ハウス クリーニング 開業。 ハウスクリーニング独立開業!稼げるフランチャイズ比較ランキング

ハウスクリーニング業の独立開業は将来性ある?向いている人を紹介

ハウス クリーニング 開業

不景気に新規参入の多い業界 掃除用品や清掃機械を専門に扱う商社(販売店)があるのですが、そこで聞いた話によると、不景気で世間ではリストラだなんだと言われると商社は売り上げが伸びるそうです。 これは不景気で残業代が出なくなったりして会社からの給料が落ちたり、リストラされたり、現職で先の展望が見えなくなったりして、脱サラをしてハウスクリーニングの業界で起業・独立開業を目指す人が増え、結果として掃除用品が売れる、という傾向があるそうです。 なぜ不景気になるとハウスクリーニング業界への新規参入が増えるのか? これは、ハウスクリーニング業界への参入障壁の低さがあります。 ハウスクリーニングを開業するために特別な資格は必要ありません。 これに類する国家資格もありません。 フランチャイズを展開する会社や有志のグループが勝手に作った〇〇協会による〇〇免許、〇〇認定、のようなものは有ります。 それらの権威や効果、世間的な評価・認知度がどこまであるかはわかりません 笑 そのため「冷やし中華はじめました」よろしく、「ハウスクリーニングはじめました」と言えばだれでも始められてしまう職業のため、気軽に始めようとする人が多いということでしょう。 また仕事の性質上、それほど高価な道具や材料が必要無いですし、自分が行うサービス(作業)によって対価を得ますので、何かを仕入れるお金が必要になるような販売業と異なり大した原価はかかりません。 そのため 低予算で開業・運営が出来るのでリスクが少ない中で始められるメリットがあるためでしょう。 「いわゆるハウスクリーニング」はやってはいけない 一般家庭にご訪問して水回りの清掃をするような「いわゆるハウスクリーニング」をイメージしてこの業界で独立開業を目指そうとする方が多いのではないかと思います。 また、ハウスクリーニングのフランチャイズを展開する起業もそのような、一見華やかなイメージをもつ「いわゆるハウスクリーニング」を前面にアピールしたフランチャイズ募集広告を打ち出しています。 私個人の経験と同業他社の状況を見ますと 「いわゆるハウスクリーニング」のみで生計を立てることは非常に困難と言えます。 個人事業主の方で事業主お一人またはご夫婦でやられている方で「いわゆるハウスクリーニング」のみで上手くやっている方は見受けられます。 それでも上手く軌道に乗せてやられているのはほんの一握り、ごくごく一握りです。 この業界で独立開業を目指す方は、ほとんど個人の方だと思います。 ビルメンテナンス業でないかぎり、いきなり会社組織で立ち上げて…という人はまずいないと思います。 別項のでも説明しましたが一口にハウスクリーニング(清掃サービス)といっても市場は様々です。 ただ、どの市場でも言えることですが、 清掃サービス業の市場で「儲ける」ことは非常に困難です。 儲けてやろう!と思ってこの業界に参入し、独立開業しようと考えられている方には 「ハウスクリーニングはやってはいけない」というアドバイスを私は送ります。 「いわゆるハウスクリーニング」だけに着目してそれで事業を成り立たせようとすると非常に苦労することになるでしょう。 