビンソン家• () 1964年 マーキンズ家• 1964年 フレッチャー=ヴェーン家• () 1964年 ホープ家• 1964年 グリムストン家• () 1964年 レンウィック家• () 1964年 ヒューズ=ヤング家• () 1965年 () 脚注 [ ] [].

次の

世界ふしぎ発見!に英国ウェールズの超イケメン男爵登場!111年前の日本の写真を発見…明治天皇のお姿も?【2019年10月12日(土曜日)放送 TBS】

モスティン男爵 日本語

連合王国貴族(れんごうおうこくきぞく、 Peerage of the United Kingdom)は、1801年にによりが成立してから授爵されたの総称。 合同法以後も、連合王国貴族とは別に、新たなは創設され得たが、1898年のカーゾン男爵の新設が最後となった。 連合王国貴族は、(Duke, Duchess)、(Marquess, Marchioness)、(Earl, Countess)、(Viscount, Viscountess)、(Baron, Baroness)で構成される。 すべて世襲制だが、1958年の法により男爵のみ世襲(Hereditary baron)と功労による一代限り(Life baron)とがある。 なお、日本語でと一般的に訳されているbaronetは貴族(peerage)には含まれない。 王族でない公爵創設は1900年のが最後であり、侯爵の創設は1926年のが最後であった。 1964年にの政権が成立後はほとんど授爵が絶えており、1984年にがとなってから創設がない。 が成立後、連合王国貴族を含めた世襲貴族の議席は92議席に限定された 貴族は尊称としてLordやLadyを名前の前に付けるが、個人名そのものをLordやLadyの付いたものに改名する偽貴族詐欺も横行している。 現存する世襲貴族の連合王国貴族一覧 [ ] 公爵家 [ ]• (1814年)ウェルズリー家• (1833年)エジャートン家• (1874年)グローヴナー家• (1900年)カーネギー家 侯爵家 [ ]• (1801年)• (1812年)コンプトン家• ()(1815年)パジェット家• (1815年)チャムリー家• (1821年)ブルーデネル=ブルース家• ()(1826年)ハーヴェイ家• (1831年)ケネディ家• (1838年)フィップス家• (1876年)• (1892年)ダンダス家• (1902年)ホープ家• (1916年) ()• (1917年)マウントバッテン家• (1926年)アイザックス家 伯爵家 [ ]• () : セント・クレアー=アースキン家• () 1801年 : クレイヴン家• 1801年 : オンズロー家• () 1801年 : マーシャム家• 1801年 : ペラム家• 1801年 : グローヴナー家• : ()• : ネルソン家• : グレイ家• : ()• () : ライダー家• () : ラッセルズ家• : エリオット=マーレイ=キニンマウンド家• () : カスカート家• : グリムストン家• () 1815年 : エリオット家• () 1815年 : パーカー家• () 1815年 : ブリッジマン家• () : スコット家• 1821年 : カーゾン家• () 1821年 : ラウス家• 1821年 : テンプル=ゴア=ラントン家• () : ()• () : アンソン家• : ラムトン家• 1833年 : ()• () 1837年 : モートン家• () 1837年 : ペラム家• 1837年 : コーク家• : ノエル家• : ビング家• () : ピープス家• () : ウェルズリー家• () : ウォード家• : ラッセル家• 1861年 : ()• : ウッドハウス家• () : モンタギュー=ステュアート=ウォートレイ家• : ケアンズ家• : リットン家• : パーマー家• : ノースコート家• : ゲイソン=ハーディ家• () : ウィンザー=クライヴ家• 1905年 : フォジャム家• : ヒックス=ビーチ家• : ビーティー家• () 1919年 : ヘイグ家• 1919年 :• : バルフォア家• : ()• 1925年 : ジェリコー家• : マッカイ家• 1929年 : ピール家• : ボールドウィン家• : ウッド家• () : ()• 1945年 : ロイド・ジョージ家• : ナッチブル家• : アレクサンダー家• : カンリフ=リスター家• 1955年 : アトリー家• : マーキス家• : アームストロング=ジョーンズ家• : 王族の爵位。 