個人事業主の方が生活が成り立つくらいの収入が得られるレベルに達すれば、それで大成功と言えます。 先々の不安無く収入にゆとりが出るくらいに経営が安定している状態になるにはよほどの努力や工夫、根気が必要だと言えます。 もちろん何を持って成功というかは個人の価値観によるので一概には言えませんが、例えば…• 「低資金で簡単に始められて、ランニングコストはかからずすぐに食べていけるようになるらしい」• 「ハウスクリーニングは儲かると思って始めようと思った」 このような考え方でこれからこのハウスクリーニングの業界で独立開業を考えている方からすると、なぜ?どうして? 「いわゆるハウスクリーニング」で生計を立てることがどうしてそんなに難しいの?という疑問を持たれるかもしれません。 それについては別項で説明したいと思いますが、それくらい厳しい業界で、かつ「いわゆるハウスクリーニング」が持つ華やかイメージとはかけ離れた業界だと言えます。 「洗い屋」さんの売上と収入 平均的な売上 「」の項で説明しましたが、ビルメンテナンス業以外のこの業界の事業者はほとんどが「洗い屋」さんです。 個人の洗い屋さんの(大阪の)平均の売上は大体50万円前後/月です。 これが 個人で軌道に乗ったと言える方の売上です。 (これはあくまでも私の周囲で知る限りの大阪目線の情報と前置きしておきます。 関東の方は作業単価相場が2~3割高いと思います。 ) ランニングコストの目安 確かにこの仕事はランニングコストは低く済みます。 所得税、住民税、健康保険、社会保険、損害賠償保険、そして事業主は労働保険に入れませんので必要に応じて別途生命(傷病)保険の加入も必要でしょう。 また仕事を取る(集客)ための宣伝広告費をどこまでかけるかにもよりますが、ざっくりですが ランニングコストは売上高のおおよそ30%程度です。 正味の収入 したがって 正味の利益=収入は35万円前後が平均と言えます。 またサラリーマンであれば会社がやってくれることも自分でやらなければならい、開業時に買い揃えた営業車や高額機械の買い替に備えて引き当て(月々の積立)もしていかなければなりません。 そうなると独身であればまあまあ…ですが、扶養する妻子がいて…となると「なんとか食べていけるが…」というレベルの収入だと言えます。 それをどのように実現しているか• 対象顧客 ほとんどを マンションン管理会社や リフォーム会社からの賃貸マンションのの仕事を受けることを主業にしています。 稼働率 前述の売上平均を実現されている「軌道に乗った」同業者さんの稼働状況を見ると、 休みは週一とれればいい方で繁忙期は月に1日休むかどうか 早朝家を出て帰りは夜間まで• 「もぐり」とは公には無職・無収入ということで、隠れてこの仕事をして収入を得ている状態のことです。 もちろん、 税金逃れで違法ですね 笑 でも本当に結構います。 この仕事の怖いところは、事業主が身体を壊したら収入が無くなってしまうと言う怖さがあります。 本来そういう時のために傷病保険や各種の事業主向けの保険に加入するのですが、そういったコストを掛けられない(掛けたくない)個人事業主も多くいます。 「洗い」を主業とする「洗い屋」さんの実態についてはまた別項で詳しく紹介します。

次の

ハウスクリーニングで独立・開業・起業するには?

ハウス クリーニング 開業

ハウスクリーニングの市場 この業界全体のことを一言で表そうとすると 「清掃サービス業」と言った方がいいかもしれません。 ハウスクリーニングと一言で言っても、清掃サービス業全体からすると微妙にイメージする市場が異なります。 一般の方は いわゆるハウスクリーニングといえば、一般家庭に訪問してお風呂やキッチンといた水回りの清掃をするサービスというイメージを持っているかもしれません。 言葉を変えて 「清掃会社」というとどんなイメージを持たれるでしょうか? 清掃会社というと、 商業ビルやテナントの入口や廊下といった共用部を清掃している業者さん、マンションの共用部を清掃している業者さんのイメージに変わるでしょうか。 または 店舗の床をポリッシャーと言われる機械で洗浄している業者さんのイメージでしょうか。 一般の方がイメージしやすいのはその辺でしょうが、実はハウスクリーニングの市場はもっともっと別のところにも大きな市場があったりします。 大きく大別すると下記の市場がありますのでご紹介します。 この大きく分けて4つの市場で、多少の複合は有りますが、清掃業者は棲み分けされていると言えます。 ビルメンテナンス業 実は清掃サービス業界では、このビルメンテナンスに伴う清掃の市場が一番大きいと言えます。 そのダスキンさんも実は内情はビルメンテナンスの一環の清掃サービスが主業で、いわゆる一般宅に訪問して行ういわゆるハウスクリーニングの売上規模はごく一部です。 むしろダスキンさんのメインのお客様は法人様で商業ビルやマンションの管理会社様や店舗経営者様で、玄関(エントランス・エレベーター)マットのリースや清掃器具(モップ等)のリース、定期的なビルやテナント・店舗の清掃といった「清掃による定期メンテナンス」の市場をメインの売上顧客としています。 このビルメンテナンスにおける清掃サービスの市場のすそ野は広く、それに携わる人員の数も膨大な雇用を担っています。 例えば駅構内で常にちり取りとホウキを持って清掃員の制服を来て歩いている人がいますね。 大きな駅であれば一人や二人ではありませんよね。 駅だけではなくショッピングモールのような大きな商業施設・商業ビルや空港、大学の構内にもいますよね。 (もちろんそういったスタッフさんが正社員かどうか、職人と言えるかどうかは別にして) またこれもイメージしやすいかもしれませんが、ビルの窓ガラスを屋上からぶら下がって窓掃除をする職人さんも、ビルメンテナンスの仕事です。 で、この仕事はどこが発注を出しているかと言うと、そのビル・施設の管理会社さんです。 大きなビルや施設は、その設備や美観維持を請け負う専門の管理会社に委託するか、自ら管理する会社を作っています。 そこが「清掃」に関わる仕事の発注を「清掃会社」に出しています。 想像するだけでも物凄い市場です。 そういった案件に関わる清掃会社さんは自社ビルも持っていたり、社員数も大きなところはパート・アルバイトも含めて数千人という会社もざらです。 地方の清掃会社さんでもスタッフ数が数百人規模だったりします。 こういった仕事はさらに、下請けの下請けの下請け…といった形で小さな清掃会社にも仕事が回ってきたりしますので、もちろん数人でやっているビルメンテナンスを主業とした清掃会社さんもいます。 原状回復に伴う清掃業 「現状回復」という言葉は一般の方は聞き慣れないかもしれません。 原状回復とは、 賃貸マンション・アパートやテナントで、入居者が契約満了等で退去した後に「元通りにする」「次の入居者が入れる状態にする」ことを現状回復工事と言います。 入居者が退去した賃貸の部屋は当然、汚れていますし、場合によっては損傷してしまっていたり、給湯や水回りの設備に寿命が来てしまっている箇所もあります。 掃除をして退去される方もいますが、一般の方がする掃除では次の入居者が入れるレベルにはなりませんのでプロの清掃業者(これがハウスクリーニング業者ですね)を入れます。 中には壁紙(クロス)や床を張り替えたり、古くなり劣化が激しくなった洗面台やキッチンといった水回りを入れ替える工事(これはリフォーム屋さんの仕事ですね)も原状回復工事として行う場合もあります。 いずれにせよ最後は「プロの清掃」が必ず入ります。 実は、 ハウスクリーニング業者のほとんどは、この原状回復に伴う清掃(通称「洗い」)をメインの収入源としているのが実情なのです。 この業界の人はこういったハウスクリーニング業者さんを 「洗い屋さん」と呼んだりします(ハウスクリーニング屋さんとはまず言われません)。 これまた、マンション等の賃貸物件を専門とした「不動産管理会社」さんがいて、ここが原状回復の発注を出します。 この不動産管理会社さんが直接「洗い屋」さんに発注を出す場合もありますし、工事を要するケースも多いので「リフォーム屋」さんに発注を出して、「リフォーム屋」さんから「洗い屋」さんに発注が行く場合もあり、ケースバイケースです。 数は多くありませんが、マンションオーナーさんが管理会社さんを介さず、直接すべての原状回復工事の手配を自らされているケースもあります。 