子爵家 [ ]• () 1801 ジャービス家• 1802 ダンダス家• 1805年 アディントン家• () 1816 ペルー家• () 1827 ステイプルトン=コットン家• () 1842 クレッグ=ヒル家• 1846 ハーディング家• 1849年 ゴフ家• 1868 ネルソン・フッド家• 1873 ポートマン家• () 1884 ブランド家• () 1891 スミス家• () 1895 ホランド=ヒバート家• 1897 ブレット家• 1900年 ゴッシェン家• 1900 リドレー家• 1902 コルヴィル家• () 1905 ガリー家• 1911 ()• () 1911 ()• () 1911 エイカーズ=ダグラス家• 1911 カーゾン家• 1916 ビッガム家• () 1917 ピアソン家• 1917 キアリー家• 1917• () 1918 ()• 1918 フィリップス家• 1919 ハームズワース家• () 1919 アレンビー家• 1921 セシジャー家• () 1921 ロング家• 1921 ()• 1923 ヤンガー家• () 1925 サミュエル家• () 1927 クレイグ家• 1929 ブリッジマン家• 1929 ホッグ家• () 1929 ジョインソン=ヒックス家• () 1932 バックマスター家• 1935 バサースト家• 1936 ()• 1936 トレンチャード家• 1937 サミュエル家• () 1937 ランシマン家• () 1937 デイヴィッドソン家• () 1938 ヴィアー家• () 1939 インスキップ家• 1940 サイモン家• 1941 ベリー家• 1942 ベン家• 1942 マーゲッソン家• 1943 フィッツロイ家• 1945 アディソン家• 1945 ベリー家• () 1945 ペニー家• 1946 モントゴメリー家• 1952 ()• 1952 ()• 1952 ブルック家• () 1952 クーパー家• () 1954 レザーズ家• 1954 ラムザバザム家• 1954 リトルトン家• () 1955 ハギンズ家• 1956 シドニー家• () 1957 モンクトン家• 1957 ロイド・ジョージ家• () 1957 マッキントッシュ家• 1959 モリソン家• () 1959 ステュアート家• () 1960 ケンプ家• 1960 スリム家• () 1960 ヘッド家• () 1960 レノックス=ボイド家• () 1962 ミルズ家• 1963 ヘア家• 1964 エクルズ家• 1964 マニンガム=ブラー家 男爵家 [ ]• 1802年 ロー家• () 1807年 マナーズ家• 1815年• () 1815年 ハリス家• () 1821年 リデル家• 1821年 チヤムリー家• () 1821年 ウェルド=フォレスター家• 1821年 ストラット家• () 1824年 ギフォード家• () 1826年 ダンクーム家• 1826年 エリス家• 1827年 プランケット家• () 1828年 ア・コート家• () 1828年 ブートル=ウィルブラハム家• () 1829年 ベスト家• 1831年 ()• () 1831年 バンプフィルド家• () 1831年 モスティン家• () 1831年 ソーマレズ家• 1834年 デンマン家• () 1835年 スカーレット家• 1835年• () 1835年 リトルトン家• () 1836年 キャンベル家• 1838年 ポンソンビー家• 1838年 ロッテスリー家• () 1838年 ハンブリー=トレーシー家• () 1838年 マスーアン=キャンベル家• 1839年 リー家• () 1839年 スプリング=ライス家• () 1841年 パーネル家• () 1841年 ()• () 1850年 デニソン家• () 1851年 フレンチ家• 1852年 サマセット家• () 1856年 ストラット家• 1858年• () 1858年 ヤード=ブラー家• () 1859年 ヴァーノン家• 1860年 ブルーム家• () 1861年 ベセル家• () 1863年 ホワイト家• 1866年• () 1866年 ジョリフ家• () 1866年 ダグラス=ペナント家• () 1868年 チチェスター家• 1868年 ネイピア家• 1869年 ローレンス家• () 1869年 ライオン=ダルバーグ=アクトン家• () 1869年 グリン家• () 1870年 ストレイチー家• () 1871年 マンスフィールド家• 1873年 ブルース家• () 1874年 モンクリフ家• () 1874年 コールリッジ家• () 1874年 フレマントル家• () 1874年 ()• () 1876年 オームズビー=ゴア家• () 1876年 ()• () 1876年 ジェラルド家• () 1876年 サックヴィル=ウェスト家• () 1878年 