不動産仲介業者さんがテレビCMを打つくらいの賃貸物件の出入りがあるわけですから、その数だけ「洗い」の仕事があるわけです。 あの物件情報の数だけ、その部屋は全てと言っていいくらい「洗い屋」さんが関わっています。 「洗い」の業界では3~4月はお祭りみたいな繁忙時期であり、阿鼻叫喚 笑 です。 この繁忙期が終わると職員さんは廃人みたいになってます 笑 ただこの仕事はまず人の目には付きませんので、一般の方からすると「へ~清掃業界にはそんな市場があったんだ~」という感覚かもしれません。 新築・リフォーム美装業 いきなり余談ですが、清掃サービスの業界には 「美装屋」さんと呼ばれる職業があります。 ハウスクリーニングというサービスが日本の職業・職種の何に当たるかというと諸説ありますが「美装」であるとも言われています。 余談は続きますが、そもそも美装屋さんの起源は、古くは神社寺社仏閣の建物の美観回復やメンテナンスを生業としていた職業の方々を美装屋と言っていたそうです。 そういった職業の方々が時代とともに、 家を建てた際の引き渡し前の最後の清掃(=美装)を請け負ったり、 古い家を再生(リフォーム)した際に美観を回復させる(=美装)といった市場を担ってきたのが新築・リフォーム美装と言われる市場です。 「いわゆるハウスクリーニング」は こういった美装屋さんのノウハウを一般家庭の住まいのメンテナンスに応用して市場も業者さん派生していったというわけです。 この市場も、新築で建てられる家の数だけ、美装をするわけですから、市場規模・ニーズは相当数あると言えます。 これは戸建住宅に留まらず新築マンションでも同様です。 新築のマンションなどは部屋の数だけこなさなければなりませんので、何棟もあるような大規模なマンションは相当な数になります。 この辺は大手の不動産販売会社さんや建築会社さん絡みだと、その元請さんの仕事の専属になっている美装業者さんが何社もいたりします。 またリフォームの市場でもリフォーム屋さんが対応するリフォーム案件の数だけニーズがあるわけですからこれまた市場としてはそれなりにあると言えます。 現在この市場は、新築・リフォーム美装専門の業者さんもいますが、原状回復の市場と掛け持ちで対応している清掃業者さんも多いのではないかと思います。 いわゆるハウスクリーニング業 一般の方や、清掃の業界に就労の興味を持っている方からすると、清掃サービスと言えば「いわゆるハウスクリーニング」を想像するでしょう。 はっきり言いますが、 この一般個人の方を対象にした「いわゆるハウスクリーニング」業のみで生計を立てている企業・個人事業主はまずいません。 企業としてはゼロと言ってしまってもいいのではないかと思うくらいで、せいぜいほんの一握りの個人事業主(通称「一人親方」ともいます)の方が「いわゆるハウスクリーニング」のみで商売が成り立っているのみです。 でも触れましたが、例えばダスキンさんなども「いわゆるハウスクリーニング」の収益は全体の売上収益から見たらごく一部で、それのみで経営が成り立つかというと、とてもとても成り立たないというのが実情です。 関西圏ではまあまあ有名で、全国的な知名度はわかりませんが、時期によっては有名タレントを起用したテレビCMも打つ「おそうじ本舗」さんという会社があります。 運営会社の屋号は違いますが、その屋号でのフランチャイズ展開で全国展開しています。 ここのフランチャイズオーナーさんや、そこで働いていた職人さんも知り合いに多数いますが、各店舗さんも「いわゆるハウスクリーニング」だけで経営が成り立っている店舗・オーナーさん(実質個人事業主)は聞いたことがありません。 実際にはどこの店舗のオーナーさんも、や、との複合で生計を立てているのが現状でしょう。 ごく一部で、個人事業主の方がご夫婦でやられていて、知人の紹介や口コミのみでいわゆるハウスクリーニングだけで経営を成り立たせている方も知っています。 ただ、例えば正社員を雇用して企業組織としていわゆるハウスクリーニングのみで成り立たせている業者は私の知る限りでは1社しか知りません。 それぐらい「いわゆるハウスクリーニング」の市場はニッチ(狭い・小さい)と言えます。 余談ですが、利用者側の肌感覚の話として、ハウスクリーニングで「浴室クリーニング」のメニューは大体、私の知る関西相場ですが、¥15,000~¥18,000がサービス料金の相場です。 例えばこれを読んでくださっている方が男性の妻子ある方だとして、奥様が¥15,000~¥18,000をかけて「お風呂掃除を業者に頼みたい」と言い出したら、すんなり快くOKする気持ちなりますか?おそらく大半のご主人さんは「おいちょっと待てよ…」と少なからず心の中では思うはずです(笑)。 キッチン、換気扇、浴室、トイレ、洗面の水回り全体を依頼する場合は、関西相場だと¥50,000前後でしょう。 「え?5万円!?そんな料金で誰が頼むの!?」と言うのが多くの一般の方の肌感覚なのではないでしょうか。 また、お知り合いの方に「ハウスクリーニングのサービスを利用したことがあるか?」と聞いてみて利用経験者がどれだけいるか。 それぐらい依頼する側からしても、心理的にも料金的にもハードルの高いサービスで市場としてはニッチ(隙間のように狭い)だと言えます。