アダレイ家• () 1880年 ヒル=トレヴァー家• 1881年 ラッセル家• () 1881年 ヴァンデン=ベンデ=ジョンストン家• () 1881年 タフトン家• 1884年 テニソン家• () 1884年 ()• () 1884年 ドッドソン家• () 1884年 ジェイムズ家• 1885年• 1885年• () 1885年 コリアー家• 1885年 ギブソン家• () 1885年 ウィン家• () 1885年 ()• () 1886年 オールソップ家• () 1886年 ベケット家• () 1886年 ハミルトン家• 1887年 セント・オービン家• () 1887年 スクレーター=ボース家• 1887年 エイルウィン=フェローズ家• 1887年 ハバード家• () 1888年 ラムリー=サヴィル家• 1892年 キュービット家• () 1892年 ブルックス家• 1892年• 1892年 ()• () 1892年 マルホランド家• () 1893年 ()• () 1896年 ギブス家• () 1897年 ハミルトン家• () 1897年 ベイリー家• () 1899年 ベイリー家• () 1899年 ガードン家• () 1900年 ラボック家• 1900年 モリス家• () 1900年 ハワード家• () 1902年 バルフォア家• 1902年 ケイ=シャトルワース家• () 1902年 グレンフェル家• 1902年• () 1903年 ローソン家• () 1903年 ビダルフ家• () 1905年 リッチー家• () 1906年 マーティン=ヘムヒル家• () 1906年 ジョイシー家• () 1906年 ウィルソン家• 1907年 モンタギュー家• () 1907年 ブレイス家• () 1908年 ホワイトリー家• () 1909年 バーンズ家• 1909年 フィッシャー家• () 1909年 ゴドリー家• 1910年 ハーディング家• () 1910年 ド・ヴィリアーズ家• () 1911年 テナント家• () 1911年 マクラーレン家• () 1911年 トレヴァー=ルイス家• () 1911年 コーベット家• 1911年 アシュトン家• 1911年 モズレー家• () 1912年 ホープ=モーレイ家• () 1914年 クリップス家• () 1914年 カンリフ家• () 1915年 バックリー家• () 1916年 ヘンダーソン家• () 1916年 ショーネシー家• () 1916年 ノートン家• () 1916年 クロスリー家• 1916年 ()• 1917年 エイトケン家• () 1917年 ()• () 1917年 ()• 1917年 ハミルトン=スミス家• () 1917年 シャロナー家• () 1918年 モリス家• () 1918年 カウリー家• () 1918年 ウッドハウス家• 1918年 アーサー家• () 1918年 フィリモア家• () 1919年 ヴィアー家• () 1919年 シンハ家• () 1919年 コクラン家• () 1919年 ロバーツ家• 1919年 ラッセル家• 1919年 スウィンフェン=イーディ家• () 1919年 メストン家• 1920年 コケイン家• () 1922年 ニヴィソン家• () 1922年 ワトソン家• () 1922年 ウィリアムソン家• () 1922年 ヴェスティー家• 1922年 ボリック家• () 1922年 マクレイ家• 1922年 ベセル家• () 1924年 ダーリング家• () 1924年 バンベリー家• () 1925年 デューク家• () 1926年 ブラッドベリー家• () 1927年 グリーンウェイ家• () 1927年 チャブ家• 1927年 コーンウォリス家• () 1927年 グリーンオール家• 1928年 ギブズ家• () 1928年 レムナント家• 1929年 モイニハン家• () 1929年 ショー家• () 1929年 ウィリス家• () 1929年 ジョンストン家• () 1929年 ヤーバーグ家• 1929年 ベーデン=パウエル家• 1930年 ポンソンビー家• () 1930年 ディキンソン家• () 1930年 ノエル=バクストン家• 1930年• 1931年 ラム家• 1932年 ミッチェル=トムソン家• 1932年• () 1932年 デイヴィーズ家• () 1932年 ホープ家• () 1933年 ノール=ケイン家• () 1933年 ミルン家• 1933年 ロッド家• () 1933年 シーリー家• () 1933年 アイリフ家• 1933年 パーマー家• 1934年• 1934年 エルトン家• 1934年 ローダー家• () 1935年 ファーマー・ヘスケス家• 1935年 バカン家• () 1935年 ウィグラム家• () 1935年 バルフォア家• () 1935年 メイ家• () 1935年 ヤング家• () 1936年 マクファーソン家• () 1936年 キャットー家• 1937年 ヘネシー家• 1937年 マンクロフト家• () 1937年 ()• 1937年 ボウヤー家• 1937年 リー家• () 1937年 カドマン家• () 1937年 シドレー家• () 1937年 デニソン=ペンダー家• () 1938年 ロペス家• () 1938年 ブラッシー家• () 1938年 スタンプ家• () 1938年 スミス家• () 1939年 フィリップス家• () 1939年 ハンキー家• 1939年 ハームズワース家• 1939年 ケイザー家• () 1939年 ディクソン家• () 1940年 トライオン家• () 1940年 クロフト家• 1940年 カー家• () 1940年 ネイサン家• 1940年 リース家• () 1941年 キンダースリー家• 1941年 アイアンサイド家• () 1942年 レイサム家• () 1942年 ()• 1942年 ゲッデス家• () 1942年 ウォレンダー家• 1942年 ムーア=ブラバゾン家• () 1943年 キーズ家• () 1943年 ハーバート家• () 1943年 ウィルソン家• 1943年 ランプソン家• () 1943年 ダウディング家• () 1944年 グレットン家• () 1944 ウェストウッド家• () 1945年 ヘーズルリッグ家• () 1945年 ハッキング家• () 1945年 チェットウッド家• () 1945年 エドモンドソン家• 1945年 グリッグ家• () 1945年 ブロードブリッジ家• 1945年 エヴァンズ家• () 1945年 リンゼイ家• () 1945年 ピアシー家• () 1945年 チョーリー家• () 1945年 マフ家• () 1946年 テダー家• 1946年 キャンベル家• () 1946年 デイヴィーズ家• 1946年 ルーカス家• 1946年 シェパード家• () 1946年 ニューオール家• () 1947年 マッフィー家• () 1947年 レイトン家• () 1947年 サイモン家• () 1947年 カーショウ家• 1947年 トレフガン家• () 1947年 クローク家• () 1947年 モンタギュー家• () 1947年 リチャーズ家• 1948年 コルヴィル家• () 1950年 バーデン家• 1950年 ヘイデン=ゲスト家• シルキン家(爵位一代放棄中)• () 1950年 ハイブス家• () 1950年 リーズ=ウィリアムズ家• () 1950年 モリス家• () 1951年 マクファーソン家• () 1951年 ホイットフィールド家• 1951年 フレイバーグ家• () 1951年 ミルナー家• () 1951年 カークウッド家• () 1951年 ワイズ家• () 1952年 ジェフリーズ家• () 1953年 オニール家• () 1953年 ベイルー家• 1953年 スエンソン=テイラー家• () 1954年 ロウ家• () 1954年 ハーヴィー家• () 1955年 グライドリー家• () 1955年 フレイザー家• 1955年 ガルブレイス家• () 1955年 アシュトン家• () 1955年 マクネイア家• () 1956年 ホプキンソン家• 1956年• () 1957 シンクレアー家• 1957年 ブリッジズ家• () 1957年 ノリー家• 1958年 バーケット家• () 1958年 ハーディング家• () 1958年 プール家• () 1959年 ルーツ家• () 1959年 ターナー家• 1959年 ダグデール家• () 1959年 ()• () 1959年 マックアンドリュー家• () 1960年 ネルソン家• 1960年• 1960年 サンダーソン家 爵位一代放棄中• 1960年 リットン=コボルド家• () 1961年 ロバートソン家• 1961年 マークス家• () 1961年 ブロートン家• () 1962年 シーガー家• () 1962年 ブレイン家• () 1962年 ロウ家• () 1962年 ミラー家• () 1963年 エヴァ家• 1964年 トムソン家• () 1964年 ロビンソン家• () 1964年 マーキンズ家• 1964年 フレッチャー=ヴェーン家• () 1964年 ホープ家• 1964年 グリムストン家• () 1964年 レンウィック家• () 1964年 ヒューズ=ヤング家• () 1965年 () 脚注 [ ] [].

次の