次の

ハウスクリーニング業の独立開業は将来性ある?向いている人を紹介

ハウス クリーニング 開業

続々独立開業中!独立開業をした方々に人気のフランチャイズ本部ベスト10を公開中。 いま注目の急成長ビジネスがひと目でわかります。 ハウスクリーニングという事業を知っていますか?ご依頼いただいた方のご自宅をお掃除したり、企業の清掃を請け負ったりするお仕事です。 お掃除のノウハウがあれば、誰でも開業できる印象があるかもしれません。 といっても実際に開業するとなれば、特別な資格がいるのか、開業資金はいくらかかるのかなど、具体的なことはわかりづらい職業でしょう。 開業を考えるには、このような知識を得ておくことも重要になってきます。 このコラムでは、ハウスクリーニング開業にかかる様々な事柄をご紹介します。 ハウスクリーニングの開業資金は工夫次第で大きく変わる! ハウスクリーニングは比較的低い資金で開業できるとされています。 この業界では特別高価な設備や器具を必要としないので初期の費用を抑えることができ、低予算で開業・運営ができるのです。 ハウスクリーニング開業にあたっての費用として、フランチャイズなら、研修費・ロイヤリティなどが必要となり、およそ300万程度必要となります。 個人で開業する場合は,設備工事費・車両費・什器備品等に加えて広告宣伝費などかかり、総計300万以上はかかると見たほうがよいでしょう。 意外にかかるなと思われるかたは、自宅を店舗として利用することも考えましょう。 敷地を借りる費用が浮くため、店舗費用を抑えることにもつながるかもしれません。 また、広告宣伝費を無料で登録できるサイトを利用したりSNSを上手く用いれば、広告費を削減することも可能です。 そのほか、入金手続きのために口座開設も必要となります。 最近ではネットバンキングを利用する人も増えていますので、手数料のかからない方法を調べておくと節約につながります。 ハウスクリーニング開業にあたって、節約が難しいのが掃除道具など備品です。 ホウキ・掃除機・洗剤など必要なものを節約しすぎてしまうと、そのままクリーニングのクオリティのダウンへとつながってしまいます。 無理な節約はせずクリーニングに手間と人手をかけ、資金に余裕ができれば機材を追加するのがよいでしょう。 必須の資格はなし!開業しやすいハウスクリーニング業 ハウスクリーニングの開業には、行政の許可や認可など、国家資格などとくに必要なものはありません。 基本的に自由に開業でき、不景気でも独立開業する人が多い業界です。 しかしハウスクリーニングを開業して利益を出せばそのぶん税金がかかりますので、個人事業の開業届、事業開始申告届など提出しておく方が良いでしょう。 そういった手続きに抵抗のあるというかたは、開業を手助けしてくれるフランチャイズもあるようです。 フランチャイズには蓄積された開業のノウハウがあるので、相談してみるのもよいかもしれません。 また必ず取得するべきではないものの、全国ハウスクリーニング協会では技能検定を実施しています。 これに合格すればハウスクリーニング技能士となることができるほか、在籍する事業所に対して「技能士在籍認定証」が申請できるようになりました。 この制度を活用することにより依頼者の信頼を得ることに加え、従業員の信頼向上にも役立てることができるでしょう。 付加サービスや独自サービスで経営を安定させる! ハウスクリーニングは開業のしやすさもあり参入者も多いので、付加サービスや価格の差別化を図る必要があります。 一口にハウスクリーニング開業といっても、日常的な掃除や後片付けが基本の家事代行型から大掃除などの依頼を受ける専門技術型もあります。 どのようなサービスを提供するのか具体的にすることが必要です。 またハウスクリーニングを開業する場合、もしものときのために賠償責任保険へ加入しておくと良いでしょう。 保険に加入しておくと、ハウスクリーニングで依頼者の部屋や物品を傷つけるなど万が一賠償が必要になった場合、一定金額の補償を受けることができます。 開業して間もない時に大きな金額の弁償はかなり大変になります。 その点保険に入っておけば、弁償額を抑えることができます。 ただ保険は加入しておけばよいというものでもないので、補償の対象や限度額など、補償内容をよく確認したうえで加入されるとより安心に開業できるようです。 信頼性・技術が手に入る!ハウスクリーニング開業におすすめのフランチャイズ ハウスクリーニングを開業する方法としては、2種類の方法があります。 ひとつは独立開業。 もうひとつはフランチャイズ加盟する方法です。 独立開業のメリットは工夫次第で開業資金が抑えられることです。 ただし、独立開業となると集客・広告などを全て自分で行うことになります。 ハウスクリーニング開業は家の掃除という業務上、信頼性が求められます。 フランチャイズなら大手の知名度利用することができ、集客や広告の手間を省けるため、開業準備に専念することができるでしょう。 開業のサポートもしてくれる会社もあります。 ハウスクリーニング開業のための資金借り入れの相談だけでなく社労士・行政書士・税理士などをお値打ちに紹介してくれる会社もありますので、税金などの問題に事前に気をつけることもできます。 中には車両のリースや未経験者のための研修を行ってくれる会社もあります。 エアコンのクリーニングなどの専門性が必要となる場合のノウハウも提供してくれるところもありますので、その会社がどのようなサポートをしてくれるのか事前によくきいておきましょう。 まとめ ハウスクリーニングは、開業しやすい業務のため、独立を考える会社員の方からも注目を集めています。 個人で開業するにせよ、フランチャイズに加盟するにせよ情報収集をしっかり行いましょう。 そのうえで、どんな業態が自分の目指す形に合っているのかをよく検討する必要があります。 また、フランチャイズの窓口では、を無料で配信しています。 いまなら登録された方全員に無料で「フランチャイズ虎の巻」をプレゼント中です。 必ずお役に立つ内容になっていますので、フランチャイズでの開業を検討中の方はぜひご登録ください。

次の